FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


チルノ時計


最近は仕事でも家にいる時も眼鏡を掛けている事が多く、数十年程度使っていた「コンタクトレンズ」は、
最近ではあまり使う事も無くなってきました。
先日なのですけど、「たまにコンタクトをするのもいいのかも・・」と唐突に思い、久しぶりにコンタクトをはめて外出したら、
やはり久しぶりのせいなのか、目がやたらと痒かったです。
家に戻ってついうっかり結構激しく目をこすったら、目が真っ赤に充血してしまい目を開けているのも辛かったので
その日の夜は眼帯をつけることにしました。
翌朝起きたら、前日に十分消毒し薬をつけたせいもあり、ほぼ元の状態に戻っていました。

だけどなんとなくですけどこういう「眼帯」をつけると自分が海賊になったような気持ちに瞬間的に感じてしまうのは
果たして自分一人なのかな・・?

そうそう、眼帯をつけた状態・・つまり片目だけの状態でも車の運転は可能なのでしょうか・・?
警察官に発見された場合は、罰金とか原点等の行政処分はあるものなのでしょうか・・?
動車の運転ができるかというのは、 法的にはどうなっているのでしょうか?
結論から言うと、片目というか眼帯を付けた状態でも免許取得・運転は可能とのことです。
基本的には、視野が左右150度、視力が0.7以上あれば免許を取ることができますし、
片目でも免許を取ることは可能なので、運転できる状態とされ特段問題はないそうです。
(中学生のころ、ものもらいで眼帯をつけて自転車を走らせていたら、警官に呼び止められて注意された記憶はあります・・)
だけど、眼帯をしているということは普段よりも視野が狭くなり、視界が悪くなっているということですし、
仮にその状態で事故を起こしたとしたら、見えにくいということをわかっていて運転したとされ、
過失割合が増えたり、安全運転義務違反に問われる可能性は否定できないと思います。
眼帯を付けることで片目運転となり、運転しにくいと感じたら、車に乗るのはやめたほうが得策かもしれませんね。

眼帯とは片目を保護するための布・ガーゼなのですけど、
一般的によく目にするのは医療用のもので、ガーゼ状の四角形の湿布にゴムヒモがついており、
それを耳にかけて留める形式の使い捨てタイプのものが多いと思います。

さてさて・・そうした眼帯なのですけど、これを付けているアニメ・漫画・ゲームの世界の女性キャラって
意外と多いような気もします。
過去の戦闘時の怪我による失明であったり、暴力の痕跡であったり、視界をわざと狭めるハンデキャップであったり、
ある特殊な瞳術を一時的に封印するためだったりと、そこに込められた意味は多種多様ではあるのですけど、
最近ではどちらかというと、小島遊六花がそうであるように、キャラクターの個性や萌え要素としての使用が多い
ようにも思えますね・・(笑)

眼帯キャラというと・・私のような昭和生まれ昭和育ちですと
「キャプテン・ハーロック」を真っ先に挙げるのかもしれないですね・・(汗・・)
以前そんな話をうちの奥様にしたら、彼女はフン・・と小馬鹿にしたように冷笑し、
「古いねぇ・・今時の若い子がそんな古いアニメなんて知らないよ・・・・何か時代遅れのオヤジみたい・・・!!」
と散々毒舌を吐かれてしまいました・・・・(汗・・)
確かにその通りかもしれないですね・・・・
彼女にしては、「眼帯キャラ」というと、
IS 〈インフィニット・ストラトス〉に登場する「ラウラ・ボーデヴィッヒ」と言って欲しかったようですね。










このラウラ・ボーデヴィッヒなのですけど、簡単に概略をいうと、

IS学園の1年1組に所属・ドイツの代表候補生・ドイツのIS配備特殊部隊「シュヴァルツェ・ハーゼ」隊長であり、
階級は少佐です。
このラウラ・ボーデヴィッヒはうちの奥様の大のお気に入りみたいでして、2013年あたりだったかな?
ヤマザキディリーストアでの「ISキャンペーン」で、
確か指定の缶コーヒーを2缶購入すると先着順でこのISメインキャラのクリアファイルプレゼントというのがあり、
「とにかく朝一番で行ってきて!!」とギャーギャー煩いもので
しぶしぶ朝8時くらいにヤマザキディリ―に行ってみると、既にこの「ラウラ・ボーデヴィッヒ」は品切れ・・・・
残っていたのは、「凰 鈴音(ファン リンイン)」だけでした。
仕方なくこの凰 鈴音のファイルを貰ってくると、
「リンちゃんはあまり好きではない・・・」と半分ぶーたれていましたね・・・・(苦笑・・・)

そうそう、以前このISの「一番くじ」がローソンで展開されていた時も
ラウラ・ボーデヴィッヒとセシリア・オルコットのフィギュアゲット目指して5回くらい引いていました。
確かあの時は、最後にやっとセシリアを当てて、横で「いったい何回引くんだよ・・」とイラッとしていた私を安堵
させたものでした・・(汗・・)





chara-box-02_convert_20150211225108.jpg





眼帯を付けている女性キャラというと、色々といるのですけど、他には
綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン) と 柳生九兵衛(銀魂)も強烈な印象がありますね!
未来日記の雨流みねね・バルメ(ヨルムンガンド)・ルカ(モーレツ宇宙海賊)・柳生義仙(百花繚乱サムライガールズ)なども
強い印象を残してくれていると思います。

最近では、艦これの天龍・木曾もとてつもなく印象が強いです! (特に木曾お姉さま!!)

私にしてみると、アニメの眼帯を付けているヒロインはというと、
「中二病でも恋したいの」小鳥遊六花ももちろん大変印象的ですし、世間的には六花という人が多いとは
思うのですけど、この六花すらも凌ぐインパクトと言うと、
「Another」の見崎鳴だと思います!

この「Another」は2012年から深夜アニメで放映されていたのですけど
このアニメ、一話でもご覧になればお分かりになるのだと思うのですけど、とにかく強烈な印象を見ている人に
与えてくれるのは間違いないと思います。
元々は「死者の呪い」によって次々と人が死んでいホラー仕立てのミステリー小説が原作なのですけど、
原作同様アニメでも次から次へと人が死んでいきましたからね・・・・
他のアニメならなんてこともない日常のワンシーンですら、惨劇につながるという展開が頻繁に起こり、
何かあるたびに人が死んでいたといっても過言ではありませんでした!

この「Another」に登場するメインヒロインの見咲鳴は
左目に眼帯をしているミステリアスな少女(左目は義眼)なのですけど、
その左目を通して死者や死期の近い人間を見ると
死の色(どんな色とも言い表せない色・・・・)が浮かび上がるという感じらしいです。

このアニメ、原作とかストーリーとか全く知らない白紙の状態から見ていたのですけど
見始めの頃は「あれれ、この鳴は・・・もしかして幽霊・・・?? 実在しない人物・・・??」とすら感じていたのですけど
言うまでもなく普通の生身の人間でした!
とにかくあの不思議な存在感、空気みたいな感じ、幽霊みたいな言動は、
ミステリアスを通り越して神秘的とすら言えたようなキャラだったと思います。
面白い事に、このアニメは学校を舞台にしているため、体育の授業もあるのですけど
その際にお披露目される見咲鳴の水着姿や体操服はかなり可愛かったのが大変印象的でしたし、
あの眼帯と例えばスクール水着の組合せは、ある意味最強の「萌え要素」といっても過言ではなかったとすら思えます!
それに時折垣間見える見咲鳴のお茶目な言動は「普通の女の子」そのものみたいな感じもあったと思います。






rikkkata---nnn_convert_20130124163021.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんのイラストご紹介コーナーです!

上記のイラストですけど、これは今更説明の必要もないですね・・! (笑)
2013年1月に描かれた「中二病でも恋がしたい!」の小島遊六花(たかなし りっか)です!
原作はライトノベルで2012年に東京MXでもアニメ化されています。
この作品は放映当時かなり話題を呼んでいましたし、社会全体にある程度「中二病」という言葉を
普及させたという意味では大変意義がある作品だと思います。
そうそう、この作品ですけど、原作のライトノベルをアニメ化にするに当たってはかなりの原作からの設定変更が
行われていて、アニメ版のみのキャラ、設定、エピソードが多く、原作とは全く異なる展開を見せていましたが、
当時あれは結構賛否両論が色々あったような気がします。
ライトノベルからのアニメ化というと私の中では最近では「響け! ユーフォニアム」が大変印象的でしたけど、
ユーフォの場合は、原作をほぼ忠実にアニメ化していて
(あすかの家庭環境については、できれば原作通り描いて欲しかったなぁ・・と実は未だに思っています・・笑・・)
やはり制作者の意図・演出によって同じライトノベル化作品でも随分と印象が異なるもんだと改めて感じたものでした。

「中二病」とは別にメンタル面の病とかそういう訳では無くて、
思春期特有の背伸びというのか、理想の自分と現実の自分のアンバランスさの甘酸っぱさという事でもあるのですけど、
この「中二病でも恋がしたい!」のメイン主人公の元中二病の勇太と現中二病患者の小島遊六花の二人は、
これまでのアニメのように男の子が妄想にかられて可愛い女の子を自分に振り向かせるためにドタバタを演じるという訳では
なくて、女の子の六花が勇太を振り回すという設定が新鮮に感じられ、
全体的にドタバタしていていかにもラブコメディーなのですけど、六花の妄想振りとその暴走ぶりが
とても可愛くて新鮮に感じられましたし、六花は確かに「痛い子」ではあるのですけど、
六花を見ていると「あ・・こんな事、昔、自分にもあったよね・・」みたいな昔の甘酸っぱい思い出が蘇る方も
多いんじゃないのかな・・?とも感じますね・・(笑)

それにしても六花は見た目は可愛いですよね! (中身は痛い子ですけど・・汗・・!)
人目も気にせずに自分ワールドを繰り広げているあのとてつもない妄想振りはまさに圧巻ですね!
女子力はほぼ皆無ですけど、そこがまたこの娘は魅力的でもありますね!
アニメでは数学のテストは2点を叩き出していて、プリキュア5ののぞみ大先輩の17点すらも超越していたのは楽しかったですね!
ちなみに六花は、国語・社会・英語は極めて優秀です・・

2013年というと「ドキドキプリキュア」が放映中で、ドキドキの青系プリキュアは、まさに女子力のかたまりともいえる
菱川六花がいましたけど、
当時この二人はなにかと比較ネタにされていたような記憶もありますね・・・(笑)

小島遊六花なのですけど、特徴はなんといってもあの眼帯ですけど、改めて言うまでもなく、
目の病気とかそういうのではなくて、あくまで「妄想」としての仕様です・・(笑)

アミグリさんが描かれた六花はとても可愛いです!

あの眼帯もそうですけど、アホ毛もとっても可愛いです! 制服も六花にとてもよく似合っていると思います。

ちなみにですけど、この六花を描かれた時のアミグリさんのコメントは、
「アニメージュに載っていた絵を参考に描いてみました」との事ですけど、やはりうまいですよね!
先日転載させて頂きました東方のマミゾウは模写でしたけど、模写・参考に限らず、アミグリさんは
そうした作品でも「アミグリさんらしさ」はきちんと表現されていて、
それが結果として、当時、今回転載のこの六花はpixivの「デイリーランキングの305位」にランクインされていました!!

当たり前の話ですけど、こうした素敵なイラストは、見ている人には「何か」は適切に伝わるものですね!

当時のアミグリさんのお言葉として
「東方以外の絵でランクインするのは初めてだったのでとてもうれしいです(*´▽`*)
ランクインすることがずっと私の夢でしたが、夢叶っちゃいました・・
これからも良い絵が描けるように頑張りたいです!」との事でしたが、
今更なんですけど(汗・・!)
4年前のアミグリさんに対して心から「おめでとう!!」とお伝えさせて頂きたいですね!

上記の小島遊六花のイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

今週の土日の当ブログは咲夜さん語りと艦娘フィギュアレビュー記事の予定ですけど、
アミグリさんが描かれたとっても素敵なイラストも転載&ご紹介をさせて頂く予定になっておりますので、
今週土日の当ブログも何卒宜しくお願いいたします!
スポンサーサイト



埼玉県川口市は、毎年毎年人口が増え続けている市で、現在ではむしろ珍しいと言えるのかもしれないです。
どちらかと言うと若い世代の層が増えているというのではなくて、単に外国人の皆様の人口流入の方が多いと
いえるのかもしれないですけど、
日本全体から見てみると、今後は人口減少の市町村が加速して増えていき、地元の商店街とか小売店というのは
ますます経営が厳しくなっていくのかもしれないですね。

川口市ではそんなにシャッター街と化している商店街はそれほど多くはないと思うのですけど、
それでも全体的にはどの商店街を見てもそんなに活気もないし人の賑わいも多くないし、やはり近隣のスーパーとか
大型ショッピングセンターにお客様を持っていかれてしまっている印象が大変強いようにも思われます。

そうした中、自宅から一番近い商店街に古くからあった「酒屋さん」が先日唐突に店じまいをしてしまい
「廃業」をしていました。
酒屋さんは以前は自宅の周辺に何店か存在していたのですけど、いつの間にか次から次へと廃業・閉店へと
追い込まれていて、結果的に今回の廃業をもって自宅から半径3キロ圏内に存在していた酒屋さんが全てなくなり、
この圏内の酒屋さんはゼロ軒になってしまいました。
だけどこれも時代の流れなのかなぁ・・
こうした個人経営の小売店は、日本全体の人口減少という大きな要因から考えても、これからもどんどんと減少の一途を
辿っていくのは容易に予想ができるのかもしれないです。
そしてやはり一番大きな要因というのは、資本力のある大手の小売業のスーパー・大型店舗・ショッピングモールには
余程の知恵とか工夫がない限りは勝てそうにもないという事なのだと思います。
上記で記した酒屋さんなんかも、つい先日なのですけど、例えば伊藤園の「おーい お茶」の2Lペットボトルについて
「当店開業以来の大幅値下げ断行! 2本で330円!」と客寄せ商品として置いていたようですけど、
うーーむ、伊藤園の「おーい、お茶」の2Lペットボトルなんて、この酒屋さんの目の前のス―パーでは、
普段から1本128円で売っていますし、特売だと1本115円となる事が多いようですし、
これじゃー、最初から勝負にもならないですね・・
そして最近の小売業関連の改正で、極度なお酒の安売り価格販売はできないようになったいたのですけど、
例えばビール・発泡酒なども酒屋では当たり前のように定価で売られているものは、
スーパー等では今現在だって普通に値引きされて販売されていますので、
普通の金銭感覚の人でしたら、そりゃー、安い方のお店に流れてしまいますよね・・

こうした酒屋さんですと、「大手小売店と同じ商売したって価格でそもそもが勝負にならないのだから、
例えばこだわりの日本酒だけを置いた店にするとか
ワインソムリエの資格を取ってワインも日本酒もウイスキーも何でも相談できる店にするとか
店内の展示をおしゃれにするとか
ネットでの注文をメインにすればいいじゃん! 
そうした努力を何もしないでただ経営が厳しいとか大手の価格には勝てっこない・・と愚痴ってばかりなのは
単なる経営努力の怠慢とかやる気がない証しではないのか・・」
みたいな厳しい意見を耳にする事も結構あったりするものですけど、
例えば「こだわりの日本酒」みたいな特定商品に特化し、販売はネットからの注文をメインにしたって、
結局は配送料の問題が発生してしまい、
「別にここで買わなくても他の通販サイトで配送料半額とか無料のとこで買えばいいじゃん」みたいな感じになりがちで
やはり全体的には運送料を加えた価格というものでは、最初から勝負にならないという事も
多いのだと思いますし、
そんな簡単な工夫だけでお客さんを数多く呼び込めることが出来るというのならば、日本にシャッター街という問題は
そもそも起きないのだと思います。
1990年代辺りですと、こうした街の酒屋さんが随分とコンビニに業態変更していた時期もあったようですけど、
さすがにそれも最近では頭打ち状態ですし、
以前ですと、同じコンビニにタバコ・お酒が置いてある店・置いてない店があったというのは、
このタバコ・お酒の認可を持っているかどうかという事に由来していたのですが、
コンビニ側としては「元々タバコ・お酒の許認可を行政から取得している街の酒屋」が喉から手が出るほど欲しかった
みたいな事情もあったのかもしれないですね。

要は・・例えば酒屋さんみたいな商売ですと、そうした業態自体が既に「時代遅れ」という事になるのかもしれないですね。

こうした小売店ですと、何か突拍子もない斬新なアィディアでスキマ産業の一つとして参入していける可能性も
ゼロではないと言えるのかもしれないですけど、全体的には大変厳しい話であり、
個人経営の小売店というものは、今後も厳しい風が吹き込み続けるのは間違いではないような感じもありますね。

昭和の頃の「活気のあった商店街」の存在を知っている人たちから見ると「ちょっとつらいね・・」と感じてしまいますね・・

金融機関に在籍していた頃、結構耳にタコが出るほど聞かされた話の一つとして
「金融機関が融資を実行して、余程の事が無い限り回収不能になったり不良債権化しない商売」というものが
実は存在しているのだというものがありました。
その当時なのですけど、特に自営業としては余程の事が無い限り潰れたり夜逃げをしない商売として
挙げられていたのは、①葬儀屋 ②理容業 ③そば屋の三つでした。

上記の、①葬儀屋 ②理容業 ③そば屋ですけど、①に関しては人間の死というものは絶対に避けることは
できませんので、業態的には不況知らずの安定感は抜群だと思います。
私自身も大小多くの葬祭店と取引をさせて頂きましたが、葬儀屋さんで資金繰りに困っていたところは確かに皆無だったような
印象が強いです。
葬儀屋さんは恒常的運転資金とか大規模な設備投資の必要性があまりないというのも強みなのかもしれなかったです。
②に関しては現在はどうなのかな・・?
最近では相当「1000円カットハウス」が世間的には認知されていると思いますし、普通のカットだけで
3800円~4000円も払う人って以前よりは間違いなく少なくなっていると思いますし、理容業は少なくとも
20世紀のころのような抜群の安定感はすでにないような気がします。
だけど理容店のいいところは、一度固定客をつかんでしまうと、そうした常連さんが生きている間は、
比較的安定した売上が見込めるというのは大きいのかな・・?とも思います。
③については、金融機関在籍時によく言われたのですけど、
「お蕎麦屋さんというものは、何年か修行に出て、一定のノウハウさえ得られれば、よほどのことがない限り
不味くて評判の悪い味にはなかなかならないものだし、
ラーメン店は、その店によって大分味とか好みに違いが出てしまいがちだけと、お蕎麦というものは、
ラーメンほどの「店による違い」は出にくいし、そば自体がどちらかというと定番化さけた味というものが存在しているから、
そうした定番化されたメニューさえきちんと出していれば、
一定の常連客はつかめるし、日本人自体が大のそば好きだから、
よほどの事がない限り売上が不安定になることはない。
蕎麦屋がつぶれるということは、よほど店主の修行不足か味覚音痴のどちらかだ・・」という認識があったものでした。

同じ小売店・個人経営の店でも、扱う商品によって明暗が分かれてしまうというのは
ある意味仕方がないのかもしれないですし、
上記では「葬儀店の安定ぶりは半端ないものがある」と記しましたけど、人口全体の減少という事から考えると
必ずしもその未来の展望は明るいという訳でもないですので、
どちらにしても今後の零細小売店の経営は受難の時代が続きそうという事なのかもしれないですね。

 | BLOG TOP |