プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「焼きそば」って本当に美味しいですよね! 真冬でも真夏でもなんか妙に食べたくなってしまうことが多々ありますし、
縁日やお祭り等での屋台というと、夏場も冬場も共に「美味しいなあ・・・定番だなあ・・」と感じるのはやっぱり
「焼きそば」だと思います!
どうしてあんな外で食べる屋台の焼きそばって美味しく感じるのでしょうかね・・・? (笑)

そしてカップヌードルとしての「焼きそば」も最近の製品は本当にレヴェルが高いと思いますし、
「え・・なんなの? このもちもち感は絶対インスタントじゃない!」と感じさせる素敵な商品も多いと思いますし、
日清のUFOとかまるかのぺヤングみたいな昔からの絶対的な定番商品も相変わらず売れ行きは安定していますし
「この伝統の味は何だかんだ言っても凄いよなぁ・・」と感じる事は多々あると思います。

以前なのですけど、ペヤングソース焼きそばが異物混入騒ぎのとばっちりを食らう形で半年程度売り場から
姿を消してしまい、あのとっても美味しいペヤングを食べられない時期が随分と長く続いていた事もありましたけど、
ペヤングが復活したときはとっても嬉しかったですし、とにかく真っ先にスーパーまで買いに走ったことも
あったものでした! (笑)

以前も書いたことがあるのですけど、私の中ではインスタントのカップ焼きそばの双璧は、
日清のUFOとまるか食品のペヤングソース焼きそばではないのかな・・?と思ったりもしますね・・(笑)
たまにですけど、このカップ焼きそばって夜中に無性に食べたくなってしまうこともありますし、家の中に在庫が無い時には
深夜にも拘らずコンビニまでそれを買いに行ったこともあったものでした・・(汗・・!)









それにしてもぺヤングとかUFOってどうしてあんなに人気があり美味しく感じるのでしょうかね・・?
私の感覚としては、関西方面で人気があるのはUFOで関東から東北で人気が高いのはぺヤングという印象も
あったりします。
ま、私はどちらも大好きですけどね! (笑)

ちなみになのですけど、カップ焼きそばのカロリーって意外と高いのですね! (汗・・)
何気なく表示を見てみたら意外にもカップラーメンの1.5倍程度でした!
ラーメンの方が塩分の強いスープもあるし、カロリー高そう・・みたいなイメージもあったものですけど、
それだけカップ焼きそばには、旨味成分がぎゅっと麺に詰め込まれてソースでコーティングされていますから
カロリー高めというのもやむを得ないのかもしれないですね・・

あくまで私見ですけど、
ペヤングのソースは、フルーティーさやコクがあるという印象があったりもしますし比較的あっさりとした印象も
あったりもします。
そして麺はどちらかというとふにゃっ・・とした方が美味しいのかも・・みたいな感じもあります。
どちらかというと幅広い年代に親しまれそうな「オールマイティな味」という印象が私の中にはあったりもします。
それに対して日清のUFOは、甘味と酸味が豊かでより複雑な味が味わえるという感じです。

ぺヤングの例のあの異物混入騒ぎから一時的に販売自粛と出荷停止があり、半年経過後にぺヤングが復活した時は
大変嬉しかったのですけど、
確かあの時は「お一人様一度に一個限り」という制約が課せられた上に、出荷停止以前はスーパーでも
安い時には一個98~108円程度で販売されていましたし、ディスカウント店やドラッグストアでも
「広告の目玉商品」みたいな感じで激安商品の対象の一つみたいなイメージも無くはなかったのに、
販売復活以降は「定価」で売られている事が大変大きなってしまい、最近でも激安スーパー等でも一般的には
138円~160円程度で売られている事が多かったような気もします。

だけどここ最近はそうした余波も落ち着きを取り戻し、スーパーでも一個108円程度で売られることも目立つようになり、
以前の「ぺヤング=庶民の味であり味方!」というイメージが戻りつつあるようにも感じたりもします。




013_convert_20170825133525.jpg



先日なのですけど頂き物で伊藤ハムのホワイトウインナーの賞味期限が迫っていました!

こうした白いウインナーなのですけど、一般的な赤色系のウインナーとの違いはく燻煙をしているかしていないかの違いであり、
ホワイトウインナーはそうした燻煙処理をしておりません。
こうしたく燻煙をかけないホワイトウインナーやホワイトロースハは、燻煙した製品に比べて水分が保たれ
しっとりした食感でマイルドな風味が特徴との事です。
ちなみにですけど燻煙は本来的には保存を目的にされていたのですけど、
現在では風味や味の向上を目的としたものに変化しています。
そうですね・・舌とか味覚が鈍感な私にとっては燻煙してもしていなくてもホワイトであっても赤系であっても
正直そうした違いは、実際にホワイトソーセージを食べてみてもそんなに感じませんでした・・(汗・・!)

このホワイトウインナーはそのまんま生で食べても美味しいですし、ボイルして食べるともっと美味しくなると思います。

そうした一つだけ残った賞味期限の迫ったホワイトウインナーを茹でるのもなんか面倒だなぁ・・と思い、
生で食べてもいいけどやはり一度茹でた方が美味しいよね・・とも思い、
(レンジでチンしてもよかったのですけどね・・笑・・)
「さてさてどうしようかな・・」と思ったら、上記のぺヤングソース焼きそばを思い出し、
「そうだっ! ぺヤングを食べる際に麺と一緒にこのホワイトウインナーを入れて、その上に熱湯を掛ければ
ぺヤングも完成するしウインナーも同時にボイルする事が出来るじゃん!」と考え、
これも一石二鳥と思い試しにやってみる事にしました。




014_convert_20170825133547.jpg



あくまで私の好みなのですけど、日清のUFOはどちらかというと硬い麺の方を好み、
ぺヤングの方は柔らかい麺の方が好きというのもなんかヘンな話なのかもしれないですね・・

だけど今回は上記のウインナーをカップ焼きそばのお湯でボイルするという事も兼ねていましたので、
比較的長時間お湯に付けていましたが、
結果として柔らかい麺とボイルできたウインナーが仕上がりました!



015_convert_20170825133605.jpg



ぺヤングのソースで麺とウインナーを絡めて食べてみたのですけど、とっても美味しいですね!

ソースのフルーティーな香りがウィンナーにも染み込んでいて、
「焼きそばにウインナーも合うよね!」と感じたものでした。
なんとなくですけど屋台で食べる焼きそばみたいな庶民の味という食感もありました!

ちなみにですけど、このウインナー付ソース焼きそばですけど、粉チーズをささっと振りかけても美味しいと
思いますし、
七味唐辛子を掛けても美味しくなると思います。

一平ちゃんの焼きそばシリーズ等でよくマヨネーズが付いてくるタイプもあるのですけど、
私的には実は焼きそばにマヨネーズをかけるのはあんまり好きではないですね・・・
なんか余計に油っぽさが増すような気もしますし、なんか味のしつこさが増すような気もしますけど、
中にはそうした食べ方が大好きという人も一杯いるようですので、こうしたちょい足しというのは人それぞれ・・と
言えるのかもしれないですね。
スポンサーサイト
改めてですけど、最近の「冷凍食品」のレヴェルは凄まじく高いと思います!

最近の冷凍食品のチャーハンは、どのメーカーの製品でもかなり本格的な味ですし、
エビピラフは、全体としてバターの香ばしさを活かしつつ、エビ自体の「プリプリ感」も素晴らしいと思います。
特にパスタ系の冷凍食品のレヴェルは大変高いと改めて感じます。
定番のミートソースもそうですけど、カルボナーラ・めんたいパスタ・エビのトマトクリーム・チキンクリームパスタ・
ほうれん草とベーコンのカルボナーラなどは本当に美味しいと思いますし、
普通に電子レンジでチンしたものをそっくり「これ、お店からテイクアウトしたものよ・・」と出されとしても
多分ですけど全く気が付かないレヴェルだとすら思います。
その中でも私的にはカルボナーラ系はあのクリーミーな感じは本当に美味だと思います。

そして特に日清のspa王の「ベーコンとほうれん草のカルボナーラ」の完成度の高さには脱帽という感じでもあります!

不思議なことに、spa王のパスタはカップ麺として食べると私的には「これって全然おいしくないじゃん・・」と
感じてしまうのですけど
(生麺タイプなんですけど、あのパサパサ感はしっくりきませんし、味としては乾燥した小麦粉みたいな感じです・・私的には・・)
冷凍食品として食べると「なんておいしいんだー!」となってしまうから
そのあたりは面白いものがありそうですね・・




spa邇祇convert_20170829052128




9月に入りだいぶ暑さも和らいできたような感じもあるのですけど、
暑いときの麺類は、ざるそばとかそうめんとか冷やし中華や冷やしうどんでほぼ決まりだとは思うのですけど、
たまにですけど「冷製パスタ」が食べたくなってしまうこともあります。
冷製パスタというと私的にはセブンイレブンで販売されている鶏のささみがのったパスタがとってもさわやかで
美味しいと思います。
冷たいパスタの上に棒棒鶏がのっているようなものですけど、ちょっとピリ辛のソースのドレッシングとの相性も
素晴らしく、夏場にこうした冷製パスタも悪くはないと思います。

冷凍食品のパスタというと三大人気は、トマト・明太子・カルボナーラとの事らしいですけど、
私的には「カルボナーラ」がとっても大好きです!
というかすべてのパスタにおいて、カルボナーラが一番大好きなのかもしれないです。
(二番目はやっぱり明太子バスタなのかな・・? 苦手なのはイカスミです・・・)
以前パスタ専門店で「冷製カルボナーラ」というものを食べたことがあるのですけど、あれがとっても美味しくて、
とてつもなくクリーミーな味わいでとても気に入りました!
カルボナーラ自体は、そんなに難しい調理ではなくて、家でも牛乳または生クリーム、卵、ベーコン等の素材が
あれば意外と簡単に作れるのですけど、冷製カルボナーラは私も何度かチャレンジしたことがありますが、
意外と難しかったです。
というのも一度火に通したものを冷たくすると時間もかかるし、そのせいで素材が固くなってしまいがちですし、
何よりも卵がなんか脂っこくなってしまい、あのギトギト感はダメでしたね・・(汗・・!)
「やっぱりカルボナーラは熱いのが一番おいしい食べ方なのかな・・? 以前食べた冷製カルボナーラはプロの専門店が
作るからあんなにおいしいのだよね・・」と思っていたのですけど、
冒頭の冷凍食品としてのカルボナーラを食べていた際に
「これって自然解凍させて冷え切った状態で食べれば冷製カルボナーラになるのかも・・?」と妙な事を思い立ち
早速実践してみました! (笑・・)

もちろん当日の気温とか条件によってもだいぶ差は出ると思うのですけど、
エアコンを付けていない室内に約4時間程度放置させておいたこの冷凍食品のカルボナーラですと、
ちょうどいいぐらい冷え切った状態で食べることができると思います。
麺もカチコチ硬くないしベーコン等の具材もちょうどいい具合に解凍させていて、
まるでソフトクリームを食べているときの感覚のように口の中で「溶けていく・・」みたいな食感が楽しめました!

あ・・もちろんこれはアブノーマルな食べ方ですのでよいこの皆様は決してマネしないでくださいね・・・(笑)

冷凍食品というものは当たり前の話ですけど、自然解凍ではなくてレンジでチン!したものが一番おいしいとは思うのですけど、
冷製カルボナーラは自分ではなかなかつくれないだけに
時にはちょっと変わった食べ方もいいのかなぁ・・とも思ったものでした!

 | BLOG TOP |