プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の当ブログの記事においては、東方のさとり様フィギュアのレビュー記事ですとか
艦娘のあのとてつもなく凛々しくて美しい翔鶴フィギュアのレビュー記事を掲載させて頂き、
また最近ではブログ内に「夕張メロン」というワードが出た瞬間に、夕張フィギュアとかアミグリさんが描かれた
可愛いかわいい夕張ちゃんイラストが登場したものですけど、
改めて言うのも何ですけど、とにかく最近の「正規フィギュア品」の完成度の高さは素晴らしいものがあると思いますし、
特にさとり様とか翔鶴みたいな制作者様の気合入りまくりのデザインなんかを見る度に
「すごいよなぁ~!」と感心させられるばかりです!

一方でフィギュアの中には、あえてデフォルメ気味に制作したものとか
わざとちびっこ風にゆる可愛く制作される事を意図した作品もあります。
翔鶴みたいなああした気合入りまくりのフィギュアも私はもちろん大好きですけど、本記事で取り上げさせて頂く
ちびっこキャラみたいなゆる可愛いフィギュアも私は大好きであったりもします。

本記事においては、そうしたちょっとゆるい感じのちびっこフィギュアとして
ちびきゅんキャラシリーズ  榛名&鎮守府ステージセット を簡単にレビューさせて頂きたいと思います。
そして後半にdream fantasyのアミグリさんが
今年6月にみけねころんさうさんのお誕生日絵として描かれた榛名の凛々しく大変かわいくて同時にとてつもなくお美しい
榛名のイラストを再転載させて頂きたいと思います。

ちびきゅんキャラシリーズとは、バンプレスト鎮守府が贈る「艦これ」を愛する提督たちに向けた
バンプレストオリジナルの「艦これ」コンセプトアイテムシリーズ「Ceylon Tea Party」のちびっこフィギュア版です。
今回レビューするのは、2015年7月下旬に登場の可愛いちびきゅんキャラの姿になった金剛型4姉妹の
Tea Partyを再現した、「ちびきゅんキャラ『艦隊これくしょん -艦これ-』-Ceylon Tea Party- vol.2」の中から榛名の方です!
ちなみにvol.1の方には榛名のお姉さんたちの一番艦(長女)金剛と二番艦(次女)比叡の二人の艦娘が登場していて、
vol.2の方に三番艦(三女)榛名、四番艦(四女)霧島が登場しています!

ちなみにこの金剛型四姉妹ですけど、4人とも服装や艤装の多くが共通していたりもします。
頭には、艦橋と電探を模した金色のカチューシャを身につけ
上は肩を大きく露出させた赤色の装飾が入った巫女服のような白い着物を着用し、
下は袴を改造したフリル付きのミニスカートを履いており、その上から黒帯によって上記の上着を腰で結んでいるというのが
基本的な4人の共通の外見となっています。
スカートは姉妹でそれぞれカラーが異なっているというのも素敵ですね!
ちなみに金剛は黒、榛名は赤となっています。
東方の「楽園の素敵な巫女」というと霊夢ですけど、霊夢に一番近い外見というとやはりこの榛名といえるのかも
しれないですね・・(笑)

榛名ですけど、謙虚で心優しい三番艦といえると思います!
四姉妹唯一の良識人にしてフォロー役であり、貧乏くじを一番ひきやすい娘ともいえるのかもしれないですね・・(笑)
四女の霧島は眼鏡をかけて一番真面目でまともそうに見えるのですけど、実はこれがとんでもない武闘派という
感じでもありますので、やはり榛名の「優しさ」には、ついつい引き寄せられるものがありますよね! (笑)
ちなみにですけど、私自身がこの四姉妹の中で特に好きなのは金剛とこの榛名です!
金剛お姉さまの帰国子女らしいヘンな口調とムードメーカー的な明るさは素敵ですよね!

榛名なのですけど、四姉妹の中でも控えめな雰囲気の優しく微笑んだ表情が魅力的だと思います!

そしてこのちびきゅんシリーズでもそうした榛名の優しさ・可愛らしさは十分すぎるほど溢れていると思います!!










このシリーズの最大の特徴は、単なる艦娘のフィギュアが一体入っているというのではなくて、
ステージがセットになっている点が大変面白い試みと言えると思います。
このステージというのは2枚の壁と机等のアイテムがこのちびきゅんセットの中に組み込まれています。
Vol.2の榛名&霧島のステージを組み合わせると、鎮守府「執務室」が完成するというのはついつい
「それじゃー霧島も購入しようかな・・」と思ってしまいますよね! (笑・・) なかなかうまい戦略だと思います・・

この榛名の商品概要は下記のとおりです。

商品名 : ちびきゅんキャラ『艦隊これくしょん -艦これ-』 -Ceylon Tea Party- vol.2

■プライズフィギュア

■全2種

■全高 : フィギュア約6.5センチ(台座含む)、ステージ約10センチ

■発売元 : バンプレスト

■発売時期 : 2015年8月


こういうちびっこい二頭身みたいな仕様はとてもかわいいですね! 金剛とか霧島のようなどちらかというと武闘派みたいな
艦娘ですらもこうしたちびっこフィギュアとして再現されると、
ついつい頭なでなで・・みたいな感じになってしまいそうですよね・・(笑)




CIMG0525_convert_20170819202952.jpg



vol.1の金剛と比叡を揃えれば、金剛型四姉妹が全員集合! という事になってしまうというのが実に楽しいですし、
メーカーの消費者の購買意欲を高めようとする戦略にはついつい乗せられてしまいそうな感じでも
あったりします。
 
このvol.2においても、ステージを二個繋げれば、榛名と霧島が鎮守府でお休み中のシチュエーションを
楽しめることができると思います。




CIMG0527_convert_20170819203016.jpg



榛名のこのちびっこフィギュアはとっても可愛いですよね!

こんな可愛い艦娘から「提督、お茶もう一杯いかかですか・・?」と聞かれれば、例えおなか一杯の状態であったとしても
「ぜひお願いしますっ!」と言っちゃいそうですね! (笑)
これが金剛姉さんだったら「テートク、オチャモーイッパイドーデスカー」と片言風に聞かれちゃうのかも・・?

榛名なのですけど、
英国で設計・建造された長女の金剛や、そのパーツを輸入して日本で組み立てられた次女の比叡と違って、
妹の霧島と同時に金剛の図面を元に建造された純日本産超弩級戦艦であるとも言えます。
そのせいなのか、2人の姉に比べて日本人らしい風貌になっているのが金剛との最大の違いと言えるのだと思います。

それにしても巫女風の着物にミニスカートとロングブーツを履き、
腰まで伸びる灰色がかった黒髪ロングの和風娘で瞳の色は橙色というのが榛名は、本当に可愛いし、
日本的美人さんと言えそうですね!

それがちびっこフィギュアとしても遺憾なく素敵に発揮している仕上がりだと思います!




CIMG0528_convert_20170819203042.jpg




このステージの土台は、土台部分にシールを貼ったものです。

壁パーツの2枚なのですけど、それをジョイントするプラスチックの接合パーツがなかなかうまい具合に入らないものでして、
意外と苦戦しました・・

ステージの背景がステンドグラスというのもなかなか素敵な演出ですね!

ちなみにですけど金剛の場合、壁には掛け軸が飾られているのですけど、なぜかこの掛け軸には「夜戦主義」と
書かれています・・(笑)
うーむ、この掛け軸を見てしまうと「おまえは川内かっ!?」とツッコミを入れたくもなってしまいますね・・(汗・・!)
ちなみに金剛のステージには、この掛け軸と赤カーテンの窓が描かれています。
「Tea Timeは大事にしないとネー!」という金剛の声が聞こえてきそうなステージという印象も感じたものでした!




CIMG0529_convert_20170819203110.jpg



CIMG0530_convert_20170819203135.jpg




こうしたステージとフィギュアをセットとして構築するというのもなかなか素敵な発想だと思います。

各キャラの好みとか趣味などを色々と素敵に演出できそうで、こうした試みは是非ぜひ他の艦娘でも
実現してほしいものですね!

榛名の執務室の場合は、いかにも真面目で常識人みたいな雰囲気が漂っていると思いますし、やはりティーポットを
手にしている榛名がとてつもなく可愛く感じられます!!






haruna-kaini-001_convert_20170611210700_convert_20170702021400.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記のとってもキラキラ可愛い素敵なイラストは、今年の6月にアミグリさんが描かれた艦娘の榛名です!

そしてこの榛名は、メモリアルに側面も有しておりまして、
当ブログやアミグリさんの「dream fantasy 」の双方に
おいてリンク先にもなっている「ぽーぽけきょ」というとっても素敵なイラストブログを
管理運営されているみけねころんそう様の今年の6月11日のお誕生日において、
そのアミグリさんから「お誕生日おめでとう!」のプレゼントイラストという素晴らしい作品でもあります!

いや~、みけねころんそう様はとっても羨ましいです!!

本来の趣旨でしたら、この素敵な「榛名」はみけねころんそう様のために描かれた作品ではあるのですけど、
この素敵な「榛名」を当ブログをいつもご覧頂いている皆様にも是非見て頂きたいと思い、アミグリさんにお願いし、
この榛名の転載をさせて頂く事を快諾して頂けました!

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます。

アミグリさんが描かれた榛名はとってもはキラキラ可愛いですし、 同時に凛々しくかっこいいと思います!
霊夢っぽい衣装とか霊夢みたいな「肩出し」が
とてもよくお似合いだと思いますし、 この長髪のキラキラ感も素晴らしいと思います!

榛名の真面目さと気品さがとてもよくにじみ出ていると思いますし、こんな可愛い榛名を見てしまうと、
艦これを全然知らない人がこのイラストをご覧になったとしても
「榛名ってかわいい娘だよねぇ~」と感じられるのは間違いないと思います!

そして最近描かれた東方の咲夜さん・妖夢のようなこの「キラキラ感」も素晴らしいと思います!!

上記の榛名は、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますし、本来はみけねころんそう様への
プレゼントイラストでもありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

さてさて、明日の当ブログの記事は「十六夜咲夜さん語り」ですけど、冒頭に登場予定の「名作プレイバック集」に
登場して頂くキャラは果たして誰なんでしょうか?
そして咲夜さんのイラストはどんな感じなのでしょうか・・?

それに関しては、明日の当ブログにてぜひお楽しみいただければ幸いです!
スポンサーサイト
チーカマ(チーズかまぼこ)は魚肉ソーセジと並んでよく給食に出ていたものですけど、
これは以前プリキュア記事の「プリキュアソーセージ」でも書いた事でもあるのですが、私は実はあんまり魚肉ソーセージが
好きではなくてあのどちらかというと生臭い味と臭いに抵抗を感じていたものでした。
その点、チーカマは違いましたね!
中にチーズが入っているというという事で味に関しては元々絶対的な安心感があったと思いますし、
例えばちくわの穴の中に挟んだチーズ巻きがとても美味しいのと同じ理屈で、このチーカマも元々チーズとかまぼこの相性が
よくて、魚肉ソーセージと異なり「とっても美味しい!」という印象しか無かったですね! (笑)
関東では「かまぼこ」というと小田原がとても有名だと思うのですが、以前日帰りのバス旅行で熱海に行った際に
小田原のお土産屋センターにも寄ったものですけど、かまばこの中でも「変りダネ」としてチーズは定番商品だったと
思いますし、実際に試食とかしてみても「やっぱりチーズとかまぼこの相性は抜群だね!」という感じに
なっていたと思います。

給食でも魚肉ソーセージはやはりあんまり人気が無かったのに対してチーカマはかなり人気がある一品だったと
思います。
そうそう・・、学校給食で出されるチーズには二種類あり、三角形のアルミで包まれたチーズは普通に美味しいと
思うのですけど、チーカマとか魚肉ソーセージの形状みたいに薄いビニールで包装されていたチーズはなぜかあんまり
美味しいとは感じられなかったですね・・

それにしてもチーカマの手軽さと美味しさは今も昔も魅力的ですよね!
手軽におつまみにもおやつにも素敵なお料理にもなってしまう素敵な素材だと思いますし、そのまんま食べても
とっても美味しいですしひと工夫加えても美味しいと思います。
そしてチーカマの大きな魅力として挙げられるのは、実はカロリーもあまり高くないという事でもありますので、
ダイエット中の方にもお勧めの一品だとも思います。
チーカマ(チーズかまぼこ)というと色々なメーカーから出ていますし、最近ではコンビニでもコンビニとしてのPB商品として
店内に置かれているのも珍しくはないと思うのですが、
「チーカマ」と呼ぶ事が出来るのは、丸善のチーズかまぼこのみとの事らしいです。
(私も詳しいことはよく分からないのですがそれは商標の関係なのかな・・?)
丸善の「チーかま(4本パック)」について、1本(45g)あたりの栄養成分は、
カロリー 55kcal
たんぱく質 5.2g
脂質 1.3g
炭水化物 5.6g
とけっこう高たんぱくな割には意外と低カロリーというのがやはり一つの魅力と言えそうですし、やはりダイエット中の方にも
お勧めできる商品と言えるのかもしれないですね。





縺。繝シ縺九∪_convert_20170821173932



さてさて、このチーズかまぼこの包装なのですけど、学校給食の時もそうでしたけど、最近の商品においても
魚肉ソーセージのようなフィルム包装自体に切り込みが入っていない事も多々あり、
このフィルム包装が中々うまく開けられずイラッ!とする事は結構あったりするのかもしれないですね・・・(汗・・!)
あれって酷い時は、自分の歯で食いちぎって開けてしまう事もあったりして、これだけ利便性が高い商品が揃っている
日本においては今時珍しい包装商品なのではないのかな・・?と思ったりもしますね。

チーカマみたいな薄いフィルムを楽に剥がす方法って何かないものですかね・・?

私の場合ですと、やはりうまく開けられなくて、鋏を使ってフィルムに切り込みを入れるとか
やはり歯で食いちぎるという方法が一番多く採用しているのかもしれないですね・・(汗・・)

一般的にはこのフィルムの先端に赤いテープが付いている事が多いのですけど、これをはがして開けるというのは
理屈では分かっているのですけど、あれが中々剥がしにくくて毎回苦戦しているような気もします。
せっかく剥がしてもちょっとキズが付いただけで、そこに爪を入れてはがそうとしてもうまくいかない事も
結構多かったと思います。

これなんですけど、色々と調べてみると結構いい方法があるものですね!

まとめてみるとその手順として最も適しているのかな・・?と思う方法は、

1.まず赤いテープを剥がす

2.赤いテープと反対側に先端をグイッと反らせる

3.フィルムがここでパカッと割れる

4.そのまま下に引くと、つなぎ目に沿ってフィルムが自然に切れて中身が出せるようになる

あたりなのかな・・と思ったりもします。この方法は今度自分でも確かめてみたいと思います。

他に私自身が試した方法としては、チーカマの端の金具部分につま楊枝を刺して、
反対側に貫通したら軽く横に回すと自然にフィルムがきれいに取れるというのもアリな方法だと思います。
つま楊枝が無かったらフォークで代用しても問題ないと思います。

最後に・・・

チーズかまぼこはもちろんそのまま食べても美味しいのですけど、
チーカマの炙り焼き・チーカマの生ハム巻き・チーカマ巻卵焼き・
チーカマを海苔とご飯で巻き寿司にしたサラダ巻きなどもとっても美味しいと思います。
単純にきゅうりにこのチーカマを詰まるだけでもとても美味しいと思いますし、ここに辛子明太子とマヨネーズを和えたソースを
たらしても美味しいと思います。

多分ですけどこのチーカマのレシピは思いつくと思いますし、素材にはしやすいと思います!

 | BLOG TOP |