FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先週でしたけど「ラーメン大好き小泉さん」が最終回を迎えてしまいましたね・・

私、この作品の事は原作もアニメ化される以前に実は実写化されていた事すらも何も知らない状態で第一話から
見ていたのですけど、とにかく第一話からはまってしまった・・という感じになってしまいました・・(笑)

このアニメにはストーリーも何も無くひたすら小泉さんがラーメンを食べて食べて食べまくり、それを興味津々に
同級生の大沢悠たちがながめていき小泉さんに近づいていくけど、
小泉さんはミステリアスで無愛想&無口な美少女転校生という事で、例えば大沢悠が「小泉さーん、ラーメン食べに行こっ!」と
お誘いしてもほぼ毎回「お断りします・・」と言われてしまい、
あの金髪美少女の可愛らしさとその無愛想さと美少女にあんまり似つかわしくは無い「ラーメン食べまくり」という
あのすさまじいギャップに萌えてしまうのですよね~(笑)
結局、小泉さんの属性とか家族構成とか、何よりも「どうして毎日あんなにラーメンを食べまくっているのにあんなにスリムな
体型を維持出来ているのか?」という最大のミステリーは何にも提示されないで、「謎」のまま最終回を迎えてしまいましたけど、
美少女転校生はそういう謎のまま最終回を迎えた方がいいのだと改めて感じたものでした。

このアニメはとにかくとっても面白かったですし、私自身もあの「夜のラーメンテロ」とも言えそうな小泉さんのあの「ふはー」を
視聴するたびに「小泉さんが美味しそうに食べたあのラーメンはどんな味なのだろうか・・?」と
興味津々になってしまい、翌日に実食するかまたはカップ麺で食べてみるといった感じで、とにかくこのアニメが
私に与えた影響はとても大きいものがあったと思いますし、その意味では同時期に放映されていた「だがしかし」の第二期に
近いものがあると思いますし、
とにかくこのすてきなアニメの第二期が制作される事を切に願うばかりですね~!

さてさて「ラーメン大好き小泉さん」第8話においては「家系ラーメン」が登場していて、ここでもまたまた小泉さんが
いつものように「ふはー」と言いながらあの太麺豚骨醤油を完食されていて、あの食べっぷりがとてもお見事であると同時に
あの太麺豚骨醤油が気になって気になってしまい(こういうのを「夜のラーメンテロ」と呼ぶのかもしれないですね・・)
最寄駅前にも深夜まで営業している横浜家系ラーメン店はあったのは分かっていましたけど、
さすがに夜遅いし、外は寒いし当日は断念して、月末近くという事もありましたので、実店舗ではなくて
まずはお試しという事でニュータッチの凄麺シリーズから「横浜とんこつ家 豚骨醤油味」というインスタント麺を
食べてみる事にしました。

家系ラーメン(いえけいラーメン)は、1974年以降に登場した神奈川県横浜市発祥の豚骨醤油ベースで太いストレート麺を
特徴とするラーメンのラーメン店群との事です。
ラーメン店「吉村家」を源流とし、横浜ラーメンと呼称されることも多いそうです。
豚骨や鶏ガラから取った出汁に醤油のタレを混ぜた「骨醤油ベースのスープ、太麺と、ホウレンソウ、チャーシュー、
海苔のトッピングで構成されるのが家系ラーメン(横浜ラーメン)がポイントなそうです。

本記事においては、そのニュータッチの「横浜とんこつ家 豚骨醤油味」のレビューをごく簡単にさせて頂き、
後半に「ラーメン大好き小泉さん」第8話の振り返りを簡単にまとめさせて頂きたいと思います。
















パッケージによると、家系の独特な極太麺を再現したと思われるノンフライ麺や、大きめ海苔と記載されている3枚の海苔など
家系ならではの特徴が確認できます。
というか・・最近のカップ麺のレヴェルは凄いというのか、こうした有名ラーメンの味や特徴もしっかりと再現出来ている事は
本当に素晴らしいと思いますし、開発者の皆様のご苦労を考えると胸打たれるものがあると思います。

この家系ラーメンの一つの特徴が極太麺なのですけど、とんこつラーメンというとやはり最初にイメージするのは、
久留米とか博多の本場の九州のとんこつラーメンの濃厚でとてつもなく豚臭くて、麺が極細ストレートという事なのですけど、
関東の横浜ラーメンとも言うべき家系ラーメンというものは、そうした本場の九州とんこつラーメンという概念を
打ち破り、これはこれですてきに関東流へのアレンジと言えるのかもしれないですね。

ちなみにですけど、私はとんこつラーメンの場合ですと太麺よりは本場の極細ストレート麺の方が大好きです~!








002_convert_20180321165034.jpg







麺は見るからに極太ですね~!

かやくなのですけど、海苔・チャーシュー、ネギ、そして家系の特徴の一つでもあるほうれん草がブロック状で入っています。

このニュータッチで特筆すべき事は二つほどあり、一つは海苔が3枚も入っていて、しかも一枚一枚が大きいサイズという事で、
二つ目はほうれん草なのだと思います。
一般的にインスタントのほうれん草というのは見るからにしょぼいというのか、入っていてもあまり存在感も無く
ネギに隠れてヘナヘナしている・・みたいな印象もあったりしますけど、
アマノフーズのフリーズドライの味噌汁の具材のように、きちんとブロック状に最初から固められていて
お湯で戻すとちゃんとまるでアマノフーズのフリーズドライのしっかりとした中身の如くほうれん草としての存在感をちゃんと
発揮している点は素晴らしいと思います。
ネギに全然負けていないというのか、むしろ太麺にもしっかりと絡み、家系ラーメンの特徴を大いに発揮していると
感じたものでした。







004_convert_20180321165054.jpg







最初のイメージでは「極太麺だからスープに絡みにくいのかな・・?」と少し危惧するものはありましたけど、
実際はそんな事も無くきちんとスープと麺が融合を果たしていました。

まず一口食べてみると、濃厚ですけど家系の割にはあっさりとした味という印象がまず頭をよぎります。
見た目の感じとか少しばかりドロドロした感じは「濃厚な味なのかな・・?」と感じさせるものはありましたけど、
思ったよりはしつこくもなくあっさりとしてスープもごくごくと飲み干せると思います。
(私も実際にスープはごくごくいけていまい、小泉さんではないけどふはー状態になってしまいました・・笑)
スープはご表面には脂が浮いていないことから、そこまで脂っこさと・濃厚さは感じられませんが、
家系ならではの風味は適切に再現されていると思います。
臭みのない豚骨の旨味を利かせているため、飲み心地はさっぱりとしていても
スープには深みを感じさせる美味しい仕上がりとなっていると思います。

これを食べたのは仕事中であったため出来なかったのですけど、更にパンチ・刺激を求めたい場合は
にんにくを若干加えてみるのも悪くはないと思います。
そして海苔の風味も大変素晴らしく、スープに深みを与えている隠し味にもなっているような印象すらありました。
後述しますけど、「ラーメン大好き小泉さん」において、小泉さんは白いご飯にこの家系ラーメンのスープを掛け、
ここに海苔と半熟卵を加えることで、ラーメンとは別に「丼物」というもう一品を作り上げていたのは
「さすが、小泉さん!」と感じてしまいました~! (笑)








800da612-s_convert_20180321170143.jpg







「ラーメン大好き小泉さん」第8話はなんと・・! 中村美沙と大沢悠という二人の美少女の水着シーンから
開始されていました~!
あのシーンを見ていた時、「え・・まさかこの回は小泉さんは水着になって頂けるのかっ!? そう言えば小泉さんは
第6話でもあのかわいいかわいい浴衣姿もお披露目してくれていたから、水着というのもありなのかも~」と
頭をよぎったものですけど(汗・・)
あのミステリアスな小泉さんがそんな水着なんていう世俗的な事をされる訳はありませんよねぇ・・(笑)

だけど私としては中村美沙と大沢悠、特にツインテ美少女の美沙のかわいい水着を見れただけでも大満足です~!

この海のシーンでも大沢悠は相変わらずの「小泉さんは今頃なにしているのかなぁ・・」と妄想状態であり、
大沢悠に関しては「小泉さん大好きの大沢悠」と言えそうですね~(笑)








b6ecc36d-s_convert_20180321165955.jpg






そうやって美沙と悠が海にいた頃、小泉さんはひょんなことからクラス委員長の潤とご当地袋麺が揃っているお店に
入る事になってしまい、このお店で袋麺の実食をする事になってしまいます。

ここで小泉さんのラーメンうんちくが炸裂します~(笑)

好みは人それぞれなのでお好きなように…ですが、敢えて言うなら――北海道のご当地麺は全体的にレベルが高いです。
名店とのコラボも多数あります。

動物繋がりだと愛知の西三河地方のキリンラーメンシリーズも。キリンの他にペンギン、イルカ、アザラシの水族館シリーズ。
ノンフライ麺でヘルシーなべっぴんシリーズもあります。そして東三河地方のポンポコラーメン、
両方優しい家庭の味が楽しめます。

あとはこの兵庫のチャンポンめん。塩タンメンに近い味わいです。ちなみに九州の長崎ちゃんぽんとは別物なので要注意。
なぜか石川県で大人気だそうです。九州と言えばとんこつ味のうまかっちゃんシリーズ

あれれ・・小泉さんってこんなに饒舌だったっけ・・?

やはり人間と言うものは大好きな事を質問されるとガードが緩むのかもしれないですね・・(笑)

「小泉さんってさ…やっぱり、将来はラーメン屋関係だよね。だからいつも食べ歩いて味覚を鍛えたり、ラーメンについて
日々見識を深めたりしてるんだよね。なんだか…ちょっと尊敬しちゃった」と小泉さんを持ち上げる潤ですけど
当の小泉さんの反応は・・??

小泉さん : …え?
潤 : え?
小泉さん : えっ?
潤 : え?

小泉さん : 特になにも考えてませんが?
潤 : そ、そう…

潤 : で、小泉さんは将来の夢って何なの?
小泉さん : 秘密です

うーーむ、この辺りの二人の微妙な感覚のずれはとても楽しいものがありましたね~(笑)







8480cab2-s_convert_20180321165937.jpg





さてさて、後日のこと・・いつものように・・・

悠 : 今日はどこのラーメン屋さん行くの!?
小泉さん : 最近は家系ブーム
悠 : え?なになに?家ってことは家庭の味っぽいってこと?じゃあウチ来なよー!
小泉さん : 行きません

やっぱり小泉さんのこの「嫌です」とか「お断りします」という一言はすてきですね~! (笑)









4a00244f-s_convert_20180321165852.jpg




7e751335-s_convert_20180321165911.jpg







そんな訳で小泉さんは(いつものように)大沢悠の「小泉さーん、ラーメン食べにいこっ!」とのお誘いをお断りし、
単独で上記で散々述べてきた「家系ラーメン」を一人で食べに行きます。
(ま、店内には偶然なのですけど大沢悠のお兄ちゃんもいましたけどね・・)

店に入るなり「「スープの濃さはどうしますか?」と聞かれますけど、小泉さんは当然の如く
「スープ濃いめ、油少なめ、麺硬め」とプロ顔負けの通な注文をされています!

どうして小泉さんが麺を硬めで注文していたのかと言うと、上記で書いた通り、小泉さんは家系ラーメンを食する前に
白いご飯の上にこってり豚骨醤油のスープを掛け、その上に半熟卵と海苔を乗っけて「丼物」を作り上げていましたので、
「ご飯を先に食べるから麺を硬めに注文していた」という事が判明します!

うーーむ、やはり小泉さんのラーメン通は本物ですしさすが゛ですねっ!

そして最後は言うまでもなく小泉さんの「ふはー」で締めくくっていたものでしたっ! (笑)
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |