FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ここ最近は行く機会がめっきり減ってしまいましたけど「ミスタードーナッツ」は古くから存在している大変馴染みのある
ファーストフード店の一つだと思いますし、
エンゼルクリーム・カスタードクリーム・ストロベリーリング・エンゼルフレンチ・バタークランチ、ポン・デ・リングなどは
とても美味しくて慣れ親しんだ味だと思います。
それでいて価格も一個100円程度のものが多く、味も価格も申し分ないというのか、早い話が安心できるお店なのだと
思います。
ミスタードーナッツは日本においてはかなり早い時期から馴染みがあり、実はそれもそのはずでして、
1971年に日本での事業展開を開始しており、ケンタッキーフライドチキン・マクドナルド・ロッテリア・ドムドムバーガーなどと同じく
日本で最も早い時期に始められたフード系フランチャイズであると言えると思います。

これよくネタにされる話なのですけど、日本における「ハンバーガーショップ」の第一号店は、
実はマクドナルドでもロッテリアではありませんし、
もちろん、ファーストキッチンでもありませんし、かつて森永が展開していた「ラブ」でもありません・・(笑)
実はなのですけど、ダイエー傘下の「ドムドムハンバーガー」が1970年2月に都内の町田市にダイエー店内に
出店したのが日本で初めてのハンバーガー店なのです!!

ドムドムハンバーガーこそが実は日本のファーストフードの元祖と言えるのかもしれないですね!

近い将来に「ダイエー」という名前も完全に消滅すると思います。
私の住んでいる所の生活圏において以前はダイエーの店舗が3店舗あったのですけど、現況は1つが閉鎖、
あと二つは「グルメシティ」という名前に名称が変わっています。
以前は飛ぶ鳥も落とす日の出の勢いだったダイエーグルーブも今では見る影もなく落ちぶれ、
21世紀の初めにダイエーグループが経営危機に陥りあのような状況になって以降は、ダイエーが元々母体であった
このドムドムハンバーガーも縮小の一途を辿るばかりですね。
つい最近までのドムドムハンバーガーは、イオングループのダイエーの完全子会社であるオレンジフードコートが
事業の権利を有していましたけど、今年の7月1日付で、オレンジフードコートからドムドムフードサービスへと事業主体が変わり
ダイエーグループは、47年間続けてきたドムドムハンバーガー事業から完全撤退したという経緯もあります。
そして今年の9月30日には新たなロゴマークと制服と新メニューを発表し、新しいスタートを切ろうとしています。

ドムドムバーガーはそうした栄枯盛衰を味わいましたし、マクドナルドも最近では相当業績も回復しているようですけど、
つい最近までは例のあの様々な不祥事の後遺症に悩まされていたようですけど、そうした中、
このミスタードーナッツは確かに過去には色々と不祥事もあったようですけど、それでも店舗数の極端な縮小や
大規模リストラを行わない程度に業績は安定しているみたいな印象もありますし、私としては
「古くからあるファーストフードなのに昔も今も変わらずに頑張っている」といったプラスの印象もあったりします。

最初にミスタードーナッツの店舗に入った際の印象はどちらかというと、
「アメリカンなお店」とか「どちらかというと高級店を意識させたような雰囲気」という感じもあり、
メニュー自体の安さと美味しさとは微妙に乖離したような感じもなくはなかったと思うのですけど、
所ジョージをCMのメインキャラとして登用して以降は、どちらかというと「親しみやすい」とか「入りやすい」というイメージに
変わっていったような印象もあります。
そして一番驚いたのは、ミスタードーナッツというと当然「ドーナッツ」というイメージが強いのですけど、平成以降のメニューは
飲茶とか麺類等のメニューが増えていき、ドリンク系のメニューも多彩さが目立つようになり、
「ミスタードーナッツは単なるドーナッツだけを販売するだけのお店ではなくて、スイーツのほかにランチも扱えるようなお店」に
変化していったのもそれはミスタードーナッツという企業としてのすてきな進化と言えるのかもしれないですね。

とにかくミスタードーナッツは今後も永続してほしいですし、あのとってもおいしいドーナッッの味だけは今後も
受け継がれていってほしいものです!

さてさて、以前ですとこうしたファストフード店とプリキュアのコラボと言うとマクドナルドのハッピーセットというイメージが
ありましたけど、こうやってミスタードーナッッも展開しているものなのですね!
ミスタードーナツは、先月・・11月15日より「キッズセット」として「キラキラ☆プリキュアアラモード ミニポーチ」を
発売していました!

この「キッズセット」は、ドーナツ二個・ドリンク・プリキュアグッズをセットにしたメニューでして価格は税込390円と
なっていました。
価格的にはクーポン券が無い場合のマクドナルドよりは60円程度安いものとなっています。
マクドナルドのプリキュアグッズというのかプリキュア玩具はカードを除くと、本当にしょぼいものが多く(汗・・)
さすがに最近では私すらも「ちょっとあれはね・・」という感じになっているのですけど(汗・・)
その点ミスタードーナッッのプリキュアグッズは、結構作りがしっかりしている「ミニポーチ」ですので、
そうですねぇ・・少なくともマクドナルドのあのしょぼいハッピーセットよりは全然レヴェルは高いと思います!
普通にドーナッツ2個とドリンクをオーダーしても300円程度はしますので、390円という価格は税込みということを考慮すると
むしろ妥当のようにも感じられます。












「キラキラ☆プリキュアアラモード ミニポーチ」はミニサイズのポーチで、キュアパルフェ・キュアホイップの2種類です。
イラストは描き下ろしでミスタードーナツオリジナルです。
パルフェ仕様は、パルフェ・ジェラート・ショコラの3人で、ホイップ仕様は、ホイップ・カスタード・マカロンの3人です。

どちらを選ぼうか少し迷いましたけど、やはりホイップとマカロンがいる仕様の方を選んでしまいますよね・・(笑)

改めてですけど、このいちかちゃん=キュアホイップのうさ耳はとてもかわいいですし、
このキュアゆかりん・・じゃない! ゆかり=キュアマカロンは、紫色系という事もありますし年長者ということもあるのですけど、
私的には東方のあの私が愛してやまないゆかりん=八雲紫様をついつい連想してしまいますね・・! (笑)






008_convert_20171201130750.jpg





ドリンクの紙コップもプリキュア仕様というのはなかなか細かい気配りがあり、とても素晴らしいですね!

紙コップのデザインがショコラとマカロンという年長者の高校生組というのもなんだか面白いです。
(中学生組のデザインとかパルフェのデザインの紙コップもあるのかな・・?)






010_convert_20171201130835.jpg



011_convert_20171201130859.jpg





今回チョイスしたドーナッツは、エンゼルクリームとストロベリーリングです!

久しぶりに食べましたけど、懐かしくもあり変わらず「美味しいよなぁ・・!」と感じさせてくれるいつものすてきな味でした!

ミスタードーナッツとプリキュアがコラボしているのだったら、これから来店頻度が上がっていくのかも
しれないですね・・(笑)






hensinn_convert_20110305152043.png






さてさてそんな訳でここからは下は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy のアミグリさんの素敵なイラストのご紹介コーナーです。
上記にてまたまたキュアホイップというとってもかわいいうさ耳キャラが登場してきましたので、それに合わせる形で
dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれた
オリジナル作品の中から、とってもかわいい女の子のうさ耳を2作品ほどご紹介させて頂き、
そして今年の10月に描かれたばかりの東方作品の中から、うさ耳ではないですけど同じく獣耳の中から
とってもかわいいネコ耳キャラの橙(ちぇん)のイラストを当ブログでは初めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

まず最初のイラストですけど、こちらは「どどーん」と題されアミグリさんが2011年3月に描かれたオリジナル作品です。

アミグリさんの当時の記事の中で「某雑誌に投稿したイラストです」とコメントされていましたけど、
アミグリさんの作品としては「ちょっと珍しいのかな・・?」と感じさせる点もいくつかあると思います。
一つは、二人組という複数イラストはアミグリさんとしては珍しいと感じられますし、
二つ目は「すてきなお色気」を醸し出されている点なのだと思います。
この二人は姉妹なのかな・・?
左側のお姉さんのうさ耳ちゃんだけでも既にとっても魅力的なのに、ランジェリーっぽい衣装に思わずドキッ・・とさせられますし、
絶対領域の美しさも最高だと思います!
この左側のお姉さまの「大人の魅力」は素晴らしいですし、東方で例えるとゆかりんが一番近いのかもしれないです(汗・・)
右側の女子高生または女子中学生の女の子の普通な雰囲気が、左側のお姉さんとすてきな対照性を示されていて
この対比がとっても新鮮だと思います。
セーラー服の短さも見ていてとても楽しいです! (笑・・)

普段のアミグリさんのイラストとちょっと異なる雰囲気ゆえに印象度が違って見えてきているように感じられます。







19832625_convert_20110627125055.png





続きましてアミグリさんが2011年6月に描かれた「うさ耳メイド」です。
こちらの作品も上記の「どどーん!」と同様にイラコン用に描いたイラストとの事です。
アミグリさんの「オリジナルのうさ耳イラスト」というと、先日の当ブログのプリキュアナップサック記にて転載をさせて頂いた
あの不滅の名作オリジナルイラストの「シャボン玉」も印象が大変強いのですけど、
このうさ耳メイドさんもとってもかわいいと思います。
「シャボン玉」がどちらかというと幻想的なイメージを伝えさせてくれているのに対して、
こちらの「うさ耳メイド」は、なんとなくですけどリアルでうさ耳コスプレをしてしまったかのような女の子といった
現実的な雰囲気も伝えているような感じもありそうですね。
文化祭で「クラスの喫茶店」の出し物の際に、クラスのみんなから「うさ耳をつけたメイドさんのコスプレをやってやって!!」と
せがまれて思わずそうしたコスプレをしてしまった女の子のように感じたりもします。

そして何となくですけど、東方のすてきなメイドさんの咲夜さんがうさ耳カチューシャを付けて鏡でその姿を
うっとりと見つめているような雰囲気もありそうなのだと思います。

改めて言うのもなんですけど、うさ耳コスプレはとってもかわいいと思いますし絶対的正義なのだと思います!

セーラー服も黒髪ロングもミニスカートも絶対的正義なんですけど、同様にうさ耳も絶対的正義ですねっ!!

このうさ耳女の子のちょっと「きょとん・・」とした表情も大変魅力的だと思いますし、アミグリさんの描かれる女の子の
笑顔もきょとん顔もどちらも素晴らしいと思います!






chen-00001_convert_20171028174339_convert_20171201171521.png






さてさて、本記事の最後を締めて頂く作品は、当ブログでは初転載で初めてのお披露目のご紹介なのですけど、
アミグリさんが今年の10月に描かれたばかりの「橙(ちぇん)」です!


アミグリさんは以前も例えば「ちぇーーーん!」と題されたとってもかわいい橙を描かれていましたけど、
今回も今までの作品以上に橙の可愛らしさと美少女振りが際立っていると思います!
最初に見た瞬間から思わず
「なんてすてきな美少女!! とてもじゃないけどキツネの式神の化け猫がその元ネタとは絶対に思えないほど
 かわいらしい美少女!」と感じたものでした!

橙のこの笑顔にとても癒されますね!

橙らしい獣耳・猫又の二つの尻尾、赤と白が対照的な衣装に、スカートの下のかわいいフリル!
とにかく全てがかわいい!としか形容が出来ないキラキラ輝いたとても素晴らしい橙だと思います。
橙の魅力を再発見せしめた完璧なイラストだと思います!

そして最近の作風のあの煌くキラキラ感を見事にちりばめられていて、全体の「華やかな雰囲気」を見事に
演出していると思います。

橙というと公式としては、ゆかりんが認めた八雲藍という大変優秀な式神に仕える化け猫ちゃんの式神なんだけど、
藍に比べると経験も頭脳もちょっと足りなくて式神としては実績も現時点での能力もまだまだで
ちょっと頼りない式神というように描かれていると傾向があると思います。
東方の公式書籍でも「幻想郷内の野良猫にも引っ掻かれてしまう程度・・」といった描写もされていて
正直、八雲一家に属してはいるけど、ゆかりんや藍の足元にも及ばないという感じなのだと思います。
アミグリさんが描かれた橙はそうした頼りなさというよりは、むしろ「頼りないと言われないようにこれから頑張ろう!」といった
とっても前向きな気持ちがストレートに伝わってきていると思います。
このイラストからは
「いつの日にか私も藍さまに負けないような・・否! 藍さまを超えられるような式神になりたい!!」といった
橙の「あこがれ」みたいな気持ちがビシビシと伝わってくる素晴らしいイラストだと思います。

橙はどちらかというと子供っぽく描かれる絵師様も多い中で、アミグリさんの描かれる橙は、
そうした「あこがれの気持ちを有して前向きに頑張っているすてきな美少女」というイメージで描かれているのが
とても気持ちよく感じられます。

上記のアミグリさんが描かれたオリジナルのうさ耳の女の子2枚と橙のイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものであり、
当ブログの転載は全て事前にアミグリさんから許可を頂いた上での転載ですし、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

今年も残り少なくなってきましたけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト転載&ご紹介は
「まだまだ続くよ~!」という感じですし、来年もそれ以降も全く変わりがないと思います!
どうかこれからもアミグリさんのイラストをご覧になって頂ければ当ブログの管理人の私もとてつもなく嬉しいです!

どうかこれからも宜しくお願いいたします!

さてさて、今週土日の当ブログは、フィギュアレビュー記事の予定です。
一つは「けいおん!」からのあの妹みたいなキャラを、そして艦これからはあの「いい雨だね・・」とか
「君たちには失望したよ・・」でお馴染みのあの人気キャラをレビューさせて頂きますし、ここにまたまたアミグリさんが
描かれたとってもすてきなイラストも登場してきますので、今度の土日の当ブログも何卒宜しくお願いいたします。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



最近当ブログにおきましては「軍艦マーチ」といういかにも日本的で、そして今現在は「艦隊これくしょん」の艦娘たちの
BGMとして使ってみたいと感じさせてしまうマーチを記事にさせて頂きましたが、
軍艦マーチは確かに日本的ではあるのですけど、残念ながら「この軍艦マーチはなんだか日本の国歌みたいだね・・」と
お感じになる方はほぼ皆無だと思います・・(汗・・)
「星条旗よ永遠なれ!」が第二のアメリカ国歌と呼ばれるぐらい
アメリカの国民にとっては大変馴染み深い曲でありこの曲を耳にするとアメリカの方は自国の事をとてつもなく「誇り」に
感じるのとはちょっと対照的なのかな・・と思ったりもします。

私は言うまでもなく生粋の日本人なのですけど、「星条旗よ永遠なれ!」を演奏するときはとても気分がよかったですね!
事実この曲は吹奏楽コンクールや定期演奏会の練習が入っていない部内のオフ期においては、部員一同
息抜きと基礎練習を兼ねてよく演奏した曲ですし、学校の体育館等での全体朝礼の入退場行進曲としてもよく吹いていましたし
私が高校2年の時の定期演奏会のアンコール曲として演奏したマーチでもあります。

スーザの行進曲「星条旗よ、永遠なれ!」は前述のとおりアメリカ人にとっては第二の国歌と言われていますけど、
確かにそれは分かるような気がします。
とにかく吹いていて実に気持ちが良いというのかのびやかな気持ちになれたものでした。
このマーチに関しては作曲者のスーザ自身は「この部分は北部を表し、この部分は南部」という風に
アメリカという国家全体をシンボリックに表現したかった曲との事です。
(作曲当時はもしかして、今では考えられないほどの「南北戦争による心の傷跡」というもの
が生々しく残っていたのかもしれないですね・・)
このマーチの聴かせどころの一つに、中盤のトリオが終わってから、少し静かになった所での
ピッコロのソロが入るところだと思います。
演奏会でこのマーチを演奏する場合、大抵ピッコロ奏者は立ち上がって演奏しますので
結構見栄えはいいしピッコロ奏者の腕の見せ所だと思います。
ちなみに私の学校の定期演奏会では、
本来この部分はピッコロソロ→全体での再現という感じで同じメロディーラインが2回ほど続くのですけど、
このピッコロソロに加えて、チューバ奏者がこのピッコロのソロを吹くという荒業という隠し芸をお披露目していて、
実際の演奏会では、
チューバ奏者が立ち上がって必死でピストンを動かし死に物狂いで吹きまくっていたのが会場でも大うけとなり
大変好評でした。
ですのでうちの学校はピッコロ→チューバ→全体での再現という事で同じメロディーを3回連続させたという事になります。
そして慣例では、どの学校も本場アメリカの演奏でも2回目の全体での合奏の際は
全員立ち上がって演奏をする事が多いです。

やっぱりこうしたのびやかで楽しい「星条旗よ永遠なれ!」を演奏したり聴いたりすると
「アメリカの皆様がこの曲を聴くと自国をとてつもなく誇りに感じる」というのはよくわかる気もしますね。

さてさて上記で「星条旗は永遠なれ!」は第二のアメリカ国歌みたいなものと記しましたけど、
いうまでもなく我が国、日本の国歌は「君が代」です。
私もこの国歌は吹奏楽アレンジ版で何度も何度も式典や体育会等のイベントで演奏したものですけど、
全体的な印象はとにかくスローで重厚という感じです。
そして「盛り上がり」をどのように演出するのか意外と難しいという曲であったりもすると思います。

実を言うと日本では残念ながらほとんど知名度は低いと思われるのですけど、日本固有のこの国歌「君が代」のメロディーを
ほぼそっくりそのまま行進曲にしてしまった「君が代行進曲」というのも実は存在していたりもします!

この曲は吹奏楽アレンジ版の楽譜が存在し、自衛隊制定の行進曲として今現在も演奏され続けています。
ちなみにですけど、昭和27年の第24回選抜高等学校野球大会の入場行進曲として演奏もされていたりもします。
私が中学生のころは、この君が代行進曲は時折朝礼の入退場のマーチとして演奏した記憶はありますけど、
高校以降では演奏した記憶はありません。
私の右系の母校の大学ですらこの「君が代行進曲」は演奏したことはないと思います。
というか、平成に入って以降ですけど、このマーチ自体、日本のスクールバンドではほとんど演奏されていないようにも
感じられます。

日本の国歌をメインメロディーとして使っているのにどうして今一つウケが悪いというのか浸透しないのでしょうかね・・?

それはやはり「君が代」のあのゆったりとしたスローで重厚なイメージが定着していて
重厚な君が代のメロディーをテンポよく軽快にマーチとしてノリノリで吹いちゃっているから、やはりこの「ギャップ」に
違和感を感じるのかもしれないですね・・(汗・・!)

この曲の素晴らしいところは、マーチであるのに原曲の国歌「君が代」の雰囲気を崩していないところだと思います。

艦これのBGMとして使用したら、この曲の再評価とか演奏頻度が上がる・・みたいな可能性もあるのかもしれないですね・・(笑)

 | BLOG TOP |