FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の回転寿司の充実ぶりは目を見張るものがあると思います!

昭和の頃の回転寿司っていかにも「安かろう、悪かろう」の典型みたいな雰囲気もあったと思いますし、
レーンにから流れてくるネタってそんなに高級ではないし劇的に美味しい訳ではないし、ひどいときには乾燥して
ネタもシャリもパシャパシャしているというのも珍しくもなんともなかったと思います。
「一皿100円前後で寿司が食べられる」という理由だけで回転寿司屋に行っていたのかもしれないですね。

21世紀に入ると時代はそうした回転寿司屋を許さなくなったばかりでなく、とにかくネタもシャリもその管理技術も
昭和の頃とはありえないほど劇的に改善され、正直今現在の回転寿司屋というのは、
それほど味にこだわらない人の舌程度ならば「いわゆる廻らないお寿司屋さんとネタ的にも美味しさ的にも
全然遜色ない・・」という程度にまで素晴らしく進化を見せてくれていると思います。
ネタの充実もさることながらネタの新鮮さ、一定の時間を経過したらレーンから取り去る等の管理の徹底もそこには
あるのだと思います。

そして最近の回転寿司で更に素晴らしき進化を見せているものは寿司本体だけに留まらず
「サイドメニューの充実」なのだと思います!
以前ですと回転寿司のサイドメニューというとせいぜいメロン・ショートケーキ・プリン・紙パックジュース・茶碗蒸し・味噌汁
程度だったと思うのですけど、最近の回転寿司のサイドメニューの充実ぶりは目を見張るものがあり、
例えば、ラーメン・カレー・そば・イベリコ豚丼・海老天うどん・フライドチキン・エビとブロッコリーのタルタルサラダ・天丼・鰻丼・
ティラミス・濃厚チョコバナナパフェなどなど、
「え・・これって本当に回転寿司店なの・・? まるでファミレスみたい・・」と感じさせるものは多々あると思います。
古い感覚の人ですとついつい「回転寿司と言えども寿司屋なんだから寿司で勝負しろ!」と一言言いたいのかもしれない
でしょうけど、そこにあるのは回転寿司店の戦略なのかもしれないです。
つまり最近の回転寿司が目指している方向は「寿司のコンビニ化」または「寿司店のファミレス化」と言えるのかも
しれないですし、やはりここにあるのは消費者の嗜好の多様化という事に他ならないと思います。
そして特にサイドメニューがすてきに充実しているのは、くら寿司とはま寿司なのかな・・?と思ったりもします。

ではここまで各社がサイドメニューに力を入れている理由って何なのでしょうか・・?
多分ですけどそこにありそうなのは、
1.魚介原材料高の高騰
2.多様な消費者層の多様な嗜好
あたりなのかもしれないですね・・

回転寿司業界全体の課題として、マグロやいわしなどのように以前は比較的安い価格で簡単に入手できた
食材が不漁や規制強化等で高級魚化してしまい仕入れ価格の高騰が全体的に散見されたり、
原価の高騰や円安による輸入費用の増加で利益率が低下している上に、
日本社会の近年の傾向・・・そう、「人で不足」というものも影を落としてるような感じもあります。
更にここ数年の傾向として、来店客が回転しているレーンの寿司を食べなくなってきていて、
直接厨房に対してオーダーすることが多く、職人が足りなくなっている傾向があると思います。
ロボットがシャリ玉をつくり、その上にネタを乗せて握ったふりをしている寿司は消費者に避けられる傾向にありますし、
数が減っている寿司職人を雇うためには高い人件費が必要となるため、そうおいそれとは人数を増やせません。

さてさて・・どうしたものだろう・・? 寿司のネタは高騰傾向だし人件費も上がる一方で寿司職人の確保も難しい・・
そして回転寿司というか外食業界の最大のライバルとも言えるコンビニ各店の扱うメニューの多様化も気になるし・・
という所で目を付けたのが「回転寿司におけるサイドメニューの充実化」という事なのだと思います。
サイドメニュー開発に各社が力を入れている背景には、新規客層の開拓や話題性を狙う以外に、
すし職人ではなくてもつくれるメニューを増やし人件費を抑えつつ客単価を上げたいという狙いがあるようですし、
サイドメニューを増やす事でファミリー層の来店も促したいという狙いもそこにはあるのかもしれないです。

そしてその結果として顕著になってきたのが「ファミレス化する回転寿司業界」という事なのかもしれないです。

だって最近のサイドメニューが充実した回転寿司店に行った方が価格が高くて味もイマイチのそのへんのファミレスに行くよりも
全然充実感があると思いますし、回転寿司のサイドメニューって価格的にも財布に優しいですからね~(笑)
しかも最近の回転寿司店は、スイーツもドリンクも充実していますし、2001年当時にとある回転寿司で感じた
「お茶以外ドリンクが無い・・店員にドリンクと尋ねても冷淡に店内にある自動販売機のコーラやコーヒーをどうぞ・・」と言われた
ような顧客満足度の低さというものは、最近の回転寿司では全く感じないですね・・

どうなんでしょ・・いくら景気が回復傾向とか春闘の賃上げ増加とか色々と巷では言われているようですけど、
実感的には「まだまだ節約モード・・」と感じている一般家庭において、
「たまには外食して美味しいものでも食べよう」と思った際は、価格が高めのファミレスに行くよりは、
本格寿司がリーズナブルで食べられてサイドメニューも充実して、しかも価格が明朗会計という回転寿司に行った方が
いいのかも~と感じているのかもしれないですし、回転寿司店にとってもサイドメニュー充実の狙いと言うものは、
ファミリー層の取り込みというのが大きいのかもしれないですね。







縺吶@繧阪・_convert_20180310184320



縺ソ縺拈convert_20180315154929







そして回転寿司店におけるサイドメニューの一つでもある「ラーメン」のレヴェルは驚異的に高いと思います!
以前ですと、例えばかっぱ寿司のうどんやラーメンなんて「いかにも冷凍食品を解凍しましたぁ~」みたいな味と雰囲気
だったと思いますけど、かっぱ寿司のラーメンも最近では随分と美味しくなってきましたし、
特にはま寿司・くら寿司のラーメンのレヴェルはとてつもなく高くて、しかも寿司店と言う事で「海鮮系ラーメン」が
特に美味しいと感じてします。しかも価格的に一杯280~450円前後と街のラーメンではとてもじゃないけど食べられない
価格と味が両立しているのは素晴らしいと思います。
スシローの濃厚えび味噌ラーメン・鯛だし塩ラーメン・コク旨まぐろ醤油ラーメンもとてつもなく美味しいと思います!
そして何よりも「これは凄い・・」と感じるのは、くら寿司の7種の魚介の濃厚味噌ラーメンだと思います!
あれが一杯370円というのはラーメン専門店では絶対に実現できない価格と味の両立だと思います。
埼玉というとどちらかと言うとかっぱ寿司の店舗が多くて、スシロー・くら寿司の店舗がちょっと少ないようにも感じられ、
私がよく立ち寄る回転寿司もかっぱ寿司が多いのですけど、かっぱ寿司は皆様ご存じの通り、回転寿司業界で
画期的とも言える「食べ放題」を導入するなどどちらかというと質より量路線みたいな感じもするのですけど、
あ・・「質より量」なんて書くとうちのブログの基本方針と大して変わりが無いような気もするので、
質より量重視のこのポンコツ管理人にとっては、くら寿司なんかよりも庶民的なかっぱ寿司の方がお似合いなのかも~(汗・・)
くら寿司もたまに立ち寄る事はありますけど、すし本体もそうですし、ラーメンをはじめとするサイドメニューの充実と美味しさは
本当に素晴らしいものがあると思いますし、
特にラーメンの場合はお寿司屋さんらしい海鮮系の出汁の旨みがやはり際立っているようにも思えますね!
このレヴェルの高さは素晴らしいものがあると思います。
これはうかうかしていると街のラーメン店さんも「他業種だから・・」と対岸の火事みたいな感じで見ていると
足元をすくわれかねないような美味しさが回転寿司のサイドメニューにはあると思えますね~!

回転寿司でこれだけラーメンが充実していると「ラーメン大好き 小泉さん」のミステリアスな美少女の小泉さんは
来店しないのかな・・?
あの濃厚味噌ラーメンを食べられて「ふはーー」とされないのかな・・?とか思ったりもしました・・(笑)
だけど小泉さんが食べるのは麺類ばかりだし、お米類はあんまり食べなさそうだし、さすがに回転寿司に来店して
ラーメンだけを食べるのはさすがに小泉さんと言えども抵抗があるのかな・・?と感じていたら、
なんと・・!
「ラーメン大好き 小泉さん」第10話において小泉さんは回転寿司店にも手を伸ばしていましたね! (笑)








4be94c46-s_convert_20180315154952.jpg







「ラーメン大好き小泉さん」は基本的には1話の中に3本のストーリーから構成されていますけど、
今回は3本共にミステリアスな小泉さんをストーカーのように興味津々で追い掛け回す(?)大沢悠という
ショートヘアの元気系美少女の大沢悠が登場していてよかったです!(笑)
ちなみにこの「ラーメン大好き小泉さん」で私が一番大好きというか興味津々の登場キャラは、小泉さんも捨て難いものが
ありますけど、実は大沢悠でした!
大沢悠って多分ですけど、彼女とか自分の奥様になったとしたらとてつもなく尽くしてくれそうな雰囲気も
あったりしそうですね・・(笑)
大沢悠の名前ですけど、関東で普段TBSラジオを聴いている人でしたら「ゆうゆうワイド」でお馴染みの大沢悠里という
超大物ラジオパーソナリティーを思い出す方も多いのかもしれないですね~(笑)
大沢悠里は基本的には顔出しのテレビ出演は一切していませんし、関東圏内でのラジオ放送のみに留めていますので
全国的知名度が低いのがちょっともったいないパーソナリティーさんです!
ちなみに大沢悠里のお顔は本人曰く下駄顔の強面顔でして(汗・・)、かわいい美少女の大沢悠とは似ても似つかぬ
雰囲気です・・(笑)
大沢悠の小泉さん好きはかなりの筋金入りでして、自室にも小泉さんの写真がベタベタ貼ってあるのは
ちょっと怖いものがあるのかも・・??
大沢悠のお兄ちゃんはお互いに面識はないけど小泉さんとラーメン店ですれ違った事がある等ちょっとした接点もあるようで、
お兄ちゃん本人も小泉さんの事は悪くは感じていないだけに、
もしもですけど、お兄ちゃんと小泉さんが万が一結ばれてしまったら大沢悠は泣き崩れてしまうのかもしれないですね・・
だけど、本当にそうなったら、大沢悠にとって小泉さんは「義理のお姉さん」になってしまうから、
それはそれで大沢悠も大喜びしてしまうのかもしれないですね・・(笑)

さてさて、第10話のなかの2本目の話の中に、大沢兄妹が回転寿司店に来店し
(その回転寿司店はいかにも「スシロー」の雰囲気でしたね・・笑・・)
寿司を仲良く食べていたら、大沢悠が「なんか小泉さんに似ている人がいるなぁ・・」と感じていたら、本当に
小泉さんが来店していました。
このアニメをご覧になっている人でしたら多分ですけど「あれれ・・なんでラーメン好きのあの小泉さんが回転寿司に
来店しているの・・? 小泉さんもたまにはラーメン以外のメニューが食べたくなるのかな・・?」と瞬間的に
感じたのかもしれないですけど、小泉さんの本音は・・そう・・! 言うまでもなく上記で書いた通り
回転寿司店のサイドメニューのおいしいラーメンがお目当てだったのでした!

小泉さんがパネルで注文していたのはまるで「ラーメン寿司定食」みたいな感じでしたね!

海鮮ラーメンに握り寿司というのは同じ「魚」系と言う事で決してヘンな組み合わせではないですし、むしろ両者の
美味しさを融合していると思いますし、私自身も回転寿司店でこうした寿司と海鮮ラーメンを食べた事がありますけど、
ラーメンのスープの味と寿司ネタとシャリ飯の相性は抜群だと思います。

さすが、小泉さんは目の付け所が違う!という感じでもありましたね~!

話はそれますけど、高校の学食に当時「ラーメン定食」というものがあり、醤油ラーメン・ごはん・たくわんだけという
大変シンプルなメニューでしたけど、ラーメンのスープって立派なご飯のおかずになるのでは・・?と感じさせるくらい、
ラーメンのスープ自体とご飯の相性はすてきなものがあると思います。
そしてご飯とスープを一緒に味わいながら、麺とたくわんを頂くと、これはこれで立派な定食になるものだと
当時感じていたものでした。
そうした観点からも、小泉さんが海鮮スープと麺、そしてシャリ飯に寿司ネタというのは「ラーメン定食」に
感覚は大変近いものがあるのだと思います。

そして小泉さんはお約束通り(?)回転寿司店でもあの「ふはー」をやってくれていて、あのふはーを見るたびに
「小泉さんはヘンだけどすてきな美少女だなぁ・・」と感じさせてくれますね~!








ef36374e-s_convert_20180315072642.jpg


da919722-s_convert_20180310183329.jpg


2e06e07c-s_convert_20180310183241.jpg








さてさて、第10話の3本目がラーメンと餃子に関する話なのですけど、その実態は「小泉さん大食い伝説」の
話でもありました・・(笑)
そして小泉さんのとてつもない大食いが今回も遺憾なく発揮されていたのですけど、特筆すべきことは、
なんと怖ろしいことに、小泉さんには「自分は実は大食いである」という自覚が全く無い・・という事でもありました! (笑)

小泉さんって原作でもアニメでもその正体は実は何も判明していません・・

家庭環境とかどんな家に住んでいるとか家族構成とか普段はなにをしているのかとか、
そして何よりも・・
小泉さんはどうしてあんなにラーメンを食べまくっているのにああしたスリムな体型を維持しているのか等は
現時点では一切謎であったりもします・・

今回の話の流れとしては・・・

美沙 : つまり、潤のお母さんが予約しちゃった特製料理を皆で食べて欲しいってことね
潤 : ゴメン…でもなるべく人数多い方が良いって言われて。他に食べたいものあったら何でも注文していいよ~!

といった感じで、潤・美沙・悠・小泉さんの4人でとある中華料理店のメニューをいくら食べてもいいという流れに
なります。
そしてそこに特注料理として登場していたのは、なんと・・! 25人前のジャンボ特注餃子でした!
(餃子は確かにおいしいし私も大好きですけど、あんな大皿にとどーんとでっかい餃子だけが運ばれて来たら
相当なインパクトはありそうですね・・)

小泉さん : 委員長の奢りでラーメン食べ放題、という事で…担々麺一つ!
美沙・潤 : 注文早っ!

小泉さん : チャーシュー麺も追加!!

うーーむ、小泉さんはあんなとてつもない餃子を食しつつも、ラーメンをあんなにじゃんじゃん注文し完食していたのは
さすが小泉さんっ!という感じでした~!

美沙・悠 : えっ!? ここ!ジャンボラーメンの大食いチャレンジあるじゃん!小泉さん挑戦すれば良かったのにー
潤 : あーそうそう。この餃子も元は大食いチャレンジ用みたいだしね

小泉さん : チャレンジメニューのことは知っていましたが…大食い系はちょっと・・

小泉さん : 私は大食漢ではないので自信がありません・・・

潤(自覚が無いって…)
三人(恐ろしい…)

小泉さん : 委員長、追加の麻婆麺良いですか?あと餃子が残ってるなら下さい!
潤 : あ…うん…

うーーむ、この流れは凄まじかったですね~(笑)

ちなみにですけど、この話の中で小泉さんが完食したのは、担々麺 ・ジャンボラーメン ・春菊麺 ・チャーシュー麺
五目ソバ ・麻婆麺 +ジャンボ餃子の残り全部 という事でした・・
そしてこれだけ食べてもまだ余裕なのか、この店を出た後にも他店の餃子を美味しそうに眺めていました・・

やはり小泉さん自身には「自分は大食いなのかも~」という自覚はまるでないようですね・・

そして誰しもが思う事ですけど、小泉さんはこんだけ食べまくって一体どうやってあのスリム体型を維持しているのでしょうか・・?
謎は深まるばかりです・・(笑)









aa04d7dc-s_convert_20180310183303.jpg







最後に・・大沢悠の脳内妄想もすさまじいものがありましたね・・(笑)

上記のジャンボ餃子の4人への取り分け作業の際に、ナイフとフォークでもってみんなの皿に取り分けていた悠でしたけど、
「小泉さんに手伝ってもらって二人で餃子にナイフを入れれば、
ウェディングケーキのケーキ入刀みたい・・!」と二人ともウェディングドレスを纏った光景を妄想してしまう
大沢悠もやはり、小泉さんに負けないくらいちょいとヘンな美少女なのかもしれないですね・・(笑)

大沢悠が小泉さんに対して「小泉さ~ん!、ラーメン食べにいこっ!」とお誘いしても、毎回毎回「嫌です!」とか「お断りします」と
拒絶されて大沢悠が涙目になってしまうのも、小泉さんのふはーと同様すてきなお約束ですね・・(笑)
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |