FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


都内、杉並区にある「普門館」は私にとって・・否! つい最近までは吹奏楽経験者の皆様全員にとって
「普門館」とは一つの聖地なのだと思います。
それは高校野球の球児たちが「甲子園」に憧れ、甲子園で試合をする事を夢見て日々練習を頑張るという構図と
ほぼ同じなのだと思います。
普門館のステージでは、基本的には中学校・高校の部において1977年~2011年まで全日本吹奏楽コンクールの全国大会が
開催され、このステージでは長年に渡って多くのチームによる素晴らしき名演やドラマが生まれ、
現役奏者時代の私が「一度は普門館で演奏してみたい!」と感じていたように、多くの吹奏楽部員が
全国大会に出場し「普門館」の晴れ舞台で演奏する事を夢見ていたと思います。
私がどうして東北の地を離れて都内の大学に進学したのかと言うと、もちろん一刻も早く親元を離れたかったというのも
ありますけど、それに次ぐ大きな理由と言うのが、この当時の吹奏楽コンクール全国大会の大学の部は普門館以外で
開催されていたのですけど、
全国大会出場をかけてしのぎを削っている支部大会の「東京都大会」だけは、中学・高校・大学・職場・一般の部全部門が
普門館で開催されていて、
高校時代はいつも県大会で散っていて「全国大会=普門館のステージに立つ事なんて夢のまた夢」であったけど、
都大会本選の前段階の都大会の大学の部の予選会を突破して都大会本選に進めれば
あの夢の舞台である「普門館」で演奏する事が出来たからに他ならないからです!!

このブログで何度も語っているように結果的に私の夢は4年間で叶う事もなく、普門館のステージに立つことは出来なかったの
ですけど、とにかく「普門館」というものは現役奏者時代も今現在も「一つの憧れの存在」であるのは間違いないと思いますし、
私にとっては「大いなるモニュメント」なのです!

だけど、大変哀しいことに、先日とあるニュースを聞いて「ついにこの日がやってきたか・・」と感じたものでした・・
(以前からそうした話は既に耳に入っていましたので覚悟はしていましたけど、それにしても辛い知らせですね・・)

「吹奏楽の聖地」として長年親しまれた普門館が今年の冬にも解体される事が正式に決定したようです。
普門館を所有する宗教法人「立正佼成会」が22日午後発表していました。
2012年に耐震性の問題から普門館の使用を中止し、既に6年の歳月が流れていましたし、
結果的に2011年の全国大会が最後の普門館での全国大会になってしまいました・・
このニュースを高校野球に例えると「老朽化により甲子園球場での高校野球開催を断念する」というものに近いとすら
感じられます。

今後の吹奏楽部員にとっての憧れの聖地は、普門館ではなくて名古屋国際会議場になっていくのかもしれないですね・・

解体される事が既に決まった普門館ですけど、とにかく「ありがとうございます!」と感謝の言葉は伝えたいと思います!

普門館で演奏するという憧れの気持ちが無ければ、私は10年間もクラリネット奏者を続けることは出来なかったし、
今現在もこうしてブログで吹奏楽やクラシック音楽の事を語る事も多分無かったと思います。
普門館は解体されますけど、私の心の中には私が死ぬ瞬間まで「普門館」は私の心の中でずっとずっと
受け継がれていくのだと思います!









b4f4bd4d-s_convert_20180323193443.jpg







上記で書いている通り、私自身は結局10年間の吹奏楽生活において一度も「普門館で演奏する」という夢は実現する事が
出来ずに幕を閉じてしまい、今でも「響け!ユーフォニアム」の麗奈ではありませんけど
「悔しい・・・悔しくて死にそう・・」という感情がいまだに心を霞める事さえあります。
それだけ夢中になれるものがあったという事ですし、結果的に吹奏楽を通して「クラシック音楽」という深い森の中に
迷い込むことが出来た訳ですし、確かに負け惜しみなのかもしれませんけど、
10年間の吹奏楽生活は、私にとっては本当に「誇り高き10年間だったな」と思ったりもしています。

当時なんであんなに「普門館」で吹く事にこだわっていたのだろう・・・・?

あの当時の心境としては、別に都大会でも全国大会でも何でもいい、とにかく一度でいいから「普門館」で吹いてみたい!!
普門館でコンクールに出場出来さえすれば別に賞は銅賞でもタイムオーバー失格でも何だった構わない・・
一度でいいから、普門館のステージの上で演奏してみたい・・・
そして舞台の上から客席がどのように見えるのか自分の目でしかと確かめたいといったそんな気持ちでしたね。
当時としては、花輪高校・秋田南高校・就実高校などの全国大会での素晴らしい演奏を聴いている内に
「自分もいつかは同じ舞台で演奏してみたい」みたいな「純粋な憧れの気持ち」だったのだと思います。

そうした意味において、普門館の取り壊しというものは、私にとっては10代から20代の頃の「聖地」・「憧れの場所」が
この世から姿を消すという事でもあり、寂寥感だけでは拭い去る事ができないほどの心にポッカリと穴があいたような
気分になってしまいそうです。

だけど、これは仕方がない事だと思います。

SSの中で咲・舞が言っているように・・・
「形あるものはいつかは無くなってしまうものであり、それを嘆いても仕方がない・・・
形は変わっても私達の心の中にずっと生き続けていくもの」という事なのだと思います。
全国大会は今現在は、名古屋国際会議場センチュリーホール等で開催され都大会も府中の森芸術劇場等で
行われていますけど、今現在の現役奏者の視点で見てみると、
「吹奏楽コンクールの聖地は名古屋国際会議場センチュリーホール」という事になるかと思いますし、
そういう「憧れの気持ち」だけは
時代やコンクール開催の場所が変わっても永遠に受け継がれていってほしいなとも思ったりもしますね。

普門館は大変大きなホールで5000人程度収容できました。
(名古屋国際会議場センチュリーホールは3000人程度です)
結果として、5000人の聴衆の存在という事で俗に言う「普門館フォルテ」という爆音系の演奏がここ数年減ってきているようにも
感じられるのは普門館から会場が変更になって良かった点なのかなとも思います。

物事は、失うものもあればそれによって得るものもある・・

世の中は、バランスが取れるようになっているものなのかもしれませんよね。








譎ョ髢€鬢ィ_convert_20151009205835








私自身、このブログの吹奏楽カテゴリの中で、過去の吹奏楽コンクールの全国大会・支部大会の
感想をあくまで「私的感想」として書かさせて頂く事も多いのですけど、たまにですけど、
「私自身、全国大会はおろか支部大会にも一度も出場した事が無い私自身がこんなエラソーな事を
書いていていいのだろうか・・?」と自責の念にかられる事もあったりします。

あんなエラソーなコンクール批評記事を書いている当の本人は、
1978年の中学1年のコンクールから1987年の東京都大会予選までの10年間で10回「吹奏楽コンクール」に出場しているものの、
結果は、いわゆるダメ金(上位大会代表に選出されない金賞)が高校の時の2回のみ
タイムオーバー失格 1回
銀賞 5回
銅賞 2回
ほとんど良い成績は取っていません・・(汗)
大学の4年間も無慈悲な都大会予選落ちの連続で、ダメ金すらも取れず、4年間のうち、銀2回 銅2回という結果で幕を閉じ、
毎年毎年江戸川区民ホールでの都大会大学の部予選の成績発表の際はとにかく悔しくて仕方がなかったです。
(中学の時も、県大会銀賞ばかりだったのですけど、あの時は、
 とにかく音楽を無理やりやらされている・・・
 おっかねー指揮者の先生に「こう吹け!!」と言われたから言われたまま吹くという感覚しかなかったから
 成績発表の際に、銀と発表されても、
 「やっと終わった・・」という開放感しか無かったです。
 高校の時は、さすがに「ダメ金」だったから、とてつもなく悔しかったですね)

2015年の4月から6月で放映されていた「響け! ユーフォニアム」第一話の
麗奈の「なんでダメ金で喜べるの? 私達、全国大会目指していたんじゃないの・・・!?」というセリフは・・・
その当時の自分の心の声、
「何で都大会予選銀賞で喜んでいるの? 私達、都大会本選出場を目指していたんじゃないの・・・!?」という
と見事に重なるものがありますね。
(久美子の「本気で全国で行けると思っていたの?」という反応は、さすがユーフォの失言女王・久美子に相応しい言葉でも
あったのかもしれないですね・・汗・・)

勿論、「音楽」とは決してコンクールだけの勝ち負けではありませんし、「音楽」とは、本来は、
音楽を聴いて、「あ・・・楽しいな・・・」などのように何かを感じる事の方が大切なはずだとは思います。
だけど、当時の私は、そうした事すらも中々気が付いていなかったと思います、
「音楽」を純粋に楽しめるようになったのは、むしろ現役奏者を引退して社会人になって以降というのも
何か少し皮肉な感じもするのですけど、「普門館」を目指していた自分もすてきだけど
「音楽」を「聴く楽しさ」を味わっている自分もすてき・・
そんなように自己愛みたくも感じたりもしますね・・(汗・・)








f3b4d6fe-s_convert_20180323193504.jpg



5a03747f-s_convert_20180323193425.jpg







考えてみると、支部大会・全国大会に出場できる人って、ごくごく少数なのです!

吹奏楽に携わった皆様の大半は多分私のように、地区予選・県大会で散ってしまった人たちばかりだと思います。
だからこそ、支部大会・全国大会に出場出来た皆様たちは
そうした「過去の出場経験」を是非是非、「生涯の誇り」として感じ取って頂ければ幸いですね。

そして何よりも音楽がそうした吹奏楽経験者の皆様に少しでも「生きるチカラ」になってくれていれば
それはそれで素晴らしい事なのだと思います!
スポンサーサイト



1985年の全日本吹奏楽コンクール課題曲B「波の見える風景」は本当に素晴らしい名課題曲だと思います!
1985年当時のプログラム表記では「波の見える風景」と記されることが多かったと思うのですけど、この曲の
正式タイトルは、吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」です。

私は、本当にこの課題曲は大好きでした!!
冒頭のゆっとりとした二拍子の感じとか、「海」というよりは「心象」に近いような揺れ動く雰囲気から後半の大変な迫力や
音楽にストーリー性も感じさせる音楽的表現の幅広さとか、一つの音楽に喜怒哀楽が全て詰めこまれたあの雰囲気は
交響詩というのか4分半程度の短い曲ながらも音楽的物語という要素に満ち溢れていたと思います。
この課題曲は私自身の大学2年の時の吹奏楽コンクール課題曲でしたけど、この波の見える風景と87年の風紋を
コンクールに演奏した曲として吹く事が出来たのは大変幸せな事だと思っています。
この年の自由曲はドビュッシーの「三つの夜想曲」~Ⅱ.祭りだったのですけど、
ドビュッシーというと管弦楽曲でも吹奏楽アレンジ作品でも大人気な曲というのが管弦楽のための三つの交響的素描「海」だと
思われますが、
同じ「海」をモチーフにしながらもドビュッシーの海は、あくまで見た人が「私はこのように感じた」という海の感じ方であり、
真島俊夫の「波の見える風景」は、心象風景に近いながらも、ベースはあくまで「一つの景色」という事が
両者の違いなのかなとも思ったりもします。
波の見える風景は、そうした意味ではどちらかというと具体的な場面とか具体的な箇所を描写しながらも、そこに見ている人の
感じ方も取り入れたという曲のようにも感じられます。

私自身の総括でもあるのですけど、1978~84年までの吹奏楽コンクールで私自身が吹いた課題曲の中では、
自分自身が素直に感情移入出来てしまう課題曲はほとんど無かったように感じられます。
たとえば、ジュビラーテ・・幼い日の思い出・北海の大漁歌・イリュージョン・アイヌの輪舞あたりは
吹いていて「楽しい」とはあまり思わなかったですし、コンクールが終わってしまうと聴くのも吹くのも
「もうコリゴリ・・」という感じの曲が大変多かったように感じられます。
唯一の例外が1983年の課題曲C/カドリーユだったと思います。
カドリーユは曲自体大変薄く書かれていて、クラリネット奏者にとってはあの「軽快感」を出すのは大変難しい曲でしたけど、
やりがいはある曲でした!
そんな中、この真島俊夫の「波の見える風景」は、コンクールが終わった後でも
「ずっと聴き続けていたい」と思わせる本当に素晴らしい課題曲のひとつだと思います。
私自身、都大会予選・大学の部で自ら出場した上で、都大会や全国大会を聴かさせて頂きましたけど、
私自身が吹いた土俗的舞曲・嗚呼!は都大会や全国大会で聴くと「ちょっと勘弁してよ・・」という感じでもあったのですけど、
波の見える風景と風紋は、たとえ自らがあんなに練習した曲であっても
「もっと聴いてみたい!」とか「他校の演奏ももっと聴いてみたい!」と感じさせる課題曲であったと思います。

私の中ではこの「波の見える風景」は、一歩抜きん出ている存在ともいえる課題曲の一つだと思います。

「波の見える風景」は少し不思議な感じもする曲で、私個人の感覚なのかもしれないですけど、
吹いているだけで無性に感情がこみ上げてくるような曲だったと思います。
別に涙は出ないけど、吹いているだけでなんか「泣きたい気持ち」にさせられてしまう雰囲気すら持っていた曲だと思います。
この感覚は、ミッチェルの「海のうた」をかつて吹いていた時の同じようなものがあったと思うのですけど、
もしかしたら人間にとって「海」という風景そのものが人の感情を揺り動かす何かを持っているのかもしれないですね。
冒頭はチャイムから開始されゆっとりとした二拍子から開始されるのですけど、この二拍子から徐々に音のうなりが
積み重ねられていき、フルート・クラリネット・オーボエの木管ソロ楽器に美しいハーモニーが引き継がれていき、
段々盛り上がっていき、ラスト近くの壮大なクライマックスへとなだれこんでいきます。

1985年の全日本吹奏楽コンクールの高校の部においては、天理高校の「セント・アンソニー・ヴァリエーション」と
愛工大名電の「プラハのための音楽1968」の二つの歴史的名演が登場したという事に尽きると思うのですけど、
天理の「波の見える風景」はかなり豪快に鳴らしている印象があります。
曲のエンディング近くでは、ドラが相当の音量でゴーーーーンと鳴り響いていたのは相当のインパクトがありました。

「波の見える風景」の高校の部での最優秀演奏は、私は習志野高校だと思います。
とにかく音色がデリケートだし、それ程豪快に鳴らしている訳ではないのに力強さも感じました。
何よりも、目を閉じて聴いていると、何か自分だけの海のストーリーが出来てしまうような
感受性豊かな演奏でもありました。
習志野高校の場合、特に秀でていたのはあまりにも美しい洗練されたサウンドであり、
フルート・オーボエ・クラリネットのソロの完成された音色の美しさだったと思います。
そして更にいうと目を黙ってあの演奏を聴いてみるとそこには音楽としての物語が展開されていたようにも感じられます。

私が初めて真島俊夫の名前を耳にした際は「これからの活躍が期待される若手作曲家」というフレーズが
結構多かったものですので、3年前の真島氏のあの早すぎる死はとても残念でしたし、「まだこれからの作曲家なのに・・」という
言葉しか出てこなかったです。
とにかく真島氏のご冥福を改めてお祈り申し上げたいと思います。

「波の見える風景は」1988年に改定新版も出ているのですが、
大変申し訳ないのですけど、私はこの改訂新版はあんまり好きではありません。
改訂新版の演奏時間は大体7分程度の曲なのですけど、これはあくまで私の感じ方なのですが、
改訂新版の余計な箇所を削ったら、元の課題曲Bに戻ってしまうみたいな印象すら感じたものでした。

こうした事って実はクラシック音楽でもたまにあったりするものでして、例えばプロコフィエフの交響曲第4番という大変
マイナーな曲があるのですけど
(プロコフィエフの交響曲第2~4番は悪趣味でグロテスクな曲という印象が大変強くて、交響曲第5番のあの瑞々しい清らかな
雰囲気と同じ作曲家とは到底思えないです・・
そしてプロコフィエフの生涯最後の交響曲の交響曲第7番「青春」のあの童心とわかりやすさも、やはり第2~4番と
同じ作曲家には全く思えないです!)
実はプロコフィエフの交響曲第4番にはやはり「改訂版」が存在していて、元の原典版の演奏時間は26分なのに
改訂版は42分前後になっています。
そしてこの改訂版の余計な部分とか分かりにくい部分をバッサリと注ぎ落としたら、原典版の交響曲第4番になってしまった
と感じさせる点は、私にとっては真島俊夫の「波の見える風景」の原典版と改訂新版の印象の違いと
もしかしたら同じなのかなぁ・・と感じさせるものがありました。
余談ですけど、吹奏楽コンクールで頻繁に演奏される大栗裕の「吹奏楽のための神話」は、20分近い原曲を
コンクール用に8分前後にカットしたものなのですけど、
あれに関しては、作曲者の大栗先生には大変失礼な話なのかもしれないですが、
吹奏楽のための神話または管弦楽のための神話の原曲版は私にとっては結構贅肉的に聴こえる箇所も多々あったりして、
その贅肉部分を見事にカットしてストーリー性をググッと凝縮したのがコンクールのカット版と思えてなりません。

吹奏楽コンクールにおいては原曲のカットというのは昔から指摘され続けている問題なのですけど、
「吹奏楽のための神話」に関してだけは
「カットというのも音楽の濃縮という意味では悪くは無いのかも・・」と感じてしまいますね・・(汗・・)

 | BLOG TOP |