FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


庭に雑草が生えるとあんまりいい気持ちはしないものですけど、その中でも特にガッカリするのは
「ドクダミ」なのかもしれないですね。
古来から薬草として使われてきたドクダミではありますが、庭にドクダミが生えてきてもほとんどありがたみを感じませんよね。
その理由は、あの独特の臭さと刈っても刈っても次から次へと広がっていくそのしつこさというか生命力の強さに
うんざりしている事があるのかもしれないですね。本当に信じられない繁殖力だと思います。
これはどくだみが、地下茎で伸びている事が原因で、
土を深く掘って根っこまで取ったつもりでも、僅かに残った地下茎はまた再生して伸びてきます。
恐ろしい再生能力としか言いようがないですね。
ドクダミが庭一面に生えてきて見栄えが悪くてドクダミを鎌で刈ろうとして根っこごと刈り取っても
一週間ぐらい経過したらまたまた同じ場所に生えてきてそれがどんどん広がっていくのは地下茎での繁殖の
為せる業と言えるのだと思いますし、本当に困ったものです・・




縺ゥ縺上□縺ソ_convert_20170707221145





この厄介なドクダミの駆除方法は大きく言うと二つほどあると思います。

一つ目は熱湯をドクダミに直接掛ける方法です。これって実はかなり即効的効果があり、ドクダミは数日で
枯れてしまうのですけど、これはあくまで熱湯をかけたドクダミの葉と茎が枯れるだけで別に根が枯れる訳ではありませんので、
数日後には枯れたドクダミの隣辺りから新しいドクダミが生えてきちゃいます。
ですので、本気で庭内のドクダミを駆除したいと言うならば、やはり「除草剤」を使用するのが一番だと思います。
ホームセンターでもドクダミ用の除草剤と言うのも普通に販売されていますので、そうした市販品でも十分効果が発揮できると
思います。
具体的には、グリホサート、またラウンドアップという除草剤が宜しいのではないのかな・・?とも思います。

上から撒けば葉から吸収されて根まで枯れその後復活する事はあんまりないと思います。

よく除草剤を撒く場合に「他の花や植物が枯れちゃうのかも・・」と心配される方もいるかとは思うのですが、
筆などで葉に除草剤を塗っていく方法もありなのだと思います。こうすると他の植物や花に影響は与えませんし、
1本1本根こそぎ掘るよりはずっと楽ですし効率が全然違うと思います。

だけど、除草剤で一旦ドクダミを駆除しても多分ですけど翌年または翌々年以降からはまたまたドクダミが生えてくると
思いますので、これは「永遠の戦い」と言えるのかもしれないですね・・(汗・・!)

さてさて・・皆様はドクダミ茶を飲まれた事はありますか・・?

ドクダミは上記で書いた通り、初夏になるとあちこちに生えているとても生命力の強い野草なのですけど
このドクダミから採れるお茶は、さすが効能が全然違うという感じすらあります。
あんな刈っても刈っても次から次へとどんどん生えてくる驚異の生命力としつこさを有しているだけあって
乾燥させてお茶として煎じて飲んでも効能には目を見張るものがあると思われます。

私自身も市販のドクダミ茶も飲んだことがありますし、お客様の家で刈取られたドクダミを自家製お茶として頂き
それを飲んだ事もあるのですけど、
うーーむ・・香りは庭に生えていた時と同じようなあの独特の臭みがあると感じますし、
味は・・はっきり申し上げますと、美味しくは無いと思います。否! 「不味い!」と思います。
よくうちの奥様が夏場に、ドクダミとか漢方のお茶とか甘茶づる茶をやかんに入れて沸騰させて煎じて飲んでいる事も
ありますけど、あの凄まじい(?)独特の臭いは凄まじいものがあると思いますけど、
同時に「なんとなく効能はありそう・・」みたいな予感はさせていると思います。
手作りの自家製ドクダミ茶は、そうした臭いがかなりきついのですけど、市販で売られているドクダミ茶は
その点がかなりマイルドになっていて「不味さ」はかなり緩和されているようにも思えますが、やはりあのとっつきにくさは
あると思います。

だけどドクダミ茶の薬膳茶としての効能はとにかく素晴らしいものがあると思います。

どくだみの効能で最も有名なのがデトックス作用です。
デトックスつまりは解毒です。体内の毒素や老廃物を排除する効能に長けており各種化膿性、蓄膿症等にも
効能があると言われています。

どくだみ茶に含まれるイソクエルシトリンなどのフラボノイド類はには高血圧などの生活習慣病を予防します。

どくだみ茶の生活習慣病予防効果として、
①血液をサラサラにする
②血圧を下げる
③動脈硬化を予防する

そういった効果が期待できますし、心筋梗塞・脳卒中の予防的効果もあるのではないかと思われます。

またこの他にも、胃炎や胃かいよう・膀胱炎にも一定の効能があるとも言われているそうです。

更に更に・・

•便秘解消
•利尿作用によるむくみ改善
•水虫やニキビ・おでき・かぶれ・ただれ・アトピーなど皮膚疾患に対する殺菌・消炎作用
•美肌効果
•打ち身などの鎮痛作用
•解熱作用
•血行を促進し動脈硬化の予防や冷え症の改善
•糖尿病や高血圧の予防
•がん予防
•ストレスによる胃の痛みや胃酸過多などの改善など

うーーむ、これだけ見せつけられると、夏場の一般家庭におけるドクダミの繁殖による庭の見映えの悪さなんていう
悪口は言えそうもない・・という感じなのかもしれないですし、
こんなに効能があるのだったら
「少しぐらい庭にドクダミが生えていても我慢しようよ!」みたいな寛大な心にもなれそうですね! (笑)

そうそう、前述の通りドクダミの代名詞はあの「独特の臭さ」とも言えると思うのですが、人間が感じるあの臭さは
虫たちにとってもそれは同じみたいでして、防虫・害虫除去効果もあるというのですから、
やはりその効能には目を見張るものがあるのだと感じずにはいられないです。





豌ク逅ウ_convert_20170706195607



夏場の外界の一般家庭の庭は、ドクダミで溢れていると思うのですけど、それは案外夏場の幻想郷も
同じではないのかな・・?
魔理沙やアリスが住む魔法の森とかうどんげちゃんやてゐ達が暮らす迷いの竹林なんかは
特にドクダミが生えまくっている感じもあったりします・・・

そうした幻想郷内のドクダミを「薬の効果」として日々使っていそうな御方というと、そりゃ言うまでもなく
永遠亭のうどんげちゃんのお師匠様でもある永琳様なのだと思います。
永琳様は、月の最大の賢者ですし同時に凄腕薬師でもあるのですけど、永琳の手に掛ったらあっという間に
ドクダミを薬膳茶またはお薬の材料として色々な所に応用するのかもしれないですね。

永琳は本来は薬師と言うのが最大の能力でもあると思うのですけど、幻想郷内のメンバーとして定着し、うどんげちゃんという
弟子が出来て以降は、人里における往診とかはたまた永遠亭に担ぎ込まれた急病人に対する緊急医療センターみたいな
役割も担っていて、幻想郷では極めて貴重な存在とも言える「医師」の役割も果たしているのだと
思われます。

以前書いた事の繰り返しになりますが、私の脳内妄想としては、永琳自体は
そうした無償の行為を「純粋な好意」だけでやっているとはあんまり思えないです。

やはり何か「隠された大きな意図」があるような気がします。

それでは永琳が意図している事とは何かと言うと、「臨床実験データを集める事」ではないのかなと思います。
膨大な家庭に「置き薬」を置いて各家庭の「情報」を取る事を通して
永琳にとってなにか気になる症状の患者が出た場合、勿論好意で治療はするけど
「この新たに調合した薬はこの症状に本当に合うのか・・? 副作用はどうなんだ・・」とか
「この間は人間だったけど、では妖怪に対してはどうなのか・・」とか色々とデーターを集めて
それをもとに何かとてつもない「新薬開発」に務めているのが実は「真の目的」なのかな・・?とも思ってしまいます。

その「新薬」とは何なのでしょう・・?
そうですね、例えば・・・
蓬莱の薬を飲み不老不死になったとしても、それを無効にしてしまい、自身にも自然と「死」が訪れる薬とか・・・
はたまた幻想郷に関わる人達全てを「月の民」に変えてしまう薬とか・・・
もしかして・・・!?あのゆかりん・・八雲紫様を「毒殺」してしまうような薬の調合とかを意図されているのかもしれません。

それではどうして永琳はゆかりんの毒殺を意図しているのでしょうか・・?

永琳の幻想郷内における医療行為と言うのは、
永琳にとっては人助け+暇つぶし+臨床実験データ確保という意図があるのかもしれないのですけど、
そうした永琳の行為というのは、実はあのゆかりんが意図する「幻想郷内の人と妖怪のパワーバランス」を
崩す危険性も実は秘めていて、
そのあたりがもしかして「東方儚月抄」のおけるゆかりんの「第二次月面戦争」を意図した動機ではないのかなとも
思ったりもしています。
ゆかりんが一番恐れる事は、「幻想郷内で人間たちが現況よりも強力を持ってしまい、
妖怪の勢力を凌駕する事」なのだと思います。
だからこそ、ゆかりんは藍を使って幻想郷内を日々チェック&パトロールし、
人里内において「座敷童」という監視用のスパイを放ち、人間たちの動向を日々確認し、
人間たちが妖怪たちの力を超える事が起きないように日々苦労をしているのだと思います。
永琳様のそうした人里における医療行為というものは、ゆかりんの視点では
「人間たちの治療行為と言う延命行為を図る事で、必要以上に人間たちの寿命を延ばしている」とか
「永琳は、月世界出身という立ち位置ながら、幻想郷内では明らかに妖怪側といち立ち位置に立たず、
明らかに人間側の肩を持ちすぎている・・」
「これはいずれ、幻想郷内のパワーバランスを崩すきっかけになるのではないのか・・」
「永琳の危険な兆候は今のうちに摘んでおく必要がある」
「永琳に対しては、郷に入れば郷に従え! つまり、幻想郷内においては幻想郷のルールに従ってもらわらないと困る」
みたいな事を感じているのだと思われます。

だからこそ、ゆかりんは「「東方儚月抄」においては、
別に月侵略とか第一月面戦争の敗北の雪辱を果たすという意図は、全くないのではないか・・と私は考えております。
なぜなら、ゆかりんの「東方儚月抄」におけるターゲットは永琳唯一人だからです!
ゆかりんの意図は「永琳に対する警告」なのだと思います。

ゆかりんは永琳を「将来の禍の源」と考えているのかもしれないですし、永琳様は逆にゆかりんの事を
「目の上のたんこぶ」と考えているのかもしれないです。
だからこそ、ゆかりんは藍やカラスを使って日々定期的に永琳を監視していますし、
永琳様は「何かあった場合の備え」として、簡単には死にそうにもない(?)ゆかりんをあの世へと送り込んでしまう
お薬の開発に余念が無いのかもしれないですね。

花映塚エンディングにおいては、メディスンはてゐに鈴蘭畑の一角を貸し与え、そこから作りだされる薬草関係の「毒」を
こっそりと栽培している模様です・・・
そしててゐを媒介にして、永琳にもそうしたメディスンが持ち合わせる「毒の知識」を提供することで、
永琳様とメディスンの間には、意外にも?? 交流関係があるようですね!
メディスンにとっては、自分をいじめちゃいそうなおっかない妖怪から虐めを受けた場合の
用心棒みたいなものが永遠亭と言えるのかもしれないですし、
永琳様がそうしたメディスンから提供された「毒薬」の知識を用いて、なにかを使用とするその対象は
やっぱり古くからいるあの困ったスキマ妖怪なのかもしれないですね・・

最後に・・・永琳様にとっても目の上のたんこぶはゆかりんなんでしょうけど、ゆかりんの盟友の一人でもあるゆゆ様というのも
永琳様にとってはその存在自体が気になるお方なのかもしれないです。
なぜかと言うと、永琳様自体は「蓬莱の薬」を飲む事で不老不死になっている御方でもあるのですけど、
ゆゆ様の能力は「死を扱う程度の能力」です、
死なない身と死を扱う能力の激突というのはまさに「矛盾」の故事そのものとも言えるのですけど、
この場合最後に勝利するのは果たしてどちらの御方なんでしょうかね・・?

ゆかりんも気になりますけど、ゆゆ様もなんかとっても気になる存在ですよね!




eriririnn_convert_20100319085423_201608051548472c1.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、ゆかりんの永遠の因縁のお相手の(?)永遠亭の永琳様です。

上記の永琳様は、アミグリさんが2016年8月5日頃に「8月5日頃は永琳の日」にちなんで描かれたイラストでも
あったりします。

この永琳様は大人っぽい雰囲気でこのしっとりとした感じが実に素敵だと思います。
見ている人によっては
「あれれ・・? この作品は2016年に描かれた作品でしょ・・? 現在の路線に繋がるキラキラ感があんまりなくて
最近の作風と少し違うんじゃないの・・?」と感じる方もいるかとは思いますが、
そのようにお感じになった方は(私のように)立派な「アミグリさんファン」なのだと思います! (笑)
上記の永琳様は初期の頃に描かれた永琳を表情・背景等を少し加工されリメイクされたものなのですけど、
そうした少しの違いだけで全く同じ素材を使いながらも見ている人に「雰囲気の違い」を素敵に伝えられる事が
出来るアミグリさんはやっぱり素敵な東方絵師様なのだと思います!

上記の永琳は、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて、今月は「アミグリさんが描かれたルーミア特集」を3回に渡って展開をさせて頂きましたが、
明日・・・、7/30はその第三回目になりますので、是非是非明日も当ブログというか、
アミグリさんが描かれた「ルーミア」をご覧頂けますと当ブログの管理人は泣いて喜びますので
何卒明日も当ブログをご覧頂けるように何卒宜しくお願いします!
スポンサーサイト



14.愛工大名電高校


C/プラハのための音楽1968~Ⅲ.間奏曲 Ⅳ.トッカータとコラール(K.フーサ)



伝統的に愛工大名電のサウンドは、精密さ・劇的な緊張感が一つの「売り」なのだと思います。
そしてこの緻密さと緊迫感が極限にまで達したような自由曲の演奏が
フーサの「プラハのための音楽1968年」だと思います。

松井先生=愛工大名電のコンピは、1983年に初めて「プラハのための音楽1968」を自由曲として演奏しました。
先生ご自身は、「プラハのための音楽こそが私の代表曲!」と思われていたかどうかは定かではないのですけど、
1983年の演奏以降も、85年・87年・92年と計4回もこの「プラハのための音楽1968年」を自由曲として取り上げています。
松井先生の気質と「プラハのため音楽」は内省的に相当相性はよいものがあったのかなとも感じます。
人によっては松井先生というとネリベルの「交響的断章」が代表的名演と言われる方も多いのかとは思うのですけど、
私個人の感想としては、松井先生=愛工大名電=プラハのための音楽という方程式が成り立っているんじゃないの・・?とすら
思えます。
(松井先生指揮でのローマの祭りとかエル・サロン・メヒコも捨てがたいものがあると思いますし、プラハのための音楽というと
名電以外では1990年の都立永山のあの熱い名演も決して忘れてはいけない演奏だと思います)

全国大会での4回の演奏ともそれぞれ素晴らしい演奏を聴かせてくれてはいるのですけど、
私個人としては、回を重ねるごとに「曲の峻烈さ」が増していき、特に特に・・87年と92の演奏に「音楽としての劇的緊張感」を
遺憾なく発揮させてくれていたと思います。

1992年の愛工大名電なのですけど、フーサの「プラハのための音楽1968」を自由曲に選び、人によっては
「なんだ・・名電はまたプラハなのかよぉー・・・いい加減ワンパターンじゃん!」と思われる方も当時結構いたと思いますが、
それはこの当時、同じ自由曲を3回も4回も選び続ける先生と言うのがあんまりいなかったからじゃないのかなとも
思えます。
ま・・今現在の感覚ですと、淀川工科の丸谷先生なんぞ、ここ十数年程度はダフニスとクロエと大阪俗謡による幻想曲の
2曲以外を自由曲として選んでいないというまさに「究極のワンパターンの自由曲」を選び続けている事から比べると
松井先生のプラハのための音楽を4回自由曲として選曲した事なんて「かわいい・・」とすら感じてしまうのかも
しれないですね・・(苦笑・・)
淀川工科の「大阪俗謡による幻想曲」は、正直に言うと、演奏した年による「演奏の明確な差・違い」というものは、
ほとんど感じられないのに対して、
松井先生=愛工大名電の「プラハのための音楽」は、4回の演奏それぞれに「違い」と言うものが明確に感じられ、
その点が「ワンパターンな自由曲」と後世からも陰口を叩かれない理由なのだと思います。

初めてプラハのための音楽を自由曲として選曲した1983年の演奏は、
「プラハのための音楽1968」という曲自体、大変政治色が濃厚で「メッセージ色」が大変強い曲ではあるのですけど、
確かにとてつもない難曲をよく音にはしているものの「音楽としての感銘性」とか「音楽上のメッセージ」を
普門館の聴衆に伝えるまでには至らなかったと感じます。
その点、熱いメッセージ性を普門館の聴衆にビシビシと伝えていたのが85年の緊張感の極めて強い演奏だったと思います。
87年の演奏も「熱い名演」なのですけど、課題曲の風紋との時間の制約上、カットが少し強引だったことがマイナス点なのだと
思われます。

そうした中、1992年の演奏は、この年で通算4回目の同じ自由曲の演奏となりますけど、
松井先生としては、結果的に最後のプラハのための音楽の演奏となってしまいます。
過去4回のプラハを全部聴いた人間として言わせて頂くと、技術的には、この年、1992年の演奏が過去最高ではないかと
思える事もあります。
勿論、87年の演奏も「過去最高」と太鼓判を押したいのですけど、やはりカットの問題が少し尾を引くのかもしれないです。
その点、92年の課題曲はCを選曲し、課題曲が約3分版程度で収まりましたので、自由曲のプラハのための音楽を
それほど「タイムオーバー失格」を意識しないで、のびのびと吹いていた事が「過去最高の名演」に繋がっていったと
言えるのかもしれないです。

反面、この年の演奏は表現も申し分ない仕上がりなのですけど、
過去3回のプラハが記憶と印象として既に固まってしまっていましたので、いくら素晴らしい技術・表現をしたとしても、
「新鮮度・感銘度」にはどうしても欠けてしまうような感じもあったのかな・・?とも思えます。
この年は、まさかの銀賞でしたけど、
それは、もしかして新鮮さの点で評価が割れたのかもしれませんよね。
翌年からは、愛工大名電はアレンジ路線にシフトしてしまいますが、例えば95年の
「エル・サロン・メヒコ」とか96年の「ローマの祭り」とか
意外とこのチームのアレンジものの演奏も新鮮と言うか、骨太な表現がとても面白かったです。

結果的に松井先生として最後の「吹奏楽オリジナル作品で臨んだ普門館」になってしまいましたけど、
フィナーレに相応しい松井先生としての個性と劇的緊張感を最大限発揮された素晴らしい名演だったと思います。

本当に惜しい銀賞の一つです。

 | BLOG TOP |