FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


肩凝りとか首凝りって日本人の一つの国民病の一つと言えるのかもしれないですね。

日本人って全般的に猫背気味で姿勢があんまりよくない傾向にあるようですし、あの勤勉な国民性ゆえに
常にせかせかとせっかちに動き回っているというのも頭痛とか肩凝り・首凝りを誘発している一因になっているのかも
しれないです。

私もそうした日本人の国民病の典型事例と言えるのかもしれないですけど、
首と肩の筋肉が凝り固まっているから頭痛が発生しているみたいな事を常に自覚しています。
首と肩の筋肉を自分でほぐしセルフマッサージを施していると自然と頭痛や肩凝り首凝りが治まってくるという
パターンが私の中に合ったりもします。
日常の中でも普段からこまめに首・肩のセルフマッサージとかストレッチなどは必要なのかもしれませんね。

さてさて、そうした仕事や運動で疲れた体を癒やしてくれるアイテムの一つがマッサージチェアなのかもしれないですね。
このマッサージチェアなのですが、以前ですと銭湯とかスーパー銭湯とか温泉ホテル等でよく見かけたものですけど、
最近はショッピングモールの休憩所とか公共施設とかネットカフェとか色々な場所に設置されているような気もしますし、
その設置場所は以前に比べると随分と増えている感じもありますね。
そして、そのマッサージチェアが誕生してから既に50年以上経過しているのですけど、
その機能はまさに日進月歩だったと思いますし、最近のあの性能の充実ぶりは目を見張るものがあると思います。

マッサージチェア自体にとっても、身体の疲れを癒やしたいという利用者の思いにこたえようと進化し続ける半世紀の
歴史だったと言えるのかもしれないですね。

先日なのですけど、平日休みの際にうちの奥様と一緒にとある近くの大型ショッピングモールに買い物等に
行ってきたのですけど、彼女は例によって、まるで東方Projectのこいしちゃんのようにあっちへフラフラ、こっちへフラフラ
状態となっていて、しまいには本屋に入ってしまいました・・
彼女が本屋に一旦入ってしまうと、雑誌コーナー・漫画コーナー・サブカルチャーコーナーなどあちこちフラフラしまくる
もので30分程度はずっと本屋に入りっ放しです。
そうなると、私も時間を持て余してしまいますので、そういう時にたまに活用しているのがショッピングモール内に設置されている
有料のマッサージチェアコーナーなのでした。
この日もなんだか首と肩が凝りまくっていて頭がちょっと重いという感じでもありましたので
「お風呂でのセルフマッサージもいいけど、たまにはこういうマッサージチェアで首と肩をほぐすのもいいかも・・」と思い、
久しぶりにこのマッサージチェアを使ってみる事にしました。
ちなみに価格は10分100円です。
今回はうちの奥様は30分程度は本屋に入ったまんまというのが目に見えていましたので、300円という事で30分程度
使用をさせて頂きました。

あ―――、それにしても最近のマッサージチェアは大変気持ちがいいですね!

そして同時に「凝っているツボ」に対して実に的確にグイ揉みしてくれますから、30分があっという間に過ぎていった・・
という感じになってしまいました。
最近のマッサージチェアは一番最初に首から腰までセンサーで状況を把握し、その上で
一人ひとりの背筋ラインを検知し最適なマッサージプログラムを自動で選んでくれますので、従来のように
複数のプログラムを「果たしてどれが自分に合っているのかな・・?」と迷う必要はありませんし、勝手に自分の凝り具合に
見合ったプログラムを自動的に進めてくれますので、その辺りも大変便利と言う感じがありました。
そしてその揉み方も、普通の叩き・振動・グイ揉み・グイグイ揉み・一度ゆっくり揉んで更にその後でじわっと更に
強く揉みあげてくるなど複数のパターンが用意されているのですけど、そうした多数の揉み方を
更に強弱を付けてまるでプロのマッサージ師さんのようにやってくれますし、
「別に高いマッサージ屋さんに行かなくてもこのマッサージチェアがあればそれでいいじゃん・・」という程度の仕上がりまで
気持ちよく揉んでくれますので、「最近のマッサージチェアはここまで進化したのだ!」ととてつもなく感動したものでした!

特にあの首根っことか肩の痛い部分をぐぐっと掴んでぐいぐいっと適度な力で揉んでくるあたりがとても気持ち良かったです!

結果として首と肩の凝りが解消され、頭が重たい感じもすっきりと解消したものでした!

ここにも「モノづくり大国 日本」の美点が遺憾なく表れていたようにも感じたものでした。






譏ュ蜥契convert_20171018183045






皆様にとって、一昔前・・というか昭和の頃のマッサージ器のイメージってどんなものでしょうか・・?

私が学生時代に通っていた銭湯の脱衣所にはほとんどの場合こうしたマッサージチェアが置かれていましたけど、
当時はもちろん今現在のようなあんなにも精緻なものではなくて、
硬めの無骨な椅子の背もたれからもみ玉が飛び出していて、
バシバシと直接肩を叩いたりぐいぐいと腰や背中を押すようなものだったと思います・・・(笑)

本体右側にあるハンドル操作で、もみ玉の位置を上下に移動させて、
肩、背中、腰などマッサージしたい位置に自由に調整することができたという代物ですけど、
あの外に飛び出たもみ玉自体がなんとも昭和レトロを感じさせてくれていると思いますよね・・・(汗・・)

こうした初期の頃(1960年代)のマッサージチェアは、当時は当然知名度もありませんので、
まず銭湯に無料で置かせてもらい、お客さんが利用することで収益が上がる商品だということを
認知してもらうことに注力したというのが当時の営業戦略だったようです。
当時、コイン式は3分10円が主流だったそうですけど、
当時の製品価格は1台7万円前後だったので、1日20人使うと1年ぐらいで資金を回収できたらしいです。
それにしても3分10円という所にも昭和レトロの香りが漂ってきそうですね・・・(笑)

この頃のマッサージチェアは、とにかく背中が硬いという感じでしたし、今みたいに「揉む」事がメインではなくて
トントンと叩くという事がメインだったように記憶していますけど、
そうですねぇ・・当時の私の記憶では「なんかあんまり凝りは解消されないよね・・ちょっと痛いし・・」という感じだったと
思います。





繝√ぉ繧「_convert_20171018183021





それにしても最新のマッサージチェアの精度の高さは本当に目を見張るものがあると思います。

一人ひとりの背筋ラインを検知し、最適なマッサージプログラムを自動で選ぶ「3Dポイントナビシステム」など、
画期的な機能を数多く搭載されていますし、
「機械が人に合わせてマッサージする」というこれまでにない革新的なマッサージチェアみたいな商品も
随分と出ているように思えます。
中には、プロのマッサージ師のような緩急のある絶妙な力加減を再現した「極メカ4D」を搭載している商品もあったりして、
上下・左右・前後という従来の3Dの動きに加えて「動作時間のコントロール」を新たに取り入れ、
マッサージチェアとしての「気持ち良さ」を追求するという姿勢が強く感じられるものもあるように感じられます。

とにかく言える事は、こうしたマッサージチェア一つとっても「日本のモノづくり」の進化はまだまだ止まらないという
事なのだと思います。

最後に一つだけ注意を喚起させて頂きますと、「マッサージ後の揉み返し」には注意をされた方が宜しいようにも
思えます。

揉み返しとは何かと言うと、マッサージをした後に起こる症状で、マッサージが強すぎて筋膜や筋繊維を損傷してしまい
炎症が起こっている状態をいいます。
マッサージを受けることで、肩こりやふくらはぎなどの筋肉が凝り固まって
パンパンになっている所をほぐしていくのですが、強く揉むことによって筋肉が収縮し、筋肉痛が起こると
言われています。

私も上記で書いた通り、あまりにも気持ちがよく凝りが解消されていきましたので、
ついつい調子に乗ってしまい、30分程度もこうしたマッサージチェアで同じ個所・・首と肩ばかりグイ揉みをしてしまったら、
翌日の朝、起きてみると何やら首が痛いという感じで、押してみると何だか捻挫したかのような感じもありました。

うーーーん、確かに少しマッサージし過ぎたかもしれませんよね・・・

だけど反面、頭痛とか頭がだるい感じは全然なく、むしろ非常に目覚めが心地よい朝でした。

要は「バランス」なのかな・・・?

筋肉痛になるまでセルフマッサージとかマッサージチェアを使う必要はありませんし、
むしろ「ほどほど」が一番という事なのかもしれないです。

気持ちいいからといってあまり過度に繰り返しのマッサージをやり過ぎてしまうと、翌日から今度は「首をひねった感じ」
みたいな感覚に悩まされる事もない訳ではありませんので、
なんでも「過度に行う」という事はあんまりいい事ではないという事を示唆しているのかもしれないですね。
スポンサーサイト



先日の住宅ローンに関する補足記事です。

皆様にとっては「不動産登記簿謄本」という言葉を聞いてもあんまりピンと来る方は少ないのかも
しれないですね。
不動産登記簿謄本とは何かと言うと、一言で言うと、土地建物の権利関係を公的に証明した書類とも言えます。
不動産登記簿謄本は、表題部・権利部甲区・権利部乙区の3部構成から成り立っていて、
表題部には、土地の場合は、所在・地番・地目・面積などが表記され、建物の場合は、所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積
などが表記されています。
甲部には、所有者に関する事項が記載されていて、
その不動産の所有者は誰で、いつ、どんな原因で所有権を取得したかがわかります。
乙部には、抵当権・根抵当権など所有権以外の権利に関する事項が記載されています。
つまり、この登記簿謄本を取得する事で、その土地建物の面積とか構造が分かり、誰がその不動産を所有していて
どの金融機関にどの程度融資を受けていて、その金利がどのくらいで、その融資を受けた年月日も
分かるようになっています。
だからこの不動産登記簿謄本って「個人の大切な財産」に関する事がたくさん書かれていて、しかも恐ろしいことに
この登記簿謄本というのは、見たい人が法務局に行って所定の手数料さえ支払えば自由に閲覧とか謄本というか
要約書という形で書面として取得する事は可能です。
意外かもしれないですけど、この不動産という財産に関しては「個人情報ダダ漏れ・・」という感じなのかもしれないです。

上記で記したとおり、登記簿謄本を見ればその不動産の権利関係を知ることができますけど、
それでは登記簿を調べるにはどんな方法があるのでしょうか?
登記簿を調べるには、三つの方法があります。
一つは、法務局に出向いて閲覧するという方法、2つ目は、インターネットでの閲覧、
3つめは、登記簿謄本(登記事項証明書)を取得するという方法です。
従来までは登記簿を調べる方法には、「閲覧」という方法がありました。
これは、調べたい不動産を管轄する法務局に行って、直接登記簿を見るという方法です。
しかし、現在は多くの法務局はコンピュータ化されており、紙の登記簿から、磁気ディスクに記録されるようになったため、
昔と異なり今現在においては直接登記簿を閲覧することができなくなっています。
こうしたコンピュータ化されている法務局で登記簿を見たいと思った場合は、閲覧の代わりに、
「登記事項要約書」というものを請求することができます。
登記事項要約書は、その不動産に関する現在の権利関係など一定の登記事項が記載された書面です。
(この書面は全ての事項が載っているわけではありません。)

私自身は、1988~2001年までとある第二地方銀行に在籍し、その金融機関が破綻するまで在籍していましたけど、
その時代は、まだ自由に登記簿を閲覧出来る時代だったものでして、
今現在と異なり、その登記簿に書かれているある意味貴重な情報を閲覧によってゲットする事が出来ていました。
上記で書いたように今現在は紙の登記簿を直接見る事も触る事もできませんし、閲覧と言っても
要約書を所定の手数料を支払って一つの登記情報を見る事だけしかできません。

だけど・・私が金融機関に在籍していた頃は、所定の閲覧に関する手数料さえ支払えば、
分厚い紙の登記簿を丸ごと一冊自由に閲覧することが出来ました!
私の記憶では当時この登記簿一冊の閲覧手数料は200円程度だったと思いますが、あんな分厚い登記簿を5冊
閲覧しても手数料は1000円程度でした。
そして上記で書いた通り、この不動産登記簿謄本には、どの人がどんな金融機関から融資を受けていて
その金額とか金利とか借入時期も記入されていて、一般的には一冊の登記簿には、50名程度の情報が記載されている事が
多かったものですので、今にして思うと不動産情報という大変貴重な個人情報がダダ漏れという事だったのだと
思います。
(確認ですけど、今現在はこうした紙の登記簿を閲覧する事は出来ません。現在の法務局は全て電子化されています!)
そうした登記簿に記載されている情報がどうして金融機関にとっては「貴重な情報」かというと、
その登記簿をくまなく見ていれば、「住宅ローンを現在組んでいる債務者」が一目瞭然だからです。
住宅ローンを組んだ場合の金融機関の担保設定は根抵当権ではなくて「抵当権」というのが一般的であり、
登記簿にもその債権者が××銀行とか△△住宅保証がばっちり書かれていますので、
分かる人が見ると、
「この人は昭和××年に△△銀行から〇千万円、▽%の金利で住宅ローンを組んでいる」という大変おいしい情報を
ゲットする事が出来たのです!

具体的にどうするのかと言うと、登記簿を5~6冊程度閲覧という名目でキープ、閲覧コーナーにて
その登記簿をくまなくチェックし、「どの人が高い金利でもって現在住宅ローンを支払っているか」という事を把握し
該当者の住所氏名と貸出先・借入時期・借入額・金利を素早くメモするのです。
以前の記事でも書いた通り、1980年頃の公庫とか1989~90年頃の公庫や民間金融機関の金利はかなり高めでしたので、
ちょっと登記簿を閲覧しただけでも「高い金利で住宅ローンを払っている人」を何人もピックアップできたものです!
厳密に言うと、謄本の閲覧は一人の物件で200円の手数料という事なのですけど、当時の私たちが閲覧していたのは
250~300件近い物件数でしたので、本来ですと200円×300の手数料を求められても文句は言えないですし、
実際に管理が厳格な法務局ではそうした事例もあったようです。
だけど当時私が在籍していた支店は山梨という事もあり全体的にのんびりしていましたので、
法務局の方も「あいつ・・また来ているし、今回も300件近い物件を見ているよ・・」という感じで黙認されていたのかも
しれないですね・・・(汗・・)
とにかく1990年代中盤まではまだそうした「ゆるくておおらかな時代」だったのかもしれないです・・
くどうようですけど、今現在はそうした閲覧自体できませんけどね・・

そうやって法務局の登記簿にて「高い金利で住宅ローンを払っている債務者」を「住宅ローンの肩代わり先」として
リストアップし、登記簿に書かれている住所にまずはDMとして発送し、
相手からの反応を待つかまたは電話または直接訪問すれば
(当時の山梨は、NTTの電話登録をしている人はかなり多かったです!)
結構高い確率で
「え―ー、今現在ってこんなに金利が安いのだ! これをおたくの金融機関で住宅ローンを組み直しをすれば
毎月これだけ返済金額が軽減され、累計の返済金額もこれだけ減少するのだ!」と
好感触を得て、結果として住宅ローンの肩代わり案件の融資実行も随分と出来たものでした。

だけど今にして思うとこれって個人情報ダダ漏れですし、以前社会問題となっていた「ベネッセのDMの住所リスト」
みたいなものですよね・・・(汗・・)
今現在こうした手法でDM送っても、逆に不審がられて「どうしてうちにこうした的を得て過ぎているDMがくるのだ・・」と
不気味がられそうですし、場合によっては訴えられそうですね・・

とにかくこうした点からも「時代が変わった・・」と言えるのだと思います。

 | BLOG TOP |