FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


夏の高校野球といえば言うまでも無く甲子園!

今年も素敵な熱戦とか筋書きのないドラマが色々とありましたね!

さてさて、皆様の中には「テレビ」に1分程度以上出演をされた方はいらっしゃいますか・・?
というか意外と多いんじゃないのかな・・?
結構最近のテレビ番組は素人参加の番組も増えているみたいですからね・・
中には、クイズ番組への出演とかトーク番組への出演とかをされたいた方も意外と多いんじゃないのかな・・?

ちなみにですけど、私がこれまでの生涯の中で、テレビにちらっとでも映ったのは実は2回ほどあったりもします・・(笑)
ま、そのうちの一回は、1999年6月に当時勤務していた金融機関が破綻認定を受け実質的に倒産をした日に、
たまたま本店に稟議関連の書類を提出にやってきた際に、本店から出る際に
本店前にズラリと並んでいたテレビカメラや新聞記者たちなどから
「金融再生委員会から破たん認定を受けた件に関して行員として一言お願いします!」とコメントを求められた際に
逃げるようにして報道陣から立ち去った私の後姿が一部のテレビのニュースで流れていた際はびっくりしたものでした!
というか・・本店からの指示で
「マスコミから何聞かれても無言を貫け!」という事でしたので、ああした逃げるような感じの後姿になってしまいましたけど、
本音としては、
「バーーカ! ざまーみろ!! こうやって顧客と行員をないがしろにするからこんな事態になったんだ!!」と叫びたい気持ちは
多少はあったと思います・・(汗・・!)

上記の事はほんの一瞬でしたけど、私自身テレビに1分程度出た事は実は一度だけあったりもします・・(滝汗・・!)

それが何かと言うと、冒頭の話ではないですけど、夏の甲子園の県大会予選において、
リアルで生中継されていたローカルのNHKの高校野球中継にて、レポーターから
「応援する吹奏楽部」のインタビューを受けた事が実はありました。
だけどあれはびっくりしましたね・・・
だっていきなりローカル局の局アナというのか女性レポーターが試合の最中というか、回と回のはざまの
隙間時間帯にいきなりやってきて
「吹奏楽部の代表者はどなたですか・・?」といきなり言って来て、当時は一応は吹奏楽部のポンコツ部長をしていた私が
呼ばれて、何の打合せも事前準備をしていないまま、
いきなりインタビューが始まってしまい、それがNHKのローカル局ではありましたけど、生中継されていましたからね・・・
何を聞かれたなんか内容とかは全然記憶にないのですけど、後から母親とか当時付き合っていた彼女から
「あんた、なんでいきなりテレビでインタビューされるの!? 何聞かれても、バカの一つ覚えみたいに
勝ちます! 今は負けているけどこの後必ず逆転します! とハイテンション状態で喋っていて、なんだか薄気味悪かった・・」とか
何とか言っていましたので(汗・・)
たぶんそんな感じだったのでしょうね・・
だっていきなりテレビの生中継でインタビューされても、なんか頭が真っ白になってしまいますよね・・(汗・・!)

それとですねぇ・・・

そのテレビのインタビューの際に、それをご覧になっていた方は
「なんだ・・この学校の吹奏楽部の部長という人の恰好はヘンじゃん!」と思われた方も相当多かったのかも・・・?

というのも、今現在はどうか分かりませんけど、私が在籍中の頃の吹奏楽部の野球等の応援の際は、
全部員が全員「白衣」を着用する奇妙な伝統が受け継がれていて、
うちの高校は私服校で、応援の際の生徒はほとんどがラフな恰好でしたけど、吹奏楽部は全員「白衣」を着せられていました。
当時の吹奏楽部には、応援の際だけは「白衣同盟」という形を取り、この白衣同盟はやはり外部的にも
相当奇異に映ったらしく、私が在籍している間も何回か新聞記事やテレビでも紹介されていたようです。
それではどうして「白衣」を纏っていたのかと言うと、特に理由はなく、単に白衣を着れば目立ちそうだから・・・というのが
その理由との事でした。
確か私が受けたインタビューでもそんな事も聴かれていたような記憶があります。

だけど・・・

部長職にいる人だけは、更にとんでもない白衣が用意されていて、
これは吹奏楽部の創部以来多分ですけど何十年間も一度も洗濯をした事が無いというとてつもなく薄汚れ、
白衣というよりはボロボロの灰色っぽい感じになっていただけでなく、その白衣には、過去にそれを着ていた
歴代部長たちのメッセージがいろいろ書き込まれていて、
例えば・・・必勝! とか目指せ甲子園! 吹奏楽も目指せ普門館!というのは理解できるにしても、
「松田聖子命!」とか「薬師丸博子のセーラー服は永遠なれ!」とか
「柏原芳恵の水着姿は美神!」とか
さらにはこれはとてつもなく古い時代の落書きなんでしょうけど「学園闘争断固勝利!」とか「安保反対!」みたいな事も
白衣の上にびっちりと書かれていて、
そんな薄汚れて訳のわからんメッセージにまみれた白衣を着てインタビューを受ければ、そりゃたしかに見ている人達に
「なんだこいつは・・!?」と思われていたのでしょうね・・・(滝汗・・・!)

うちの高校は開校以来春も夏も甲子園は一度も出た事がないのですけど、もしも奇跡的になんかの間違いで
甲子園に出場が決まれば、そりゃーー、OBの一人として甲子園に応援に行きたいです!
そして吹奏楽部員の恰好は、そりゃ言うまでも無く全員「白衣」なのかな・・・??

さてさて・・歴代プリキュアたちの中にもそうしたテレビに出てしまった皆様も何人かいたようですね!

そしてハピネスの際には、なんと・・! 敵幹部すらも平然とテレビに出てインタビューを受けていましたし、
雑魚キャラのチョイアークもその背後でピースサインなんかしていましたよね・・・(苦笑・・)









bc8a23b3_convert_20170813180635.png



c8565d86_convert_20170813180707.png




スイートプリキュアの第5話しにおいては、テレビレポーターという形で、生放送ではないのですけど、
響と奏がレポーターを務めていた事もありましたね。
でも生放送で無くて本当に良かったですよねぇ・・・(笑)
もしもあれが生放送でしたら、番組中にガチな状態でのひびかなの喧嘩が勃発し、響と奏のバカップルとしての
犬も食わない夫婦喧嘩(?)が全国中継される所でもありました・・
そして生中継でしたら、エレンの妙な衣装とかネガトーンという怪物の乱入がガチでテレビ放映される可能性も
ありましたよね・・・

響は実にいつもの響らしいというのか何も考えないノリと勢いだけのレポーターを響のキャラとして見事に
出していたと思いますし、奏はまたまた奏らしいというのか、
響の前では怒ったようなヘン顔をお披露目しつつも、テレビカメラの前では
いつものように優しいお姉さんのような笑顔を振りまいていたのは、やはり物事の分別をきちんとわきまえている奏らしい話
でもあったと思います。





394d1b2f_convert_20170813180520.png



8da01888_convert_20170813180448.png




ハピネスチャージプリキュアの世界においては、なんと・・・!

世界を征服しつつあった幻影帝国の幹部・オレスキー将軍がなんと・・・!

増子美代というマスコミによって普通にテレビインタビューを受けていましたね! (笑・・)

「はじめまして! あの・・お名前は?」
「オレスキー将軍だ!」
「ファンレターは幻影帝国に送るといい!」
「ファンクラブの年会費は800円だっ!」

と言うか・・侵略者とその被害者が普通に会話すんなぁ~という感じでもありますね・・(苦笑・・)

そして増子美代の後ろでは、ハピネスの雑魚キャラのチョイアークがピースサインをしていたのは
なんともお茶目な話でもありました・・・

プリキュアの世界では、確かフレッシュで初めてプリキュア達の闘いの様子がテレビ中継されていて、
ハピネスの世界では、ほぼ日常茶飯事のようにプリキュア達の戦いの様子がテレビで放映されていたのは
それもプリキュアの世界の一つの進化なかもしれないですね。
(初代~プリキュア5までの間は、敵とプリキュアたちとの戦い自体が世間一般にはNG扱いと言うのか、ほぼ誰からも
認識されていなかったというのは、今にして思うと凄い話なのかも・・?)





5f153d4b_convert_20170813180411.png




そっか・・・この話の頃はまだキュアハニーが登場する以前の話ですし、当時はプリンセスとフォーチュンが確執真っ只中の頃
でしたので、
ラブリーに対してフォーチュンが
「あなたに一つ忠告しておく・・決してキュアプリンセスを信じてはいけない・・!」と意味深な事を言って去っていったのは
当時はとてつもなく興味津々な感じでした!

ちなみにですけど、このすぐ後の記事ではこのキュアフォーチュングッズの事を触れながらも
フォーチュンについて改めて少しばかり語っておりますので、
興味がある方は是非読んで頂ければ幸いです!
スポンサーサイト



今作の「キラキラ☆プリキュアアラモード」にはキュアゆかりん・・じゃないキュアマカロン=ゆかりという
素晴らしい紫系のプリキュアが登場していますけど、
第8代目プリキュアのドキドキにてまこぴーが登場するまでは、紫系プリキュアはミルキィローズとムーンライトのみでした。
今作のゆかりを加えると、紫系プリキュアは、
ミルキィローズ・ムーンライト・ソード・フォーチュン・マジカル・マカロンと6人まで増えました!

紫系プリキュアも随分と一大勢力になったような気もしますけど、この6名の紫系プリキュアの中で、私が群を抜いて
大好きなプリキュアは、いおな=キュアフォーチュンです!
もしもですけど、歴代プリキュアにおいて「ピンク・青・黄・紫の四つの色」からの選抜チームを結成した場合、

ピンク→ラブリー

青→ダイヤモンド

黄→ハニー

紫→フォーチュン

という事でこれだけでメンバーの3/4がハピネスチャージ出身という事になるのですけど、
もしもですが、青系をポンコツ系にチェンジした場合、そこに入るのはいうまでもなくひめ=キュアプリンセスですので、
あらあら不思議!
選抜チームといってもそこに結成されるチームは「ハピネスチャージプリキュアチーム」となってしまいましたぁ・・! (笑)

全く・・このブログの管理人のハピネスチャージ好きは相当なものがあると言えそうですね・・(汗・・!)

さてさて・・この氷川いおな=キュアフォーチュンなのですけど、初期の頃はかなり頭が固くて生真面目で孤高で
ひめとの確執もありましたし、正直視聴者からの評判もあんまり高くはなかったのかもしれないですよね。
(私は第一話冒頭の「私はあなたを許さない、絶対によ!」というフォーチュンの言葉だけで既にフォーチュンに
一目惚れっ!という感じでした!)

「そもそも論」なのですけど、
「プリキュア」はなぜプリキュアとして戦う事が出来るのかその正統的根拠とは何なのでしょ?
その「戦いう資格」とは何かと言うと、
これは「ハピネスチャージ」に限らず初代から現役のキラキラまで歴代プリキュアが12年かけて提示した通り
「身近な人を中心に大好きな人たち、大好きな自分達の街を守るため」という
いわば「愛」が一つの動機となり、これがプリキュアを正当付ける「戦う資格」になっているのだと思われます。
「ハピネスチャージ」のめぐみとゆうゆうもそうした事情からプリキュアになりました。
(ま、めぐみの場合、ひめがテキトーに投げつけた愛の結晶がたまたま頭上に当たったという事が
直接の動機ですけど・・・笑・・)

だけど、「キュアフォーチュン」はそうした「愛からの動機」とは正反対の理由で
プリキュアとなった極めて珍しい事例だと思います。
フォーチュンというか、氷川いおなの場合、別に好きでプリキュアになったという訳でもなく、
特に「愛」を動機としてプリキュアとして覚醒した訳ではありません。
元々は姉であるまりあさんの変身アイテムを姉がファントムによって倒された時に思いがけずに受け継いでしまったという事で、
「倒された姉の仇を討つ」という愛とは対極にある「憎悪」を動機としてプリキュアに覚醒した珍しい存在だと思います。
確かに、いおなには同情すべき余地はたくさんあると思います。
小さい頃から慕っていて「尊敬」のまなざしをもって見つめていた「姉」のまりあが倒され、その仇を討ちたいと願うのは、
人間として普通の感情と思われます。
歴代プリキュアを貫くものは「人に対する無限大の愛」・・・
勿論、人間の感情としていおな自身は元々は優しい人間ですので「愛」という感情は有していたと思われますが、
愛と正反対の「憎悪」から生まれ、その憎悪を起因とする「復讐」をプリキュアとして「戦う動機」に利用するのは
さすがに判断が分かれる感じがします・・・
本来「愛の戦士」たるプリキュアが「一個人の復讐」を目的とすることは果たしてそれはプリキュアとして
「戦う資格」が本当にあるのか・・・
そうした非常に難しい問題を抱えていたのがハピネスの初期から中盤にかけてのテーマだったと思えます。

ですけどいおな自身も初期の頃からは随分と変わったと思えます。
そこにあるのは、いおなの初期の頃の「孤高さ」からの脱却と「仲間を得た」という「成長」なのだと思います。

それを素敵に提示していたのは、まりあさんがハピネスのメンバーに加わらなかった点なのだと思います。
いおなには、初期の頃と違って現在では、「共に心から信頼できる仲間がいる」という事を
強く印象付け、いおな自身の成長を巧みに描いているような感じもあります。
姉との別れの際も、特に涙とか未練とか見せなかったのも
以前だったら「姉一筋」ゆえに大泣きしたかもしれないのに
今ならば「姉も大事だけどそれと同じくらい自分には仲間がいる、だから安心してアメリカに旅立って・・・」と
いう風に、成長したいおな自身がそこにいたからなのだと思います。
いおなの成長とは、姉からの精神的独立というのか、姉に依存しないいおなという一人の人格の確立という事であるようにも
当時感じたものでした。








002_convert_20170811183205.jpg



ハピネスチャージプリキュアの素晴らしい点は山のようにあり、それに関しては当ブログでも
映画「人形の国のバレリーナ」を中心に何度も語らさせて頂いておりましたけど、その素晴らしい点の一つとして
プリキュアとして変身する際に「フォームチェンジ」といって戦いの最中にプリキュアとしての衣装を華麗に変容
出来る点もあると思います。

私の場合、特に大好きだったのは、ラブリーの「ロリホップヒップホップ」でしたけど、
あれはまさにポニーテールからツインテールへの素敵な変身でもありましたし、あのラブリーの見えそうで絶対に見えない
短いスカートがあまりにも素敵でした!!

フォーチュンのフォームチェンジは、あんみつこまちとパインアラビアンの2種類なのですけど、
どちらも素晴らしかったですね!
特に「あんみつこまち」はどちらかというと「洋風」というイメージが強いプリキュアのフォームとしては異例とも感じられる
「和風」の雰囲気でしたので、私はあれはとても大好きでした!
だけど、フォーチュンのフォームチェンジ自体、フォーチュンのハピネスチャージのメンバーの正式加入が
7月以降と遅く、フォーチュンの「商品化」自体が他の3人よりもずっと遅くなってしまったという経緯もあり、
とにかく、いおな=キュアフォーチュンとしての商品展開が他の3人よりもかなり少なかったのは極めてもったいない話でも
あったと思います。

上記の「蓄光アクセサリー」は、フォーチュンのアイテムの中でも、極めて珍しいと言える「あんみちこまち」仕様
でしたので、これは希少価値があるように思えます。
上記の「あんみつこまち仕様の蓄光アクセサリー」は、先日中古ホビー店で一つ108円で売られていましたので(汗・・)
これを発見した際は、問答無用で「これは買い!」モードに入っていました・・(笑)








そうそう・・2014年にハピネスが放映されていた頃の「キューティフィギュア」なんですけど、
フォーチュンのあんみつこまち以外はなんと・・! 誰もフォームチェンジ仕様の食玩フィギュアが発売されていなかったのですよね!

出来ればもラブリーのフォームチェンジ、特に「ロリホップヒップホップ」は絶対に
商品化して欲しかったですね!
あの衣装とツインテールは素晴らしいものがありますね・・・!!!!

そうした中、フォーチュンは通常フォームの他に、まさか「あんみつこまち」のフォームチェンジ版を発売してくれた事は
当時とても嬉しかったですね!




CIMG7667_convert_20140909153001.jpg



フォーチュンの「あんみつこまち」ですけど、
実はアニメ本編でも結局2回しか登場しませんでした・・(泣・・)

シリーズでも初となる「和装プリキュア」としての仕様も素敵でしたけど、
特にあのあんみちこまちの「絶対領域」の素晴らしさには惚れ惚れとしてしまいます!!
あれは本当に素晴らしいと思います!


それにしてもこの「あんみつこまち」の食玩フィギュアですけどかなり見栄えがしていると思います。
和装の雰囲気もよく出ていますし、同時にとっても可愛いと思います。
フォーチュンというとどうしても「孤高」とか「強さ」ばかりが目立っていたのですけど
こうした可愛らしさが溢れたものも中々素晴らしいですね。

 | BLOG TOP |