プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日でしたけど、とあるコンビニが改装工事を終え、リニューアルオープンをしていました。
おにぎりが安かった事とか、一定金額以上購入すると
記念グッズを貰えたりする事とかファミチキが値引きされていたせいもあったせいもあると思うのですが
結構盛況でした。

このリニューアルオープンで少し驚いた事は、埼玉県の公式マスコットでもある「コバトン」が来ていたことです!!




繧ウ繝代ヨ繝ウ_convert_20121110222314




「コバトン」は、くまもんやひこにゃん、ばりーさんみたいに全国的知名度がある
ゆるキャラではありませんが、
埼玉県内では、そこそこに愛されているゆるキャラだと思いますし、
少なくとも他県よりは知名度も高いと思います。
見た目も決して悪くないというか、結構可愛いと思います。

だけど意外だったのは、こうした地方公共団体のゆるキャラでも
ファミリーマートみたいな民間の純営利団体の開店イベントの客寄せにも使用してかまわない事
でした。
こういうのって、申請さえきちんと出しておけば、
宣伝にも使えるのですよね。
「コバトン」は結構客寄せにはうってこいだと思いますし、
事実、結構子供たちには大人気でしたし、
記念写真撮影をお願いする親子連れも結構いました。

「コバトン」は埼玉県では人気キャラであり、公共団体のイベントは勿論の事、
こうしたコンビニの新規開店イベントとか住宅展示場とかショッピングモールのイベントとか
連日どこかで出没していますし、
コパトンが来ると、大抵小さい子供さんなんか
「わーい、コパトンが来たー」なんて言って喜んでいますからね。

ふなっしーとかくまモンみたいな明確な個性というものは正直あんまりないのかもしれないですけど、
なんかあの独特の無個性みたいな感じがいかにも埼玉らしい感じもあり、実は私もコバトンは結構大好きで
あったりもします!

埼玉県のご当地キャラは?と聞かれて「コバトン」を挙げることができる人はそう多くはないのかもしれないですね・・(汗・・!)
というか、埼玉県民の皆様の中には実はいまだに「コバトンってなーに?」と言う感覚の方も
かなり多いんじゃないのかな・・?とも感じたりもしますね。
コバトンのゆるキャラグランプリの最高順位は23位と、埼玉の存在感にどこか似て、微妙に地味なコバトンという
感じもあったりもします・・(汗・・!)
都道府県の魅力度ランキングで下位に低迷し、「特徴がないのが特徴」とまで言われて久しい埼玉県ですし、
東京に通勤・通学する人が多く、郷土愛が大変薄く
県民愛・郷土愛のうすさでは実は47都道府県のうち断トツの1位ではないのか・・?とすら言われていますし、
埼玉県民の本質は実は「埼玉都民」ではないのか・・言う方も中にはいらっしゃるようですけど、
とにかくコバトンという存在はそうした個性という点では今一つインパクトが弱い埼玉県を象徴しているようにも
感じられるのですけど、ま、逆に言うと「個性が無い」というのは「嫌われる要素が少なく誰からも愛されやすい」という事にも
繋がると思いますので、コバトンのこれからの活躍に期待したいと思いますし、
こうしたイベント等においても「コバトン、頑張れ!」とエールを送らさせて頂きたいと思います。
今年の夏は埼玉は花咲徳栄が見事に夏の甲子園で優勝しましたし、
別カテゴリですけど、アニメ「浦和の調ちゃん」も続編としての「むさしの!」が鋭意制作中という事でもありますので、
そんな冴えない埼玉ではありますけど、コバトンのようなゆるキャラにも頑張って欲しいと思います!

コバトンは、埼玉県の県の鳥であるシラコバトをモチーフにした埼玉県の公式マスコットです!

元々は2004年に埼玉県で行われた「彩の国まごころ国体」「第4回全国障害者スポーツ大会」の大会マスコットであり、
大会終了と同時に使命を終える予定であったのですけど、
大会でのコバトングッズの売り上げが一億円を突破したことから、2005年に正式に埼玉県のマスコットキャラとなったという
経緯があったりもします。
現在でも、県広報誌、イベント、県関連企業の催しなどで印刷物、グッズ、着ぐるみなどで登場し、
県の公式サイトでもトップページで紹介されているます。
民間企業や市民にデザインの使用が開放されており、前述の通り着ぐるみの貸し出しも行われているため、
コンビニやスーパーや店舗の開店等でのイベントでもその人気はいまだに健在という感じでもありますね!

コバトンが初めて世に登場した2004年は、埼玉県のスポーツチームが好成績を収めており
例えば、西武ライオンズが日本一、浦和レッズがJ1セカンドステージを初制覇、大宮アルディージャがJ1昇格、
日本女子サッカーリーグのさいたまレイナスが逆転優勝という事もあり
一部においては、コバトンは「勝利の鳥」とか「コバトン不敗伝説」と囁かれた時期もあったようです・・

ま、今現在はさすがにそうした事を言われる方はほぼ皆無だとは思います・・(汗・・)

2004年、彩の国まごころ国体実施に当たって当時西武に在籍していた松坂大輔が広報インタビューに応じた際、
コバトンのぬいぐるみが2体寄贈され、そのうちの1体は西武のポストシーズンに帯同して全試合ベンチ入りし、
同年の西武のパ・リーグプレーオフ優勝と、日本シリーズ優勝の胴上げにも参加し、
この時の写真には、監督の伊東勤の胴上げのどさくさに紛れて
コバトンのぬいぐるみを高々と掲げる西武の選手の一人星野智樹の姿が映っており、
全国へコバトンの存在を知らしめることとなったとも言われているそうです・・・(笑)
また、2008年に西武がパ・リーグレギュラーシーズン・クライマックスシリーズ・日本シリーズ・
さらにアジアシリーズを制覇し、監督の渡辺久信が胴上げされた際にも、コバトンのぬいぐるみが
再び星野選手に伴われて登場したというエピソードもあるそうです。

最後に・・・

このコバトンには、現在、念願の(?)後輩も登場しています!

名前は「さいたまっち」という事なのですけど、昨年の埼玉県の県民の日にさいたまっち」をお披露目され 
これから、コバトンと一緒に埼玉県を盛り上げていきます。よろしく「トントン」!と自己紹介までしていたようですけど、
実は私自身は、このさいたまっちを生で見た事は一度もまだありません・・

コバトンはコバトンとして頑張って欲しいけど、この弟分のさいたまっちも今後見かけたら、ひそかに(笑・・)
応援はさせて頂きたいと思います!
スポンサーサイト
先週の記事にて
「スーパー銭湯にて高校野球中継を見るためにテレビが設置されているサウナに入ったものの
裸眼じゃよく見えないので、プラスチック製眼鏡をしたまんまサウナに入ったら、高温によりプラスチックメガネの
コーティングが剥がれ、レンズ表面に思いっきり傷をつけてしまい、ぼやっ・・としか見えなくなってしまった・・
この種の破損は買い替えるかレンズ交換以外術がないから、今度の休みの時に
どっかで眼鏡を買いに行かないと・・」みたいな記事を掲載しましたけど、
そんな訳で先日新しい眼鏡を買いに行きました!

私自身、実は眼鏡というものはあんまり使ったことはありません。
1~2年前までは基本的にはコンタクトを使用していて、私の場合コンタクト歴は大変長く、
高校生の頃からコンタクトのお世話になっていましたから、もう何十年も(汗・・!)使っていたことになります。
だけど数年前から、飛蚊症の症状が出てきたりとか長期化使用の後遺症みたいな感じかもしれないですけど
目の違和感とか目の疲れが以前より相当気になってきたという経緯もあり、
昨年の終わりぐらいからコンタクトの使用は止めて眼鏡だけ使用するようにしています。
それ以前にコンタクトのケアを含めてコンタクトを使う事自体が面倒くさくなりつつありますし、
以前受診した眼底検査の際にも
「長期間使用による眼のダメージの痕跡はある、そろそろ眼鏡に切り替えた方がいい」とも言われていましたので
潮時だったのかもしれないですね。








眼鏡屋さんというと色々ありますし「どこがいいのかな・・」と思って色々と検索してみたら
J!!NS(ジーンズ)がかなりお買い得というのがなんとなくわかりました。
J!!NS(ジーンズ)というと私の感覚としては「若者向け」みたいなイメージがあり
「自分みたいなお年寄り(汗・・!)が気軽に入れる店舗じゃないのかも・・」みたいな感覚もあったのですけども
実際の店舗に行ってみたところ、そうしたイメージは完全に私の誤解だったと思います。
客層も学生さんや若い世代もいましたけど、結構な高齢者の方もたくさん来店されていましたので、
比較的オールマイティみたいな感じもありました。

私が初めて眼鏡とかコンタクトを作って貰った頃って、
価格は結構高いし、検査にすごく時間が掛かるし(エリアによっては眼科受診が義務付けられていた所もありましたね・・)
検査が終わってフレームを選んでも、すぐにお引渡しという訳ではなくて、半日以上待たされることもありましたし、
ひどい時には「翌日受渡し」という事も多々あったと記憶しています。
私が初めてコンタクトを装着した時は、一枚15000~20000円前後が相場だったように記憶していて
両眼揃えるだけで4万近く掛かっていたような記憶があります。
眼鏡も当時は一式最低でも2~3万前後が普通だったような印象があります。

さすがに21世紀に入って以降はコンタクトもかなり安くなっていましたし、何よりも使い捨て式が主流になっていますので、
以前のソフト式・ハード式のあの高価なレンズみたいな感じではないですね・・

さてさて・・J!!NS(ジーンズ)ですけど、視力測定の検査自体が機械を駆使して大変手際よく行われていて
自分の眼に合ったレンズを素早い時間で提案してくれるのは大変ありがたいものがありますね。
以前ですとこうした検査って、検査用メガネをさせられ検査員の方がいちいちレンズをはめたり入れたり
その調整が大変そう・・みたいな感じでしたけど、
今はそんな事はやっていないようですね・・(汗・・!)

そんな感じで検査も滞りなく短時間で終了し、自分の眼に合ったレンズがまさにジャストフィットしているような
感じでした!
J!!NS(ジーンズ)の眼鏡の基本価格って、すごくわかりやすくて、
特に特注仕様とかオプションとかない限りは、レンズ代がすべて0円で、
店内にたくさん揃っているフレームの中から、5000円のフレーム・8000円のフレーム・12000円のフレームの中から
自分の好きなものを選び、
例えば今回私がチョイスしたフレームは8000円のものでしたけど、この場合のすべての込み価格は、
レンズ代0円+フレーム代8000円+消費税だけでした!!

へーー、最近の眼鏡は随分とお得価格になっているのですね!

検査時間も早いし、フレームも好きなものを自由に選べて、価格もお得だし、眼鏡自体の仕上がりやフィット感も
申し分ないし、おまけに、代金支払いから商品の引き渡しまでわずか30分という感じで、
昔の吉野家のフレーズじゃないですけど「早い、商品が素晴らしい、安い」という三拍子揃っているのは
「すごいな・・」と感じさせるものがあったと思います。

私の眼自体、左右の視力が異なるガチャ眼とか近視と乱視が入り混じっているみたいな感じで、
先日ぶっ壊れた眼鏡とかその前に使用していた眼鏡は、作ったお店から「あなたの眼鏡は特注仕様」とか言われても、
正直フィット感はあんまりなかったし価格も当時一式2万前後ぐらいでしたから
当初J!!NS(ジーンズ)のお店に行くときは「またまた特注とか言われて価格も結構するのかな・・?」と予想していただけに
この価格とか仕上がりの良さは正直「うれしい誤算」だったと思います!

上記画像がその眼鏡ですけど、見た目というよりもこのフィット感と鼻をあんまり痛めない装着感が心地よいですね!




繧√′縺ュ縺」縺点convert_20151105151248




眼鏡キャラというと東方ではマミゾウしか今のところは幻想郷にはいませんけど、
歴代プリキュアの中には眼鏡っ娘も何人かいましたね! (笑・・)

つほみは眼鏡を掛けているといかにも「内向的」とか「おとなしい・・」とか「控えめ」
みたいな雰囲気がありますよね。
だけどこういうつぼみもとっても魅力的だと思います。

確かにつぼみが模索していた「チェンジ」のためには
えりかが言う通り、眼鏡を外す事がその第一歩だったのかもしれないですよね・・・




20130901105349_convert_20151105151206.jpg




最後に・・・

眼鏡キャラというと絶対に外せない歴代プリキュアは・・・・

そう・・!!

私にとっては六花です!!

六花自体、眼鏡を掛けている時の方が珍しいのですけど
たまーーにメガネを付けている時の六花は、「萌え・・」・「眼鏡っこ萌え・・」の領域でした!!

六花が眼鏡をかけるといかにも「私・・お勉強は得意ですけどなにか・・?」みたいな雰囲気になってしまうのですけど
六花の場合、とにかく問答無用で可愛い!!と感じが濃厚でした!!

ドキドキの「三種の神器探索」の回でとある島に不時着した際の六花の
「メガネなくした・・」と少しあせる表情は
私的には大変ドツボにはいった一コマでした!!

あーー、やっぱり六花は知的で可愛いプリキュアでしたね!!
青系プリキュアの中でも本当に大好きなプリキュアでした!!

 | BLOG TOP |