FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近のこの長雨と寒さは体感的にも堪えますよね・・!

感覚的にはここ二週間ほど毎日のように冷たい雨が降っていて、外を廻っていると「本当に寒いね・・」と
感じる事ばかりだったと思います。
つい一か月前は9月という事もあり、さすがに残暑という訳では無かったのですが、夜でも半袖で普通に過ごせていた事を
思うと、最近の寒暖の差の落差には戸惑うばかりです。

季節はいつのまにか夏はおろか秋も通り越し「冬」に入っていたのかもしれないですね。
(東方式に表現すると、秋姉妹の季節がいつの間にか終焉を迎え、幻想郷のすてきな雪女のレティ・ホワイトロックが大暴れする
季節に入ったと言えるのかもしれないです)

さてさて、そうした冷たい雨の中を工事顧客のアフターにて廻っていた所、昼を過ぎても寒くて堪らなかったです。
この時期は朝晩は寒くても昼前後は「結構暖かいね・・」と感じるものですけど、
10月中旬の昼間と言うのに吐く息が白くなるほどの肌寒さを感じたものでした。
こういう時のお昼ごはんは何か温まるものを食べたいなぁ・・と思いコンビニに寄ったのですけど、そこで目に留まったのは
担担麺のカップヌードルでした。
「熱い担担麺をフーフーいって食べれば体内もカ――ッとなるほど温まるに違いない」と感じ、
担担麺カップヌードルと焼きおにぎり一個を購入しました。
こうしたコンビニではセルフサービスの一環としてお湯の提供があり、店内のフードコーナーにて湯沸かしポットが
置かれていました。
そして熱湯を入れようと思って給湯ボタンを押したのですけどポットが全然反応しません・・
「あれれ・・故障なのかな・・?」と思い店員を呼ぼうと思ったら、単にコードがポットから外れているだけでした。
そのためコードをポットに装着したら電源が入ったため、何とは無しに、東方のこいしちゃんではないけど(笑・・)
ほぼ無意識状態でそのまんま担担麺のカップヌードルにお湯を注いでしまいました。
だけど・・・
ここで改めて振り返ってみると、お湯を入れる直前までコードが外れていて電源が入っていなかった訳ですから
お湯が沸騰している訳はないですよね・・! (汗・・)
ほぼお湯を注いだ時に、湯気が立っていないから「あれれ・・なんかヘンだなぁ・・」と感じ、指をカップヌードルに入れた所、
案の定、入浴の際のお風呂のお湯の温度と同じくらいの感覚でしたので多分40℃程度だったのかもしれないですね・・
その瞬間、「あー、やっちまったぁー! これじゃーぬるま湯の担担麺じゃん!」と思ったのですけど
既に後の祭りでした・・(汗・・)
「8分ほど放置していれば40℃近いお湯でも柔らかくなってくれるかな・・?」と淡い期待をしたのですけど、
約8分程度経過した後に、このぬるま湯担担麺を食べてみたら、
まるでベビースターラーメンのあのガリガリ食感とほぼ同じで麺は少しも柔らかくならず、最悪の食感でした・・
そしてスープなのですけど、担担麺と言うのはあの「熱さ」をフーフー言いながら食べるのが美味しさのポイントでも
あるのに、40℃程度のぬるま湯という事で粉末スープがあんまり溶けていない感じもあり、
辛さも何も感じないとにかく麺はガリガリ、スープは辛くも美味しくないヘンな味で、も――、最悪でした!

やっぱり担担麺というのはあの熱さと辛さが命なのに、どちらも備わっていないから、これは激マズになるのは
当たり前の話でしたね・・
冷たい雨なのに体は少しも温まらず、「トホホ・・」の状態で午後の仕事に入っていったものでした・・・





縺ケ縺ウ繝シ_convert_20171020183216





上記でベビースターラーメンの話がちらっと出てきましたけど、
ベビースターラーメンはあのカリカリ食感はとても美味しかったですし、これを丼に入れて熱湯を注ぎ、
チキンラーメン風にして食べるのもとっても美味しいと思います。
(実際、ブタメンはそうしたカップヌードルのベビースターラーメンみたいなものでしたね・・笑)

最後に・・

ベビースターラーメンは、私が子供の頃はオレンジ色を基調にした女の子のデザインというイメージがありましたけど、
1988年以降はベイちゃんという可愛らしいキャラに変っていました。
(ベビースターラーメンと言うと、あのチクチククリクリ感のある女の子というイメージがある人は、
立派な昭和世代なのだと思います! 汗・・)
このベイちゃんとかビーちゃんというベビースターの愛すべきキャラの皆様は、実はなのですけど、
2016年12月13日に株式会社おやつカンパニーより、「ベビースターラーメン」のキャラクター「ベイちゃん」「ビーちゃん」が、
2016年をもって引退するという事が発表され、
長年親しまれてきたこの愛すべきキャラの唐突過ぎる引退に驚かされたものでした!

公式サイトに書かれた引退の理由は「新しい時代へバトンタッチ」という事らしいのですけど、現在では
三代目キャラクターである「ホシオくん」という新キャラが三代目として既に商品のデザインとなって登場しております。
音楽・ダンス好きのちょっぴり生意気な男の子という設定になっていて、流行のゆるきゃらっぽい印象も
あったりします。

このホシオくんがベイちゃん以上に馴染みが出てくるのはあと数年程度掛かるのかもしれないですね・・(笑)
スポンサーサイト



先日の記事の中で、
「金融機関にとって住宅ローンは大変手堅い金融商品であったという印象が大変強いです。
というのも、住宅ローンの債務者は「絶対に無事に完済させよう! 家だけは手放したくない!!」という想いが強いゆえに、
金融機関にとっては「不良債権化するリスクが大変少ない金融商品」という位置づけになっていたような印象も
あります。 」
みたいなことを記させて頂きましたが、
やはり金融機関にとっての「住宅ローン」とは貸し倒れリスクが極めて低いある意味「安全パイ」みたいな金融商品
なのだと思われます。
勿論、前回記した通り、住宅ローンを組まれた一人一人の債務者の皆様の
「せっかく念願のマイホームを手に入れたのだから、なにがなんでも絶対に完済させ、この夢を手放さないようにしよう」という
意識が大変強いという背景も大変大きいのですけど、
実はそれ以外に色々な理由によって、金融機関にとっては住宅ローンとは
「余程のことがない限り貸し倒れにならない最終的にほぼ全額回収できる金融商品」ではないのかな・・?と
思ったりもします。

その理由なのですけど、

1.保証会社による「保証」が金融機関には付いている

皆様が住宅ローンを組まれた時に、「諸費用」の一環として「保証料」の支払いを求められたことが多いと思われます。
この保証料とは何かというと、金融機関とは別に「保証会社」というものが存在していて、
住宅ローン・カーローン・教育ローン等の融資に対して、万一債務者の皆様が何らかの事情により返済が困難になった場合、
代位弁済という事で(ちなみにですけど、金融関係者はこの代位弁済を行内では「だいべん」と呼んでいます・・汗・・)
債務者に代わって一旦は保証会社が残債を全て金融機関に支払いを行います。
あ、もちろん債務者の皆様にとっては「支払い義務が無くなった」という事ではなくて、今後は当初の金融機関ではなくて
保証会社への支払い義務が引き続き残る事になります。
場合によってはその保証会社が担保物件の競売・任意売却をする可能性も濃厚です。
金融機関にとっては、住宅ローンを組む際に「保証料」の支払いを債務者に対して求め、この保証料を保証会社に支払う事で
保証会社の経営が成り立つ仕組みになっていますし、同時に金融機関にとっては何か不測の自体により
債務者が債務不履行に陥ったとしても、最終的には保証会社が全額金融機関に対して残債を支払ってくれますので、
金融機関にとっては、住宅ローンの支払い不履行が起きたとしても最終的には全額残債を回収できる仕組みになっています
から、債務者の支払い不履行とか延滞については「痛くもかゆくもない」という事が言えると思います。

そうそう・・よく金融機関の宣伝トークとして「今ならば保証料0円キャンペーン」みたいな事を謳っている所もありますけど、
「そんな金融機関が保証料すら自己負担する訳ないじゃん!」と普通に考えれば当たり前の話なのですが、
一般的に保証料って、例えば2000万円の住宅ローンで35年返済で組んだ場合、大体25~30万程度発生しますので
そうしたキャンペーンについつい煽られてしまいがちなのですけど、
それって所詮は、金利自体に保証料が最初から上乗せされているに過ぎませんので、
あんまりそうした煽りキャンペーンには乗せられない方が宜しいのかもしれないですね・・(汗・・)

先ほど債務者の住宅ローン延滞は金融機関にとって「痛くも痒くもないはず」と記しましたけど、
厳密に言うとそれは違うのかな・・?
なぜかと言うと、そうした保証会社というのはその金融機関の系列とか関連会社とか子会社というパターンが多いので、
あまりにも保証会社による代位弁済を多発させてしまうと、確実に保証会社の基盤・体力を削いでしまいますし、
ひいては母体である当該金融機関の「連結決算」に多大な悪影響を及ぼす可能性もありますからね・・

2.団信(団体信用生命保険)への加入

住宅ローンを組む場合、団信への加入が義務付けられる事がほとんどだと思います。
この団信とは何かと言うと、団信とは即ち「団体信用生命保険」という事であるのですけど、
要は住宅ローンを組んだ債務者が病気や事故等で死亡した場合、保険会社が金融機関に対して
「死亡保険金」を支払い、金融機関はその死亡保険金をもって残債に充当し、結果として保険金と住宅ローン残債が
相殺されるという形になります。
団信は、文字通り団体体団体の契約、つきり保険会社と金融機関の法人同士の契約という事ですので、
万一債務者が死亡したとしてもその団信の死亡保険金は、一円たりとも債務者の遺族に入る事はありません。
なぜならこの団信の保険料は金融機関が全額支払いをしているからです。

金融機関が住宅ローンの申し込みを受けた場合、保証会社とかその金融機関による審査がなされるのですけど、
その審査とは別に団信の適用可否の審査もあり、団信側から保険加入の拒否を受けてしまうと、必然的に
金融機関からは団信加入不可という事で住宅ローンの申し込み自体、否決という事になってしまいます。

ちなみにですけど、この団信の適用はあくまで「債務者死亡」だけです。

住宅ローンの債務者が死亡ではなく、病気やケガの場合は団体信用生命保険の保険金支払いの対象外ですので、
毎月の住宅ローンは通常通り支払わなければなりません。
収入がないのに住宅ローンを支払い続けていくことは短期間なら貯金を切り崩して支払えたとしても、
長期的に考えると難しい事になりかねませんので、最近各保険会社が盛んに宣伝している
就業不能時の住宅ローン返済をサポートしてくれる「住宅ローンサポート保険」という保険に事前に加入されるというのも
一つの手なのかもしれないです。

3.最後の切り札は、担保物件の処分

たまに出てくる事例なのですけど、住宅ローンの返済が不能に陥り、保証会社による保証が例えば債務否認とか
担保物件の想定外の瑕疵発見とか地震によって住宅が倒壊してしまった等で受けられない場合もあったりしますし、
債務者が死亡ではなくて病気・怪我等で働けなくなり団信の適用を受けられない事もあったりします。

そういう場合、最終的には金融機関は、担保物件の土地建物を競売または任意売却させることで
住宅ローンの残債という「債務の回収」に動きだし、一般的に住宅ローンの抵当権は第一順位が絶対的で
いくら余力があるといっても先順位が既に付いてしまっている物件には絶対に住宅ローンは組みませんので、
大抵の場合、なんとか住宅ローンの残債程度は回収できると思われます。

皆様が住宅を購入・建替えされた時ってほとんどの場合「火災保険」に加入される方が多いと思うのですが、
今現在ではそうした事はほとんど無いのですけども昭和の頃の金融機関って、そうした火災保険にも「質権」を設定し、
火災時の場合でも住宅ローンの回収を図っていた事もありました。

うーーむ、こうやって見てみると、住宅ローンというのは金融機関にとっては貸し倒れが少ないと言うのか
基本的には全額回収ができる仕組みとなっていますので、
そりゃー、どの金融機関も昔も今も「住宅ローン」に力を入れるのは当然な事と言えるのかもしれないですね。

 | BLOG TOP |