プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


皆様(といってもその対象は昭和世代だと思うのですが・・汗・・!)の中におきましては
子供のころに遊園地とかデパートの屋上とかはたまた商店街の中の薬局前等に設置されていた
ムーバーという電動遊具に乗って遊ばれた方も結構いるんじゃないのかな・・?
当時1回100円程度だったと思うのですけど、ウルトラマン・仮面ライダー・ドラえもん・マジンガーZ・オバケのQ太郎などの
アニメや特撮のヒーローたちのキャラをデザイン化した電動式の乗り物に乗っかって1~2分程度
そのキャラたちとガタンゴトンと揺れながらまるでちょっとしたロデオ感覚のように楽しむという事は
子供の頃の一つの思い出なのかもしれないですし、これはまさに「昭和レトロ」という感覚なのかもしれないですね・・(汗・・!)
そのムーバーの動作は、単純な上下運動もありましたしも少し回転運動をしながら動いたものも
あったと思います。
もちろん今でもそうしたムーバーはわずかに存在はしているのですけど、そのほとんどは
感覚としてはショッピングモール内のゲームコーナーとか小さいお子さん向けの遊戯場に申し訳なさそうに
ちょこん・・と置かれているみたいなイメージもあるのですが、よく見てみると、
ディスプレイが付いていたりおまけが出てきたり、その辺りは時代と共に進化をしているのかなぁ・・と
思ったりもしますね。

ムーバー(電動遊具)というと遊園地やデパートの屋上以外で私達にとって最も馴染み深かったのは、
地元の商店街の中・・特にその中でも薬局の前に設置されている事が多かった
佐藤製薬のサトちゃんというゾウのムーバーとエスエス製薬のピョンちゃんといううさぎのムーバーでは
ないのかな・・?と思ったりもします。
薬局と言うか製薬メーカーにおける三大イメージキャラの動物と言うと、何となくですけど、象・うさぎ・カエルなのかな・・?とも
思ったりもしますけど、さすがにカエルはムーバーにはしにくいでしょうから、そうした意味でも
薬局前のムーバーというとサトちゃんとピョンちゃんが双璧と言えるのかもしれないです。

だけど平成に入って、その平成もあと一年少々で終ろうとしている今現在ですけど、
デパートや遊園地にそうしたムーバーが置かれている事も書く無くなってきましたし、何よりも現在におきましては、
昭和の頃と違ってデパートの屋上にそうした子供さん向けの娯楽施設なんか設置する事は
少ないですからね!
(昭和の頃ってデパートの屋上に普通に立派な遊園地みたいなものも結構ありましたし、中にはデパートの屋上なのに
観覧車がある所すらありましたからね! 笑・・)
そして最近では大手のドラッグストアの存在とか大手病院とタイアップしている調剤薬局の存在を考えると
地元の商店街の中に個人経営でやっている薬局自体の経営は大変厳しいものがあると思いますし、
そうした個人経営の薬局の数は多分ですけど、昭和の頃に比べたら相当激減していると思われます。
そうした訳で、薬局前に設置されているサトちゃん・ピョンちゃん等のムーバーもどんどん激減の一途を辿っているんじゃ
ないのかな・・?とも思ったりもします。
それと・・・最近では警察の指導も以前よりは相当うるさくなったようで、公道にそうした遊具をあんまり置かないで欲しい
みたいな要請も結構多いとどこかで聞いたような気もします。
ちなみになのですけど、どうして薬局前にこうしたムーバーを置くようになったのかと言うと諸説あるようですけど、
「デパートの屋上に置いてある乗り物を薬局に置いてみたらどうだろう」とメーカーから提案があり、
1960年代あたりから薬局に設置されるようになったとの事です。

何となくですけど世間一般のイメージでは、薬局前のこうしたムーバーというのはサトちゃんの方が
数が多いし馴染みが深いという感じなのかもしれないです。
私自身もピョンちゃんは、見たことはあるけど乗った記憶はないです・・(汗・・!)


ピョンちゃんはエスエス製薬のイメージキャラクターで、
元々は古事記に出てくる「因幡の白ウサギ」がモチーフとの事です。
え・・因幡の白ウサギですと・・?
そうですねぇ・・東方好きの私から言わせて頂くと「おまえは、因幡てゐなのかっ!?」とツッコミを入れたくもなってしまいます・・
ピョンちゃんの場合は、大国主命に助けられた白ウサギが恩返しをするという事に着眼し、ここから
「社会奉仕」や「社会貢献」のイメージ、それから誰からも愛される容姿と言う事で誕生したのが
このピョンちゃんとの事です!

初代(1952年~60年頃)から2代目(60年~63年頃)までが、白い身体に赤いチョッキでしたが、
3代目(63年~67年頃)から赤いチョッキを脱ぎ、お腹以外は赤くなりました。
ピョンちゃんは、最初はただウサギさんと呼ばれていただけでしたが、
1963年の卯年にちなんだキャンペーンで16万通にも及ぶ一般公募の中から
「飛躍的にどこまでも、ぴょんぴょん跳ね上がる」と言う理由でピョンちゃんと名前が付いたというエピソードが
残されています。

それにしてもサトちゃんといいピョンちゃんといい、最近ではムーバー自体をあまり見かけなくなりましたし、
小さいお子さんがこれに乗っている姿は最近では全く目にした事が
ないと思います。

本当にみんなどこにいってしまったのかな・・??








002_convert_20170823165913.jpg





そう思っていたら、なんとこの「ピョンちゃん」はまだ健在でした!

しかも自宅からは全然遠いのですけど、埼玉県川口市内のとある結構古くからある商店街でまだ現役で稼働しているのを
先日発見しちゃいました!! (笑)

それにしても凄まじく年季の入ったピョンちゃんですね・・・(滝汗・・!)

うーーむ、こんなピョンちゃんでは、小さいお子さんも「ママー! あのうさぎさん怖いよぉー!!」とか
ママの足元で泣きべそをかいてしまいそうな雰囲気すらありそうですね・・・
ま、逆に言うと「歴史を感じさせてくれる逸品」とも言えるのかもしれないですね・・・
もしかして高度成長期の昭和の頃から平成の今の時代に至るまで、このピョンちゃんはお店の歴史とか
人々の喜怒哀楽をじーーっと見守ってたのかもしれないですね。
ま、それにしても薄汚い・・(汗・・)というのは既にご愛嬌の域を通り越して、やはり少々不気味さが
あるのかもしれないですね・・・

最初にこれを見た時は「これはさすがにもー動いていないでしょ・・、棄てるのが勿体無いからただ飾っているだけでしょ・・」と
思っていたら、
電源はちゃんと入っていますし、
「6歳以下のお子さんは乗らないで下さい」と比較的最近書かれたような貼り紙も掲示されていましたので、
たぶんまだいまだに「現役」なんでしょうね・・・

そしてこの「10円」という価格がなんとも昭和レトロを感じさせてくれていますよね!

頑張れ! ピョンちゃん!! そうだ! 君はまだまだ現役! 生涯現役だぁーー!!
スポンサーサイト
今年の夏の甲子園は熱かったですね! そしてあの歴代最多本数となったホームランの競演も素晴らしかったです!
そしてなによりも埼玉県が悲願の「初優勝」を実現してくれたことが
「熱かった!」と感じさせる一番の要因と言えるのかもしれないですね! (笑)

お盆期間中はほとんど出勤状態でしたけど、ちょうどベスト16辺りの一番面白い試合が続いた辺りからが
私自身の「短い夏休み」でもありましたので、
結構自宅で高校野球をポーーっと眺めている事が多かった感じもありますね・・(汗・・)

せっかくの貴重な短い夏休みでしたので、あんまり家ばかりいてもつまらないものもありましたので、
近くのスーパー銭湯に行ったりもしました。
「混んでいるのかな・・?」と事前に予想はしていたのですけど、意外なほどすいていて、ゆったりとしたちょっとした
温泉気分も味わえたのがよかったです。
行った日の「日替わり変り温泉コーナー」というのが、この日は」お茶の湯」という事でお茶のさわやかな香りが
漂っていたのもとても素敵でした!
たけど温泉に入っている間もなんか高校野球の事は気になってしまうのですよね・・(汗・・)
そしてその時に頭に浮かんだのが、
「そうだ! 日帰り温泉のサウナコーナー内にはテレビ中継がされていて、時期的に多分高校野球をやっているはず」と思い、
サウナコーナーに行って汗を掻きかき高校野球中継を見る事にしました。
でも私って・・眼鏡やコンタクトレンズが無いとほとんど何も見えない近眼でもありますので、このままでは
テレビ中継を見る事は出来ません・・
最近まで私はコンタクトを主にしていたから、別にこうしたサウナコーナーでもコマリはしなかったのですけど、
ここ最近というか一年ほどは基本的にはコンタクトをやめて眼鏡だけにしている事が多かったもので、
この日も目にはコンタクトを入れないでメガネをかけてスーパー銭湯に来ていたものでした。
そして当然のことながら脱衣所のロッカーに眼鏡も置いてきています。

うーーん、眼鏡をしたまんまサウナに入っても問題ないかな・・?  眼鏡を痛めないかな・・?と少し頭はよぎったのですけど、
サウナに入りながら高校野球は見たかったし
「せいぜい10分程度だから問題ないよね・・」と思ってついつい眼鏡をかけたまんまサウナに入ったのが
結果的に作戦ミスでした・・! (汗・・!)

脱衣所で着替えていて改めて眼鏡を掛けてみると、何やらぼんやりとしていて視界が曇って見えます。

あれれ・・どうしたのかな・・?と思って眼鏡をよく見てみたらなんと・・! 細かい傷がたくさんついています!

「えーー、別に落していないし何かにぶつけてもこすってもいないのだけど・・」と思ったのですが、既に後の祭りでした!

メガネのレンズ全体にこんなに細かい傷が覆ってしまうと、周囲のモノ自体があんまりよく見えないし、
何よりも近くのモノがかすれてあんまりよく見えないという事で
もはや視覚補正にすらなっていないという様相を呈していました。

そうそう、この眼鏡のレンズは「軽くて薄くて頑丈」というプラスチックレンズでした!
あれれ・・? という事はプラスチックレンズってもしかしてサウナ等の高熱・高温なに弱いという事なのかな・・?

ガラスのレンズに比べてプラスチックレンズは軽くて割れにくくて安全性が高く、
現在、プラスチックレンズを使用されている方の方が圧倒的に多いと思われます。
プラスチックレンズは光の反射や汚れ、キズを防ぐためコーティングがされているのですが、
お風呂やサウナなどの熱に極めて弱いそうです!
私はそんな事も分からないでプラスチックレンズの眼鏡をしたまんま、サウナに入ってしまったのですね! (汗・・!)


一般的なプラスチックレンズの構造は、レンズ基材の上に、 

・ハードコート・反射防止コート・撥水コート  という三層のコートから構成されていて
それぞれのコートの厚みはなんと0.0001mm以下!
その厚みで均一にコーティングしているすごい技術があるのですけど、そうした素晴らしいコーティングの技術も
熱には弱く、結果としてサウナに入った事でこのコーティングを損傷させてしまい、
レンズを痛めてしまってダメにしたのですね!!

うーーん、これは痛かったです!

ちなみにプラスチックレンズの修復・修理はほぼ不可能で、これはレンズを交換するしかないそうです!

だけど、先日の記事でも書いた通り、免許更新や違反者講習の際の視力検査で判明した通り、実は私の視力矯正を
やっても両眼の視力は0.8程度でしたので、元々「そろそろ眼鏡を作りかえる時期」と思っていましたので、
今回の一件は、面倒くさくてなかなか眼鏡屋さんに行こうとしなかった私の背中を思いがけずに
押してくれるものになったと言えるのかもしれないですね・・

早速今度眼鏡を作り替えにいかないと・・!

 | BLOG TOP |