FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日地元の図書館に立ち寄った際に「自習室でゆっくりたまには本でも読もう」と思って自習室に入ったのですけど、
中は高校生らしき人たちで一杯で、皆さん真剣な眼差しで勉強をされていました!
そっか・・あと間もなくで2017年が終わりを迎えるのですけど、年が明ければ、共通テストとか私立の入試が始まるなど
受検一色になってしまいますから、今この時期こそがむしろ「最後の追い込み」という事なのでしょうね。

私が高校生の頃あたりはどちらかというと推薦という制度自体が全然定着していなくて、ほとんどの受験生は
一発勝負の入試に掛けていたと思います。
それでもクラスに一人ぐらいは、秋の段階で校内の推薦を勝取り既に志望大学の進学が決定しバラ色の最後の高校生活を
過ごしている人たちもいましたけど、そういう人たちはクラス中でほぼやっかみ状態を受けまくっていた・・という
感じでもありました。
私、田舎の県立の男子高校でしたので、改めて「男の子というものはもしかして女の子よりも焼きもちとか嫉妬の気持ちが
大きいのかも・・!?」とその時は冗談抜きで感じていたほどでした・・(汗・・)

田舎の受験事情ですけど、少なくとも今よりは、そして都心部よりはのんびりとしていたと思います。

だって私自身、高校3年の9月まで普通に吹奏楽部で練習し、例年通り吹奏楽コンクールに出場し、
吹奏楽部を引退したのは9月に入ってからでした。
(当時の吹奏楽コンクールは、支部大会が9~10月上旬、全国大会が10月下旬~11月第一週と時期が遅く、
今現在の県大会はほとんどの場合、8月のお盆前後で完了している県が多いのは、受験生に対する配慮というのも
あるのかもしれないですね・・)
そして引退してから慌ててやっと受験生らしく少しは勉強するようになったという感じでしたし、
私自身、結果的に幸いにして浪人することはありませんでしたけど、大学受験のための受験勉強をしたのは、
正味高校3年の10~12月の三か月のみでした・・(汗・・)

それでいて受験勉強している動機も不純でしたね・・(汗・・)

「とにかく田舎の実家の親元を離れたい!!」という気持ちが大変強くて
実は中学の頃から既に「どうすれば合法的に家を出る事が出来るだろうか・・・」とそればかり考えていて、
「難関の地元の国立大学は自分の脳みそでは逆立ちでも受かる訳はなく、地元の私立は自分にとってはレヴェルが低い
自分が行くべき学校は、上京し都内の学校しかありえない」ととにかく身勝手な理屈を付けていたものの、
実は単に私自身が親元を離れたかっただけ・・・・早く田舎を離れたかっただけというのが本音だったと思います。
実際地元の私立大だって私は受けていませんけど、合否は微妙だったのかもしれないです・・(汗・・)

当時としては、「何を学びたいのか」という基準はほぼ皆無で
「どうすれば安い費用で大学4年間を乗り切れるのか・・」という事しか考えておらず、
とにかくなんでもいいから結果論として親元離れられればどんなポンコツ学校に行っても全く異存はない!という事しか
頭にはなかったです・・
そして学校選びの基準は、
①学費が安くて ②東京23区内にキャンパスがあって ③ある程度の知名度と伝統があって、
④吹奏楽団が学内にあり、都大会に出場する事で普門館のステージに立つことが出来る可能性がある
というものでして、
そうした私の勝手な4条件を満たす学校って3校ほどしかなく
しかもそれがうまい具合に、記念受験・実力相応・すべり止めと分散してくれていましたので、
とにかく当時としては、この3校のどれかに滑り込みたいという気持ちが大変強く、
上記で書いた通り、高校3年の9月まで普通に吹奏楽コンクールに出場し、10月からやっと受験勉強を始めた身としては
とにかくあせりまくってはいたけど、動機不純ではありましたけど、確かにある意味「目的」はしっかりしていたので(?)
「なぜ勉強するのか・・・」という迷いは全く無かったと思います。
だって、そりゃその3校のどれかが受からないと「親元を離れる」という私の最終目的が
達成できなくなりますから、そりゃある意味必死だったかもしれないです。
もしかしてこれまでの生涯で一番勉強したのは、あの高校3年の10~12月の三か月間だけだっのかもしれないです・・(汗・・)

これは翌年の1984年の話になってしまいますけど、大学受験の際に上京し、一週間宿泊先として使っていたのは、
1964年に東京オリンピックの選手村でもあった代々木にある選手用宿泊施設を改造し、
地方からやってくるお上りさんを対象にした「受験生村」という季節限定の施設でした。
(受験生村って今現在もやっているのかな・・・?  当時、朝食と夕食付で一泊2800円程度だったと記憶しています
但し部屋は5~6人程度の相部屋です 布団ではなくてベッドでした・・)
受験の一週間前後はここに寝泊まりしていました。
余談ですけど、この受験生村滞在時に後に夜を大変騒がすことになった「三浦和義さん疑惑」の口火が切られ、
連日どのスポーツ新聞でも昼のワイドショーでもこの話題一色となっていたのがなぜか大変印象的です・・

その最終日に、中央線の水道橋にキャンパスがあるとある大学を受験した際、たまたまその日の東京は
歴史的な大雪の日で、受験生村を早めに出発したものの
市ヶ谷~飯田橋付近で電車が止まってしまい、水道橋駅に着いたのは受験開始の結構ギリギリ
だったというのは、当時は焦りまくりでしたけど、なんか懐かしい思い出です。
駅から会場までかなりダッシュし、試験開始の瞬間から
息がゼーゼーでしたので、試験は散々な出来だったと記憶していますけど、
結果的にここの学校しか合格しなかったので、この学校に四年間お世話になる事になるのでした!

とにかくこんな田舎のポンコツ受験生に「救いの手」を差し伸べてくれて、無事に「親元脱出」を果たせましたので
まさに「感謝、感謝!」という気持ちしか無かったですね!
私も今でもうちの大学には「ありがとう!」の感謝の気持ちしかないですね!
(但し、吹奏楽コンクール都大会予選で4年連続散ってしまい、都大会本選を一度も実現できなかったのは痛恨の極みですっ!)

最後に余談ですけど、その受験開始ギリギリになって駆け込んだ学校の一限目の入試科目は国語でしたけど、
国語は60分で4題構成(2題が現国 1題が古典 1題が漢文)だったのですが、現国の最初の一題が、なぜかテーマが
「スヌーピー」でして、
確か内容が「人間というものは二度と故郷に帰ることはできない」というもので、
スヌーピーが子犬の頃にチャーリー・ブラウンの家に遊びに来たとある女の子が投げた小枝をウキウキと拾い集めに
いったものの、その女の子は飽きて帰ってしまい、スヌーピーはいまだに小枝を持っていた・・
そしてその女の子が成長して「子犬だったスヌーピーをもう一度見てみたい」と思ってスヌーピーに近づいたところ、
その小枝を手にしていたスヌーピーに子犬だったころの面影は無く、おなかがぽっちゃりしていた
ぐーたらビーグル犬になっていたという粗筋に対して、執筆者が
「世の中というものは思い通りにいかないし、自分の思っていたイメージと相手が抱くイメージとの乖離は往々にしてよくある事」
という事を展開していたと思うのですが、
当時実家の本棚になぜかスヌーピー全巻が揃っていて、私自身スヌーピーに小さいころから慣れ親しんでいたため、
この現国の出題に思わず入り込んでしまい、問題自体を結構真剣に取り組んでいたら
あっという間に30分の時間が経過してしまい(汗・・)
「あ・・これ時間配分的に完璧やばいじゃん・・!」と慌てて残り3題に突入していったみたいな記憶がありますね・・

結果的にこの国語も英語も社会から選択した世界史も惨憺たる出来だったと思いますが、なんとか合格させてくれた
このポンコツ学校には心から感謝したいものであります・・(笑)

スポンサーサイト



先日ですけど、仕事である工事顧客と話していたら、唐突に
「感動という言葉の対極にある言葉って分かる・・・? つまり感動の反対語とは何か?という事なのだけど」と聞かれ
最初は内心、一体何を言ってるんだ、この人は・・?と思い私もテキトーに 「落胆でしょ」と答えたら
得意げに「違うよ、違う! その正解は当たり前という言葉だよ」と言われてしまいました。

要は、感動と言うのは一時的な感情であり、
その「感動した!!」という感情というものは決して持続するものではなくて、
それに慣れてしまうと、人間と言うものは、その相手の行為によって感動したという気持ちも
その好意による行為が何度か繰り返される事によって それが「当たり前」という風に感じてしまい、
「当たり前」という行為が「それをやって貰って当然!!」という感情に切り替わる事で
感動と言う感情が徐々に希薄になっていくとの事で、常に顧客が「感動」という感情を自発的に湧き起こせるように
常にサービス精神を持ち続けないと駄目なんだという事を言いたかったみたいです。
(それを言っていた方は大の話好きという事で、私はその後一時間程度長話に付き合される羽目になってしまいました・・泣)

感動の正反対は当たり前という事を深読みすると、
「見積りで提示した工事を積算のまんま正確に工事をやっても顧客の感動は生まれない・・
だから、俗にいうサービス工事という+α工事を少しでもやってくれ!!」みたいな意図があるのかな・・とも解釈出来るのですし、
これまでのその顧客の言動から分析して 「またまたぼったくり要求なのかな・・?」と感じなくも無かったのですけど
確かに一理はあるのではないかと感じたものです。

私が大学時代に所属していたゼミの指導教官の口癖というか、耳にタコが出るほど聞かされた言葉が二つあって、
そのうちの一つが 「世の中には恐ろしいものが二つある。一つは知らない事、もう一つは慣れる事だ」というものでした。
確かにこれは大変いい言葉だと思いますし、ある意味人間の本質を突いている言葉だと思います。
特に慣れるという事は、ある意味「感性の麻痺」という事と同じだと思いますけど、
本当は、「こんな事をやっていていいのか? 自分は本当は間違っているのではないのか?」と疑問に感じていても
それを繰り返し反復することによって、人間というものは段々と間違っている行為であってもそれに慣れていってしまう・・・
そしてどんどん感性が麻痺してくるという事なのだと思います。

上記で書いた感動という言葉の対極にある「当たり前」という言葉ともその意味では少し似ている側面が
あるのかもしれないですね。
例えばなのですけど、
先日のあの工事、ほぼ完璧な仕上がりだった・・・顧客はとっても喜んで頂き「感動」は提供できたと思われる・・
だけどそうした「感動」は決して持続はしない・・・
感動を持続させ、感動を当たり前にするという事は、
例えば、サービス工事を乱発するとか保証書や約款に記されていない不測の事態の補修も
無償で行う等をすれば、確かに「感動」が「当たり前」になるかもしれないけど、
それは会社や社員の制度的疲弊を招き、会社としての当然確保すべき「利益」も削ってしまい、
結局そうした事は本末転倒になってしまうと思います。
要は「バランス感覚」なのかな・・・・??
顧客の言う事に耳を傾ける事は大切だけど、単に「御用聞き」のように相手の言いなりになるのは
愚の骨頂だと思います。
その「さじ加減」なのだと思います。
要は定期的に顧客宅を巡回する事で日常的に繋がっている事とか そうした平凡な繰り返しが結果的に長期的には、
会社の信用とか
感動とはいかなくても「何かはやってくれるかも?」という期待値に繋がっていくのかもしれないですし、
そうした期待感を出せるような仕事が出来ればいいなぁ・・とも感じております。
だから、その意味では、「感動」の対極的な言葉と言うものは、「日常」という事なのかもしりません。
ただその平凡な「日常」に慣れてしまい、それが惰性になってしまうと、
色々な意味での「しっぺ返し」を食らうのかもしれませんよね。

このあたりは難しいですよね・・普遍的回答とか絶対的に正しい回答なんてありえませんからね。

最後に、前述の私のゼミの指導教官の口癖のもう一つの言葉とは
「この世の中にうまい話は一つも存在しない。うまい話には必ずウラやカラクリがある」という ものでした。
あ、これは確かにその通りですよね!「タダほど高いものは無い」という言葉とまさしく同意義だと思います。
確かに住宅・建築業界にかれこれ16~17年程度かかわっている私が言うのもヘンな話ですけど
例えば、住宅メーカー等が煽っている
「金利0円キャンペーン」とか
「〇月〇日までに契約締結の方には、床暖房・太陽光・エコキュートのいずれかをプレゼント」
というものは、当然そんなものをプレゼントしてしまえば、その分会社の利益が吹っ飛んでしまうのは
自明な事ですし、元々の「原価」の中にそうしたプレゼント分の経費を最初から加算して計上しているので、
最初から高目に設定された原価分をサービスすること自体、会社にとっては痛くも痒くも何ともない話なのです・・・(汗)

あ・・・、これはさすがに「大人の事情」というやつなのかもしれないですね・・(汗・・)

 | BLOG TOP |