FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3月9日は、記念切手の日でもありますしレコード針の日でもありますし、サンキューの日(ありがとうの日)でも
あったりします!
サンキューの日という言葉から思い出すのはマクドナルドのサンキューセットなのかな・・?
1987年当時、マクドナルドで「サンキューセット」が初登場し、
あの価格でこの内容という事で当時は結構話題になっていた事がありました。
すぐにロッテリアも「サンパチセット」とかいって追従していたのは、それが資本主義たるゆえんなのかもしれないですね~
マクドナルドの商品と言うと私的にはやはり「ハッピーセット」が印象的です。
色々と面白いグッズが付く事もあったりするので、結構好きなのですけど、私自身は「プリキュア」と「プリパラ」が
おまけとして付く時以外は買う事はまず無いですけどね(汗・・)
新聞折り込み等でよく、マクドナルドの折り込みちらしが入っていることが多く、その中にクーポン券が付く事もよくあり、
ハッピーセットは元々450円程度だったと思いますが、このクーポンを利用すると、350円前後で購入でき結構お得です。
そうそう・・サンキューというと、仕事でアフターとして顧客宅を廻っている際に、とあるご年配の男性顧客から
顔を出すたびにやたら「よく来てくれた、来てくれた・・サンキュー、サンキュー!」と言って
私の手をギュギュ~ッと握りしめてくるおじい様がいるのですけど、
そうですね・・・そんなしなびたじいさんから手を握られるのだったら、私は霊夢・こいしちゃん・アリス・フランちゃんといった
美少女たちからに手を握って欲しいものですし(汗・・)
どうせならばゆかりん=八雲紫様のような素晴らしい美熟女(??)様から手を握りしめられたいですっ! (滝汗・・)

冒頭から例によって話がそれまくりです・・

それにしても3月は東方記念日が目白押しですね~!

当ブログでも3月に入ってから、サニーミルクの日・東方雛祭り・みょんの日・東方巫女の日・早苗さんの日と
東方記念日に沿った記事を書かせて頂き、毎回毎回「dream fantasy」のすてきな管理人のアミグリさんが描かれたとってもすてきな東方イラストを転載させて頂きましたけど、
東方記念日はこの後に「3月10日はさとり様の日」も控えています! (笑)

そして本日「3月9日」は実は初音ミクの日でもありますし、咲夜さんの日でもあったりします。

だけどなぜか知らないですけど、こんなにメジャーで大人気キャラのお二人なのにこの3月9日の記念日の
印象&世間認知度は意外と低いようにも感じられたりもします。
う――む、どうしてなのかな・・?
咲夜さんは、さとり様や早苗さんよりも東方人気投票の上では上位に来ている大人気キャラなんですけど、
早苗さんの日やさとり様の日に比べたら東方ファンの盛り上がりは今一つ低いようにも感じられるのは
どうしてなのでしょうか・・?
そうですね・・ミクに関しては「8月31日は初音ミクのお誕生日」という生誕祭の印象が大変強いようにも思えますし、
十六夜咲夜さんに関しては「毎月16日は咲夜さんの日」という事の方が認知度は高いからとも言えるのかも
しれないですね。

だけど、3月9日は「咲夜さんの日」と「ミクの日」というすてきなダブルの記念日でもありますので、
ここで何もしないというのもなんだかミクと咲夜さんにちょっと気の毒な感じもあったりしますので、当ブログにおいては、
dream fantasy」のアミグリさんが描かれた
咲夜さんと初音ミクのイラストを転載&ご紹介をさせて頂き、ここにささやかではあるのですけど、
二人の「おめでとう記事」みたいなものを簡単に書かせて頂きたいと思います。


















それではここから本編を開始させて頂きたいと思います。

上記の咲夜さんはアミグリさんが2016年6月に描かれた作品です!

以前ですけど私自身は
「アミグリさんが描かれた咲夜さんの中で、私のマイベスト咲夜さんは2016年2月に描かれゲスト寄稿の咲夜さん!」と
記させて頂きましたが、実は今現在ではそこにもすてきな悩みが生じています!
というのも上記のこの2016年6月の咲夜さんも素晴らしい作品ですし、
この爽やかな雰囲気はあのゲスト寄稿の作品にも決して引けを取らない素晴らしい作品だと私は思っています。
そして更に更に・・アミグリさんには昨年の当ブログの「開設5周年」にリクエストさせて頂きました
「フリルを描かるのはさぞかし大変なご苦労があったに違いない・・」と推察されるこれまた素晴らしい咲夜さんも
描かれて頂きました!
こうやって見てみると「どれがマイベスト咲夜さんなんだろう・・」と一晩中本気で悩みかねない
贅沢な悩みが生じたとすら思えるほどのすてきな咲夜さんイラストをアミグリさんは描かれてきたという事になるのだと
思います!

上記の咲夜さんは「初夏の雰囲気」をすてきにイメージされた作品だと思います!
背景の水滴もそうした夏らしさをすてきに演出していると思います。

掲載当時のアミグリさんのコメントとしては
「今年の2月に描いた咲夜さん(注.ゲスト寄稿の咲夜さんの事です・・)と雰囲気を変えてみました。
最初いつもの目で描いてたんですが、少し釣り目にしたらしっくりきました。」との事なのですけど、
なるほど・・!
確かに少し釣り目にしただけで咲夜さんの印象もかなり異なって感じるものですね!
この咲夜さんは、ちょびっとだけやんちゃっぽく見えてとっても可愛いです。
ゲスト寄稿のあの素晴らしき咲夜さんは「魔法少女」らしい雰囲気でナイフ投げが凛々しく大変かっこうよく感じたものでしたが、
この咲夜さんは、普通の人間っぽい感じもありますし、
わがままお嬢様のレミリア様の言動に振り回されながらも健気に頑張っているという雰囲気も伝わっているような感じが
ありますし、そうした感じが「爽やかさ・健気さ・頑張っている感じ」を醸し出しているように感じられますね!

咲夜さんがピースしているのもとっても可愛いです!!

こうした咲夜さんを拝見させて頂くと「咲夜さんもその辺を歩いている外界の普通のJKさんとほとんど変わりがないのかも~、
咲夜さんの正体は案外普通の人間だったりして・・!?」と感じさせる王道的・正統派的な可愛らしさが
溢れていると思います!
逆に言うとそれだけ2016年2月の咲夜さんのミステリアスな魔法少女っぽい雰囲気が際立っていると思いますね!








22568708_convert_20111025135320.png







続きましてアミグリさんが2011年10月に描かれた咲夜さんです!

上記の水滴釣り目の咲夜さんにて「ミステリアスな魔法少女っぽい雰囲気」と記しましたけど、
そうしたミステリアスな咲夜さんは上記の2011年10月に描かれた咲夜さんの方がより強くイメージされているようにも
感じられます。

よく言われる話なのですけど、「咲夜さんはどうして紅魔館のメイド長なんてやっているの・・??」という事に
関しては、まさしく、咲夜さんがレミリア様と出会った事自体が咲夜さんにとっては
「自身の運命を操られてしまった・・」という感じなのだとも思います。
咲夜さんは設定の上では「人間」という事になっていますけど、本当の所はどうなんでしょうかね・・・?
元々の優秀さとかナイフ投げとか時間を操る程度の能力自体、とてもとても普通の人間のレヴェルではないですよね・・・
阿求ちゃんの説では、「元吸血鬼ハンターで、レミリア様に戦いを挑んだものの敗れ、レミリア様から
十六夜咲夜という新しい名前を授けられ、紅魔館のメイドとしての道を選んだ」となっていますけど、
実際はどうなんでしょうか・・?
そうですね・・その答えは「神のみぞ知る・・」という事でもいいと思います。

やはり咲夜さんは少しミステリアスな雰囲気があった方がより素敵なのかもしれないですよね。

そうした咲夜さんのミステリアスな雰囲気を見事に描かれてるのが上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんなのだと
思います!
咲夜さんというと可愛いとエロメイドみたいなイメージもあるのですけど、こうしたミステリアスで正体不明な所もあるのが
実は咲夜さんでもありますので、そうした少し正体不明なんだけど、とにかく強くて美しいみたいな咲夜さんを
イメージされた作品だとも言えると思います。

そしてこの作品は背景がまたまたとても素晴らしいですね!

ちょっとおどろおどろしくていかにも幽霊等が出そうな背景をバックにしての咲夜さんはやっぱり「ミステリアスな美少女」
なのだと思います!
見方によっては紅魔館に(いつものように)コソ泥にやってきた魔理沙に対して
「魔理沙! ちょっと待ちなさいよ!」と呼びかけしているようにも見えたりもしますね~!









hatune-mikusan_convert_20120820091853.png








最後に・・・本日3月9日は「ミクの日」でもありますので、アミグリさんが描かれたボーカロイドキャラの初音ミクも
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

なみにですけど「ボーカロイド」ですけど、これは何かと言うと
ヤマハが開発した歌声合成技術、及びその応用製品の総称というのが模範解答という感じなのでしょうけど、
世間一般としてはボーカロイド=初音ミクというイメージが定着しているほど
ミクのあの機械的高音のインパクトは相当大きいものがあったと思います。

もちろんミクの他にも、巡音ルカ様・リン・りおん・東北ずん子・MEIKOなどすてきなボーカロイドキャラは一杯いるのですけど、
世間の一般的な誤解としては、
ボーカロイドは初音ミクしか存在しないとかミクがボーカロイドの最初のキャラみたいに言われる方も
たまーにいたりもするのですけど、上記の通りミク以外にも素敵なキャラはたくさんたくさんいますので、
是非一度CD等でボーカロイドキャラたちのあの人工的な美しい歌声に耳を傾けて頂ければと思います。
私自身が初めてボーカロイドを耳にした際のキャラは初音ミクでしたけど、
あのイメージ映像の機械的なんだけど華麗な振付とかあの機械的な高音の魅力は素晴らしかったですね!
あれこそがまさに「カルチャーショック」というものだと思いますし、
大変古い話で恐縮なのですが、ああしたサウンドとしてのインパクトは1970年代後半の「YMO」以来だと
思います。
(うーーむ、YMOなんて書くとこのポンコツ管理人の実年齢がバレバレですね・・・汗・・!!)

ちなみにですけど、ボーカロイド関連曲で私が特に大好きな曲の一つが「ハッピーシンセサイザ」です!
というか・・「ハッピーシンセサイザ」はボーカロイド曲の中でも不朽の名作という位置づけは既に定着していると
思いますし、あの曲を聴くだけで文字通り心ウキウキととってもハッピーになれる曲だと思いますので、
この曲を聴いた事が無い方は是非一度聴いてみる事をお勧めさせて頂きたいと思います。
この曲を歌っているのは巡音ルカ様とGUMIちゃんです!

ハッピーシンセサイザ 君の 胸の奥まで
届くようなメロディ 奏でるよ
つまらない「たてまえ」や ヤな事全部
消してあげるから この音で

このあたりの歌詞も素晴らしいですね~!!

話がそれました・・今日はルカ様の日ではなくてミクの日でしたね・・(汗・・)

さてさて上記のとっても可愛い初音ミクは、アミグリさんが2012年8月に描かれた作品です。

そして上記のミクは2012年3月9日の「ミクの日」に描かれたミクを五か月後にリメイクされた作品でもあります!

ミクと言うと・・・
青緑色の髪、ツインテール・ヘッドセット・ノースリーブの上着にネクタイ・
ミニスカートにローヒールのサイハイのブーツが特徴だと思いますが、
アミグリさんが描かれたミクは、まさにそうした特徴を見事に捉えられたとっても可愛いミクだと思うのですけど、
やはりそこには「アミグリワールド」が見え隠れしておりまして、
他の絵師様に比べて更に長めのツインテールの描き方とか
またこのミクが描かれた2012年というのは、アミグリさんにとっては「淡い色彩の時代」と重なっている点もあるのですけど、
はっきりとメリハリをつけたミクではなくて
あえて淡い色彩感覚で仕上げられていて、その淡さが素敵なファンタジー感を生み出しているとも私には
感じられたりもします。
今現在のアミグリさんの作風は2012年の頃の「淡い色彩感覚」を更に前進・進化されたキラキラ感みたいなものも
感じたりもするのですけど、
「温故知新」じゃないですけど、こうした昔の作品も素晴らしいものがあると思いますし、
最近の作品に目を奪われた感覚で改めてこうした初期の作品を見てみると、改めて新鮮な視線で見る事も出来ますので、
そうした昔の作品・今現在の作品もどちらも「新鮮な感覚」で見ることが出来る
アミグリさんの作品はやはり素晴らしいものがあると改めて感じたものでした!

上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんと初音ミクのすてきなイラストは
その絵の権利はこれらの作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

3月は怒涛の「東方記念日」ラッシュでして、当ブログもサニーミルクの日・東方雛祭り・みょんの日・東方巫女の日、
早苗さんの日、そして本日の咲夜さんの日と続きましたけど、
ここから先もさとり様の日が続き、そして何よりも
アミグリさんのブログ「dream fantasy 」の開設10周年や
「3月24日はアミグリさんのお誕生日です!」等この先もイベント続出ですので、
どうかこの先も当ブログとアミグリさんのブログ「 dream fantasy 」も何卒宜しくお願いいたします!!
スポンサーサイト



3月に入って南関東の陽気は一変しましたね~!

2月までは幻想郷の寒気を操る程度の能力のレティさんが外界にまで進出し大暴れしているような感すらあったのに、
3月に入った途端にそれまでのあの異常な寒さが嘘のように暖かい日々が続くようになり、
春一番が吹いたり、南風が入り込んだおかげで4月上旬頃のような気温が18~20度を超えるような陽気の日があったり、
最近のこの南関東の暖かい陽気には一息ついているという感じでもあります。

暖かいといってもまだ3月上旬ですので、寒い日と暖かい日が三寒四温状態で交錯する感じがしばらく続いたら、
関東でも桜の開花宣言がでるようになり、そしてやっと念願の春到来!という感じになっていきそうですね~!







繝ェ繝ェ繝シ_convert_20180302092212






2月末の記事でも散々愚痴っていたように(汗・・)
2月の当ブログが本来的に基本方針とさせて頂いていた「一日2記事更新」というものをあんまり実行できなかったのは
本来やっていた早朝に早起きして更新記事を書くという事が、12~2月のあのあまりに寒い日々のために
それが出来なかったために、早朝起きれない→更新記事が書けていない→予約ストック記事の減少の一途という事で
結果として2月は「一日1記事に留まった事が大変多かったです。

昨年は春~秋頃は予約ストック記事が常に25前後はキープしてあったのですけど、
2月の一番酷い時で予約ストック記事が10を割り込み一桁にまで落ち込む事態にまでなってしまい、さすがに
「あれれ・・これってそろそろやばいじゃん・・このペースが続くと皆勤賞達成も今年も夢で終わってしまいそう・・」と
多少危機感があったのですけど、
「寒いものは仕方ないじゃん! 朝起きれないのだからしょうがないじゃん・・」と思っていましたし、
「春が到来して多少暖かくなればこれまでの失地回復できるかな・・?」と考えていました。

上記で書いた通り3月に入ったと同時にこんなにも暖かい陽気が続くとは正直予想外でもあったのですけど、
これは嬉しい誤算でもありました。
暖かい日が続き明け方も2月に比べたら「手が凍り付くような冷たさ」も大分軽減され、
結果的に早起き→早朝に予約記事がスイスイと書ける→予約ストック記事数のV字回復という事になり、
おかげさまで3月に入って一週間程度で予約記事ストックが元の状態にまで回復できました~!

やはり私って本当に「寒さ」に弱いのですよね・・(汗・・)

換言すると「暖かい」という事だけでも人間にとってはモチベーションの回復という事にも劇的に繋がるものなのですね~!

やはり「暖かい」とか「春到来」という感覚は、人にとっては「やる気UP」とか「気力の回復」という事にもなるものだし、
気温と人間の行動には多少は因果関係はあると言えるのかもしれないですね。

幻想郷の皆様にとっても春告精のリリーホワイトが満面の笑顔で「春ですよー」と春を告げにやって来て、
リリーが通りかかったと同時にまるで花咲じいさんのように桜等のお花が一斉にパーーッと咲き出すと
「春がやっと到来したね・・」といった感慨深い気持ちになって
気持ちか前向きになっていくのかもしれないですね~(笑)

3月2日に当ブログでは「3月2日はサニーミルクの日」と言う事で光の三妖精の一角のサニーミルクの事を
記させて頂きましたけど、
サニーミルクは幻想郷内にたくさん溢れかえっている妖精の中では、チルノ・大妖精と並んで「強い部類」に
位置づけされており、
「東方三月精」において光の三妖精たちが霊夢の博麗神社の境内内の大木に移住をしてきた際に
幻想郷最大の賢者であり最強の妖怪でもあるゆかりん=八雲紫様より
「あなたたちの力がどの程度あるのか見極めさせて頂きます」と適性試験(?)みたいなバトルを仕掛けられた際にも
他の二人はゆかりんの光弾に為す術もなく一撃でやられてしまいますけど、
サニーミルクだけは一応はあのゆかりんの光弾を一度は撃退している事から分かるように
妖精の中ではチルノと同じようなある一定の力の強さは持っているものと思われます。
そうしたサニーミルクをもってしても
「春が到来した際のリリーホワイトだけは絶対に手を出さない方がいい! 春を告げにやってきた時のリリーホワイトの
強さは別格」と言わせしめている点からも分かるように、
春を告げにやってきた時のリリーホワイトは使命感に燃えていて一種の興奮状態になっていて、
サニーミルクみたいにちょっかいを出してくるポンコツ妖精ごときは簡単に撃退できるような「強さ」は持っていると
言えるのかもしれないですね!

リリーホワイトというとちびっこくてめちゃくちゃかわいい!という印象が大変強いのですけど、
一年を通して春到来の時だけは「別人になる」という事なのかもしれないですし、こうしたいつもは昼行燈だけど
「やる時はやる!」とか「自分の使命を果たす時だけは使命感に燃える!」というリリーホワイトは
サニーミルクみたいなポンコツ妖精とはちょっと存在意義が違うと言えるのかもしれないですね。

ちなみにリリーホワイトにつきましては当ブログでも改めて3月11日の記事でも触れさせて頂き、
dream fantasy」のすてきな管理人様の
アミグリさんの描かれたかわいいリリーも登場してきます!

最後に・・アミグリさんというと当ブログにおいては、来週と再来週においては下記のお祝い節目記事を掲載
させて頂きたいと思います!


1.3月17日のアミグリさんのブログ「dream fantasy」の開設10周年記念記事

2.3月24日のアミグリさんのお誕生日


当該記事が掲載の際には、是非ぜひ皆様からの「アミグリさん、おめでとう!」のコメントやお祝いイラスト等を
頂く事が出来れば幸いです!
何卒宜しくお願いいたします!

 | BLOG TOP |