プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


500kinendayo-!!_convert_20131025092352.png



まずはじめに・・・

先日まで三回に渡って展開をさせて頂きました「アミグリさんが描かれたルーミア特集」について
皆様からその都度素敵なコメントやご感想を頂けた事に厚く御礼申し上げたいと思います。
改めてありがとうございました!

本記事は「十六夜咲夜さん語り」の記事なのですけど、今回も冒頭からいきなりではありますけど
本記事以外のキャラにご登場をお願いさせて頂きたいと思います。

今回も「アミグリさんが過去に描かれた名作イラストのプレイバック集」という事で、
「古きを訪ねて新しきを知る」という訳でもないのですけど、
「過去に描かれたあの素晴らしき名作イラストをアミグリさんのブログ dream fantasy内だけに格納させてしまうのも
勿体無いし、アミグリさんが描かれた名作イラストは、時を変え場所を変え、もっともっと多く皆様に見て欲しい!」という
気持ちは常々感じてもおりますので、アミグリさんにご迷惑が掛らない範囲で今後も
こうやって時折ですけど「アミグリさんの名作アーカイブスコーナー」も今後も展開をさせて頂きたいと思いますので
何卒宜しくお願いします!

今回の冒頭の「名作プレイバック」として登場して頂く東方キャラは、咲夜さんと同じ「紅魔館ファミリー」という事で
2013年10月に描かれたフランドール=スカーレットです!

このフランちゃんは、アミグリさんの最高傑作の一つではないのかなと私自身確信しておりますし、
その完成度の高さは特筆に値すると断言しても構わないと思います!
とにかく全てが精緻で幻想的・・・
フランちゃんは東方でも大変人気が高いキャラでありますし、フランちゃんを描かれる東方絵師様は、
それこそ山のようにたくさんいらっしゃるのですけど、アミグリさんが描かれたこのフランちゃんを超越するような
フランちゃんは多分そんなには存在しないのではないかとすら、私は日々感じております。

後述しますけど、咲夜さんの紅魔館のメイドとしての大切な仕事の一つが、地下に幽閉されている(?)このフランちゃんに対して
日々の紅茶とお菓子を届けているという事が言われていますけど、
アミグリさんが描かれたこのフランちゃんが手にしている紅茶は、やはり咲夜さんが淹れられたものと
いえるのでしょうね。
咲夜さんはよく公式漫画等では、苦い薬草を煎じたものを紅茶と称してレミリア様に飲ませるなんて荒業をやってのけて
いますけど、さすがにフランちゃんに対してそんな苦い薬草を煎じて飲ませているのがばれちゃったら、
例え咲夜さんといえども命の保証はないのかもしれないですよね・・(笑)
だって・・・フランちゃんの能力は「ありとあらゆるものを何でも破壊しちゃう程度の能力」でもあるのですから!!

少し前置きが長くなりましたので、ここから先は本記事の「咲夜さん語り」をその①としてスタートさせて頂きたいと思います。
尚、咲夜さんは大変魅力に溢れ脳内妄想し甲斐のある大変奥深いキャラでもありますので、
今回のその①はどちらかというと総論的に概要を語らさせて頂き、その②以降に細かい所なんかを
語っていければいいなぁ・・と思っています。

それにしても改めてですけど十六夜咲夜さんって常識に囚われてはいけない世界の幻想郷の世界にあっても
そのミステリアスさは群を抜いていると思います。
ミステリアスといってもゆかりんの場合は、どちらかというと「胡散臭い」部類に入るのかなぁ・・と感じるのですけど(汗・・)
咲夜さんに関しては、存在自体が不思議という感覚が大変強いです。

そうそう・・・咲夜さんは、年齢不詳の多いキャラたちばかりの幻想郷において、
10代後半を自称している数少ない人物でもあると言えると思います、
(雰囲気的には、妖夢よりは年上、霊夢・魔理沙よりは少し年上みたいな雰囲気があるような印象があります)
咲夜さんって一応は幻想郷でも数少ない人間ポジションの一人と言われてはいますけど
「果たして本当にそうなの・・?」と疑いたくなるような能力の持ち主と言えると思いますし、何よりも
紅魔館のあのわがままおぜうさまのレミリア様の日々の無茶振りとわがままにも表情一つ変えずに、
その言われた指示事項を難無くこなしてしまうあの処理能力の高さは、やはり
「本当に咲夜さんは人間なのか・・?」とその根幹的意義すら疑義に感じてしまいますし、
レミリア様の日々のあのわがままにほとんどストレスを感じず日々淡々と自分の仕事をこなしているあのタフネスさにも
「これぞブラック企業に勤める社畜の鑑!!」とある意味見習いたくもなってしまいます!
咲夜さんの能力の高さは、幻想郷の誰しもが認めている事であり、八坂神奈子・永琳様・ゆゆ様ですら
一目置いているとすら言われています。
だけどそんなとてつもない能力の高さを誇っている咲夜さんが一体どうしてあんなおっかない吸血鬼たちが闊歩している
紅魔館のメイド長としてレミリア様にお仕えする身になったのかという事については今の所
公式では明らかにされておりません。
阿求ちゃんの著作・見解として、
「一度吸血鬼ハンターとしてレミリア様に戦いを挑んだものの敗北・・・そしてレミリア様の運命操作能力によって
過去の記憶を消され、十六夜咲夜という新しい名前を与えられ、紅魔館のメイド長として日々の紅魔館の面倒な事全てを
取り仕切っている」みたいな事が述べられていましたけど、
その真偽は果たしてどうなんでしょうかね・・・?
うーーむ、私としては咲夜さんがいくら吸血鬼とはいえあんなおこちゃまのレミリア様に敗北する事なんて
あり得るのかなぁ・・と思ってもいますけど、その答えを知っているのはレミリア様ぐらいなのかもしれないですね・・・(笑)

上記で書いた通り、東方Projectにおける幻想郷内の登場人物の中には、何人かの「人間」はいたりもします。

霊夢・魔理沙・早苗さん・十六夜咲夜・阿求ちゃん・小鈴がその主な登場キャラだと思うのですけど、
これってよーーく見てみると・・・
早苗さんは、外界出身でしかも一応は「現人神」という事ですし、
阿求ちゃんは、先祖代々転生を繰り返してきた存在で、現在の阿求は初代から通算9回目の生まれ変わりという事で
そうですね・・・少なくとも「只の人間」とは言えないかもしれないし、むしろ妖怪に近いとすら言えるのかも
しれないですよね・・・(笑)
霊夢は、私の脳内妄想の中では、ゆかりんが外界から赤ん坊の霊夢をさらってきたという感じですし・・・(笑)
咲夜さんは・・・とてもじゃないけど「人間」じゃないというのか・・あれは人間としての能力をとっくに超越しているような
雰囲気すらあると思いますし、一部では、「その正体は実は月の民・・?」みたいに囁かれてもいますよね・・・
咲夜さんは誰がどう見たって普通の人間には思えないですよね・・・(笑)
こうやって見てみると、幻想郷内のメインキャラの普通の人間って小鈴ちゃんぐらいなのかもしれないですね・・

咲夜さんの能力の一つとして「時間を操る程度の能力」があり、これが「咲夜はとてもじゃないけど普通の人間ではない」
という根拠の一つにもなっているのかな・・とも思えます。
咲夜さんの能力は、「ナイフをぶんぶんぶん投げる程度の能力」とか「紅魔館を取り仕切る程度の能力」とか
「レミリア様をあやす程度の能力」とか色々ありそうな感じもあるのですけど、
やはりその最たる能力とは「時間を操る程度の能力」と言えるのだと思います。

咲夜さんの「時間を操る」とは、時間を止めて自分だけ移動したり、時間の流れを遅くして超高速で動いたり、
時間の流れを速めて存在を変化させる能力の事と換言できると思います。
具体的に分かりやすい事例で言うと、リンゴジュースを林檎酒に変える事が出来ちゃう事が可能といえる
能力なのだと思います。
ま・・そりゃそうですよね・・・
あんなにもバカ広いお屋敷の紅魔館を(一応は大量の役に立たない妖精メイドという雑用係はいますけど)
咲夜さん一人で日々の掃除・洗濯・炊事・レミリア様とフランちゃんへのお茶出し・後片付けなど
たった一人で取り仕切っている訳ですので、文字通り「時間なんていくらあっても足りない・・」という感じなのだと思います。
だけど・・
時間を止めちゃって、その止めた時間内で咲夜さんが仕事をこなせば、どうにかこうにか紅魔館の管理運営が
機能していくという事なのだと思います。
あ・・だけど、当たり前の話ですけど「時間を操る」といっても過去にミスってしまった事をなかった事にするとか
未来を探索に行き予知能力を発揮させるという事までは残念ながらいくら咲夜さんといえども出来ないそうです・・
そして咲夜さんの場合、時間と密接に関係する空間も操作することができ、
紅魔館内の空間は咲夜さんによってかなり拡張されているとも言われています。
(だけどこれはある意味自分で自分の首を絞めているだけなのかも・・? だって紅魔館が広くなる=咲夜さんの仕事が
増えるという事でもありますからね・・)

時間・空間をどの程度まで操れるのかは定かではないですけど、
スペルカード「咲夜の世界」で止めている時間は約5秒とも言われています。
うーん、だけどその5秒はちょと違うんじゃないの・・?とも思いますし、さすがに5秒だけじゃあの広い紅魔館の仕事を
こなすのにはそれほど役立たないような気もします。
咲夜さん自体、「紅魔館の家事について時を止めていないとやってられない」と過去に発言していますし、
多くの家事を一通りこなせるだけの時間を停止させているのはまず間違いないことだと推察されると思います。

余計なツッコミなのかもしれないですけど(汗・・)
時間を止めた時に素朴に疑問に感じる点として、「時を止めているならば空気も固定されているから咲夜さん自身も
動けないはずじゃん!」という事なのかもしれないですけど、それに関しては、
「光速よりも早く動ける」という事と時間停止中でも空気という空間の動きとは関係なく
咲夜さん単体でも動く事が出来るという事でカバーしているのかな・・とも思ったりもします。
時間停止中に無理やり動けば空気などの摩擦で身体の負担が大変な事になりかねないのでは・・?とも思うのですけど、
咲夜さんの能力は、時間操作系の能力の中でも、かなりの自由と器用さを得ている相当な能力の高さがあるように
感じられますね!

そうそう・・「東方茨歌仙」第35話にて、咲夜さんの「時間を操る程度の能力」については咲夜さん自身の口から
新しい解釈も飛び出ていました!
咲夜さん本人が語るには「時間操作とは、他人の動きと時間を止める事ではなくて、
自らが常識では考えられないどの高速な度動作で瞬時に物事をテキパキと処理することができる事であり、
それが第三者には時間を止めちゃうように見えてしまう」との事です。

ま、どちらにしたって咲夜さんの普通の人間をとっくに超越したその力は、やっぱりどうみても只の人間では
ないですよね・・(笑)
そうした観点からもも咲夜さん自身は実は月の民に何らかの関わりがあるという意見も昔から根強くあるのですけど、
それに関してはその②以降で順次語っていきたいと思います。









さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、言うまでもなく十六夜咲夜さんですっ! (笑)

上記の咲夜さんは、アミグリさんが2016年6月に描かれた作品です。
(最近何度か当ブログではアミグリさんが描かれた艦娘の夕張ちゃんを転載させて頂く機会が多かったのですけど、
夕張ちゃんとこの咲夜さんが描かれた時期はほぼ同じです!)

この咲夜さんは、「初夏の雰囲気」にぴったりの作品じゃないのかな・・?とも思っています。
背景の水滴なんかもそうした夏らしさを素敵に演出していると思います。
最近のアミグリさんの作風の最大の特徴は「キラキラ可愛らしさ」だとも思うのですけど、上記の咲夜さんもそうした
キラキラ可愛らしさの先駆け的作品の一つとも言えるのではないのかな・・?とも思ったりもします。

掲載当時のアミグリさんのコメントとしては
「今年の2月に描いた咲夜さん(※ゲスト寄稿の咲夜さん)と雰囲気を変えてみました。
最初いつもの目で描いてたんですが、少し釣り目にしたらしっくりきました。」との事なのですけど、
なるほど・・!
確かに少し釣り目にしただけで咲夜さんの印象もかなり異なって感じるものですね!
この咲夜さんは、ちょびっとだけやんちゃっぽく見えてとっても可愛いです。
上記の話では「咲夜さんは本当に普通の人間なのか・・?」と思われちゃう方も多いのかとは思うのですけど、
このアミグリさんが描かれた咲夜さんは、普通の人間っぽい感じそのものですし。
わがままお嬢様のレミリア様の言動に振り回されながらも健気に頑張っているという雰囲気も伝わっているような感じが
ありますし、そうした感じが「爽やかさ・健気さ・頑張っている感じ」を醸し出しているように感じられますね!
咲夜さんがピースしているのもとっても可愛いと思います。

本記事は総論的な感じの咲夜さん語りですけど、各論的な部分は、8~9月にかけて順次私のしょーもない私の脳内妄想を
交えながら語らさせて頂きたいと思いますので、何卒宜しくお願いいたします。

私といたしましては、一人でも多くの皆様に dream fantasy のアミグリさんが描かれる素晴らしいイラストを見て欲しい!という気持ちで一杯です!
どうかアミグリさんの dream fantasy という
素敵なブログを宜しくお願いいたします!
そしてアミグリさんが描かれたイラストが一つの出会いとなって、この記事をご覧になって頂けた方に「東方Project」の
素晴らしさが伝わればいいなぁ・・と思っております。

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれたフランちゃんと咲夜さんのイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

それでは繰り返しになりますが、来週の「咲夜さん語り その②」も何卒宜しくお願いいたします。
そして冒頭のアミグリさんの過去の作品の「名作プレイバッグ」も行いたいと思いますが、次回に登場する
名作イラストは、あの素敵なキャラの素晴らしき名作イラストの予定です。
こちらの方も是非お楽しみ頂きたいと思います。
スポンサーサイト
16.兵庫高校


D/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 (S.プロコフィエフ)



素晴らしい演奏だと思います!

結論から言うと、この年の兵庫高校のコンクールとしての評価は銀賞という結果に留まるのですけど、
私個人としてはこの審査結果には大変不満を感じます。
閉会式の審査結果発表の際に銀賞と発表された際は「マジかよ・・なんでこの演奏が銀賞なの・・?」と
頭を抱えたものですし、この審査結果には今でも到底納得いかないものがあります。
松井先生時代の兵庫高校の全国大会での金賞は、1989年の「ディオニソスの祭り」と93年の「シンデレラ」なのですけど、
あくまで私個人の好みで言うと、この年の「ロメオとジュリエット」とか90年の「火の鳥」とか96年の「三つのオレンジへの恋」という
コンクール評価としては銀賞の演奏の方が金賞受賞の演奏よりも大好きというのは、
私自身がどちらかというと「個性が漲っている演奏」の方により強い共感を感じるという要素が強いというのが
大きいからと言えるのかもしれないですね。

全体的に積極的な表現姿勢に好感を持てますし、指揮者の松井先生のアクの強さが全体に漲っていると思います。
課題曲Dは、一般的に中学生がこの曲を演奏するととっても幼く感じるのですけど、高校生がこうした曲を演奏すると
真価を発揮するというのか、楽しさと親しみやすさと曲の構成の見事さを感じてしまいます。
この課題曲は一聴した限りでは「単なる子供っぽいマーチ」のように聴こえてしまう傾向があると思うのですが、
例えばヤマハ浜松とか阪急百貨店の演奏を聴くと多分一目瞭然だと思うのですけど、
この曲はきちんと聴かせ所が備わっていて、特にラストへの追込みにかけての曲としての構成美は素晴らしいものが
あると感じています。
(ヤマハ浜松のティンパニ奏者の曲の追込み感と打点の見事な打ち込みは聴いていて惚れ惚れするものがありました!)
兵庫高校の課題曲Dも単なる「楽しさ」だけではなくて、そうした曲としての構成美を適切に聴衆に伝えていたのは
大変素晴らしいものがあったと思いますし、高校の部の課題曲Dとしてはグランプリクラスの仕上がりだったと
思います。

だけど圧巻は自由曲の「ロメオとジュリエット」だと思います。

低音部がチューバを中心にバリバリ過ぎるくらい豪快に鳴らしていて、
「少し鳴らし過ぎかな・・?」と感じる部分も多々あったのだとは思いますけど、
低音の充実した響きという土台がきちんと出来ていたからこそ、課題曲も自由曲も終始大変安定していた
演奏を展開していた大きな要因になっていたんじゃないのかな・・?とも感じますね。
最近、この年の兵庫高校の課題曲と自由曲を改めて聴いてみたのですけど、やはりあの「低音セクションの安定と充実感」は
素晴らしいものがあると感じました。

この「ロメオとジュリエット」は、一般的には、モンターギュ家とキャブレット家~タイボルトの死という組合せが
大変ポピュラーな組合せと言えると思いますし、このバレエ音楽を自由曲に演奏するチームの大半はこの組合せと
なっています。
1987年に天理高校がこの組合せに「ジュリエットの墓の前で号泣するロメオ」を入れたり、
1986年の中央大学の林紀人アレンジVerのように、朝~喧嘩~少女ジュリエット~タイボルトの死という組合せという
パターンもあるのですけど、
この年の兵庫高校は、後半のタイボルトの死をメインに据えながらも、バレエ音楽全体の中から、
コンクールではあまり演奏されないような箇所からも曲の構成に加えたりと、演奏解釈とは別に選曲という意味でも
大変個性的な面は感じられたものでした。
曲の構成も、全体的には静→動→静→動という雰囲気だったと思いますし、その辺りも音楽としてのストーリー性を
大変意識されていたようにも感じられ、この辺りも大変好感を感じたものでした。

この年の兵庫高校はどのあたりが特に素晴らしかったのかと言うと、第一に自分たちのやりたい音楽の方向性を
明確に示している点、第二に、明示するだけではなくて、積極的に自分たちの音楽を
聴衆に伝えられる高度な技術を持っている点だと思います。
とにかくあの音楽的積極性は素晴らしいですし、静かな部分のリリカルでしっとりとした雰囲気も素敵なものがありますし、
激しく鳴らせる部分は上記で書いた通りの低音セクションのかなり重厚な響きもあり、
まるでロシア陸軍の重量戦車部隊の重厚な行進を彷彿とさせる充実した響きがそこにはあり、
悪く言うと威圧的にも聴こえちゃうのかもしれないですけど、やはりあの充実した響きは、「見事なハーモニー」だと
言えるのだと思います。

だけど、こうした音楽の方向性は、審査員の評価は割れるのかも・・と予想していたら、案の定銀賞にとどまってしまいました。
新屋高校・愛工大名電と並んで非常に惜しい銀賞だと思いますし、
私個人はいまだにこの年の新屋高校と兵庫高校の銀賞には全然納得していないですね!
私個人としては、新屋と兵庫は、十分金賞に値する素晴らしい演奏だと確信しています。

 | BLOG TOP |