FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ここ最近のコンビニとアニメ作品のコラボ商品展開は本当に素敵なものがありますよね!

コンビニ大手三社というと、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンだと思うのですけど、
私的にはこの三社の中で最もアニメ作品とのコラボが充実しているように感じられるのはローソンだと思います! (笑・・)
最近の当ブログの記事でも、「ローソン×ごちうさ」の素敵なコラボ商品の何度か記事にさせて頂きましたけど、
ここ最近でも、ごちうさ・まどか☆マギカ・リリカルなのは・冴えない彼女の育て方など等でも素敵なコラボ商品とか
ローソン限定オリジナル商品が発売されていましたし、
今年も「艦これ」とのコラボ商品を色々と展開してくれていたのは大変嬉しいものがありました!

先日、7月18日よりローソンで「艦これ」鎮守府夏祭り 二〇一七(フタマルヒトナナ)キャンペーンが開催されていました!

このローソンと艦これのコラボキャンペーンは毎年毎回大変な人気でして、
景品自体が数量限定という事もあり、人気キャラのグッズですと、キャンペーン初日のAM00:00に行ったとしても
景品の早い者勝ち状態になってしまうことも多々ありますし、
実際にうちの近所のローソンでは、キャンペーン初日の7/18の午前中ですでに景品の配布終了とかコラボ商品の完売と
いうものもあり、改めてですけど「艦これ人気」の高さを実感させられる結果になったものでした!

うーーむ、艦これ人気恐るべしっ!! 艦これを侮ることなかれ!!という事なのかもしれないですね!!

数量限定のグッズは先着順となっているので、気になる人はローソンへ急げ!!というのは、艦これファンの間では
合言葉になっているのかもしれないですね・・(笑・・)
ごちうさの時も結構競争率の高さは意識していましたけど、今回の「艦これ」に関しては、正直、ごちうさの比じゃない・・・
みたいな様相を呈していたと思います。
本日は7/27という事で、艦これ×ローソンのコラボキャンペーンが始まって9日経過という事ですけど、
私が知る限りにおいて、現時点でほぼ全てのローソン店舗はこのキャンペーンを既に終了していると
思います。







CIMG0407_convert_20170721154606.jpg




今回のコラボキャンペーンで目を引いたのが「クリアファイル」だと思います!

クリアファイルは全4種類で、夏祭り浴衣仕様のLibeccio、綾波、敷波、神威がデザインされています。

条件は、「日清焼きそば」を2個購入することでクリアファイル1枚を先着順で好きなものをゲットできます!
各店の在庫「28枚で、「お一人様1店舗あたり各種1枚で計4枚まで」の制限という制約もあります。
一番安い大盛り1.5倍2個なら、税込280円で1枚貰える計算です・・・(笑)

今回、私が一番欲しかったのは「綾波」なのですけど、さすがその辺りは皆様同じお気持ちのようですね・・・!

私がキャンペーン当日の昼過ぎに行った際にはどの店舗にも既に綾波のクリアファイルは無くて(泣・・)
今回は「神威」をゲットしちゃいました!
焼きとうもろこしを頬張っているのがとっても可愛いです!




CIMG0410_convert_20170721154731.jpg



CIMG0409_convert_20170721154704.jpg



続きまして「アクリルチャーム」です!
クリアファイル同様全4種類で、浴衣仕様の古鷹、藤波、朝霜、リベッチオの4人から自由に選べます。

飴やチョコレート等、対象のお菓子を3個買うことで1個貰えます。
これもお一人様1店舗につき各種1個、計4個まで」の制限が課されています。
要は早し話がロッテのお菓子を三つ買え!という感じなのでしょうね・・・
ま・・私自身は、子供の頃よりマリーンズファン(オリオンズファン)でもありますので、全然抵抗ないで~す! (笑)

今回は、ガム・のど飴・チョコの3点を購入です。

本音は「古鷹欲しいっ!」でしたけど、古鷹はどの店舗でも置いていなくて、今回は「藤波」を選ばさせて頂きました!




CIMG0412_convert_20170721154802.jpg



CIMG0424_convert_20170721154921.jpg


CIMG0415_convert_20170721154833.jpg




さてさて・・・今回のキャンペーンで一番の狙い目は伊重巡洋艦「Pola(ポーラ)」のミニタペストリーだと思いますっ!!

「リポビタンシリーズ」を3本購入することで1個ミニタペストリーをゲットできます!
1店舗につき1個までの制限はありますけど、一番安いリポビタンDシリーズ3本を買えば、税込474円で
ポーラのミニタペストリーをゲットできますので、
私にとっては最大の目玉景品だったと思います!

上記の画像はリポビタンDが2本しか写っていませんけど、当日は暑かったものですので、ついつい一本は
その場で飲んでしまいました・・・(汗・・)

サイズは18㎝×51.5㎝ですので、ちゃちな仕様ではないと思いますし、ちなみに箱から出してこのミニタペストリーを
作るのは結構面倒と言うか意外と手間が掛りました・・・(汗・・)
このポーラのタペストリーは早速ですけど、自室のドアに飾らさせて頂いております・・! (笑)




mizugi-kasima-0_convert_20160823171140.png




あ・・・だけど、今回のコラボキャンペーンで私が一番欲しかったのは、上記のような
「〇〇個買えば早いもの勝ちで必ず貰える景品」というタイプのモノではなくて、
「海風&江風」と「香取&鹿島」がそれぞれ描かれている、全2種類のボックスティッシュと
鹿島、江風、加賀の三種類のアクリル製プレートフィギュアのうち、鹿島のアクリル製プレートフィギュアでした!!

これは完全に数量限定のオリジナル商品ですので、「多分ゲットは難しいだろうなぁ・・」と事前に予測していましたけど、
やっぱり入手できなかったです。
というか、どの店舗に行っても既にこのオリジナル商品は既に完売状態でした・・・(大泣・・・)

う――――む、今回は、大本命は鹿島のアクリル製プレートフィギュアと香取&鹿島のボックスティッシュでしたので、
これは、もう少し早い時間帯に行くべきでした!
これは痛恨の極みですね・・・(汗・・)

鹿島は欲しかったなぁ・・というのが私の偽らざる本音です!

さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記の水着・鹿島のイラストは、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが 2016年8月に描かれたものです。

描かれたのが8月という事で真夏の盛りでしたので、タイミングとしてはまさにドンピシャ!のタイミングだったと思います。

そして上記で記したとおり、今回は鹿島グッズをゲットできませんでしたので、
その代わりにアミグリさんが描かれた水着鹿島でこの「喪失感」を癒させて頂きたいと思います・・・(笑)

この水着・鹿島を掲載時のアミグリさんのコメントとして
「艦これの鹿島ちゃんを描きました。
鹿島ちゃん初描きです。
正直仕上げるかどうしようかすごく迷ったんですけど
せっかく描いたので仕上げることにしました!
もうちょっと構図とかこりたかったんですけどねー(´・ω・`)」と言われておりましたが、

いやいや、水着なんですから、シンプルな方がかえって鹿島の可愛らしさがぐぐっと引き立ちますので、
あえて何も手を加えない方が大正解だったと思います!
それにそれに、この可愛らしさはとても初描きとは思えないです!

鹿島を描かれてしかも水着という事でも「一粒で二度おいしいイラスト」になっていると思います。

鹿島らしい優雅でお嬢様らしい雰囲気がとても素敵に描かれていると思いますし、
お姉さんの香取とは全然別の魅力をアミグリさんがうまく引き出されていると思います。
鹿島の特徴でもあるツインテールもとっても可愛く描かれていて この「微笑み」がとっても魅力的ですね!

上記のこの優雅で可愛い鹿島は、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

そして今週の日曜日は、「アミグリさんが描かれたルーミア特集 その③」も予定されていて、
前回のその②においては、泣き顔ルーミアとティ―カップルーミアが大変な反響と賞賛のお声を頂けましたけど、
果たして今回はどのようなイラストが登場してくるのでしょうか!?

乞うご期待です!
スポンサーサイト



当ブログの「吹奏楽カテゴリ」の中でよく出てくる表現の一つに
「流れる水は腐らない」というワードがあったりもするものですけど、
要は、音楽を演奏する際の話として、慎重に冷静さと節度さをキープして演奏する事はとっても大切なんだけど、
あまりにもテンポ設定を極度に遅めに設定したり、瞬間的に間合いを
取り過ぎたりするとどうしても音楽自体の構成が分断され、「大きな流れ・うねり」にならない事への一つの警告なのかなとも
思ったりもします。
勢いがある箇所なんかは、あまり難しい事を考えずにその場のノリと勢いみたいな感じで一気呵成に仕上げた方が
一発勝負のコンクールなんかではむしろ適しているみたいな事なのかなとも思います。

早い話が「音楽のスピード感・ドライヴ感・躍動感」みたいなものですね。

流れる水は腐りません。確かにその通りだと思います。だけど、冬場はいいとして梅雨の時期とか
夏場の暑い盛りにおいては、
一旦開封し自室等で放置したペットボトルのお茶なんかも二日程度で腐ってしまうというのか、
お茶自体が妙にすっばい香り&味に変容してしまい、
とてもじゃないけど飲めやしない・・みたいな事は結構起きると思います。
紅茶とかジュースとかポカリスエットなどのように飲み物内に「砂糖」が含まれている飲料水ですと、
一旦蓋を開けて開封し冷蔵庫に入れないで外で常温のまんま放置しておくと、そうですね・・大体丸一日程度
放置すると異臭みたいなすっぱい香りが発生し、翌日にはカビが生えてしまう事はよくあると思います。
だけど、「お茶」みたいに砂糖が全く含まれていない飲料水なんかでも、夏場でエアコンをあんまり付けない部屋で
開封した状態で放置してしまうと、二日後ぐらいにはすっぱい味に変化してしまうのは
なんか不思議なものがありますよね。
どうなんだろ・・・普通の水というかペットボトルに入っている天然水なんかもそんな感じになるのかな・・・?
「緑茶」の中に、もしかしたら色々と化学物質みたいなものが含まれていて、
それが酸化してしまうことが異味・異臭の原因になるのかな・・・?

真冬ですと、室内でしたら3~4日程度ぐらいなら開封した状態でもそうした事にはなりませんから、
夏場の方がやっぱりそうした酸化現象とかカビの発生が起きやすいという事なんでしょうね。
とにかく一度開封したペットボトル飲料は、極力開けたその日に飲み切る、そして2Lみたいな大容器の場合は、
残ったら冷蔵庫に入れて保管というのは、大原則と言えるのでしょうね。

我が家には一台大き目の冷蔵庫があり、元々はうちの奥様と私が共同で使用していたのですけど
最近は・・・・
彼女が色々とケーキだのブリンだのシュークリームだの炭酸飲料等を大量に購入し
それを全部冷蔵庫にしまいこんでいるので、
私自身が購入した物を入れるスペースがほとんど無い・・というのが実態です! (汗・・!)
先日も「仕事から戻ってきた時とかお風呂上りに冷たいペットボトルのお茶でも飲みたいな・・・」と思い
冷蔵庫に2Lのペットボトルのお茶を入れようとしたら、それでさえ入る余地は全くありません・・(泣・・)
「えーー、お茶ぐらい冷蔵庫に入れさせてよ・・・!!」と頼んでも
「ダメ!!  あなたの飲み物・食べ物を入れるスペースなど無い!!  私のケーキ等が無くなって冷蔵庫内にスペースが
出来たら少しは入れてもいい・・」みたいなとんでもない事を言いだすので
仕方なく、ペットボトルのお茶を半分ほどグビグビ飲んで、残った半分は、そのまんま自室に放置してしまったら
二日後には上記みたいな事が起きてしまいました・・・・(泣・・)

砂糖や添加物が基本的には入っていないお茶なんていうのは
常温で蓋をきちんと締めておけば三日くらいは平気でもつのかなと思っていたら
甘かったですね・・・・
お茶と言えども、半分飲んだものをそのまんま放置しておけば、腐ってしまうという事なのですね・・・(笑)

そうそう、これについて最近実験してみた事があるのですけど、
自室でペットボトルのお茶を飲む時って、面倒だからいちいちペットボトルからコップ等にお茶を注いで飲むという事は
しないで、基本的にはペットボトルをラッパ飲みする事がほとんどだと思います。
ラッパ飲みですので、当然自分の口が直接そのペットボトルの先端と触れることになります。
多分ですけど、その際に自らの唾液がペットボトルに触れることで、何かしらの「菌」みたいなものがペットボトル内で
繁殖しているのかもしれないですね・・・
それゆえに夏場の放置→酸っぱい香りみたいな異臭という事をもたらしているのかもしれないと思います。
(「なんだ! 原因は自分自身なんじゃん!」という感じですね・・・苦笑・・)
そうした仮説を裏付けるため、先日とある実験をしてみました。
なにかと言うと、2L入りペットボトルのお茶を自室内で開封し、一切自分の口を付けないで、これを飲む際は、
ペットボトルから水筒というかアルミ製のマイボトルに移して飲む事にし、ラッパ飲みをしないで自室内に置いておいたら、
なんと・・・!
従来でしたら二日程度で異臭が発生していたのが4日程度はそうした異臭が発生する事も無く
お茶としての香り・風味がキープされていたと思います。
やっぱり異臭の原因は、自らの口内の雑菌なのかもしれないですね・・(滝汗・・!)









上記の話はペットボトルのお茶の話でしたけど、それは無糖・無添加のお茶だから、
そうした夏場の放置が多少は出来るのかも・・と話と言えますが、これが砂糖入りの清涼飲料水とか
コーヒーというと話は全然違ってくるのでしょうね・・(笑)

以前当ブログにおいて、「とにかく甘い! ひたすら甘い!!」という関東限定というのかほとんど千葉県限定と言うのか
千葉県民の皆様にとってはもしかしたら「千葉県人のための飲み物」と言えるのかもしれない
ジョージアから発売されている「MAX COFFEE」の事を取り上げさせて頂きましたけど、
さすがに「MAX COFFEE」を夏場に室内で放置したら1日程度で飲めなくなってしまいそうな感じもあったりします・・・

改めてですけど、この「MAX COFFEE」の甘さは半端ないです!

私自身、缶コーヒー・コンビニコーヒー・大手チェーン・喫茶店・ホテル等いろいろとコーヒーは飲んできたと思うのですけど、
後にも先にもこんなに「甘いコーヒー」は飲んだことがないです!
とにかく砂糖水を飲んでいるというのか、カフェオーレに大量に角砂糖を入れたようなお味です!
あんなむちゃくちゃに甘いコーヒーというのも逆にこの時代では珍しいと言えるのかもしれないですね。

この「MAX COFFEE」なのですけど、最初何が「マックスなのかな・・?」と感じたのですけど、
缶自体は縦長の普通の250ml缶の大きさですし、大きさも量も別にマックスではないと思います。
ちなみにMAX COFFEEは今現在では500mlサイズのペットボトルもあり、ここ埼玉ではスーパーでもよく見かけます。
それではこのコーヒーのどこがマックスなのかというと、
そう!! 「甘さ」こそがまさにマックスなのだと思います!! (笑)

最初にこれを飲んだ時は驚きましたね!
「甘さのかたまり」・「砂糖水のカフェオレ割り」・「そのへんのオレンジジュースよりもはるかに甘い!」
といった印象しかなかったですね!
数ある缶コーヒーの中でも頂点に君臨する甘さを持つコーヒーといっても決して言い過ぎではないと思います。
否! 日本中全ての清涼飲料水にジャンルを広げても、「甘さのチャンピオン!」という称号を
取れそうなほどの「甘さの王様」に君臨しているのだと思います。
それでいてこの商品が「コーヒー」である事に驚きを禁じ得ないと感じます!
成分表示を見てみますと、そこには「加糖練乳、砂糖、コーヒー」と書かれています。
何とこのマックスコーヒーは、コーヒー飲料であるにもかかわらず、表示成分の優先順位はコーヒーが3番目なのです!!
この優先順位こそが、この缶コーヒーの本質と言っても差し支えはないのかもしれないですね

最後に・・・

コーヒー飲料「マックスコーヒー」しか販売しない自動販売機が2017年6月21日、
千葉県船橋市の「ららぽーとTOKYO-BAY」北館1階に設置されたというニュースが先日出ていましたけど
7月14日までの期間限定だという事ですけど、
マックスコーヒーだけしか置かれていないというまさに「右も左もマックスコーヒーだらけぇ~!」というのも
なんだか楽しい話ですし、大の甘党の方でしたら感涙ものの自動販売機なのかもしれないですね・・・(笑)

 | BLOG TOP |