FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方公式グッズって意外と流通していないというのか中古ホビーショップとかアニメイト等でもあまり見かける事は
ないですね・・(泣)
今年はとにかく艦娘フィギュアがやたらと充実してきたという印象があるのですけど、
それはどういう事なのかと言うと、少ないお小遣いという限られた予算の中で「私の趣味関係」に関する予算配分は
基本的には事前に決めておくのですけど
(それでも今年は結構衝動買いとか一目惚れ購入というものをやからしてしまい、我が家というか私のお小遣いという
財政が破綻する日も近いのかも・・? 汗・・!)
そのあらかじめ決めておいた予算というものは基本的には「東方関連グッズの購入」という事だったものの
その肝心の東方関連グッズが流通していないまたは極端に高いという事で購入したくても購入できない状況が続き、
その購入しなかった東方関連予算をそのまんま艦娘に充当してしまった!というのが実態なのだと思います。

東方グッズを入手するならば、もう少し予算増大を図るとかもしくは毎年5月に東京ビックサイトで開催される「例大祭」に
参加するのが一番なのかもしれないですね!
あの例大祭でいろんな会場を廻れば公式や非公式の同人関係等の東方グッズをもっとたくさんゲットできそうなのですけど、
実際にそれをやったとしたら「あれも欲しい、これも欲しい!」という事で大変な事になってしまいそうですね! (汗・・)

そうした所、先日比較的よく立ち寄る中古ホビーショップにて、珍しくアリスのデフォルメ系のアクリル板キーホルダーを
見つけてしまい、一つ100円+税という事もありましたし、普段のあのクールな美少女というイメージではなくて
なんかドタバタしていそうなちょっとゆるめのアリスがそこにいて、そうしたアリスがとってもかわいかったもので、
ついつい購入をしてしまいました。

アリスは「私が欲しい東方関連グッズ」の中でも、こいしちゃん・早苗さん・ゆかりん・霊夢と同じくらい
「とにかくとっても欲しくて欲しくてたまらないキャラ」でもありますし、私が今狙っているキャラの最重点キャラの一人でも
ありますので、このアクリル板キーホルダーに限らず、いい商品があれば今すぐ欲しい!という感じでもあります。
(現実的には市場や実店舗にほとんど流通していない入手困難品ばかりですけどね・・泣・・)

本記事はそのアリスのアクリル板キーホルダーの簡単なレビュー記事を書かせて頂き、
アリスについての私のしょーもない妄想を少しばかり描かせて頂き、最後にdream fantasy のアミグリさんが描かれたアリスのイラストを2枚転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。
先日の当ブログにおいて、東方キャラの髪の長さの変化による印象の違い記事(具体例→妖夢・秋静葉・チルノ)とか
黒髪ロング記事において、
「女の子は髪型をチェンジするだけでとってもすてきな変化があるし、私はショートもポニーテールも長髪も
どの髪型も大好き!」みたいな半分妄想記事(?)を書かせて頂きましたけど、本記事でもって
アミグリさんが描かれたアリスには、長髪に変化させたアリスもいますし、通常の立ち絵のアリスもいますので、
先日の「髪型チェンジ」と同様にアリス・マーガドロイドの長髪・通常の二種類のイラストをご紹介させて頂き、
「アリスって髪型が違うだけで随分と印象が変わるんだぁ―!」という事を皆様に見て頂ければとても嬉しいです!

やっぱり言葉も魔法ですし女の子の髪型の変化も一つのすてきな魔法ですね!











CIMG0858_convert_20171107073348.jpg





アリスというと阿求ちゃん曰く「人形遣いなのだけど使用している人形以上に人形らしい容姿」と評されている通り、
東方屈指の美少女だと思います。
性格も個性的な面々が勢揃いしている幻想郷においては、珍しく知的でクールでおとなしくさっぱとした性格をしている
せいもあり、通常は上品に佇んでいるといったイメージもあると思います。

そうしたクールで知的なイメージがあるアリスが上記のアクリルキーホルダーのように
ちょっとあわてたような雰囲気というのが逆になんか新鮮だなぁ・・と感じたものでした。

こちらは「もちゅふわアクリルキーホルダー」というシリーズのようでして、アリス以外には霊夢・魔理沙・レミリアが
既に発売されているようです。
もちゅふわというタイトル通り、このちょっとゆるい感じがすてきだと思いますし、とってもかわいいアリスだと思います。
アリスの隣にいる上海人形もなんかきょとん・・としていてこちらもとてもゆる可愛いと思います。

これは完全に私の脳内妄想の範疇なのですけど、東方キャラの皆様って何かしらの各自の「夢」みたいなものを
持っているものなのでしょうか?

一例を挙げると・・・

霊夢 → 幼少の頃に先代巫女の背中を見て育ち「いつかはああいうすてきな博麗神社の巫女さんになりたい」と思っていた・・

魔理沙 → 実家の道具店を超えるようなすてきな魔法道具店をつくりたい!

妖夢 → 突然失踪した祖父を超えるようなゆゆ様のお抱え庭師兼剣術の使い手になりたい・・

うどんげちゃん → 師匠の永琳を超えるような凄腕薬師になり、地上で生きる妖怪兎としての地位を確立したい!

さとり様 → 妹のこいしがサードアイを再度開いて貰って、もう一度姉妹二人で旧地獄管理の仕事をしたい・・

射命丸文 → 天狗の「新聞大会」にて優勝したい!!

フランちゃん → 幽閉状態の(?)紅魔館から家出し自由に羽ばたきたい!

阿求 → 一年でも一日でも長生きしたい・・

リリーホワイト → 一日でも早く春がやってきますように・・

レティ・ホワイトロック → 一日でも長く冬が続き、永遠に春がやってきませんように・・・

小野塚小町 → 遊んで暮らしたい・・

ゆかりん → 数百年前にようやく外界と幻想郷を完全分離し、妖怪勢力の延命に成功したのだから
         この妖怪勢力を今後ともずっと幻想郷で維持し続けたいし、人間と妖怪のバランスをきっちり図りたい・・!

などといろいろあるのだと思います。

それでは幻想郷の七色の魔法使いというのかすてきな人形遣いのアリスが理想としている「夢」というのは
具体的にはどういう事なのでしょうか・・?
現在のアリスは魔法の森のアリスの家にて上海人形をはじめとする十数体の人形たちを使って炊事洗濯掃除等を
させているのですけど、その人形たちはアリスが人形に命令すれば自立しているかのように動く事が出来るのですけど、
そうした作業を継続反復して行わさせるには
定期的にアリス自身が人形たちに命令し直さなければならないのが実情です。

そうした意味では短期的にアリスの夢とは、
自分の意志を持ち自分の意志で動く、完全な自立人形を作るという事なのかもしれないですね。
そして長期的なアリスの夢とは「東方非想天則」でも示唆されていた通り例えばガンダムのような巨大ロボットを
作る事なのかもしれないですし、
現在のアリスの能力では人形に人形を操らせることすらできるものの、
人形自身が自らの命令に従う人形を作る事だけは出来ないとされ、やむなく人形製作はアリス自身が
行っているという事情がありますので、
アリスが製作した一体の人形がアリスの命令をなんでも聞く人形をどんどん作り続け、アリス自身は特段何もしなくても
人形が何から何までアリスに代って処理してくれるという事なのかもしれないです。

だけどそれをやってしまうと「それじゃーアリスの存在意義ってなんなの・・?」という事にもなりかねないですし、
アリス自身も「東方非想天則」においては、
「自分で考える人形より、自分で操った方が便利なような気がしてきたわ」というある意味意外な事も言っていましたので、
これは外界の資本主義における「人工知能ロボットは果たして人間を本当に幸せにすることが出来るのか・・?」という
問題に意外と近いような気もしますし、アリス自身も「人間のような意思を有した完全自立人形を作る事は一つの理想
なのだけど、それを実践しすぎるとかえって自分の存在意義が消滅し、存在意義が無いという事は
幻想郷に居住する資格すらも喪失する事になりかねないし、人形が何から何までやってしまうと
自分がヒマで仕方ないし、それはそんなにハッピーな事ではない・・
ある程度人間がやるべき役割というのも意図的に残しておく必要があるんじゃないの・・?」と考えているのかも
しれないですね。

私自身も何から何まで人形にやらせるアリスよりも、自ら人形を操る人形遣いとしてのアリスの方が大好き!という
感じでもあります。
そしてアリスはとにかく幻想郷屈指の美少女ですからねっ!! (笑)














さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂きますイラストは言うまでもなくアリス・マーガトロイドです!

先日の当ブログにおいて、チルノや妖夢等の長髪版と通常立ち絵版のイラストを転載させて頂き、髪型チェンジによる
すてきな印象の違いを皆様にお楽しみ頂きましたけど、今回も同様な事をアリスでも皆様に是非
ご覧になって頂きたいと思います。
というのもアリスと言うと金髪のショートカットと言うイメージが大変強いのですけど、
アミグリさんは2013年1月に描かれたアリスにおいては、なんと・・!
意表を突く形で「長髪アリス」をお披露目されておりました!!

チェックのスカートと帽子の描き方の繊細さは特筆に値すると思いますし、これはいかにも「美少女!」という雰囲気に
満ち溢れていると思います。
なんというかわいいアリス・・!
アリスってこういうロングの髪型でも全然違和感ないし、ショートでもロングでも美少女の雰囲気は少しも崩していないのは
凄いと思います!
というか・・アリスの新しい魅力発見!という感じですね~!
アリスって長髪もとてもよく似合っているものなのですね! これはある意味大変衝撃的なイラストでもあるけど、
同時にとても新鮮なイラストだと思います!
何よりもその着眼点が「お見事!」だと思います。
アミグリさんの当時の意図としては、「冬用ヴァージョンという事で髪もロングにチェンジ!」という事ですけど、
こういうすてきでかわいいアリスを見てしまうと
「長髪アリスは別に夏でも秋でも、否・・! 一年中OKじゃん!」と感じてしまいますね!






6863754_p0_master1200.jpg





続きまして通常の髪型のアリスです。

このアリスは三重の意味で大変貴重だと思います。

まず一つ目ですけど、このアリスを描かれたのは2009年10月でして、アミグリさんの作品としても
相当の初期作品という事で貴重なものがあると思います。
そして二つ目ですけど、このアリスは実はその掲載はpixiv限定となっておりまして、「dream fantasy」には
実は今の所は未掲載という事で、FC2内でこのアリスをご覧になった方はそれほど多くは無いと思われるだけに
その意味でも大変貴重なものがあると思います。
そして三つ目なのですけど、アリスがちょっと怒った感じと言うのかイラッ・・としているというかご機嫌斜めという
雰囲気が漂っていると思います。
いつもはクールな美少女というイメージが強いアリスがこうした不機嫌モード全開と言うのも大変貴重なものがあると
いえると思いますし、作者のアミグリさん自身もこうした不機嫌顔を描かれる事は大変珍しいと思えるので
やはり貴重なアリスなのだと思います。
(不機嫌顔というと、霊夢のちょっとご機嫌斜め風のお顔とかツンデレ霊夢というのも大変印象的な作品もあったと思います)

さてさて、このちょっとご機嫌斜めっぽいアリスはどうしてこのような表情をしているのでしょうか・・?

アリスはクールでどちらかというと喜怒哀楽を霊夢みたいにわかりやすく出すタイプではないのですけど、
上海人形が自分の言う事をあんまり聞かなかったとか
はたまた戦闘中というか弾幕ゲームの最中にアリスが手塩にかけて製作した人形が破壊されてしまったとか
はたまた・・・
同じ魔法使い同士と言う商売敵なんだけど「魔理沙」という人間の魔法使いの存在がついつい気になってしまって
やはり同じく魔法使いのパチュリーさんと魔理沙が何やらイチャイチャ楽しそうに談笑している様子を目にして
思わず「イラッ・・」としてしまったとか色々とすてきな妄想が湧き起こりそうな素晴らしい初期作品だと思います!

そして繰り返しになりますが長髪アリスも通常アリスもアミグリさんの手に掛ってしまうと、どちらもとてつもなく魅力的に
感じますね!!

上記の2枚の髪型チェンジのアリスのイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

次週の土日の当ブログ記事には、ごちうさからあのキャラのとってもかわいいフィギュアのレビュー記事も登場しますけど、
ここにもアミグリさんの作品もたくさん登場してきますので是非お楽しみ頂ければ幸いです!

スポンサーサイト



埼玉~群馬方面の方でないとあまりピンと来ないのかもしれないですけど、この時期は「秩父夜祭」の真っ最中でも
あります。
秩父というと埼玉でもちょっと特殊というのか浦和・大宮という埼玉県の中心部の視点で見てみると
「あまりにも遠すぎるし交通の便が悪いからあまり馴染みがない観光地」という感じなのかもしれないです。
秩父に行くには、西武線を使うしか手がないし、車で行くとしたら国道299号線をひたすらまっすぐ行って正丸峠を超えて
飯能から一時間~一時間半程度掛かりますし、浦和から車で行った場合は2~3時間程度は覚悟したほうがいいかも
しれないです。
秩父というと地理的には山梨県に近く、埼玉県の中では「限りなく僻地」という感じなのかもしれないです・・(汗・・)

だけどそうした中、「秩父夜祭」は「何もないない何も名物もない」の埼玉県にあっては数少ない由緒正しきお祭りの一つであり、
歴史的価値も大変高く、日本のみならず世界各地からこの大変盛り上がり華やかなお祭りを見ようと観光客が
押し寄せるお祭りなのだと思います。
私も一度だけこの秩父夜祭を見たことがありますけど、とにかく壮観で圧巻で幻想的な光景だったと思います!
祭礼当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。
クライマックスは3日の夜で、最大20tもある屋台・笠鉾をお旅所への急な団子坂を引き上げる様子は大迫力だと
思います。

だけどこのお祭りの欠点はとにかく帰る際の国道299号線の半端ない凄まじい渋滞なのだと思います!
普段ですと秩父駅前から飯能駅前って車で一時間前後ぐらい掛かるのですけど、秩父夜祭の日は
3時間以上は覚悟したほうがいいと思います。

秩父夜祭は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている埼玉県秩父市にある秩父神社の例祭であり、
12月2日が宵宮、12月3日が大祭であり、提灯で飾り付けられた山車(笠鉾・屋台)の曳き回しや、
冬の花火大会はテレビ映像でもおなじみの方も多いのかもしれないです。
秩父夜祭は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並んで日本三大美祭及び日本三大曳山祭の一つに数えられるそうですけど、
埼玉県に在住している私の視点からは
「へー、そーなのかー」とまるで東方のルーミアみたいな感想になってしまいますね・・(笑)
「秩父夜祭は確かに名高いけど京都の祇園祭と並ぶ三大祭にカウントされているだけでなんか恐れ多い・・
京都にかえって申し訳ない感じ」というのもあるのかもしれないですね・・(汗・・)
だって普段の秩父なんて「埼玉の中心部から見るとあまりにも遠すぎる僻地」以外の何物でもないのですけど、
そうした遠隔地の神聖なるお祭りだからこそ価値が高いといえるのかもしれないと思います。

秩父夜祭の笠鉾・屋台は、釘を一本も使わずに組み立てられているそうです。
金色の飾り具や極彩色の彫刻、後幕の金糸の刺繍で装飾された笠鉾・屋台は「動く陽明門」といわれるほど豪華絢爛で、
国の重要有形民俗文化財に指定されているとのことです。

先ほどルーミアの名前が出てきましたけど、同じく東方キャラの博霊神社のすてきな巫女さんの霊夢の視点から
こうした秩父神社の秩父夜祭を眺めてみると
「お賽銭が一杯集まりそうだし、お守り等のグッズがたくさん売れそう・・! こりゃ一儲けだぁーー!!」という感覚なのかも
しれないですね・・・(笑)

あ・・今は吹奏楽カテゴリの話で行進曲「SLが行く」の話でしたね・・

話が例によって最初からそれまくりでした・・(汗)

このブログでも何度か書いたことがあると思いますが
私自身、1988年~2001年は金融関係 2001年以降は木造住宅メーカー等の住宅・建築関係の仕事に関係しているのですけど
2004年~2005年の頃の話ですけど、私の顧客が秩父で親と同居用の「セカンドハウス」を建てる事になり
その建築計画に営業担当として最初から建物完成、そして入居までその全てに関わる仕事を担当していたこともあります。
当時、私は所沢の「総合住宅展示場」にて営業担当として勤務していましたけど、所沢から秩父はとにかく遠かったですね!
車で片道2時間半程度は掛かったと思います。
仕事上、秩父から所沢に戻る際、既に真っ暗になっている事も多く、
その際に、「何かが出る・・・」と噂が非常に強かった「正丸峠」のトンネル内を通過する際は
私自身実はかなりビビりながら通行したものです・・(汗・・)

そのお客様のセカンドハウスの施工場所は、秩父鉄道の線路沿いでして、
確か単線だったと思いますし、電車によっては「一両編成」みたいなものもあったような記憶があります。
単線を一両編成の電車が通過するだけで何とも言えないのどかな雰囲気を感じていたものでした。

そのお客様が無事に地鎮祭を迎えられ、私自身も設計担当・工事監督と共に地縄立会い→地鎮祭に参加し、
神主さんが「かしこみ、かしこみ・・・・」などと祝詞を唱えられていると

なんと・・・・!

目の前の線路で昔ながらの蒸気機関車・・・、そう! 「SL」が煙をもくもくと立てて目の前を通過していきました!!

正直、あの時はとても驚きましたし、まさかSLをこんなに間近で見られるなんて夢にも思わなかったですし、
既に「過去の遺産」と思っていた蒸気機関車、SLをあんな間近で見られた事はとてつもない幸運だったと思いますし、
あの時は何か妙にテンションがあがって、
何か地鎮祭どころではありませんでしたね・・・・(汗・・)
私自身、SLが実際に煙を吐き出しながらお客さんを乗せて通行している光景は後にも先にも今のところ
秩父のあの地鎮祭以外は体験したことがないです。
それだけに大変貴重な経験だったと思いますし忘れがたい地鎮祭になりました!

後で聞いた話では、
「パレオエクスプレス」は秩父鉄道が1988年3月より運行しているSL列車で、
秩父地方で発見された海獣「パレオパラドキシア」の化石にちなんで、この名前が付けられたとの事です。
土・休日や春休み・夏休みの時期を中心に、熊谷駅から奥秩父の三峰口駅までの間を1往復し、
C58型蒸気機関車が12系客車4両を牽引していたとの事で、私が地鎮祭の際に目撃したSLは、まさにそれだったのでした!!

大宮から仙台まで新幹線で行くと1時間20分を切る「スピードの時代」の中にあっても
こうした「のんびりとゆったりとしたSLの旅」というのも何かすてきなものを感じます。
見ていても、あの轟音と煙は、何か「郷愁」みたいなものを感じてしまいますね・・・・





SL縺瑚。後¥_convert_20141216190456





かつて、全日本吹奏楽コンクール課題曲でも「SL」をテーマにしたすてきな曲がありましたね・・

そう、それが2001年度課題曲Ⅳ/行進曲「SLが行く」なのですけど、
この年は課題曲Ⅰ/栄光を讃えて に人気が集中してしまい、
どちらかというと「小編成」での演奏を意識して作られたこの課題曲が全国大会で演奏される回数は
かなり少なかったのは何か勿体ない感じはありました。
この年の課題曲Ⅲ/あの丘を越えては、スコアを見た限りでも演奏を聴いた限りでも
かなり難しい要素はあったと思います。
マーチであそこまで高度な技術を求められるのは少し珍しいかもしれないです。
だけど対照的にこの課題曲Ⅳ/SLが行くは
技術的にも平易だし、シンプルな構成だし、何よりもその「分かり易さ」が実に素晴らしかったですね。
演奏時間も確か2分半程度のかなり短めだったのもジュニア向きを意識したのかもしれないです。

この課題曲、何が素晴らしいかと言うと、そののどかな雰囲気・・・・

あののどかな雰囲気は、まさに私が見た「地鎮祭での秩父でのSL」そのものでした。

この課題曲を聴くと、なぜかいまだにあの時の秩父での地鎮祭ののどかな光景を思い出し
何かいまだに「くすっ」となってしまいます。

そうそう、この課題曲、
打楽器はティンパニは使用せず、小太鼓・大太鼓・シンバル・グロッケンのみの非常にシンブルな構成でしたね。
この課題曲は、
浜松交響吹奏楽団のテンポ設定を比較的遅めに設定した「優雅なおとなっぽい雰囲気」と
磐城高校のテンポ設定を速めに取り、若さ溢れる躍動感をイメージさせた
二つの対照的な演奏スタイルがとても強く印象に残っています。

何かこの曲の事を書くと
「あー、たまには秩父にでも行きたいな・・・」と思ったりもするのですけど
秩父は同じ埼玉でも別世界・・・・
冬は積雪が大変だし寒いし、やはりあの「遠さ」がネックなのかもしれないですね・・

 | BLOG TOP |