FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の各お菓子メーカーの商品開発力は相当秀逸なものが多いと思いますし、洒落っ気溢れる楽しいものも
たくさん多いと思いますし、そして何よりもそれがいかにも一発屋企画みたいに
「ハズしてもいいや~!」とか「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるみたいにたくさんの新商品を世に出せば
一つぐらい当たればいいや~」みたいなゆるいテキトーさがそれほどは感じないというのか、
消費者の好みを的確にリサーチしているような商品もかなり多いのではないのかな・・?と感じる事も多々ありますね。





003_convert_20180720165648.jpg



最近食べたお菓子・スナックの中で印象的だったのは、おやつカンパニーで発売されている「餃子の皮チップス」ですね!

というか、これ・・空けた瞬間に餃子の香りがプンプン漂っていて、にんにく風味というよりはラー油の香ばしい香りという
印象がありましたね。
カリカリッというよりはサクサクっという食感で、一枚食べたら止まらない~!という感じの味と食感だと思います。

一言で言ってしまうと、焼き餃子をタレにつけた時の餃子の皮のおいしさをチップスにしたという感じで、
あと引くおいしさの濃厚チップスと言えると思います。

これ一度食べたら病み付きになってしまいそうな味ですね~!

味全体は結構な辛口です。これって間違いなくビールによくあいそうなおつまみスナックです。
そしてその辛口の要因はラー油風味なのだと思います。



004_convert_20180720165709.jpg



サイズも一口サイズでとても食べやすいです。

濃厚な味ですし辛口でもありますので、これをごはんのおかずにしても十分いけそうな気がします。
(関西の粉もの文化はたこ焼き+ご飯というダブル粉ものも全然OKというのに近い感覚がありそうですね~)



002_convert_20180720165627.jpg



続きましてUHA味覚糖から発売されているシイタケやゴボウなど惣菜そのままのおいしさを楽しめるスナック菓子
「Sozaiのまんま」シリーズの一環の「コロッケのまんま」です!

コロッケをそのままスナック菓子にするとかすごい発想ですよね~(笑)
正直これは上記の「餃子の皮チップス」よりもすさまじい遊び心のなせる業だと思いますし、老舗メーカーとは思えない
この意外さと冒険心は素晴らしいと思います!



005_convert_20180720165729.jpg



ふっくらと厚みのある形状で、コロッケをそのまま小さくした様な見た目に驚かされます!
コロッケの周りの衣の感じの再現度もうますぎです・・!
ジャガイモやタマネギのほんのり甘い匂いと、衣の油の匂いとが混ざりあったようなコロッケ独特の香りが伝わり、
この商品は見た目だけではなくて匂いも的確に再現されています!

味自体は本当にコロッケそのまんまです!

ジャガイモ、タマネギなど野菜の甘み広がるコロッケの風味のリアルな再現度には脱帽です!
そしてお菓子と言う事もありますので、どちらかというと「甘さ」をより強く感じさせてくれているように感じられます。

いやいや・・とにかく日本のメーカーさんの技術力・商品開発力は素晴らしいものがあると思いますし、ここにも
「モノづくり大国・日本」としてのすてきなプライドみたいなものも感じさせてくれていると思います!



006_convert_20180720165748.jpg



以前深夜番組で放映されていたテレビ朝日の「お願いランキング」という番組の中に「ちょい足しを試してみよう~!」
みたいなコーナーがあり、その中で「カップ麺の焼きそばにポテトチップを砕いたものをちょい足しすると
とっても美味しい」と言う事が紹介されていて、過去記事の中でそれをレビューした事もありましたけど、
それはめちゃくちゃおいしいちょい足しになると思います!
麺のふにゃ・・とした感じにポテトチップのあのサクサクっとした食感の絶妙なバランスが心地よいのだと思います。

さてさて・・それでは上記で取り上げた「餃子の皮チップス」と「コロッケのまんま」を
カップ麺の焼きそばにちょい足しするとどんな感じになるのでしょうか・・?

これは以前からなんとなく気にはなっていましたので、一度モノは試しと実践させて頂く事にしました。



007_convert_20180720165810.jpg


少し柔らかめの麺にまずは「餃子の皮チップス」を砕いたものを乗せてみました。

うーーむ、この時点で既にラー油の辛さと餃子のにんにく風味が焼きそばの香りを凌駕しているようにも感じられますね~



008_convert_20180720165831.jpg



そしてカップ焼きそばと餃子の皮チップスをごちゃ混ぜにしてかき混ぜて、最後に「コロッケのまんま」を
飾り的に乗っけてみました。

味ですけど、自分で言うのもなんですけどほぼ完璧です~!

これ・・この記事をご覧になっている皆様にも是非一度試して欲しい気持ちです!

焼きそばの柔らか食感にチップスのパリパリ&サクサク食感がバランスよく調和され、しかもラー油の辛さが
カップ焼きそばのフルーティーなソースと絶妙にマッチしていて、
「辛さの中にちょっとしたフルーティな甘さが伝わってくる・・」みたいな感じです。

全体的には結構辛いです。
(最近レビューしたぺヤングにキムチとチョリソーをちょい足しする無茶振りちょい足しに比べると辛さは普通かも
しれないですけど、真夏に食べるとやはりそれなりに汗は掻きます・・)

そして意外と活きてくるのが「コロッケのまんま」です。

ラー油の辛さに舌がちょっと麻痺してきたらこのコロッケのまんまを口に入れると甘さが辛さをすてきに調和させて
くれているようにも感じられます。

いやいや・・これは結構すてきなちょい足しだったと思います!



72d7a381-s_convert_20180720171355.jpg



さてさて、ちょい足しやトッピングというと「ラーメン大好き 小泉さん」の中でも何度か登場していましたね~!

小泉さんは実は料理ヘタという事でもありますので、小泉さん自ら創作ラーメンを生み出したり、自宅で作った
インスタント麺にちょい足し・トッピングをするシーンというのは皆無でしたけど、
ラーメン店で半熟卵・チーズ等をちょい足しするシーンは何度か見られていました。

そしてインスタント麺のすてきな創作アレンジとかちょい足しを見事に実践していたのは小泉さんのストーカー(?)の大澤悠で、
意外にも(?)料理の腕は確かで、その腕前はあの小泉さんをして「おいしい!」と言わせしめ、あの小泉さんをふはーと
させてしまうぐらいなのだからかなりの腕前なのだと思われます。

そして悠の作った即席麺への素晴らしいアレンジとちょい足しが見られたのは、アニメ版の「ラーメン大好き 小泉さん」の第3話
であり、この第3話には、もはや伝説と化している(?)大澤悠の「小泉さんお持ち帰り」が登場した
回でもありました~!

食べたくて仕方がないラーメン店が休業日だった事を知らないで食べに行ってしまい、
ショックと空腹で失神して道端に倒れ込んでいた小泉さんを
お姫様抱っこして自宅にお持ち帰りした悠は、あの瞬間こそが悠にとって最大の幸福のひと時だったと言えるのかも
しれないですね~(笑)

小泉さんの体を結果的に触れまくる事ができた悠にとってはまさに感涙ものの出来事だったのだと思います。

うーーむ、私も小泉さんをお姫様抱っこして自宅にお持ち帰りをさせて頂きたいものですっ! (汗・・)



84d7ef81-s_convert_20180720171437.jpg

d21574e9-s_convert_20180720171545.jpg

d910480a-s_convert_20180720171604.jpg



小泉さんをお姫様抱っこした際の悠の視線はなぜか小泉さんの胸元でしたね・・(汗・・)
小泉さんのお顔→胸元→スカートと悠の視線は小泉さんに釘付けでした~!
視聴者の大半は「まずい・・小泉さんが悠にイタズラされちゃうのかも・・!?」と感じていたのかもしれないですね・・(汗・・)

悠は確かにヘンなボーイッシュな美少女ですけど、そこまではヘンタイさんではありませんでした・・(笑)

夕方ころにようやく目覚めた小泉さんに対して「おなかがすいたでしょ・・」と悠手作りラーメンを小泉さんに
ご馳走していたのは「さすがっ!」という感じでもありましたけど、
悠にとっては、「響け! ユーフォ二アム」の久美子のあの不滅の名言、「その時、私は命を落としても構わないと思った・・」という
心境だったのかもしれないですし、悠にとっては「本望を果たせた!」という感じなのかもしれないですね~! (笑)



b3448d33-s_convert_20180720171502.jpg


d59e091b-s_convert_20180720171523.jpg




悠が即席麺を色々とすてきにアレンジを加え、ちょい足しなどをして小泉さんに振る舞っていましたけど、
あの時の悠の幸せそうな顔がとても印象的でしたね~!(笑)
悠のすてきな創作アレンジやちょい足しは、上記で私が書いたしょぼいちょい足しなんか鼻で笑われてしまうような
レヴェルだったのかもしれないですね・・(汗)

そしてそれにしても即席麺でもこうやって色々とすてきなアレンジやちょい足しを可能にしてしまうラーメンというものは
本当に奥が深いものですね。

小泉さん : シーチキンおにぎり風、塩味に、ツナ缶と岩海苔をブッかけ、最近は、生麺っぽさが売りの麺も増えており
        選択肢が増えたのも嬉しい所

        どっちが好きかはともかく、選択肢が増えるのは良い事と思います。


06ad6a4d-s_convert_20180720171333.jpg


悠 : 更に更に!シメは冷製で鶏そぼろと梅のお茶漬け風ラーメン!お茶を濃く入れるのがポイント!

    鳥そぼろと梅の、お茶漬け風ラーメン! お茶を濃~く淹れるのがポイント!!

悠が作ったお茶漬け風ラーメンですけど、梅干しの酸っぱさはシメとしては最高のさっぱり感なのかもしれないですね~!



082cc5bc-s_convert_20180720171417.jpg



そして小泉さんのあの満足そうなふはーや美味しそうにラーメンを食べまくる様子は
とてもすてきなものがあったと思います!

いやいや、ラーメンのこうしたちょい足しや創作アレンジもすてきなものがありますよね~!
スポンサーサイト



それにしても連日連日暑いですね~!

ここ埼玉も7月に入って以降連日35~38℃の気温に達していて、仕事の日でも休みの日でも
「暑くて敵わん・・!」という言葉しか出てこないですし、「この暑さはどうにかならないものか・・」という気持ちにしか
ならないですね・・

そして暑い時に食べる冷たいデザートとしていっちば~ん!魅力的に思えてならないものの一つが言うまでもなく
アイスリーム・かき氷だと思います。
今年のように極度に朝から暑さが続いてしまうと、家の冷凍庫に保管してある箱入りのアイスを食べたとしても
「別に普通だよね・・」と感じてしまうのですけど、一日の仕事が終わって家に戻る途中の買い食いとしてのアイスは
とてつもなく美味しく感じたりもします。

駅から自宅まで歩いて大体15分程度かかります。
こういう微妙な距離を酷暑の帰り道を歩いていると、仕事帰りには「ビールで一杯」という方も多いと思いますが、
最近はめっきりお酒が弱くなったというか、東方の早苗さんのようにほとんど下戸に近い私にとっては、
ビールよりは冷たいコーラとかラムネとかアイスクリームの方がしっくりきます。

駅から自宅までの間に、スーパーとかコンビニが結構あるものでして、ついつい「買い食い」をしてしまう事も
多々あったりもします。
最近のコンビニのレジ横のから揚げや焼き鳥と言った軽食コーナーの誘惑は半端ないと思いますし、あの美味しさは
大変魅力的です。
冬の寒いときは、から揚げ棒とか肉まんをついつい買い食いしちゃいますし、
夏の暑いときは、ソフトクリームやアイスをついつい買ってしまう私がいたりもします・・(笑)
ついつい「頑張った自分へのごほうび」なんて勝手な理屈をつけては、夏場の帰り道にアイスは買い食いしてしまいますね~!


繧オ繝ウ繝雲convert_20160827181133



冒頭の話じゃないけど、仕事の帰り道における自宅までの微妙な距離の間に
買い食いして食べる「アイス」の味はなんであんなに美味しいのでしょうか・・??
比較的エアコンが効いた状態で、室内で例えばハーゲンダッツなんか食べても、確かに美味しいはおいしいのですけど、
暑い中、汗をかきながら外で食べるアイスの方がどうして美味しく感じられるのでしょうか・・?
その辺りは不思議なものだと思います。

その帰り道でついつい食べてしまうアイスは、ガリガリくん・ジャイアントコーン・雪見だいふく・チョコモナカジャンボなどが
お気に入りですけど私がいっちば~ん大好きな!買い食いアイスは、森永の「ビスケットサンド」です!
これ、とっても美味しいと思います。
マリーとかムーンライトみたいな森永のクッキー・ビスケットの上下の間に「冷たいアイス」を挟んだという商品なのですけど、
このビスケットが結構ボリュームがあったりもしますので、
おやつと言う感覚よりは、「小腹をちょいと満たす」みたいな間食感覚に近いようなものがあると思います。

ビスケットの間に冷たいものが挟まっていて、少しまろやかで自然にアイスが口の中で溶ける・・
そんな食感ですね。
しつこなくてくどくないアイスで、甘さもそんなに甘くないという感じなのですので、
「甘いのが実は苦手・・」という皆様にもお勧めできるアイスなのかなとも思ったりもします。

ビスケットはほんのり甘みがあっておいしいですし、ビスケット自体に存在感が強い訳ではありませんし、
アイスはとろけるような感じで、なんとなくですけど「クリーム」に近い感覚もあります。
そうですね、これ、とっても上下と間の「バランス感覚」が大変巧みだなぁ・・と思いますね。

上記はアイスバー系なのですけど、カップアイスとして「いっちば~ん!」と感じてしまうのは「白くま」ですね~!

あのあま~い練乳掛けかき氷に小豆やフルーツが入ったアイスはとてつもなく爽やかで美味しいと思います!







白くまアイスの発祥の地は鹿児島県鹿児島市なそうです!

むじゃきという名前の喫茶店がデザートのひとつとして提供していたのが発祥とも言われているそうですね。

白くまというのは、基本的にはかき氷なのだと思いますけど、アイスクリームみたいな側面もあるように感じられます。
ま、要は「氷菓」の一つなのだと思いますが、「氷菓」といっても「私、気になります・・」の京アニのあの名作アニメでは
ないです・・(笑)
「白くま」というのは、かき氷の上に練乳をかけてみかん・パイナップルなどの缶詰の果物を盛り付け、
その上に小豆をまぶしたとっても美味しい氷菓です。

関東でも「白くま」というアイスはコンビニやスーパーでもよく見かけますね。
私の感覚としては「白くま」というととあるメーカーの商品名なのかな・・?とも思っていたのですけど、実はそういう訳では
ないようで、「白くま」というのは上記のような九州名物としての氷菓という夏のお菓子の総称であり、
セイカ食品・丸永製菓・ロイヤル食品・センタンアイスクリームなど「白くま」を商品として扱うメーカーは
複数あるという事だったのですね~!

私が在住している関東ですと「白くま」というと丸永製菓のカップアイスとしての「白熊」をいっちば~ん!真っ先に
思い浮かべますね~!
丸永製菓さんの「白熊」は一個90~110円前後で販売されていて、仕事の帰り道に買い食いする冷たいデザートとしては
大変申し分ないと思います。



003_convert_20180719161329.jpg



上記で記した通、しろくまアイスを作っている会社は結構多いです。

そして大変興味深いことに同じ白くまという氷菓を扱ってもメーカーごとにカップアイスの名称が微妙に異なるというのも
面白いものがあると思います。

丸永製菓の「白熊は、関東在住の私にとってはいっちば~ん!馴染みの味と言えそうですし、みかん・パイン・小豆等の
具材の種類はたくさんあるものの、比較的その量が少ないのかな・・?とも感じたりもしますね。
だけどあの味はまさに定番の味だと思います!

セイカ食品の「南国白くま」は、ボリューム的には丸永製菓の白熊よりはちょいと魅力的に感じる量が備わっているようにも
思えます。
ミルク氷はほどよい食感で練乳と溶け合ってもくどすぎない甘味というのがとてもすてきだと思います。

丸永製菓の「たっぷりフルーツのしろくま」は、同じ会社内の定番商品の「白熊」とは別商品であり、
これはファミリーマート限定PBで丸永製菓製造の数量限定白くまと言えるそうです。

同じく丸永製菓の「フルーツ盛りだくさんしろくま」は、ローソン限定販売となるプレミアム系白くまです。

そしてコンビニの最大王手のセブンイレブンには、「練乳の味わい 白くま」といういちごたっぷりの商品があったりもします。

白くまは九州名物のすてきな氷菓だと思うのですけど、全国にもこれだけ広まりと知名度があるのは、
何も無い無いな~んにも名物が無いという埼玉県民にとってはうらやましくもありますね~(笑)
でもそれにしても丸永製菓のカップアイスの「白熊」は価格も安いし美味しいし、申し分のない夏のアイスと
言えると思いますね~!

 | BLOG TOP |