FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


スマイルプリキュアの第20話なのですけど、
第18話における全プリキュアの中でも屈指の泣かせる神回ともいえるなおのリレーの話とか
第19話におけるやよいの亡き父親との秘められたエピソードと連続して2回に渡るスマイル屈指の「泣かせる話」が続き、
私の記憶では、2012年のリアルタイムでの放映時には、ここで一旦ゴルフ中継でお休みが入り
再開したと思ったら、前回と前々回であれだけ感動的で泣かせる話を続けたのに
この第20話は、ギャグ回がかなり多いスマイルの中でも屈指のくっだらねー話というのか
本当に感想を書くのもバカバカしくなるくらい(汗・・)しょうもない話でしたので、
リアルタイムで20話を見た際の感想は「一体何なんだ、この落差は・・」と思いっきり脱力したものでした・・(笑)
気持ちとしては「膝かっくん」を唐突に背後からくらい、脱力のあまり、思いっきりのけぞったみたいな気分ですね・・
いやーー、私は「スマイルプリキュア」のこういう所、大好きです!!
泣かせる話の次の回としてこんなくだらない話を持ってきたと思ったら、21~23話においてはスマイルの中でも
屈指の緊迫感と劇的ドラマの展開と「大切な事は一人一人の頭できちんと考えて結論を出そう・・」という素晴らしい哲学を
きちんと提示していた事を考えると、
感動とポンコツの間で一年間に渡って大きく躍動してくれた「スマイル」のポンコツメンバーに改めて感謝!!という感じですね。

上記でも書いた通り、この第20話の次の回以降は、スマイルの中盤の一つのクライマックスの連作話が続き、
キャンディ拉致→キャンディ奪取のためのチームの結束、「一人一人がよーく考えて結論を出そう!!」
という素晴らしい展開→プリキュアVS幹部等の一対一のガチバトル→プリンセスフォームの初お披露目
という熱い展開になっていくのですけど、今にして思うと、
この第20話は、歴代プリキュアの中でも屈指の泣かせる感動話と中盤の一大クライマックスの間にただずむ
とてつもないポンコツ回という感じでもあるのだと思います。
とにかく、この落差と言うのかギャップの大きさがとにかく素晴らしい!!と改めて感じてしまいます。






d8e5113c-s_convert_20150827161046.jpg



さてさて第20話においてはマジョリーナが登場します。

という事は、そう、言うまでも無く、またまた性懲りもなく妙な発明品を作り上げるのですけど
例によって、お約束通り、ウルフルンによってポイと捨てられ、人間界にこの発明品が投げ落とされ、
例によって例のごとくキャンディーに拾われて、そしてお約束通り、プリキュア達が
そのマジョリーナの発明品が巻き起こす様々なトラブルに巻き込まれてしまい、
ドタバタ珍騒動を繰り広げる展開になっていきます。

この回のマジョリーナの発明品は「ミエナクナール」というカメラに写真を撮られると撮られた人の姿が
周囲から全く見えなくなるという「透明人間製造機」といえると思います。

そして今回の被害者は、みゆきとあかねでした・・(笑)
みゆきは毎回毎回・・判で押したようにマジョリーナのくっだらねー発明品の被害者となってしまい、
ある時は、キャンディと入替ったり、ある時はハッピーロボットにされたり
ある時はゲームの世界に吸い込まれて凹んでしまったりとかなり散々な目にあっているのですけど、
そういう散々な目に逢う=おいしいところをもっていくみたいな感じで役得に溢れ
またそういう時でも「可愛らしさ」を満開にさせてくれていたみゆき=キュアハッピーは、本当に「幸せ」に溢れた
天使のようなプリキュアだったと思います~!

そして透明人間になってしまった二人の学校内での珍騒動を描いたのが前半パートでした。
そんな妙な事に巻き込まれたら一旦学校休めばいいじゃん・・と思うのですけど、
それでもちゃんと学校に行って授業を受けるのが二人のいいところなのかもしれないですね~
だけど、透明人間なのをカムフラージュするために、あんなクソ暑い真夏の授業なのに二人とも
剣道の防護服をまとっての授業というのも気の毒でもありました・・
しかも、ご丁寧な事に、本人のみならず本人が所有しているモノまで透明化される設定になっているので、
せっかく二人がやってきた宿題も、先生から「そのノート一体どこにあるの・・」と怒られてしまう始末でしたし、
さすがに今回は二人ともなんか気の毒でしたね・・・

美術の時間では、二人は暑さのあまり、剣道のお面を外してしまうので、周囲の人たちには二人は首なし」に見えてしまいます。
これって傍から見ていると結構怖いかも・・・(汗・・)
案の定、お化け嫌いのなおは震え上がっていますけど
たまたま通りかかった担任の佐々木先生の「そんなのある訳ないよね・・」という反応がある意味シュールでもありました・・

体育の授業では、透明人間の利点を逆に発揮し、あかねはバスケで誰からも見えない事をいいことに
なおからボールを奪い得点を入れる辺りは・・・
なんかいかにも関西人らしいお茶目さが溢れ出ていたと思います。




4a23ef23_convert_20150827160846.jpg

d924a38d_convert_20150827161108.jpg




それにしても、マジョリーナのプリキュアに対する攻撃はなんともみみっちい攻撃でしたね・・

透明人間というプリキュアにとってはある意味一番戦いにくいアイテムを有しているのにも関わらず
(ミエナクナールでマジョリーナ自身とアカンベエを撮影すれば二人とも姿が見えなくなってしまい、プリキュアたちは
そうした見えざる敵との戦いを余儀なくされてしまいます・・)
だけどマジョリーナ自身が透明人間になって何をしたかと言うと、みゆき・やよい・なおをコチョコチョしたぐらいというのも
さすがポンコツシリーズのボンコツ敵幹部らしい話でもありました・・
その中でも、コチョコチョされたなおちゃんの「変顔」を見る事が出来たのはかなりの収穫なのかもしれないですね~(汗・・)
私がもしもミエナクナールを入手し透明人間になれたとしたら、スマイルのメンバーだったら、
やっぱりみゆきとれいかさんをコチョコチョしたいものですね~(汗・・)

冒頭でこの第20話はまるで「膝かっくんを食らったみたいな回」と書いたのですけど
あかねちゃんは、本当に透明化したマジョリーナから膝かっくんを食らって思いっきりずっこけていたのがとても楽しかったです!



39333a25_convert_20150827160941.jpg




こうしたしょーもないギャグみたいな攻撃をマジョリーナが仕掛けている際にも、
れいかさんひとりだけ真剣な顔して「なんて卑劣な攻撃・・」と激怒されているのは、
さすがスマイルで唯一まともなこのお方らしい反応だったと思います!

私はこういう・・真面目さとボケの両方を同時に有しておられるれいかさん=キュアビューティが本当に大好きでしたね!!




a2077aa4_convert_20150827161014.jpg

e3ee99d4_convert_20150827161140.jpg




バトルは意外とピンチになってしまいます・・・

相手は「見えない敵」だからその苦戦は仕方がなかったのかもしれないです。
キャンディが「匂いで分かるかも」と言うのですけど、
関西の修学旅行編で登場した「納豆餃子飴」をキャンディーが飲まされて、キャンディーの鼻は崩壊状態・・(汗・・)
砂利とか石の上を歩く際の音で相手が分かるかも・・とも想定したのですけど
これは、アカンベエとマジョリーナのおとり作戦で失敗します。
そして相手が見えないからプリキュア達の必殺技も全く当たりません・・

意外とやばいじゃん・・という展開の時、やっぱりポンコツばかりのスマイルで頼りになるのは
「知性の青き泉」のあの先輩ではなくて「しんしんと降り積もる清き心!」のキュアビューティ様でした!!

改めてですけど、ビューティの存在感って本当に大きいですよね!

スマイルのポンコツメンバー達が次から次へとやられて「いよいよ全滅か・・」という時に一人孤軍奮闘して
チームの全滅の危機を救っているのは毎回毎回、そうビューティさんなんですよね~!!

こういうボケも出来て頼りになって、しかもお美しいプリキュアは本当に素晴らしいですよね!!
うーーん、さすが私の「大好き青系四天王」のお一人!!
(ちなみに私の大好き青系四天王とは、アクア・マリン・ビューティ・ダイヤモンドです!)

第20話では、相手の姿がまるで見えないし匂いもわからないし音もよくわからない・・
唐突に攻撃を仕掛けてくるしこれってまずいじゃん・・どうやって打開するのかな・・?
キャンディのデコルでも使って天空からペンキでもぶちまけるのかな・・・・と思っていたら、
さすがビューティ様はそんな乱暴な作戦は立てずに、もっとエレガントな作戦を立てます。
つまり、自身の必殺技の「ビューティブリザート」を発動し、空から雪を降らせるようにし、
その降った雪がアカンベエに積もる事で居る場所を特定させた上で、
レインボウヒーリングで浄化というのは、もう「お見事!!」というしかないですね~!
ポンコツばかりのスマイルチームにあっては、こういう知的な事が出来るのはビューティ様以外はありえませんからね・・・!!

いやー、この回はみゆきの可愛らしさとれいかの知的さを思いっきり堪能させて頂きました!!



reika-san!!-001_convert_20160510161742.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasyのすてきな管理人の
アミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。

今回転載&ご紹介させて頂く作品は言うまでもなく「スマイルプリキュア」の中から変身前のれいかさんと
プリキュアに変身後のキュアビューティさんです!

上記のれいかさんはアミグリさんが2016年5月に描かれた作品です。

アミグリさんが描かれたれいかさんは、れいかさんらしい知性とおっとりとした優しさを感じさせるとっても
すてきな一枚だと思います。
れいかさんというとスマイルの5人の中では一番長髪でそのロンゲは「美しき古来の日本女性」みたいな
雰囲気も感じさせてくれているのですけど、
アミグリさんが描かれるれいかさんはその流れるような美しい青い長い髪が大変印象的ですし、
まるで弥勒菩薩様みたいな慈愛溢れるこの優しい表情にとても癒されるものがあると思います。
れいかさんのこの雰囲気は、スマイルの第5話でみゆきがれいかさんを評した通りの「水の妖精さん」に相応しい
感じが漂っていると思います。




byuutelii--_convert_20120601111948.png



続きましてアミグリさんが2012年6月に描かれたキュアビューティです!

スマイルの放映当時よく「ビューティ様、マジビューティフル!!」とか言われていましたけど、
アミグリさんの描かれるビューティはまさに「ビューティフルを絵に描いたようなもの」であり、
このおっとりとした優しい雰囲気とか「水の妖精さん」らしい雰囲気はポンコツばかりのスマイル中では
異彩を放っていたと思いますし、アミグリさんが描かれるビューティさんからも美しさと知性が漲っていると
思いますし、 見ている私達に「癒し」を感じさせてくれていると思います。

上記のアミグリさんが描かれたれいかさんとビューティさんは
その権利は全て上記の作品のれいかとビューティの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品やオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!
スポンサーサイト



A・リードの「組曲シリーズ」としては計7曲残されています。

吹奏楽のための第1組曲 (1974)
吹奏楽のための第2組曲「ラティーノ・メキシカーナ」 (1979)
吹奏楽のための第3組曲「バレエの情景」 (1981)
吹奏楽のための第4組曲「シティ・オブ・ミュージック」 (1992)
吹奏楽のための第5組曲「インターナショナル・ダンス」 (1995)
吹奏楽のための第6組曲 (1998)
吹奏楽のための第7組曲「センチュリー・オブ・フライト」 (2003)

上記7曲がリードの組曲シリーズなのですけど、この七つの組曲の中では私がいっちば~ん!大好きな曲は
誰がなんといっても吹奏楽のための第2組曲「ラティーノ・メキシカーナ」に尽きると思います!
そしてこの第二組曲は私自身がリードの組曲シリーズの中で唯一演奏した事がある曲ですし、
私自身、高校2年の時にこのリードの第二組曲を吹いて、吹奏楽の面白さや合奏をする事の楽しさ、音楽の躍動感に
覚醒したという想いもあり、私個人としても大変思い入れが強い吹奏楽オリジナル作品の一つです。

リードの組曲シリーズなのですけど、これはあくまで私の個人的感想ではありますが、内容的に優れていると
感じられるのは第四組曲までで、第五組曲以降は
「ちょっと外見的効果に頼りがちなのかも・・」という印象があり、第二組曲・第三組曲のような感銘性までには
至っていないのかな・・?と感じたりもしています・・(汗)
そうしたリードの組曲シリーズに含めてもいいんじゃないのかな・・?と感じられる作品として
吹奏楽のための組曲「ハムレットへの音楽」とか交響的ポートレイト「オセロ」もあるのですけど、これらの作品は
組曲シリーズとしての分類ではなくてリードのシェークスピアシリーズとしての分類の方が宜しいようにも
感じられます。
そして厳密に言うと組曲シリーズには含まれていないのですけど、「小組曲」という作品も組曲シリーズとして分類されても
いいのかな・・?と思ったりもします。
この「小組曲」はリードにしては珍しく地味な作品かもしれないですけど、とっても可憐でチャーミングで
全ての楽章が宝石箱みたいなすてきなメロディーラインが一杯詰められているとても魅力的な作品だと思います。

最近このチャーミングな曲もあまり演奏されなくなっているのはとても勿体ない気がします。
最近の中学・高校のスクールバンドの奏者の中には、リードの曲を演奏したことはない方はもとより
アルフレッド・リードという偉大な吹奏楽作曲家の名前すら知らないという人もいるという話を各方面から
聞く事もあり、 正直「時代も変わったな・・・」と思う事もあります。
だけど、吹奏楽を演奏される方はせめて一度ぐらいは、
リードの「アルメにアンダンスパートⅠ」とか「オセロ」とか「エルサレム讃歌」ぐらいは聴いて欲しいなと感じることもあります。

小組曲なのですけど、4曲で構成されていて全体で9分程度の大変短い曲ですけど、
どの楽章も全て愛くるしくてかわいくてチャーミングで親しみやすいメロディーの連続で、私はとっても大好きな曲です。

この小組曲は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.イントラーダ

Ⅱ.シシリアーナ

Ⅲ.スケルツォ

Ⅳ.ジーグ

Ⅰは、トランペットとトロンボーンの華麗なファンファーレで開始され、Ⅱは、オーボエの悲しげなソロが極めて印象的です。
Ⅲは、シロフォーンの響きが楽しいですし、Ⅳは、のびのびとした雰囲気が感じられ大変生き生きとした曲だと思います。

この曲は、福岡工業大学が演奏し銀賞を受賞していたのが全国大会で演奏された唯一の演奏事例です。
小組曲の生の演奏で忘れられない演奏が一つあります。
1988年の東京都大会・職場の部で東京ガスがこの曲を自由曲として選び、全国には進めませんでしたが
都大会で銀賞を得ています。
当時の東京ガスの指揮者は永濱氏という方でして、この指揮者は、吹奏楽では珍しいのですが指揮棒を持たずに指揮をされ、
比較的大柄な方だったせいもあるのですが、全身で音楽を表現するタイプのようにも感じられました。
映画「タイタニック」の有名なシーンのように、両腕を水平に伸ばし、非常にスケールの大きな音楽を
奏者から引き出していたのが極めて印象的です。
永濱氏は、その前年度には、「エルザの大聖堂への厳かな行列」でやはり感受性豊かなスケールの大きい音楽を
聴かせてくれていましたが、この「小組曲」においても感受性豊かな演奏をされていたのが今でも記憶に残っています。

東京ガスは、その数年後別の指揮者でしたけど、何回か全国大会・職場の部に出場していて、
ウィンザーの陽気な女房達・コッペリアでとても楽しい演奏を聴かせてくれていたのが大変印象的でした!

リードの小組曲は、コロンビアから「吹奏楽名曲選」というタイトルで出ていましたが、
このCD、今現在では廃盤になってしまっているのかな・・?
同じくリードの「エル・カミーノ・レアル」も収録されていますので、こうした名曲の名演を収録したCDはずっと
後世にまで残していって欲しいものです。

最後に小組曲の演奏事例なのですけど、山梨県の平野廣海先生と言うと、明海中学校・大月東中学校での
すてきな名演が大変印象的ではあるのですが、1987年以降は学校異動により大月東中を離れてしまい、
その後の全国大会出場は残念ながら一度もなく、その後吹奏楽のスクールバンドの指導者からは勇退
されてしまったのですけど、実は1988年に大月市立富浜中学校を指揮され、関東大会B部門にこの無名校を
いきなり導き、当時の関係者をびっくりさせたものですけど、その時の自由曲がリードの「小組曲」だったのでした!
そしてこの小組曲の演奏は、関東大会B部門金賞で、結果的にこの演奏が平野先生の有終の美を飾られましたけど、
あの演奏は私は後日実況録音として聴いたことがありますれど、
とってもチャーミングな演奏で、素晴らしい演奏であったのは大変印象的でありました!

 | BLOG TOP |