FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12/6の記事にて「学校給食で提供されていたメニューの中で、これは牛乳と合わないだろう・・」というものは何なのかという
アンケートの中で断トツの一位はご飯でした!
12/6の記事でも書いた通り、主食が白いご飯で飲み物が牛乳で、おかずがきゅうりとわかめとレバーの唐揚げといった
組合せも最悪でしたけど、
主食が白いご飯で飲み物が牛乳で、おかずがひじきの炒り煮とクリームシチューというのも最悪に近い組合せと
言えそうですね・・(汗・・)
クリームシチュー自体はとても美味しい食べ物だと思いますし、寒い日に帰宅した時に食べる温かいクリームシチューの
幸せ感はすてきなものがあるのですけど、学校給食のクリームシチューは本当に激マズでしたね・・(汗・・)
特にひどかったのが、クリームシチューなんだけど具材になぜかなんの魚なのかよくわからない不気味な赤身の魚の身が
入っていたり、その魚と思われるウロコみたいなものが浮かんでいたり、クリームシチューのダマが溶けきれずに
固まって浮いていたりと、とにかくあの激マズは最近話題になっていた神奈川の激マズ給食メニューにもしかしたら
匹敵するものなのかもしれないですね・・
とにかくあのクリームシチューは激マズでしたし、クラスメイトの大半は残していたと思いますし、
普段は「給食は全部残さず食べろ!」と口喧しく指導していた担任教師ですら残していたほどの激マズだったと思います。
この激マズクリームシチューに加えて、白いご飯・牛乳・ひじきの炒り煮という最悪の組合せでもありましたので、
あの激マズと最悪の組合せは私にとってもいまだにトラウマみたくなっているのかもしれないですね。

そもそも論になってしまいますけど「ご飯とクリームシチューは相性がいいのか? ごはんのおかずとして
クリームシチューはありなのか・・?」という問題はしばしネットでもネタになる事があるようですし、
酒飲みの方に言わせると
「シチューなんてのはおかずにも酒のつまみにもならない子供用の食べ物」なんていう方も時折いらっしゃるようですけど、
私自身は「それは違う!」と思いますね!
シチューは、冬の食卓にはまさにどんぴしゃだと思いますし、十分「おかず」としても成立する食べ物だと
私は思いますし、何よりもあの「温かさ」は豚キムチ鍋等の鍋とは違った意味で大変魅力的だと思います!
やはりあの「冬の温かい食べ物」としてのクリームシチューはとてもほくほくと温まりますし、
学校給食のあの激マズとは一線を画するものなのだと思います。

そんな訳で、クリームシチューのおいしい作り方によってはご飯と十分両立できるものなのだと思います。

それではクリームシチューと牛乳の相性はどうなのでしょうか・・?

改めて感じたのですけど、クリームシチューで使われている具材として「牛乳」が使用されている事は
珍しい話ではありませんし、
クリームシチューを作る際に、全てを水ではなくて半分程度牛乳を注入するとかなり本格的な深いコクが出ると思います。
牛乳に加えて隠し味として小さじ一杯程度のカルピスの原液を追加で入れますと更に味がマイルドかつクリーミーになります!
市販のクリームシチューのルーを使用する場合、
牛乳の他に更にコクを引き出すには動物性脂肪を隠し味に足すことが一番だとも感じられます。
そんな時に最適なのは、生クリームです!
煮込んでいるときにほんの少しの生クリームを加えるだけで、驚く程コクが出てぐっと美味しくなります!
また私の経験では、生クリームが家に無い時は、少し荒業ですけど、コンデンスミルクを代用しても構わないと思います。

クリームシチューの大事な具材の一つが牛乳ですし、生クリームもコンデンスミルクも元の素材の一つが牛乳ですし、
こうやって考えてみるとクリームシチューと牛乳という組合せは、「元の素材が同じ」という事で
少し乱暴な表現になるのですけど「親子丼」に近いような雰囲気ももしかしたらあるのかもしれないですね・・

だからこうやって改めて考えてみると、牛乳とご飯、牛乳とクリームシチューという組合せは決してヘンな組み合わせではないと
思いますし、少なくとも最悪の組合せではないはずではないのかな・・?と思ったりもします。

それではどうして学校給食のご飯・牛乳・クリームシチューの組合せが激マズの最悪の組合せになってしまう
ものなのでしょうか・・?

その主要因は当然ながらクリームシチュー時代の不味さというのが大きいと思うのですけど、その他の要因として
1.ご飯が冷たくさめている 2.給食の牛乳は冷たいものが提供されている
という事もあるのではないのかなと思ったりもします。
温かいクリームシチューを食べた後に冷たい牛乳を飲み干すと「なんか気色悪い・・」という食感は間違いなくあると
思いますし、「なんかこの温度差も違和感あるし、牛乳の冷たい生臭さ感がなんか気になるね・・」というのも
あるのだと思います。

そこで最近ある事を試してみました。

なにかというと市販のクリームシチューと牛乳を組み合わせて食べてみたのですけど、
その牛乳は冷たい牛乳ではなくて「ホットミルク」として温めて飲んでみる事にしました。
そうすると、大変意外でもあったのですけど、冷たい牛乳で感じた違和感はほとんどありませんでした!
むしろそうした「温かさ」が本来の牛乳のおいしさを舌に伝えていて、それがクリームシチューを口に入れても
違和感はほとんどなく、
上記で書いた通り「元の素材は同じものがあり親子丼みたいな感覚もある牛乳とクリームシチュー」の
意外な相性の良さを感じたりもしたものでした。

学校給食で食べるクリームシチューと牛乳の「不味い・・」という感覚はもしかしたら牛乳の温度という事に
あるのかもしれないと私なりに感じたものでした。

そしてこのホットミルクにほんの少しばかり砂糖を入れるとさらにクリームシチューとの相性のよさが上がると
感じたものでした。
砂糖を少し入れる事で牛乳が元々持っている後味の悪さというのも緩和しているのかもしれないですね。
そしてクリームシチューの素材には「チーズ」が入っている事も多いですし、
チーズの原料はやはり牛乳ですので、温かいミルクとクリームシチューの相性は本来はいいはずなのかもしれないです。











CIMG0839_convert_20171030191057.jpg





最後にもうすこし実験をしてみると・・・

上記で「ホットミルクに砂糖を少しばかり入れると美味しいし、クリームシチューとの相性も良くなる」と記しましたけど、
それでは砂糖ではなくてココアではどうなのでしょうか・・?

幸いなことに先月の「11月7日はココアの日」という事でゲットした「ご注文はうさぎですか?」と森永製菓がコラボした
ココアの缶がありましたので、
ホットミルクにこのココア缶のココアスティックを注入してホットミルクココアを作り、その上で
クリームシチューを食べてみると、普通のホットミルク以上に違和感はありませんし、
むしろクリームシチューのクリーミーさとマイルドさがより鮮明に伝わっているようにも感じたものでした!

これからの学校給食は、夏場は無理としても寒い冬においては、ホットミルクを提供するのも一つのアィディアと
言えるのかもしれないですね。

うーーむ、ごちうさのあのとってもかわいいかわいいココアではないけど、ココアを入れる事で
今まで激マズと感じられていた組合せも美味しい組合せとして生まれ変わる事ができるものなのですね!

やっぱり食べ物としてもごちうさキャラとしてもココアは最高ですねっ!! (笑・・)
スポンサーサイト



吹奏楽経験者の方でマーチを一度も演奏したことは無いという方は多分ですけど皆無に等しいと思います。
そのくらい吹奏楽とマーチは相性がいいというのか切っても切り離せない関係なのだと思います。
世界各国にはいろいろなマーチがあり盛んに演奏されていますけど、その演奏形態はほとんどが吹奏楽であり、
管弦楽がマーチを演奏することはむしろ珍しいようにも感じたりもします。
(ニューヨークフィルとかクリーヴランド管弦楽団によるスーザの「星条旗よ永遠なれ!」は本当に惚れ惚れするほどかっこいいです!!
ニューイヤーコンサートでお馴染みのシュトラウスのラデッキー行進曲も管弦楽のマーチとしては定番中の定番ですね!)

マーチというと上記の星条旗よ永遠なれ!やラデッキー行進曲もそうですけど、吹奏楽版としては例えば
美中の美・国民の象徴・錨をあげて・雷神・ワシントンポスト・士官候補生・ボギー大佐・アメリカンパトロールなどがとても
印象的ですね!
上記で挙げた曲は私も全て演奏した記憶がありますけど、吹奏楽コンクールの課題曲とか自由曲みたいに
窮屈でプレッシャーがかかり胃がギリギリするような感じではなくて
マーチを吹くときだけはとってものびのび生き生きと演奏していたような印象もあります。
(「響け! ユーフォニアム」カテゴリで散々書きましたけど、マーチングといって歩きながら演奏することはちょっと苦手でした・・)

さてさて・・それではマーチというと日本の作曲家において有名なマーチというとどんな作品があるのでしょうか?

日本の吹奏楽事情においては「全日本吹奏楽コンクール」というものが切っても切り離せない関係があり、
日本の吹奏楽がここまで世界的に見ても驚異的なレヴェルの高さを見せているのは、確かに功罪はあるのは
認識はしていますけど、この吹奏楽コンクールの存在が間違いなく、否! 100%吹奏楽コンクールが導き出したというのは
確実にあると思います。
そんな訳で「日本のマーチ」というとどうしても吹奏楽コンクールの課題曲というイメージもあるのかとは思いますし、
事実、吹奏楽コンクールの課題曲としてのマーチには大変優れた作品や名曲も相当多いのですけど、
ここでは吹奏楽コンクールの課題曲をあえて除外して考えると、
例えばですけど、團伊玖磨の祝典行進曲とか新・祝典行進曲、黛敏郎のスポーツ行進曲、山本直純の白銀の栄光、
高校野球でお馴染みの栄冠は君に輝くなどが大変名高いと思います。
あ・・そういえば、すぎやまこういちのドラクエシリーズの序曲のマーチ・ドラゴンクエストマーチ・おてんば姫の行進
な~んていうマーチもありましたね! (笑)

だけど日本のマーチというと一番有名というのか親しみやすいメロディーというのか、
一度ぐらいは耳にしたことがあるマーチというと「軍艦マーチ」なのかもしれないですね!

軍艦マーチですけど、旧日本海軍の「軍艦」をテーマにしたマーチです。
正式名称は軍艦行進曲または行進曲「軍艦」なのですけど、なぜか知りませんけどこの曲は軍艦マーチとして呼ばれることが
多く、今現在ではその呼び方が完全に定着していると思います。
1900年(明治33年)に軍歌として元からあった元ネタとしての曲に瀬戸口藤吉がマーチとしての加筆を行い手を加え、
海軍の公式行進曲として採用されています。
現在も海上自衛隊の公式行進曲として、式典等で演奏されています。
当初は変ロ長調として作曲されましたけど、その後ト長調に編曲され、さらに大正時代末期にはヘ長調へと改訂され
現在に至っています。

採用当初は題名に沿って、軍艦の進水・出港式などで用いられていましたけど、
戦時中になると戦意高揚のためにラジオなどで盛んに流されるようになり、
終戦直後はGHQの指導もあり多くの軍歌が封印または演奏禁止になっているのに、どういう訳か分かりませんけど
なぜか軍艦マーチだけはGHQから指導を受けなかったため、そのまんまずっと演奏され続けていたという経緯もあったりします。
私はパチンコ等のギャンブルは一切やらないもので、パチンコ店に行ったことは無いのですけど、
昭和の頃はパチンコ屋さんの前を通るとよくこの軍艦マーチがBGMとして流れていて、
そのため私のような昭和世代ですと、軍艦マーチ=パチンコ屋というイメージを持っている人も多いのかも
しれないですね・・(汗・・)
メロディー自体が大変明るくノリの良い曲のため、そのあたりがパチンコ屋さんのBGMとして重宝された理由なのかも
しれないですね。
そうしたパチンコ屋さんのBGM音楽として定着した事でこの曲は日本ではすっかりなじみ深いマーチとなっていったのだと
思います。
現天皇陛下の婚儀を祝った曲でもある團伊玖磨の「祝典行進曲」の知名度が正直今一つである事を考えると、
やはりパチンコ屋の宣伝効果は凄いものがあるのだと改めて実感させられたものでもあります・・(汗・・)
だけど最近では、この軍艦マーチをBGMとして店内で流すことはかなり激減しているそうです・・・

この軍艦マーチですけど、私が中学生の頃部室内にフルスコアがあったのですけど、その総譜の注意書きには、
私のあやふやな記憶ですけど、
「トリオの変奏は、絶対にコルネットが吹く必要がある。コルネットを所有していない吹奏楽団がごまかしながら
この曲を吹くなんてとんでもない話である」みたいな何かとてつもない上から目線みたいな事が
書かれていましたけど、今現在ならばともかく、昭和の頃の田舎の中学校の吹奏楽部にトランペットとコルネットを
使い分けている学校なんてある訳ないじゃん!とツッコミを入れたい気分でもあります・・(汗・・)

この軍艦マーチはタイトルからしていかにも右の方が喜びそうで左の方が眉をしかめそうな感じてもあるのですけど(汗・・)
右系としても名高かった黛敏郎が司会者を務めた「題名のない音楽会」にて、三島由紀夫がゲストとして呼ばれ
読響を三島由紀夫が指揮された曲こそが、この「軍艦マーチ」でした!
うーーむ、これはいかにも右系の黛さんと三島由紀夫が選曲しそうな曲なのかもしれないですね・・(汗・・)

私の出身大学はどちらかというと右系の学校でして
(私は法学部でしたけど、憲法の講座を担当されていた5人の教授のうち4人は「いますぐ憲法第9条改正! そして日本は
ただちに再軍備をしろ!」という先生という事に示唆される通り、かなりの右寄りだったと思います。
今現在はどうか分かりませんけど・・)
当時在籍していた吹奏楽団もそうした影響があったのかどうかは定かではないのですけど、大学の公式の式典の行進曲とか
東都リーグの野球の応援ではよくこの「軍艦マーチ」を演奏していたものでした。
そしてなぜか知りませんけど、高校の頃はあれだけ吹いていた「星条旗よ永遠なれ!」はアメリカの曲と言うせいなのか
ほとんど演奏していなかったのは、右系の学校の雰囲気というのも多少はあったもしれないですし、
右と左が当時はいまだに小競り合いをキャンパス内で時折やっていた
昭和の頃の学生紛争の名残という奴なのかもしれないですね・・(汗・・)

最後に・・この軍艦マーチなのですけど今だったら「艦隊これくしょん」のゲームのBGMとして使用した方が
ぴったりと言えると思います!
例えば、武蔵・伊勢・長門といった戦艦の艦娘が用いたとしたら「はまりすぎてかえって怖いくらい・・」と思われるのかも
しれないですね・・

 | BLOG TOP |