プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


可愛い女の子とか美少女とか女子高生さんが髪にちょっと大きめの「リボン」を付けている姿なんかを見てしまうと
なんかドキッ・・と心がときめいてしまう事は、多分ですけどよくある話なのかもしれないですね・・(笑)
リアル社会でもそうですし、アニメ・漫画等でも髪に大きめリボンを付けた女の子をお見かけしたりすると、
なんだか無性にうれしくもなったりもします・・(汗・・)
吹奏楽コンクール・全国大会の普門館の場では、さすがにそうした髪に大きめリボンを付けている女の子は
あんまりお見かけした記憶はないのですけど、
1990年代の中学の部では時折そうした女の子をお見かけする事もありましたけど、そうした際は、心情的には
例え演奏自体があんまり芳しい仕上がりで無くても「はい、ゴールド金賞!!」と心の中で叫びたくなってしまう事も
実はあったりしたんじゃないのかもしれないですね・・・(滝汗・・!)

「リボン」がよく似合うキャラというと、
古くは、「リボンの騎士」とかアタックNo.1の鮎原こずえというのもいましたし、
キティーちゃんというスーパーヒロインが君臨していたりもしますよね!

リボンがよく似合う最近のアニメ・漫画作品やゲーム作品のキャラにはどんな皆様がいたのかな・・・?

ここで私の記憶に留まっている「リボンがお似合いなキャラ」をリストアップしてみると
下記のようになりました。
(もちろん、下記に記したキャラ以外にも素敵なリボンキャラはたくさんいるかとは思うので、下記の例はあくまでも一例です)


〇東方Project / 霊夢・ルーミア・チルノ・妖夢・お空・鍵山雛・メディスン

〇ひぐらしのなく頃に / 竜宮レナ

〇月刊少女野崎くん / 佐倉千代

〇セーラームーン / 愛野美奈子

〇魔法少女リリカルなのは / 高町なのは・フェイト

〇デート・ア・ライブ / 琴里

〇咲-Saki / 国広一・天江衣

〇響け! ユーフォニアム / 吉川優子

〇アイカツ / 星宮いちご

〇GF~ガールフレンド / 櫻井明音

〇魔法少女まどか☆マギカ / 鹿目まどか 暁美ほむら 佐倉杏子

〇ラブライブ / 南ことり 矢澤にこ

〇プリキュアシリーズ【変身前】 / 緑川なお・レジーナ

〇艦隊これくしょん / 島風・夕張


あたりなのかな・・・・・??
今回は短時間で思いついたキャラですので、後から「あ、あのキャラもいたよね・・」みたいなキャラも
相当出てきそうな予感もありますね。
(今この瞬間も例えば、ニセコイの千棘とかバカとテストと召喚獣の島田美波とかプリパラのらぁらとか
色々と思い出してしまいましたぁ・・・滝汗・・!)
だけど私としては「リボンがお似合いそうなキャラ」というと、東方では霊夢、艦娘では島風と夕張ちゃん、
その他には「月刊少女野崎くん」の佐倉千代と「響け! ユーフォニアム」の吉川優子を推したいですね!! (笑・・)








これはとてつもないマイナーアニメですけど、
結構私がお気に入りのアニメでこのブログでも何度か登場した事がある「えびてん」の「戸田山響子」の
リボンの大きさは半端無いものがあると思います!

あくまで個人的意見なのですけど、ゲーム・アニメ作品で「とにかく髪のリボンがでかくて可愛い!」というと
誰が何と言っても東方の「霊夢」じゃないのかな・・?とも思ったりもするのですけど、
この戸田山響子のリボンの大きさはすごいものがあったと思います。





pho_regina.jpg




プリキュアシリーズの場合ですと、ほとんどのプリキュアは変身後には何かしらのリボンとか髪飾りを付けている事が
多いのですけど、プリキュアのリボン姿として特に印象的なのは、メロディとリズムの二人ですねっ!
変身前だと、スマイルのなおちゃんがポニーテールと相まってとてもリボンがお似合いで大変強く印象に残っています。
プリキュアシリーズの「ポニーテール」というとそりゃ誰が何と言っても愛乃めぐみ=キュアラブリーで「けって~い!」という感じ
でもあるのですけど、「ポニーテール+リボン」という事になると、やはりなおちゃんで「けって~い!」という事に
なりそうですね! (笑)

敵幹部まで対象を広げると「ドキドキプリキュア」のレジーナの赤いリボンが大変印象的でした!

レジーナは洗脳されたり、ジコチューの心に支配されると、瞳の色が変わるだけでなくて、リボンの色も赤→黒へと
変化していったのは大変印象的でした!
プリキュアの敵幹部の女の子というと、満と薫・せつな・エレン・トワイライト様などなど魅力的なお方がたくさんいるのですけど、
やはり私としては「レジーナでけって~い!」という感じですね!
レジーナは本当に可愛くてリボンがとってもよくお似合いで大好きなキャラでした!
特にまこぴーの新曲発表の回は、キュアソードも素晴らしかったですけど、まこぴーの歌に心が動揺するレジーナが
大変魅力的でした!!




224d9bfa_convert_20140901204531.jpg


テレビ東京の深夜枠なのですけど、「月刊少女野崎くん」は、そのあまりにも斬新な設定と共に
あのゆるすぎるヘンなキャラ達のオンパレードとか
佐倉千代の自爆ぶりとか本当に見ていて楽しかったです!
原作の4コマ漫画もとても面白いのですけど、アニメ化されても原作のよさを120%以上引きだしていて、
アニメ化としても大成功を果たしていた素晴らしい作品だと改めて思います!

「月刊少野崎くん」は「ガンガンオンライン」で現在も連載中の四コマ漫画が原作で、
これをベースにアニメ化されたものです。
ストーリーをごく簡単に書くと・・・・
「浪漫学園に通う女子高生・佐倉千代は勇気を振り絞って無愛想な同級生・野崎梅太郎に告白する・・・
ところが、野崎は千代の告白の意味を取り違えてその場でおもむろにサインを書いて手渡し、
さらに「俺の家来る?」と誘って来た。
予想外の急展開に戸惑いと期待が交錯する千代であったが、
野崎の部屋に通されると漫画の原稿を渡され、訳がわからないまま野崎の指示に従って
ベタ塗りの作業をさせられる。
野崎のもう1つの顔は、売れっ子少女漫画家・夢野咲子だったのである・・・・」
という感じで、
基本的には、ほのぼの系+ギャグ系のラブコメディーです。
千代は無邪気で明るく元気な突っ込み系ですけど、
基本的には相当ドジで、
告白した際も、おろおろした挙句、「ファンです」と口走ってしまい、
なし崩し的にアシスタントにさせられてしまった経緯があります。

このアニメは、サブキャラも色々とユニークな人が多く、
個人的には、都 ゆかりというおっとり系の女子大生漫画家さんが実にいい味を出していると思います。

だけど、このアニメのいいところは、
何と言っても「佐倉千代」がとっても可愛いいところにあると言っても過言ではないと思います。

それにしても佐倉千代のリボンの大きさは半端無いというのか東方の霊夢以上の大きさすらあるようにも
感じられるのですけど、それが千代にとてもよく似合っていたと思います。




anime_wallpaper_Gekkan_Shojo_Nozaki-kun_4848399202_convert_20140901204611.jpg




千代のリボンはとても可愛いですし、とてもよく似合っていますね。
一見見ると「夢見る少女」という感じもするのですけど、実際は元気な突っ込み役という役回りが多い気もします。
時折見せるいかにも「少女」っぽい所が実に可愛いなぁ・・とも思ったりもします。





52d427cd_convert_20150610161806.jpg


9e8b99cd_convert_20150610161724.jpg




「響け! ユーフォニアム」の第一期と第二期において、私の評価が大きく変わったのが
このリボン娘ともいえる「吉川優子」でしたけど、
第一期における私自身の吉川優子に対する評価は「バカリボン」というある意味辛辣なものでしたけど(汗・・)
第二期においては「改心キャラで聡明な女の子」という風に印象自体がガラリと変わってしまった女の子でも
ありました!
優子自身は、今現在はなんと・・! 北宇治高校吹奏楽部の部長に就任し、前年度の全国大会銅賞からのステップアップを
目指して日々奮闘中という感じです!

それにしても、第一期における吉川優子=バカリボンの感情に為すがままの状態でのあのド直球を放り投げは
凄まじいものがありましたよねっ!

「噂になってるんです!! 先生が贔屓したんじゃないかって!!」

うーーん、これを言ってしまうと・・・・
優子が大好きな香織先輩自身がどれだけみじめになってしまうのかという事を分かっているのかなという感じでも
あるのですけど、その辺りは第一期では全く分かっていない優子も
第二期では、すっかり酸いも甘いも分かっているみたいな「大人」になっていたのはある意味驚きでもありました!

だけど第一期における優子の麗奈に対する「アンタ、自惚れるのもいい加減にしなさいよ!」は
かなり強烈な一言でもありましたよね・・(汗・・!)

それにしても、吉川優子=バカリボンのつまらないいいがかりに対して麗奈の

「何だっていうの?先生を侮辱するのはやめてください!!」

「なぜ私が選ばれたか分かるでしょ!! 香織先輩より、私の方が上手いからです!!」

「ケチつけるなら、私より上手くなってからにしてください!!」

というのもある意味凄い言葉でしたね!!

というか麗奈は本当に強い娘だと思います!!
芯が通っているし、自分自身をきちんと持っているし、何よりも、「他の人間には常に先を歩いていきたい」という
信念が痛いほど伝わっていたのは素晴らしかったですね!!


さてさて・・ここから下は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
アミグリさんが描かれた過去イラストの転載&ご紹介コーナーに入らさせて頂きたいと思います。
今回ご紹介&転載をさせて頂くアミグリさんのイラストは、言うまでもなく「リボン大き目キャラ」のあのお二人に
ご登場をして頂きたいと思います! (笑・・)



sakura-chiyochan-desu!!_convert_20140917184434.png



上記の作品は、2014年9月に描かれた「月刊少女野崎くん」の佐倉千代です!

このアニメ、私も当時テレビ東京の深夜アニメ枠で見ていましたけどとにかくとっても面白かったです!
確かうちのブログでも2014年当時このアニメの事は何度か書いていたと思います。
千代も一見「夢見る少女」という雰囲気なのですけど、ボケと少しヘンな人が多いこの作品の中では
数少ない「ツッコミ役」でしたので、その可愛さとのギャップがこのアニメの大きな見どころだったとも思えます。
時に自らボケをかましたり、自らの「脳内妄想」の世界に迷走したりドジを踏んだりと
ボケも突っ込みも可愛い要素もドジっ娘要素もこなせるとっても可愛い千代がとても愛くるしく感じたものでした!

アミグリさんが描かれるこの佐倉千代はとっても可愛いです!
これはツッコミ役ではなくて、まさに「夢見る少女」の雰囲気だと思います。
千代というと、あの赤い水玉のりぼんがとても印象的でしたけど、
アミグリさんのイラストもこの赤いリボンがとても可愛く描かれていて素敵でしたし、千代のこのリボンは、
東方の霊夢クラスのリボンの大きさを誇っていると思います!

いや~、霊夢もとっても可愛いですけど、アミグリさんが描かれたこの佐倉千代もとっても可愛いと思いますし、
霊夢共々アミグリさんが描かれた「リボンがとってもよく似合うキャラの双璧」と言えるとすら思えます!





simakaze-2015-03_convert_20150706182006.png





艦娘にも大変印象的なリボン娘は何人もいるのですけど、その中でも群を抜いて印象的な艦娘は誰が何と言っても
「島風」なのだと思います!
というか、島風は並居る個性的な艦娘たちの中でも特に際立って個性的な艦娘なのだとも思われます。

上記の島風はもアミグリさんが2015年7月に描かれた作品です!

島風(ファンの間では「ぜかまし」という愛称でお馴染みですね・・!)は艦これでも屈指の個性的なキャラだとも
思いますし、あの自由奔放なキャラは大変珍しいとすら感じてしまいます!
艦娘の中でも群を抜いた突拍子もない自由自在変幻自在の魅力的なキャラだとも思えます。

艦娘の公式としてのアンソロジー漫画の中でも、やはりあの自由奔放さと型破りなキャラ、あの個性の塊は、
個性豊かな艦娘の中でも異彩を放っていると思います。

大きなうさ耳リボン・超ミニスカート・ミニスカから出る黒の見せ下着などなど、その「あざとさ」は艦これ娘随一
なのかもしれないですね!

アミグリさんが描かれる島風は、そうしたちょっと危険な(?)自由奔放さとかあざとさをむしろ抑え気味にして、
アイスキャンディを楽しんでいるようにちょっとあどけなくておおらかな雰囲気の方を醸し出させている点は
相変わらずバランス感覚が優れているなぁ・・と感じさせるものがあると思います。

へそ出しもとっても可愛いと思います。

この大きなリボンは島風の特徴でもあるのですが、アミグリさんもきっちりとその辺りを強調して描かれて
いるのですけど、一部の絵師様に見られるような過度なデフォルメや過度のエロさも控えめにされていて、
「可愛らしさ」をより少女らしく繊細な感じに仕上げられているのは「やっぱりアミグリさんらしい作品だよなぁ・・」と
感じさせてくれていると思います。

アミグリさんが描かれた島風はどこなくですけど、ニセコイの千棘の雰囲気に近いものがあるんじゃないのかな・・?とも
感じたものでした。
でも島風のこのリボンの大きさはやはり型破りですよね! (笑・・)

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんの版権作品は、当然ながら
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが描かれた東方・版権作品・オリジナル・艦これ等の「特集」については今後も当ブログで
どんどん開催をさせて頂きたいと思っております。
その際には是非是非何卒宜しくお願いいたします!!

スポンサーサイト
22.下松高校


C/バレエ音楽「バリの喜び」~序曲・ワルツ・マーチ・カンカン(オッフェンバック=ロザンタール編)



下松高校・・・うーーん、懐かしい学校ですね! 93年のベルキスの演奏を最後に全国大会からはもうかれこれ25年近く
遠ざかっていますし、最近では県大会止まりで終ってしまう事も多々あるようですけど、
いつの日にか名門復活が出来るといいですね。

中井先生が指揮された下松高校から聴こえてくるサウンドは、極めて「温かい」というか人間的な香りが漂っていると思います。
中井先生の経歴とかは正直全然わからないのですけど、そこから聴こえてくる音楽は、
いかにも普通の県立高校の先生と生徒が一生懸命「手作りの音楽」をして、その努力の結果として普門館に
たどり着いたみたいな雰囲気だと思いますし、
「厳しい中にも温かさが滲みでているような優しい音楽」みたいな音楽が滲み出ていたと思います。

最近の全国大会に出場する学校名を見れば一目瞭然なのですけど、やはり財力がありそうな私立の台頭が
目立っていますね。
そして下松高校のような普通の地方の公立高校が全国大会に出場してくるというのも
21世紀に入ると段々厳しくなってきたという実感もあったりします。
私も高校は田舎の県立高校で、とにかく限られた予算とおんぼろ楽器と絶対的なクラリネット奏者不足に泣かされ続けた
3年間という印象が大変強いのですけど、中井先生率いられれる下松高校も当時は
公立校としてのご苦労が相当あったのではないのかと推察されるのですけど、それでも80年代後半から90年代前半にかけて
あのような手作りの温かい音楽というのか「人間の触れ合い」らしい音楽を普門館の聴衆に提示し続けたくれた
中井先生と下松高校吹奏楽部の皆様には本当に頭が下がる思いですし、敬意を表したいと思います。
吹奏楽コンクールの中国支部というと80年代辺りまでは、基町高校・川本高校・下関商業・出雲高校、そしてこの下松高校
などのように公立高校がかなり健闘しているブロックという印象もありましたけど、最近ではやはり私立勢の優位が目立ち、
出雲北陵・明誠学院・岡山学芸館・おかやま作陽・鈴ヶ峯女子といった私立勢が全国大会代表になる事が
以前よりは相当多くなってきたようにも思えます。

そうした中での公立校としての下松高校の軌跡はまさに一つの奇蹟だったのかもしれないですね。

初出場当時の幻想交響曲のあのひ弱で音楽的個性がほとんど感じられない演奏から始まり、
確かに賞的には今一つ縁が無かったのかもしれないですけど、幻想序曲「ロメオとジュリエット」・アルメニアンダンスパートⅠ・
セント・アンソニー・ヴァリエーション・プラハのための音楽と毎回出場するごとに着実な「進化」を必ず見せてくれ、
それが最終的に「全国大会金賞」という果実が実ったのが1991年のプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」」
で聴かせてくれたあのしっとりとしたリリカルな演奏だったのだと思います。

だけど大変惜しまれる事に、下松高校が唯一金賞を受賞した翌年のこの1992年の演奏が、それまで下松高校を牽引されて
こられた中井先生のとして最後の下松高校での指揮という事になり、翌年以降は中井先生は異動をされてしまい、
この1992年の演奏が結果として中井先生最後の下松高校での普門館という事になってしまいました。

改めてですけど吹奏楽コンクールで継続的に素晴らしい成績を維持し続けることは本当に大変難しい事なのだと思います。
前年度の91年に念願の全国初金賞を受賞し素晴らしい演奏を聴かせてくれながらも、翌年の92年の演奏は、
率直に言うと特に個性もない無難で平凡な演奏になってしまいました・・・
課題曲は、もう少し鋭さが欲しかった感じしますけど、どこなく「ほわわーん」とした締りの無い感じでしたし、
リズムの切れが欠けていたのが惜しまれます。
自由曲は逆に音楽が硬めで、もう少し柔軟さが欲しいとも感じました。
指揮者の中井先生の指揮棒からは「随分とやわらかくこじんまりとまとめられている・・」みたいな意図も感じたものですけど、
前年度の良い成績を今年も維持したいみたいなプレッシャーのせいなのか少し固さが感じられ、
もう少しのびのびの楽しみながら吹いた方が良かったような気もします。

前述の通り、結果的に中井先生としては最後の下松での演奏になってしまったので少し残念な感じは今でもありますね・・

私の採点では「銀と銅のポーター」と思っていたのですけど、結果的に銀賞に落ち着き安堵したものでした。

 | BLOG TOP |