FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計








先日8月15日ですけど、当ブログはおかげさまで「ブログ開設5周年」を無事に迎える事ができ、6年目に入る事が
出来ました。
またその節には、多くの皆様から「5周年おめでとうメッセージ」を頂き、メッセージを頂けた皆様に改めて
感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました!

そして当面の目標は、多分新春早々・・1月初旬ぐらいになると予想をしているのですが、
「累計4000記事到達&東方カテゴリ400記事到達」です!
こちらの方もなんとか実現できるように日々精進を重ねていきたいと思います。
当ブログは大変拙いブログでもありますし、どちらかというと「質より量」みたいな感じのブログでもあるのですけど、
皆様からの日々の温かいご閲覧・拍手・コメントを励みにこれからも出来る限り更新し続けていきたいと思いますので、
これからも何卒宜しくお願いいたします。

さてさて、その開設5周年を前にした7月頃の話なのですけど、
ずーずーしくて厚顔無恥のこのブログの管理人の私は、7月において「私のお誕生日+東方カテゴリ300記事到達」の
お祝いイラストとして「きらきら妖夢」をリクエストさせて頂き、アミグリさんに2枚のと~っても素敵な妖夢を
描いて頂いていたのにも関わらず、

「ブログ開設5周年をお祝いした記念イラストを是非是非アミグリさんに描いて頂けたら、とっても嬉しいです!
リクエスト続きで大変恐縮に感じてはおりますが、宜しければご検討いただければ
実に幸いです!
アミグリさんに是非描いて頂きたいキャラは「きらきら十六夜咲夜さん」です!
先日のあの素晴らしき妖夢を見てしまいますと、
「是非アミグリさんが描かれた咲夜さんをあの素敵なキラキラを思いっきり飛ばして頂き
見てみたいなぁ・・」と思っております。」

といった内容のまたまた無茶振りリクエストをさせて頂いちゃいました・・・(滝汗・・!)

まったく・・一ヶ月の間に、二つもリクエストをお願いしちゃって・・みたいな感じもあり、アミグリさんにはご多忙の中、
申し訳ない事しちゃったなぁ・・と思っているのですけど、
結果的にあんなにも素晴らしいきらきら妖夢ときらきら咲夜さんを描いて頂けたことに改めて感謝申し上げたいと思います。

本当に今回はありがとうございました!!

このポンコツさんな管理人の私は、全く微塵も絵心が無くこうやっていつも絵師様にお願い&おねだりするばかりで
大変心苦しいものはあるのですけど、
「当ブログの一つの役割は、アミグリさんという素晴らしき絵師様が描かれた作品を定期的にご紹介&転載をさせて頂く事で
色々な人たちに一人でも多くアミグリさんが描かれた作品を見て頂く機会を増やさせて頂くのが使命の一つ!」
とも認識しておりますので、
ちょっと最近は無茶振りリクエストを連発して大変心苦しいものはあるのですけど、結果的にこうやって
素晴らしい妖夢と今回ご紹介させて頂く素晴らしき「きらきら咲夜さん」を描いて頂き、その素晴らしき作品を
当ブログで転載&ご紹介させて頂く事に、私自身は強く「誇りと使命感」を持っておりますし、同時に光栄に思っております!!

そうした訳で、本記事において、アミグリさんにリクエストをさせて頂いた「きらきら咲夜さん」のイラストを
冒頭にて転載をさせて頂きました。

先日の「きらきら妖夢」と「青空妖夢」も本当に素晴らしかったですけど、今回描いて頂けたこの「きらきら咲夜さん」も
2枚の妖夢に一歩も引けを取らない素晴らしい仕上がりの作品だと確信しております!!
ちなみにですけど、きらきら妖夢と青空妖夢 のイラストをご覧になりたい方は是非こちらからご覧頂く事が出来ます。

→ きらきら妖夢と青空妖夢

特筆すべき点は何と言ってもこの咲夜さんのメイド服のスカートのフリルのとてつもない精緻さとキメの細かさだと
思います!
この大変丁寧に細かい所にまで神経が行き届いた見事な咲夜さんを描かれるに一体アミグリさんはどれほどの
ご苦労と努力をされていたのだろう・・と考えると、やはり「申し訳なかった・・」と思うと同時に
「こんな素晴らしい咲夜さんが完成した事が純粋に嬉しいしリクエストして本当によかった!!」と思うばかりです!
そして改めてですけども、こんなに素晴らしい咲夜さんを、当ブログのため・・そして私のために描いて頂けたことが
本当にとってもとっても嬉しいですし、アミグリさんからこうしたリクエスト絵を描いて頂ける事に
とてつもなく「誇り」に感じます!!

このスカートの細かいフリルの描き方の見事さ!
いつも以上のこの素敵なキラキラ感の演出とか何よりもこの咲夜さんの素敵な可愛い笑顔!!
全てが完璧だと思いますし、見れば見るほど私自身が思わずにっこにっこの微笑みが浮かんできそうです!! (笑)

夏場の暑い時期で何かとお忙しい中、こうやって私からの無茶なリクエストにも
きちんと丁寧に誠実に描いて頂けた事に改めてですけど敬意を表させて頂きたいと思います。

本当にありがとうございます!

こんな可愛いキュートなメイドさんでしたら、紅魔館だけでなく是非是非外界の我が家に来て頂き、
是非我が家でメイドさんをして頂きたいと思わず思ってしまいほどの可愛らしさがありますよね!

笑顔が素敵ですし、白エプロンもとてもよくお似合いだと思います!
背景の水滴が夏らしくて爽やかですけど、今回のイラストの最大のポイントは
誰が何と言ってもこのスカートのフリルのお見事さ!だと思います。

アミグリさんのこのきらきら咲夜さんを描かれた際のコメントが全てを物語っていると思います。

「スカートのフリルはいつも以上に気合いを入れて丁寧に描くように心がけました。
「キラキラな咲夜さん」というリク内容にこたえるべく、キラキラも思いっきりとばしてみました。
「とにかくかわいい咲夜さん」を目指して描いたので、いつものかっこいい路線は皆無な感じです。
背景の水滴は描くかどうするか迷ったのですが、夏だし涼しげかなと思い、水滴もとばしてみました!」

との事ですけど、以前転載させて頂きました、昨年冬のゲスト寄稿の際のかっこよくてタイムトラベルプリンセス
みたいな咲夜さんも素敵ですけど、
今回の咲夜さんみたいなとっても可愛い咲夜さんも素敵ですし、私はどちらの咲夜さんも大好きですっ!!










最後に、冒頭で転載させて頂いたこの「きらきら咲夜さん」をもう一度転載させて頂きたいと思います。

だって素敵なものはもう一度見てみたいものですよね・・(笑)


上記の咲夜さんのイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対にNGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

そして・・まだ先の話かもしれないですが、アミグリさんのブログ「dream fantasy」 は、来年いよいよ・・「開設10周年」という節目を迎えられます!

当ブログは10周年ももちろんなのですけど、そこから先もずーーっとdream fantasy を応援させて頂きたいと思っておりますし、
一人でも多くの皆様が当ブログの記事を通してアミグリさんのイラストをご覧になって頂きたいと思います。

8月も間もなく終わりますが、9月の当ブログは引き続きテーマは「十六夜咲夜さん」です!
そしてここにまたまたとっても素敵なアミグリさんの作品とか恒例の(?)アミグリさん名作プレイバック集も登場しますので、
どうか9月も当ブログを何卒宜しくお願いいたします!

次回の日曜日の記事は「咲夜さん語り その④」の予定です!
スポンサーサイト



20.札幌白石高校


D/バレエ音楽「ガイーヌ」~序奏・友情の踊り・アィシェの孤独・剣の舞・収穫祭 (A.ハチャトゥーリアン)



札幌白石高校というと私のイメージとしては、指揮者の米谷先生という印象が大変強いですし、チーム全体の
「おおらかさ」という雰囲気が良い意味でプラスの評価に繋がっているような感じがあります。
米谷先生の勇退以降はやはりあの素晴らしき演奏とか全国大会金賞という栄誉からは少し遠ざかっている感じもしますし、
ここ数年は北海道大会で終わってしまい全国大会に進めない状況が続いていますけど、
この素晴らしき名門校の復活もいつの日にか大いに期待したいものがあります。

札幌白石は、私的には結構面白いチームだと思っておりまして、毎年毎年金賞と銀賞スレスレの
結構スリリングな演奏を聴かせてくれていて、ライヴ感覚を大切にしているというのか
「たとえ本番の普門館のステージでも何が起きるかわからない、どんなドラマが起きるのかわからない」みたいな
演奏を毎年のように素敵に聴かせてくれていたみたいな印象もあったりもします。
何ていうのかな・・、これはあくまで客席から聴衆の一人として聴かせて頂いた印象としては
「本番のステージでも普段の練習通りの正確な演奏というのではなくて、その時のノリと勢いで何をしでかすか
わからないチーム」みたいな印象も感じていたものでした。
毎年のように「危なっかしいな・・・」と感じさせてくれる面もあるかと思えば
「たっぷりと歌いあげてくるな・・・」と感じさせる面もありましたし
「このアレグロの生き生きとした流れは本当に素晴らしいな!」と感じさせてくれることも多々ありましたし、
プラスに転ぶのかマイナスにずっこけるのかどっちに転ぶのか演奏開始するまでは分からないみたいな
結構「アドリブ的な」側面も感じさせてくれ、それが実に伸び伸びとしていて
高校生らしい素直な演奏を毎年聴かせ続けている要因にもなっていたような印象もあります。

そうですよね・・・・

ある意味不思議なチームでもあり、あれだけ毎年毎年全国大会に出場し続ける「名門チーム」でありながら
何か「名門」とか「伝統」とかいう言葉があまり似合わないような「おおらかさ」も感じさせてくれていたようにも
感じられます。
完璧な技術力とか洗練されたサウンドを持っているとか、決してミスをしないとか
そういう「完成されたチーム」ではないと思います。
だけど何か普通の高校生が一生懸命日々練習してきた結果、ここまで仕上げてきましたという
何か手作りのような感じの音楽を毎回聴かせてくれて、
毎回聴くたびに「温かいモノ」を感じさせてくれるチームだとも感じられます。

何か毎年毎年「気取りのない演奏」を聴かせてくれていてとても親しみやすい雰囲気を持った学校というのが
私が米谷先生自体の札幌白石高校に感じていた率直な印象です。

札幌白石高校は、基本的には課題曲にはマーチを選ぶチームでしたけど、
マーチの演奏に関しては、札幌白石高校は、当時の阪急百貨店・嘉穂高校と同様に定評があり、
この年の課題曲も「ゆかいな仲間たち」に相応しい楽しく温かみのある親しみやすい行進曲だったと思います。
やはり札幌白石高校はこういう曲を演奏させると、高校の部では右に出るチームはあんまりないような気すらしますね!

自由曲の「ガイーヌ」は、序奏~友情の踊り~アイシェの孤独~剣の舞~収穫祭という1990年の中央大学と同じ構成を
取っていましたが、特に「剣の舞」が鮮やかだったのが印象的です。
「剣の舞」というとプロの管弦楽団の演奏ですら、時には「たた強奏をがなりたてるだけ」という単調な演奏も
多いとは思えのですけど、札幌白石の剣の舞は、音量を意図的に落した部分と次の瞬間の再度の強奏の
落差が大変見事で、そのダイナミックスレンジの幅の広さは素晴らしいものがあったと思います。
特にスネアドラムの小気味よい叩き方とかリズム感のよさとか金管セクションの耀きある響きは大変申し分かったと
思います。
収穫祭は、冒頭からいきなりホルンが少し外し気味でしたね・・
ラスト近くのホルンの雄叫びの再現部分も、もう少し音量が欲しかったですし強調されてもいいと思いましたし、
少しパワー不足のような気もしましたが、全体的には非常に楽しい雰囲気を最後までキープしていたと思います。

この年も銀賞と金賞の境界線の演奏に近かったと思いますが、何とか金賞にすべり込んでいました!

 | BLOG TOP |