FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


温泉ホテル等の「温泉企画゜旅行」においては、夕食と朝食の「バイキング」はすでに定着していると
思いますし、あれは自分の好きな料理を少しずつでもたくさんの種類を食べることができるから、本当に
素晴らしいシステムだと思います!
バイキングとか食べ放題を最大限楽しむコツというのは簡単でして、要は一つの種類だけをたくさん食べすぎないことです!
バイキングの醍醐味はなんといっても「多種類の料理をA味わう事」なのだと思います! (笑)

そうしたバイキング…特に朝食バイキングにおいて特に大人気メニューの一つが
生ハムであり、メロンにその生ハムを包んだものといえるのかもしれないですね!
カリカリに焼いたベーコンとかマスタードたっぷりのソーセージとかスクランブルエッグとか半熟状態の目玉焼きなんかも
とっても美味しいのですけど、
「生ハム」って意外と普段では食べる機会も多くないと思えるだけに、朝食パイキングに生ハムとか生ハムのメロン包みが
メニューとして出されていると、なんかついついテンションが上がってしまいます・・(笑)

生ハムというと何となくですけど高級食材みたいなイメージがあるようにも思えます。
(普段なかなか口にしない食材ともいえますので、そのように感じるのかもしれないですね)
逆に「ベーコン」というとスーパーでもよく安売りの目玉商品みたいな扱いもされることが多いせいなのか、
どちらかというと「庶民の味」みたいな印象もあったりします。
生ハムとハムは似たようなものと思われがちなのですけど、作り方は大きく違います。
意外かもしれないのですけど、生ハムはハムよりベーコンに近いとも言え、
高価なイメージがありそうな生ハムは、庶民の味ベーコンの兄弟とも呼べる食材といえるのかもしれないです。
ちなみにですけど、ハムと生ハムの違いは言うまでもなくボイルするかボイルしないかの違いであり、
くん煙してもくん煙しなくてもボイルしなければ扱いは「生ハム」ということになるそうです。
くん煙しない生ハムは、単に干しただけの塩漬け肉にしか思えないのですけど、実はこれでも立派な生ハムと
言えるのです!
ついでに書くと、ハムと生ハムの違いはもう一つあり、
くん煙する、換言するといぶす場合の温度が異なるそうでして、いぶす時間の目安は、
ハムは温くん法という手法を取り、30~80℃の温度で1日5時間程度、それを1~3日程度いぶすのが一般的です。
生ハムは、くん煙する場合は、冷くん法という手法を取り、15~30℃の温度で
1~3週間程度とかなりの長時間かけていぶすのが一般的とされています。
(繰り返しになりますけど、生ハムはくん煙しない事・・つまりいぶさなくても生ハムとして認められています)

なんかごちゃこ゜ちゃ書きましたけど、ハムと生ハムは名前は似ているけど全然別の食べ物と言え、
味や食感を左右する調理方法はまったく別物と言えると思います。

ベーコンなのですけど、
ベーコンを作る主な部位はバラ肉で、その製造方法はバラ肉の塊を塩漬けして熟成し低温でくん製にします。
仕上げにボイル等の加工等を行わず、いぶしだけで終わるものをベーコンと呼んでいるのです。

まとめると・・ ベーコンと生ハムについては、
共通点→どちらも非加熱でいぶし方法は冷くん処理
相違点→生ハムはケーシング(型に詰める)という事で、その製造方法から考えても
生ハムに近いものはベーコーンでありハムではないのです!

冒頭で書いた通り、なんとなくイメージとしては「生ハムは高級品でベーコンは安っぽい食べ物」みたいな感じも
あったりするかとは思うのですけど、実際には生ハムとベーコンは大変近いものがあるという事なのだと思います。
だから・・
バイキング等で生ハムだけを見ても「ありがたや、ありがたや・・」と考えるのではなくて
生ハム見た際には「ベーコンに近い食材なんだ! だからこれもありがたや、ありがたや・・」と考えた方が
宜しいのかもしれないですね・・(笑)

以前なのですけど、うちの奥様がこの生ハムを懸賞品として見事に当選した事がありました!
パルマハムの生ハムを2セットでしたけど、このパルマハムって結構いい値段はするみたいで
悪くはない当選品でした。

おまけに・・実をいうとうちの奥様は生ハムが大嫌いですので、その懸賞品のおこぼれは、私が独占する結果に
なってしまいましたけど、
生ハムは、味自体は大変塩っぽいけど確かにおいしく、メロンに包んで食べるとそのしょっぱさが大分中和されるようにも
感じたものですし、
パスタの具材として使用しても麺との相性が大変申し分なかったと思いました。










パルマハムは、別名プロシュット・ディ・パルマとも呼ばれていて、
金華火腿、ハモン・セラーノと並んで世界三大ハムの一つに数えられるそうなのですね!
DOP(保護指定原産地表示)の一つとなっており、産地保証による品質管理のため、
この名称を使用する条件は厳しく運用されているとの事なのですけど、
東方のルーミアじゃないですけど、まさに「へー、そーなのかー」という感じですね! (笑)

うちの奥様が当選したパルマハムって実はかなりの高級品だったのですね!

ちなみにですけど、パルマハムに限らず生ハムの美味しい調理方法は、うすく切ったものを生で食べるのも素敵ですけど、
やはり少しひと手間加えたいですね。
そうした場合、生ハムのアボカドクリームチーズ巻き・冷たいトマトの生ハムマリネ・生ハムのアスパラチーズ巻きも
美味しいですし、
定番のバスタの場合、トマトと生ハムの冷製パスタとか生ハムのカルボナーラもとっても美味しいと思います!

たまにはロースハムだけではなくてこうした生ハムをひと手間加えて食べてみたいものですね!
スポンサーサイト



「ふりかけ」って本当に美味しいですし、場合によってはこれさえあれば「おかず」すら要らないと言っても
過言ではないのかもしれないですね!
そう言う私も、学生時代とか社会人になって間もない頃、当時一応寮に入っていたものの
土日祝日はご飯が出ない時でしかもお給料前の際には、スーパーなんかで「白飯」だけを買ってきて、
この白飯にふりかけを「これでもかっ!」と言うぐらいに掛けて
給料日まで持ちこたえていた・・みたいな事もあったような気がします。
現在、どこの家庭でも当たり前のように「ご飯のお供」として存在しているふりかけなのですけど、
これを考えた人はもしかしたら天才と言えるのかもしれないですね・・! (笑)

ちなみにですけど、「ふりかけ」を専門学的に述べると、
「ご飯などにふりかけて食べる粒子、あるいは粉末状の食品。ご飯にかけるものとしては、ごま塩、もみ海苔、削り鰹、
でんぶなどが古くから利用されている」との事ですけど、
私が小さい頃のふりかけと言うと、ごま塩とかピンク色のでんぶだったようにも思えるのですけど、
ここに「劇的な変革」をもたらしたのは、丸美屋さんの「のりたま」だったと思います。
最初にあれを食べた時は、「えーー、これ一つだけでおかず要らないじゃん!」と感動したものですし、
給食で白飯に激マズおかずとか牛乳が出された時なんか、家からこっそりとこの「のりたま」を持ってきて
白飯にのりたまをふりかけて、おかずの激マズをカヴァーしたものです・・(汗・・)
そうした際にクラスメイトにもこののりたまを分けてあげると、クラス中の人たちから
「おまえはエライ!」みたいな目で見られたこともあったような気もしますね・・(笑)

ふりかけは、大きく分けて4種類に分類されるそうです。

1.ドライタイプ

 乾燥させた粉末状のふりかけでも最も多く食卓に並んでいるタイプであり、ふりかけの代名詞とも
 言えそうです!

2.ソフトタイプ

 しっとり柔らかな食感で、ふ素材本来のおいしさを生かした本格感が持ち味で同時にご飯にとってもなじむと
 思います。

3.混ぜ込みタイプ

 温かいご飯に混ぜ込むタイプです。ご飯の湿気でふりかけ自体が柔らかくなり、しっとりとした自然な風味が
 味わえると言えます。

4.のっけるタイプ

 瓶に入ったしっとりしたタイプのふりかけ。ご飯にのせるだけでおかずのように食べられるのが特徴と言えます。

ふりかけと言うと何となくですけど、丸美屋ののりたまがパイオニアであり王道というイメージも
私の中にあったりもするのですけど、ふりかけの歴史を振り返ってみると
「このふりかけはすごい! 素晴らしすぎる!!」みたいな名商品もあったと思います。
その中で、私自身が「このふりかけは素晴らしい!」と感じた商品を下記に三つほど挙げさせて頂きますと・・

①永谷園 おとなのふりかけ わさび

「子どもは食べたらダメなの?」と思ってしまうネーミングで一世風靡したふりかけですけど、
大人が食べても子供が食べても大満足の一品だったと言えると思います。
わたしの中では、ふりかけというと丸美屋ののりたまと永谷園のこのおとなのふりかけ・わさびが双璧と
言えるのかもしれないです!
意外と鼻にツーンとくる事もあり、それがまた結果的に食欲をそそっていたと思います。
ピリッとしたわさびに風味豊かな鰹節を加え、味に奥行きを出した完成度の高いふりかけと言えると思います。

②やま磯 さるかに合戦

本業が海苔加工メーカーだからこそできる、風味豊かな味付海苔を贅沢に使った海苔ふりかけシリーズだと
思います!
味付のりと香ばしいごまの絡みがとにかく絶妙だと思います。
これは文句なしに美味しいし、老若男女関係なく誰からも愛される一品だと思います。

③丸美屋 すきやき

昔は特別な料理だった「すき焼き」の風味を見事に再現した贅沢な味わいと言えると思います。
食欲をそそるサクサクとした食感が素晴らしいです!
このすきやきふりかけをご飯に掛けた直後はサクサク感を楽しめると思いますし、その味が意外にも
駄菓子に近いような感覚すらあります。
すき焼き味のスナックを再現したような味に誓いとも言えるのですけど、このふりかけをご飯の内部にまでかき混ぜて
食べると劇的にもちもち感が増し、美味しさが更に倍増するような感覚もあったりします。

最近ではスーパー等に行くと多くのメーカーから多種類のふりかけが出ていますよね!

是非皆様自身の食感で「マイベストふりかけ」を決めてみるのも楽しい遊びなのかもしれないですね!

そうそう・・私の場合、ふりかけのパッケージで一番大好きなのは、言うまでもなく「プリキュアふりかけ」ですっ!! (笑・・)









さてさて・・先日なのですけど、丸美屋さんからまたまた期間限定のとっても素敵な商品が
発売されていました!

「のりたま&バラエティー」の限定品として、のりたまを中心に一味違った今だけしか味わえないふりかけを詰め合わせたと
メーカーのHPでは紹介されていますけど、
のりたま・ペパたま・鮭バター醤油・肉みそ・チーズ明太という
名前を聞いただけでなんかよだれが出そうなとってもおいしいふりかけの組合せだと思います!

1.人気の<のりたま>、

2.黒胡椒を効かせたハムエッグ味の<ペパたま>

3.鮭とバター醤油の奥深い味わいの<鮭バター醤油>

4.肉の旨味とコク深い味噌の風味が楽しめる<肉みそ>

5.チーズのコクと明太子風味が広がる<チーズ明太>

以上の5種類ですけど、実際に5種類全て食べてみた私の感想は、ぺパたま・チーズ明太が特に
めちゃくちゃ美味しいと思いました!
こうなってしまうとあの定番の「のりたま」すら「平凡すぎる・・」と感じてしまうから、やはりこの商品は「今だけ」とも
言えると思いますし、何となくですけど「ふりかけのオールスター」みたいな感じもしますね! (笑)




繧上&縺ウ_convert_20170810201613




最後に・・・

上記でも登場しましたけど「永谷園 おとなのふりかけ わさび」は本当にとっても美味しいと思いますし、
あのツーンとくる感じは美味しいし食欲も増進すると思います。

以前ですけど、やはり永谷園の「わさび茶漬け」を切らした際に、
「この永谷園 おとなのふりかけ わさびでもってわさび茶漬けとして代用できるのかなぁ・・」みたいな事を思い立ち
実践してみました。

結果は、熱いお茶をかけても冷たいお茶を掛けてもどちらも美味しくお茶漬けとして頂く事が出来ました。

ふりかけをお茶漬けとして代用する場合、ふりかけり方が何となくですけど味が薄いようにも感じられますので、
量はたっぷりあった方がいいとも思えますし、冷たいお茶に氷を少し入れて
キンキンに冷やしたわさびふりかけのお茶漬けも悪くはない味だと思います。

ちなみにですけど、他の味のふりかけをお茶漬けとして代用できるか、他の商品でも試したことも
あるのですけど、上記の通り、ふりかけとお茶付けはふりかけの方が味がうすめでマイルドら作られているようにも
感じられますので、一般的にはあまりお勧めできないです。
お茶漬けにするとパンチに欠けてしまう傾向があると思うのですけど、その例外がわさびふりかけと
鮭ふりかけだとも言えると思います。
特に「鮭ふりかけ」の場合は、まさに「鮭茶漬け」になってしまいますので、その意味でも全く違和感ないと思います!

 | BLOG TOP |