FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


公立の小学校・中学校・高校も卒業式は3月の上旬頃に既に終わっていたようですし、
大学・短大・専門学校の卒業式も既に山場は超えているようで、ほとんどの学校は無事に卒業式を完了させ、
あとは4月以降の新入生を迎え入れる準備に忙殺されているのかもしれないですね。

埼玉も3月17日前後に桜の開花を迎えていましたけど、丁度その頃にあちこちで(特に駅構内やさいたま新都心駅や大宮駅)
卒業式を迎えた女子大生の皆様のお美しい袴姿をお見かけする機会が多かったような印象もあり、
卒業と桜というシチュエーションが大変見事のようにも感じられ、
「桜というものは入学式の背景にもすてきだけど卒業式にも案外よくお似合いなのだなあ・・」と実感したものでした。
だけどあんなにもかわいくて美しい袴姿だというのに、花粉症のせいなのか顔にマスク着用という皆様が大変多かったのは
ちょっと興醒めというのか「もったいないなぁ・・」と感じたものでした・・(汗)

大学の卒業を迎えるに当たって大変なのは単位取得もそうなのですけど
(3年終了時点で卒業に必要な単位取得に目途が立っていないと、4年生時に卒業までの単位取得と就職活動という
大変な事の二足の草鞋を履く必要に迫られますので、大学でテキトーに遊び呆けられるのは2年生辺りまでが
一つの限界なのかもしれないですね・・)
ゼミに入っていて「卒業論文の提出」が義務付けられていると、その卒論制作はかなり大変なものがあると思います。
一つの傾向として(今現在はどうかわかりませんが)文系の大学生の4年生というと、ゼミに入っていなくて卒論を書く
必要が無くて就職先の内定先が確定していると、「4年生はヒマでいいよなぁ・・」と感じたりもするものですけど、
私の場合、4年生の時には就職活動、最後の吹奏楽コンクール参加、そして卒論という事も重なりましたし、
日常のアルバイトとか、4年の時は週休4日制ではありましたけど(汗・・)学校の授業も一応はありましたし、
結果的に「4年生なのに結構バタバタと忙しかったのかも・・」という感じだったのかもしれないです。

当ブログの基本方針は開設当初も今現在も「質より量路線」を貫いていて、性懲りもなく毎日毎日あんなにも
長ったらしい文章の記事を更新しまくり、ご覧頂けている皆様に「またかよ・・」と半分呆れられているのかも
しれないですけど(汗・・)、そうした「長文」というのは実はこの当時から既に開眼していたのかもしれないですね・・
3月の更新記事数としては多分ですけど40~45程度で収まりそうなのですけど、3月はとにかく東方を中心に
記念日記事とか節目記事とかお祝い記事が大変多かったせいもあり、記事数としては確かに少ないのかもしれないですけど、
全体の文字数というか記事の文量だけは多分ですけど「過去最長記録」を更新したのかも・・!?と感じさせるほど
とにかく書いて書いて書きまくった~!という印象が大変強いです!
だけどその書いた内容が東方記念日関連とかアミグリさんの「dream fantasy」に関する事が多かった事もあり、
自分で言うのもなんですけどとにかく書いていて楽しくて楽しくて仕方が無かったです! (笑)

実は私の卒業論文というのも今現在の「質より量路線」を既に先取りしていたと言えるのかもしれないです。

当時のの卒論というと原稿用紙60~70枚が一般的で、当時所属していたゼミの過去の先輩の最長枚数は100枚でしたので、
ここでも、なぜか「質より量」の考えになってしまい、
「結局大学4年間で私の最大の願い事でもある吹奏楽コンクール都大会本選出場、そして普門館のステージに立つという
私の夢は実現できなかったし、吹奏楽コンクールとは別の形でもなにか自分がかつてこの学校に在籍していたというものを
形と言うか何か記録として具現化させたい!
そうした一つの記録というものが私がこの4年間を生きてきた軌跡に他ならない」と考え、
「よーーし、こんなポンコツ学生でも何か一つ記録を残しておこう!、それならば卒論は200枚に挑戦だーー!!」と
無謀なチャレンジを思い立ったものでした。
卒論自体は大体9月頃から指導教官との打ち合わせとか指導とか色々受けていましたけど、実際に本格的に
書き始めたのは年も明けた1月以降の話でした。
(というかほとんどの学生さんは1月以降に慌てて書き始めるというパターンが大変多く、1月の学内の図書館は
卒論制作のための学生で溢れかえっているという様相を呈していたと思います)
ちなみにですけど私が在籍していた大学の卒論は、事務局学生課に直接提出しその提出期限は1月31日の午後2時と
されていました。
当時の卒論は、当時はワープロというものは大分普及していましたけど、雰囲気としては
「手書き以外は認められない」という雰囲気でしたので、ボールペンを握って原稿用紙に直接書くというのは
悪筆の私としては結構苦手のものはありました。
現在の当ブログは当然の話ですけど直接PCにポンポンと文字を入力して変換するだけでとても楽なのですけど、
昭和の頃の卒論って大半はまだ手書きの時代ですので、こういう所も「時代の変化」というものを感じずにはいられないですね。
さてさて、その卒論ですけど結果的に大体150枚目あたりまでは驚異的なスピードでポンポン書き上げていました。
あの仕上がりの感じだと「締切日のはるか前の1月20日頃には提出できるのかも~」と高をくくっていたのですけど、
世の中そんなに甘くはなかったですね・・
160枚目を過ぎたあたりから「やばい・・これ以上書くネタが無い・・200枚達成まであの残り40枚程度どうしようか・・」と
完全に行き詰ってしまい、膠着状態が続き、
締切3日前になっていても「あと残り25枚・・さすがにこれはギブアップなのか・・おとなしく200枚達成は諦めるか・・」と
感じていたものでした。
そしてここから後はとにかく学内とか地域とかはたまた国会図書館まで通って参考文献を読みまくり、
卒論なのになぜかほぼ脳内妄想に近いような私独自の(?)考えみたいなものにはどうにかこうにかたどり着いたものの、
それを文字にする時間が全然ない・・という感じになってしまいました。
確かこの時は「残りあと15枚程度」という感じだったと思います。
そして私はこの時とんでもない荒業を思いつきます。
締切日に事務局に「完成しました」とか何とか言って提出し受理されたのを確認し、本当は残り15枚という未完成状態で
あったのに嘘偽りで(汗・・)一旦提出し、一晩徹夜し残りの15枚を丁寧に心を込めて(?)仕上げ、
翌日研究室の指導教官の先生の所に「すいませーん、実は・・」と訳を説明し、
「しょうがないな・・、卒論提出締切日に卒論制作が間に合わず、ゼミの単位を取得できないポンコツ学生は
今まで結構いたけど、締切日に未完成状態の卒論を提出してしまう事例は君ぐらいなものだね・・」と思いっ切りダメだし&苦笑
されながらも結局「未完成を完成させた残枚数」を無事に受理して頂き、
ここにどうにかこうにか私のポンコツ卒論は間に合ったのでした・・(汗・・)

後日指導教官から
「箱だけやたらでかくて立派なものを貰ったけど、中身はしょぼすぎるプレゼントを貰った様な気分」と
思いっきりダメだしを食らってしまったものでした(汗・・)
卒業式前にゼミ内で卒論発表会というものが毎年の恒例として開催されていましたけど、
「量だけありすぎて結局何を言いたいのかさっぱりわからん・・」と酷評され、
「ラスト15枚目以降は論文なのか単なる私的な妄想なのか全く不明」とすらダメだしされていたものでした・・(汗・・)
ちなみにですけど、当時、私は、この指導教官から「音大生」というあだ名を付けられていました。
そりゃ仕方ないですよね・・・
ゼミ開始時間スレスレまで両国にて吹奏楽団の練習をしていて、
慌てて電車に飛び乗り4駅乗って楽器と譜面と譜面台を持ったまんまゼミ室に時間ギリギリで駆け込んでいき
毎回毎回教官から 「お前は音大生か!」といつも怒られていました・・(汗・・)
一応・・・私・・法学部だったのですけどね・・・

このブログも、やたらと文量だけはあるけど、中身は何も無いというのが一つの持ち味でもあるのですけど、
やはり、こういう昔からの気質というものは中々変わらないものですね。

翌年、私の後輩が「卒論300枚」を達成し、私の「偉業(?)」は一年で終ったものでした・・(泣・・)

だけどこうした昔からの「質より量」という路線が今現在でもこうしたブログ活動においても息づいているというのは
このブログのタイトルらしく「受け継がれていったもの」と言えるのかもしれないですね。

最後に・・こうしたブログを管理運営していくというのは色々な意味で大変なものがあると思いますし、
多くの方が言われるのは「書くネタがない」とか「文章にするのが難しい」という事だと思われますが、
一応私から一つだけ提案させて頂きますと、ブログ記事のネタというものは自分が好きな事・興味を持っている事だけを
テーマにするのが肝要なのかもしれないです。
そしてもしも本当に書くネタに枯渇された時は、食べ物・ペット関連ネタで急場をしのぐというのも一つの方策と言えるのかも
しれないです。
ちなみに私の場合、幸いにして「吹奏楽」という絶対にネタ的に事欠かないものがあり、ネタに困ったときはほぼ全て
吹奏楽関連で凌いでおります・・
だけど吹奏楽関連記事をその日のトップ記事に持ってくると、当ブログの吹奏楽記事は正直
「わかる人でないとわからない」というあまりにもマニアックなものが多いので、当日のアクセス・反響が激減するという
結果に陥りやすいというのがネックなのかもしれないですね。
面白いことに当ブログの吹奏楽記事にコメントを寄せられる方のほとんどは実はFC2以外の外部サイトの皆様というのも
なんだかとても興味深いものもあったりしますね。
(吹奏楽記事にコメントを寄せられている皆様には本当に感謝の気持ちで一杯です!)







5a05c49e-s_convert_20160405171303.jpg







プリキュアの「青」系の中では、私が一番大好きなドキドキの六花です!

そうですね・・・

六花だったら、きちんと質も量も的確に両立できそうてすよねっ! (笑)

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |