FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方公式漫画の中では「東方鈴奈庵」が大変惜しまれながらも先日最終回を迎え、現在連載が継続されているのは
「東方三月精」と「東方茨歌仙」の2作品となっております。
その東方茨歌仙の第8巻が先日発売されていましたけど、この巻は当ブログでも何度か取り上げさせて頂きました
「守矢神社のロープウェイ開設」の話がメインとなっています。
改めてなのですけどこの茨歌仙は作者が1巻から同じなのに、登場キャラの描き方が随分と変化しましたね!
特に雰囲気が変わったのが八坂神奈子と早苗さんなのかな・・?
それとこの漫画の主人公の華扇も一巻の頃と今現在とではまるで別人にすら感じてしまいます・・(汗・・)
そして早苗さんも初期の頃は、はっちゃけた早苗さんとかあのあまりにも有名な「わたし、わたし!」が示唆するように
ちょっとやんちゃな巫女さんみたいな雰囲気すら有していたほどでした。
それが最近ではまるで東方鈴奈庵の早苗さんのように美少女路線みたいな感じの早苗さんへと変化があり、
あくまで私の感想ですけど、私は今現在の描かれた方の早苗さんにより強く親近感を感じますね・・(笑)

幻想郷には霊夢の博麗神社がある訳ですので、早苗さんたちの守矢神社はあとからやってきた新興勢力
という事になると思います。
幻想郷の核心的存在である博麗神社に対抗するとか、博麗神社に負けないような信心とか参拝客を
獲得するというのは並大抵の事ではないと思います。
もちろん、霊夢の博麗神社自体が普段は妖怪神社化していて参拝客がほぼ皆無で閑古鳥が鳴いているという
好条件もあるのですけど、早苗さんの守矢神社自体が妖怪の山の山頂に建立されていて、
博麗神社以上に参拝客が押し寄せるという事は100%あり得そうにありません。
だからこそ、早苗さんは、普段の地道な営業活動を幻想郷の人里の人間達に行っていますし、
その点が霊夢との大きな違いと言えるのだと思います。
早苗さんの戦略としては、①風神録異変以降に、霊夢の博麗神社内に守矢神社の分社を置かせて貰い、
博麗神社に参拝に来る人たちにも守矢神社の存在を知って貰う
②普段の地道な営業活動と啓蒙活動 ③布教活動の前座の余興として、早苗さんの「奇跡を起こす程度の能力」を
活用し、ちょっとした手品をお披露目する事で人里の人間達の興味を引く
そんな事が挙げられると思うのですけど、やはりネックは「人里からあまりにも遠すぎて、且つ守矢神社に行くまでの間に
妖怪たちに襲撃される危険性が大変高い」という事なのだと思われます。

上記で書いた通り、守矢神社最大の問題点がアクセス上の不便さが挙げられると思います。
八坂神奈子も早苗さんも元々が布教活動には熱心な御方ですので、アクセスの問題さえクリアすれば
霊夢の博麗神社なんて目じゃないし別に商売敵でも何でもないという事なのだと思うのですが、
そうした問題点が中々クリアされてこなかったというのがこれまでの経緯だったと言えるのだと思います。

そうした中、「東方茨歌仙」8巻において大きな動きがありました!

守矢神社が、心綺楼と深秘録の二つの異変にどうして加担しなかったかと言うと、神奈子はもっと上の次元の事を考えていて
「別に今この異変にタッチしなくてもうちには何の影響もない。それよりも、妖怪の山の上に建立されているうちの神社に
人里からの参拝客を呼び込まないとうちの神社に未来は無いのかもしれない。
そのためにも何とかロープウェーを引く事を出来ないものか」という計画をずっと天狗と共に
検討していたというのが異変解決に参加しなかった理由と言うのも、神奈子としての幻想郷における自分達の
「あるべき姿」を模索していたという事になるのかもしれないです。
そこには神奈子には神奈子としての計算があったように思えます。

東方茨歌仙8巻というのか第38~39話の概要がそうした守矢神社としての方向性を示していたと思われます。







闌ィ豁御サ兩convert_20170228144821







上記で出てきた幻想郷内の人里と妖怪の山に建立されている守矢神社を「ロープウェイ」で繋ぐというのは、
茨歌仙の「由緒あるお酒」という霊夢VS早苗さんのバトル回で出てきたお話なのですけど、
そのロープウェイ計画を具現化した話と言うのが上記の東方茨歌仙第38~39話なのでした。

ああやって幻想郷の人里の人間がロープウェイに乗って早苗さんの守矢神社に参拝に来ている姿は、早苗さん大好きの
私としても大変感慨深いものがありました。
早苗さんにとっても「これが私の長年の夢だった! こんなにたくさんの人たちが私たちの神社にお詣りにきてくれるなんて!!」
みたいな気持ちなのだと思います。
試運転の際にはロープウェイも問題なく稼働していたのですけど、本格開業という肝心要の日になんと!
ロープウェイは天候不順という事で運行休止となってしまいます。
だけど当日の妖怪の山付近は雲一つない青空が広がっていて、人里の人間たちも「え・・?」という感じで眺めていたと
思われます。
そうした待ちぼうけの状態のロープウェイ待機所で、お饅頭とか焼鳥とかお酒とか飲食物の屋台を出店している
河童たちと霊夢はほくほく顔です。
そして河童たちはその話の前段階として「ロープウェイの維持管理には色々と費用が掛かるし、ロープウェイの動力源は
水を使用しているので冬場だと水が凍ってしまいロープウェイが稼働しない・・
水の代わりに東方地霊殿でその存在が明らかになった間欠泉という温泉のお湯を利用する事も可能なのだ゛が、
温泉のお湯を使用するとロープウェイのメンテナンスが更に大変になってしまいもっとコストが掛かる」という事で
メンテナンスを口実にして守矢神社に対して金銭要求みたいな事もやらかしてくれています。
そうした中、天候不順というのは実は、本音としては人間たちに自分たちが暮らす妖怪の山に近づいて欲しくないという天狗が
もたらす「天狗風」というものであり、そして守矢神社の主柱の一人である八坂神奈子は自らを「私は風の神」と名乗った上で
風神としてこの天狗風を追い払い、ここにようやく守矢神社と人里を結ぶロープウェイが本格開通した事になります。

霊夢は相変わらずのお気楽巫女さん振りを発揮していて
守矢神社のロープウェイの待機所にて博麗神社の看板を出した上でのお饅頭を販売している意味も
実はそんなには深く考えておらず「別に売れればそれでいいじゃん!」という考えなのですけど、
華扇だけは一人浮かない表情を見せていて「ここには何かウラがありそう・・」と色々と物思いに耽っていたのは
「さすがっ!」という感じでもありました。

華扇は当初は守矢神社を「天狗や河童にいいようにぼつたくられている不憫な神社」と考えていたのかもしれないです。

華扇自身は普段から早苗さんの人里における真面目な布教活動ぶりとか努力を知っていましたので、
「ロープウェイを開通させたことでその後に生ずる莫大なメンテナンス費用をずっと支払わされ続けられる可能性がある」
という事で、華扇自身の表現を借りると「妖怪たちに真面目な神社がいいように食い物にされている」みたいな
印象を持ってしまいます。

だけどその裏では早苗さんの保護者みたいな立ち位置でもある守矢神社の二社のうちの一柱というか神様の
八坂神奈子が色々と画策をしていました!
かつてアリスは、早苗さんの事を「やっぱり霊夢とは大違いよね! 巫女さんと神様はワンセットよね!」と評していましたけど、
その意味では守矢神社の現人神であると同時に風祝=巫女さんでもある早苗さんと八坂神奈子の絆は
深いのだと思います(厳密には神奈子と諏訪子という二社と早苗さんのセットなのですけどね・・笑)

八坂神奈子が画策していたのは言うまでもなく天狗に邪魔されることもなく無事にロープウェイを開通させることで
あるのですが、本来は大変保守的で閉鎖的でよそ者を排除する事に余念がない天狗にとってはロープウェイ開業というのは、
人間が妖怪の山に入ってくる事を意味するので、元々はロープウェイ開業にいい顔をするはずはありません。
そこで八坂神奈子としては天狗・河童といった妖怪の山に暮らす妖怪たちや守矢神社の本来は商売敵でもある
霊夢の博麗神社とどう両立させるのかという事を考えた際に導き出した結論というのは
「ロープウェイに関連するみんなにメリットを享受させ、ロープウェイを開通させることで実はこんなにもすてきな特典が
あるのですよ!」という事を提示させ、利害関係者全員がロープウェイ開通に反対しない環境をどうやって作り出していくのか
という事だったのだと思います。

その結果として各利害関係者のメリットとは何かと言うと・・・

1.天狗 

 「天狗風を自分たちはいつでも起こすことが出来るぞ!」とか「こんなロープウェイは自分たちの胸三寸でいつでも停止に
 追い込むことが出来るのだぞ!」という事を人間たちに知らしめることで自分たちの権威と威厳を示す。
 これによって人間たちに「妖怪の山に入る事が出来ても、それはあくまで守矢神社内だけの話であって
 妖怪の山に迂闊に立ち入ると天狗によって大変な目に遭ってしまい二度と人里に戻れなくなってしまう・・こわいこわい・・」 
 といった事を骨の髄まで叩き込むことができる。
 そして守矢神社の参拝客によるお賽銭とか御守り等グッズ販売の売り上げから、ロープウェイ警護という名目で
 寄付金として上納させる事で天狗社会にもメリットを与える。

2.河童

 ロープウェイの待機所にて飲食物や河童が発明した各種便利品を出店する事によって売上が期待できる。
 ロープウェイそのものを作り上げたのは河童たちなので、そのメンテナンスの費用を守矢神社に請求できる。

3.守矢神社

 今まで全く人里の人間の参拝客が無かったのに、ロープウェイ開業という事で、人里の人間が大勢参拝に来ることが
 見込まれ、お賽銭やグッズ販売収入が見込める。
 またロープウェイの運賃という収入も今後期待できる。
 そして最大のメリットは何かと言うと、幻想郷の人里の人間たちに
 「今までは妖怪退治とか異変解決といった場合は霊夢の博麗神社以外依頼できるところはなかったけど、今後は
 真面目な巫女さんがいる守矢神社にも相談や依頼が出来る」という事を認識させ、
 異変解決等の報酬も期待できるし、幻想郷における主導権を霊夢の博麗神社に代って握れる可能性がある。
 また天狗風を八坂神奈子が退治し「ロープウェイの安全宣言」をした事で、八坂神奈子の風神としての威厳を
 人間たちに見せつける事が出来た。

4.博麗神社

 とにかく目先の売り上げが大事・・!?

守矢神社の敷地内とも言えるロープウェイ待機所にてお饅頭等を守矢神社の参拝者に販売する事で
 目先の現金収入がある程度見込めるのかも・・?
だけど長い目で見ると「異変解決の際の報酬が早苗さんの守矢神社にさらわれちゃう可能性がある」とか
 「幻想郷の根幹神社が博麗神社から早苗さんの守矢神社に取って代わられてしまう可能性がある」という事を
 霊夢がきちんと認識しているかどうかは現時点では不明・・

 その点を大変心配し杞憂しているのが華扇・・

 果たして霊夢の保護者でもある妖怪のゆかりんはどのように考えているのかは全く不明・・

こうした1~4の各自のメリットを考えた時、ここから導き出される結論というのは、
既に華扇も薄々感づいていたのですけど、これはもしかしたら天狗と八坂神奈子による
「壮大なやらせ」と言えるのかもしれないですね。
河童は儲かり、霊夢はそのおこぼれにあずかり、天狗は妖怪としての存在を高め、守矢神社は神格を高める・・
それぞれ得をするように全てにおいて天狗と八坂神奈子の協議の中で、最初から出来レースだったと
言えるのかもしれないです。
華扇は当初は「天狗と河童にいいようにぼったくられている守矢神社」という懸念を持っていたのですけど、
さすが八坂神奈子は伊達に神様やっていませんし、そうした策略というのは昔から得意中の得意だったのかもしれないですね!
そして神奈子・諏訪子・早苗さんといった守矢神社組は、外界を捨ててまで幻想郷にやって来て
「後が無い・・」という事もありますし、元々決断力と実行力には備わっていたと言えるのかもしれません。
その辺りが古くから幻想郷にいる博麗神社との違いなのかもしれないです。
霊夢はそうした外界というか外界の資本主義の経験がありませんので、早苗さんと違って
「どうやって生き残りを図っていけるのか・・」という発想自体が元々備わっていないのかもしれないですね・・

先週のアリス・マーガロイド記事の中で「東方キャラの皆様って何かしらの各自の夢を持っているのかな・・?」みたいな事を
書かせて頂き、その一例として

霊夢 → 先代巫女のようなすてきな巫女さんになりたい・・

魔理沙 → 実家の道具店を超えるようなすてきな魔法道具店をつくりたい!

さとり様 → 妹のこいしが再度サードアイを開いてくれて、以前のように姉妹揃って旧地獄の管理の仕事をしたい・・

みたいな事を提示させてもらったのですけど、それでは早苗さんの「夢」って一体どんな感じなのでしょうか・・?

早苗さん自身は外界を捨てて幻想郷に移住してきた経緯があり、普通の外界の女の子だったら
「一度ぐらいは外界に戻って家族とか外界の女子高生時代の友達と再会したい・・」みたいな夢を抱くのかも
しれないですけど、そこは今や幻想郷の非常識が骨の髄まで染み込んでいる早苗さんは違うのだと思います!
そうした旧友との再会みたいな外界では当たり前に思えるような夢はとっくの昔に捨て去り、
やはりそこで意識しているのは「霊夢の存在」ではないのかな・・?と思ったりもします。

霊夢自身は実は早苗さんの事は本当に何も特に意識していないようで、早苗さんがうまくやろうがうまくいかなくても
「別にぃ~」という感じなのだと思います。
早苗さん自身はどうなんでしょ・・? 早苗さんの「夢」ってどんなものなのでしょうか・・?

そこにはやはり霊夢の影がちらついているのかもしれないです。

幻想郷に移住してきて間もない頃とか、その初期の頃の「東方風神録」にて霊夢にやっつけられてしまった経緯もあり、
霊夢に対しては幻想郷の先輩巫女としての憧れの気持ちもあったのかもしれないです。
だけどその後早苗さん自身も数々の異変解決に貢献し、幻想郷の人里における地道な営業活動の成果もあり、
早苗さん自身もどんどん自信みたいなものを身につけていったのかもしれないです。
もちろん早苗さんだって風祝=巫女さんながらも幻想郷に生きる人間という事にかわりはありませんので、
「郷に入れば郷に従え」という事で幻想郷の根幹は博麗神社の存在という事をきちんと認識されているのだと思います。
自分達守矢神社が頑張りすぎちゃって、結果的に霊夢の博麗神社を廃社に追い込んだとしたら、
幻想郷内の妖怪と人間のバランスが崩壊したり、はたまた外界と幻想郷自体のバランスとか結界が崩壊する事で、
幻想郷自体が崩壊に追い込まれてしまう危険性だって十分にあるのだと思われます。

だからこそ早苗さん達守矢神社組は博麗神社をとことん追い込むことは出来ないのです。

だけど従来のようにいつまでたっても幻想郷の神社と言えば博麗神社であり、日常のお詣りも困った際の異変解決や
妖怪退治の依頼は博麗神社とか頼めない・・という現況は早苗さんにとっては
容認できないしなんとかしなくちゃいけない・・と思っていたと思いますし、
いつまでもそうした状況が続くのでは「果たして何のために自分たちが外界を捨ててまで幻想郷に移住をしてきたのか
分かりゃしない・・」という懸念とか不安もあったのだと思われます。

だからそうした意味においては、早苗さんの「夢」というものは、自分たちが外界を捨ててまで幻想郷へ移住してきた事への
代償という意味合いも兼ねて、幻想郷内で人里の人間から「守矢神社という存在」をきちんと認知してもらい、
何かあった場合は「博麗神社もいいけど守矢神社もいいかもね・・」と思わせる事なのだと思います。

そして早苗さんとしては上記のような理由から博麗神社を廃社に追い込むことは出来ないので、
これまで霊夢が独占状態だった異変解決・妖怪退治の依頼も自分たちに少しぐらいは廻ってこれるような
おこぼれに預かれることとか霊夢の博麗神社と共存共栄をきちんとバランスよく図っていけるようになることが
早苗さんの当面の「夢」と言えるのかもしれないですね。
そしてその第一歩というのが人里と守矢神社を結ぶロープウェイの開通という事なのだと思います。

さてさて、そうなると霊夢の方はどうなるのでしょうか・・?

華扇も実はその辺りを大変既に心配していました。

華扇としては「まずい・・このままじゃ霊夢とか博麗神社の存在意義がどんどん弱まってしまう・・」と感じ始めているのかも
しれないですし、そうした意味においては今後の展開は「博麗神社としての逆襲」というのか華扇のテコ入れの開始
という感じになるのかもしれないですね。
そしてそこに霊夢の保護者とも言える幻想郷最大の妖怪のゆかりん=八雲紫様はどのように考えどのように
行動を起こすのか起さないのか・・
その辺りの展開も大変興味がありそうですね!

前述のアリスの「巫女と神様はワンセット」という言葉ではないですけど、早苗さんには神奈子・諏訪子という二社の神様が
常に付いているのですけど、霊夢にはそれがありません・・
だけど神社にそうした「神無き存在」というのは果たしてあり得るのかな・・?
霊夢自身が博麗神社に祀られている神様の存在を知らないというのもなんかヘンな話ですし、
やはりそこには、以前から当ブログが主張している通り「博麗神社の主神は実は龍神様・・
そしてその龍神様の真の正体はゆかりん!」という事にはならないものなのかな・・??















さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂きますイラストは言うまでもなく早苗さんです!

今年、2017年度は本当にアミグリさんにはお世話になりっ放しという感じですし、
いつもこんな拙い当ブログのためにアミグリさんが精魂込めて描いて頂けたイラストを転載し続けていく事にも
時折「なんだか申し訳ないなぁ・・」という気持ちも多少はあるのですけど(汗・・)
「素晴らしいイラストをこれでもかっ!と繰り返し転載して何が悪い!」とか
「素敵なイラストでも、何度も何度も・・それこそ何十回程度掲載し続けないと、なかなか完全には浸透しにくいものだし、
アミグリさんのイラストの素晴らしさは、何十回同じイラストを転載し続けたとしても、その都度新鮮な新しい発見かあるし、
決して見飽きたりしないもの!」と
このブログのポンコツ管理人は、ほぼ完璧に開き直っておりますので、
素敵な管理人のアミグリさんに免じてこのポンコツ管理人を御赦しあれ・・・という感じなのかもしれないですね・・(汗・・)

それにしても今年もアミグリさんは素晴らしき名作をたくさんたくさん描かれていました。
1月のこいしちゃん、2月の霊夢、4月のチルノにかのんちゃん、5月の浜風に和風メイドのこいしちゃん、
6月の夕立&榛名、7月の私の誕生日のお祝いイラストの妖夢、8月の当ブログ開設5周年の記念イラストの咲夜さん、
9月のチルノ、10月の橙、11月のよその子のこよりちゃんなどなど挙げればキリが無いですし、
どの掲載作品も素晴らしいものばかりでした!
ちなみに11月に描いて頂けた私のリクエスト作品のこいしちゃんは、当ブログの4000記事到達の際に
改めてお披露目させて頂きたいと思います!

さてさてそうしたたくさんの名作イラストの中で「これがグランプリ作品というものを選びなさい」と言われても
多分めちゃくちゃ悩むと思いますし、とてもじゃないけど選定できないと思います。
ただその中でも「もしもしてこれが私のグランプリ候補ではないのかな・・?」と思える候補作の一つが
今年の「3月7日は早苗さんの日」に描かれた上記の早苗さんなのではないのかな・・と思ったりもします!

上記の早苗さんですけど、何度でも同じ事を言わせて頂きますが、
とにかくこのキラキラ感が素晴らしいと思います!
そしてめちゃくちゃ可愛い早苗さんだと思います!!
こんな可愛くて魅力的で全てがキラキラ輝いている早苗さんは見た事ない!と断言しても過言ではない
本当に素晴らしい早苗さんのイラストだと思います。

幻想郷内における人里における早苗さんの辻説法とか布教活動のシーンの時みたいに
民衆に対して
「いいですかぁー、ヘビというものはむやみに殺す事はおやめ頂きたい、それではどうすればいいのかというと
一つ目はですね・・」と
民衆に対してきちんと丁寧に諭しているようにも感じられるものがあると思います。
または上記のロープウェイではないですけど
ロープウェイに添乗する人間達に向かって「妖怪の山に到着したらこの事だけは守ってください! 一つ目はですね~!」とか
諭しているようにも感じられたりもします。

こういう早苗さんは素敵だと思いますし、本当にお美しいと思います!

アミグリさんの描かれるこの早苗さんは、「清く正しく美しい巫女さん」としての早苗さんの「美しさ」に溢れていて、
やっぱり見れば見るほど「アミグリさんの描かれた早苗さんは最高だよなぁ!」と確信しちゃいますね!

アミグリさん、いつも当ブログに対して快い転載了解を頂きましてありがとうございます!

当ブログにおけるアミグリさんが描かれたイラストは今後もずっとずっと転載&ご紹介し続けていきたいと思いますし、
当ブログにとってはアミグリさんという存在は、絶対的に必要不可欠なものと思っておりますので、
どうかこれからも何卒宜しくお願いいたします!!

明日の当ブログは、ごちうさからシャロのフィギュアレビュー記事ですけど、ここにもアミグリさんの描かれたイラストが
たくさん登場してきますので、是非明日も当ブログに立ち寄って頂けるととても嬉しいです。
何卒宜しくお願いします。

それではちょっと長すぎる記事でしたけど最後まで読んで頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



ランニングの「シンフォニア・フェスティーヴァ」は1996年の北海道教育大学函館分校を最後に全国大会では
20年近く演奏をされていませんけど、支部大会や県大会では絶えることなく演奏され続けていて、その人気の高さは
根強いものがあると思います。
ランニングと言うと他にも「吹奏楽のためのコラールとカプリチオ」というとってもすてきな吹奏楽オリジナル曲も
ありますけど、こちらは最近ではほとんど演奏されていないのは大変勿体ないものがあると思います。
私が中学生の頃あたりですと「コラールとカプリチオ」というとジョヴァンニーニという作曲家を思い浮かべましたけど、
高校から大学以降はこちらのランニングの方がメジャーだったような感じもします。
どちらにしても「コラールとカプリチオ」はジョヴァンニーニの曲もランニングの曲もどちらも名曲だと思いますし、
両曲共後世まで受け継がれて演奏され続けて欲しい曲の一つだと思います。

「シンフォニア・フェスティーヴァ」が全国大会で初演されたのは、1983年の東海大学第一高校(現.東海大学翔洋)でした。

この演奏を初めてレコードで聴いた時は正直驚きました!
曲のノリノリな感じ、金管楽器、特にソロトランペットのハイトーンの難技の数々に
曲全体を貫くミュージカルみたいな楽しさと躍動感!!
この曲を初めて聴いた時から、一発でこの曲が好きになったものでした。
東海大学第一の積極的な攻める演奏とか思いっきりの良さに大変好感が持てるものだったと思います。
だけどこの東海大学第一の演奏は、今改めて聴くと、テンポが速すぎて曲全体が完全には消化出来ていない感じもします。
曲の最後のトランペットも思いっきり外しているのがかなりもったいなかったですし、
「最後がカッチリと決まらないまま終わってしまった」という印象もあったりします。
東海大学第一の演奏はノーカットの演奏ではなくて、第三曲を部分的にカットしていますけど、全体の印象を損ねることなく
小気味よいテンポ感をキープしたまま走り抜けています。
12分という時間制限の中で、「迷うことなく駆け抜けた・・だけどちょっと荒すぎた・・」という印象もあるのかな・・?とも思えます。
先ほどラストのトランペットが外したと記しましたけど、第一曲と第二曲はほぼノーミスであのとてつもないハイトーンを
ほぼ完璧に決めていると思います。
このシンフォニア・フェスティーヴァの第一曲の冒頭から既にトランペットのソロから開始されているのですけど、
曲の冒頭からソロ楽器から開始されるのは指揮者にとっても奏者にとっても大変なプレッシャーなのですが、
そうした重圧感をほとんど感じさせずにむしろのびのびと楽しみながら第一曲と第二曲はソロトランペットは吹いているのが
大変素晴らしいと思いますし、「お見事!」だと思いますし、あのトランペット奏者の演奏レヴェルは超高校級だったと思います。
それだけに第三曲のラストさえ決まっていれば「歴史的名演」という評価が成り立っていたのかもしれないだけに
やはり音楽というものは「終わりよければすべてよし・・」みたいな側面もあるのかもしれないです。

シンフォニア・フェスティーヴァは、1987年に計4団体が全国で自由曲として取り上げられ瞬間的に注目を集めます。
明徳義塾は音の粗さと強奏ばかりが目立ち、 富山ウィンドは何か理屈っぽくて素直に楽しめないしカットも何か不自然でしたし、
NTT中国と北海道教育大学函館分校は、課題曲が風紋のせいか、第三曲のみ演奏し印象が薄く、
いずれもこの曲の名演の決定打にはなっていないと思います。
吹奏楽コンクールでこの曲の素晴らしい名演はいまだに出現していませんので、今後の素晴らしい演奏を期待したいものです!
そうそう、忘れていましたけど、支部大会の演奏としては、
1988年の東京正人吹奏楽団の霊友会小谷ホールでの予選会の演奏は、実に考え抜かれていて
且つダイナミックな演奏で素晴らしかったです。
特に第一曲のテンポのタメとか第三曲の楽しさはすてきで都大会の演奏を期待していたのですが、
都大会では緊張したのか、消極的なボロボロの演奏だったのが惜しまれます。

この「シンフォニア・フェスティーヴァ」は、三曲から構成されています。

Ⅰ.ファンファーレ

 冒頭からトランペットのソロが大活躍します。
 クライマックスでのドラの鳴りが極めて豪快!!

Ⅱ.アリア

 木管楽器のしっとりとした表情が印象的ですが、その中でもトランペットに
 ゆったりとしたソロの場面も与えられています。

Ⅲ.トッカータ

 ミュージカルみたいなノリの曲です。
 全員で楽しく踊りまくるみたいなイメージの曲で聴いているだけでハッピーな気持ちになれます。
 だけどエンディングのトランペットのハイトーンを決めるのは至難の業だと思いますし、
 あのハイトーンの難しさはスミスの「ダンス・フォラトゥーラ」に匹敵する難しさがあるようにも感じられます。
 ラスト近くの雰囲気はバレエの「全員の踊り」みたいな雰囲気もあるように感じられます。

CDでは、東京佼成の演奏が一番素晴らしいと思うのですけど、これ以外で「これぞ決定的名演!」という演奏が
プロの演奏にも無いのが惜しまれますね・・

 | BLOG TOP |