FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


こんな事書いてしまうと「またまたアナログの昭和生まれの昭和育ちが戯言ほざいているよ・・」と
皆様から呆れられちゃいそうなのですけど(汗・・)
私が中学~大学、そして社会人になりたての頃の音楽保存ツールって「カセットテープ」が主流だったと思います。
(柴門ふみの「東京ラブストーリー」の漫画の中においても、音楽保存ツールとしてのカセットテープが普通に車内に
置いてあったような時代でした・・)
1990年代中盤以降から、カセットテープに代って一時でしたけど、音楽の保存ツールとして
「MD」なんてのも一時あったと思います、
さすがに私自身も現在では、音楽を聴くための音源の購入・入手に当たってはダウンロードをメインにしていますけど、
一時期ですけど、MDを保存ツールとしてかなり活用していた時期がありました。

カセットテープは確かに使い慣れたアイテムではあったのですけど、ザーザーという音のノイズとか
テープが機器に絡みつく危険があるとか、はたまた聴けば聞くほど音質が悪化し、テープ自体も20年程度しか
保存ができない感じでもありましたし、その保管については同時も「さてさて、どうしたものか・・」と思案に暮れる事も
多々あったと思います。
そういう時に一時期「救世主」的な存在として世に登場したのが「MD」でもありました!
だって、ノイズは少ないし音質の悪化はないし、ある程度の長期保管は可能でしたし、カセットテープが抱えていた問題点を
MDが一気に片付けてくれたみたいな側面も当時は間違いなくあったと思います。

そんな流れで1990年代後半において、当時私がカセットテープに色々と保管していた吹奏楽コンクール関係の音源を
カセットテープからMDにダビングしたのですけど、現在は、この「MD」自体が「過去の遺物」状態になっていて
現在の家電店には、MDデッキの販売・修理すら取り扱っておりません、というか数年前にMD自体の生産を
メーカ―は中止し、多分ですけど現在の日本においてはMD自体から完全撤退となっています。
それだけ現在ではダウンロードが音楽を聴く方法としての主体になっているという事でしょうし、もしかしたら、今の若い世代の
皆様にとっては「CDを購入し音楽を聴く」という行為そのものが「死語の世界」になっているのかも
しれないですね・・! (汗・・)

だけどなぁ・・・MDは思ったほどは普及しませんでしたね・・・

というか、このMDが登場して間もなく、i-Podが登場し、あっという間に普及し
「CDで音楽を聴く時代」から「ダウンロードして音楽を聴く時代」に
変わってしまいましたからね・・・・

万一うちで今現在使用しているMD付のコンポが壊れて、家電量販店やメーカー等から「修理対応不可」なんて言われたら
まずいな・・と思っていたら、なんと!
唐突にその日はやってきてしまいました・・・(泣・・)
うちのオーディオコンポは、CD・MD・カセットテープが聴けるタイプのものなのですけど、先日MDのトレイにセットして
再生ボタンを押しても音が出ず、多分ですけど何らかの原因で故障をしてしまいました・・・
このコンポの購入先は池袋のビックカメラでしたので、まずは修理対応窓口に電話して確認した所
「既に生産中止となっていて部品の取り寄せが不可能のため、修理は出来ない」と言われてしまい、
結局このコンポのMD部分は完璧にオシャカになってしまいました・・・
ま、だけどそれも仕方ないですね・・・
このコンポは今はビクターに経営統合されて存在しない「ケンウッド製」のコンポですし、これを購入したのが確か1999年
でしたので、そうですね・・・
「18年間ここまで壊れずにいてくれてありがとう!」と感謝はさせて頂きたいものですね!

だけど問題は、吹奏楽コンクールの膨大な実況録音が入っているカセットテープからMDにダビングした
この大量のMDを引き続き聴けるようにするには
果たしてどうすればいいのか・・という問題でした。
量が少なければいいのですけど、こうやってうちのブログでも「吹奏楽コンクールカテゴリ」をわざわざ設置して
過去の吹奏楽コンクールの事をどーたらこーたら書いている管理人の私が、
「MDコンポの破損のため、過去のコンクール演奏を聴く事が出来ない為、このカテゴリからは撤退・・」というのも
なんかシャクに障る話ですし、
「吹奏楽コンクール」は私にとっては東方などど共に「大切にしたい事」でもありますので、
「コンポが壊れて他にこの膨大なMDを聴くためにはどうすればいいのだ・・」という問題をなんとかクリアしなければいけない
という問題に直面したものでした。

ま・・だけどこれはいかにもアナログな話ですし、現在の若い人達の視点で見てしまうと
「なにを時代遅れなレトロな事言ってるんだ・・」みたいな事になってしまいますよね・・・(滝汗・・!)

これは余談ですけど、最近驚いたことが一つありまして、仕事である高齢者の顧客をお伺いしたところ、
そのお宅のネット回線がいまだに「NTTのダイヤル回線」を利用していました・・・・
さすがにこれにはビックリ・・・・!
「アナログな自分よりも更に上には上がいる・・」と思い少し安堵したものでした(苦笑・・)
「ダイヤルアップ方式じゃ電話代も大変でしょう・・」と聞いても
「あ、うち、電話もパソコンも全然利用しないから、いいんだ・・」とか言われてはいましたけどね・・・・









うちのブログでは、よく管理人の私が吹奏楽部に入部する以前のかなり古い時代の演奏の事を語っている事が
あるのですけど、あれって別に私が実はタイムトラベラーで、1970年代の演奏をタイムマシーンに乗って聴きに行った
という訳ではなくて(汗・・)
古い時代の吹奏楽コンクールの実況録音が収録されていたカセットテープを音源として聴いていたというのが
正解でもあったりします。

私の高校と大学の吹奏楽団の同期に何人か吹奏楽に関してとてつもなく詳しい人がいまして、
当時の吹奏楽コンクールのレコードは、確か1977年までは金賞受賞団体しか収録されませんでしたし、
一般・大学・職場の部に至っては、1987年までは金賞受賞団体しか収録されていませんでした。
課題曲がレコードとして収録されることも少なかったです。
当時、大阪の「日本ワールドレコード社」とか世田谷の「トラヤ」という会社なのですけど、
吹奏楽コンクールの実況アナウンス・課題曲・自由曲・拍手まで完全に収録されたものを
一団体800円~1200円程度で、カスタム製作という事で、好きな演奏団体を年度に関係なく
1本のテープに2~6演奏団体程度まで収めて貰うというサービスがあったのです。
そのカスタムテープを同期の彼らが異常に収集しまくっていて、「〇〇年の〇〇というチームのテープをダビングして」と頼めば
結構気軽にホイホイダビングしてくれましたので、
色々な演奏団体の課題曲・自由曲を聴く事が出来ました。
というか・・・結果的にですけど、1973年~1983年の全国大会の高校の部の演奏は、このカスタムテープで
ほとんど聴く事が出来ました!!
いや――、これって今にして思うと本当にラッキーでした・・・!!
ちなみにこのカスタムテープですけど・・・1987年頃あたりまでは著作権もファジーな感じて、
楽劇「サロメ」とかバレエ音楽「春の祭典」なんかも普通にオーダー出来ていました。
著作権が煩くなってきたのは、平成に入って以降ですね・・・
ちなみにですけど、確かトラヤは平成元年あたりに倒産していました・・・
うーーむ、あの膨大な録音データー、その後一体どうなってしまったのでしょうか・・・・?
ちなみにですけど・・・・
私自身も後に色々とカスタムテープを依頼する事になったのですけど、1970年代の支部大会の録音なんかは
今にして思うとかなり貴重な音源もあったものです。

この「カスタムテープ」には、課題曲も自由曲も収録されていて、
拍手・アナウンスなど全てが含まれていますので、資料としても大変貴重だと思います。
最近、ブレーン社の「レジェンダリーシリーズ」とか過去の名演集等で過去の素晴らしい名演がCD化される事も多く、
私としては大変有難い限りなのですけど、
大抵の場合、それは「自由曲」のみの収録で、課題曲の演奏は含まれない事がほとんどです。
カスタムテープの場合、実況アナウンス・課題曲・自由曲・拍手・会場の雰囲気があますところなく収録されていて
当時の雰囲気を知るにはかなり貴重なものとなっています。

とにかくそんな訳で当時の私の自室には過去の吹奏楽コンクールの実況録音を収録したカセットテープが
山のように積み上げられていたと思います。
そして上記で書いた通り、90年代後半にカセットテープ→MDにダビングする事で「音源の長期保管」を図ったという事なのです!
だから・・・MDが聴けなくなってしまう事は、私にとっては実は「死活問題」にもなりかねないのです・・・(汗・・!)




MD繝ゥ繧ク繧ォ繧サ縲靴lavia縲浩convert_20170611192437




さてさて、そんな訳で「どうしたものかな・・?」と思っていた所、
「そうだ! 2000年代初頭の頃には、コンポじゃなくてCDMD付ラジカセなんて商品もあったから、
この手の商品ってリサイクルショップに行けば案外まだ置いてあるのかも・・?」と予想して、実際にリサイクルショップに
行った所・・・ありました! ありました・・!
しかもかなり複数の商品が置かれています。
動作確認済・店舗としての保証三か月というのも謳われているのもあったりしますので、なるべく綺麗な中古品を
選んで購入しちゃいました!

そこで選定した中古品は、ビクターのClaviaというCD・MD・カセット・ラジオと言った機能が付いたMD掲載型ラジカセ
でした!
ちなみに価格はなんと・・! 1200円でした!!

早速視聴してみたのですけど、CDもMDも問題なく音のひずみ・ゆがみも無く普通に聴く事が出来ましたので
安堵しました。

うーーむ、こういう時って家電量販とかディスカウント店に行くよりは、中古リサイクルショップを探した方が
安くて掘りだし品が見つかる可能性もあるという事なのかもしれないですね。

そうそう、このClaviaなのですけど、かなり面白い機能が付いていました。

なにかと言うと、「イルミネーション機能」と取扱説明書に書かれていましたけど、
本体前面のアクリルパネルが、時間の経過と共に次から次へと7つの色が変幻自在に変化・推移していき、
これを室内の電気を消した状態で見ると、まさにちょっとしたイルミネーションショーを楽しむ事が
出来ると思います。
これは音楽を聴く上では何の関連性も無いのですけど、こういう「遊び心」ってとっても素敵だと思います!
次から次へとパネルの色が変化していく光景はちょっと幻想的ですし、これは視覚的にはとても楽しいものが
あると思います。

これは「光による七色の魔法」という感じなのかもしれないですね。




201705051625212a2s.jpg




最後に・・・

上記で「七色の魔法」とか「光による七色の魔法」記しちゃいましたけど、「七色の魔法使い」とか
「七色の人形遣い」というと思い出す御方は・・そう! 東方屈指の美少女、アリスです!
アリスは「七色の人形遣い」という二つ名なのですけど、人形の数が7体という訳ではありませんし、
弾幕の色や服の色も七色に満たないと思いますが、それでは何が「七色」なのでしょうか・・?

「東方文花帖」においては、アリスの二つ名は「見た目だけ賑やかな妖怪」となっていましたので、
カラフル=七色という事なのかもしれないですね・・・(笑)
アリスが出演した「東方妖々夢」自体が「虹」関係のものが多いので、それで「七色」なのかもしれませんね・・(笑)
とにかく・・・なんとなくなのですけど、東方キャラの中では、
上記のMDラジカセのClaviaの七色のイルミネーション機能に一番近いと感じさせるのはやっぱりアリスなのだと
思います・・・(笑)


あれれ・・・アリスというと最近当ブログでもアリスのイラストを転載&ご紹介させて頂いておりますが、
その際のアリスが大変好評でしたので、今回再度この可愛いアリスを再転載させて頂きたいと思います!

ちなみにですけど、上記のアリス・マーガトロイドを描かれたのは、
当ブログの大切なブロとも様のお一人のkirakiya.rumari様です!

改めてですけど、このアリスはとっても可愛いですよね!

アリスは東方でも屈指の美少女キャラとして大変人気が高く、東方人気投票においても常にベスト10入りを
キープしていて、本人は「人形遣い」という魔法使いなんですけど、そのアリス本人がお人形さんよりも
実はお人形さんみたいな雰囲気を有しているというキャラでもあったりします。

全体的には金髪と赤のフリルと青のドレスのバランスが大変見事に調和されていると思いますし、
上海人形のちょっとおませでいたずらっ子っぽい雰囲気も全体に華を添えているようにも感じられます。

アリスは公式では無愛想設定になっているのですけど、 kirakiya.rumari さんの描かれたアリスと上海人形を見ると、
魔法の森のアリスの自宅で、こうやって人形たちと和気あいあいと お茶会を楽しんでいる様子が
とてもナチュラルに伝わってきましたし、
「上海人形たちと一緒にお茶会を楽しむアリス」という kirakiya.rumari さんの構想前からの基本コンセプトが
最初から最後まできちんと貫かれているのは大変素晴らしいと感じたものでした!


このkirakiya.rumari様が描かれたアリスについては、当ブログの6月14日の記事でも語らさせて頂いておりますので、
是非当ブログのその日の記事も改めてご覧頂けるととても嬉しいものがあります!

→  美少女・アリス


今回は、kirakiya.rumari 様が描かれた美少女・アリスのイラストを転載させて頂きましたが、
kirakiya.rumari 様には他にも素敵なイラストとか
もう一つのお顔でもあるネックレス等のアクセサリーの記事もありますので、
是非是非皆様!! kirakiya.rumari 様 の素敵なブログ  kira kiya な 空 rumari な想い をご覧になって頂けるととっても嬉しいです!

当ブログだけでなく kirakiya.rumari 様 の素敵なブログ  kira kiya な 空 rumari な想い も何卒宜しくお願いいたします!

kirakiya.rumari 様は、普段は小さいお子様を育てながら、こうやって日々素敵な創作活動をされていますが、
その奮迅ぶりには本当にいつも頭が下がる思いですし、
なにかとお忙しいとは思うのですが、こうした素敵な創作も是非是非今後も続けて頂きたいと思いますし、
そうした kirakiya.rumari 様のブログを私としても今後も陰ながら応援させて頂きたいと思います。

最後に・・・kirakiya.rumari 様の最新記事においては、なんと・・!
当ブログの事をとっても素敵にご紹介までして頂けておりました!
拝見させて頂きとっても嬉しかったです!
本当にいつもありがとうございます! どうかこれからも宜しくお願いいたします!!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |