FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


当ブログのこの「浦和の調ちゃん」カテゴリで何度も書いている通り、
浦和の街とは何も無い無いな~んにもない! 県庁所在地なのに新幹線も停車しないし、駅前はしょぼい街ばかりだし、
おまけに「これぞ浦和名物!」というのはレッズ以外は何も無い無いという感じなのかも~!と
自嘲気味に書いていたものですし、私自身この「浦和」が人気のある街と感じた事は一度もないです・・(汗・・)

だけどそうした浦和も最近なのですけどちょっとした「びっくりするようなニュース」が飛び込んできて
さいたま市周辺の皆様をちょっと驚かせるものがあったと思います。

それが何かと言うと・・

住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」を運営するリクルート住まいカンパニーが
2018年2月28日発表した2018年「住みたい街ランキング関東版」において、今まではベスト10入りをした事なんて
言うまでもなく一度もなかったさいたま市から、「浦和」と「大宮」が同時に二つもランクインを果たしたという事でもあります!
この種のランキングというとほぼ毎回のように「1位は吉祥寺」というのは定番だったと思うのですけど、
横浜が初めて1位になり、吉祥寺は3位に後退したとの事です。
ちなみにこのアンケートの概要ですけど、
関東圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している20歳~49歳の7000人を対象に実施したものです。

昨年15位の大宮が9位、そして19位の浦和が10位と、埼玉県勢として初めてベスト10入りを果たしたというのは
私にとっても「ちょっと意外なのかも~」という感想ですね・・(笑)
埼玉に延べ22年以上住んでいる私が言うのもなんですけど、
「あれれ・・どうして千葉の街が一つも入っていないの・・? うーーむ、この結果は千葉の皆様にとっては、
あの埼玉に負けた・・という想いが少しはあるのかも・・??」という事であるのかもしれないですね~(汗・・)

2018年住みたい街ランキング関東版の結果は下記の通りです・・
※()内は前年度の順位です。

 1 (3) 横浜

 2 (2) 恵比寿

 3 (1) 吉祥寺

 4 (5) 品川

 5 (7) 池袋

 6 (6) 武蔵小杉

 7(12) 新宿

 8 (4) 目黒

 9(15) 大宮

10(19) 浦和

そうですね・・これは私個人の感想ですけど、よく吉祥寺・目黒は人気ランキングの常連になっていますけど、
私なんかはあんな住んでいるだけで肩が凝りそうなお高くとまったような街に住むのはかなり抵抗がありますね・・(汗・・)
私にとって「住みやすい街」とは「気取りがない街」というのか、
コンビニに行くのも普段着とかジャージ姿で何の抵抗もなく行けるような街みたいな意味でもあり、
そうした意味においては浦和とか大宮というのは気取りがなくて住むのにこれほど気楽な街は無いのかも・・?と
感じさせる「普段着感覚・自然体みたいな感覚」は間違いなくある街なのだと思います。
そうした意味においては、私にとって住みやすい街はも今住んでいる埼玉県川口市とかさいたま市浦和区・大宮区とか
都内だったら練馬区・板橋区・足立区あたりですね~!
間違っても高輪とか世田谷とか代官山とか江東区あたりにはちょっと住みたくはないですね・・(汗・・)

このニュースが流れた際に地元のテレビのインタビューに出ていた浦和の街の人たちの声として、
「浦和の魅力・チャーミングポイントはどこにあるか?」という問いに対して、
「治安が良い」とか 「電車に1本乗れば新宿に行けるし、東京に行けるし、とにかく便利。買い物するにも便利」とか
「 サッカーJリーグの浦和レッズの本拠地として知られる」とか
「浦和は教育や子育ての面で魅力的」とか「子育ての環境、病院・公園もたくさんあり魅力的」
「暮らしやすい」といった声が寄せられていたのは大変印象的でもありました。

やっぱりなんだかんだいっても浦和や大宮の街は確かに何も無い無い街なのかもしれないですけど、
この「何も無い」というのが「気取りのなさ」という自然体に繋がっていると言えるのかもしれないですね!

私自身は高校時代まで過ごした実家を離れて、親元を離れたのは1984年の春なのですが、
その際に一番最初に住んだ場所は、実は玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)でした。
一番最初に大宮に降り立った時の印象としては、
「埼玉県って実は何も無い所なの・・? これでは仙台のあの巨大アーケード街とかにも全然見劣りしてしまうし、
埼玉県って仙台よりも冴えない所なの・・??」と感じてしまいました(汗・・)
数日後に埼玉県の県庁所在地がある「浦和駅」に生まれて初めて降り立った時はある意味衝撃的でしたぁ―――!!
だって、本当に何も無い街でした!
駅前に伊勢丹とイトーヨーカドーがあるたけで本当に何も無いない、本当に冴えない県庁所在地という感じでした。
この時代既に東北新幹線は開業していましたけど、
県庁所在地の「浦和駅」は当時も今現在も新幹線は浦和の駅には停まりませんからね・・(汗・・)

1984年に田舎から上京したばかりの自分が感じた埼玉の最初の印象は今現在もほとんど変わっていないと思います。
多分ですけど、他県の方で生まれて初めて浦和駅に降り立った方は、1984年の私の最初の印象と同様に
「浦和って埼玉の県庁所在地でしょ・・なにもないじゃん!」と思われると思います。
「浦和」のそうした何も無い所とか県民愛が大変希薄で無国籍みたいな感じな所こそが逆に「埼玉」らしい所なのかなと
埼玉に通算22年以上住んでいる者の視点としては感じますね。

大宮も特に「浦和」もそういう何も無い所、飾り気がなくて普段の日常を気取りなく過ごせて落ち着ける場所という意味では
住みやすい街と言えるのかもしれないです。
そうした所がもしかしたら交通アクセスの良さと合わせて今年度においてランキングに初めて入った理由と言えるのかも
しれないですね。

浦和の街には何にも無くて新幹線は停まらなくても、
「調神社」と埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」、確かに浦和名物ではないけど
「うまい、うますぎる」の「十万石まんじゅう」とかそういう浦和が私は大好きですっ!!

埼玉県民は、かつての私のように、地方から関東に移り住み、そのまんま埼玉に住みついたというパターンが
大変多い上に、サラリーマンの多くは東京都内に出勤し、埼玉にいるのは、寝るために帰宅する際と休みの時だけという方が
多いいわゆる「埼玉都民」が大変多いと思いますので、
他県の皆様のような「強い郷土愛」」はかなり脆弱なのかもしれないですし、これもよく言われる話ではありますが、
「埼玉県民は全国47都道府県の中で一番県に対する帰属意識が低い」というのは案外極めて妥当性があると言えるのかも
しれないです。
このブログで何度もネタにさせて頂いている埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」については、
第一話が「今日もいい日でありますように」というタイトルで、
最終回は「明日もいい日でありますように・・・」というタイトルが示唆しているように、
「日常の小さな幸せを大事にしましょう」みたいな制作者サイドの意図もあるのだと思いますし、同時に
「郷土愛」を呼び起こさせるアニメだとも思いますし、そうした意味において大変意義と価値がある作品だと思います。

「何も無いない」とか「無個性」とか「埼玉を特集しようと思っても書くネタが何もない」とか言われがちの
埼玉県ではありますが(汗・・)よく考えてみるとこうした何も無い県でもそれなりの
「埼玉あるあるネタ」って意外とあるものなのかもしれないですね。

一例を挙げると・・・・

〇埼玉県民が「鴻巣市」に行く理由はたった一つである! 、そう・・・「免許更新」のためだけという理由です・・(笑)
  それ以外の理由で鴻巣に行くというのは・・あんまりないのかも・・? (汗・・!)

〇埼玉県は実は「長野県」とも県境を接している

〇「海」を見るとやたらとテンションが上がる

○旅行に出かけ、宿泊先の従業員さん等から「どちらからお越しになりました・・?」と聞かれると、
 「東京の方」とか「ちょいと東京の北」と埼玉から来た事をひた隠す

○東京・神奈川には最初から勝負にならないと対抗心を燃やすことは皆無だけど、「千葉県」にだけは
 やたらと敵愾心をむき出しにする・・

〇埼玉県民は、お買い物と言うと、浦和でも大宮ではなくて、都内の「池袋」に行く傾向が強いのかも・・?
 最近では、池袋もいいけど「越谷レイクタウンもいいかも・・・」という事で越谷に行く人も増加中なのかもしれないですね。

〇埼玉県民の日は、県内の公立校は全て休校

〇吹奏楽関連ネタで申し上げると、埼玉県の吹奏楽レヴェルは伝統的に大変高くて、全国大会金賞の常連チームは
 数多く存在していますし、
 特に高校の部において顕著なので゛すが、埼玉県大会が事実上の「西関東大会」の様相も呈していて、
 埼玉県代表として西関東大会に出場したチームのほぼ全てがそのまま西関東大会にて全国大会代表の座を
 獲得している
 (というか、山梨・新潟・群馬のレヴェルが低すぎる事の裏返しでもありますし、
  茨城・千葉・神奈川と激戦が毎年繰り広げられている東関東とはエライ違いがあるのだと言えるのかもしれないです・・汗・・!)

〇武蔵野線と東武東上線が止まると、埼玉県民の足が崩壊する。
 特に武蔵野線は強風が吹くとすぐに運休になってしまいます・・

そしてその最たるものが、これってよく言われるネタではあるのですけど
埼玉県民と非埼玉県民を見分ける方法として、「国道122号線をどう呼ぶのか?」というものがあると思います。
普通の人は「ひゃくにじゅうにごうせん」と呼ぶと思うのですけど
埼玉県民はなぜかしりませんけど、「ワン・ツー・ツー」と呼びます・・・(笑)
あれなんでなのかな・・・?最初にあの呼び方を耳にした時・・・「え・・・??」と思ったものですけど
今では私自身もワン・ツー・ツーと呼んでいます・・・(汗・・)
似たような事例として「国道463号線の呼び方」もあるのかと思います。
普通の方は「よんひゃくろくじゅうさんごうせん」と呼ぶと思いますが、
埼玉県人はなぜか「よんろくさん」と呼んでいます。人によっては「うらとこ」(→浦和-所沢街道の略)と呼ぶ人もいます。

今では普通に国道122号線をワンツーツーと呼んでいる私は、もう既に立派な埼玉県なのかもしれないですね・・(笑)











20150507-u004_convert_20150509023142.jpg



繧シ繝ェ繝シ_convert_20160419150444






そう言えば、埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」でもこうしたローカルネタを色々とやってくれていましたけど、
その中でも印象的だったのは
(「うまい、うますぎる」の十万石まんじゅうというネタがNo.1だとは思いますけどね・・・)
第5話で登場した「ゼリーフライ」なのかもしれないです。

あの第5話の中で各人が好きな食べ物について語っていましたけど、あの中で道祖土緑は
「ゼリーフライ」という食べ物を挙げていました。

埼玉県以外の方が聞くと、「埼玉県人は、甘いゼリーみたいな砂糖菓子を油で揚げて食うのか」と何かヘンな誤解を
与えてしまう感じもありそうです。

ちなみにですけど、「ゼリーフライ」は列記とした埼玉というか埼玉県北部の行田~熊谷では定番になっている
B級グルメでもあったりします!
見た目は衣のついていないコロッケのようなもので、
ジャガイモにねぎやにんじん、さらにたくさんおからが入っているのも特徴で、
食物繊維が豊富でヘルシーなおやつです。
ソースの味と香りがとても利いて、モチモチとした食感が大人にも子どもにも大人気という事です。
埼玉の物産展では、よくこの「ゼリーフライ」は売られていますし
私も何度も食べた事がありますけど、豆腐とコロッケがミックスされた様な感じもあり
中々美味しいと思いますよ・・・!!
確か今は販売されていないけど、ヤマザキランチパックでも一時B級グルメシリーズとして取り扱っていましたね。

ちなみにゼリーフライの由来は、小判形であることから「銭フライ」と言われていたものの「銭」がなまって
「ゼリーフライ」となったという説が有力のようです。

埼玉は「名物」も何も無いないの「何も無い県」なのですけど、数少ない「名物」の一つなのかもしれないですよね・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |