FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日より3月に入りました!

暦の上ではリリーホワイトの「春ですよー」の季節でもありますので、2月の仕事の上でもブログ管理の上でも
ちょっと不調であったモヤモヤしているものをこの3月ですっきりと吹っ切る事が出来ればいいなぁ・・と
思っております。
そして春は昔から「春眠暁を覚えず」の言葉ではないですけど、「ちょっと睡眠不足なのかな・・?」と感じてしまう季節でも
実はあったりします。
先月・・2月なのですけど、仕事面は結構忙しくて、何か知らないですけど寒い中ドタバタと外を駆けずり回っていたと
思います。
そして意外と忙しかったという事もありますし、上記の「春眠暁を覚えず」ではないのですけど、疲れが溜まってしまい
昼間に睡魔が襲ってきた事も実はあったりもします・・(汗・・)

そんな訳で、仕事中の午後に疲れがたまってくると、スーパー等の駐車場で、車内で昼寝をすることも実はあったりもします。
昼寝といってもせいぜい10~20分程度なのですけど、これが実に効果的だと思います!
ほんの短時間でも昼寝をするだけで、全身の疲れがかなり取れ全体的にリフレッシュ出来ているようにも感じられます。
「忙しいから」とか「そんなヒマあったら次の顧客の所に行かないとやばいじゃん」とかなんとか言って
ボーっとした頭のまま仕事をするよりは、短時間でも休んだ方がかえって効果があると言えるのかもしれないです。

実際、学校とか企業においても、こうした「短時間昼寝」を奨励しているところもあるようですし、
こうしたほんのちょっとの「昼の休息」が午後の活動をより潤滑するのには効果があると言えるのかもしれないですね。
そうした意味では、昼寝は決してサボリではないですし、立派な昼休みの時間帯の中のリフレッシュタイムだと思いますし、
午後の授業や仕事をする上でのすてきなステップと言っても過言ではないと思います。

私の経験上、短時間の昼寝と言うのは、10~20分程度というか、15分程度が一番適度で理想的にも感じられます。
たまにですけど、ちょっとの昼寝のつもりが車内で1時間程度も爆睡する事があり、
こういう時って「疲れが取れた」というよりはむしろ逆に「疲労が蓄積してしまった」みたいな感じがあったりもします。
短時間でパッと寝て短時間で次の活動に移った方がむしろ効果的だと思います!
昼寝で1時間近くも爆睡してしまうと、夜寝るときに案外寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めたりすることもあると思いますし、
そうした意味においては、睡眠というものは昼寝も含めて寝溜めも睡眠の貯金も出来ないという事なのかも
しれないですね。

私が20代前半~中盤の頃に山梨で地方銀行の営業をしていた頃、山梨の高齢者は、
人間関係が出来てくるとかなり優しい人達ばかりですので、
「そんな疲れた顔しているんじゃダメづら・・・少し寝ていけし」
(標準語⇒そんな疲れた顔していたらダメだから、少し寝ていきなさい)と言ってくれる人も結構いたものです。
ある時、連日のノルマ地獄のための深夜残業で体がヘロヘロになっている時、とある優しいおばあちゃんから、
「一時間ほど布団しいてあげるから寝ていきなさい」と言われ、ついついご厚意に甘えてしまいました。

しかし、気が付いたら既に夕方はとっくに過ぎ、PM19:00頃でした!! (汗・・)

「ぎょへーー、何で起こしてくれなかったのですか!!」と尋ねても

「あまり気持ちよく寝ていたので、起こすのが可哀想で」との事でした(滝汗・・!)
(ま、ありがたい話ですけどね・・・)

慌てて、支店に戻ったのがPM19:45頃・・・

だけど支店内の営業室には、支店長と営業課長しかいなくて、他の営業さんはまだ外回りの最中でした。
「おまえさー、今日の結果はどうなんだよぉー!」と聞かれても
まさか「寝てました」とは言えないので、「いやまだ、その・・」とかなんとか誤魔化していると、
「バカモン!! 他の先輩たちはまだ外を廻っているぞ、お前も取れるまで帰ってくんじゃねー」とか言われて
再度出かける羽目になりました(泣)

「取れるまで帰ってくるな!」なんてバブル時代の金融機関らしい話ですよねぇ・・







c3cf52d5-s_convert_20161006151337.jpg








うーーむ、私も昼寝でもなんでもいいから「響け! ユーフォニアム」の麗奈に寄りそり合いたいです!! (笑・・)
または東方の「居眠り巫女」とも陰口を叩かれる博麗神社の縁側で日向ぼっこをしながらウトウトと昼寝をしている
霊夢の寝顔を見つめてみたいものですね~!

このブログでも既に何度か書いた事はあると思うのですけど、
私自身は大変「寝つき」がよく、
一度布団に入ったら、大体1~2分後には既に爆睡状態に入ってしまい、そのまんま翌朝、目覚ましが鳴るまでは
余程の事がない限りは目覚めないというタイプであり、
幸いな事に「不眠症」とか「寝つきが悪い」とか「慢性的な睡眠不足」というタイプでは少なくともないようです・・・
枕を変えてもどこでも寝られちゃうというのか、公園のベンチでも芝生の上でも電車の中でも車の中でも
基本的にはいつでもどんな場所でも「昼寝」が出来ちゃうタイプでもあったりはします・・・(笑)

こういう特性は得だと思います!

だって、上記で書いた通り「15分程度の昼寝は効果的」なんですけど、眠りの世界に入るまでの間に10分程度も
掛かってしまうのでは、「15分」と事前に決めておいた昼寝時間をうまく効果的に使えない事もあったりしますから、
こういうどこでも寝れちゃってどこでも瞬時に寝れちゃうのは、
「昼寝」はうってつけだと思いますよね!

上記でも触れましたけど、短時間の昼寝は効果的だけど、度を超えた昼寝はかえって逆効果であり、
同時に寝溜めは金銭の貯金のように目に見える形でわかる訳でもありませんし、それよりも寝溜めは蓄積できるものでは
ありませんし、昼寝を2時間したから夜の睡眠を2時間減らせるというものでは無いのだと思います。

以前ラジオの番組で「寝溜め」という事は医学上出来るものではないし、
不規則な睡眠時間はかえって体のリズムを壊すとか言っていましたけど、それは「その通り!」という事なのだと思います。
普段よりも多く眠った分は貯金としてはたまりませんが、寝不足の分は借金として増え続けることになります。
平日に慢性的な睡眠不足になっている人は、休日は少し長めに眠って、借金みたいな形としての睡眠不足を
多少補う事は多少は効果はあると思います。
だけど、その場合も普段よりも1時間程度寝坊する事は効果はあるにしても、
普段よりも2~3時間も長く眠ると逆効果となる可能性もあると思います。
それが体内に存在すると言われている体内時計のリズムなのかもしれないですけど、
体内時計を狂わせないためにも、お休みの日の睡眠時間は普段よりも1時間長くする事に留めておいた方が
無難なのかもしれないですね。

人によっては「そんなたかだか1時間長く眠ったくらいじゃ睡眠不足の解消にならないじゃん!」という人も
多いかとは思うのですけど、その場合は、「昼寝」を上手に有効活用すべきなのかもしれないですね。
上記で書いた通り、昼間に15~20分程度の昼寝の時間を設けるこで夜の睡眠にはほとんど
影響はないんじゃないのかな・・?とも思ったりもします。
余談ですけど、私がモデルハウスの住宅営業をしていた頃、正直、このお仕事は土日が勝負の時であり、
平日の昼間はそんなに忙しい訳ではない事の方が多かったです・・(汗・・)
当時、のんびりとしたマイペースの所長時代、その所長は平日の昼間ですと、
自分の机の上とかモデルハウス内のウッドデッキの上に置かれているビーチチェアで昼寝をされている光景が
よく目撃されていて(笑・・)
本人も、「いやー、最近、夜あんまり寝られないんだよねぇ・・」と口癖のように言っていましたけど、
社員は皆一様に「おいおい、昼間あんだけ寝てりゃー、夜寝られないのは当たり前じゃん!」みたいな
事をよく陰で言っていましたね・・・(笑・・)
その所長は「午前中であれば20分程度の仮眠を2回取ったり80分程度の睡眠をとっても、
夜の睡眠にはそれほど大きな影響を与えない」とよく言っていましたけど、
当時の私達社員はみな一様に「おまえが言うなー!」と心の中で呟いていたものです・・

話がそれてしまいました・・

睡眠の最大の目的は「脳」を休ませることでもあります!

むやみに睡眠時間を増やしたからといって、脳が十分休息できるわけではありません。

その意味においては、睡眠は基本的に量より質が大切だとも思います。

人は朝起きて、日光を浴びることで目や体を覚醒させます。日光を浴びるとセロトニンというホルモンが出て、
体が「これから活動するぞ!」という状態になります。
その目覚めの際に、セロトニンと入れ替わるよう分泌がストップするのがメラトニンというホルモンです。
メラトニンは夜間多く分泌され睡眠ホルモンとも呼ばれます。
メラトニンの分泌が止まったおよそ14~16時間後に、再び眠気が起こる仕組みとも言えますし、これが上記で
ちらっと記した「体内時計」とも言えると思います。

だけど「寝溜め」によってその体内時計のリズムが崩れたらどうなるでしょうか・・?

ホルモン分泌は自分の意思ではコントロールできません。
起きる時間が遅くなればなるほど必然的に眠りにつく時間も遅くなります。

それゆえ長時間の寝溜めは睡眠の質を下げてしまう結果になるのだと思います。

それゆえ、寝溜めは「睡眠時間」という「量」を確保は出来ていても「質の確保」までは出来ないから、
出来るだけ休みのであっても普段通りのリズムをキープし、不足している分はあくまで適切な時間の昼寝として
補うべきなのかもしれないですね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |