FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この話は以前も何度か書いたことがあるのですけど、
私自身が「プリキュア」にはまってしまったきっかけというのは、うちの奥様からの影響というのが大変濃厚でありまして、
2007年頃に、買い物に行くとよく彼女がプリキュアパンとかプリキュア5の食玩等を色々と買っていて
当時は、「あのさー、いい年こいているのだから、そんな幼児番組にはまらないでよ~」とか色々言っていたと
思いますが、
「なによー! とにかく面白いから一度だまされたと思って見てみればいいじゃん!」と反撃されてしまい、
それならばものは試しにと一度見てしまったのが全てのはじまりという経緯もあったものでした・・(汗)
そこから先は、私自身が彼女以上に「プリキュアの世界」にはまりこんでしまったというのが実態ですし、
いわば「ミイラ取りがミイラになってしまった」典型的事例なのかもしれないです。

だけど彼女的には、プリキュアシリーズよりは断然「美少女戦士セーラームーン」の方が今でも大のお気に入りですし、
彼女的には、同じ美少女魔法少女系戦士でも
セーラームーンの方の評価の方が圧倒的に高いようです。

ちなみに「美少女戦士セーラームーン」なのですけどその概要を簡単に書くと

月刊誌「なかよし」にて、1991年から連載を開始した武内直子原作の少女漫画で、
原作単行本は17ヶ国語に翻訳され、アニメーションシリーズは40ケ国以上の国で展開し、国内外で社会現象を起こしました。
今現在でもあの「月に代わってお仕置きよっ!」というフレーズは世間的にはかなり浸透していると思います。
2012年より20周年プロジェクトが始動。原作完全版、新作アニメ、ミュージカル、商品化、ファンクラブ発足、
「美少女戦士セーラームーン展」など大人の女性ファンを中心に再び盛り上がりを見せていますし、
昨年・・2017年においては25周年記念のイベントも色々と展開されています。

私自身は彼女とは違って当時も今現在もそれほどは「セーラームーン」にははまらなかったのですけど、
プリキュアシリーズと比較すると、凛としている・格好いい!! ・孤高の美少女戦士・崇高といったオーラは感じます!

私の場合、どちらかというと、ハピネスチャージプリキュアのめぐみ=キュアラブリーなどのように
多少ポンコツであっても、そこからいかに「成長」を見せていくかという事の方に重点を置いている傾向にありますので、
セーラームーンの完成度というかその完成された美しさには、思わず・・・何かはっ・・とする事も多々ありますね~!









上記でも触れたとおり、昨年、2017年において「セーラームーン25周年記念」イベントも色々と展開されていたようですけど、
その一環なのかもしれないですけど、ロート製薬の女性向け目薬ブランド「ロート リセ」が
「美少女戦士セーラームーン」と限定コラボ商品も期間限定・数量限定で展開されていました。

セーラームーン大好きのうちの奥様としては「これは見逃せない!」と言う事で、当然の如く例によってまたまた
私の携帯に遠隔操作メールが入ってきて「あのセーラームーン仕様のロート リセを帰りに買ってきて~」との事でしたので、
先日しぶしぶ購入をさせられてしまいました・・(汗)

この限定コラボ商品には、箱の限定パッケージもかわいいですけど、
ハート型容器や変身アイテム「クリスタルスターコンパクト」型のケースもとてもかわいいと思います。
この箱のデザインやコンパクトには「美少女戦士セーラームーン」の世界観を細部まで表現されていると思います。

限定パッケージには「美少女戦士セーラームーン」の世界観を細部まで表現されていますし、
「ロート リセb」、「ロート リセ コンタクト」にはハート型の目薬容器を採用されていて、
「ロート リセブラン」には、変身アイテム「クリスタルスターコンパクト」型の目薬ケースが付いています。

それにしてもこのセーラームーンとのロートリセのコラボ商品のキャットコピーが「充血なんておしおきよ!」というのは
面白いしすてきですね~!




015_convert_20180622164615.jpg


変身アイテム「クリスタルスターコンパクト」型の目薬ケースは、完成品のケースが入っているではなくて、
小さいシールが付属されていて「所定の位置にシールを貼って下さい」と書かれていますけど、
うちの奥様が言うには、「シールが小さいので貼るのがなんか面倒くさい~」という事でした!

プリキュアシリーズにおいても変身アイテムとしてこうしたコンパクトが装備されているシリーズもありますし、
特にスマイルプリキュアのスマイルコンパクトはとてもかわいかったですし、
スマイルの変身時には、あのコンパクトを開けてお顔にパフをぱたぱたさせている一連の動作はとっても
かわいかったですね~!

こうやって見てみると魔法少女ものにはコンパクトのような変身アイテムは必須アイテムなのかもしれないですね!









上記のロート リセは25周年の一環だと思うのですけど、「美少女戦士セーラームーン」20周年プロジェクトの
一つのコラボ企画としてグリコの「アーモンドピーク」とセーラームーンのコラボが実現されていた事もありました。

その目玉は下記の三点でした。

【楽しみその1:新登場の「ラブリーミルク」味♪】

今回のコラボのために作られた新商品は、「ラブリーミルク」味。
女性に人気の高いホワイトチョコレートとミルクチョコレートを4:6の比率でブレンドした、
通常の「アーモンドピーク」よりミルク感の強い味わい深い味が、大きな魅力です。

【楽しみその2:パッケージ3種の天面を繋げると、1つの絵になる♪】

「セーラームーン」「マーキュリー&マーズ」「ジュピター&ヴィーナス」、
以上3種類のデザインが目を惹くパッケージ天面は、それぞれ繋げると1つの絵になるのだそうです。

【楽しみその3:「オリジナルブックマーカー」が付いてくる♪】

「オリジナルブックマーカー」全12種類の内、どれか一つが箱の中に封入されています。

あの当時このコラボ情報が流れてきた時に、
「12種類全部コンプリートする!! 全部揃うまでひたすら買いまくる!!」みたいな事を言い出しかねないなと予想していたら、
「1ケース、10個入りのものを最低でも2ケース買って、おとな買いして!!」と当時駄々をこねていたものでした。

当時あまりにも煩かったものでして、結果的に2ケース、計20個アーモンドピークを購入させられてしまいました・・(汗)

当時はいい年こいてしょうがないなぁ・・と思ったものですけど
そういう私自身もいつの日にか艦これのコラボ企画等で同じような商品が発売されたとしたら、
そうしたケースごとの大人買いをするのかもしれませんよね・・・(汗・・)
スポンサーサイト



先日ですけど、自宅周辺に何棟かの建売住宅の見学・即売会が開催されていて、
よく自宅のポスティングちらしやその建売住宅の前の看板にて
「坪単価××円! 〇○円で夢のマイホームを持てます! しかも提携ローンを利用すれば全額ローンも可能で
自己資金0円で持ち出し0円でマイホームが実現できます!」と
大々的に宣伝されていました。

私自身、2001年~2006年の間は、とある木造住宅施工実績&評判がNo.1の木造住宅メーカーの子会社に在籍し、
そこで工場生産を売りとする木造軸組ユニット工法のモデルハウス営業担当をしておりましたけど、
そうしたモデルハウスにご来場されるお客様のうち、3人に2人程度が必ず質問してくるものって
「それで、この会社は坪あたりいくらなの・・?」という質問でありました。
これは「坪単価」に関する質問という事なのですけど、この「坪単価」に関する質問ほど答えにくいものは
なかったですね。
家は一生の買い物ですし大きな買い物ですから、もちろん安いに越したことはないと思いますし、
坪単価を気にされる気持ちもよく分かるのですけど、モデルハウスの営業担当やちらしで宣伝されているあの安い坪単価とは
あくまで「住宅メーカーが一方的に推奨している企画プランをそっくりそのまんま建てた場合の価格」であり、
一般的に注文住宅の場合は、そうした企画プランをそっくりそのまんま間取りプランとして取り入れる方は
100%近い確率で皆無であり、
例えば・・
「ここにもう一つ開口部(窓)を付けたい」とか
「二階にもキッチンと浴室等の水廻り設備を入れたい」とか
「もう一部屋増やしたい」とか
「リビングにサンルームを設置したい」とか
「二階を6畳×3室ではなくて、4.5畳×2+8畳にしたい」とか
「玄関位置を南側ではなくて東側に設置したい」とか
「玄関の廊下に階段を設置するのではなくてリビング階段にしたい」などなど、
企画プラン以外のご注文が色々と入ると、企画プランで提示した坪単価での本体価格の工事はとてもじゃないけど
無理・・!という事になります。
そして企画プランというのは、大抵の場合一階と二階の各床面積が同じで、羊羹みたいに真四角のストーンとした家という
パターンが多くて、こうした凸凹が無い事が安い坪単価を実現できるベースになっているのですけど、
大抵の場合、「そんな羊羹みたいなマッチ箱みたいな家は嫌! 凸凹ある方が外観に個性が生ずる」というご要望で
そうした外観を提案すると、とてもじゃないけど企画プランで提示したような安い坪単価での本体工事が
実現できないという事にもなったりします。
そうそう、家と言うのは、建築面積が大きければ大きい程坪単価は下がりますし、建築面積が小さい程坪単価は
上がる傾向にあります。
モデルハウス自体は70坪前後のかなり広い家という事もありますし、住宅メーカーが企画する企画プランの家と言うのは
大抵45坪前後のかなり大きめの家というパターンが多いです。
だけど実際にモデルハウスにご来場されて具体的にご相談される方が規模される家の間取りは35~40坪前後が多く、
建築面積が小さいという事でどうしても坪単価は上がりがちです。
そして、建築面積以外でも、そもそも論になってしまいますけど、二階と三階どちらを選ばれるのかとか
単世帯なのか二世帯なのかとかで間取りは全然違ってきますし、それによって当然坪単価も全然違ってきます。
和室を希望するのかしないかによっても差は出てきますし、
例えばですけど吹き抜けとか全面床暖房とか三階の上に屋上庭園を設置されるとか
浴室内に特設サウナを設置されるか
収納をどうするか、小屋裏収納とかロフトを設置するとかウォーキングクローゼットを各室内に置きたいとか
とにかく100人お客様がいれば100通りの夢とか希望がありますからねぇ~!
そのくらい「マイホーム」というのは日本人にとっては「ささやかな夢」じゃないのかな・・?

そんな訳でよく聞かれる質問の「ここのメーカーさんは坪単価はいくらなの・・?」という質問は
「このちらしに掲載されているプランをそっくりそのまんま建てた場合の坪単価であって、お客様がご要望される家というものは、
お客様がお建てになろうとする土地の形状とか法的な制約等を踏まえた上で、お客様自身の細かいご希望をきちんと
お伺いしないと答えようがありませんよ・・」みたいな事をお客様のタイプをよく見極めたうえで
最初に説明してあげないと、いざ見積り提出をした際に
「なんだ! この膨大な金額は! おまえのところはぼったくっているのか・・!」となりがちですからね・・(汗・・)

というか、それ以前の話なのですけど、家全体の価格というものは、上記で話した坪単価×建築面積=建物本体価格
だけでは建ちません!
冒頭の話で書いた通り、「〇○円で夢のマイホームを持てます」の〇〇円と言うのは一般的にはあくまで
家の本体価格部分であり、本体価格工事部分以外に付帯価格部分とかローン諸費用とか登記諸費用、
そしてなによりも消費税がこれらに乗っかってきます。
建売会社が宣伝している「自己資金ゼロで家が建てられる」と言うのは必ずしも間違いではないのですけど、
それはあくまで本体価格に関するものであり、これ以外に様々なお金が本体価格の2~3割程度は発生しますし、
住宅ローン審査にあたって、一般的には
全額ローンというのは多少危険と言う事で金利が高く設定される事もありえますし、
あくまで一般論なのですけど、そうした本体価格以外の付帯工事等の諸費用まで全額ローンを認めるかどうか
というのは実は微妙な話であり、
例えば引っ越し費用・登記費用・ローン諸費用・カーテン設置費用・家電購入等は住宅ローンとして認められないから、
この部分ぐらいはせめて買主さんが負担してくださいと言われることはごく普通の話なのかもしれないです。
だから可能性的に「自己資金ゼロ」とか「持ち出しゼロ」というのは実現が難しい可能性もあるという事は
認識しておく必要はあるのかもしれないです。

初めてマイホームを考えた人が陥りやすい話でもあるのですけど、
よくちらしや雑誌等で「このメーカーは坪40万を実現している」からといって、自分たちが希望しているのは30坪の家・・
それじゃー、40×30で1200万でマイホームが実現できちゃうじゃん!と考えがちかもしれないです・・(汗・・)

だけどそれだけじゃ家は建築できません・・

この坪単価×建築面積=建物本体価格というのは、あくまで建物本体部分のみの価格であって、
建物の構造・基礎・外装・屋根・基本設備・窓や玄関等の開口部・水廻り設備の材料費と施工費等の合計金額
みたいなものですけど、要は「家そのものの価格」だけなのです。

家の価格というものは、主に三つから成り立ちます。

一つが家そのものの価格である本体価格と二つ目が本体工事に付随する付帯工事の価格であり、
三つ目は消費税や金融機関の住宅ローン諸費用と土地建物の登記費用等
税金やローンに関する部分です。

上記で記したとおりこの付帯価格と税金関連の合計金額は、本体価格の大体3割程度に相当するのが一般的です。
だから家の事とか全くわからない人に「新築プランの総合計見積り」を提示すると
「え―――、こんなに家っていうのにはお金がかかるものなのっ!?」とびっくり仰天される事が多かったですね!

それでは具体的にどういう項目が付帯工事に該当するか列挙させて頂きますと・・

1.上下水道引き込み設置工事

 水道は前面道路に水道本管が入っているのですけど、この本管から各家庭への引き込み管が必要になりますし、
 上水道の場合は、その家の水栓の数によって価格が上下します。
 本管から家までの引き込みの長さが長い程価格は上がります。
 下水道に関しては、下水管が入っていないエリアにおいては浄化槽の設置が必要となり、浄化槽は100万程度する事が
 多いです。
 (浄化槽設置は行政によっては補助金交付という所もかなり多いです)

2.ガス配管工事

 プロパンガスの場合は無料ですけど、都市ガスの場合は前面道路からの引き込みになりますので、
 状況は水道管工事と似ている面はあると思います。

3.地盤補強工事

 家を建てる前に地盤調査はどのメーカーでも実施すると思いますが、建てる場所の地盤が弱く
 東日本大震災クラスの地震にも耐えられる程度の地盤補強工事は当然必要になってきます。
 一般的には支柱杭をN値という支持層にまで数本~数十本打ち込むか人工地盤を作り上げます。

4.カーテン・エアコン設置

5.家の建て替えの場合、既存家屋を取り壊すための解体工事

 解体工事ですけど21世紀に入って以降、産業廃棄物の取り扱いが厳格になり、以前のように
 ユンボでがしゃーんと潰して残骸をトラックで運び出すという事は出来なくなり、マニュフェストに基づき
 解体時に出た産業廃棄物を木材・鉄等色々分類し記録を残す必要が出てきて、その分コストが大幅に
 上昇しました。

6.外構工事

 これをきちんと施工されるお客様は以前よりはだいぶ減りましたね・・
 外構工事とは門塀・庭の造園等ですけど、最近の若いお施主さんはもそんなのオープン外構でいいじゃんとか
 庭なんか不要、全部土間コンの駐車場スペースで構わないという方が増えている感じがあります。
 最低限のポスト・門灯・表札等・インターホンが備わった機能ポールで十分という方は増えていると思います。

上記以外で、銀行ローンを組まれる方は保証料等のローン諸費用も発生しますし、抵当権を設定された場合とか
土地建物の保存登記費用が発生しますし、そして最後にトドメとして、
消費税8%がこれらの合計金額にどーーんと加算されますので、やはりどうみても本体工事とは別に
本体工事価格の3割程度は覚悟しておく必要はあると思います。
その他に引っ越し費用とか新しい家電製品購入とか建替えの場合は仮住まい費用等もありますし、
やはり「家」というものには「お金」は何かと掛かってくるものですね・・

マイホームというのは「生涯の夢」であるのは間違いないと思うのですけど、それを実現するためには
お金という「現実」もあるものなのです。
だから多くの戸建て希望の皆様は、現実に気が付いて、注文住宅ではなくて
付帯工事部分が最初から施工され備わっていて全体の金額が最初の段階から見えやすい建売住宅に
流れてしまうのかもしれないですね。

 | BLOG TOP |