FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「プリパラ」のアニメ自体は今年の3月に一旦最終回を迎え放映終了となっていますけど、
その人気は一向に衰えることなく健在なのだと思います。
その証拠にプリパラの玩具は今現在でも普通におもちゃコーナーに置かれていますし、グッズの売れ行きも
いまだに堅調のようですね!
これは凄い事だと思います。
だってプリキュアなんて、1月末に最終回を迎えると、あっという間に商品が新しいプリキュアのものに差し替えられ、
数週間後には在庫整理の叩き売りが始まるというのが一つの恒例になっているのかもしれません(汗・・)
だけどプリパラの場合は、そうした事も無くいまだにデパート・大型ショッピングモール・トイザラス等では、
当たり前のようにプリパラのグッズがずらっと展示されていて普通に売られていますし、
食品コーナーでも今現在でもごく普通にプリパラのカードガム等が売られています。
第一パンの「プリパラパン」も、「プキュアパン」を置いてある店を探すのが一苦労である事とは対照的に
ほとんどの店舗においては、プリパラが既に放映終了となっているのにも関わらず、いまだに現役商品として
販売が継続されている事は「すごいなぁ・・」と感心させられるばかりです!

やはりこれが今現在のプリキュアとプリパラの「現実格差」なのかもしれないですね・・(汗・・!)
プリパラもプリキュアも実は両方共に見ていてどちらも大好きという私としては、ちょっと「痛し痒し・・」みたいな雰囲気も
あるかもしれないです。

「プリパラ」は「アイカツ」や「ラブライブ」と共にプリキュアファンの間からは
「プリキュアからごっそりファンを持っていってしまい、プリキュア関連グッズの売上を激減させた主要因」
みたいなやっかみを言われてしまうほどの大人気ゲーム&アニメ化作品でありまして、
テレビ東京においては、2014年よりアニメ化作品が放映されていて、2017年3月に放映終了となっていますけど、
その人気は今だに健在の大人気作品なのだと思います。

「プリパラとはなんですか・・? 」とプリパラをご存知ない方に一言で説明をいたしますと、
仮想世界のアイドルテーマパーク「プリパラ」を舞台にしたアイドルとしての女の子たちの成長物語をメインテーマにした
ゲーム&アニメ化作品です。
ちなみにですけど、私自身は「ハピネスチャージプリキュア」あたりまでは
「ふん、! こんなアイドル育成アニメなんて既に使い古されたネタじゃん!」なんて思っていたのですけど、
Goプリを境に徐々にプリキュアからは少しずつ距離を置き始めた(?)私にとっては、今まで敬遠していた
プリパラとかラブライブとかラブライブサンシャインといったアイドル系作品も最近は結構な勢いで(?)見まくっているのが
最近の実情なのかもしれないです・・・(汗・・!)
「まったく・・いい年こいてなにやってんですか・・?」みたいなツッコミも入りそうなのですけど
「ふんっ! 二次元の可愛い女の子を可愛いと言って何が悪い!」と本人は開き直っております(汗・・)

プリパラと言うと、真中らぁらとか南みれぃとか東堂シオンも大好きですけど、
私が大好きだったのは何と言っても北条そふぃでした!
そふぃなのですけど、ごく簡単に概要を書きますと、、「プリパラ」のメインキャラクターの一人で、
真中らぁら・南みれぃと同じ私立パプリカ学園中等部に所属し、
9才の頃からアイドルとして活動しているとっても可愛い女の子です!

さてさて、本記事においては、最近とある中古ホビーショップで在庫一掃の(?)ワゴンセールを展開していた
プリパラの「スリムポスター」のご紹介をさせて頂き、後半はいつも大変お世話になっている当ブログの大切な
ブロとも様のアミグリさんが描かれたプリパラ関連のイラストを転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。






CIMG0799_convert_20171017191947.jpg





このプリパラのスリムポスターなのですけど、確か20種類あったのかな・・?

そして一つの箱の中に2枚入っているのですけど、当然ながらこの手のものはどのキャラが入っているというのは
箱を開けてみないと分からないものですので、やはりリスクは高いのかな・・?とも思ったりもします。
だけどよく見てみると、この20種類のポスターなのですけど、登場するものはメインキャラばかりで馴染み深いキャラ
ばかりですので、どのポスターが入っていたとしてもそれぞれ満足するものばかりで、
このプリパラのスリムポスターに関しては、ハズレはほぼ皆無じゃないのかな・・?とも思ったりもします。

元の定価は一箱500円もするものなのですけど(汗・・)
やはりプリパラのアニメとしての放映が終わったという事で多少旬が過ぎたというせいなのか、
この時は一箱100円+税でワゴンセールという叩き売りがなされていました。

さてさて・・今回はどのキャラが当たったのでしょうか・・? (笑)




CIMG0801_convert_20171017192046.jpg





結論から書くと、今回のスリムポスターは、真中らぁら・北条そふぃ等の人気初期メンバーではなくて、
これまた偶然なのですけど、アニメ第二期の最終回間際の頃に彗星のように現れた「トライアングル」という
三人組の中から、じゅのんちゃんとぴのんちゃんの2名が当たっております。

そして上記のポスターはじゅのんちゃんです!

今、ぴのんちゃんとじゅのんちゃんと書きましたけど、プリパラを見たことがない方のために補足をさせて頂きますと、
実はこの二人は同一人物なのです!(笑)
あ! 、違いましたね・・(笑)
プリパラの中で登場するアイドルユニットの「トライアングル」の三人のメンバーである、じゅのん・ぴのん・かのんは、
なんと・・!
3人全員の正体は真中らぁらの妹・真中のんだったことが判明したものでした!
(改めてですけど演じる声優さんは本当に大変だとしみじみ感じたものでした・・)

この3人の声質が全く異なるため、アニメだけを見てしまうとこの3人は当然別人と思ってしまうのですけど、
三人の異なるキャラを一人の声優さんが演じていた事になりますので、
やっぱり声優さんの演技力は素晴らしいものがあるのだと思いますし、その大変さを難なくこなされた努力には
本当に心の底より敬意を表したいと思います。

じゅのんちゃんのキャッチコピーは「ちょう絶クールバタフライ」という事で、超と蝶を掛けているのが面白いと思います!
プリパラアイドルとしてのクールを極め、No.1になるという意味がこのキャッチコピーには示唆されているのだと思います。
じゅのんちゃんは、三人の中では口数は少ない方で、発する言葉の殆どには「ドライアイス」「南極大陸」等
クール=冷たい物の名前が入るというのが特徴でもあったりします・・(笑)





CIMG0800_convert_20171017192019.jpg






こちらはぴのんちゃんです!

三人組のアイドルユニット「トライアングル」のポップ担当という事になっていますけど、上記で既に書いている通り、
三人組といってもこの三人は同一人物でありますので・・(笑)
「ぴのん星からやってきたお姫様」を自称するトゥインクルアイドルという設定になっていて、
「ぴっぴ」という語尾を使用しているのが大変面白いですけど、うーーむ、それですと
極端にヘンな語尾を聞くとドン引きするというプリパラのある意味親分でもある紫京院ひびきの視点から眺めると、
ぴのんちゃんの語尾を聞くと頭痛が酷くなるのかもしれないですね・・(汗・・)






pinon-pripara-03_convert_20170226172350_convert_20170429073533.png



pripara-kanon-002_convert_20170411170207_convert_20170429073612.png






さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂きますイラストは、当然ながらプリパラの新・アイドルユニット「トライアングル」の
じゅのん・びのん・かのんの三人の中から、
ぴのんちゃんとかのんちゃんのイラストを転載させて頂き皆様に是非ご覧になって頂きたいと思います。

アミグリさんが描かれたプリパラなのですけど、2015年に描かれた北条そふぃもとても素敵で、あの可愛いそふぃは
うちのブログでも既に何度か転載&ご紹介をさせて頂いておりましたが、
今年・・2017年に描かれたぴのんちゃんとかのんちゃんも最近のアミグリさんの作風の大きな特徴でもある
あの「素敵なキラキラ感」がパーフェクトに近い感じで発揮されているのが大変印象的でした!

ちなみに上が今年の2月に描かれたびのんちゃんでその下が2017年4月に描かれたかのんちゃんです!

アミグリさんが描かれるぴのんちゃんは、とてもカラフルで可愛いです!

この「キラキラ感」がとっても素敵だと思います!

このぴのんちゃんは、全体的に青のイメージを大切にされながらも、カラフルな雰囲気で仕上げられ、
その色彩的バランス感は素晴らしいものがあると思います。
このびのんちゃんの「はーい!」とファンに手を振っているような雰囲気とかこの目の可愛らしさは、
アイドルそのものの可愛らしさがあると思います。
そしてやはりアミグリさん特有のこの素敵なキラキラ感が「アイドルらしさ」を更に引き立てているようにも感じられます。

このぴのんちゃんの下が、かのんちゃんです!

ぴのんちゃんもとっても可愛いのですけど、かのんちゃんもそれに負けないくらいの可愛らしさと
最近のアミグリさんの作風らしいキラキラ感が光り輝いていると思います!
初めてこのかのんちゃんを見た時の私の第一印象は「素敵な春到来!」というまさに「春」をイメージさせるイラスト
というものでしたけど、その印象は季節が既に冬に差し掛かった今現在でも変わりはないと思います。
春の雰囲気とそのキラキラ感の相性は最高のものがあると言っても過言ではないと思います。

「花の妖精」というキャッチコピーそのものというか、 背景もスカートのデザインも胸元の飾りも
髪飾りもとっても可愛いお花でまとめあげられていて、
かのんちゃんの妖精らしい可愛らしさを素敵に演出していると思います。
アップした髪型もとてもよく似合っていると思います。

私といたしましては、一人でも多くの皆様に dream fantasy のアミグリさんが描かれる素晴らしいイラストを見て欲しい!という気持ちで一杯です!
どうかアミグリさんの dream fantasy という
素敵なブログを宜しくお願いいたします!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれたプリパラのびのんちゃんとかのんちゃんのイラストは
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載を快諾して頂きましてありがとうございます!

当ブログの今週の土日はいずれも「東方カテゴリ記事」を予定させて頂いており、ここにもアミグリさんの描かれた
とっても素敵な東方イラストが登場してきますので、
今週末の土日も是非是非当ブログの東方記事とアミグリさんの描かれた東方イラストをお楽しみ頂きたいと思います。
スポンサーサイト



仕事の関係で、
ま、たまーーにですけど、「工事代金未払いの回収要請」とか「督促→回収」みたいな役割が
廻ってくる場合もあります。
以前も書いたことがありますけど、20代~30代中盤の頃の私は金融機関に在職し、
そこで「不良債権回収」とか「延滞金回収」みたいな業務も経験したことがあるのですけど、
この種の「未払い金回収」みたいに「金銭」がストレートに絡む仕事は、 本当に嫌ですね・・! (汗・・)
金融機関みたいな本格的なものではないにせよ、 建築・住宅関係で顧客が代金を支払わないという背景には
「当該工事の仕上がりに何か不満がある」とか「条件闘争」みたいな側面が多々あり、かなり面倒な面もあったりします。
勿論、100万~千万単位の工事の場合は、当然ながら営業担当等も
提携クレジット会社の審査が通って初めて部材の発注を行ったり
現金支払いの場合は、契約時・着工時・中間・竣工時とそれぞれ割合を決めて代金請求をするのですけど、
小規模工事の場合とか、うちの会社で併設している「便利屋」みたいな部署の雑務的工事みたいな
数千~数万単位の場合は、特に条件を定めず、その当該工事が完了した場合に、代金請求という流れになります。

だけど、たまにですけど、何だかんだ、言いがかりを付けてきて
代金支払を拒否したり、強引に値引きさせようとして無理難題を吹っかけて条件闘争に持ち込む
「困ったお方」もいたりして、 対応に苦慮する時があります。
ま、勿論、こちら側の工事内容に少し問題があったり、事前の説明が悪くて
顧客の仕上がりイメージと施工側のイメージで「ズレ」とか「認識の違い」が生ずる場合もありますし、
見積り内容と施工についてのイ捉え方の違いみたいな事もあったりします。
その辺りはケースバイケースなのですけど、言いがかりとか揚げ足取りみたいな場合は
本当に対応に苦慮する事があったりもします。

先日も、そういうケースがあり、代金未払い状態が7か月以上となり、クレーム処理班の私にまたまた「対応要請」が
きてしまったのですが、あまりにも内容が悪すぎて、対応するのもバカバカしいというレベルでした。
要は、これは完璧な「踏み倒し」の領域ですね・・・・
この種のケースの場合、会社としての「ゴール地点」は何かと言うと、当然ながら「代金の全額回収」となります。
正直、その交渉過程はどうでもいい・・・ ま、いかに「全額回収」させるかがポイントとなるのですけど、
最初から「金払え!!」みたいなスタンスでガンガン詰めてしまうと、 大抵うまくいきませんし、回収が図れません。
まずは相手の言い分に「理」や「筋道」は無くても、一旦はとりあえず相手の「言い分」に聞かなくてはいけないのですけど、
これは正直、「拷問」の領域ですね・・・

先日も、まずは「電話で相手の出方を探るか・・」という事で電話を入れ、
30分程度、向こうの言い分をまずは聞くことにしました。
ここで書くのも嫌になるくらい、筋の通らない理不尽な内容のオンパレードでありまして、
こういう場合、大抵向こうが30分程度話すと話疲れ&一方的にとりあえず言い分は伝えたという安堵感のせいで
瞬間的に相手が寡黙になる「時間帯」があります。
その隙を狙って、
「お客様・・それではお客様のお話をまとめると・・・・・・という事になります。
私共の以降として、下記の三点をご指摘させて頂きます。
それではメモのご用意をお願いします」と誘導すると 結構こちらの話は聞いてはくれることが多いです。
それでも、こちらの話を聞かない場合は、 こちらも半分演技に入るのですけど
「お前、いい加減にしろ!! いつまでもつけあがってんじゃねーぞ!!」と態度&言葉遣いをガラッと瞬間的に変え、
相手を瞬間的に委縮させて、その上で
「大変申し訳ございませんでした・・・・」と以前の丁寧口調に戻すと、 そこからがようやくですけど、
ビジネス的な「交渉」のスタートという感じになります。

先日もそうしたパターンで臨み、相手の話を聞いたうえで
「これは無茶苦茶言ってるな・・・、だけど論点を三つに絞ると相手の言い分がまるで筋が通っていない事は一目瞭然!
ここからがスタートだな」と感じ、
「分かりました、それでは当方の見解をお伝えさせていただき・・」と言い掛けた所で
一方的に電話を切られてしまいました・・・・ (泣・・)

私もあの時はもカチンときてしまい、電話を掛け直したのですけど、電話に出ない・・・・
それが何度も続くという事は多分これは着信拒否設定をされたという事になるのでしょう。

これって、相手の話だけを一方的に聞かされて、こちらはほとんど反撃できない「トホホ・」なケースなのかっとか
作戦だから、あんなに話だけは聞いてあげたのに、一方的に言いたい事だけを喋って、あとはだんまり&逃げかよ・・と
思いっきり私自身のテンションは下がってしまいました。

こういうのって、本当に嫌ですね。

こちらが一応は向こうの言い分に耳を傾けたのだから、向こうもこちらの話を聞くぐらいはするのが
常識だと思うのですけどね・・
それにしても 「聞くだけ無駄・・・」みたいな話になってしまい、やるせない気持ちになってしまったものです。

「骨折り損のくたびれもうけ」というか、苦労した割には、結果が何も出ないというのは、本当に嫌になりますね。
だからそんな訳で後日相手宅に赴き、今度は最初から一切の妥協も相手の話しを聞くという事もせず、
ひたすら強気に相手の「非」をガンガン責め立てたら、向こうもこちらの気迫に負けたのか意外とすんなりと
全額回収する事は出来ましたけど、後味は思いっきり悪かったです・・








1218a8bb_convert_20150410204619.jpg




そういえば、ハピネスチャージプリキュアの第20話において、
逃げるひめに対して、めぐみが電話を入れているのに、ひめが電話に出ない・・・・
あの時、めぐみは・・・・
「ひめーー!! でろーー」とか言ってスマホを叩き壊す寸前でしたけど、
あの時のめぐみの気持ちは、分かるような気もしますね・・・

あの時のめぐみの「ひめー、(電話に)でろー!」というのは、私自身の「一方的な電話切られ」に近いものが
あるのかもしれないですね・・(汗・・)

 | BLOG TOP |