FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事は、妙高型 4番艦 重巡洋艦の「羽黒」フィギュアのレビューです。

羽黒は四人姉妹の末っ娘という立ち位置でもあるのですけど、末っ娘らしい自由奔放さ・弾けるような感じ・甘え上手
という感じの末っ娘ではなくて、どちらかというと以前レビューさせて頂きました「睦月」のようにちょっとおどおどしているとか
おとなしいとか内省的という雰囲気がストレートに伝わってきていると思います。
羽黒は妙高型の四姉妹の四番艦という末娘なのですけど、
しっかり者の長女の妙高、厳格な二番艦の次女の那智、  闘将で熱血漢タイプの三女の足柄というお姉さまたちが
上にいるせいなのか、ちょっとおっかないような雰囲気もあったりする上のお姉さまたちに常に気を使ってばかりいるせいなのか
気弱で、自分を抑え気味で自分の個性を控えめにしているといった印象もあったりします。

艦娘で四人姉妹というと「金剛型四姉妹」が大変印象的なのですけど、この金剛型四姉妹のキャラの中で
いっちば~ん!羽黒に近いキャラと言うと「榛名」と言えるのかもしれないですね。

羽黒を象徴させるセリフというと「ごめんなさい!」なのだと思います。

上の三人のお姉さまたちに圧倒されるせいなのか(?)、何かあるとすぐに「ごめんなさい!」と謝ってしまうというのは
羽黒らしい事なのだと思います。
ちょっといじわるな提督の視線から見てしまうと、妙高は頼りになる秘書、足柄は安心して戦闘を任せられる武闘パートナー
に対して羽黒は「ちょっといじめちゃおうっかな・・」とついつい思ってしまう気弱さが羽黒の中にあるのだと
思います。
妙高型の3人の姉と比べると顔に幼さを感じさせるというのもそうした気弱さが出ているせいなのかもしれないですね。

だけど改二に改装が施されると、公式立ち絵でも羽黒にどこか吹っ切れたような明るさも感じられ、
「今までとは違うなにか心境の変化があったのかな・・?」と感じさせるものはあったと思います。
羽黒というとそうした気弱さがどうしてもクローズアップされがちですけど、史実の上では武勇伝もあるし幸運艦でもあるという
側面があるのは大変面白いものがあると思います。
一例を挙げると・・
敵艦載機に見つかり空中から爆撃を受けた時に偶然スコールが発生し、周りの視界が悪くなり結果的に難を逃れたり、
実弾を10発食らった際もそのうち3発は爆発すれば致命的なものになりかねないのに、3発とも全て不発と言う事で
やはり難を逃れ、またある時には出港した翌日羽黒のいた港が大空襲に遭い残っていた艦が大損害を受けているけど
やはり羽黒のみ難を逃れたり
潜水艦からの被弾を蒙った際もどう見ても避けられそうもないやばい一発が放たれ「これはもうだめかも・・」という時に
その一発が偶然海面に浮上し難を逃れたりと、「幸運」という言葉だけでは片づけられないなにかとてつもない強運も
持ち合わせていたと言えるのかもしれないです。

羽黒は確かに外見はおとなしそう・・とか弱そう・・みたいな印象もあるのかとは思うのですけど、どことなく菩薩様みたいな
オーラがあるというのか周りの人を優しく包み込むような慈愛みたいなものも感じられますし、
優しさも感じられますし、それが上記のような幸運艦としての運命を天から授けられていたと言えるのかもしれないですね。

スレンダーな身体にセミロングボブの髪型でいつも眉が八の字の気弱な艦娘というのが羽黒の外見的特徴でも
あるのですけど、実は重巡洋艦の中でも頼りになる歴戦の武勲艦でもあるし、戦績も意外と(?)優れているし、
幸運も備え持っているという事で、こうやって羽黒を見てみると、見た目とのギャップは実はこの四姉妹の中ではいっちば~ん!と
言えるのかもしれないです。
背面から大きく左右に突き出したアームに強力な20.3cm(2号)連装砲の砲列が並び、
太ももには61cm4連装魚雷発射管を装備されていて、こうした点も見た目との違いや意外な歴戦の武勲艦を示唆していると
言えるのかもしれないですね。
羽黒は芯の強い所も有していて、出撃時や夜戦突入時には普段とは違い、とても凛々しくかっこいいセリフを放つ事も
あったりして、史実の上でも終戦間際までしっかりと生き残っていたのは、羽黒の
普段はすぐに「ごめんなさい!」と謝ってしまうけど何かあった際には「やる時はやる!」という典型的な艦娘と
言えるのだと思います。




001_convert_20180525162146.jpg




この羽黒SPMフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 艦隊これくしょん -艦これ- スーパープレミアムフィギュア“羽黒改二”
種類 : プライズ景品 全1種
サイズ:全高約20センチ
   箱:全高24cm 横幅13cm 奥行13cm 重さ312g
発売時期 : 2017年1月
製造元 : セガ・インタラクティブ

これはあくまで私が感じた印象なのですけど、この内省的で控えめな雰囲気は睦月に近いものがあるのかもしれないです。
(睦月は長女ではあるのですけどね・・)




007_convert_20180525162349.jpg




背面から大きく左右に突き出したアームに強力な20.3cm(2号)連装砲の砲列が並びます。
太ももには61cm4連装魚雷発射管が装備されています。

だけどそうしたある意味物騒な武器を身につけていながらも、武闘系の艦娘たちの多くがつり目気味で眉も上がり気味の
傾向がある中で、この羽黒の八の字のつり下がった眉は内気とか気弱さを見事にアピールとしているようにも
感じられます。
長女の妙高のあのぶっとい眉毛とはエライ違いがあるものですね~(汗)

胸の前で手を握りしめ、おどおどしたような仕草に思わずぐぐっ・・とくるものはあると思います。
このポージングは「提督・・お気をつけて・・」と言っているようにも感じらますし、そうした羽黒を「守ってあげたい・・」と
感じさせるものは間違いなくあると思います!

黒髪も大和撫子の乙女らしいものを感じさせてくれていると思います。




003_convert_20180525162218.jpg


004_convert_20180525162243.jpg




紫色のジャケットに黒のタイトスカートの制服がとてもよくお似合いだと思います。髪の赤リボンもお似合いですね~!

妙高型のこの共通制服がいっちば~ん!よくお似合いなのは羽黒だと思います!
(足柄お姉さまの戦うお姉さまとしての艦装も素晴らしいです!)

ストッキングにあるシワも絶妙に造型されていてお見事だと感じさせてくれますし、羽黒のこのタイトスカートも
お色気というよりはどちらかというと洗練されたものが伝わっているようにも感じられます。





005_convert_20180525162304.jpg


006_convert_20180525162328.jpg




羽黒の後ろ姿です!

黒髪自体は素晴らしいけど、少し難を指摘すると髪にグラデがなく軽く光沢があるので少しばかり安っぽさを感じさせるのは
マイナスポイントなのかもしれないです。
プライズ系と言う事でやむを得ないのかもしれないけど、全体的には塗装が少し雑な箇所もあったりもします。

だけど全体的にはしっかりと造型されていて、睦月以上に内省さ・気弱さが見事に表現されているのは称賛に値するものは
あると思います。

内又な足というのも睦月と共通するものがありますね~

両足には4連装魚雷がしっかりと装備されています!

後ろ姿の制服の皺の造型はかなり丁寧に造り込まれている印象があります!
(お尻のスカートの皺もすてきですね~!)




008_convert_20180525162410.jpg




弱気な性格が表現されたポージングで表情にも自信のなさが示唆されているのですけど、
内気な中にも「芯の強さ」みたいなものはちゃんと伝わってきているようにも感じられるのは、睦月フィギュアとの
違いなのかもしれないですね。

気弱で内気な表情の艦娘フィギュアはどちらかというと珍しい部類になると思いますので、この羽黒フィギュアは
大変貴重なものがあると思います。
髪の毛がゴワゴワしているのと衣装がツヤがありすぎる事を除くと申し分のない仕上がりと言えると思います。





009_convert_20180525162429.jpg



010_convert_20180525162452.jpg





制服の塗装は少し単調な印象がありますがシワの造形は見事で、手のポージングは「この娘を守ってあげたい!」と
感じさせるものは間違いなくあると思います!
かわいいし、気弱な表情が「萌え・・」の要素にもなっていると思います。
艤装も素晴らしい出来栄えですね!

プライズ系フィギュアと言う事で少しばかり品質には物足りなさをを感じますけど、全体的には
平均点以上の仕上がりだと思います!

そして何よりもこの気弱さ・かわいらしさの表現は素晴らしいと思います!











さてさて、ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。
本日転載&ご紹介させて頂く作品は言うまでもなく艦娘の羽黒です!

この羽黒はアミグリさんがつい最近・・2018年5月に描かれた作品で、意外でもありましたけど実は2018年に描かれた
初めての艦娘であり、同時に羽黒を描かれたのは初めてとの事です。
こうしたすてきな初描きの羽黒を当ブログでもこうして転載&ご紹介させて頂けるのは、私にとっても大変嬉しいですし、
誇りに感じてもおります!

アミグリさんにとってもこの羽黒を描かれるというのは「想いが詰まっている」と言う事なのだと思います。

アミグリさんご自身も
「私の鎮守府で一番最初にゲットした重巡艦娘が羽黒ちゃんなので、
羽黒ちゃんは重巡艦娘の中でも思い入れのある大好きなキャラです!」と言われておりましたので、
こうした素晴らしい羽黒を描く事が出来たという事でアミグリさんの満足感も十分伝わっていると思いますし、
ご自身が大好きというキャラを存分に描かれるというのは本当に素敵な事だと思いますね~!

アミグリさんの描かれた羽黒はキラキラしていますし、そしてとってもかわいいと思います!
この可愛らしさは末っ娘オーラに溢れていると感じさせてくれます!
羽黒というと上記で書いた通り気弱とかすぐに「ごめんなさい!」と謝ってしまうような艦娘にしては大変珍しい内気さが
特質でもあるのですけど、そうした羽黒のどこか「守ってあげたい・・」みたいなオーラがアミグリさんの描かれた
羽黒からやさしく伝わってきている様な感じが漂っていると思います!

胸元で祈るように手を合わせているようなポージングとかタイトスカートのかわいらしさもすてきですけど、
全体的には新人のエレベーターの案内ガールやバスガイドさんみたいな初々しい雰囲気が漂ってきていて、
「ちょっと頼りないかもしれないけど、この新鮮な雰囲気が眩しい!」と感じさせてくれていると思います。

そして確かにちょっと頼りないような雰囲気もある中で「やる時はやる!」とか類稀なる幸運艦みたいな「強さ」も
伝わってきていると感じられます。
「提督・・無事のご帰還を心から願っています・・」といったやさしさも十分に感じられますね!

上記のアミグリさんが描かれた艦これの羽黒のイラストは、
その権利は全て羽黒の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy


追記

実はなのですけど、本日7月1日はアミグリさんが初めてpixivに登録&イラストの初投稿をされた日から
丁度10年が経過します。
本日はアミグリさんのpixiv登録10周年記念日と言う事にもなります!

アミグリさん、pixiv登録10周年おめでとうございます!

pixivにはアミグリさんの描かれた作品が既に700以上掲載されていますけど、一つ一つどの作品からも
アミグリさんの個性や歴史がすてきに伝わってきていると思います。

そしてアミグリさんがいっちば~ん!最初にpixivに投稿した作品が東方の大ちゃん・・大妖精でもあったのでした!

そしてその登録記念日に描かれた記念作品が、pixiv掲載の最新の大ちゃん! でした!

→、pixiv掲載の最新の大ちゃん!

こちらのpixivの方も是非ご覧頂ければとってもうれしいです!

そして当ブログでも後日改めて「アミグリさん、pixiv登録10周年おめでとう!」記事を掲載させて頂く予定です!
スポンサーサイト



本記事が「吹奏楽カテゴリ」としては997記事目に相当し、昨日の記事でも触れている通り、
間もなく当ブログの吹奏楽カテゴリの記事が1000記事という大変大きな節目に到達しようとしています!
当初の予定では
「1000記事といっても一つの通過点に過ぎないし、東方カテゴリや浦和の調ちゃんカテゴリのように
別に節目記事を書く必要もないじゃん・・」と思ってはいたのですけど、一つのカテゴリだけで1000記事というのも
ある意味一つの快挙でもあると思いますし、一つの節目として捉えるのも悪くは無いじゃんという事で、
1000記事到達の際には、少しばかりの節目の記念記事みたいなものを書かせて頂きたいと思います。

これは今から予告をさせて頂きますが、その到達日は7月7日(土)の七夕です!

そしてその7月7日の1000記事到達の際に、dream fantasy の管理人様のアミグリさんに事前にお願いをさせて頂き、その記念の節目のお祝い記事の冒頭とエンディングに、
「この吹奏楽カテゴリ1000記事到達にこれ以上相応しいキャラはいないのではないのか!?」と思えてならない
とあるキャラの素晴らしいイラストを飾らさせて頂き、お祝い記事に花を添えさせて頂きたいと思っています。

どうか来週の7/7の当ブログの吹奏楽節目記事の方も何卒宜しくお願いいたします!

以前なのですけど、当ブログの吹奏楽記事にて
「最後の誓約のフィッシャートゥールとアコラーデ・儀式のための音楽のF.タルという作曲者は同一人物」という記事を
掲載していましたけど、それに近いような話も実は以前あったりしたものでした。
最近の吹奏楽コンクールでは既に全国大会で11度も自由曲として演奏されている「ハリソンの夢」という大人気作品の
作曲者はピーター・グレーアムです。
グレーアムは昨年・・2017年の全国大会・高校の部でも 吹奏楽のための交響曲「モンタージュ」と メトロポリス1927の二曲が
自由曲として取り上げられていますし、
最近の支部大会でも、 交響的情景「地底旅行」・巨人の肩に乗って・ ゲールフォース・ ザ・レッド・マシーンなどが
ハリソンの夢以外で演奏される機会も増えてきていると思います。
実はなのですが、1991年に都立小山台高校が都大会本選の自由曲として演奏していた曲が「ディメンションズ」という
曲なのですけど、この時の都大会のプログラム、および「吹奏楽ベストセレクション91」のCDの解説書においては、
ディメンションズの作曲者はピーター・グラハムと表記されていて、私自身も実は「ハリソンの夢」が大ブレイクして以降まで、
グラハムとグレーアムが同一人物とは気が付かず、長い間別人物と勘違いをしていたものでした・・(汗・・)
ちなみにですけど、日本の吹奏楽コンクールにおいてグレーアムの曲をいっちば~ん! 最初に演奏したのが、
1991年に「ディメンションズ」を演奏した都立小山台高校なのでした。

あ~、なんかちょっと恥ずかしい話ですね・・

フィッシャートゥールとF.タルの実は同一人物と同じくらい、なんだか赤面モノの話だと思います・・

上記で都立小山台高校という学校名が出てきましたけど、この学校は実はかなり偉大だと思うのですが、
2014年に都内の並み居る強豪私立高校を抑えて、都立高校としては初めて甲子園・春の選抜に出場を果たしたという快挙も
されていましたし、都立高校の中でもかなりの進学校としても知られていて、
難関大学への進学実績向上を目指す都立高校として駒場・国分寺・新宿・町田の各校と共に「進学指導特別推進校」に
指定されている学校でもあったりします。
小山台高校はスポーツも盛んで、文武両道を絵に描いたような学校とも言えると思います。
校名は小山台高校となっていますけど 所在地は品川区小山です。ちなみに品川区小山の隣接町は品川区小山台でも
ありますし、決してすぐ近くと言う訳ではないのですけど、世田谷区には「尾山台=おやまだい」という地名もあったりして、
小山と小山台と尾山台はもしかして混合しやすいのかもしれないですね・・(笑)

そういう意味では、グラハムじゃなかった・・グレーアムの曲が日本の吹奏楽コンクールで初めて演奏したのは
実は都立小山台高校であったというのも何となく頷ける話なのかもしれないですね・・(汗)

小山台高校吹奏楽部は1970年代頃から何度も都大会に出場し、 私自身も何回か聴いたことがありますが、
比較的吹奏楽オリジナル曲を自由曲として選ぶ傾向にあり、印象としては、
「自分たちの言葉で音楽を奏でている」・「音楽が型にはまっていない」・「自由自在」という感じがありますし、
学校としての個性もかなり感じさせてくれていると思います。
ここ数年は連続して都大会本選にも出場し続けていますし、確かに都内の強豪私立高校に阻まれて悲願の全国大会出場は
まだ一度も果たしていないのですけど、最近ではコンスタントに都大会・銀賞を受賞されていますので、
その夢の実現の日は意外と近いのかもしれないですね!

繰り返しになりますが、「ハリソンの夢」で日本の吹奏楽界に大ブレイクを果たしたグレーアムが最初に吹奏楽コンクールで
演奏されたのが1991年の都立小山台高校による「ディメンションズ」です。
私も1991年の都大会での都立小山台高校の演奏を聴かせて頂きましたけど実に素晴らしかったと思います。
課題曲のコーラルブルーのけだるさとスピード感の対比もよかったですけど、
自由曲の「無限の数学」みたいな雰囲気のある演奏もとて見事だったと思います。
ちなみに「ディメンションズ」には次元・容積・大きさ・寸法というのが本来の意味でもありますので、無限の数学という
私の勝手なこの曲に対するイメージもあながち決して的外れではないと思います。
都立小山台高校の演奏は洗練され爽快さが漂う曲の冒頭をはじめ展開部のスピード感は大変素晴らしいものが
あったと思います。惜しいのは中間部で少し音楽がだるみ、木管の響きが濁った傾向が感じられ、これが
結果的に都大会銅賞という評価で終わっているのですけど、私個人としては、
「確かに技術的には銅賞の粋を出ないし中間部のもたつきは惜しまれるけど、全体を通しての爽やかさと切れ味は
素晴らしいものがある」という印象を感じておりました。
ティンパニのソロを経ての全合奏で閉じる終わり方はなかなかのものがありましたし全体的にとてもよく考えられた演奏であり、
銅賞は少し気の毒のような感じもあったりします。

この作曲家は、傾向として最初に「ブラスバンド」(金管楽器の演奏)として曲を作り
それを吹奏楽用にアレンジするパターンがあるみたいですけど、
「ディメンションズ」もそうした作り方をされています。
ハリソンの夢・ケルトの叫び・ゲールフォース・ 交響的情景「地底旅行」・吹奏楽のための交響曲「モンタージュ」・
ザ・レッド・マシーン・巨人の肩に乗ってなどの曲も、最初に金管バンドの編成として作曲され、それをベースに
後日いわゆるウインドアンサンブル=吹奏楽作品としてスコア化されるというのがP.グレーアムの作曲上での
基本方針と言えるのだと思いますし、
グレーアムはスコットランドの出身である事を考えると、やはりイギリスの作曲家のスパークが「ドラゴンの年」等において
最初に金管バンドの編成として作曲し後日吹奏楽にアレンジしたように、
イギリスの吹奏楽事情はまずは金管バンドとして作曲し評判がよければ吹奏楽に改編するというのが一つの手法と
言えるのかもしれないですね。

どちらにしてもハリソンの夢は今現在でも大変な人気曲ですけど、たまにはグレーアムの日本でのデビュー作ともいえる
「ディメンションズ」もどこかのチームが演奏して欲しいものですね~!

 | BLOG TOP |