プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2016年1~3月に放映されていた「だがしかし」ってとっても面白くて楽しい深夜アニメでしたね!
よくテレビ東京でシリーズ化されている「孤独のグルメ」が「深夜の食テロ」なんていわれていますけど、
いやいや・・! そういう意味ではこの「だがしかし」も全然負けていないと思いますし、このアニメは「深夜のお菓子テロ」
だと思います!! (笑・・)
だってだって・・ヒロインのほたるちゃんがあんなにも可愛く(時にエロっぽく・・?)駄菓子を食べまくっているのを
見ちゃうと、「あー―、このお菓子食べたい! 今すぐ食べたい!!」なんて感じる事は日常茶飯事だったと
思いますよ!! (笑)

この「だがしかし」の第一期は2016年の3月に惜しまれつつも最終回を迎えてしまったのですけど、
あの最終回以降、原作漫画は色々と立ち読みしまくり、すっかり「お気に入り漫画」になってしまいました!!
「だがしかし」は、私自身は実はこの漫画やアニメの事は実は2016年の放映時点では全然知りませんでした・・(滝汗・・!)
当ブログの大切なブロとも様で dream fantasyというとっても素敵なお絵描きブログを管理運営されている
アミグリさんの「だがしかし」の記事とほたるちゃんのとっても可愛いイラストを拝見させて頂いた事がきっかけとなり、
この作品に興味を持ち、途中からの視聴だったのですけど、この「だがしかし」の深夜アニメを
見るようになったのでした。
2012年頃までは「東方Project」の「と」の字も知らなかった私が、
東方のとてつもなく奥深い世界にはまるきっかけを作って頂けたのは、アミグリさんが描かれた東方のイラストだったのですが、
「だがしかし」についても全く同じ事が起ってしまいました。
こうやって今まで自分が全然知らなかった世界を知って楽しむという事はとても素敵な事なのだと思うのですが、
アミグリさんという存在がきっかけとなってこうした「新しい世界を知る」事が出来たのは、私にとっても大変ありがたいものが
あったと思います。

改めてですけど、アミグリさんには「ありがとう!」という感謝の気持ちしかないですね!

そしてこの「だかしかし」なのですけど、先日、アニメ第二期放映決定!という大変うれしいニュースが飛び込んで
きました!!
またあのほたるちゃんに会えてあのとてつもない駄菓子のうんちくを聞くことができることは
とってもウルトラハッピーな事だと思いますし、
とにかく実際の第二期の放映開始が楽しみですね!

さてさて、この「だがしかし」の世界なのですけど、
最初にこのタイトルを耳にしたときは「だが、しかし・・」みたいな何か否定と肯定みたいな哲学的なテーマでも内在した
作品なのかな?と予想していたら全然違っていました・・・(笑)

文字通り、まさに「駄菓子」を全面的に主役に持ってきた「ボーイ×ガール×駄菓子コメディ―」の一言に尽きます!!

田舎の駄菓子屋を継がせたい父と、継ぎたくない実は漫画家志望の息子のココノツ・・・・
そんな店に、都会からやってきた駄菓子屋マニアの女の子・枝垂ほたるが唐突に現れます。
ちなみにこのほたるという女の子は「枝垂カンパニー」という大手製菓メーカーの社長令嬢という
バックボーンがあったりもします・・・
ほたるとしては、駄菓子業界では実は凄腕の有名人?て゜もあるココノツの父親の鹿田ヨウを
大手菓子会社「枝垂カンパニー」に引き抜こう、そして枝垂カンパニーにて剛腕を発揮してもらって
「枝垂カンパニーを世界一のお菓子メーカーにしたい!!」という明確な意図があり、
そうしたほたる自身のの夢の実現に向けて鹿田ヨウに協力を要請します。
しかし「息子のココノツが立派に跡を継ぐまでは店を離れたくない・・」という父親のヨウの意志を聞いたほたるは、
あの手この手を駆使してなんとか、ココノツが駄菓子屋を継がせようとします。
そうしてほたるの「ココノツの駄菓子屋継承」のための奮闘の日々が続き、ドタバタの夏の日が続いていく・・・
ストーリーとしてはそんな感じです。
別に秘密事項とか「実は主人公にはこんな裏の顔があった」とか謎要素と言う側面は皆無です・・・(笑)

ほたるはとにかく「マニアック」という言葉を軽く超越するほどの駄菓子マニアで
駄菓子の前では自制心を失うほどの駄菓子好きで、駄菓子そのものを愛しているという感じです。
そうなんですよね・・・
アニメ本編でもおいしそうに駄菓子を食べまくり、とってもおいしそうにラムネを飲み干しているシーンは
すっごい印象的でした!!
一例を挙げると・・第11話でも「都こんぶ」とかラムネのうんちく話なんかも
ほたるちゃんの薀蓄を聞くと全てが「なるほどね・・・」と感心するばかりでした・・・(笑)

簡単にこの漫画・アニメを表現すると
要は・・・・
実家の駄菓子屋を継ぎたくない主人公に対し、駄菓子マニアの社長令嬢が
駄菓子の魅力や豆知識をハイテンション気味に解説しつつ、
主人公に駄菓子屋を継がせようと画策する姿が何とも言えず面白いという事なのだと思います。

この作品においては、漫画でもアニメでも色々な駄菓子が登場していましたよね!!

一例を挙げると・・・ブタメン・うまい棒・ココアシガレット・都こんぶ・ラムネ・キャベツ太郎・
ふがし・ベビースターラーメン・サクマ式ドロップ・きなこ棒などとにかく色々な駄菓子が登場していて
とても懐かしかったです!!

「だがしかし」の第三話においては、懐かしいと同時に今現在も現役で
スーパー等で普通に店頭に並んでいるおやつカンパニーの「ブタメン」が登場していましたけど、
あの回の中で、暑い真夏の駄菓子店にてあえてエアコンを止めて、美味しそうに汗だくで
このブタメンを食べているほたるちゃんは、とてもなく可愛かったですし、ある意味「天使」でしたっ!!



bdcc7dac_convert_20160517120039.jpg


342b3016_convert_20160517115724.jpg



それにしてもほたるちゃんが美味しそうにブタメンの麺をすすりスープを飲み干しているシーンは
「孤独のグルメ」の井の頭五郎じゃないけど、あれは正真正銘「深夜の食テロ」だったと思います! (笑・・)

ベビースターラーメンとかこのブタメンというのは、なぜか知らないですけど、
そ吉野家の牛丼とか日清食品のカップヌードルのように時々やたら無性に「食べたい! 今すぐ食べたい!!」と
思う事があるのですよね・・・・(笑)
あれなんでなんだろう・・・??



ec621704-s_convert_20170827185620.jpg



5594118f_convert_20160517115824.jpg




この回の中で、「暑いからエアコンつけよう!」というココノツに対して
ほたるちゃんの「ダメに決まってるでしょ!! 夏は夏の暑さを噛みしめながらブタメンを食べるのよ!!」という
気迫は凄まじかったですね!! (笑)

「ブタメンにも味に種類があるわ。とんこつ、しょうゆ、タン塩、カレーに焼そば」
「でも私はやっぱりとんこつ味」
「ブタメンは他の駄菓子と比べて少し高価で、お金を握りしめ駄菓子屋へ行った子ども達は
 何個も買えないブタメンの未知の味を試してみるなんてリスク、とれる訳がない」

うーーん、ほたるちゃんのうんちくにはやっぱり「なるほど・・!」という感じですよね!!

だけど、あの真夏の炎天下の中、美味しそうにブタメンをすするほたるちゃんはとっても可愛かったし
同時に少しエロかったです・・・(汗・・)
ま・・確かに薄着であの汗じゃね・・・・(笑・・)

それと、この漫画・アニメを見た人は100%そう感じると思うのですけど、
ほたるちゃんの「胸の大きさ」はすさまじいものがあります!!(汗・・)
深夜にあの胸だけを拝まさせて頂くだけで既に「お腹いっぱい!!」という感じてありましたっ!!(滝汗・・!)

ほたるちゃんの少しゴスロリっぽい衣装もとっても魅力的でしたね!

基本的には黒いバラの飾りがついたヘアバンドに、白のブラウスと黒のハイウエストスカートなのですけど、
何となく焦点が定まっていないようなすこーーし怪しい目つきもとにかく印象的でした!!
アニメだとほたるちゃんの目つきは「ちょっと怪しいのかも・・?」という雰囲気でしたけど、原作の漫画ですと、
「あの目つきはちょっとやばいのかも・・!?」と感じさせる場面も色々とあったのは大変印象的でした!

ほたるちゃんって一体お幾つなんだろう・・・??

いや――、これマジで全然分からない・・・

多分ですけど、ココノツとかサヤと大して変わりはないのでしようけど
あの妙に大人っぽい雰囲気と駄菓子のうんちくを語る時の凄まじいギャップが
なんかとてつもない「萌えっぽいもの」をうまく演出していたと思います。

第11話におけるほたるちゃんのココナツに対する言葉が大変強く印象に残っています。

「冗談よ。これでも一応、ココノツ君にやりたいことがあるって理解しているつもりよ」
「だから無理やりシカダ駄菓子を継がせようとは思ってないわ」
「でももし本当に選択しなければならない時が来たら、答えを聞かせて。
 あなたが決めるまで待っているわ」
一連のこのセリフはとっても印象的でした!!
ほたるの珍しく、しっとりとした雰囲気の中での発言でしたけど、
果たしてあの発言の真意とは何なのでしょうか・・・??
その辺りはアニメ第一期においてはぼやかされて完了してしまいましたけど、原作漫画は現在進行形ですし、
アニメ第二期においてはどのように描かるのか見どころの一つだとも思います。

そして・・・さやちゃんのココナツへの「ほのかな恋心」はどうなってしまうのでしょうか・・・??

だけどなによりも第二期の期待は、ほたるちゃんの駄菓子うんちくがまたまた素敵に聞けることなのだと思います!




sidare-hotaru-01_convert_20160224105151.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、言うまでもなく「だがしかし」のほたるちゃんです!

上記のほたるちゃんのイラストは、アミグリさんが2016年2月に描かれた作品です。
そして上記で書いた通り、このほたるちゃんのイラストを見た事がきさかけとなって私自身も
「だがしかし」の世界とほたるちゃんの魅力にはまったものでした! (笑)

アミグリさんが描かれたこのほたるちゃんは、原作の雰囲気をそのまんま丁寧に且つ美しく再現されていますけど、
同時にアミグリさんらしい「オリジナルティー」も十分に伝わってくるとっても素晴らしい一枚だと私は思います!!

原作における確かに美少女なんだけど少し変わっているとかあの独特なハイテンションな感じとか
幾分焦点が定まらない感じの目つきを尊重された上で、
あのアミグリさんらしいいかにも「ビューティフルでファンタジーな感じ」がとてもよく出ていると思います。
というか、アミグリさんが描かれると、ほたるちゃんの目つきも全然ヘンじゃないというのか
普通の恋する美少女の眼差しに思えてならないです!

自分で言うのも何ですけど、私自身がアミグリさんの描いたこのほたるちゃんを見て
「だがしかし」の世界に興味を持った・・・というのも何だかわかるような気がします・・・(笑)
そのくらいとっても素敵なイラストでした!!

この漫画・アニメを全然知らなくても「このほたるちゃんという女の子はとっても可愛い!」と
多くの人はお感じになられるのは間違いないんじゃないのかな・・?

アミグリさんというと東方・艦これなどの作品をメインに描かれていますけど、
時にオリジナル作品とか版権作品を描かれる事もあるのですけど、
以前描かれた版権作品のニセコイとか凪のあすから・境界の彼方・ファンタジスタドールなどのイラストも
とっても素敵でした!!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた「だがしかし」のほたるちゃんのイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

9月は8月に引き続き当ブログの一つのテーマは「十六夜咲夜さん」なのですけど、
9月10日に掲載予定の咲夜さん語り その⑤の方も宜しくお願いします。
9/10の咲夜さんイラストは、あの素晴らしいイラストが再度戻ってきますし、冒頭の名作プレイバック集には、
東方屈指のあの迷惑住人(汗・・)のとてつもなく天使すぎるイラストが華麗に登場します!

それでは皆様を次回の咲夜さん語り その⑤にてお待ち申し上げたいと思います。

最後に・・・

「だがしかし」第11話には「ラムネ」が登場し、このラムネを美味しそうに飲み干しているほたるちゃんは
まさに「食べる天使」でした! (笑)
せっかくですので、この前の記事にて「ラムネ」について簡単に取り上げさせて頂き、
美味しそうにラムネを飲み干したほたるちゃんの画像もご覧になって頂ければ幸いです! (笑)
スポンサーサイト
この記事も「だがしかし」のほたるちゃんに関連する事です!

この一つ後の記事にて、ほたるちゃんは本当に美味しそうに「ブタメン」を食べていましたけど、
第11話においても美味しそうにゴクゴクとラムネを飲み干していたのは大変印象的でした!

夏の風物詩の一つは「ラムネ」なのかもしれないですね!

最近は確かに昔ほど「夏の絶対的に必要不可欠な清涼飲料水」という訳でもないですし、
昔と違って生産量も消費量も激減しておりますし、
なによりも、あの昔懐かしいガラス製の瓶にビー玉が入っていて飲むたびにカラカラと音を鳴らすタイプのものは
めっきり少なくなってしまい、今現在はコーラ・ファンタ等と大して違いが無いペットボトル式が主流になっているのは
昔懐かしい瓶ラムネを知っている者にとってはちょっと寂しいものがありますけど、
それでも「ラムネ」は日本人の夏の「心のふるさと」と言える夏の風物詩なのかもしれないですね!

真夏の暑い日に夏休みのプール帰りの子供たちがゴクゴクと飲み干していたり、
お祭りとか花火大会における屋台にて、このラムネを美味しそうに飲んでいたりとか
真夏の縁側にて、蚊取り線香を立てながらとうもろこしを頬張りながら麦茶とかラムネを飲み干すというのは
昭和の頃の日本の夏の風景だったのかもしれないですね。

明治から大正そして昭和にかけて、ラムネは気軽に喉をうるおせる庶民の飲み物として広まりました。
生産のピークは1953年で、全国生産量は当時の炭酸飲料の約半数を占めていたそうです。
その後飲料が多様化し、また容器の主流もビンから缶・ペットボトルに移り変わることになり、現
在の生産量は最盛期の5分の1程度になっているそうです。
しかし「夏の素敵な風物詩」として、今も根強い人気を誇るラムネの存在感は相変わらず高いと思います。

平成生まれの方はどうかわからないのですけど、昭和育ちの皆様に「ラムネ」というワードを投げかけると
ほとんどの人はメランコリーみたいなものを感じるのかもしれないですね! (笑)
100年以上も昔、黒船・ペリー提督と共にやってきたラムネは、現在も変わらず幅広い世代の心をとらえていると
思います!

ラムネの最大の特徴の一つは、ビー玉栓の独特の瓶ですが、
実は普及当初は、コルクで栓をするタイプのものでした。
ちなみにですけど、ラムネはあの黒船来航でお馴染のペリー提督が日本に持ち込んだものです!
(ペリー提督が浦賀に持ってきたラムネはコルク栓タイプのものなそうです)
しかし、コルクは高価なことと時間がたつと炭酸が抜けやすいことから、
密栓ができる栓・容器として、ビー玉栓の瓶が考案されたのがあの独特な形状のラムネ瓶なのでした!




繝ゥ繝繝浩convert_20170827172926




「だがしかし」第11話で、ほたるちゃんがうんちくとして熱く語っていたようにラムネの元になったのは、「レモネード」なのでした!
ラムネの原型となるレモネードが日本に伝わったのは、上記で記したとおり、
アメリカからペリー提督が浦賀に来航した際、艦上で交渉役の江戸幕府の役人たちにレモネードを
振る舞ったのが最初と言われています。
このとき、栓を開ける「ポン!」という音に、役人たちは銃声と勘違いし
思わず刀に手をかけたというエピソードが伝えられていますけど、これはいかにも当時の「侍の国、日本」
らしい話なのかもしれないですね。

そうそう、ほたるちゃんも力説していた通り、
ラムネはコーラやサイダー等の炭酸飲料なのですけど、
ラムネとサイダーとの違いはどこにあるのかと言うと、実は「味」そのものではなくて、
入っている容器の違いだけです!
実はラムネもサイダーも「味」自体に違いはないのです!
現在は「ビー玉ビン入りの炭酸飲料」がラムネ、そうでないのがサイダーという定義なっているそうです!

うーーむ、「だがしかし」というアニメは見ているだけでこうやって駄菓子に関する豆知識はどんどん増えていきそうです!
それを熱く語っているほたるちゃんは本当にとっても素敵な女の子でした!

「ラムネ」というと誰しもが感じる素朴な疑問なのですけど、「どうしてラムネの瓶にビー玉が入っているのか・・?」という
問いに関しては、
その理由として主に挙げられることは、ビー玉はラムネの瓶の栓になってるという事なのだと思います。
昔はコルクなどで栓をしてたようですが、コルクの素材そのものが高価であるという原価の問題と
時間が経つと炭酸が抜けてくるという理由からコルクがNGとなりました。
そこで考案されたのが、ビー玉で栓をするという方法です。
ラムネを瓶に入れた時に、気化した炭酸ガスの圧力で内側からビー玉が飲み口に押し付けられて栓をするという
構造があの特殊な瓶の形状の理由との事です。

そうそう・・「ビー玉」という言葉は結構何気なく普通に使っていると思うのですけど、その語源というのも
何だか気になりますよね・・(笑)
それに関しては下記の二つの説があるとの事です。

Ⅰ.ラムネビンの栓として使用できる直径16.85±0.15mmのものを「A玉」、規格に合わないものを「B玉」と呼んでいる。
  このうち規格外の「B玉」を子供のおもちゃとして転用し、このガラス玉をビー玉と呼ぶようになったという説
 (この説では、ラムネに入っているガラス玉はビー玉ではなくて、エー玉という事になります! 笑・・)

Ⅱ.ポルトガル語でガラスを意味するビードロの玉だからビー玉になった説

ちなみにⅡの説の方が有力との事です。
ラムネメーカーの倉敷鉱泉によると、玉に多少のゆがみ・傷があっても瓶の口ゴムで問題なく密閉されていて、更に、
明治から昭和初期の技術で検品は難しいであろうことから「A玉・B玉」の等級の存在自体に
否定的な立場を取っているとの事で、
上記Ⅰの説はありえないとの事です。



2bcb4dd0-s_convert_20170827173026.jpg



58514a92-s_convert_20170827173106.jpg



144362fd-s_convert_20170827173126.jpg




「だがしかし」第11話のAパートはコーラガム、Bパートに「都こんぶ」が語られていましたけど、
ほたるちゃんが都こんぶを食べすぎちゃって喉が渇いたことが、「ラムネ」へと話が展開していくきっかけになっていました。
ほたるちゃんの
「こんな暑い中で都こんぶ食べるんだから、事前にラムネを用意するのは当然よ」というセリフがいかにも駄菓子マニア
らしい話ですよね・・(笑)

この都こんぶのうんちく話の前振りとしてほたるちゃんとココノツの会話が楽しくある意味エロくて
とても素敵でした!(笑・・)
あ・・ちなみに下記の会話の「しゃぷる」とは言うまでもなく都こんぶの事ですので・・(笑・・)

「暇よね…。じゃあちょっと、しゃぶりましょうか…」

「電車が来るまでの時間潰しにね、ちょろっとしゃぶろうかなって」

「ちょろっと しゃぶる?ど… どこを!?」

「心配しなくても大丈夫よ。ココノツ君もしゃぶっていいから」

「でも、こんなパブリックな場所ではその…」

うーーむ、この辺りはなんとも楽しい展開ではありましたよね・・(汗・・!)

そしてこの展開の後で、ほたるちゃんが美味しそうに美味しそうにラムネを飲み干すシーンに続いていきましたけど、
ああやってほたるちゃんが美味しそうにラムネを飲んでいるのを見ると、
やっぱり私なんかもついつい「今すぐラムネが飲みたい!!」となってしまいそうですね! (笑)

 | BLOG TOP |