プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ちょっと古い話になるのですけど(汗・・)
先月、7月18日よりローソンで「艦これ」鎮守府夏祭り 二〇一七(フタマルヒトナナ)キャンペーンが開催されていました!

このローソンと艦これのコラボキャンペーンは毎年毎回大変な人気でして、
景品自体が数量限定という事もあり、人気キャラのグッズですと、キャンペーン初日のAM00:00に行ったとしても
景品の早い者勝ち状態になってしまうことも多々ありますし、
実際にうちの近所のローソンでは、キャンペーン初日の7/18の午前中ですでに景品の配布終了とかコラボ商品の完売と
いうものもあり、改めてですけど「艦これ人気」の高さを実感させられる結果になったものでした!

うーーむ、艦これ人気恐るべしっ!! 艦これを侮ることなかれ!!という事なのかもしれないですね!!

最近の記事でも書いた通り、今回に関しては「これは絶対に欲しい!」とか「この艦娘グッズはなんとか欲しい!」というグッズは
ほぼ初日で完売または数量到達に付き配布完了という感じでしたね。
これは艦これではないのですけど、今年初めにテレビ東京で絶賛されていた「けものフレンズ」のファミリーマートでの
コラボ企画商品も初日で既にどの店舗に行っても一番人気のサーバルちゃんは配布完了!という感じでした!!
サーバルちゃん以外のキャラは幾つかまだあったのですけど、正直・・「サーバルちゃん以外はあってもねぇ・・」という
感じでもあったので今回はサーバルちゃんが無い時点で撤退をいたしました・・(汗・・!)

けものフレンズは8月よりテレビ東京で再放送が既に決定していますし、艦これはまだまだ現役ゲームですし、
やはりこうした「現在進行形」のゲーム・アニメのコンビニとのコラボ商品は、
発売当日の深夜~朝に行かないとダメですね!!
その事は改めてよ~くわかりました!という感じですね!!




010_convert_20170730192927.jpg



011_convert_20170730193002.jpg



今回の「艦これ」鎮守府夏祭り 二〇一七(フタマルヒトナナ)キャンペーンにおいては、ローソン限定発売という
「オリジナル商品」も幾つかあったのですけど、
(先日の記事で既に書いている通り、今回はこれは欲しい!というオリジナル商品はほぼゲットできませんでした・・・泣・・)
その中の一つ、「長波サマも大満足!提督の大きな炒飯おにぎり」というチャーハンおにぎりに関しては、
置いてある店舗と置いていない店舗があるようで、自宅とか職場付近のローソンには、このチャーハンおにぎりが
置いてある店舗は見かけなかったですね・・・
そんな訳でしばらくの間は、この長波の炒飯おにぎりを入手できなかったのですけど、
先日仕事のアフターでお伺いした顧客宅の近くのローソンにこれが置いてあるのを発見し、
ようやく「長波サマも大満足!提督の大きな炒飯おにぎり」をゲットし食べることが出来ました! あー、よかったよかった・・(笑)

長波様も大満足らしい、提督(?)が作ったと思われる大きな炒飯味のおにぎりの価格は税込198円ですっ!!

うーーむ、これはちょっと高いのかも・・?

そう言えばこのコラボ企画のキャンペーンが展開されていた頃に、ファミリマートで「160円以下のおにぎりは全て100円!」という
セールが実施されていて、これと比べちゃうと
「高いねぇ・・」と感じるのかもしれないですけど、いやいや・・長波がとっても可愛くデザインされていますし、
このおにぎり自体が普通サイズと比べるととにかくでっかいですので、
「このくらいの価格は仕方が無いのかも・・」と納得せざるを得ないのかもしれないですね・・(笑)

「大きな」と銘打っているだけあって、確かに大きめのおにぎりで、カロリーは1個で357kcalとパワフルだと思います。

画像では中々伝えにくいのですけど、炒飯おにぎりの中の具材のチャーシューがかなり大きめというのも嬉しいですし、
味自体が結構「ビリっ!」と引き締まった味だと感じました。
「あれれ・・? なんでこんなにビリっ・・としているのかなと思ったら、この原因は恐らくはスパイスとして使用されている黒胡椒が
相当効いているためと思われます。
味自体はとっても美味しいと思いますし、冷めている状態でもレンジでチンした温かい状態でも
どちらも美味しいと感じました。

そう・・! そこなんですよ! 私みたいな素人でたま~に調理する人が作る炒飯とこうしたコンビニやスーパー等で市販されている
炒飯の違いというのは「冷めても美味しいかどうか・・」という事も一つのポイントなのかもしれないですね。

チャーハンは大変シンプルな料理なのですけど、意外と難しいという感じが私の中にはあったりもしますね。

チャーハンを美味しく作るコツというのは、「強火で炒めて水分を飛ばしてお米の一粒一粒をパラパラに仕上げる事」に
尽きるのだと思うのですけど、
業務用のガスの火力でガンガン「炒る」ような調理は一般家庭では望むべくもないですし、
一般家庭のガスコンロでチャーハンを作ったとしても、やはりお店で作る強い火力で中華鍋を振ってあおって作るような
あのパラパラチャーハンを作る事は至難の業ですよね・・
とてもじゃないですけどお店とかプロが作るようなお米の一粒一粒がパラっ!とした感じには中々仕上がりませんし、
どうしても素人が作るチャーハンというのは水分が多過ぎるとかペチャっ・・としているみたいな仕上がりに
なってしまいますよね。
そしてましてガスコンロみたいに「火」を使うのではなくて「熱」で料理を作る「IHクッキングヒーター」で
チャーハンを作ったとしても、ガスコンロ以上に美味しいパラパラチャーハンを作る事は
至難の業と言えるのだと思いますね。

だけどそうやって苦労して作った炒飯は、やはり出来たてのものをすぐに食べないといけないという感じもあり、
熱い炒飯が冷めてしまうとなんだか油ギトギトの胃がもたれそうな感じもあるのですよね・・(汗・・)
その点、この「長波サマも大満足!提督の大きな炒飯おにぎり 」は冷めた状態でも美味しいです!
どうしてなのかなぁ・・?
やはり油がギトギトしていないせいもあるかとは思いますし、前述の通り、黒胡椒のビリっとした感じが冷めても味を
締めているせいもあると思いますし、
何よりもお米自体がもしかして一部もち米みたいな粘り気があるお米を使っているのかな・・?
だから冷めても決してパラパラとした食感にはならないし、
とにかく電子レンジで温めてもそのまんま食べてもどちらも美味しいみたいな素敵な両立を為し遂げている様な
感じもありますねっ!

艦娘の長波ですけど、夕雲型四番艦としての駆逐艦の艦娘です!
武勲艦として名を立てた艦としても史実では知られています。
夕雲型としては、長女が夕雲、次女が巻雲、三女が風雲、そして四番艦というか四女がこの長波なのです!
ちなみに長波の妹艦は一杯いて、例えば高波・藤波・朝霜など多数いたりもします。

長波ですけど、その外見的特徴として、腰まで届く長くウェーブのかかった黒髪と、後頭部にある黄色いリボンが
挙げられると思います。
特に黒髪は外側が黒、内側はピンクというかなり不思議な配色がなされているのが艦娘の中でも異色と言えると思います。
勝ち気で威勢が良く、ガキ大将を思わせる男っぽい口調で話し、どちらかというとやんちゃという印象があったりもします。
深夜番組やチャーハンが好きという設定になっているのですけど、
そっか・・その「チャーハン好き」というのが、今回のこのローソンの「炒飯おにぎり」のデザイン艦娘に大抜擢された
理由なのかもしれないですね・・・!





ichizikan-kuo_convert_20141215171541.png





ここから先は恒例のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーなのですけど、
上記の炒飯おにぎりのデザイン艦娘でもある長波のお姉さまとも言える「夕雲」を今回は転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。

上記の夕雲は、アミグリさんが2014年12月に描かれた作品です。
アミグリさんご自身は2014年の夏頃に艦これを始められましたので、この夕雲はアミグリさんが描かれた艦娘たちの
中では比較的初期の頃の作品だと思われます。

この夕雲を描かれた際のアミグリさんのコメントは
「一時間で仕上げてみました。
色塗りよりも線画に時間がかかってしまいました;;一時間で仕上げるのは大変ですね(^-^;)」
との事でしたけど、
「制限時間一時間」という制約があってもここまで描き切ってしまうのはアミグリさんご自身の腕の確かさに
他ならないですよね!
先日の「ルーミア特集」の中でも「7分なのかー」というわずか7分でルーミアを描き切った作品がありましたけど、
それに近いものを感じさせますね!
よくわずか一時間でここまできっちりと仕上げられ、アミグリさんらしいファンタジー感という
個性も見事に発揮されているのは本当に素晴らしい事だと私は思います。

夕雲を一言で述べると・・・
2013年9月18日のアップデートで、秋雲と共に実装された艦娘で、夕雲型駆逐艦の一番艦、つまり長女でもあります!

白のブラウスから赤紫色のミニスカワンピとか膝くらいまである緑の長い三つ編みとアホ毛、唇の左下にある黒子、
前髪パッツンが夕雲の特徴でもあるのですけど、
アミグリさんの描かれたこの夕雲はそうした夕雲の基本的特徴をきちんと踏まえた上で
いかにも夕雲らしい母性的な感じとかしっかり者の雰囲気というのもきんちと描かれ、見ている私たちに
「この艦娘は少しおしとやかで面倒見がいいのかな・・?」みたいなイメージをきんちと伝えている点は大変
申し分ないと思いますし、それをこんな一時間制約という制限だらけのシビアな条件下、
よくここまできっちりと仕上げられたもんだ・・!と改めてアミグリさんの絵師様としての素晴らしさに
感銘を受けたものでもあります!

夕雲というと、「甘えてくれても、いいんですよ?」 とか「ふふ、仕方ない子……♪」 というボイスが大変有名ですけど、
そうした夕雲のすてきなおねえさんぶりとかおっとりとした雰囲気を素敵に表現されたのが
上記のアミグリさんが描かれた夕雲と言えるのだと思います!

私も艦これのダメ提督の一人として、是非ぜひこんなやさしそうな夕雲お姉さまに甘えさせて頂きたいものですねっ! (汗・・!)

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた夕雲は、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

さてさて・・・当ブログは明日・・日曜よりお休みを頂きたいと思いま・・・ではなくて・・! (汗・・!)

明日・・8/6より「8月の当ブログのメインテーマと勝手にさせて頂いております十六夜咲夜さん語り」をスタート
させて頂きたいと思います。
咲夜さんは大変語り甲斐がある奥の深いキャラであり、その語りも7~8回程度はさせて頂きたいと思っておりますが、
私の語りだけでは、皆様に「退屈・・」を提供しかねませんので、
またまたアミグリさんが描かれた素敵な咲夜さんのイラストにもご登場して頂き、花を添えたいと思っております。

どうか今月の当ブログも何卒宜しくお願いいたします!
スポンサーサイト
先日でしたけど、2年前に映画公開された「劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント」を
ツタヤでレンタルしてきて、久しぶりにたっぷりと鑑賞させて頂きました。

映画自体は、大変テンポよく進んでいましたので、全くだれる事なく物語が進行しあっという間の75分間だと
改めて感じたものです。
というか、むしろ映画としては少し短すぎるという感じさえあったと思います。
出来れば、もう少し見たかったな・・というくらい、「飽きる」という事は全く無いアニメ映画だったと思います。




縺ァ縺ゅi_convert_20150825134411


冒頭は美九のコンサートシーンで始まり、
美九役の声優さんでもある茅原実里さんの済んだ歌声も聴けて、おまけに・・・美九の貴重な水着シーンまで見れて
なんかこの場面だけで元は取れたような気さえします・・・・(笑)

この映画の概要ですけど簡単に記してしまうと・・・
前半は、アニメ本編第一期から第二期で登場してきた6人の精霊たちと士道のデートを丁寧に描き、
どうしても「劇場版」というとオリジナルストーリーとか新しい内容とかゲストキャラをメインに構成されていく
パターンが多いと思うのですけど、そういう方法ではなくて、
何て言うのかな・・・第一期から第二期のアニメ版をずっと見ていた古くからのファンを大切にするというのか
アニメ版で登場していた6人の精霊たち一人一人の活躍の場を与え
6人との「個別のデート」を各精霊たちのキャラに合わせて展開されていたので
その意味では制作者側の「古くからのファンを大切にする」という意図が大変強く感じられ、大変好感が
持てたものでした。
そして前半が比較的ゆったりと各精霊とのデートという日常シーンで展開したのに対して
後半から・・・・
映画版のオリジナルキャラでもある「万由里」を本格的に絡ませていき、
その大変迫力ある戦闘シーンが前半のゆるやかな展開と大変対照的な展開を見せてくれていて
前半の「静」、後半の「動」という対比が実に鮮やかでもあり、
映画としての構成も大変優れていたと思います。

前述の美九の導入部以降の展開ですけど、唐突に物語は動き始めます!
士道が目覚めると・・・空にな素瀬の天球が浮かんでいます・・
しかもその天球は士道以外誰も見る事が出来ないもので、その正体とは実は、
「精霊達の士道に対する恋する想い、本当は士道のことを独占したい・・・」という思いとの事でした。
それだったら順番に各精霊と士道をデートさせて、
精霊たちの「嫉妬心・独占欲」を消化させればいいんじゃない・・・?という結論に達し、
十香、四糸乃、耶倶矢、夕弦、美九、そして琴里の六人とそれぞれ1日ずつ順番にデートを重ねていくという展開に
なっていきます。

この各人とのデートシーンがそれぞれの精霊の持ち味が遺憾なく発揮されていて
見ているだけでもとってもハッピーな気持ちになれます。
四糸乃の神社の境内でのお遊び、なぜか女装させられた美九とのデート、一緒の買い物と料理みたいな
家事で終わった義妹の琴里、商店街での食べ歩きの十香・・
それぞれいい味が出ていたと思いますが、特に興味深かったのは、
耶倶矢と夕弦という実は・・・「二人で一つ」みたいな存在に対して、
アニメ第二期でも二人で一緒にいる描写が目立っていたのに、映画ではあえて二人を一人ずつばらして
単独で行動させて結果的に二人の個性の違いを演出していたのは大変面白かったと思いました。




縺論convert_20150825134338




後半から本格的に万由里が絡んできます・・・!!

各精霊とのデートの中で、寂しそうな眼差しでそのデートを見ている万由里の寂寥感は、妙に胸を打たれるものがあります。
この万由里の正体とは・・・??ま・・・簡単に言ってしまうと
各精霊たちの「士道への想い」が具現化したものというか、要は一種の精霊です。
その役割として、そうした思いが嫉妬等の悪意によってヘンな方向に流れていないかどうかを
見極めるというのか、要は・・・タイトルではありませんが「ジャッジ」をするという事なのだと思います。
6人の精霊と士道とのデートの結果、各精霊の感情も安定し、
その結果・・「もう何も心配するものは無い・・私の役割も終わった・・・あとは消滅するのみ・・」という
別れの言葉を言った瞬間に、前述の天球が暴走化し、街への襲撃を始めてしまいます。
ではなんで消滅しないで暴走したかと言うと、実は・・・これも「嫉妬心」の問題・・・・
各精霊を監視するという事で士道とのデートを見せつけられてきた万由里自身も実は
本当は士道に想いを寄せていて
各精霊とのデートの際、士道とイチャイチャしているのが、実は心の底では・・面白いはずもなく
心の深層では「嫉妬心」が渦巻きそれが天球本体の暴走を招いてしまった・・

そういう事だったのだと思います。

要は・・ミイラ取りがミイラになってしまった話みたいなものだと思います。

だけど万由里のあの寂しそうな眼差しは結構印象的でした・・・



蜊\convert_20150825134457


バトル自体は・・・かなり激しいものがありましたけど、
全体的には十香の活躍が光っていました!!
さすが第一の精霊、このアニメの本来の主人公の存在感はやっぱり違いますね!!
物語のクライマックスにあたるバトルシーンにおいては、何と・・・!!
第1期OPの「デート・ア・ライブ」が劇中歌として流れていましたけど、あれは・・「懐かしい!!」と同時に
やっぱりこの映画の制作者の人達は、古くからのファンを大切にしているんだな・・・と
改めて感じたものでした。

物語のラストは、自分自身の心にある嫉妬心を消去させることで暴走した思念体を撃破、そして・・・
万由里自身も自身の役割を終えたことで消失してしまいます・・・

セリフとか見せ場も決して多いという訳でもないゲストキャラの万由里でしたけど
その「はかなさ」がかえって印象に残ります・・・
そのラストの消え方も実にせつなくて大変胸にしみるものがあったと思います。




2d318e34_convert_20150818225924.jpg


あれれ・・、そうなると一つ大きな問題が発生してしまいます!

私がこの:原作&アニメで一番の大本命の「時崎狂三」の存在意義がどうしても希薄になってしまう感じはあったものでした・・

そうですね、確かに見せ場は少なかったものの、狂三(くるみ)らしい「妖しい言動振り」は映画でも
遺憾なく発揮されていたと思います!
特に戦闘シーンで、十香たちを背後からサポートしていたのは実は狂三でしたからね!!

狂三は、一応は「第三の精霊」という事で精霊なのですけど、
精霊たちとのデートを楽しむというならば、是非是非士道と狂三のデートシーンも見たかったような気もしますね・・・(泣・・)

最後に・・・・

士道の実妹の真那も戦闘シーンでは中々いいアクションを見せてくれていましたけど
一人蚊帳の外の人がいましたね・・・(笑) そう! 鳶一折紙でしたけど、
映画の中でのあの役割は「ヤンデレ」以外の何者でも無かったですね・・・・(苦笑・・)

原作版のライトノベルとしての「デート・ア・ライブ」は実はまだ完結していません!

最新版の第16巻を読んでみて、実に驚いたのですけど、まさかあの時崎狂三にああした壮絶な過去と因縁と、そして意図が
隠されていたとは、正直・・これは私の予測の範疇を軽く超越していましたけど、
ああいう壮絶な原作としての展開を見せつけられると、嫌でもアニメ第三期とか新作映画の方もついつい
期待しちゃいますし、これだけコアなファン層が多い作品ですので、
私としても特にアニメ第三期は是非実現して欲しいと切に希望しております!!

 | BLOG TOP |