FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「富山ブラックラーメン」・・・全国的には知名度と言う意味ではあともう一歩でメジャーという感じもあるのかなぁ・・と
思うのですけど、あのスープが真っ黒という「黒い色のラーメン」というのはかなりインパクトがあるように感じたものでした。

私、色というと基本的に好きな色は緑系の色なのかなぁ・・とも思っていますし、青系・オレンジ系も結構好きだったりもします。
東方を知るようになってからは霊夢じゃないけど「紅白のすてきな巫女さん」という感じで赤と白の対比も素晴らしいものが
あるように感じております。
そして色の組合せと言う意味では、黒と白の対比も実は結構好きだったりもします。
黒というと世間一般的に思い起こすイメージで言うと「カラス」なのかな・・?とも思ったりもします。
カラスというと知能指数が高くて聡明な動物というイメージも強い一方、ゴミ集積所で網をかいくぐっても餌をさっと
かっさらっていったり、視線とか全体の雰囲気が「ちょっと不気味なのかも・・?」と感じるのですけど、
このちょいと不気味そうとか威圧的なものを感じるのはやはりあの「黒色」という色のインパクトが大きいのかもしれないです。
だけどカラスは案外お茶目な側面もありますし、不気味なだけな鳥ではない事は強調しておきたい感じはありますね。

そして黒色というと私的に印象に残っているのは天然温泉の「黒湯」ですね~

温泉というと、無色透明とか草津温泉等の硫黄の香りぷんぷんの温泉とか 、山代温泉のような青白いお湯を
ついつい想像してしまうのですが、
埼玉県内の日帰り天然温泉とか天然温泉のスーパー銭湯においては、何か所かにおいて黒湯の天然温泉も
見られたりもします。
最初に黒湯の温泉に入った時、「少し不気味なのかも・・?」とか「透明じゃないから最初に入った時は底も何も見えないし、
安心感は最初は感じないのかも・・」と思ったものですけど、黒湯というのは実は意外とすべすべしているというのか
肌にお湯がやんわりと染み込んでくる・・みたいな何とも言えないぬくもりみたいなものも伝わってきたものでした。
随分前に、後楽園の「ラクーア」に行った時、その入場料の高さに驚いたのもありましたが、お湯が塩辛い茶色のお湯だった事
にびっくりした事があります。
埼玉にはそうした黒湯の温泉もあったりするものですけど、都内では大田区の銭湯やスーパー銭湯に
そうした黒いお湯がかなり見られ、温泉というと無色透明という先入観があった当時の私は驚いたものでした。

真っ黒い色というと、私たちの心理的イメージでは夜・闇・こわい・圧迫感というものがあるのかもしれないですけど、
上記で書いた通り、例えばカラスにしても日帰り天然温泉の黒湯に示唆されるように
黒色でもお茶目とかかわいいとか癒しみたいな側面も間違いなくあると思います。

さてさて、ラーメンにおいては、見た目の色というよりは透明なスープなのか白濁しているかとか匂いの方が
重視されているのかもしれないですけど、色のインパクトというのもあるのではないのかな・・?と
今年の1月から放映されていた「ラーメン大好き小泉さん」を三ヶ月ほど視聴していると感じたりもします。
例えば激辛系というと唐辛子多用と言う事で赤色ラーメンのインパクトが強いようにも感じたものですけど、
小泉さんがお目当てのラーメン店が実は定休日でショックと空腹によって道端に倒れ込んでいた時に、
小泉さんをお姫様抱っこをしてどさくさまぎれに(?)自宅まで小泉さんをお持ち帰りしてしまった大沢悠が、目が覚めた
小泉さんに振る舞っていたのは真っ赤なトマト系の洋食ラーメンでした!(笑)

そうした事から分かる通り、ラーメンにも「色のインパクト」はあると思いますし、そうした色のインパクトという事で
大変印象に残ったラーメンは富山のご当地麺ですけど「富山ブラック」という真っ黒色のラーメンでした~!

「富山ブラック」は「ラーメン大好き小泉さん」第7話でも登場していましたし、あの回を見て「富山ブラック、美味しそう!」と
感じたものですけど、富山ブラックは基本的には富山県のご当地ラーメンですし、ここ埼玉でこの味を出しているお店は
今の所わかりませんでしたので、美味しそうと感じていても実食出来ないと言う事には歯がゆく感じたものです。
だけど、日本のインスタント麺の進化と多様性は素晴らしいと言わざるを得ないです!

このご当地ラーメンの「富山ブラック」ですらもヤマダイのニュータッチ 凄麺シリーズから既に発売されている事が
後日分かりましたので、早速これを購入してみて実食をしてみました。
そんな訳で本記事はそのニュータッチの凄麺の富山ブラックについて簡単にレビューさせて頂き、
後半に「ラーメン大好き小泉さん」第7話について簡単に振り返りをさせて頂きたいと思います。



















富山のご当地ラーメンとも言うべき「富山ブラック」なのですけど、これは「ラーメン大好き小泉さん」を視聴するまでは、
すいません・・私も全然聞いた事も無く(汗・・)初めて耳にするラーメンでした。
「富山ブラック」の定義としては、富山県内の比較的黒いスープのラーメン屋を総称して富山ブラックと呼ぶように
なったとの事で、その特徴として、
スープは醤油の濃度が高く、さらに上から大量の粗挽き黒胡椒をかけられており、胡椒の風味が強い塩辛さを持っている
と言った事が挙げられると思います。
冒頭で書いたようにカラスや黒湯も色彩的にはインパクトはあると思うのですけど
こうした「真っ黒色のラーメン」というのも相当インパクトはあると思います。
やはり黒いスープというのは普段あまり見た事も無いだけにも最初に見た時は「ちょっと不気味なのかも・・」と感じるのは
ある意味自然な事なのかもしれないですね。
イカスミのバスタも確かに真っ黒なのですけど、あれは麺そのものが黒いという感じですし、スープがある訳ではなくて
あくまで麺が黒いという事なのですが、「富山ブラック」はスープそのものが黒いという事が最大の特徴と言えるのかも
しれないです。
今、私は「スープが黒い」と記していますけど、富山ブラックはどうしてあんなにスーブが真っ黒に見えるのかと言うと、
それは地元の濃厚濃い口醤油をスーブのメインの味として使用し、その濃厚醤油の色が富山ブラックの黒いスープを
演出しているとの事です。
元々は、汗を流して働く肉体労働者に塩分補給をしてもらうという目的から、
醤油を濃くした真っ黒いスープのラーメンを作ったのが起源だそうです。

この富山ブラックを関東で食べられるお店もまだそれ程多くはないだけに、
「この味はまだ当分味合う事が出来ないのかな・・?」と思っていたら、いやいや、そんな事はありませんでしたね!
さすが日本のレヴェルの高いインスタントカップ麺は違います!
ヤマダイのニュータッチの「凄麺シリーズ」の一つの商品としてこの富山ブラックは既に商品化されていました~!









002_convert_20180322163653.jpg









ニュータッチの「富山ブラック」に入っているものは、麺以外では後入れスープと特製スパイス、そしてかやくです

かやくに入ってるチャーシューはインスタント麺とは思えない厚さと味があり、とてもジューシーだと思います。

後入れスープを食べる直前に入れてみるとよく分かるのですけど、本当に黒いです! (笑)

お醤油というとキッコーマンとかヒゲタ醤油というイメージが関東ではあり、色的には赤っぽいものというイメージが
ありましたので、やはりこの黒い醤油というのはちょっとしたカルチャーショックだと思います。
というか、濃い口の濃厚醤油の色って赤っぽいものではなくて、色彩的には黒っぽくなるものなのですね~!

そして後述しますけどこの「特製スパイス」がかなりパンチのあるものになっています・・・









003_convert_20180322163710.jpg








このニュータッチの「富山ブラック」は富山県内で愛されている山本醸造株式会社の濃い口濃厚醤油が実際に使用され、
先日の当ブログ記事でも登場してきた背脂がここに加わり、味に大変深みが出ているようにも感じられます。

だけどとにかく見た目は「とてつもなく黒いスープ」という事なのだと思います!

この黒さは以前食べた事がある「イカスミラーメン」に近いものがあるのかもしれないです。
繰り返しになりますけど、黒い理由がイカ墨ではなくて「醤油」という事が、醤油と言うとうすくち醤油を好む私にとっては
やはり新鮮なものがあったと思います!

そしてまずは一口食べてみました・・

感想なのですけど、これはかなり意外でした~!

「え・・なにこれ・・めちゃくちゃ辛い! すっげー辛い!! 濃い口醤油の味と言うよりもまずは口の中にどすーんと
胡椒のパンチの効いた味が口の中をぐるぐると駆け巡る~!!」といった印象を感じたものでした。
黒胡椒ってこんなにも刺激的なスパイスだったんだぁ~!という事を改めて実感させられた瞬間でもありました。

醤油ラーメンの味というよりも私的には味は完全に黒胡椒味と言う印象すら感じたものでした!
黒胡椒の味がベースで醤油風味が後からほんのり漂ってくるという程度だと思いますし、麺をすすり黒スープを一口飲んだ
瞬間に「担担麺のピリッとした辛さ」ではなくて、ストレートにどすん!とくる強烈な辛さがそこにあったと思います。
そして最初にこの黒胡椒の辛さが口元に広がった後から、次に来るのが魚の出汁の味、そして最後にようやくやってくるのが
濃い口醤油の味という事で、見た目の黒さのインパクトと実際の味の違いに正直愕然としたものを
感じましたし、少し意外な感じもありました。
だけど最初にドスンと効いた辛さがあるから醤油の伝統的な和の香りが後で活きてくると思われます。

この富山ブラックを食べた時は3/21の関東で雪が降ったあの寒さ厳しい日だったのですけど、
あの寒さにも関わらず、この富山ブラックを食べた後には全身が汗だくになってしまった・・という感じでもありました。
そのくらいパンチの効いた辛さがあの黒胡椒にはあったと思います!

これほどまでに胡椒の辛さを効かせたカップラーメンは初めてかもしれません。それくらいかなりの辛さがありました!

激辛ラーメンと言うと、唐辛子をふんだんに使用した赤い色のラーメンという印象もありましたけど、
色は別に黒でも赤でも白濁系でも白っぽくても「スパイス」が適度な量が入っていれば当たり前の話ですけど
激辛になってしまうものなのですね。








6b316f81-s_convert_20180322163739.jpg








上記で書いた通りこの「富山ブラック」は「ラーメン大好き小泉さん」第7話でも登場していました。

この回は大沢悠たちが夏休み初日と言う事で「どっかに遊びに行こう」と言う事で浅草まで遊びに来たのですけど、
悠は事前に(当然ながら)小泉さんに対して「一緒に遊びにいこっ・・」とお誘いします・・(笑)

悠 : とりあえず明日どこかで遊ばない?
小泉さん : お断りします。明日は旅行に行くので
悠 : えっ、どこに?
小泉さん : 日本全国です

この流れは「ラーメン大好き小泉さん」のすてきなお約束ですね~(笑)
ストーカーの如く(?)毎回毎回悠は小泉さんに「小泉さ~ん! ラーメン食べにいこっ!」とお誘いして毎度の如く
「お断りします・・」と冷たくあしらわれるのは、このアニメ作品の中では小泉さんのラーメン完食時におけるあの恍惚の表情の
あの「ふは――」と同様に大いなる見どころの一つだと思います~! (笑)

ちなみに小泉さんは上記にて日本全国ラーメン食べ歩き旅行と言われていましたけど、それは早い話が
悠たちが遊びに来ていた都内の浅草にラーメンを食べにくると言う事なのですが、
浅草こそが日本のラーメンの一つの原点とも言えるそうでして、この浅草を起点として全国でさまざまなラーメンが
生まれていったそうです。
そして浅草にはそうした理由で全国各地のさまざまなご当地ラーメンの店舗が勢揃いしているそうでして、
小泉さんの「日本全国ラーメン食べ歩き旅行」というのは、浅草で全国各地のラーメンを食べまくるという事だったのです。

悠は浅草で遊園地・お化け屋敷・ラーメン店等でたっぷり遊んだ後に、美沙・潤と現地解散し、
「今日は楽しくて美味しかったな~」と振り返った後に、またまたいつもの脳内妄想をやらかします。

悠が「よし!夏休み中に小泉さんを誘ってまた来よう!」と妄想だけに留まらずついつい悠の妄想を口に出した瞬間に
悠の背後にいたのは小泉さんでして、そこでまたまたあの不滅の名言が飛び出します!

小泉さん : お断りします
悠 : こ、小泉さん!? どうしてここに!?
小泉さん : どうしてと言われても・・

うーーむ、悠の「小泉さんと一緒にラーメンを食べたい」という妄想は実を結ぶことになるのですけど、
アニメ版最終回でも、悠はなんと・・! 名古屋でも偶然(!?)小泉さんとばったり遭遇する事から分かる通り、
このアニメ作品ではなんだかんだいって悠は小泉さんと街でばったり偶然小泉さんと遭遇し、結果的に一緒に
ラーメンを食する事が多かったのは、悠の(ストーカーとしての?)想いの強さの為せる業と言えたのかもしれないですね・・(笑)

小泉さんのラーメンに対する思いの深さと言うのか、小泉さんにとって浅草とは「ラーメンの聖地」と言えるのだと思いますし、
浅草でラーメンを食する事が小泉さんにとって至福のひと時であり、
同時に浅草でラーメンを食べる=日本全国各地のラーメンを食べるという事なのだと思います。

ここ浅草は…すべての始まりの地、なのです
この店の店主は浅草生まれの浅草育ち
ラーメン発祥の地、浅草に想いを馳せて昔ながらの懐かしい味を作り続けているのです
東京は下町で生まれた醤油ラーメンがさまざまな形に進化して全国に広がり、
ここ…浅草を巡るだけでも日本中のいろいろなラーメンと出会う事が出来るのです

この小泉さんの言葉にこそ「小泉さんのすてきなラーメン愛」が凝縮されているのだと思います。

悠 : そっか…!小泉さんはホントに旅行してたんだね
小泉さん : 最初にそう言ったじゃないですか
悠 : そっかあ…私、小泉さんと一緒に旅行してるんだ

そして悠にとってのこの旅行とは「ラーメン食べまくり」なのですけど、この回も悠も小泉さんもラーメン食べまくっていましたけど、
一晩で5~6杯程度のラーメンをこんなかわいい美少女達が食べまくるというこのギャップが
堪らないものがあると思います~! (笑)







4495562d-s_convert_20180322163837.jpg





そしてこの流れの中で「富山ブラック」も登場していました!


小泉さん : 北陸富山のご当地ラーメン、富山ブラック。それをこの店独自にアレンジしたものです

というか、小泉さん、凄いです・・

私なんかこの第7話を見て「富山ブラック」の存在を知りましたし、ニュータッチのカップ麺を食べた事で初めて
富山ブラックのあのスープの色と黒胡椒のとてつもない辛さを知る事が出来たのですけど、
小泉さんにとっては「そんなの常識よ・・」とあのミステリアスな無愛想な表情でクールに言われちゃいそうですね・・(笑)

北陸新幹線のおかげで、富山は首都圏から気軽に日帰りもできる場所になりましたけど、
富山を訪れる機会がもしもあるとするならば是非味わいたい味ですね~!

本場の富山ブラックの辛さはどんなものなのか私も興味津々です~









5605d125-s_convert_20180322163819.jpg








浅草から広まったラーメンが…九州で豚骨になり、こうしてまた――

東京に帰ってきたんだ…

こうやってラーメンの事をしみじみと語る悠と小泉さんはこの時だけはすてきな夫婦みたいなものですね・・(笑)

そして小泉さんは本当にラーメンの事を語る時は幸せそうに語っていますよね・・
普段のあの無愛想さがまるでウソみたいです・・

あ・・そう言えば、小泉さんは基本的には学校の制服でラーメンを食する事が多いのですけど、こういう私服の小泉さんも
とってもかわいいですね~!
小泉さんは、基本的にはヘンな美少女なのですけど、何もしゃべらずラーメンを食べなければ普通の美少女なのかも
しれないですけど、小泉さんからラーメンを取ってしまうと、小泉さんらしい個性が完璧に消えてしまいそうですね・・

やっぱり小泉さんはラーメン大好きのヘンな美少女としての小泉さんのままでいてほしいですね~(笑)









9de38bce-s_convert_20180322163800.jpg







小泉さんもかなり変ですけど、小泉さんに興味津々の大沢悠もちょいとヘンですよね・・(笑)

この第7話ではないですけど、食べたくて仕方がないラーメン店が休業日だった事を知らないで食べに行ってしまい、
休みと知りショックと空腹で失神して道端に倒れ込んでいた小泉さんを
お姫様抱っこして自宅にお持ち帰りした悠は、あの瞬間こそが悠にとって最大の幸福のひと時だったと言えるのかも
しれないですね~(笑)

小泉さんの体を結果的に触れまくる事ができた悠にとってはまさに感涙ものの出来事だったのだと思います。

あ・・この回の事は後日改めて記事にさせて頂きたいと思います!

うーーむ、私も小泉さんをお姫様抱っこして自宅にお持ち帰りをさせて頂きたいものですっ! (汗・・)
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |