FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の日本の国技の「大相撲」は日馬富士の暴行問題とか突然の引退とか
貴乃花親方と日本相撲協会との確執報道とかバトルとかなんだか本筋から離れた過激な報道ばかり目立っていて、
ああいうのって大相撲ファンの皆様の視点では
「そんなのどうでもいいじゃん・・」という感じで呆れるを通り越して嘆かれるものが多いのかもしれないですね。
別に貴乃花親方の肩を持つ訳でもないのですけど、
「自分の愛弟子は自分がちゃんと守る」という信念を最初から貫かれている姿勢は立派だと思いますし、
どうして貴乃花親方が協会から処分やペナルティーを科せられるのかよくわからないし意味不明・・という感じもあると思います。
(確かに、巡業部長としては報告の義務を欠いていたのは問題はあるかもしれないけど、そこで報告しちゃうと
協会によってうやむやに握りつぶされてしまうという懸念があったというのは何となく理解はできますね・・)

とにかく最近のそうしたスキャンダラスな話題ではなくて、日本が世界に誇りうるべき「国技」としての「相撲」が
早く正常な状態に戻り、純粋に相撲道とか競技としての技のぶつかり合いとしての相撲を楽しめるような日が
一刻も早く到来することを切に願っております。

大相撲というとほんの少しだけご縁があったりもします。

このブログでは何度か語っている通り、私自身は大学時代も性懲りもなく「吹奏楽団」活動ばかりしていましたけど、
大学の吹奏楽団の練習場が都内の「両国」にあり、
両国と言うと、ご存知の通り「両国国技館」が立地している所でもあり、
その練習場に通う際に何度も何度もお相撲さんに出会ったりもしています。
午前中から昼前後に見かけるのは、序二段・三段目・幕下等のいわば下っ端さんなのですけど、
午後2時過ぎ以降ですと、運が良ければ
「あれれ・・・この人どっかで見た事ある!!」みたいな感じの人にバッタリすれ違う事も何度かありました!!
その中では・・・
寺尾・逆鉾・大徹・多賀竜、そして何よりも・・・大乃国が大変印象的でした!!
今はどうかわかりませんけど、
当時のお相撲さんって、結構普通に総武線に乗って両国まで来る方もいましたし、
そうやって駅から普通に国技館まで歩いてくるようなお相撲さんも多かったと思います。
今現在はどうかは分かりませんけど、当時、両国には相撲部屋も結構あったようでして
関取の姿は、両国という場所の中では「ありふれた光景」だったのかもしれないですね。

私が大学1年の頃は、実はまだ両国の国技館は建設の途中でありまして
あの頃の本場所は蔵前で行われていたと思います。
蔵前で開催された最後の場所は、当時の大横綱の千代の富士の優勝で幕を閉じたというのではなくて、
まさかまさかの大番狂わせの多賀竜という平幕優勝で幕を閉じていたと思います。
その蔵前開催の文字通りの「千秋楽」において、最後の表彰式でなぜか当時の関取さん全員が
土俵上で「ペンライト」を振って
「ありがとう蔵前!! そして・・・ようこそ!! 両国」とか何とか言っていたのが大変印象的でした・・・(笑・・)

千代の富士とか若島津などがなんだか照れくさそうにペンライトを振っていたと思うのですけど、
なぜか朝潮だけは一人嬉しそうにニコニコしてペンライトを振っていたのは、「この人らしいよなぁ」と当時感じていたものでした。

私、意外に思われるのかもしれないですけど(汗・・)、大相撲は昔から好きでして、
もちろん大相撲には美少女やかわいい女の子は存在するわけはないのですけど(汗・・)
ぶーちゃんみたいな肥満体の関取はそれほど好きではないのですが、いかにも鍛え上げられたみたいな筋肉隆々の健康美を
誇っている筋肉体質の関取は「かっこいいよなぁ~!」と思ってしまいますね! (笑)
前述したとおり、母校のキャンパスから近く、母校の吹奏楽団の練習場が両国にあったこともありますけど、
1月・5月・9月の両国で開催された大相撲の本場所は何度か観戦させて頂いたこともあります。
もちろん升席とか前のほうの席なんて貧乏学生には購入できる訳もありませんので、当日券としての最後部席近辺の
一番安い席を購入し、午前中から開催されている三段目とか幕下をポ~っと見ているのも大好きでした!
館内が混みだすのは十両以降ですので、幕下の取り組みなんて閑古鳥が鳴いているような閑散とした雰囲気ですけど、
中には「このお相撲さん、意外と将来性があるのかも・・?」みたいなキラリ!と光る力士も素人的にもなんとなくわかるような
方もいたものでした。
その中の一人がのちにプロレスに転向された維新力でもありました・・(笑)

美少女好きの私がどうして相撲なんて・・?と思われる方もいるかとは思うのですけど(汗・・)
当時私が結構大好きで御贔屓にしていた関取がいて、それが「大徹」でした!
大徹は実はそんなに強くなくて、最高位は小結ひと場所のみです・・(泣・・)
だけどあの筋肉隆々の鍛え上げられた体格もよかったのですし、ひときわ目立つ長身もすてきでしたし、
まるで江戸時代の浮世絵から抜け出してきたかのようなあの独特なレトロな美男子ぶりがとても美しかったです!
極端に太く長い揉み上げもいい味を出されていました!
長身を活かしての吊り寄りで攻める型を確立していて右上手を取るとめちゃくちゃ強かったのですけど、
琴風とか小錦みたいな豪快な押し相撲の力士にはからっきしダメで全く歯が立たず、毎回吹っ飛ばされていたのが
大変印象的です。
だけど右上手を取った時の安定感だけは抜群で、大徹の取り組み時に大徹が右上手を取ると
「よーし! 今日の勝ちはもらったぁー!」みたいな妙な安心感もあったりしたものでした。
そして大徹のすてきなところは、相手から寄り切られて土俵を割る直前のあのいかにも泣き出しそうな表情で
ぐぐっとこらえている表情がとてもすてきだったのは今でも忘れられないですね~! (笑・・)

大徹を語るうえで外せないエピソードは、大徹はなんと・・!
一度だけあの昭和の大横綱の千代の富士を破り大金星を挙げています!
あれは当時の私もびっくり仰天でしたね~・・! だっていつものように千代の富士に土俵間際まで追い詰められて
「また今回も負けか・・」と誰もが思った瞬間になぜか千代の富士が体をふっと緩めたのかどうかはわからないのですけど、
唐突に大徹と千代の富士の体の位置が入れ替わり、結果的にうっちゃりという形で大徹が勝ってしまいました・・!
あれは当時の千代の富士も「いったい何が起きたんだ・・?」みたいなボー然とした表情をされていたのは
私もよく覚えています!
(大徹はインタビューでも茫然自失みたいな「信じられない・・」といった表情をしていたのも大変印象的です!)
取り組み前に二所ノ関親方から「勝ったら100万円やる」と言われていて
「お前が負けたらお前が1万円払い、お前が勝ったら100万やるという賭けにのらないか・・?」と言われていたものの
大徹は「勝てるはずが無いからいいです」と断ったというエピソードがあるそうです。
大徹がまぐれで(?)勝った際に、親方に「半分でいいから下さい」と言って、二所ノ関親方から怒られたという後日談も
あるそうです・・






すもー



すもう







蔵前から両国に国技館が移ったのは1985年だったと思うのですけど、
丁度その頃、テクノスジャパンという所から「出世大相撲」というゲームもゲーセンに登場していました。
これって結構面白いのですよ~!!
枯れたギャグの一つだと思うのですけど、とある力士の所属部屋が「徹子の部屋」であったりとか
「二人の部屋」であったりとか「子供部屋」とか「屋根裏部屋」とか「カビの生えたギャグ」があったりもしたものでした。
結構本格的な要素もあり、ちゃんと行司がいて「待ったなし!!」とか言っていましたし、
勝負がきわどいと、「物言い」になる事もありましたし、その結果取り直しになる事もありましたし、
中には、土俵間際のうっちゃり等で相手力士を審判員まで吹っ飛ばしてしまい、審判員が下敷きになるケースも
あったりしましたね・・・・(笑)
そうそう、呼出なんてのもちゃんといましたし、
横綱土俵入りというのもありましたし、その際には、太刀持ち・露払いの役割の力士もいましたし、
面白かったのは、観客として当時、プロレスでお馴染みのタイガー・ジェット・シンもちゃっかり混ざっていました・・・・(笑)
表彰式とか弓取り式もちゃんと行われていましたし、優勝すると座布団が舞っていました!!
ちなみにですけど、このゲームを開始する際に100円をゲーム機に投入すると「ごっつぁんです!」という声まで入ります!
プレイヤーのしこ名は自分でつけられるのですけど、当時大好きだった吹奏楽団の女の子の名前をつけちゃうなんて
本当に失礼な話ですよね・・(滝汗・・)

基本的には、ゲームの上ではひと場所について初日・中日・千秋楽という三番の取り組みしか行われません。
三番のうち2番勝つといわゆる「出世」というか番付が上がっていきます。
2番以上負けてしまうとゲームオーバーですし、横綱に昇進すると一敗でもしちゃうと、ゲームオーバーです。
うーーん、なんて相撲の世界は厳しいんだ!!
ゲーム自体は幕下から開始され、十両→前頭5→前頭4→前頭3→前頭2→前頭1→小結→関脇→大関
そして最後はついに横綱と、勝負に勝っていけばどんどん昇進していきます。

操作自体はシンブルで、十字キーと二つのボタンで操作するのですけど
組合せによっては上手投げとかうっちゃりとかつり出しとか色々と出来ます。
面白いのは、相手に何度か技をかけたり、相手の猛攻をしのいだりしていると「気合い」という表示が出て、
この「気合」という表示をゲットすると立ち合いの際に相手を吹っ飛ばしたり
張り手の打ち合いの際に強烈な一撃を食らわしたりすることが出来たりもします。
この「気合」マークは確か30個まで貯められるのですけど、結局は横綱戦でほとんど否応なしに使わせられてしまいます。

相手力士ですけど
横綱のふたば山は・・・そう・・間違いなくあの双葉山の事だと思いますが無茶苦茶強いです・・!!
気合いマーク使用しないと絶対に勝てないと思います!!
大関のくまの洋は、あの雰囲気は高見山なのかな・・・?
関脇のおおくには間違いなく大乃国なのでしょうね・・・(笑)

幕下の対戦相手のよわの里は本当にめちゃくちゃ弱いです・・(汗・・)
十両のにげの谷は本当に逃げてばかりで、最後はうっちゃられたり肩すかしを食らわしてきますので結構しぶといです・・・
このにげの谷は、眼鏡をかけており、上手投げ等で吹っ飛ばすと、
お約束通り眼鏡が外れる演出がされています・・・
前頭のとうほく部屋の「おしん花」は、あれはどうみても「隆の里」ですよね・・

そしてそして、意外とてこずるのは前頭4枚目の「にたり川」でした!
この人はずるがしこい!!
立ち合いは大抵の場合肩すかしをしてきますし、組んでも押してもどんどんいなしてくるし、
そして最後はうっちゃられるか肩すかしで土俵の外に出されてしまいます。
このにたり川はいつもいつもニヤニヤ笑っていて
勝ったりすると「一つ目」みたいな目になって更にニカ―――ッと不気味な笑顔を見せてくれています。

この時代、携帯ケームなんてある訳ないし、PSPもDSもWiiも何も無い時代で、
まだ「スーパーマリオ」が流行る前の時代でしたし、ゲームをしようと思ったら
「ゲーセン」に行くしか無い時代でしたけど、こうしたレトロな時代の大変レトロなゲームは今にして思うととても懐かしいですね!
そしてこの大変レトロなゲームが実は現在に蘇り、
2015年1月には、PlayStation 4のアーケードアーカイブスシリーズの一環として配信されてもいます。

最後に出世大相撲のゲームオーバーの番付に記載される画面において、何人かの力士の名前がクレジットされていますが、
その中に上記の「大徹」の名前も登場しているのは私としてもとてもうれしいものがあります! (笑)
スポンサーサイト



珍しく(?)ベリーベリーショート記事です!

実はなのですけど、12月25日(月)は、当ブログの開設以来実に通算「4000記事到達の記念日」です!

一般的にブログを開設されても大半の方は半年から一年程度で挫折するパターンが多いと思いますし、
なんとなくですけど、FC2内でも、週に1回程度、月に3回以上の更新をされている方って全体の2割もいないような気もします。
感覚としては皆さま平均して「年間80~100記事」というのが定期的にブログを更新され続けている方のアベレージでは
ないのかなと思うのですけど、
そうした中、「質より量」を開設当初からの基本方針とさせて頂いている当ブログは、年間100記事でも4000記事書くのに
40年以上かかってしまう現実の中、開設から5年4ヵ月程度で4000記事に到達してしまうのは
「一つの偉業ではないのかな・・?」と珍しく(?)自画自賛しております・・(汗・・)

当日は一つの節目でもありますしお祝い記事でもありますので、実は既に当ブログの大切なブロとも様の
dream fantasy のアミグリさんには既に
当日の「記念のお祝いイラスト」をリクエストさせて頂き、実は既に完成されています。
そして当日は、そのアミグリさんが描かれたお祝いイラストでもって、ささやかではありますが、
「自分、よくやったよくやった・・エライ!」みたいな自画自賛お祝い記事を書かせて頂きたいと思っております・・(汗・・)

当日は、もしも宜しければの話ですけど、皆様からの「お祝いメッセージ」でも頂戴できれば、とっても嬉しいな・・と
思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
私、自分で言うのもなんですけど、結構他のブログの皆様にも積極的にコメント発信をさせて頂いているほうだとは
思っているのですが、逆にそうした発信先からコメント・メッセージを頂けることは常連様以外は、きわめて少ない傾向に
あるものですので(汗・・)
そうしたシャイな皆様からもたま~にはぜひ当ブログにも12月25日の当日に温かいお祝いコメントでも
頂ければとっても嬉しいです!

 | BLOG TOP |