FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


コンビニやスーパーで売られている「サラダチキン」ってとっても美味しいと思います!
この素材、なにが素晴らしいのかと言うともちろんそのまんま食べてもとっても美味しいのですけど、
ちょっとひと手間加えるだけでとっても美味しい一品にも大変身できちゃうのが特に魅力的だと思います。
高たんぱく・低カロリー食品として、ダイエットや体を鍛えている人の間では以前からかなり知られていたと思うのですけど、
そのまま食べる以外にもほぐしてサラダやスープに入れたり、チーズをのせて焼いたりと、
アレンジ方法も豊富なのがいいですよねぇ~!

最近のコンビニのホットコーナーは、焼き鳥・鶏のから揚げ・フライドチキン等「鶏肉」を使用したものがかなり多く、
コンビニに行くとついついこうした鶏関連の商品も買ってしまうのですけど、
考えてみると今現在、日本のスーパーやコンビニで最も熱い素材の一つが「鶏肉」なのかもしれないですね!

もっとも・・東方の世界においては、あやや・・・射命丸文の元ネタは「鴉天狗」という事でトリでもありますので、
外界のこうした事情を耳に入れたりすると、思いっきり嫌な顔をされちゃうのかもですね・・・(汗・・!)









サラダチキンは、鶏胸肉を塩や胡椒、ハーブなどで味付けして蒸し上げたヘルシーな商品です。
商品としては、プレーン・ハーブ味・黒胡椒味・スモーク・ゆず味・レモン味・スモークあたりが大変馴染み深いと思います。
私的にはそのまんま生で食べる際には黒胡椒味がとても美味だと思いますし、ちょっとアレンジした一品を作りたい場合は、
ブレーンかハーブ味がいいと思います。

鶏胸肉には、ビタミンB6、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸が豊富です。
これらは疲労回復や粘膜・消化器系の保護、エネルギー代謝の促進に効果が期待されます。
鶏胸肉は脂肪含量が低く、タンパク質が豊富であるため、
生活習慣病の予防や健康維持を考える人の強い味方であると言えます。
鶏肉というとそのさっぱりとした味から「栄養は低いんじゃないの・・?」と思われる方もいらっしゃるとは思うのですけど、
上記理由により、栄養・滋養の面でも大変素晴らしい素材と言えるのだと思います。
サラダチキンは、さっぱりとした味で冷たい状態の方が味も凝縮されて美味しいので、
朝食のメニューとして出す場合も、サラダにトッピングすれば、それだけでお腹を満たす事ができます。
調理を加える必要が無く、包丁を使わないで手で裂いたりしても簡単に食べられますので、
時間の無い方や料理が得意で無い方でも、サラダチキンがあれば簡単なアレンジメニューや、
時短メニューができる食材として大活躍してくれるのは間違いと思います。

サラダチキンは台所には欠かせない素材の一つと言えるのかもしれないですね!

サラダチキンはダイエットにも効果が高いとされ、
歯ごたえと旨味がしっかりとありますので、食べた時の満足度も非常に高く、
豆腐等の大豆製品と並んで、ダイエットに効果的な高タンパク低カロリー食材の代表格と言えるのかもしれないです。

さてさて、この「チキンサラダ」をアレンジした一品なのですけど、下記において過去私自身が実践してみた
とっても美味しい食べ方をご紹介させて頂きたいと思います。

1.わさび醤油付け

「なんだ! そのまんまじゃん!!」と思われるのかもしれないですけど(汗・・)、サラダチキンにわさび醤油を付けて食べると
めちゃくちゃ美味しいです!
他にも柚子胡椒を付けて食べてもとっても美味しいと思います!

2.冷製パスタ

最近の記事の中に「冷製バスタを食べたい時には、冷凍食品パスタを自然解凍してキンキンに冷えた状態としての
パスタを食べるのも一つの変化球的な食べ方」と記しましたけど、
そうですね・・今現在は残念ながら販売されていないのですけど、シマダヤの「流水麺シリーズ」に以前「バスタ」が
取扱いされていた時には、この流水麺としてのバスタを冷水でほぐし、その麺の上にこのサラダチキンとトマトときゅうりを置き、
わさび醤油ドレッシングとかぼん酢とか胡麻ドレッシングをまぶして食べるととにかくさっぱりとして爽やかな
冷たいバスタが手軽に作れて私は大好きでした!

3.わかめスープの具材として投入する

わかめスープに限らず、コンビニやスーパーで売られているカップスープ系だったら基本的にはどんなスープとも
このチキンサラダは合うと思います。
というかその意味ではチキンサラダはどんな食材とも合う万能食品と言えるのかもしれないですね。
スープの具材として投入する場合は、わかめスープみたいな塩味系のあっさりスープの方がより美味しく
食べられるような気もします。

4.チキンサラダをパター醤油で炒めて食べる!

この食べ方はちょっと反則なのかもしれないですけど(笑・・)、何がいいのかというとあの香ばしい香りが
堪らないと思います!
端の方をちょびっとカリカリに焼いた方がより美味しさを感じるとも思います。
またプレーンチキンサラダに普通にオイルで焼いて、これにカレー粉を掛けて食べるだけでも全然美味しいと思います!

5.サラダチキンのチーズトースト

これきすごく簡単でして、パンの上にサラダチキンを乗せて「溶けるチーズスライス」を乗せてオープンで
役だけです!
これき真夏の食欲があんまりない朝食にぴったりだと思いますし、ミルクよりはオレンジジュースとの相性が
最高にいいと思えます!

6.チーズとの相性が最高!

チーズトーストの応用ですけど、チキンサラダとソーセージとゆでたじゃがいもの上に溶けるスライスチーズを乗せ、
オーブンで焼き、その上に粉チーズと黒胡椒を掛けるととにかくめちゃくちゃ美味しいです!
真夏でしたビールのおつまみにもよく合うと思います!

上記の他にももっと素敵なサラダチキンを使用したメニューもあるかとは思いますので、皆様の中で
「いやいや、こんな美味しい食べ方も他にもあるよ!」というのがあれば是非教えて頂ければ幸いです! (笑)





CIMG0620_convert_20170911134447.jpg




街のラーメン屋さんもそうですけど、大手のラーメン店とん有名店等においても、以前に比べると「鶏チャーシュー」という
鶏の胸肉とかささみをトッピングの具材としてメニュー化しているお店も増えてきているように感じられます。
昔ですと「チャーシュー」というと当然ながら「豚肉」がメインだったと思うのですけど、最近のヘルシー志向とか
ダイエットという事で、トッピング具材にも色々と時代の変化はあるのかもしれないですね。

以前ですけど、都内の某有名店のラーメン店に「たまにはこうしたちょっとしたぜいたくもいいのかも・・?」と思って入り、
チャーシュー麺を注文したのですけど、そのチャーシューというのは、客の目の前で炭火焼として焼くという
視覚的効果も楽しかったのですし、何よりもその香ばしい香りがとても素敵で
「これは一体どんなおいしいラーメンににるのだろう・・!?」とめちゃくちゃ期待していたのですけど、
食べてみると「ふーーん・・」という意外にも微妙なものでした・・・(汗・・)
それはなぜかというと一言で言うとバランスが極めて悪いからだと思うのです。
確かに上記で記したチャーシューの具材も大変美味しいですし申し分ないと思います。
麺ももっちりしていて美味しいと思いますし、スープも大変おいしくラーメン店が提供する「スープ」として飲んでも
普通にお金が取れそうなレヴェルだったと思います。
だけど、具材・麺・スープがみんなてんでバラバラで三者が融合・調和していないからなんとなくですけど
「豪勢だけど味がバラバラ・・具材単品だけなら美味しいのだけど・・麺だけならいいのだけど・・」という事で
部分と全体のバランスがあんまりよくなかったのが一つの敗因なのかな・・?と当時感じたものでした。

余談ですけど、このラーメン店はその後いつの間にか潰れていました・・・(滝汗・・!)

ま、やっぱり私みたいな味覚音痴で基本的には何食べても「おいしー、まいうー」としか言わない私は
カップラーメンがお似合いなのかもしれないですね(笑・・)

上記で書いた通り、最近は「鶏チャーシュー」のお店も増えてきましたので、カップラーメンで簡単に作れちゃう
インスタントの鶏チャーシューを下記に取り上げさせて頂きたいと思います。
ま、レシピといっても、市販のカップラーメンに上記の「サラダチキン」をスライスしたものをのっけるだけなんですけど・・(汗・・)

こういう場合のちょい足しに適するラーメンは、どんな具材をのっけても合いそうな万能カップ麺の
日清の「麺職人」のしょうゆ味が宜しいのかと思います・・





CIMG0621_convert_20170911134508.jpg



もちろん、ただ普通にサラダチキンを麺の上にのせましたでは芸がないものでして、
少しだけ一手間加えさせて頂きました。

まず熱湯を入れる前ですけど、チキンサラダをスライスしたものを半分乾麺の上に乗せ、ここに熱湯を入れます。




CIMG0623_convert_20170911134536.jpg



そして4分経過後にスープの素を入れ、チキンサラダの残りを麺の上に乗せ、海苔をトッピングすれば完成です!

これなんで、チキンサラダを熱湯を入れる前後で二回に分けて投入したのかと言うと、
チキンの食感が全然違うからです!
熱湯と一緒に浸したものは、食感として「ちょっと硬い・・」という歯ごたえ感とボリューム感を楽しむ事が出来ますし、
熱湯を入れて4分経過後に投入したものは、いつものチキンサラダの柔らかくてクリーミーな食感を楽しむ事が出来るので、
一つの「チキンサラダ」なんだけど、異なる食感の鶏肉を味合う事ができるという意図が実はあったりもします!

豚のチャーシューみたいなボリューム感はないですけど、鶏胸肉という事でやきりこのさっぱり感が実に
美味しいと思いますし、
自分で言うのもなんですけど、二つの食感のチキンサラダを同時に味合う事が出来ますので、
私のこれまでのポンコツちょい足しの中ではこれは成功した部類に入るのかもしれないですね・・・(笑)


スポンサーサイト



日清焼そばUFO 明太子マヨですけど、なんでこんな妙なカップ麺買ったのかな・・?と記憶を辿ってみれば・・


そうそう、春先に展開していたローソン×ごちうさキャンペーンの先着配布グッズの対象商品の一つでしたね・・(笑)

あの特「焼きそばに明太子なんて合う訳ないじゃん・・ま、だけどものは試し・・」と思ってついつい購入したはいいけど、
間もなく賞味期限到来という事で食べてみる事にしました。
うーーん、正直嫌な予感に溢れた組合せですし、あんまり期待はしていないのですけど、
さてさて、そのお味の方はいかがだったのでしょうか・・?



譌・貂・convert_20170911133026




このカップ焼きそばの中身ですけど、液体ソースと明太子マヨ、そしてダブルふりかけが入っています。

ダブルふりかけと言うのは、これまでのUFO明太子マヨに入っていたふりかけの内容量を増量させたとの事です。

「ソースは、日清特有の酸味や甘さがありつつもやや控えめで、
添付の明太子風味マヨネーズや明太子のふりかけを引き立てる役目にまわっている」と言うのが日清の開発担当の
皆様の意図だったのかもしれないですけど、
うーーん、正直に感想を書くと、ソースの味がとにかく強すぎて、今回の主役であるはずの明太子の味とか風味が
極めて弱いように感じられます・・
否! ほとんど明太子の味が感じられず、普通の日清ソース焼きそばUFOの味しか感じられないというのか
「え・・? 明太子は一体どこに存在しているの・・??」みたいな感想しか出てこないですね・・・(汗・・!)
どうして「明太子の味が弱いのかも・・」と感じるのかと言うと、
明太子マヨネーズの量が少ないというのが一番大きな理由なのかもしれないです。
主な明太子要素はふりかけの方ってことなのかな・・?
最初はそう思っていたのですけど、増量されてるってことらしいですが、私的には「今一つなのかも・・?」という印象です。
もう少し明太子の粒々がたくさん散りばめられていて「明太子の粒々感」をより大袈裟に表現出来ていれば
全体の雰囲気はもう少し変っていたようにも感じられのですけど、
そのあたりが「普通のソース焼きそばと大して変わりがないじゃん・・!」と感じてしまう一番の理由なのかも
しれないですね。
それと前述の通りとにかくいつものあの「ソース味」の風味と香りが明太子を完全に上回ってしまい、
ソースの味に完全に明太子が負けてしまった・・としかいいようが無いようにも思えてなりません。

全体としては、いつものUFOにちょっと明太子風味が加わっただけって感じですね・・(汗・・!)

明太子マヨという名前通りに、明太子とマヨネーズの風味を強調した商品にすべきだったのかもしれないです。

全体的には明太子が今一つ麺に絡んでいない気もしましたし、そのせいなのかポソポソした食感に感じられもしました。
焼きそば自体の味というか、いつものあのソースはやはり美味しいので、勿体ない気がします。

うーーむ、やっぱりUFOは普通のソース味が一番美味しいという事なのかもしれないですね!

 | BLOG TOP |