FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


reimu-tohoproject-02_convert_20180302154622_convert_20180305202545.png



女の子のニーソ・ニーハイはとってもかわいいものがありますよね~!

特にニーソが作りだしてくれる「絶対領域の美しさ」というものは奇跡としか言いようがない素晴らしさに溢れていると
思います!

本記事においては、ニーソとニーハイの違いや絶対領域の定義について簡単に触れさせて頂き、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
過去に描かれたオリジナル作品としての黒ニーソの女の子たちのすてきな絶対領域を改めて
皆様にご覧頂ければ幸いです!
黒ニーソは、絶対領域に必要な靴下だと言えると思いますし、
白ではなくて黒にする事で、お色気をすてきに醸し出したり脚が細く見えたり萌え要素の大事なアイテムと言えるのだと
思います。

さてさて、アミグリさんが描かれた黒ニーソのオリジナルキャラをご紹介させて頂く前に、まずは参考として
アミグリさんが今年の3月に描かれた霊夢を改めてご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のとってもとってもかわいい霊夢は、当ブログが今年の3月15日に
「東方カテゴリ通算400記事到達というお祝い記事を記念するイラストとして霊夢を描いて下さい!」とアミグリさんに
リクエストをさせて頂き、描いて頂けた霊夢です!

上記の霊夢を描かれたアミグリさんのお言葉の一部を転記させて頂きますと、

「霊夢のイラストについてですが、アレンジなどは特にせず王道な雰囲気で描いてみました。
スカートのフリルが2段になっているのもポイントです!
ニーソは、清楚でさわやかな雰囲気にしたかったので、白ニーソにしました。
赤と白のコントラストも鮮やかになるように意識して描きました。
霊夢を引き立たせるために、あえて背景は描きませんでした。」

との事ですけど、正統派の紅白巫女さんの霊夢がここにいるのだと思います!

アミグリさんが描かれた霊夢は、アミグリさんが言わる通り「王道」そのものの霊夢であり、紅白の対比がとても鮮やかであり、
霊夢のこの二段フリルの精緻さと白ニーソは美しくかわいいと思います。

この霊夢は正統派の紅白巫女さんですけど、スカートの二段フリルと白ニーソの眩しさによって更に輝きが
増しているように感じられると思います。

上記の霊夢をご覧頂ければお分かりになる通り、ニーソはニーソでも「白ニーソ」だと清楚・上品さが感じられ、
黒ニーソの場合ですと、「ほのかなお色気」とか「萌え」という要素がここに加味されるというのは
とても興味深いと思いますし、その意味では「絵で表現する場合、色の違いというものは一つの大きな表現方法であり、
すてきな魔法なんだ・・」と言えるのだと思いますね。

先ほどからニーソ・ニーハイとか書いていますけど、人によっては
「ニーソってなんですか? ニーハイやタイツとどこが違うのですか~?」と思われる方もいらっしゃると思いますので、
下記に簡単に解説をさせて頂きたいと思います。

その前にタイツとストッキングの違いについて触れさせて頂きますと、
ストッキングとタイツは足全体をすっぽりと覆い隠している事は共通ですけど、ストッキングは肌が透けるくらい薄く、
タイツはストッキングよりも生地が厚い為肌が透けない事が違いです。
ストッキングはオールシーズン着用可ですけど基本的には夏場に穿く事が多いのに対して、タイツは冬場着用が多いです。

そしてニーソックスとニーハイなのですけど基本的には大体同じようなものであり、「膝上まである長い靴下」と
言えると思います。
だけど萌え方面が大好きという皆様にとっては「ニーソとニーハイは全然違うじゃん!」と言われると思います・・(笑)
どこに大きな違いがあるのかというと、言うまでもなくそこに見え隠れするのは「絶対領域」なのだと思います!
ニーソックス(ニーソ)とは、絶対領域ができる靴下のことで、ニーソの長さは膝上15cm以上が目安です!
膝上10㎝ぐらいですと絶対領域は出来ないと思われます。
それに対してニーハイ(ニーハイソックスの略 )は膝小僧が隠れる程度の膝上15cm未満と短いため絶対領域がつくれないのが
ニーソとの明確な違いなのだと思われます。

真面目でお堅い人ですと「それでは絶対領域とはなんですか・・?」と聞かれる方もいると思いますので
簡単に説明いたしますと、絶対領域とは一つの定義をすると
「スカートとニーソの間の生足の太ももが露出した部分のこと」です!
最近では広義の意味として
「ショートパンツとサイハイソックスの間に発生するもの」も絶対領域と呼ばれる場合があるとの事らしいですが、
それは私としては断じて「絶対領域」として認める訳にはいかないです! (汗・・)
絶対領域は「スカート」だから意味があるんですっ!と私は声を大にして叫びたいですっ!! (汗・・)
ちなみにですけど、絶対領域は単純に生足の太ももが露出があればいい、と言うものではなくて、
「スカートの丈」:「絶対領域」:「靴下の膝上部分」の比率が「4:1:2.5」というのが
絶対領域の黄金比とされていて同時に理想とされているとの事です。

ちなみにですけど、私の中で「絶対領域」と言うと真っ先に思い浮かぶのは東方Projectの「封獣ぬえ」なのですけど、
プリキュアで言うとスイートの南野奏と言えると思います!
(ちなみに南野奏の場合は上記のアミグリさんが描かれた霊夢のように白ニーソというのも一つのポイントだと思います)

そしてようやく本題に入るのですけど、そうした女の子の皆様のとってもかわいくてすてきなニーソなのですが、
その中でも「黒ニーソ」は、白ニーソよりも生足の肌の色との違いがいっそう強調されるせいもあると思いますし、
黒色という事で、白ニーソとはちょいと違う大人のすてきなお色気が醸し出されたり、
脚が細く見えたりと、要は萌え要素の大事なアイテムではないのかな・・?と強く感じたりもします。

それでは漫画・アニメの世界で、黒ニーソの実例としてどんなかわいいキャラの皆様がいたのでしょうか・・?
私の記憶と私の好みだけで少しばかり挙げさせて頂きますと・・(汗)

Aチャンネル / 一井透

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる / 夏川真涼

ガールズ&パンツァー / 武部沙織

ご注文はうさぎですか? / 桐間紗路(冬服時)

灼眼のシャナ / シャナ

中二病でも恋がしたい! / 小鳥遊六花

デート・ア・ライブ / 夜刀神十香

刀使ノ巫女 / 衛藤可奈美

響け!ユーフォニアム / 高坂麗奈(冬制服) →7/7の「吹奏楽カテゴリ1000記事到達」のアミグリさんの記念イラストでもあります!!

干物妹!うまるちゃん / 土間うまる

物語シリーズ / 戦場ヶ原ひたぎ

ラブライブ!サンシャイン!! / 津島善子

そして上記のキャラの皆様は言うまでもなく同時に素晴らしき「絶対領域」の皆様と言えるのだと思います!
ちなみにですけど、絶対領域でいっちば~ん!著名なキャラは初音ミクだと思いますし、
日本のアニメでいっちば~ん!古い絶対領域のキャラと言うともしかしたら・・? 科学忍者隊ガッチャマンの白鳥のジュン
なのかもしれないですね・・
白鳥のジュンなんて書いた時点で「あんた一体年は幾つなんだ・・!?」とツッコミが入りそうですね・・・(汗・・)






oriziirochigai_convert_20101119134226.png

orizin_arirgi_convert_20101119134143.png



さてさて、ここからは先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy」のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです。

本記事はニーソ(特に黒ニーソ)と絶対領域の事を書かせて頂きましたので、
dream fantasy」のアミグリさんが過去に描かれた
版権作品としてではなくてアミグリさんの創作キャラと言えるオリジナル作品の中から、絶対領域を伴う黒ニーソの
オリジナルの女の子のイラストを転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記の3作品はアミグリさんが2010年11月に描かれたオリジナルの女の子です!

2010年と言うとアミグリさんはまだ「dream fantasy」を
開設されて2年足らずという事なのですけど、いやいや・・この時から既にこのオリジナルも含めてたくさんのすてきな
作品を発表されていた事に驚かされます。
ここから現在に至るまでの様々な作風の変遷や進化を考えると、アミグリさんほど真摯な気持ちで絵に取り組んできた方は
それほどいないのではないのかとすら考えてしまいますし、
今現在の豪華絢爛なキラキラ作風とかアニメ塗り作風に到達するまでの間には、山あり谷あり好調な時あり、逆に
スランプで悩まれていた時もありと決して順風万帆な歩みではなかったと思うのですけど、
そうした事を乗り越えられて今現在のアミグリさんの存在があるという事は高く評価されて然るべきだと私は考えます。

アミグリさんが2010年11月に描かれたオリジナルの女の子の3枚の絵は、やはりこの黒ニーソ・絶対領域が
断然光っていると思いますし、アミグリさんの「萌え」がとてもすてきに表現されていると思います。
表情・ポーズは全く同じなのですけど、背景・髪・リボン・服の色を変化させるだけでも見ている人に感じさせる印象は
随分と異なって見えるという事を立派に示唆されていると思います。
更に言うと、「絵」というものは、背景・色・表情の違いだけで全く別の作品のように変化しますし、
そうした意味では「絵」は一つの「素敵な魔法」と言えるのだと思いますし、
私はいつもアミグリさんの「絵」という名の「魔法」によって「生きるチカラ」を貰っているのかもしれないですね!

私個人の好みですけど、女の子の服の色は青よりは赤の方が似合っているように思いますし、
椅子と背景はグリーンよりは紫の方が目に違和感が無いというか、色彩的なバランスが取れているようにも感じられますし、
髪は紫よりは金髪の方がかわいいように感じられたりもします。
アミグリさん的に色々と試行錯誤を重ねられていたら最終的に一番下の金髪・赤のリボンと服装・紫色の背景に
まとまったという事になるのかもしれないですね。

それにしてもやっぱり色だけでこんなにも見ている人にイメージの違いを感じさせるものですし、色違いというものは
少なくとも過小評価をすべきではないという事なのだと思いました。
そして言えることは例え色違いはあったにしても黒ニーソと絶対領域の素晴らしさは不変である!という事もこの3枚の連作から
よく伝わってきていると思います。







続きましてアミグリさんが2011年12月に描かれた「メイドさん」です!

この初期の頃の作風のメイドさんも最近の作風に全く引けを取らないと思いますし、
こうした素晴らしい初期作品を拝見させて頂くと、アミグリさんのイラスト・絵は、今現在の作品ももちろん素晴らしいけど
初期作品も本当にすてきなものがあるよね~!と心の底から実感させられますね~!

このメイドさんは私にとってとっても大好きなアミグリさんのオリジナル作品の一つです。

背景のお菓子は、ケーキもプリンもクッキーもみんなとっても美味しそうです!
全体のピンクトーンが「温かい雰囲気」が見た目にもとってもすんなりと目に溶け込んできて優しさも感じられますし、
スカートのフリルがとても可愛く 描かれていてこの点もポイントが高いと思います!
この種のフリルスカートは俗に「フリル地獄」とか言われるのですけど、そうした難しさをあまり感じさせないで
とてもナチュラルに可愛らしさを伝えられていると思います。

それと改めて感じたのですけど、アミグリさんの描かれるこうした長髪の女の子は髪の毛がサラサラと流れるようで、
長髪の女の子の可愛らしさは絶対的正義なんだなぁ・・!と改めて感じさせてくれる作品でもありました!
そしてこの作品でアミグリさんが描かれている黒ニーソと絶対領域は、大人っぽいというよりは少女の可憐さやかわいらしさを
全面に出されていて、この萌えっとした感じに見ているだけで癒されそうになりますね!

やっぱり女の子のニーソは黒ニーソも白ニーソもとてもかわいいと思いますし、そこに絶対領域とか長髪が加わると
鬼に金棒なのだと思います。
そして何よりもアミグリさんの描かれる創作のオリジナルの女の子は本当にかわいくて魅力たっぷりで大好きです!!

上記のアミグリさんが描かれた霊夢とやオリジナルの女の子の皆さんは
その権利は全て霊夢やオリジナル作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

いや~、やっぱり黒ニーソと絶対領域の相性はいっちば~ん!なのかもしれないですね~!!
スポンサーサイト



最近なのですけど、実は頭から出血をしちゃいました~! (汗)

頭からの出血と言うと転倒とか事故とかやばいような雰囲気もありそうですけど、そんな事故とかそんなものではなくて
ましてやもっとやばそうな脳内出血とか全然そんなものではなくて、
先日の3連休の出勤時に連日の35℃越えという酷暑の中で車で移動中に、あまりの暑さのせいか一時的に
車内のエアコンが全然効かない状態になってしまい、その際にやむを得ず窓を全開にして仕事をこなしていたら、
いつの間にか髪が汗まみれになっていて、それが少し乾燥してくるとなんだか無性に髪が痒くなってしまい、
髪をポリポリと掻きむしっていたら、いつの間にか頭皮に出来ていたかさぶたを引っ掻いてしまい
そこから出血をしてしまった・・という実はたわいのないものであったりもします・・(笑)

こういう時便利なのは、アルコール除菌が可能なウェットティッシュ(フェイシャルペーパー)ですね~!

アルコールが入っているから消毒もできるし血も拭き去る事ができるし、頭皮に乗せると出血した所は痛いのだけど
結構じんわりとクールさが伝わってくるし、頭皮の怪我とは別に暑い時にはこうしたクールアルコール除菌タオルというのも
重宝しそうですね~!

かわいい少年みたいな男の子であっても見苦しい(?)中年オヤジでも、男の子が頭ポリポリと髪の毛を掻き毟っても
「なんかちょっと汚いよね・・」みたいな印象しかないのですけど(汗・・)
かわいい美少女が頭をポリポリとかいたり、髪の毛を掻き上げたりすると
「わぁーー、なんかとっても可愛い!」と心から共感してしまうのは、別に不公平でも何でもないですよね・・(笑)

頭がなんだかかゆくなって頭をポリポリしていると爪に引っかかるものがあったりするものですけど、
それが「頭皮にできたかさぶた」なのだと思います。
上記で私が書いた頭皮からの出血の原因がまさにこのかさぶたであったのだと思われます。
そんなかさぶたは剥がさないほうがいいんだろうな・・とか何も触らないでそのまんま放置して自然治癒するのが
ベストなんだろうな・・と分かってはいるのですけど、なんか気になってついつい剥がしてしまう事が多いと思います。

別に頭がフケ症という訳では無いのですけど、高校生くらいの時から
「あれれ・・自分の頭皮にはかさぶたができやすいのかな・・?」という自覚はあって、
つまらない(?)退屈な理系科目の授業の際には、
ついつい退屈しのぎの一環として(?)自分の頭のかさぶた剥がしなんてやっていたものです・・(汗・・!)
たまにですけど、剥がす際に出血してしまい、ティッシュで自分の頭皮を拭いてみると、結構血まみれ・・みたいな事もあり、
「決していい事ではないんだよなぁ・・」と分かってはいるのですけど、
なんだか自分の頭にそうした引っかかり物があるとついつい気になって剥がしてしまうのですよね。

頭皮に出来たかさぶたは気付かなければ気付かないままで済むはずなんでしょうけど、
一度気付けば気になって気になって仕方がない・・・そんなものなのかもしれないですね・・
そうなんです! 頭のかさぶたをペリペリと剥がすあの感覚が妙に「快感」になってしまうのかもしれないですよね・・(笑)
そしてそのかさぶたを綺麗に剥がした時のあの「達成感」(?)がまた格別なのかもしれないですね・・・(汗・・!)

改めてですけどこの「頭皮のかさぶた」というものは、決して無害という訳では無くて、
頭皮に細菌やカビが繁殖したり、紫外線の影響を受け皮脂酸を作り出した結果、炎症となり最終的にかさぶたとなるのです。

え・・? という事は私が調子こいて剥がすかさぶたは、剥がす際は快感であっても その原因は細菌やカビが原因なのです!

かさぶたは剥がしてもしばらくすればまた出来ますし、放っておいてすぐに問題があるかというとそうではありません。
ただ、だからといて放置するのも問題です。
頭皮にかさぶたができる → 気になって剥がす → 頭皮が傷つく → かさぶたができる
結局はこの繰り返しになってしまうのだと思います。
かさぶたは傷が治る手前の状態です。
なので、剥がして傷つけてしまうと、またかさぶたができてしまい、このまんまずっと「かさぶた」が出続ける事の繰り返しに
なってしまい、かさぶたを剥がす事とまた同じ場所にかさぶたが出来る事の連鎖になってしまい、
頭皮の同一場所で同じことの繰り返しという事になってしまうのだと思います。

こうしたかさぶたで怖いことは、傷口から雑菌が入ってしまう恐れもあるという事で、
頭皮で炎症がおこり、さらに頭皮の状態が悪化するということにもつながる可能性も決してなくはないと思われますので、
やはり頭皮のかさぶたを恒常的に剥がすという事は、確かに瞬間的な快感はあったとしても
決してよくないという事なのでしょうね。

更に・・かさぶたをはがす行為を続けているとずっと治らず、頭皮の状態は一向に改善しませんし、
場合によっては、フケの多発→抜け毛→円形脱毛症の可能性すらあるとの事です! (汗・・)

うーーん、やっぱりハゲは抵抗がありますよねぇ・・・(滝汗・・!)

なんかゴチャゴチャと書いてしまいましたけど、まとめてみると、

頭皮のかさぶたを自然離脱する前に無理に剥がす事により、その部分はまだ治癒していないために
また新しいかさぶたが出来る事になります。
そして、その新しいかさぶたをまた同じように剥がす事により、堂々巡りになるのです。
何度もこれを繰り返す事により部位の変形、最悪の場合、ハゲを誘発する可能性もありますので、
結論から言うと、これは自分自身を律して「頭皮を剥がすことは極力やったらダメ!」と自覚するしかないですね・・

だって、やっぱり男の子は将来誰だって「ツルピカはげ丸くん」にはなりたくはないですからね・・・(汗・・)

そして、確かに「剥がしちゃダメ!」と自覚して意識的に剥がさないように心掛ける事も大切ですし、
それ以上に規則正しい生活のキープとか十分な睡眠時間の確保とか油っこい食べ物の過剰摂取の抑制とか
こまめに枕カバーを取り換えるとか汗をこまめに拭き取るとか
洗浄力のあまり強くないシャンプーを選ぶとか栄養と睡眠等の免疫力UPを普段より意識するとか
そうした対応策も必要と言えるのかもしれないですね。




逵溷ァォ_convert_20180715174943



改めてですけど、少なくても男が髪の毛をポリポリ掻いても髪の毛を掻き上げても見苦しいだけなのかもしれないですけど、
アニメ等でたまに散見されるすてきな美少女の皆様たちによる「髪の毛の掻き上げ」は
とってもかわいく美しいものがあると思います。

最近では・・上記画像のように「ラブライブ!」での真姫の髪の毛掻き上げのシーンは素晴らしいものがあったと思いますし、
あのシーンの真姫の美しさはまさに女神様だったと思います!



鮗怜・・convert_20180715175014



そうそう・・! 髪の毛掻き上げというと忘れてはいけないキャラは私にとっては「響け! ユーフォニアム」の高坂麗奈です!

麗奈のあの美しいロング黒髪を掻き上げらるシーンは何度かありましたけど、あれを見ているだけで
とってもうっとりするものはありました~!

最後に・・

麗奈というと、、「dream fantasy 」のすてきな管理人さんの
アミグリさんが当ブログの7/7の「吹奏楽カテゴリ1000記事到達」という節目記念記事の際に
リクエストさせて頂き描いて頂けた「響け! ユーフォニアム」の 高坂麗奈 は本当に素晴らしかったです!

改めてあの時は本当にありがとうこございました!

あの素晴らしい麗奈を改めてご覧になりたい方は是非 高坂麗奈 からご覧頂ければ幸いです!

→ 高坂麗奈

 | BLOG TOP |