FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の記事においてマリンフードから発売されている「私の燻製バター」がとっても上品で、まるで燻製チーズの味みたいだ
といった趣旨の記事を書かせて頂きましたけど、
ワインのおつまみにも合いそうな気もしますし、いろいろな料理にも応用できそうな気がします。
無難すぎるのかもしれないですけど、目玉焼きとかバターライス・オムライス・スクランブルエッグとして使用すると
いつもの味とは一味も二味も違うメニューになりそうな予感もあったりします。





繝槭Μ繝ウ_convert_20170919035331



改めてですけど、この「私の燻製バター」というかなり珍しいバターを燻製にしてしまった商品について
簡潔に述べますと、
通常の燻製方法ではバターが溶けてしまいますが、特殊な燻製方法を行うことでバターを溶かさずに
燻製しているとの事で、燻製にはリンゴチップ等が使用されているとの事です。

燻製ということで独特な香りとか味があるのかな・・?と思ったのですけど、実際に食べてみると
バターのコクとうまみとともに、深い燻製の香りが口いっぱいに広がるのがよくわかります。
よくバーベキューなんかでベーコンやソーセージや鮭の燻製を作る方もいるようですけど、感覚としては
ああいう食べ物を燻す時に出てくる独特の香ばしさが口の中で爆発するみたいな感じです。
そして香りが実に素晴らしいですね!
りんごを燻しの材料と使っているせいもあるのかと思うのですけど、甘味も微かに感じられるような気もしました。

先日なのですけど、この燻製バターの8包のうち七つは既に食べてしまったり、先日の記事で書いた通り
コーンチャーハンのオイル兼隠し味として遣わさせて頂き、残りあと一つになってしまいました。
冒頭にて「目玉焼きとして使用すればいつもとは一味も二味も違うのかも」と記したのですけど、
自分で記事書いている祭に「それでは、目玉焼きを作る際にこの燻製バターを使用したらどんな感じになるのかな・・?」と思い、
早速実践してみる事にしました。




逶ョ邇雲convert_20170922183851




あー――、やっぱり美味しいですね!

味自体はもちろんバターなのですけど、このちょっとチーズっぽい感じが卵に加わる事で、
どことなくですけどチーズオムレツっぽい味のようにも感じられました。
商品自体が「ミルクを食べる乳酪」となっていますし、様々な料理に応用可能で燻製の味をプラスできると明記
されていますけど、こんな料理としては極めてシンプルな「目玉焼き」だからこそ
よりストレートにこの燻製バターの風味を感じ取れるのかもしれないですね!
いつもの普通の目玉焼きとはやっばり一味も二味も違う目玉焼きをこの燻製バターを使用する事で味合う事が
出来ると感じました。

問題が一つあるとすると、このマリンフーズの「私の燻製バター」を売っている所を中々お目にかかれないという事です。

先日の記事ではカルディというコーヒー豆をメインとする輸入食料品とかちょっと珍しい食材を取り扱うお店でしか
この燻製バターは見かけた事がないと記しましたけど、
つい先日このカルディに行った際には、この「私の燻製バター」は店頭に置かれていませんでした・・(泣・・)

そうそう・・この「目玉焼き」を食べる時って、これってよくネットで議論になる事もあるみたいですけど
「目玉焼きに一番合う調味料は何なのか・・?」という問題にもぶつかる事もあると思います。

割って焼くだけで、混ぜることもありませんし、基本的には目玉焼きはシンプルかつ美味しい料理だと思います。
そのまんま食べても美味しいですし、卵の裏側にハムをはさんでハムエッグとして食べるのもとっても美味しいですし、
はたまた目玉焼きをご飯の上に豪快に乗っけて食べても、とてつもなくご飯がすすむと思います!
だけど目玉焼きのそうした「シンプル イズ ベスト」とは裏腹に、
調味料として「何をかけるか」というテーマは意外とデリケートな問題なのかもしれないですし、個人の好みも
ありそうですし、一番大きいのはその人の生まれ育ってエリアによる違いなのかもしれないです。
醤油か、塩か、はたまたソースかそれとも意表を付いてラー油とかケチャップとか・・??(笑)

このテーマって色々なサイトで既にアンケートとして集計を取っているようですけど、
全国的な視点で見てみると、まあ予想通りではあるのですけど「目玉焼きには醤油」というのが断トツのようですね!
ソースや塩も善戦したようですけど、両者合わせても醤油の牙城を崩すまでには至っていませんし、
結果だけを見てみると「目玉焼きには醤油」というのは全国的には一つの定番として定着済と言えるのかもしれないです。
そして大方の予想通り、一般的な傾向としては、「目玉焼に醤油」というのは関東から北が断然多く、
「目玉焼きにソース」というのは関西方面にそうした傾向が強いとも言えそうです。
後述しますけど、学生時代の学食で、「カレーにソースを掛ける人」は関西出身の方に多かったような印象があります。
ちなみにですけど、私自身は目玉焼きは醤油を掛けて食べます!
私の好みですけど、ソースはちょっとNGですけど、マヨネーズはありだと思います。

考えてみると、卵かけごはんの例を挙げるまでもなく、卵と醤油は極めて相性が良いとはいえ、
日本人は基本的には醤油好きですからねぇ・・(笑)

その中で地域色というよりも「キャラ」を守ったのが大阪と言えるのかもしれないです。
上記のアンケートにて、大阪にては、醤油にもそれなりの票が集まっていたものの、
醤油を抑えて首位に上り詰めたのはやっぱりソースでした・・
さすがは粉ものの地盤!! お好み焼きとたこ焼きが育てたソース支持団体は強力と言えるのかもしれないですね! (笑・・)

そうそう・・ちなみにですけど、上記で書いた「燻製バター」ですけど、これを使用して焼いた目玉焼きには、
ズバリ書くと醤油やソース等の調味料は必要ないと思います!
強いて言うと、「焦がしバター醤油」というイメージで、燻製バターをフライパンで溶かした際にほんのちょびっと隠し味程度として
醤油を加えると風味は更にUPすると思います!

最後にこれは余談ですけど、最近のカレーなのですけど、CoCo壱番に行けばすぐにわかる事なのですけど
最近は本当に色々なトッピングが増えてきましたね!
以前ですと、カレーのトッピングというとゆで卵ととんかつとかコロッケぐらいしか思い浮かばなかったものですけど、
チーズ・メンチカツ・白身魚フライ・納豆・ほうれん草・ソーセージ・ハンバーグ・鶏のから揚げ・コーン・
エビフライ・チキンカツ・茄子・ツナ・カキフライ・クリームコロッケなどなど
本当に多彩なものになってきましたし、私的には、チーズとゆで卵とチキンカツの三種類トッピングは
本当に美味しいと思います!
最初に「カレーにチーズ」と見た時は、
「こんな辛いものに発酵食品のチーズは合わないでしょ・・」と感じたものですけど、
いやいや、そんな事は無かったですね!
もちろん、チーズと言っても「とろけるチーズのドロッとしたチーズ」なのですけど、
このチーズの少ししょっぱい味覚とカレーの辛さって、お互いにその味覚を消し合うのではなくて、
むしろ引き立てせるものでもあったのですね! これは正直も最初はとても意外な発見でもありました!

私自身は、こうしたカレーのトッピングは「大あり」だと思うのですけど、カレーに例えばソース等の調味料は
掛けることまずないです。
大学に入学して大学の学食で、同級生とか吹奏楽団のメンバーとかゼミメンバーと共にご飯は日常茶飯事でしたけど、
カレーライスを注文した人の中には、
カレーにソースとかマヨネーズなどを掛ける人も多々いたりして、当時はびっくり仰天したものです。
というか・・
後から知った事なんですけど、関西辺りでは、「カレーライスにとんかつソースまたはおたふくソースを掛ける事」自体は
決して珍しい事ではないとの事でした。
他にも、醤油とかコショウとかラー油とか生姜を掛ける人もいたりして
「えーー、まじかよ・・」と感じたものでした。
そうですね・・私自身がボンカレーを実験台にして検証してみたところ、あくまで私自身の感覚ですけど、
ソースとコショウとラー油はギリギリセーフ、だけどそんなに積極的に入れたいとはあんまり思えない、
醤油・マヨネーズ・生姜は論外・・という印象でした・・
これは、もちろん「個人の好み」という事なんでしょうけどね・・・(笑・・)
一つだけ「これは・・!」と感じたのは「七味唐辛子」でした。これを真っ赤になるほどカレーに掛けると
かなりの激辛カレーになってしまいますけど、
寒い真冬にこの七味唐辛子入りカレーを食べると、冬でも汗ぐっしょりになりますし、
瞬間的には体内はポカポカになります・・・(笑・・)

だけど、カレーライスに関しては、トッピングはいいけど、「調味料はパス!!」という感じですね・・・!!
スポンサーサイト



ちょっと前ですと「少し疲れたな・・」とか「ちょっと眠たいのだけど、まだやることが一杯あるからな・・」という時の
疲労回復とか眠気覚ましというと、コーヒーとかユンケル・眠眠打破・アリナミンV等のドリンク剤という
イメージがあったのですけど、最近はそのあたりは少しばかり事情が変わってきたようですね。

そう! いうまでもなくRed Bullとかモンスターエナジー等の「エナジードリンク」の登場なのだと思います!




縺医↑縺倥・_convert_20170926070136




エナジードリンクは、分類としては「清涼飲料水」に該当し
リポビタンDやアリナミンVなどに代表される栄養ドリンクは「医薬部外品」にあたるとのことです。
これは少し意外でもありました。
どちらかというとエナジードリンクのほうが効き目も強いし医薬部外品に相当するのかなと思っていたのですけど、
エナジードリンクは清涼飲料水の「炭酸飲料」に該当するとのことです。
清涼飲料水なので、医薬部外品の栄養ドリンクのように効能表示はできないとのことです。
えーー、なんかそれって少し意外です。
エナジードリンクには、興奮剤としてカフェインなど様々なものが含まれています。
その効果によって元気になったり、眠気が覚めるわけですが、
それでも扱いはあくまでも清涼飲料水なのですね。

最近ニュースでもその過剰なカフェインの摂取による危険性が言われたりもしていていますけど、
私たちの感覚でいうと「カフェインなんて言葉は日常的によく耳にする言葉だし、コーヒーやお茶にも普通に入っているから
多少多く摂取しても問題ないのでは・・?」と思う方も多いとは思うのですが、
カフェインって一度に大量に摂取すると中毒死する危険性もあるとのことですし、
体重60kgの人なら「1時間に390mg、3時間に1020mgがカフェインの危険量」とも言われていて、これをオーバーしちゃうと
場合によっては急性カフェイン中毒ということで、救急車で搬送される事態にもなりかねないとのことですので
注意は必要なのだと思います。
しかもカフェインは、摂取を続けると耐性ができてしまいますし、毎日とり始めると、
7日から12日程度で耐性ができ、12~24時間経過すると、禁断症状を感じ始めるとのことですので、ある意味
一種の麻薬みたいな側面もあるのかもしれないですね。
ちなみにですけども普通の缶コーヒーですと一本当たりにカフェインは100~150mg程度含まれていて
エナジードリンクだと80~150mg含まれているそうです。

さてさて先日なのですけど、私自身仕事から家に戻る途中、なんだか珍しいくらいの疲労と眠気を感じていたのですけど
その日の夜にどうしても見たいテレビ番組があったもので
「ここで寝るわけにはいかない」と思い、その日の昼間にすでに一本缶コーヒーを飲んでしまったので
「それじゃーたまにはエナジードリンクでも試しに飲んでみるか・・」と普段めったに飲まないRed Bullというエナジードリンクを
飲んでみることにしました。

確かにカフェインの成分が強いせいか、瞬間的に「眠気すっきり!!」という感じになり、
眠気が一気に吹っ飛んだような感じもありました、
何か「脳がスッキリ」という感じというのか、気持ち的に何か幾分ハイテンション気味というのか、
とにかく疲れが吹っ飛ぶような印象がありました。
やはりこれはドリンクの成分に大量のカフェインが入っているためなのでしょうね。

私、元々「コーヒー」にはめっぽう弱く、
缶コーヒー一本飲んだだけで目が覚めてしまう傾向にあるのですけど、
あの「眠気ふっ飛ばし→つ疲労感スッキリ」はどう考えても尋常ではないように感じたものでした。

だけどいいことばかりではなくて、これは気のせいなのかもしれないですけど、これを飲んで一時間程度経過したころに
なんだか頬がほてるような感触があり、いつもに比べたら明らかに「心臓バクバク」みたいな動悸のような症状が
あったと思います。
そしてこの動悸がしばらく続いたら、なんか妙に体に疲労感を感じ、そのまんま朝まで爆睡という感じになってしまい、
結果的に当日見たかったテレビ番組は見逃してしまいました・・(泣・・)


もちろんその人の体質とか飲んだ時の健康状態等によっても違いがあるとは思うのですけど、
私としては危険な感じがあります・・少なくとも私の体質にはあんまりあっていない感じもありますので、
普段はあんまり摂取したくはないですね・・
どうしてもという時は、本当に疲労困憊時のみに限定したいと思います。

だってそうでないと、この種の飲み物はタバコ・アルコールみたいな常習性があるような気がしますし、
何かこうした物の依存症みたいになっては困りますからね。

身体に栄養を補給する栄養ドリンクと、炭酸やカフェインの効果でシャキッした気分にさせるエナジードリンク。
どちらも飲み過ぎは身体に良くはないのは言うまでも無いと思います。
特に、エナジードリンクの場合は、カフェインを過剰摂取したり、風邪薬などと一緒に摂取すると、
カフェイン中毒や心臓に負担がかかるなどの悪影響が大きいようにも感じられますし、私自身がたまに飲んだ際の一本
からでもそうした印象はあったりもしますので、
巷で流行しているからといって安易に飲みすぎるのもよくない・・ということなのだと思います。

 | BLOG TOP |