FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


当ブログの最近の東方カテゴリでは結構な頻度で「東方深秘録」等で大活躍を見せてくれたこいしちゃんを
取り上げる機会がかなり増えたと思いますけど、私自身、東方にはまりだした頃は実は古明地姉妹は、
こいしちゃんよりはお姉さまのさとり様の方を好む傾向にあったのかもしれないですけど、
最近では当ブログの登場頻度という観点ではこいしちゃんの方が勝っているのかな・・とも感じたりもしますし、
東方キャラの中では特にフランちゃんとこいしちゃんがお気に入りという「dream fantasy」のアミグリさんからの影響もかなりあるのかな・・と私自身感じていたりもします・・(笑)

そうした中、最近の私が東方キャラの中で実はいっちば~ん!気になって気になって仕方がないキャラは誰なのかと言うと、
昨年の東方新作ゲームの一つでもある「東方憑依華」で登場する黒幕の双子の姉妹の中で、
あの貧乏神のお姉ちゃんの方・・つまり、依神紫苑(よりがみしおん)だったりします!
依神紫苑お姉ちゃんは、今年・・第14回東方人気投票においても初登場でいきなり第15位にランクインするなど、
東方ファンのハートも既にガッチリと掴んでいるようですし、
私自身、ゆかりん・早苗さん・アリス・こいしちゃん・霊夢・さとり様は当然としながらもこれらのキャラに次ぐ
「今いっちば~ん!熱いキャラ」というと華扇・うどんげちゃんも勿論そうなのですけど、
この依神紫苑お姉ちゃんも今現在特に熱い眼差しで大注目しているキャラであったりもしています。
確かに貧乏神という事で、本来でしたら「あんまり関わり合いになりたくないキャラ」の筆頭だと言えるはずなのですけど、
紫苑お姉ちゃんのあの不幸を絵にかいたようなあのとてつもないマイナスオーラは凄いと思う反面、
「紫苑お姉ちゃんかわいい~! 幸せにしてあげたいと思った東方キャラは紫苑ちゃんが初めて!!」と感じさせるものは
間違いなくありそうですし、
日々のご飯にも事欠いている様子が窺えしれますし、
バトル後において「ひもじいよー 恵んでよー」とバトル相手に食べ物を乞う様子が見られたり、
どぶろくと雑草を「豪華な食材」として見ている様を見てしまうと
確かに不幸のオーラがでまくりの貧乏神のお姉ちゃんなのですけど「かわいい~」とか
「一緒にご飯食べよう!」とか
「紫苑お姉ちゃんの事は自分が生涯面倒見てあげたい!」と思わせる「何か」をお持ちのキャラなのかもしれないですね~!

「東方憑依華」のゲームについては実は私自身かなり苦戦中でして、ほとんどクリアできていません・・(泣・・)
難易度は極めて高いと思いますし、あの難解さとトリッキーさは私の中では「東方花映塚」以上だと思っています。
「東方憑依華」は二人一組のタッグとなっていて、
プレイヤーはメイン操作の「マスター」とサポートの「スレイブ」を選び、戦局を見て時には入れ替え、
時には援護してもらい有事の際には使い捨てることができるシステムになっています。
「二人一組」というのは「東方地霊殿」以来久しぶりのルールという事になりそうですね~
ですので、「東方憑依華」をなんとかクリア出来たら改めてこの「東方憑依華」についても語ってみたいと思うのですけど、
本記事はとにかく私が今、いっちば~ん!熱い視線を送っている貧乏神の依神紫苑お姉ちゃんについて
少しだけ語らさせて頂ければ幸いです。
そうそう、この「東方憑依華」にはこいしちゃんも登場しています!
そして大変興味深いことがありまして、こいしちゃんモードの場合、なぜかこいしちゃんはお姉さまのさとり様について
色々と言及しているのが大変興味深いです。
後半に少しばかり、このこいしちゃんのお姉さまについての言及についても触れてみたいと思います。
そしてラストに「dream fantasy」のアミグリさんが
描かれたさとり様のイラストも転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

貧乏神って昔から民話・お伽話等ではお馴染みのキャラであり、まんが日本昔話やゲゲゲの鬼太郎でも
登場していました。
確かにこんな神様に憑りつかれてしまうのはやっかい極まりない事であり迷惑千万以外の何者でもないのですけど、
あのどこか飄々とした様子とかあの子汚らしい恰好とかどこに憎めない部分はあったりもしそうですね・・

ちなみに現代の貧乏神には6つの特徴があるそうです。

・毒(愚痴・悪口・不平不満・ねたみ・泣き言)を吐く
・人を見下す(上から目線)
・責め心を持つ
・見返りを求める
・許せない心
・つもり病(「できているつもり」「しているつもり」になる)

貧乏神に憑りつかれた人に遭遇すると、お金がスルスルと出ていき、無駄遣いの連続になってしまいがちです。
貧乏神を背負い込んでいる人に関わると物がやたらと壊れます。ありえないだろう!という物が突然壊れ
それによって無駄金を使わされ余計な出費が増えることは日常茶飯事です。
そして厄介なのは貧乏神が近くにいると祈りや祈願が全くきかないそうです。

そうした現代の貧乏神に憑りつかれた人の共通傾向として、
①悪気が全くないものの失敗しても人のせいにしてしまいます
②人の悪口や失敗を助言しているかのような口ぶりで話し続けるものの決して人を褒める事は無く
  貧乏神に憑りつかれた人との会話は大変疲れることが多いそうです。

そうした貧乏神を追い払うには、自分達一人ひとりか精神的に強くなることがいっちば~ん!なそうです!

具体的には・・

・毒を吐かない
・上から目線にならない
・人をやたら責めないし悪口をいわないようにする
・見返りを求めない
・許す心を持つ
・物事を真剣にやる

貧乏神を追い出すには、相手をきちんと認めてあげて、相手のした事に「ありがとう!」と感謝をし、
思いやりの気持ちを持つことが最善なのかもしれないですね。
だけどそうした事を人間は中々できないものだから、紫苑お姉ちゃんのような貧乏神に人は憑りつかれるものなのかも
しれないですね・・




邏ォ闍狙convert_20180625200136

雋ァ荵冗・枩convert_20180626155352



紫苑お姉ちゃんは、双子の姉の方です!
ちなみに妹の方は最凶最悪の双子の妹:依神女苑(よりがみじょおん)であり、その種族は疫病神です!
能力として「財産を消費させる程度の能力」という事で、人に憑りついて財産を浪費させてしまうという大変厄介な御方でも
あります。
女苑の方はシルクハットに扇子、たくさんの指輪にバッグと見事に成金を体現したような見た目をしていますし、
攻撃方法も札束をばらまいてそれを燃やすなど成金そのものです(笑)
なんだか見た目はバブル時代のゴージャスなイケイケねーちゃんみたいな雰囲気です・・(笑)

対照的に最凶最悪の双子の姉の依神紫苑(よりがみしおん)お姉ちゃんは全然冴えないですね・・
種族は貧乏神で、その能力は「自分も含めて不運にする程度の能力」という事で、やはり貧乏神そのものですね~

疫病神と貧乏神という双子の姉妹なのですけど見た目はまったく似ておりません。

紫苑お姉ちゃんは貧乏神という事で妹とは一転して非常にみすぼらしい恰好をしています。

青のロングヘアーに、薄汚れたパーカー、若干すけてる青のミニスカートを着用し、
パーカーの下に下着も着ておらず、足元は靴はおろか靴下すら履いていませんし、
服やリボンには「請求書」「差し押さえ」「督促状」といった札が大量に貼られているのがなんだか笑ってしまいます・・
だけどあの貧相な雰囲気が「お姉ちゃんかわいい~! 頑張って~!」みたいなものをもたらしているのかもしれないですね~!

この姉妹の目的は憑依異変を利用してプリズムリバーライブに集まった観客に憑依し、
憑依した観客達から金品を巻き上げるというものであり、そうした意味では歴代の異変を起こした黒幕としては
もっとも目的がセコいです・・(笑)
見方によっては「東方輝針城」のあの小物黒幕の正邪よりもセコイかもしれないです。
だけどこの二人の姉妹の力はある意味驚異的であり、妹がお金を巻き上げ、お姉ちゃんが貧乏神として
そのお金持ちに憑りついてすってんてんにさせるという事で、幻想郷の皆様にとっては迷惑千万な姉妹と言えそうですね~!

ちなみにですけど、「東方憑依華」の公式の説明によると・・

「完全憑依」と呼ばれる不可思議な現象が起こっていた。全くの別人が、精神のみならず肉体をも乗っ取る現象である。
女苑と紫苑の二人はかねてより発生していた「噂が具現化する」という「都市伝説異変」を応用して
他者が相手の身体を乗っ取るという「完全憑依」の現象を具現化させたが、
これは「誰かに憑りついて何らかの影響を及ぼす」という貧乏神の性質を多分に加味したものでもあり、
依神姉妹には完全憑依の現象下において絶対的なアドバンテージがあった。
紫苑が相手方マスターのスレイブに「憑りつく」という完全憑依の仕方をすることで、
紫苑の貧乏神としての特性によって相手方の勝運を含むあらゆる運気を根こそぎ低下させ、
有無を言わさずに敗北へと導くというものである・・と言う設定になっていて
紫苑の運気吸収(同時に「不運」への変換)の前にはどうあっても勝利はあり得ず、
女苑と紫苑の勝利が確実となってしまうという大変厄介な黒幕であったりもしていて、実はあのゆかりんすらも最初の頃は
この女苑と紫苑には手も足も出ず、大変な苦戦を強いられています。

ま・・最後は霊夢とゆかりんのペアにより紫苑お姉ちゃんは成敗されてしまい、この異変のお仕置きとして
紫苑お姉ちゃんは博麗神社でしばらくは修行という事になってしまうのですけど、
霊夢の博麗神社は元々が「貧乏神社」でありますので、紫苑お姉ちゃんが居候しても居候しなくても
貧乏である事は変わりがなさそうですね~(笑)

上記で「噂が具現化する」という「都市伝説異変」と記しましたけど、これは「東方深秘録」の異変の影響は
色濃く残っているという事を示唆しているのかもしれないですし、あの異変で大活躍を見せてくれたこいしちゃんにとっても
「私にもまだまだ見せ場が残っている~」と思っているのかもしれないですし、
心が空っぽのこいしちゃんはあの異変では誰かにフラリと憑依していたのかもしれないですね~!




capture1657_convert_20180625195118.jpg




それではここから先は「東方憑依華」でのこいしちゃんモードでのお話です。

ここで大変興味深いことは、こいしちゃんはこの異変でのストーリーモードでの各対戦相手に対して、
結構こいしちゃんのお姉さま・・さとり様について言及しているのは大変興味深いです!
これは何を意味しているのかと言うと、
こいしちゃんは地上と地底の地霊殿~旧地獄をフラフラと放浪している妖怪さんなのですけど、
地霊殿に戻った際にはちゃんとさとり様と対話をしているというのがよく伝わってきますし、
こいしちゃんは意外とお姉さまのさとり様の事もよく見ているし、逆にさとり様も妹のこいしちゃんの事もきちんと
気にかけているという事がよく分かるという事なのだと思います。

こいしちゃんは白蓮さんに「しつもーん! 僧侶が言う悟りとお姉ちゃんは何が違うのですか?」と質問しているのですけど、
こいしちゃんは一応は白蓮さんの命蓮寺に在家信者として入門していましたけど
「僧侶」とどこかよそよそしい表現を使用しているのは、実際にはこいしちゃんはまだまだ白蓮さんには帰依していないし、
完全にはまだ信じ切っていないという事を示唆しているのかもしれないですね。

ちなみにこいしちゃんの質問に対する答えは、仏教上の一つの開放・救いでもある「悟り」とさとりお姉ちゃんの正体である
妖怪・覚は似て非なるものという事になるのだと思います。




capture1659_convert_20180625195302.jpg



続いてこいしちゃんVS道教勢力の神子とのバトル時の対話ですけど、ここでこいしちゃんは
「お姉ちゃんが会いたがっていたわ! いつも偉そうにしている奴の心の内を知りたいって!」とかなり辛辣な言葉を
口にしていますけど、これは地霊殿でもさとり様とこいしちゃんの姉妹が二人っきりでいる時に
姉妹仲良く幻想郷内の最近の動向とか各キャラの噂話にはなを咲かせていた時の会話だったのかもしれないですね!

そうした意味ではこいしちゃんはさとり様ともきちんとコミュニケーションが取れている事を示唆していると
思いますし、この辺りは以前のような心がカラッポのこいしちゃんではもはやないという事の裏付けと言えるのかも
しれないですね。




capture1661_convert_20180625195339.jpg



上記は華扇VSこいしちゃんのバトル時の会話です。

「お姉ちゃんも動物ばかりに好かれるけど、あたなも人間嫌いかそっち系・・?」とこいしちゃんは華扇に尋ねますけど、
結論から言うと、さとり様は完全な人間嫌いで、華扇は実は大の人間好きというのが
違いなのかもしれないですね。

そうそう・・こいしちゃんと華扇の別モードでは、華扇はこいしちゃんに対して
「お姉ちゃん元気してる?たまには地上に来ても良いのに・・」と投げかけ、
また白蓮さんと華扇のバトルの際には「さとり様も妹探しにたまに命蓮寺に来ている」という新情報も
飛び出ていましたので、さとり様もこいしちゃんの事をとても気にかけていて、心配の際には、引きこもりのあのさとり様が
なんと・・!
地上の命蓮寺にまで様子を見に来ているという事は、さとり様の「こいしちゃん愛」を示唆しているという事なのかも
しれないですね!




capture1675_convert_20180625195427.jpg

capture1676_convert_20180625195506.jpg



こいしちゃんはなんと・・ 「東方憑依華」にてあのゆかりんとバトルまでやってくれています!

それにしてもこいしちゃんが口にしていた「お姉ちゃんが言っていたけど、これから地上が慌ただしくなる予感がするってさ!
権力争いが激化するのかな?」というセリフはある意味大変不気味だと思います。
不穏なセリフでもありますし、最近の幻想郷の天候異変に始まるなにやら不穏な空気とか
外界と幻想郷の境界がいつの間にか消滅していたとか、はたまた新しいとてつもなく力の強いキャラの登場とか
はたまた次回作の伏線とか色々と妄想のし甲斐はありそうですね。

そしてさとり様も単に地霊殿に引き籠っているだけではなくて、お燐ちゃんやこいしちゃんの地上での動向といった最新情報を
さとり様なりに分析し警戒をしているという事なのかもしれないですね。




moblog_c95b1e82_convert_20171025012347.jpg




ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!

上記の作品は、こいしちゃんのお姉さま・・アミグリさんが2014年3月10日の「3月10日はさとり様の日」に描かれた
さとり様・・古明地さとりです!

ちなみにこのさとり様はデジダルではなくてアナログのモノトーンのさとり様として描かれたものでした。
さとり様の「憂い」の表情がとっても大好きです!!
「さとり様・・そんな悲しい顔しないで・・!!」と そっと肩を寄せたい妄想に思わず駆られてしまうような
素晴らしいアナログ作品だと思います。

それにしてもアミグリさんが描かれたこのさとり様の表情の哀しそうな雰囲気はとってもせつないものがありますね!

さとり様はどうしてこんなにせつなく哀しそうな表情をされているのでしょうか・・?

いつも無意識にフラフラ放浪しまくっている実妹のこいしちゃんを心配している・・?

さとり様が有しているサードアイを通して幻想郷内の人間・妖怪の心の本音を全て瞬時に読み取り、
「私はみんなから嫌われている・・」とさとり様が確信しているから・・?
人の表面的な言葉と心の奥底の本音の乖離にうんざりしている・・?

さとり様は長女ゆえに地獄の閻魔様=四季映姫様から委託管理されている旧地獄と地霊殿の管理があるゆえに、
旧地獄を離れる訳にはいかないのに、妹のこいしちゃんが自由気ままにあっちへフラフラこっちへフラフラと
自由に放浪しまくっているその姿を実はさとり様自身がうらやましく感じていて、
そうしたこいしちゃんにちょっとした焼きもちを妬いていて、そうした感情を有する自分を恥じている・・?

こいしちゃんに「こいし・・そろそろ以前のようにサードアイを開いてくれない・・? そしてもう一度お姉ちゃんと一緒に
旧地獄の管理の仕事をしようよ・・」とお願いしても、こいしちゃんから「絶対に嫌!」と拒絶されたことが
とてつもなく哀しかった・・?

色々と脳内妄想のし甲斐があるさとり様なのだと思います。

それにしても東方の姉妹の皆さまって、古明地姉妹もそうなのですけど、秋姉妹・プリズムリバー3姉妹、
そして女苑-紫苑の依神姉妹も含めて長女のお姉ちゃんにどことなく「影」が感じられるのは東方の一つの傾向と
言えるのかもしれないですね。
この傾向に唯一当てはまらないのがスカーレット姉妹なのかもしれないですね・・(笑)

上記のアミグリさんが描かれたさとり様は、その権利は全てアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

さて・・いよいよ明後日・・7月7日は当ブログの一つの節目記事とも言える待望の「吹奏楽カテゴリ1000記事到達」の
お祝い記事です!
そしてこのお祝い記事に記念イラストとして登場するアミグリさんが描かれた吹奏楽関連キャラとは
一体誰なのでしょうか・・?
是非お楽しみにして頂きたいと思います。
そして翌日の7/8からは本格的にうどんげちゃん語りも始まります!

それでは今度の土日で皆様のお越しをお待ち申し上げたいと思います。
スポンサーサイト



当ブログは予約記事を採用しておりまして、実は7月7日に掲載させていただく「祝! 吹奏楽カテゴリ1000記事到達」の記事は、
6月中旬ごろには既に完成しておりました。
(あの時点で996記事という感じだったと記憶しています)

そして実質的に1000番目に書いた記事というのが本記事に相当します。
そして管理人の想いとしては「実質的に1000記事目になるこの記事では、このブログの管理人が古今東西ありとあらゆる
吹奏楽オリジナル作品の中でいっちば~ん!大好きな曲を書こう!」というものがありましたので、
本記事においては、私が吹奏楽作品の中では断トツにいっちば~ん!大好きな曲ともいえるV.ネリベルの
「二つの交響的断章」について書かせて頂きたいと重います!

そして二日後の7月7日のお祝い記事は「通算1000番目の掲載記事」ということで、ここに名実ともに1000記事に
なりますので、この際には当ブログでも大々的にお祝い記事を書かせていただきたいと思いますので、
どうか明後日の方も何卒宜しくお願いいたします!

現在の日本には世界に誇れる指揮者というものはかなり多く存在していると思うのですけど
その中の一人が佐渡裕氏と私は確信しております。
この偉大なる大指揮者ですけど、「若い、若い・・」と言われていたらもう50代に突入しているのですよね。
時の流れを感じさせてくれます。
佐渡さんの指揮による演奏では、過去において色々と素晴らしい演奏に巡り合ってきましたけど
あくまで私が直接聴いた中で最高の演奏は
1996年の新星日響のチャイコフスキー/交響曲第5番だったと思います。
あの時は冗談抜きで「感動」が止まらなかったですし、
あんな素晴らしいチャイコを聴けたのは私の「生涯の誇り・財産」だと思ってすらいます。
そうした佐渡裕氏ですけど、 指揮者としての「原点」は実は吹奏楽コンクールでもあったりします。
吹奏楽に詳しい人ですと、 「それって1986年の龍谷大学のD/組曲ハーリ・ヤーノシュでしょ?」と言われると思いますけど、
実は不正解です・・(笑)
正解はそれに遡る事5年前・・1981年の京都府大会のとある女子高なのですけど
その時の自由曲がまさにこのネリベルの「二つの交響的断章」だったのです!!
(参考までにこの時の課題曲はAの「イリュージョン」だったそうです・・)
この時の佐渡さん指揮のこの女子高の演奏はとてつもない熱演だったそうでして、そこには「情熱みなぎるダイナミックな
ネリベルだった」との事らしいです。
だけどこの時の審査結果は残念ながら銅賞という評価になり、この審査結果に到底納得できなかった佐渡さんは
審査員室に抗議の怒鳴り込みにいったというエピソードも残されているとの事です。
そしてこの京都府大会の演奏から数条年後に佐渡氏がプロの吹奏楽団であるシエナを指揮して
ネリベルの「二つの交響的断章」を振ったさいに佐渡さんは
「なんだ・・、あのときの京都の女子高との演奏とおんなじじゃないか! 自分は今もあの時も決して間違っていなかった!!」と
確信されたとの事です!
佐渡さんらしいすてきなエピソードだと思います。

「二つの交響的断章」ですけど、原曲はとてつもなく長いです!
第一楽章がかなり冗漫にも感じてしまいます。
誠に申し訳ないのですけど、現在定番になっているコンクール用のカットヴァージョンに耳が慣れてしまうと
原曲版は「無駄が多い」ようにも聴こえてしまいます・・・(汗)
(これはあくまで私の個人的感想です)
そうした原曲があまりにも長すぎて、コンクール用カット版の方がしっくりくる他の例としては
大栗裕の「吹奏楽のための神話」もそれに相当するのかもしれないですね。

ネリベルの「二つの交響的断章」はタイトルとおり二つの楽章から構成されていますけど、この対照的な二つの楽章の
静と動の対比やダイナミックスレンジの幅広さ、そしてなによりもあの劇的な緊張感と二つの楽章の落差の対比が
とてつもなく面白いと思います!

第1楽章 Marcato

鍵盤打楽器の基本モチーフ(D-A-F-Bb)の繰り返しから始まります。

第一楽章は、グロッケン・シロフォーン・コンサートチャイムだけの鍵盤打楽器のみの8分音符から開始される
作曲当時としては珍しいタイプの吹奏楽オリジナル作品だったと思いますけど、
この冒頭に、低音金管楽器→高音金管楽器が加わっていき、高潮化した時に、
鍵盤打楽器も16分音符へと更に速度が速まり、クライマックスを築いた後、
アルトサックスとテナーサックスのデュエットへと曲が展開されていき、この辺りからドラがかなりの凄まじい轟音を
たてていきます。
このサックスのデュエットに合いの手をいれるような役割の鍵盤打楽器の16分音符のヒステリックな響きは
これだけでも一聴の価値があると思います。
原曲ではこのあたりからの木管のソロがかなり執拗に展開されていくのですけど
これは少ししつこいような気がします。
第一楽章のオーボエに乗っかる形のファゴットのデュエットも実にいい働きをしていると思います。

第2楽章 Allegro impetuoso

ティンパニの力強い独奏から始まり、金管群がそれに応えます。

Tbのソリから始まり、第1楽章とは対照的なスピード感の中で収縮と拡大を繰り返し、
冒頭の主題が多層的な響きの中で再現されると、叩きつけるように終わります。

金管楽器と打楽器が「これでもか!!」とばかりにかなりの強奏を展開していきます。
でも第二楽章のあの強烈なリズム感と強引な展開のとてつもない「エネルギー」には、本当に魅かれるものがありますし、
強烈な「生きるエネルギー」を感じてしまいます!!
第二楽章から打楽器では、トムトムが大活躍をします。
レコード・CDを聴いてしまうとトムトム奏者は1名のようにも聴こえますけど実際は2名で叩きつけています。

この曲は吹奏楽コンクールでも1977年の全国大会における天理高校の演奏以来、21世紀に入ってもたまにですけど
この曲が継続されている事は大変嬉しいものがあります。
だけど、この曲のコンクール演奏に関しては、1979年の市立川口高校と1980年の東海大学第一の演奏を
超える演奏はいまだに現れていないと思っています。
というか、あまりにもこの両校の演奏が神がかっているというのか素晴らしすぎる名演なので、
両校の演奏から既に38年以上の歳月が流れているのですけど
あの演奏を超える演奏はもう出てこないのかもしれないですね。

だけど、私にとってネリベルの「二つの交響的断章」というと1979年の市立川口高校の演奏に尽きると思います。

とにかく、あの演奏は凄過ぎると今現在でも思っています。

「神がかり」・「奇跡のような超ウルトラ名演」としか言いようが無いと思いますし、
当ブログの役割の一つが市立川口のあの素晴らしい名演を語り継ぐことだとも思っています。

東海大学第一高校のかなのクセのある個性的な演奏、あの重低音をバリバリと鳴らした演奏も大好きですし、
あの積極果敢に最初から最後まで攻め続ける積極性は今現在の吹奏楽コンクールでは多分そんなには見られない
表現スタイルだと思いますし、確かに特に前半部分は「乱暴すぎるのかも・・」と感じなくもないのですけど、
あれはあれで立派なネリベルの表現なのだと思います。
(東海大学第一の演奏をレコードで聴くと、ティンパニがなにかヘンな方向から聴こえてくるようにも思えるのですけど、
あれは当時としては大変珍しいセッティングで、鍵盤打楽器・大太鼓・ドラ等をステージ左手に配置し、ティンパニのみ
ステージ右手に配置したからだと思います)
よく吹奏楽マニアの方ですと「1977年の天理高校」を推す方も多いのですけど、
私としては天理高校の演奏は確かに巧いし理性的な演奏で個人の技術の高さは相当なものがあるとは思うのですが、、
市立川口とどこが決定的に違うのかと言うと「演奏の熱さ」と「第二楽章以降のヒートアップ振り」なのだと思います。
天理は理性的に第二楽章も展開しているのですけど、私から言わせて頂くと、
あんまりおもしろくないし、市立川口のような狂った狂喜乱舞さがなく優等生のような演奏に終始してしまっているのは
もったいない感じもあります。
(天理は前年度がまさかの初の銅賞という事で、この年はもしかしたら守りに入っていたのかもしれないですね・・)

それにしても1979年の市立川口の演奏は凄まじい「熱さ」が光り輝いていたと思いますし、
強烈なインパクトのある切れ味鋭いウルトラ名演だと思います。
私は、現在、埼玉県川口市在住なのですけど、
1980年代の市立川口高校の数々の素晴らしい名演
(特にこの二つの交響的断章と「無言の変革」シリーズ、名取吾郎シリーズ)に感銘を受けた人も多いと
思いますし、私自身、この市立川口の演奏に魅了&影響を相当受けていますし、
それが一つのきっかけなのかもしれませんけど、東北在住時代に
「いつの日にか市立川口高校がある川口市に住んでみたい」と思っていたら 、なんと本当に
その数十年後に本当に住む事になってしまったものでしたし、
(偶然なのですけど、うちの奥様が川口市の生まれと育ちなものでして・・・)
その意味では「夢が叶った~!」と言えるのかもしれないです・・(笑)
 
1979年当時吹奏楽コンクールの全国大会の出場チームのステージ衣装はほぼ例外なく学校の制服というか、
男子は学ラン、女子はセーラー服かブレザーという中、
市立川口高校吹奏楽部は、赤ブレザーに白のズボン・スカートという当時としては斬新なステージ衣装というのは
当時はとても眩しく斬新でしたし、広い普門館のステージが狭く感じるほど、
打楽器を数多くセッティングし、ハープとか法螺貝とか、コンサートチャイムとは別に本物の「鐘」を 持ち込んだり、
視覚的にも大変インパクトはありました。
そして何よりも演奏が素晴らしかったと思います!
1979年の市立川口高校の課題曲は「プレリュード」という コンクール史上初の無調的色彩の強い現代音楽系の曲
だったのですが、 冒頭のティンパニソロをはじめ、緊張感漲る演奏が本当に素晴らしかったし、
後半のヴィヴラフォーン以降の木管セクションのひさやかさ、打楽器セクションの鼓動 など
文句のつけようがない課題曲Bの演奏だったと思います。
しかもこの演奏、全国大会初出場でしかもプログラム一番なのですよ~!
そんなハンディーを全く感じさせない演奏だったと思います。
自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」はまさに圧巻の一言!!!!!
前述の通り、出だしが、チャイム・シロフォーン・グロッケン・マリンバの鍵盤打楽器から開始され
執拗に同じメロディーを反復していくのですが、この緊張感が絶品です。
アルトサックスのソロも素晴らしいし、それに合いの手を入れる打楽器セクションの瞬発力も お見事に一言に尽きます。
ファゴットのデュエットも・・ま・・少しばかりズレはあるのですけど、やはりあの勢いは止められない感じです・・・
後半のティンパニソロからの金管セクションの透明かつ勢いのある展開も大変迫力がありますし、
トムトムをはじめとする打楽器セクションのやはり瞬発力と自発性は高く評価されて然るべきだと 思います。
自由曲における、ドラの鳴り方が非常に効果的なのも印象的です。特に第一楽章の鳴りっぷりは凄まじい・・・
前述の通り、この原曲は17分程度の長いものなのですけど、
市立川口は5分30秒程度にコンパクトに収めてしまいましたので、
「もう少し長く演奏しても良かったのでは・・・? せめてこの翌年の東海大学第一高校くらいの長さは
欲しかった」とも言えなくはないのですけど、
指揮者の信国先生は、 「音楽的緊張感」を優先に考え、このカット方法にしたのかもしれませんよね。
(課題曲Bのプレリュードを静粛に音楽的緊張感をキープしたまま、ネリベルの冒頭のあのひそやかな鍵盤打楽器へと
入った事もあり、課題曲との連続性みたいなものも信国先生としては意識されていたのかもしれないです)

この1979年の市立川口の演奏は、色々な意味で私の「バイブル」と言えるのだと思いますし、
花輪高校・秋田南高校と並んで私に与えた影響はトップクラスなのだと思いますし、
私としてし市立川口高校に対する「想い」というものは格別のものがあると思っています。
市立川口高校は、川口市の市立高校の学校統廃合により既にこの校名は消えてはいるのですけど、
私の記憶の中で、市立川口高校の数々のあの伝説的名演・・そして特にあの二つの交響的断章の歴史的名演は
永遠不滅に受け継がれていく事は間違いないと思います!

ネリベルの「二つの交響的断章」は今現在でも支部大会・全国大会でも演奏され続けているのですけど、
1979年のあの市立川口高校を超越するような斬新な演奏の出現を心待ちにさせて頂きたいと思います!

 | BLOG TOP |