プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


tennsichann_convert_20121012164529.png




今回も冒頭からいきなりアミグリさんが描かれたイラストから開始をさせて頂きたいと思います。

今回も「名作アーカイブス」という事で、アミグリさんが過去に描かれた素晴らしいイラストの「名作プレイバック集」
という事で過去の名作イラストを改めて冒頭にご紹介をさせて頂きたいと思います。
やっぱり素晴らしいイラストは、たとえ過去に既に掲載済であっても、時を変え掲載する場所を変え、
色々な人たちにもっともっとたくさん見て頂きたいものですねっ! (笑)

上記の比那名居天子は、アミグリさんが2012年10月に描かれた作品です。

比那名居天子は「天人」または「天女」みたいな位置づけです。

だけど比那名居天子は、生まれながらの天人ではなく、ましてや修行を積んで天人になった訳でもありません!

本来、比那名居一族は幻想郷の地震を担っていた神官である「名居」の一族に仕える一族に過ぎませんでした。
「名居」の一族がそれまでの功績を認められて「名居守」という神霊に祀られた際に、
言ってみれば「ついでに・・」という感じで、
部下であった比那名居一族も一応は・・・従来の功績を認められて天界に住む事を許され、天人となったのです。
その時に比那名居天子も人間から天人になったに過ぎないのです。

つまり・・・

「親の七光り」でたまたま運良く「天人」になったのに過ぎ無いという事なのです。つまり、比那名居天子自身に
功績とか功徳があって「天人昇格」を果たしたわけでも何でもなく、偶然が重なった結果とも言えると思います。
天人としての格を備える修行をした訳ではない事は、天界では周知の事実でして、
比那名居の一族は周りの天人からは「不良天人」などと呼ばれているようですし。
中でも天子はよく言えば自由奔放、悪く言えば身勝手な性格のため周辺の天人も手を焼いているとの事です。
比那名居天子は簡単に例えると、「棚からぼた餅」みたいなものですね・・・(笑)
楽して天人になってしまった存在であるため、周囲から天人としての資格を具えていないとされて
「不良天人」、「天人くずれ」などと呼ばれているのですけど、ま・・、これは「仕方が無い評価」と言われても
妥当性がありますね。

性格は・・まさにお嬢様育ちで、自分勝手でもの凄く我が儘です!
うーーむ・・天子は意外と紅魔館のレミリア様と気が合うのかも・・??
自分の能力に絶対の自信を持っていて、自分以外の全ての存在を見下している為、
少しでも思い通りにならない事があると激昂したりする等、短路的で大人気ない性格で
まさに・・・幻想郷の「困ったちゃん」と言えるのかもしれません。

天子にとっては天界の生活は退屈極まりないものだったようでして、
その退屈しのぎとして行ったのが・・・・そう!  「東方緋想天」の異変だったのです!
地上の異変の解決屋(霊夢)の事を知り、自分も異変を起こせば霊夢が乗り込んできて、
退屈をしのげるのではないかと考え、天界の宝「緋想の剣」を持ち出して異変を起こしたというのが
その異変の真意です、
そして・・・「自分を満足させなければ大地震を起こす!」とまたまた勝手な事を言い、霊夢を脅し、戦闘を強要したという
訳なのです!
その結果として博麗神社を地震で倒壊させるなどの暴挙を繰り返した挙句の果てに、
異変を通して密かに博麗神社に比那名居一族との縁を結びつけようとしたため、ゆかりんの怒りを買ってしまい、
最終的には、ゆかりんから完膚なきまでに叩きのめされボコボコにされています・・
ま・・あれはまさに「自業自得」でしたね・・・(苦笑・・)
だけど、あの時のゆかりんの怒りの表情は・・まさに「鬼」でしたね!!
(普段は飄々としているゆかりんがあんなにも感情を露わにしたのは東方の世界でもたぶん最初で最後なのかも・・?)

とにかく天子ちゃんは、幻想郷の迷惑住人なのかもしれないですね・・
だけど天子はよく「天子ちゃん、マジ天使!」と言われるほどとにかく(見た目は)めちゃくくちゃ可愛くて
東方でも屈指の美少女とは実はよく言われていたもします。

それにしてもアミグリさんが描かれたこの天子は可愛い! 否!! 可愛すぎますね!!

陳腐な言葉なんですけど、まさに「天子ちゃん、マジ天使!!」なのだと思います!

こんな可愛い天子を見てしまうと・・・
「別に少々性格悪くたっていいじゃん!」とすら思ってしまいますよね!!

あ! いけない・・! 今は天子語りではなくて十六夜咲夜さん語りでしたね・・! (滝汗・・!)

前振りがまたまた例によって長くなってしまいました・・(汗・・!)
ここから先は本記事の「咲夜さん語り」をその⑤としてスタートさせて頂きたいと思います。

前回のその④の概略は
「ゆかりんの第一次月面戦争時の際に吸血鬼一派だけは全滅を免れそのまんま月に居座り続け、月の民や玉兎たちを
次々に襲い掛かりゾンビ化させていた事を重く見た永琳様は、部下の咲夜さんに吸血鬼討伐を命じ、月内の吸血鬼退治に
成功したものの、今回の騒動の元凶は地上のレミリア様とゆかりんでもあり、この二人を抹殺しない限り
永遠に月界に平和はもたらされないと判断し、さらに咲夜さんに地上に赴き吸血鬼とゆかりんを退治するように
命じたものの、咲夜さんはいつまでたっても月に戻ってこなかった・・
それもそのはずで、咲夜さんはレミリア様に返り討ちに遭ってしまい、その運命操作能力により過去の記憶をすべて消され、
新しい名前を与えられて紅魔館のメイド長として日々お仕えし、咲夜さんも充実した日々を送っていた・・

だけど・・後年の永夜儚異変の際に、永琳様が咲夜さんを見てひどく驚いた理由は、
私のかつての部下の咲夜(もちろん当時は名前が違うと思います・・)がまだ生存していて、よりによって吸血鬼のメイド長に
なっていた事なのではないのか・・?」
という私の脳内妄想みたいなものでした。

さてさて、今回のその⑤におきましては私自身の脳内妄想の二つ目の仮説について簡単に触れさせて頂きたいと
思います。
そしてこの仮説のベースになっているのは、上記と同じなのですけど
「どうして永琳は十六夜咲夜の姿を見て驚いたのか・・?」ということなのだと思います。

この話を展開する前提として永琳と輝夜の関係性についてまずは触れさせて頂きたいと思います。
ちなみに東方の輝夜とは古典の授業やおとぎ話でもお馴染みのあの「竹取物語」のかぐや姫に相当します。
それでは東方における「かぐや姫」の「罪」とは一体何なのでしょうか・・?
表面的には、月世界では厳禁で処罰の対象とされたいた「蓬莱の薬」=つまり・・不老不死の薬を
飲んでしまったという事になると思います。
上記で書いた通りかぐや姫に当たる方は、東方の世界では蓬莱山輝夜というお姫さまなのでして、
永琳様は元々はこの輝夜の教育係を担当していました。
輝夜は、一見おっとりとしたお姫様なのですけど、もともと「月世界とは退屈な世界」「という意識があったのかもしれないです。
「月世界だけで自分の生涯を終わらせる事に何か釈然としないものがあり
「月世界に限らず色々な世界を私はもっともっと経験したい!! こんな月みたいな狭い世界の中で
一生を閉じるのは絶対に嫌!!」
「他の世界を私は見てみたい!!」
「地上界の汚さと聖なるものが混在したあの混沌とした世界の中で、私も思いっきり楽しみたい!!」
そんなような意識があったのかもしれないです。

そして輝夜はある意味「確信犯」だったのだと思います。
月の世界においては、「蓬莱の薬」を作る事は「罪」には問われません。だけどそれを飲んでしまった者に対しては
「罪」に問われ、その罪に対する「刑」とは下界の地上への流刑なのでした。
だけど輝夜にとっては、この「退屈な世界」である月世界を離れて下界への流刑はまさに本望!!
輝夜自身が強く強く望んでいた事でもあったと思われます。

そして輝夜は「かぐや姫」として下界に流刑され、時が流れていきます。

そして、古典の教科書や童話にある通り、一定の時間が経過し、輝夜の罪も消えたとされて
月世界から「お迎えの使者」が地球上に降り立ちます。
そしてそのお迎えの使者とは言うまでもなく永琳です!
だけど輝姫は・・・
「私・・・やっぱり・・・あんな退屈な月の世界はいやーーー!!
確かに薄汚くてバカばっかりで極悪人が多いのだけど、こんな混沌とした生きるチカラに溢れているこの世界が
私は好き!!月には絶対に帰りたくな――い!!」と駄々をこねたのかもしれないです。

そしてこの瞬間に永琳様は決意されたのかもしれません。

「確かに自分は今回月の使者の一人として輝夜を迎えに来て、月世界に一緒に戻るつもりであった」

「もしも輝夜が駄々をこねようものなら、首に縄つけてもとにかく問答無用で連れて帰る!!」

「だけど輝夜の本音は本当に月世界に帰りたくないという事なのだ」

「果たしてこのまま月世界に無理に連れて帰っても、輝夜は本当に幸せなのだろうか・・・」

そういう迷いは永琳の中にもあったと思いますし、葛藤はあったと思います。
結果的に永琳は、

「私の使命は輝夜を守る事であり、なによりもこの輝夜に幸せになって欲しい!!
その輝夜の幸せが月世界ではなくてこの地上にあるというのならば仕方がない・・
私も輝夜と一緒にこの地上に残る事を決めた・・・なぜならば輝夜を守るために・・・!!」
と決意したのです。

そして同時に・・・

「輝夜は既に不老不死の薬を飲んでしまっている・・・
輝夜を永遠に守りたいというならば、輝夜同様にこの蓬莱の薬を私自ら飲み干し、
文字通り輝夜を文字通り永遠に守り抜きたい!!」という気持ちが固まった・・・という事になったのだと思われます。

そして永琳は自らの手で、自らと一緒に来た仲間である月の使者たちを一人残らず殺してしまいます。

そしてここからが咲夜さんの話に関連するのですけど、私の脳内妄想としては、実はこの時に永琳が殺したはずの
月の使者の一人が咲夜さんではなかったのかな・・?と思ったりもします。
だけどもしもそうだとしたら咲夜さんとしては「不本意」以外の何物でもなかったと思います。
自分たちは永琳を完全に信頼しきっていて、永琳からの命令、そして役割によって地上に永琳とともに降り立ち
輝夜を迎えにきたに過ぎないというのに、いきなり問答無用といわんばかりに
永琳から斬殺されたとしたら
「え・・お師匠様・・どうして・・!? 私にどんな罪があるというのでしょうか・・!?」みたいな不条理みたいなものを感じて
死を迎えていたのかもしれないですね。
だけど咲夜さんは月の使者の中では唯一生き残った・・
とてつもない瀕死の重傷を負ったけどどうにかこうにか命だけは留めた・・・
そしてその瀕死の重傷を負っていたのを助けたのがもしかして・・・? 藤原妹紅なのかもしれないですね。
輝夜に恨みを持つ妹紅は月からの使者が降り立った際に
「輝夜が月に帰る前に最後にあいつと最終決戦をしてやる!」と思っていたのかもしれないですけど、
瀕死の咲夜を見て気の毒に感じて、「これも何かの縁・・」と感じ、妹紅が隠し持っていた「蓬莱の薬」を咲夜さんに
飲ませたのかもしれないです。
だからこそ咲夜さんは永琳から斬殺されても命は落とさなかったし、結果的に「時間を操る程度の能力」というのか
自らの寿命までも操れそう・・というのはもしかしてここに理由があるのかもしれないです。
(あ、もちろん上記のことはあくまで私の脳内妄想ですので・・・汗・・!)

そんな訳でかろうじて生き残った咲夜さんですけど、
「どうして永琳様は私達を斬り殺したのだろう・・?」
「私のどのあたりがいけなかったのだろう・・? どこが永琳様の逆鱗に触れてしまったのだろうか・・?」
「どうして永琳様は輝夜様をお連れして月に戻らなかったのだろう・・?」
みたいな疑問と疑念が続いて、当初の頃は地上にいてもすさんだ日々を過ごされていたのかもしれません。
そして幻想郷内の妖怪退治なんかでヒマを潰していた殺伐とした日々の間に
紅魔館のあのおっかない吸血のレミリア様に遭遇し、
「こんなおこちゃまの吸血鬼なんて抹殺するのは造作もない事・・」と感じていたのに、咲夜さん自身が
完膚なきまでに叩きのめされてレミリア様に敗北してしまい、その結果としてこれまでの記憶とか
月世界での生活に関する知識や経験などを全て消去させられ、新たに名前を与えられ
「これからお前はこの紅魔館のメイド長として生活するように・・」と命令され、それがいつの間にかすっかり板についてしまった
みたいな事ももしかしたらあり得るのかもしれないですね。

だからこそ後日永琳様が咲夜さんを見た瞬間に
「え・・なんでこの子まだ生きているの・・? 確かあの時月からの使者は私が全員惨殺したはずなのに・・・」と
驚かれたのかもしれないですね・・・

咲夜さんの「真の正体」に関しては正直謎だらけですし、公式でもその辺りは一切明らからにされていません・・・

だけど今現在の咲夜さんはそれはそれで幸せそうだし充実した日々を過ごしているようですので、
その辺りは「そっとしておきましょう・・」という事なのかもしれないですし、
「世の中には知らなくてもいいことがある・・」という感じの世界なのかもしれないです。
咲夜さんは何らかの形で「月」に関わっているのは間違いではないと思われるのですけど、その正体とか
出生の秘密を知っているのはもしかして・・・レミリア様だけなのかもしれないですね・・・




sakuyasan-love-02_convert_20170818163717_convert_20170819195955.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、言うまでもなく十六夜咲夜さんですっ! (笑)

この咲夜さんは二週間前の当ブログの記事にて転載&ご紹介をさせて頂き、多くの皆様より称賛の声を多数頂けた
作品であり、同時に当ブログの「開設5周年」を記念してリクエストさせて頂きました素敵なお祝いイラストでもあります!!

この素晴らしい咲夜さんは是非ぜひ多くの皆様にもっともっと見て頂きたいと思っていますので、今回も前回に
引き続き転載をさせて頂きますが、私自身はそれが少しも「マンネリ」とは思っていません!
だって、素晴らしい絵は何度見ても決して飽きがくるものではありませんし、見るたびになにか違う発見や気づきが
あるのかもしれないですよね!

それにしても改めてですけどこのアミグリさんが描かれたこの咲夜さんはとってもとってもキラキラ可愛いですよね~!
そうですね・・なんとか咲夜さんのご主人のレミリア様と直談判させて頂き、
「一日レンタル」・・それがだめならせめて「3時間咲夜さんレンタル」をさせて頂き、ぜひぜひ咲夜さんに我が家で
メイドをして頂き、美しい咲夜さんをただひたすらポーーーっと見つめさせて頂きたいものですね! (汗・・!)
その条件がたとえ「レミリア様に1分間だけ血を吸われる」ということであったとしても・・たとえそのためにこの命を
落とすことになったとしても「本望!!」といえるのかもしれないですね!! (笑・・)

笑顔が素敵ですし、白エプロンもとてもよくお似合いだと思います!
背景の水滴が夏らしくて爽やかですけど、今回のイラストの最大のポイントは
誰が何と言ってもこのスカートのフリルのお見事さ!だと思います。

そしてよく見てみるとフリルのスカートの下の両足がクロスしている所もそこはかとない素敵な女の子らしい上品なお色気が
漂っていると思いますね!
本当に「渾身の一枚! 会心の一枚!」に相応しい傑作イラストの一つだと思います!!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた天子ちゃん&キラキラ咲夜さんのイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載を快諾して頂きありがとうございます!

それでは次週、9月17日のの咲夜さん語り その⑥の方も宜しくお願いします。
冒頭の名作プレイバック集には、9月・・そろそろ「秋のシーズン」ということて「秋ですよー」に相応しいあのキャラの
とっても素晴らしい名作イラストが登場します!

それでは皆様を次回の咲夜さん語り その⑥にてお待ち申し上げたいと思います。
スポンサーサイト
1991年に全国大会初出場でリードのオセロで全国大会初金賞を受賞した
川口ブラスソサエティーが1981年の関東大会で自由曲に選んだ曲は「最後の誓約」です。
そしてこの「最後の誓約」という曲は、BJ等でもフィッシャートゥール作曲と提示されていましたので、
私自身も長い間、フィッシャトゥールという作曲家がこの「最後の誓約」という知る人ぞ知るウルトラマイナーな
吹奏楽オリジナル曲を作曲したものだと長い間思い込んでいました。

だけど最近判明したのですけど、フィッシャトゥールという作曲家は、実は、アコラーデ・儀式のための音楽で
少しは名が知れた「タル」という作曲家の名前でもあったのですね!
というか・・・1981年の関東大会のプログラムとBJの誤表記だと思うのですけど、
タルという名前は、Tull, Fisherというのが正式の名前で、これがなせかしらないけど、
本当は、タル・フィーシャーというのが正解の表記と思われる中、勘違い等によりなぜかフィッシャトゥールという
「架空の作曲家」(?)という名前か生み出されてしまったのだと思われます・・(笑)
だけどこれでなんとなく納得・・「最後の誓約」のあのミステリアスな雰囲気とアコラーデとか儀式のための音楽の
なんかヘンな雰囲気の作風は、見事に(?)合致するような印象もあったりします。
タルのアコラーデとか儀式のための音楽は、九州の春日市民吹奏楽団が自由曲に選び、全国大会で演奏し
2回とも銀賞を受賞していますけど、演奏自体の印象は淡泊であまり鮮烈な印象はないのですけど、
曲自体が「なんか変っている・・」みたいな印象は今でも私の中にはあったりもします。

それにしてもタル・フィッシャーと言う名前がいつの間にかコンクールプログラムの誤表記でフィッシャトゥールという
架空の名前になってしまった事は、タルには大変気の毒な話ではあるのですけどなんかくすっ・・となってしまいそうな
話しだとも思います。

この話はなんだかプロコフィエフ作曲の交響組曲「キージェ中尉」のストーリーをなんだか彷彿とさせてくれていると思います。

「キージェ中尉」は元々は映画音楽なのですけど、この映画のストーリーを簡単に言うと、
帝政ロシア時代のある皇帝の「勘違い」から始まった物語とも言えます。

皇帝が昼寝をしてうとうとしていると、突然女官の悲鳴が聞こえてくる・・・
皇帝は、廷臣達に「本日の見回り当番は誰なのか」と尋ねると、
「ポルーチキ……ジェ(中尉……です)」と答えたのを,
皇帝は「ポルーチク・キージェ(キージェ中尉)」と聞き違え、
その結果、「そうかキージェ中尉が、自分の睡眠を妨害した奴なのか」と憤慨し、
ここに架空の人物「キージェ中尉」が誕生してしまうのです。

そして、皇帝の命令でキージェ中尉は、シベリア流刑になってしまったのです・・

ある日、皇帝は「もしかしてキージェ中尉は、暗殺者の存在に気が付き、女官に悲鳴をあげさせたのではないか?
案外とキージェ中尉は、忠義心に厚いイイ奴ではないのか」と勝手に自分の頭の中で妄想してしまい、
「キージェ中尉をシベリアから呼び戻せ」
「キージェ中尉を昇進させよ」
「キージェ中尉にお似合いの花嫁さんを探せ」とか
廷臣達に色々と無茶難題を押し付けてくるので、廷臣達もしまいには面倒くさくなり
「キージェ中尉殿は、急死しました・・・」という事にしておき、
映画のラストは、キージェ中尉の葬式のシーンで終わります。

皇帝の勘違い一つで国中がドタバタしてしまう「皮肉」を描いたものともいえるかもしれません。
ま・・日本だって、総理とかのヘンな思い込みや勘違い等で国全体の方向性が随分と妙な方向に走る可能性だって
十分ありますから、そうした警鐘という点でも案外「キージェ中尉」のお話は、示唆的な話なのかもしれないですね。

話がそれました・・フィッシャトゥールじゃない・・タルの「最後の誓約」に話を戻しますと、

この「最後の誓約」という曲は、終始アダージョでゆったりとした感じの音楽です。
曲全体を通して不思議な緊張感と、静と動の対比が強く感じられる曲のように 思えます。
「最後の誓約」を吹奏楽コンクールの支部大会以上で演奏したチームは、2017時点では、
1981年の関東大会・一般の部に出場した川口ブラスソサエティーが今の所唯一の演奏事例です。
そして私自身は、今現在では会社倒産により会社自体が消滅しているトラヤという音楽テープ制作会社へのオーダーによる
カスタムテープという形でこの貴重な演奏をいまだに聴く事が出来ています。
1981年当時のバンドジャーナルのこの川口ブラスソサエティーの演奏の講評にて、
「吹奏楽曲として十分計算された曲で 曲の途中で大胆なffが出てくる」とか書かれていましたが、
まさにその通りの曲だと思います。
前半の静かさに対して、曲の中盤ですさまじい打楽器等による強音が響き渡り、
聴くものを思わず圧倒させます。
そして、ラストは再び静かになって静寂のうちに閉じられます。

何とも不思議な曲ですが、吹奏楽曲としては極めて珍しい終始ゆったりとした曲なので
妙に印象に残っています。
アレグロの部分は皆無で、アダージョ的展開なのに、途中ですさまじい盛り上がりを見せ、ラストは静粛のうちに終わるという
構成が当時としては少し珍しかったせいもあり、印象度としては強かったですね。

川口ブラスソサイェティーは、判明している限りでは、この演奏を含めて三回しか関東大会に
出ていません。
その内一度は、1991年に「オセロ」で全国金賞を果たしています。
但し、正直この年のオセロはカットだらけの演奏で、印象としては極めて散漫です。
むしろ翌年の信国先生の指揮での「ハムレット」の方が大人の演奏で しっくりときます。
92年の関東大会・一般の部は山梨県民ホールで開催され、その頃私は仕事の関係で
山梨在住でしたので、喜んで聴きに行きました。
信国先生は、88年の市立川口高校でこのハムレットへの音楽を自由曲として演奏していますが、
その際は、残念ながらトランペットをはじめ惜しいミスの連続で
印象としてはあまり良くものではありません。
終盤のチャイムの響きも正直鳴り過ぎてやかましいというレベルで、第一楽章アダージョの歌い方は素晴らしかったでけに
惜しまれる演奏です。
その点、92年の川口ブラスソサィェティーは、ほぼノーミスで、第一楽章もしっとりと 聴かせてくれ、
終盤の盛り上がりも極めて自然で 素晴らしい演奏だったと思います。
結果はダメ金で、全国大会に進めなかったのは大変残念でした。
1992年の関東大会・一般の部は、アンサンブルリベルテすらもダメ金でしたから、かなりレベルの高い大会
だったと思います。
アンサンブルリベルテは、今や日本のアマチュアの吹奏楽においてもトップクラスの演奏団体の一つで、
全国大会の金賞の常連チームではありますけど、
この当時は、まだそこまでは至っていなかった・・という感じでもあるのですが、
ダメ金なのですけど、アンサンブルリベルテの1992年の「せむしの仔馬 Ⅱ」とか91年の「アンカラ」なんかは
私は今でも大好きな演奏ですよ!

話を81年の川口ブラスソサィェティーに戻しますと、 この年の課題曲はB「東北地方の民謡によるコラージュ」でしたが、
同じ課題曲を「無言の変革」の市立川口も同じ指揮者の信国先生が振っています。
しかし、随分と両者は違いがあるものですね。
市立川口は、前半はかなり遅めのテンポで演奏しているのに対し、 川口ブラスは、普通のテンポに近い形で演奏しています。
市立川口がかなりひねった解釈をしているのに、 川口ブラスは、オーソドックス表現をしています。

その辺りの解釈の違いというのも面白いものがあると思えますし、そうした事も吹奏楽コンクールを楽しむ
一つの方法とも言えるのかなとも思いますね!

 | BLOG TOP |