FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計






aozora-youmuchan!-01-hensyu-03_convert_20170806160726_convert_20170818082030.png




「言葉は魔法」と言えるのかもしれません!

たった一つの相手からの何気ない一言でとてつもなく傷ついてしまうこともあると思いますし、逆に相手からの
思いがけない一言で気持ちが楽になったり「よーし、頑張ろう!!」と思うことは結構あるのではないのかなと思ったりもします。

東方のおっかない吸血鬼のレミリア様の能力は「血を吸う程度の能力」とか「ゆかりんによって運命を弄ばれる程度の能力」
というのではなくて(汗・・)
実は「運命を操る程度の能力」という設定になっています。
そしてこの「運命を操る程度の能力」というのは、換言すると「言葉は魔法」という感じではないけど、
レミリア様の発する言葉によって言われた相手のやる気をそいだり逆に発奮させたりする感じのものなのかも
しれないですね・・
昔から、「気は持ちよう」とか占いの世界では「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉がある通り、
誰かのそうした「当人の運命を変えかせる力」というよりも
その本人自身の「自分はこのようになりたい!」とか「自分の未来は自分が切り開く!」みたいな強い意志の方が
なんとなくですけど、運命を変えられそうな気もしますよね。
そうですね・・・レミリア様の能力と言うのは、
別に誰かの運命を劇的に変更させるとか、貧乏人が突如金持ちになったりとか
やらかしてしまった「過去の自分の失敗」を無かった事にするとかそういうもんじゃなくて
例えば・・・・
レミリア様の「あなたならきっと出来る!」みたいな悪魔の無茶振りみたいな「ささやき」で
本人をその気にさせてしまう程度の能力なのかもしれないですよね。
その代表例がもしかして・・・? 紅魔館の完璧なメイド長にして現役の人間でもある十六夜咲夜さんなのかも
しれないですね。

レミリア様の周りにいるだけで数奇な運命を辿ったような気がする・・・とか
レミリア様に一声掛けられただけで、何か生活に変化が起きたような気がするとか
そうですね・・・野球で例えてみると、
長嶋監督とか王監督・星野監督・野村監督などのようなカリスマ監督みたいな御方に声を掛けられ
「おー、お前、今後期待しているぞ!」みたいに何か一声掛けられただけでその声を掛けられた選手が
発奮してなにか結果を残すみたいな事って結構よくある話なのかなとは思うのですけど、
それと同じような事が、一応は、紅魔館の「カリスマ」とも言われているレミリア様の周辺でも
起っているというのが、なんか・・・結果的に「運命を操る程度の能力」という事じゃないのかな・・・??

紅魔館の中では、レミリア様以外でも例えば咲夜の「時間を止めちゃう能力」とかフランちゃんの
「あらゆるものを破壊しちゃう能力」とか、正直・・・レミリア様をはるか超越しちゃいそうな御方は色々といるのですけど、
結局はみんなレミリア様に従ってしまう・・・
レミリア様の「能力」というのは、そうした館内の様々なメンバーの個性を見極め、その個性をいかに高く発揮させるように
レミリア様なりに配慮し気を遣い、
たまーにそうした「励まし」とか「お褒め」みたいな魔法の言葉を使う事で
相手をその気にさせてしまうみたいな事なのかもしれないですし、
色々と多彩な才能を持つメンバーの力を最大限活用しながら、何か新しい「企画」を考えていくという役割を担っている
と言えるのかもしれないですよね。

ま、どっちにしても・・・ 「運命を操る程度の能力」とは良く言ったものですね・・・・(笑)

あれれ・・・? なんで今私はこんな唐突にレミリア様の話を長々としているのでしょうか・・??
もしかしてこれもレミリア様の運命操作能力に私自身も操られたのかもしれないですね・・(汗・・!)

なんか冒頭からいきなりグタグタと例によって長文&駄文を展開しちゃいましたけど、要は「言葉は魔法である」という事を
言いたかったのだと思います。
そして、それと同様に「絵」というのも「魔法」のようなものなのかもしれないですね!

たった一枚の絵・イラストなんだけど、それを見ることによって確かに気分的なものなのかもしれないですけど
「わー、なんかこの絵を見ると元気を貰った様な気分になる!」とか
「この絵を見ると、よーし、今日も一日頑張ろう!みたいな気持になれる」という事は決して珍しい事ではないと思いますし、
人によっては可愛い女の子の「萌え絵」を見ただけで、なんか胸がきゅんっ!!となってしまって
「この娘のために今日も一日頑張ろう!」と感じる事もあるのかもしれないですよね・・(笑)
私自身の話になってしまいますけど、2013年頃まで東方の「と」の字も知らなかったのに、
アミグリさんのブログ dream fantasy に掲載されていた
東方の素敵なイラストを見ることがきっかけで私自身が東方の世界にどっぷりと浸かるという
「運命の変化」を自ら経験する事になってしまいましたし、
アミグリさんが2011年2月に描かれ、先日の当ブログの「開設5周年」を飾って頂けた
あの不滅の名作オリジナルイラスト「flower」を見る度に
見ているだけで「今日はあんまりいい事なかったけど、明日は気持ちを入れ替えて頑張ろう!」と
思わず感じさせてしまう素晴らしきパワーと明るさが一枚の絵の中に漲っていると感じる素晴らしきプラスのエネルギーが
あのイラストの中には間違いなくあると感じています。

ちなみにですけど、あの「flower」を
ご覧なりたい方は是非ぜひこちらからご覧ください!! → flower

そして更に言うと、「絵」というものは、背景・色・表情の違いだけで全く別の作品のように変化しますし、
そうした意味では「絵」は一つの「素敵な魔法」と言えるのだと思いますし、
私はいつもアミグリさんの「絵」という名の「魔法」によって「生きるチカラ」を貰っているのかもしれないですね!

そうした「絵は一つの魔法」とか「背景・色違い・ちょっとした表所の違いだけで同じ素材の絵でも全く別の作品のように
感じることがある」という事を素敵に示唆されていた作品が
先月の私自身のお誕生日及び東方カテゴリ300記事到達の記念リクエスト作品として
dream fantasy の管理人のアミグリさんに
描いて頂けた「きらきら妖夢」及び今月・・2017年8月初旬にアミグリさんが描かれたその「きらきら妖夢」の加筆版の
「青空妖夢」です!!

ちなみに上記の2枚のイラストのうち、上が「きらきら妖夢」でその下が加筆版の「青空妖夢」です!

この2枚の妖夢は確かに素材は同じなのですけど、全体の色・ちょっとした表情・背景のトーンが変るだけで
別の作品のように感じられるのは、やはり「絵と言うものは一つの魔法」ということなんたなぁ・・という事を
改めて感じさせてくれる素晴らしい2枚の絵だと思います。

「きらきら妖夢」は、全体的に大変しっとりとした落ち着いたトーンで幻想的で大変美しい妖夢がそこには
いるのだと思います。
そうですねぇ・・何となくですけど「秋から冬にかけての妖夢」という印象もあったりします。
アミグリさんがこれまで描かれてきた妖夢以上に「少し大人っぽい雰囲気の妖夢」のように感じられます。
後ろ向きから少し捻ったポーズから振り向かさせているという構図的に大変難しいものがある中で、
妖夢の後ろ姿の美しさをあえて強調する事で妖夢の新しい魅力と少し大人っぽい雰囲気を素敵に伝えているのだと
感じられます。

そして「青空妖夢」の方ですけど、こちらはアミグリさんご自身のコメントが全てを物語っていると思います。

「加筆版というか、前に投稿した妖夢の表情と背景を変えたイラストです。
前の妖夢は、暗めの背景だったので、「夜」という雰囲気でしたが、
この妖夢は、青空なので、「朝~昼」というイメージで描きました。
背景の青空に合わせて妖夢の表情も少し明るくしてみました!」

なるほど・・! 私のイメージでは冬の妖夢・真夏の妖夢という捉え方でしたけど、
作者のアミグリさんの「夜の妖夢・朝から昼にかけての妖夢」という方が一段とイメージがしやすいと言えるのかも
しれないですね!

どちらにしても表情と背景の違いだけで随分と全体のイメージが変幻するという事を見事に立証されていると思いますし、
私はどちらの妖夢も大好きです!
きらきら妖夢のファンタジー感も捨てがたいですし「青空妖夢」の爽やかな雰囲気もとても素晴らしいと思います!
「青空妖夢」のこの妖夢の笑顔が本当に堪らないですね!!
これは「みょんさん好き」の方にとっては自室に額縁で飾っておきたい素敵な絵になるのは間違いないと思います!!

アミグリさんは以前も霊夢やフランちゃん等・魔理沙等で背景・表情と色違い版を
描かれていましたけど、その時と同様にこの妖夢も
「元絵とは違うイメージ」というものを素敵に演出されていると思います。
やはりちょっとした表情の違いとか背景や色のトーンの違いだけで
ここまで違いを演出できるのは「さすがアミグリさんっ!」という感じですね!

さてさて・・ここから下は、そうしたアミグリさんが過去に描かれた「同一キャラで素材はほぼ同じなんだけど
上記の妖夢と同様に背景・色・ちょっとした表情で全体の雰囲気が素敵に変幻する」という事例を
ご紹介させて頂きたいと思います。
今回はそうした事例のテキストとして、霊夢と鍵山雛に登場して頂きたいと思います。





20syu-nen-reimu-01_convert_20151121172610.png


ao-reimu-2016-0_convert_20160809165817.png




上記の霊夢は、アミグリさんが過去に描かれた霊夢の中で、ポーズ等はほぼ同じなのですけど、「色」を赤と青で変化させ、
アミグリさんご自身が「赤霊夢・青霊夢」と評されてる霊夢の赤と青による「色の違い」の作品です!

まず上記の「赤霊夢・青霊夢」なのですけど、赤霊夢は2015年11月に描かれ、青霊夢の方は2016年8月に描かれたものです。

赤霊夢はいかにも「異変解決」の頑張る巫女さんという感じですけど 「青霊夢」は、夏らしいというのか、
少しクールさを感じさせる「涼しい霊夢」だと思いますし、 赤霊夢とは全く別の作品なのでは・・・?と
感じさせてくれていると思います。
表情が微妙に異なっているのも素敵ですね。
青霊夢は確かに涼しい感じなのですけど、より笑顔が強調されていて、赤霊夢よりも少し「楽しさ」が滲み出ているようにも
感じられます。

冒頭の妖夢様もそうでしたけど、やはり「色の違い」は大きいと言えるのだと思いますね。

続きまして下記の「鍵山雛」でやはりそうした背景・色・表情の素敵な違いをお楽しみ頂きたいと思います!





blog-hinachan.jpg





続きまして東方では「フリル地獄」とも呼ばれる東方絵師泣かせのキャラの一人、鍵山雛です!

それにしても雛のフリルはとてつもなく難解ですよね!
何となくですけど雛を一人描いている間に、東方では比較的デザインがシンプルとも思われるレミリア様あたりなら
4~5回程度は描けちゃいそうな感じもありそうですね・・(笑)

上記の雛はアミグリさんが2014年3月3日の「3月3日はひな祭りの雛の日!」というイベント日に描かれた作品です。

アミグリさんが描かれたこの雛は「フリル地獄」をきちんと丁寧に描かれた上で、
(雛のあのフリルは絵師様にとってはまさに「厄」そのものですよね・・)
雛の「表情」に「少女の多感さ」を暗示するような恥じらい・照れ・戸惑いといった「感情」をより強く全面に
出されたような感じもあり、その点が雛の「心の内面」にも踏み込んでいるような印象を与えてくれているような
印象もあったりします。

そしてこの雛を描かれた2014年冬頃というのは、アミグリさんの「淡い色彩の幻想的な作風」の時代を
そろそろ抜け出して新しい境地を模索していた時期とも重なるのかなぁ・・とも推察されるのですけど、
どちらかというと上記の雛をご覧頂ければわかる通り、まだ「淡い雰囲気」という作風が色濃く反映されていた時期だとも
言えると思います。

さてさて・・・ここから下は、この淡い作風の雛が年月を経てどのように変容していったのかをご覧頂きたいと思います。




go-zyashina-_convert_20161203173125.png





おっと・・その前に少しだけこの鍵山雛について説明をさせて頂きますと、
この鍵山雛は、「厄神様」であって決して神様ではないです。しかもどちらかというと妖怪に近い立ち位置と
言えるのかもしれません。
雛は厄難が人間に降りかからないように常に人間たちに配慮をし、
雛自身は「私は人間の味方」と認識していて、「東方神風録」においては、霊夢に対してやはりそのような発言をしていて、
霊夢のように警告に耳を傾けない人間に対しては「この妖怪の山に立ち入ってはいけない」と示威行動を
取ったりもしています。
ちなみにその際の霊夢は、やっぱり霊夢らしい反応で
「私は妖怪退治が生業、あんたは妖怪、だから私はあんたを退治する」みたいな事を言っているのは、
やっぱり霊夢らしい話ですよね・・(笑)
そして雛は、自分の周りに厄を集めて、同時に人間に厄が戻らないようにもしていて、
厄払いで払われた厄や、流し雛の風習で流された雛人形を川下で回収し、厄を集めて、その集めた厄を
自分の力として使用しているというのが公式での設定となっています。
そして流されてきた雛人形を回収してばかりなので、雛の身の回りは雛人形で溢れかえっているそうで、
やむなく、幻想郷の人里にて無人雛人形販売所を設置して、一種の雛人形リサイクルをしているというのは
なんだか微笑ましいものがあったりもしますね。

さてさて・・・アミグリさんは2014年3月に淡い色彩の内省的な雛を描かれたのですけど、その約2年後の2016年12月に
再度この雛を2014年3月と大体同じ素材から描かれているのですけど、その2年間の間に
果たしてどのような「進化」があったのでしようか・・?

それを見事に示唆されていたのが上記の2016年12月に描かれた雛なのです!

上記の雛は、昨年12月にアミグリさんが2014年3月に描かれた雛をデジタルで塗り直されたものですけど、
率直に感想を述べさせて頂くと、
2014年3月の雛と2016年12月の雛は「素材」は同じでありながら、全然別作品のように感じられます。
クーピーによる色塗りとデジタルによる違いはやはり大きいのかな・・?とも思うのですけど、
否! それ以上に「色の濃淡によるメリハリの違い」は大変大きなものがあると思いますし、
色彩の濃淡による両者の違いがはっきりと浮かび上がっているように感じたものでした。

同じ素材でも、色や色の濃淡の違いだけでこんなにも「印象の変化」が如実に表れるものなのですね!

うーーむ、やはり絵というか「色」というものは「魔法」なのかもしれないですね!
使い方一つだけでこんなにも雰囲気が劇的に変る事ってあるものなのですね!

そしてそれを見事に私達に提示してくれたアミグリさんの絵師様としての感性の素晴らしさに脱帽するしかないですね・・!

とにかく見事です! 鮮やかです!

だけど・・・・

これで終わりじゃないんですよねぇ・・・! 実はもう一つここから先に素敵なドラマがあるのです!!






xmas-hinachan-desu_convert_20161217185126.png



そしてそして・・・更に更にアミグリさんはその昨年12月の雛に「変化と工夫」を施され、
上記のこのイラストを掲載されていた頃は「クリスマスが間近」という事もあったのですけど、
なんと・・・!
「クリスマス仕様の雛」を完成されて、
アミグリさんの「鍵山雛」の進化が一つの集大成を図る事が出来たんじゃないのかな・・とも当時感じたものでした。
この時のアミグリさんの解説は
「背景を暗くして、雪の結晶をとばして冬っぽさを演出し、雛ちゃんの表情も変えました。
雛ちゃんの頭のリボンもクリスマスカラーにしました。
紅い手袋を追加して少し暖かそうになったかなと思います。」という事でしたけど、
まさにそうしたちょっとした変化でここまで見事に変化を感じさせられる事が出来るのは中々出来ない事であり、
本当にお見事だと思います。
これは上記の作品の一つ上の雛の加筆修正ではなくて 素晴らしき「別作品」と言えると思います。

そしてこれは冒頭の「きらきら妖夢」と「青空妖夢」にも全く同じ事か゜言えるのだと思います。

大体同じような素材を用いながらも、色・色彩の濃淡・背景・ちょっとした表情の変化で、
同じような作品が全く別の作品のように感じさせてくれる事は、まさに「素敵な魔法」なのだと思いますし、
やはり絵というものは、言葉同様に「魔法」と言えるのだと思いますね!

それを強く感じさせてくれるアミグリさんが描かれた妖夢・霊夢・そして雛に「乾杯!」という感じですね!!

とにかく素晴らしいです!!

まさに「アミグリさんの進化は止まらないっ!」という事だと思いますし、それは現在進行形なのだと
私は確信しております!

アミグリさんは2008年のブログ開設時から今日に至るまで
ゆったりとした・・だけど同時に着実な進化を遂げられているのだと 思いますし、
その進化の波は今も現在進行形なのだと 思います!

上記の妖夢・霊夢・雛はアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますし、
また上記のイラストの権利は全てアミグリさんに帰するものですので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

皆様の中で「こんな素敵な妖夢を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・?
こんな可愛い霊夢や雛を素敵に描けちゃう人のブログってどんな絵が掲載されているのだろう・・?
他にどんな作品を描いているのかな・・・?」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

どうぞ宜しくお願いいたします!

最後に・・ 先日おかげさまで当ブログは無事に「開設5周年」を迎えることが出来ました。
これも普段からご閲覧して頂ける皆様からの温かいご支援によるものと確信しております。
本当にいつもありがとうございます!

実は当ブログは、その5周年の以前にアミグリさんにまたまた無理をお願いしちゃいまして(汗・・!)
当ブログの「開設5周年お祝い記念イラスト」を描いて頂けました!
ちなみに描いて頂けたキャラは、当ブログであらかじめ指定をさせて頂いておりました十六夜咲夜さんです!

そしてこの咲夜さんがまたまためちゃくちゃ素晴らしい名作なのです!

この咲夜さんの素晴らしいイラストは、アミグリさんから転載のご了解を頂く事ができれば、近日中に
当ブログでも転載&ご紹介をさせて頂きたいと思っています。

どうかこの咲夜さんの転載も楽しみにして頂けるととても幸いです!!
スポンサーサイト



18.東海大学第四高校


A/交響詩「ローマの祭り」~Ⅰ.チルチェンセス Ⅳ.主顕祭 (O.レスピーギ)


この年の東海大学第四高校(現、東海大学札幌高校)の演奏は、高校の部の中でも群を抜く素晴らしい演奏
だったと思います。
私個人の感想としては、この年の高校の部のグランプリは常総学院でほぼ確定・・
それに次ぐのが、東海大学第四・高岡商業・洛南なのだと思います。
この年の東海大学第四高校の自由曲は、高岡商業と同じレスピーギを取り上げていますが、
東海大四の方は、「この曲をとことん盛り上げたい!!」・「豪快に鳴らしたい!!」という気持ちをストレートに音にした
実に高校生らしい伸び伸びとした演奏だと感じたものです。
この点、同じレスピーギを自由曲に選んだ高岡商業が、知的さ・洗練さ・指揮者の完璧な制御に象徴されるように
ある意味計算され尽くされた人工的な香りの演奏をしていたのに対して、
東海大学第四高校は、本能の赴くままに豪快に鳴らし、「自分たちの吹きたいように吹けた!」みたいに
音楽が自由自在でやりたい放題という印象が大変強く、
結果的にこの両校はこの年の金賞に輝いたものの、目指していた方向性には随分と違いがあったんじゃないのかな・・?
みたいに感じたりもしたものでした。ある意味対照的な演奏とも言えると思います。

だけど、東海大学第四のこの路線は結果的に成功していると思います。
聴いていて実に心地良いというか、鳴っているのに逆に「もっと吹け!! もっと鳴らせ!!」と突っ込みを入れたくなるような
演奏だったと思います。
演奏が実に生き生きとドライブしていて、躍動感と圧倒的な存在感はお見事の一言に尽きると思います。
冒頭のチルチェンセスの爆演からとにかく鳴らしっぷりが半端ないですし、主顕祭に入ってからも
その豪快な鳴らし振りは「壮絶!」の一言に尽きると思います。
だけど単なる「音の暴力」というのではなくて、パートバランスがきっちりと図られているとか
全体合奏の中で「超えてはいけない一定の音量の限界ライン」を絶対に超えないとか、
音色が大変澄み切って明るく透明感があり、サウンドに微塵も濁りがないため、どこまでいっても音楽が
清純という印象を与えているという点は大変申し分なかったと思います。
クラリネット・トロンボーン・トランペットなど随所のソロパートも、ソロになっても貧弱になる事は全くありませんでしたし、
何よりも演奏の隅から隅まで「自分たちはこのように吹きたい!」という奏者の自発性と積極性が
普門館の客席の隅から隅まで十分すぎるほど見事に伝えていたのは、本当に素晴らしいと感じたものでした。

なんていうのかな・・?

奏者がお人形さん状態とか、いかにも指揮者が「このように吹きなさい」と言われたから指示通りに無機質に吹くという感じは
皆無であったというのがこの音楽的積極性の一因と言えるのかもしれなかったです。
課題曲Aのネレイデスが大変しっとりと抒情的に静かに響かせていたのも、自由曲「ローマの祭り」という派手な曲との
対比性という意味で見事なバランス感覚と音楽的対照性の素晴らしさを提示していたのも
大きなプラス要因だったのではないかと思います。
だけど面白いもので、この演奏から4年後の1996年にやはり同じくレスピーギの交響詩「ローマの松」の演奏を
普門館で聴いた際の私の印象は、92年とは全然異なるもので
「奏者の自発性があんまり伝わってこない・・」とか
「指揮者の井田先生の意向と解釈が奏者の存在感を少し弱めているような印象」とか
「鳴っているけど音楽が単調すぎるのかも・・?」と感じたのは、私の耳が変化したというのではなくて、
それがむしろ「スクールバンドの毎年の出場メンバーの変化」という事が大きいのだと思いますし、
前年度に積極果敢な演奏をしたチームが翌年は別人チームのように無味乾燥で消極的な演奏になってしまう事も
決して珍しくないという日本のスクールバンドの特徴を示唆したような話なのだとも感じたものでした。

この年、1992年において、東海大学第四高校と埼玉の埼玉栄高校のジョイントコンサートが開催されていて、
その合同演奏で演奏された曲の一つが「ローマの祭り」であった訳でして、
東海大学第四も埼玉栄も吹奏楽コンクールの自由曲として「ローマの祭り」を選んでいたのですけど、
東海大学第四は無事に全国大会出場を果たしていたのに対して、埼玉栄はまさかまさかの関東大会ダメ金というのは
極めて意外な展開でもありました。
この年の関東大会・高校の部は私自身も聴いていたのですけど、私個人の感想としては、
「関東支部における全国大会代表4チームは、常総学院・埼玉栄・習志野・東海大学相模で決まりじゃん!
今年は、市立柏・野庭は間違いなく関東大会ダメ金で敗退じゃん・・」と感じていたのですけど、
あの年、まさか埼玉栄がダメ金で全国大会に進めなかったのは極めて意外でした!
東海大学第四とのあの素敵なジョイントコンサートとか関東大会のあの素晴らしき名演を聴いた限りでは、
まさか埼玉栄がダメ金で全国に進めないとは全く微塵も予想していなかっただけに、改めて
「コンクールの一発勝負の怖さ」と「コンクールとは審査員の偏見と好みに左右されることもある」という事を
改めて実感させられたものでした・・・
あの年の関東大会を聴いた限りでは、野庭と市立柏がまさか全国大会代表になるとは夢にも思わなかったですし、
全国大会での柏と野庭の演奏を再度聴いても、残念ながら私自身の印象は全く同じでした・・(汗・・!)

埼玉栄の「ローマの祭り」は是非普門館の聴衆の皆様に聴いて欲しかった素晴らしい演奏だっただけに
惜しまれるものがありました。
だけど埼玉栄は、1997年に再度自由曲に「ローマの祭り」を自由曲に選び、この年は全国大会でも素晴らしい名演を
聴かせてくれ雪辱を果たしてくれたのは大変素晴らしかったと思います!!

 | BLOG TOP |