FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


愚痴る訳では無いですけど(汗・・)、本当、うちの奥様って新聞は完璧なナナメ読みで読んでいるのか読んでいないのか
さっぱりわからないのですけど、新聞の折り込みちらしだけは本当によく見ています!
このスーパーで特売がこの商品が〇日まで安いとか今まで欲しいと思っていた商品があのお店で売っているとか
この商品買うなら、△日まではこのスーパーが安いけど、×日以降はこのスーパーが安いとか
期間限定で今ならこんなキャンペーンやっているとか、本当によく見ているものだと感心しちゃう事は多々あると思います。

そうした場合は、以前も書いたと思うのですけど「遠隔操作」というのか「帰りにこことここに寄ってきて、××という商品を
買ってきて!」みたいなお願いメールが届く事はしばしばです。
なぜかと言うと、最近もネット記事にもありましたけど、
「専業主婦でも実質的な引きこもりさんはデータに表れていないだけで数多く存在する」という通り、彼女は基本的には
大の外出嫌い&人間嫌い(?)という事でもありますので
(そんじゃー、その旦那たるこのブログの管理人は「人間じゃないの・・?」みたいなツッコミは言わないでくださいね・・汗・・!)
そうしたスーパーの特売ちらし等の買い物は、私が仕事帰りに行ったり、
はたまた私が休みの際に、車で二人で行く事の方が多いです。

さてさて・・そうした訳で先日も仕事の帰りに、彼女が「買ってきて!」とメールしてきたとあるお店の特売ちらしに出ていた
「かりんとうドーナッツ」なのですけど、これって七尾製菓というメーカーから発売されているもので、
半生タイプのスティック状のドーナツで、外はサックリ、中はしっとりという食感です。ちなみに味は、チョコ・紅芋・蜂蜜の
三種類があるようです。
私も後日おすそわけして貰って食べてみたのですけど、
かりんとうの美味しさを生かし半生で柔らかなドーナツの食感の両方の良いところをいいところ取りという感じだったと
思います。





縺九j繧薙→縺・convert_20170924204715




この「かりんとうドーナッツ」を買いに、その特売ちらしが掲載されていたそのスーパーに行ったのですけど、
そのスーパーというかディスカウント店は、とにかく店内がめちゃくちゃ広くて、食品売り場だけでも
相当スペースは広いと思います。
そんな感じでしたので、このかりんとうドーナッツを探すのはちょっと面倒・・この店は普段あんまり来た事もないし
勝手がよく分からないし・・と感じたもので
「こういう場合は店員さんに聞くのが手っ取り早い」と思い、そのお店のちらしを見せた上で
「この商品が置いてある場所を教えてください」と声を掛けたものの、そのいかにもベテランという雰囲気の男性スタッフは
怪訝そうな顔をするばかり・・
そして「うーーん、うちの店にこんな商品あったっけ・・?」みたいなある意味とんでもないことをポロっと口にされていましたので、
なんか私も思わず「おいおい、あなたってここの店の店員さんでしょ・・?」とツッコミを入れてしまいました・・(汗・・)
まあ、確かに店内は広いしこれだけ在庫が多いといちいち商品の置き場所も全てを把握していないというのは
分かるのですけど、せめてちらしに掲載されている商品ぐらいは、
その商品目当てに来店される人だっているのかもしれないので、そのぐらいはきちんと把握して欲しかったですね・・
その店員さんは名札に「食品フロア担当」とはっきり書いていましたからね・・

そんな感じで、その店員さんの後をついていく感じで、そのかりんとうドーナッツを発見するために店内を
動き回ったのですけど、案の定・・全然見つかりません・・
またまた「このちらしの商品、本当においてあるのかな・・?」と余計なひと言を放つものですので
「あたなの店の特売商品ですよね・・」とまたまたツッコミを入れてしまいました・・(汗・・)
結局、特売商品という事でレジの前に置いてあるのをようやく発見して貰い、その店員さんが「どだっ!」みたいなドヤ顔を
してくるものですので、何か思いっきりドン引きしてしまいました・・

まあ、確かに商品の在庫は多いし入替えは日常茶飯事ですので、その店員さんを責める事は出来ないのですけど、
「もう少し自分の店の商品ぐらい知っておいてね・・」と余計なひと言を申し上げたい気持ちで
ウズウズするものもあったりしました。
まぁ・・だけど・・私自身も、住宅・建築のアフター担当に従事していながら、顧客からの
「このキャンペーンちらしに掲載されている浴室の標準仕様とオプション仕様のカタログ××ページのこの浴室の仕様の
違いはどこにあるの・・?」と聞かれて、言葉に詰まったり私もいたりするものですので、
私もそんな偉そうな事は言えないのかもしれないですね・・・(滝汗・・!)

そんな中、いつも感心するのは100円ショップです!

最近の100円ショップの充実ぶりは本当に素晴らしいものがあると思います!!
その商品の多様さ・豊富さ・充実ぶりは本当に目を見張るものがありますし、
外国人観光客の「隠れた穴場スポット」というのも分かる気がしますね。
今現在の100円ショップの皆様方の「良い商品を基本的には100円+税」という事をキープし続けている
努力というものには本当に頭が下がる思いで一杯ですし、
店内の充実ぶりは、本当に見ているだけでも楽しいものがあると毎回感じています。

そして、名前を出してしまうのもアレなんですけど、私がよく行くダイソーの社員さんたちは皆様、とても素晴らしいと思います。

なぜかと言うと、どの店に行ってもそしてどの店員さんに「この商品どこに置いていますか?」と尋ねると
ほぼ全ての店員さんが「この商品はこちらに在庫があります」とその商品が置いてある場所まで親切に誘導してくれますし、
100均の商品数の多さなんて、前述のスーパーの食品コーナーの比ではないと思われる中、
自分のお店の商品をほぼ全て把握されているその勉強熱心さには本当に胸を打たれるものがありますし、
「すごいなぁ・・」と感嘆するばかりです!

こういうのって仕事だから当然という考えもあるのかもしれないですけど、「自分はこの店内とか店に置いてある商品が好き」
みたいな気持ちを多少は持っていないと出来ない事でもありますので
「好きこそ物の上手なれ」とという言葉はある意味的を突いていると言えるのかもしれないですね。
スポンサーサイト



9~10月というと三連休とか祝日も多く、秋晴れということでお出かけ日和の日でもありますので、
総合住宅展示場においては、ふだんよりもより力の入ったイベントが開催されることは多いと思います。
実際、私の住宅営業時代の印象では、新築・建替の計画を具体的に進めるために住宅展示場を来場される
ホットなお客様は、5月のゴールデンウィークよりもむしろ、8月のお盆休みで帰省した際に
親世帯から「そろそろ家の事を考えろ」とか「実家を二世帯住宅に建替えて一緒に住まないか?」とか
「生前贈与で少しばかり援助するから・・」などと知恵や資金源を授かった9~10月に来場されるお客さまのほうが
圧倒的に多かった印象があります。
(5月は大型連休ということで単なる暇つぶしとか子供の娯楽のためという感じの人は多かったように思えます)

そんな訳で、おそらくですけど先日の三連休とかシルバーウィークの際には、住宅展示場を訪れた方も
普段よりは多いはずで各展示場もそれなりにホットな展開をされていたのかと思われます。

よく「家は一生の買い物、だから計画は早めにかつ慎重に!!」とか言われますし、
中には比較的お若い頃から「人生計画」とかプランニングをされている方も中にはいたりもしますけど、
住宅の購入(新築・建替え・建売)とか既存住宅の大規模リフォームというのは
意外と・・・
「衝動買い」みたいな感覚が結構強いような感じもいたします。
こうした住宅展示場にご来場されるお客様って、漠然と「そろそろ自分も考えないと・・・」みたいな
大雑把な漠然とした意識でお見えになる方って結構多いような印象もあります。
勿論、定年退職をされて
「さーて、残りの人生は家を新しく建替えてのんびりと暮らすぞ!!、そのために・・・退職金等による自己資金の
計画も以前から練っていた・・・」みたいに
資金計画とか建物自体のイメージプランニングが既に固まっている中年ご夫妻のご来場の方も
たまーーにあったりするのですけど
こうした「上得意のお客様」(当時の自分達は・・・カモ客と呼んでいました・・・まったく失礼な話ですよね・・・汗・・)は
そんなにいる訳ではありませんし、
こういうお客様は各住宅メーカーの間でし烈気廻りない争奪戦が開始されます・・・
結局、各メーカーの足の引っ張り合い・相見積合戦・各営業担当の夜討ち朝駆け等でそのお客様も相当疲れると思います。
その位、計画性があるお客様の「奪い合い・相見積合戦」は壮絶だと思いますし、
逆にお客様に今現在の中立な視点から余計なアドバイスをさせていただきますと、よく家の新築計画の際に
5~8社程度相見積もりを取られる方も多いとは思うのですけど、それをやってしまうとお客様自身が
疲れてしまいますし、正直そんなに各メーカーの違いもありませんし、各メーカーにやる一長一短はありますし、
比較検討の末結局何も決められないということは実はよくある話なので、
具体的な計画を持って住宅展示場を訪れる方は、事前にある程度の「メーカー選定」をしておいて、
具体的なプランや見積もりを依頼するメーカーは2社程度に絞っておいたほうがいいと思います。

20代後半~30代、そして40代の小さいお子様等をお連れした家族客というものは、
正直そんなに「具体性」とか「いますぐにでも・・」という感じはありません。
どちらかというと、こうした総合住宅展示場の土日とか祝日とか先日の連休とか、お正月とかお盆とかGWの場合、
ワンちゃん猫ちゃんショーとか仮面ライダーショーとか大道芸人ショーとか飴細工職人ショーとか
ポニーやラクダに乗っての動物とのふれあいショーとか
戦隊ものイベントとか色々なイベント・企画という「客寄せ」を頻繁にやっていて
最初はそうした客寄せイベントに対して「家族でのひまつぶし」にご来場される方はかなり多かったと思います。
そうした若い層のほとんどは、建てる土地が無いとか自己資金計画が全く出来ていないとか
本当に純粋にただ遊びに来ているだけみたいな方ばかりなのですけど、
そうやって最初はイベントにつられる形で住宅展示場に遊びに来て、何棟かモデルハウスを見学している内に
「そうだな・・・自分もそろそろ・・」とか
「親との二世帯同居を考えるか・・・両親のあの建物を建て替えするにはどうすればいいのか・・」
「住宅メーカーでは土地の紹介とかあっせんとかしているのかな・・」などのように
最初は漠然と・・・
だけど・・・
何かのきっかけで・・・
たまたまよい営業担当に巡り合えたとか、
あの住宅メーカーのこの仕様が気にいったとか、あの外観に一目惚れとか
現在だったらキャンペーン中で、この予算でここまでできる事が初めて分かったとか
今金利も安いし、35年住宅ローンをシミュレーションしたら、今現在の家賃よりも安いじゃん・・みたいな事に気づいたとか、
結果的に衝動買いみたいな形でご自身の「新築計画」をスタートされる方もかなり多いと思います。

私自身もそうしたモデルハウの営業時代は、
「たまたま・・・・自分がいたあの住宅メーカーのモデルハウスにたまたまそのお客さんがご来場され
たまたま・・・自分が登板だったからそのお方をご案内していたら
たまたま・・・計画がとんとん拍子に進展していき、
結果として、
契約→着工→竣工というご縁があった・・・」
そういう方は結構多かったと思います。

こういう総合住宅展示場の「イベント」というのは、単なる客寄せと思ってバカにしていると
結構痛い目に遭いますし
当時、私も「こんな仮面ライダーショーみたいなしょーもねーイベントに寄せられる客なんてロクなもんじゃねー」と
思っていた時期もありましたけど、
そういう時期はまさに自分自身が営業成績としてはロクなもんじゃない時代だったと思います・・(汗・・)











さてさて、そうした中、9月のとある総合住宅展示場ですけど、そうしたイベントの一環として
「キュアミラクルがやってくる!」な~んていうプリキュア単独イベントを開催していましたので、またまた性懲りもなく
行ってみました・・(汗・・)
今回は「プリキュアショー」というものではなくて、戦闘とか敵キャラの登場とかそういうものではなくて、あくまで単独イベント
ということでキュアミラクル一人だけのイベントで、こうした場合はメインはキュアミラクルとの握手会や撮影会が
メインです。
ま・・さすがにいくら私でも、小さいお子さんとその親の行列に並んで握手とか記念撮影はちょっとできないですね・・(苦笑)

そうした記念撮影等のイベントの前にちょっとした司会のお姉さんとの会話とかダンスシーンとかクイズ大会等が
あったりもするのですけど、そういう時がミラクルを撮影できる唯一のチャンスなのだと思います。

そうそう、今現在放映中のプリキュアは「キラキラ☆プリキュアアラモード」ですので、本来ですと、
いちかちゃん=キュアホイップがこうしたイベントに来たほうがもっと小さいお子さんのウケもいいのかなと思うのですけど、
聞いた話によるとこうした被り物ショーにおけるいわゆるレンタル料というのか企画料というのは、
現役プリキュアは結構するらしいです。
住宅展示場としても「予算」がありますから、やはり少しでも抑制したいと思うでしょうし、
「プリキュア・・? 現役プリキュアのホイップも先代プリキュアのミラクルも同じピンク系だし大して違いがないじゃん!
それだったら安いほうのプリキュアを呼んだほうが安上がりじゃん!」と考えたのかもしれないですし、
そのあたりは「大人の事情」なのかもしれないですね・・(笑)

実際問題、こうした住宅展示場やスーパー等のイベントにおいては、現役プリキュアではなくて先代、場合によっては
先々代のプリキュアがやってくるというのは全然珍しくありませんし、
例えば2016年に放映されていた「魔法つかいプリキュア」の年に、2代前の「キュアラブリー」が登場したこともありましたし、
2012年に「スマイルプリキュア」が放映されていた時に、なんと・・!
2009年に放映されていたフレッシュプリキュアの「キュアピーチ」が登場していた!なんていうこともありました!

だけどこういうイベントで懐かしいプリキュアを見ることができるというのはなんだか楽しいものはあると思います!





CIMG0695_convert_20170925070413.jpg


CIMG0697_convert_20170925070441.jpg



CIMG0700_convert_20170925070511.jpg



CIMG0706_convert_20170925070537.jpg





ミラクルのダイヤスタイルの衣装は、まさに「可愛らしさの王道」ですね!!

ミラクルはいかにも「アニメ」からそのまんま抜け出してきたような印象があり、
まさにお人形さんみたいな可愛らしさに満ち溢れていると思います。

キュアミラクルって改めですけど、歴代プリキュアの中でも突出した美少女プリキュアだと思いますし、
正統派の美人さんプリキュアだと思います。
変身前のみらいは、美人さんというよりは「とってもかわいい女の子」という雰囲気ですので、プリキュア化した場合の
あの美人さんへの変貌ぶりは最初に見たときは、ちょっと驚いたものでした!

現役プリキュアのピンク系のいちかちゃん=キュアホイップは、みらい=キュアミラクルに比べると「幼い」という雰囲気は
あるのですけど、私としては美人さん系のミラクルもかわいい系のホイップも両方大好きですね!

たぶんですけど、来年になれば、このキュアホイップも「先代プリキュア」としてこうしたイベントに駆り出されるのかな・・?





CIMG9629_convert_20160503173144.jpg


CIMG9630_convert_20160503173232.jpg




ついでですので、こうした住宅展示場の「キュアラブリー」の写真も掲載しておきます! (笑・・)

やっぱり「キュアラブリー」はアニメ本編もとにかくめちゃくちゃ可愛いのですけど
こうした被りものの世界でもとてつもなく可愛いですよね!
私も色々なプリキュアのこうしたショーにおける「被りもの」を見て来ましたけど、
個人的には「キュアラブリー」の完成度が一番高いと思いますし、とにかくめちゃくちゃ可愛いと思います!!

上記のイベントの際に「ジェスチャー大会」もやっていて、
ラブリーが頭に手をかざしてぴょんぴょんの「うさぎ」のポーズはとっても可愛かったです!

正解者に拍手!なーんていうラブリーもやっぱりとっても可愛いです!!

 | BLOG TOP |