FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私のように東北のとある田舎からのおのぼりさんにとっては「たいめいけん」という老舗の洋食屋さんは
その響きからして「いかにもこれって東京と言う響きじゃん!」みたいなものがあったと思いますし、
憧れというか一度は食べに行きたいすてきな洋食屋さんというイメージがあったと思います。
そしてその響きは今では存在していませんけど、かつて上野に存在していた「聚楽台」もそれに近いようなものが
あったのかもしれないです・・(笑)
とにかく昭和末期の頃の東北の田舎から上京してきた私みたいなおのぼりさんにとっては、
入りやすい飲食店のいっちば~ん!の憧れの地が聚楽台とたいめいけんだったと言えるのかもしれないですね~

「たいめいけん」は昭和6年創業の老舗洋食店で日本橋の地で長年愛され続けている名店です。
現在は3代目がお店を受け継いでおり洋食をはじめとする料理の普及に貢献しています。
今現在もお昼時や週末ともなればずらりと行列ができ、日本橋エリア屈指の人気グルメスポットとして知られています。
子どもから大人まで楽しめる幅広いジャンルの洋食メニューが充実しており、
どこか懐かしくホッとできる居心地のよさも、たいめいけんの魅力といえます。

オムライス、ハンバーグステーキ、カレー、パスタ、グラタンなどのほか、ラーメン、前菜、おつまみなどのメニューもあり、
とにかく種類が豊富なので何度食べに通っても飽きることは絶対にないと思います。
庶民的な店なんだけど決して味に妥協をしない本格的な洋食屋さんともいえると思います。

たいめいけんの名物料理として思い浮かぶのは何があるのかな・・?

そうですね・・その答えとして私がいっちば~ん!に思い浮かぶのは誰が何と言っても「たんぽぽオムライス」だと思います!
ケチャップライスの上に綺麗なオムレツが乗った料理で、映画「たんぽぽ」にも登場していた事で
一躍有名になったのかもしれないです。
その他には、玉ねぎの旨みが凝縮された厳選山形牛のハンバーグステーキや
1週間かけてじっくり煮込むデミグラスソースが濃厚なビーフシチューとか、大きめのサイズがうれしいメンチカツなども
挙げられると思います。

本記事のカテゴリは「ラーメン大好き 小泉さん」なのですが、どうしてたいめいけんと小泉さんがリンクしてくるの・・?と
思われる方もいらっしゃるのかとは思うのですけど、たいめいけんさんは言うまでもなく老舗の洋食店さんなのですけど、
別に裏メニューとか賄い食というのではなくてメニューにもちゃんと掲載されている正規メニューとして実は
ラーメンも取扱いをしていたのでした!
正直、この事は私自身も「ラーメン大好き 小泉さん」第4話を視聴するまでは全然知りませんでしたし、
たいめいけんさんに第4話の前半のAパートにあの小泉さんが来店してくるなんて予想にもしていませんでしたので、
やっぱりこのアニメからは本当に色々とすてきな事を教えられたものだ・・と改めて感じたりもしますね。



縺溘>繧√>_convert_20180703115945

縺溘>繧√>縺代s_convert_20180703120008


そうそう、上記にてたいめいけんを代表するメニューを少しばかり記させて頂きましたけど、
大切なメニューを忘れていました・・(汗)

それがたいめいけんさんのポテトコロッケだと思います!

これって実店舗で食べてもホクホク&滑らかな食感でとっても美味しいのてすけど、
最近ではたまにですけどスーパーでもたいめいけんさん監修の惣菜としてのポテトコロッケが販売されている事も
あったりします。
これはたいめいけん3代目茂出木シェフが監修されたものでして、
じゃがいもに牛乳・バターを加えてなめらかな食感に仕上げられています、
袋で密閉した状態でもサクッとした軽い食感を楽しむ事ができると思います。
価格は5個入りで300円程度と全然安くないのですけど、あの美味しさならば仕方がないのかもと感じさせてくれていますし、
閉店2時間前になると、半額とか30%引きのシールが貼られている時にたまに購入させて頂いておりますけど、
とにかく冷めても揚げたてでなくても十分にその美味しさがキープされているのはさすがだと思います。

ちなみにですけど、これはニチレイの冷凍食品でも取り扱いがあったりします。



2a11545b-s_convert_20180703115357.jpg

94c1cfdf-s_convert_20180703115900.jpg



上記でも既にちらっと触れておりますけど、日本橋のたいめいけんさんの店舗には、洋食店の裏側に実は
「立ち食いスタイル」としてのラーメンコーナーというのも実はあったりします!

アニメ「ラーメン大好き小泉さん」においては、「4人で満員になってしまう」と表現されていましたけど、
確かに4人程度が来店し、ここで立ち食いとしてのラーメンを食べてしまったらそれで満員御礼という事になるのだと
思います。
有名な洋食店さんなのに「どうしてラーメンが置いておるの~!? しかもそれを立ち食いで食べるなんて!」というそのギャップが
あまりにも素晴らしいものがあると思います。
あ・・もちろん、たいめいけんの一般の客席コーナーで普通にこうしたラーメンを注文する事も出来ますし、
当然ながら立ち食いではなくて普通のメニューのように椅子に腰かけてテーブルの上でラーメンを食べることも
普通に出来ます。


悠 : ラ、ラーメン屋さんじゃなかったぁぁぁぁ!! 小泉さんとお洒落レトロな洋食レストラン!? 物凄い違和感!一体どういうこと・・!?

小泉さん : なに言ってるんですか?私はそこのスペースが空くのを待っていただけです

悠 : スペース…?

悠 : よ、洋食レストランの裏口が…ラーメンの立ち食いカウンターに!? どういうこと!?

小泉さん : その名の通りラーメンコーナーです!

小泉さん : 先程の団体客とかち合ってしまって。4人が限界のスペースなので先を譲って待っていたんです


例によって例の如く小泉さんがどこのラーメン店に行くのか気になって気になって仕方がない大澤悠は、
またまた小泉さんを尾行し、そして日本橋のたいめいけんさん前に辿り着いたのですけど、
悠にしてみると「あれれ・・? どうして小泉さんは今日に限ってラーメンではなくてこんなにポピュラーな洋食店に
入ってしまうのだろう・・?」と訝しがる気持ちになさていたのかもしれないですね。

悠にしてみれば「たいめいけんは洋食店だし、どうして小泉さんがここにくるのかさっぱりわからない・・」という
感じだったのかもしれないですし、小泉さんにとっては「たいめいけんが普通にラーメンも取り扱いをしていて、
しかもこれがとっても美味しい!」という情報は当然掴んでいたと言えるのかもしれないですね。
小泉さんはこのシーンにて「先程の団体客とかち合ってしまって」と話していましたけど、
そのサラリーマンの団体さんたちと小泉さんがなにか会話をしていた際に、それを後ろで
「小泉さんが私の知らない所で私の知らない男たちとなにか楽しそうに喋っている~」と悠が脳内妄想を起こしているのは
やっぱりさすが悠らしい話でもありましたね・・



d49616f6-s_convert_20180703115921.jpg



小泉さん : ところで…なんで貴女がここに居るんですか?

悠 : え、えっと…えっと…

小泉さんはラーメン大好きなヘンな美少女転校生JKさんなのですけど、悠はそんなラーメン大好きな小泉さんに
興味津々というのがやっぱりとても面白い設定だと思います。
だけど上記の会話の流れの際の小泉さんの大澤悠に対する視線は「またいつもの・・」という感じではなくて
まるでゴミをみるような目でもあったのが小泉さんらしい話でもありました・・

最近の記事でも書いた通り、小泉さんに接するいっちば~ん!の方法というと潤のように一歩引いたあたりで小泉さんに
接するのがベストであって、悠のように最初から小泉さんに対してグイグイとやってしまうと、小泉さんからガン無視を
食らってしまう・・と言えるのかもしれないですね・・

だけどなんだかんだいって小泉さんは悠に対してもちゃんと接してあげている点は、小泉さんコミュ障説を吹っ飛ばす
ものがあるのかもしれないですね・・

小泉さん : 私は予定通りラーメンを食べますが…貴女は?

悠 : 食べる!

そりゃ・・悠にとって小泉さんから「一緒に食べますか・・?」と投げかけられれば当然忠犬ハチ公の如く
「食べる、食べる!」と尻尾を振っちゃいますよね・・(笑)




44f8492b-s_convert_20180703115832.jpg

4b012701-s_convert_20180703115740.jpg




店員 : チャーシュー麺にボルシチ、コールスローですね

悠 : ボルシチにコールスロー?私もそれ頼もーっと!

悠 : ん!美味っ!お値段を大幅に上回る美味しさだね!

小泉さん : ここに来たら必ず頼みます

悠 : あ!レストランスペースも見えるね!

小泉さん : ちなみにあちらでもラーメンを食べられます

悠 : え、じゃあなんでわざわざ外で待ってまでこっちに来たの?

小泉さん : それは…こちらの方が落ち着くからです

店員 : バターラーメンとチャーシュー麺、どうぞ

悠 : うわー!美味しそう~!

悠 : 美味ー!バターがスープにとろける…立ち食いって初めてだったけど、これも悪くないかも・・!

小泉さんが立ち食いコーナーにいるのは、店内の大勢の人混みにいるよりは、4人限定という空間の方が
落ち着くという事なのかもしれないです。

そうそう、上記の二人の会話にある通り、たいめいけんさんのメニューには、ボルシチとコールスローが載っていて
もちろん量は少ないのですけど、こんな本格的な有名洋食店さんのとってもおいしいボルシチとコールスローが
一品50円・・つまりは、50円×2=100円で食べられる!というのはとってもすてきな事であり
これはたいめいけんさんの「美味しいものをよりお安く」という店としての素晴らしい良心が秘められているのだと
感じられます!
小泉さん達のようにとってもおいしいチャーシュー麺を食べるだけではなくて、それ以外に本格的でとっても美味しい
ボルシチとコールスローをいわばラーメンと言うメインの前の「前菜」として食べることができるなんて、
それはとってもめちゃくちゃウルトラハッピーな事だと思います!

しかもボルシチは野菜たっぷり!

たいめいけんさんのラーメンは確かに醤油の風味を感じるものの舌に刺さるような醤油の塩気ではなく、
醤油本来の甘さとあとから追いかけてくる塩気が程よいバランスを保っており、よりマイルドな味わいというのが
売りなそうです!
そして結構まったりしたラーメンなのですけどもチャーシューがさほど脂っぽくないせいもあり、ラーメン自体の脂を
くどく感じさせないよう上手く吸収してくれているのも「さすがたいめいけいさん!」という感じなのだと思います!




9fea3870-s_convert_20180703115806.jpg




小泉さんの「やっと食べられた…」というあの恍惚の表情は「ふはー」以上にすてきなものがありますね~!

本当に幸せそうな顔だと思います~!

悠 : やっぱ小泉さんの恋人はラーメンだよね、うん!

小泉さん : なに言ってるんですか?

悠 : なんでもない!

この時の二人は珍しく・・? いかにも仲の良いお友達JKさんという感じでもありましたね~!!(笑)

こういう小泉さんは大変珍しいだけに大変貴重なものがあるのかもしれないですね!
スポンサーサイト



A.リードの序曲「インペラトリクス」はさすがに最近ではコンクールでもコンサートでもほとんど聴かなくなりましたね・・
実はこの曲は、かつては全国大会でも自由曲として演奏されたことがありましたし、少なくとも私が
中学~高校あたりの頃は、県大会レベルなら、小編成の部でどこのチームが毎年一回程度は演奏していたような
記憶があります。

私が吹奏楽コンクールの現役奏者であった70年代~80年代にかけてのコンクール規定と現在の規定では
かなり変更になった点もあるかと思います。
一つの例として、部門の見直しと人数制約の変更点があると思います。
これは県レヴェルにおいて、規定が県ごとに微妙に違ってきていますので一概には言えないと思うのですが、
C部門が25名以内 B部門が35名以内 A部門が50名以内という規定があり、
現在の大編成55名以内 小編成30名以内とは少し異なる規定があったと思います。

そう言えば、こんな話をかつて耳にした事があります。
とある学校が、吹奏楽コンクールについて、「今年は28名でB部門に出場し、自由曲はインペラトリクスを演奏しよう」という
話になったものの、コンクール出場受付の間際の頃に 退部者が出てしまい28名の人数キープはおろか、
23名での出場がやっとこさっとこという事で 仕方なくC部門に出場する事になったとの事なそうです。
ここで一つ問題が発生し、コンクールでは B部門は演奏時間は課題曲を含めて12分以内ですが、
C部門は課題曲を含めて10分以内という制約があり、 インペラトリクスは7分30秒程度の演奏時間を要するため、
別の曲を自由曲にするか、インペラトリクスをカットして演奏するか部員全員で話し合いを重ねたそうでして、
インペラトリクスは、冒頭のコラール的な重厚感のあるどっしりとした序奏・アレグロの展開部・
フルートソロを中心とした ゆったりとした中間部・アレグロの再現、そしてラストのアレグロのコーダという部分から
構成されますが、 10分以内に収めるためには、中間部をそっくりカットする必要があり、そうなると全体を通じて
冒頭とアレグロとコーダ部分という 騒々しい音量過剰な部分のみを演奏する事になってしまい、音楽の構成上
あまり望ましい事では ないとの結論に達し、
自由曲を急遽、演奏時間5分程度の同じくリードの「ジュビラント序曲」に変更したというのも
コンクールの規定の面倒さとか選曲とかカットとか色々な問題がはらんでいるような気もしますね。

私自身は「インペラトリクス」を吹いた事は無いのですけど、楽譜を見た限りでは、それほど難しい曲には
感じられなかったですし、何よりもあの冒頭の堂々としたTuttiなんかは全奏者fffで吹いてみたいなぁ・・・という気持ちは
あったものですね。
この曲のタイトルの意味は、「古代の皇后」という意味との事ですけど、冒頭の堂々とした出だしとか
中間部のしっとりとしたフルートソロの気品さは、まさに「皇后陛下様!! へへーーー!!」みたいな雰囲気に
満ち溢れていると思います。

リードの序曲「インペラトリクス」はジョージア州フォレスト・パークのG.P.バブ中学校バンドと、
その指揮者ドナルド・E・ウィルクスの依頼により作曲された経緯があります。
リードの初期作品というと、サスカッチアンの山・音楽祭のプレリュード・インペラトリクス・ジュビラント序曲といった曲を
思い出しますが、これらの曲は実は全て第二次世界大戦後に作曲されたものばかりです。
リードには「ロシアのクリスマス音楽」という大変重厚長大な荘厳で厳粛な大曲があるのですけど、
実はこの曲は、 第二次世界大戦前に作曲されたものでもありました。
感覚としては、ロシアのクリスマス音楽よりは、インペラトリクスや音楽祭のプレリュードの方が若い頃に作曲された
初期作品といった香りもあるのかな・・?と思ったりもします。

この曲は、前述の通り、冒頭の荘厳な序奏→アレグロの展開部→中間部→アレグロの展開部の再現→コーダという
流れになっているのですけど、
フルートソロの美しい中間部が終わったら、一度演奏したアレグロ部分をもう一度繰り返し吹いて、
更にその上にコーダへ流れ込み、このコーダの部分もアレグロ部分の再現という感じですので、
今現在の感覚で聴いてみると 「いくらなんでも少しくどいじゃん・・」みたいな感覚になってしまいますね。
もしかしたら、この「くどさ」が同じリードの曲でも、春の猟犬とかパンチネルロほど
後世に演奏され続けられなかった要因じゃないのかな・・・とも思いますね。
反面その「くどさ」が現在の洗練された吹奏楽オリジナル作品には無い魅力でもありますので、
改めてこの曲を聴いてみると「しつこい・くどい」という感想以外にも
「なんかなつかしい香りがする」とか「バタ臭いけどなんか素朴な雰囲気」みたいな印象も感じたりするから
不思議なものです。
特に中間部のあのフルーソロの美しさは絶品だと思いますし、あのソロは、まさにこの曲の大きな魅力だとも思います。

この曲最近全く聴かないですね・・・
私がこの曲を最後に聴いたのは、今の所、1990年代中盤の関東大会B部門の
新潟明訓高校だったかな・・・?
この演奏、少しもっさりとした響きだったけど、素朴な感じがよく表現されていて
残念ながら評価は銅賞でしたけど、私はいい演奏だったと思っています。

たまには温故知新という事でこうしたレトロな吹奏楽オリジナル曲を聴いてみるのもすてきな事だと思います。

 | BLOG TOP |