FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私、学校給食の瓶詰の「牛乳」は大嫌いでした!
牛乳自体は給食のメニューとして毎日出されていましたし、大嫌いと言っても飲むことは普通に出来ていましたけど、
気持ちとしては「出来ればあんまり飲みたくないね・・」という感じのものだったと思います。
クラスメイトの中にも牛乳が苦手・・みたいな子は結構何人もいたような記憶がありますけど、
もしも担任教師が厳格で煩い教師の場合は、最悪な場合ですと
「牛乳を飲むまで放課後も帰宅してはいけない! 自分の目の前で牛乳を飲み干せ!」と厳命し、
クラスの女の子を毎日のように泣かせちゃっている厳格教師が当時いたのもなんか懐かしい感じはあったりもします。
今現在、担任教師がそんな事をやらかしちゃったら、親とかPTAからの抗議は凄まじいと思われますし、
「子供が牛乳アレルギーだったらどう責任取るんですかっ!!」と逆に訴訟を起こされちゃいそうな感じもありますよね・・
私が小学生の頃あたりまでは、どちらかというとそうした厳格教師とか体罰教師なんか普通にいたような気がします・・
女性教師の中でも、普通に女の子たちをビンタしたり、お尻を叩いたりしていた時代でしたので
そうした牛乳が嫌いな児童でも無理やり飲ませる風潮も当時はあったのかもしれないですね・・

とにかくそうした意味でも時代は色々と変遷するものですね・・(汗・・!)

学校給食ってどうして「牛乳」があんなにも定番なんでしょうかね・・?

確かに栄養価は高いし、児童生徒の発育には欠かせない飲み物だというのは百も承知はしているのですけど、
なにも毎日出さなくてもいいのに・・という感じで、私は小学校から中学まで9年間飲まされ続けたという感じがします。
そうそう、私が中学校の頃あたりで初めて学校給食として「ご飯」が登場したのですけど、
白飯と牛乳というのも相性としては最悪に近いものはあるんじゃないでしょうか・・??
例えば、パンに、里芋とイカの煮物・キュウリの酢の物と牛乳と言う組合せも相当シュールだと思うのですけど、
ごはんにクリームシチュー・サバの竜田揚げ、そして牛乳と言う組合せもやはりシュールなのかなぁ・・と今にして思うと
そう感じるのですけど、
とにかくあの当時は、とにかくどんな食べ物であっても、ご飯でもパンでも麺類でも、飲み物は「白い牛乳」というのは
変わり映えのしない定番メニューだったと思います。
カレーライスに牛乳と言うのはなんとなくわかるのですけど、
白米のご飯と牛乳と言うのは、やはり誰がどうみても「違和感」がありますよね・・(苦笑・・)

牛乳は、お風呂上りならゴクゴク飲めると思いますし、牛乳は牛乳でも、コーヒー牛乳とかイチゴ牛乳とか
ココア入り牛乳とかフルーツ牛乳だったら別にお風呂上りでも無くてもごくごく飲めて
「あー、おいしー」と心から感じられるのは不思議でもありますよね・・・(笑)
だけど普通の白の牛乳をそのまんま普通の状態で飲むのは、いまだに抵抗がありますし、白の普通の牛乳を
「美味しい!」と感じた事は実は今まで一度も無いというくらい、
私は牛乳自体はあんまり好きじゃないです・・・

学校の中でももしかしてなのですけど関係者の中で
「児童・生徒の牛乳嫌いの子は意外と多いのかも・・牛乳を残す子も結構多いし、栄養はちゃんと取って欲しいし、
どうすれば子供たちにもっと美味しく楽しく牛乳を飲んでもらえるのかな・・?」みたいな協議とか
要望事項の提出みたいなものもあったのかもしれないですね。

そうした中で登場したのが「ミルメーク」なのだと思います。

昭和40年代初頭、学校給食用食材の製造を手がけていた大島製薬所(現・大島食品工業)は、
栃木県の学校給食会より「子どもたちが残さないように給食の牛乳をおいしくしてほしい」との依頼を受けて商品開発に乗り出し、試行錯誤の上1967年に「コーヒー牛乳の素」としてミルメーク(粉末タイプ)の開発に成功し発売を開始します。
牛乳が苦手でもミルメークを混ぜると飲める子供が増えたため、
その後多くの学校で導入され今現在に至り、現在ではスーパーや100均でも市販されています。

私が小学生の頃から既にこのミルメイクは学校給食の定番だったと思います。

私のように白い牛乳が一応飲めるけど嫌いな子とか本当に大嫌いな子からは
「これがあればなんとか飲める・・コーヒーじゃなくていちごだったらもっと美味しく飲める」みたいな声も相当大きかったと
思いますし、私自身も給食にミルメークが出されるとなんとなく安堵したものでした・・
だけどこれって面白いものですよね・・白の普通の牛乳ではほとんど美味しく感じられないのに、ちょっとああした粉末を
加えるだけで劇的に美味しく飲めるようになりましたので、一部の児童・生徒からは「魔法の粉」と
賞賛(?)されていたものです・・




縺ソ繧九a繝シ縺柔convert_20170713201817



私が小・中学生の頃のミルメイクは袋に入った粉状のもので、味もコーヒーといちごの二種類しか
なかったと思いますけど、最近では随分と進化しているものですね!
メロン味・バナナ味・ココア味・ミルクキャラメル味などの多彩な味も商品化されていますし、
瓶ではなくてテトラパック牛乳の普及に伴い、1978年以降は、ストロー差し込み口から注入できるチューブ入りの液体タイプも
開発され実際に給食として出ているとの事ですけど、
こんな身近な商品一つとっても優秀な日本の「ものづくり」というお家芸は、さまざまな素敵な工夫を施し、
「どうすれば牛乳が苦手な子供たちに美味しく楽しく飲んでもらえるのか?」というテーマを模索し続けている
その姿勢は本当に頭が下がる思いがあったりもしますね!

私が小~中学の頃の牛乳は瓶が主流でしたので、粉状のミルメークを牛乳に注入し、
ストローでかき混ぜるか、ストローが無い時には瓶を一旦紙の蓋で閉じて、シャカシャカとシェイクしたものですけど、
大抵の場合、紙の蓋がゆるいせいか周りの人たちに牛乳が掛ってしまう事が多々あり、
クラスの中でもそんなつまらん事が一つの原因となって喧嘩が勃発・・というのも当時あったような記憶がありますけど、
そんな他愛も無いことで喧嘩が出来ちゃうあの頃が「懐かしいね・・」というものが
あるのかもしれないですね・・(笑)

スポンサーサイト



夏場に食べて「美味しい!」と感じるスイーツはやはり冷たくてさっぱりしたものの方がいいですよね!

ま、たまには暑い日にあえて熱いたこ焼きとかお好み焼きとか焼きとうもろこしもいいとは思うのですけど、
それらはどちらかというとお祭りでの屋台で食べたいものであり、
普通に暑い日のスイーツは、アイスとかかき氷とか冷たい寒天とか冷たい水ようかんの方がいいですよね! (笑・・)

さてさて、そうした夏の日の冷たいスイーツの一つとして私的にはハウス食品の「フルーチェ」もお勧めしたいスイーツの
一つです。
出来ればなのですけど、私的には、キンキンに冷えた牛乳をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておいたフルーチェに
投入し、出来たてほやほやのミルク感たっぷりの感じのフルーチェがお勧めです。
私としましては、牛乳にフルーチェをいれたものを冷蔵庫で再度冷して数時間経過したものを食べても
なんかフレッシュさに欠ける気がしますし、なんとなく普通のフルーツヨーグルトを食べているだけという感覚も無いものでして、
できれば冷たい牛乳で作りたてのフレッシュなフルーチェを思いっきり夏場には
食べてみたいものです!

フルーチェが新商品として世の中に出たのが1976年だったと思いますが、最初にあれを食べた時は
マジで感動したものでした!
「えーー、世の中にはこんな美味しくて爽やかでひんやりとしたスイーツがあるんだ!」と当時はびっくりしたものです!
しかもあの美味しさが、箱に同封されているフルーチェに牛乳を混ぜるだけというあのシンプルさに当時は
驚いたものです!!




繝輔Ν繝シ繝√ぉ_convert_20170711111534




改めて記しますと、「フルーチェ」とはハウス食品が製造・販売する即席デザートベースの商品名で、
牛乳と混ぜることにより、果肉入りのスイーツが出来るという商品です!
常温のフルーチェ1袋 (200g) に冷えた牛乳200ccを加えとろみが出るまでかき混ぜるだけであのとっても美味しい
デザートが完成しちゃいます。

さてさて、フルーチェってなんであんなに簡単に美味しく固まってしまうのでしょうか・・?

最初にあれを見た時は本当に不思議に感じたものでした。
当時はまるで「魔法」のように感じたものです。

ジャムが固まる理由は、果物に含まれるペクチンという多糖類が酸と砂糖と熱で反応するというものですけど、
実はフルーチェもそうした方法を応用したものと言えます。

ペクチンが固まる方法として、上記の方法以外固まるものとして「牛乳」が挙げられるのです。

それではどうしてフルーチェに牛乳を入れると固まるのでしょうか?

それは、フルーチェに含まれる「ペクチン」が牛乳の中に含まれている「カルシウム」と反応するからなのです。
フルーチェは、ペクチンとカルシウムが結びついて固まる原理を利用しているのです。
ペクチンは、リンゴやミカンなどの果物や野菜に含まれる天然の成分で、ジャム作りのレシピに「レモン汁:少々」とあるのは、このペクチンの成分を利用して固めるためなのです。
上記で書いた通り、ジャムの場合は、一定の酸と糖とが反応して固まっているのですが、
フルーチェは、ペクチンとカルシウムと反応して固まるという事なのだと思います。

フルーチェの作り方説明書には「種類別 牛乳」と書かれたものを使ってください」と明記されていて
「乳飲料・加工乳・豆乳では固まりません」とはっきりと書かれているのは、
加工乳や乳飲料の場合は、牛乳ほどのカルシウムが含まれていないため、
フルーチェが上手く固まらないということなのだと思います。

うーーむ、そうした意味においては、フルーチェは、化学の一つの教材と言えるのかもしれないですね。
「料理は愛情」なのかもしれないですし、同時に「料理は化(科)学」なのかもしれないですし、
まさにフルーチェは化学変化を活用したデザートと言えそうですね!

お子様たちの夏休みの「自由研究」として、

1.どうしてフルーチェは牛乳を入れると固まるのか?

2.本当に豆乳では固まらないのか・・? コーヒー牛乳とかイチゴミルクのような加工乳はどこまでだと固まるのか?
飲むヨーグルトや溶かしたアイスクリームでは固まらないのか?
生クリームやカルピスの原液だとどうなるのか・・?

そういった事ょテーマにしてみるのもなんだか楽しいものがあるのかもしれないですね・・(笑)

 | BLOG TOP |