プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
24位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


201705051625212a2s.jpg




今回はいきなりとある絵師様の素敵なイラストより始めさせて頂きます。

上記のとっても可愛い美少女は言うまでも無く東方Projectの「七色の人形遣い」こと、アリス・マーガトロイドです!

そしてアリスは東方でも屈指の美少女キャラとして大変人気が高く、東方人気投票においても常にベスト10入りを
キープしていて、本人は「人形遣い」という魔法使いなんですけど、そのアリス本人がお人形さんよりも
実はお人形さんみたいな雰囲気を有しているというキャラでもあったりします。

そうしたアリスを描いて頂けたのは、当ブログの大切なブロとも様のお一人で、
kira kiya な 空 rumari な想いという
ブログを管理運営されているkirakiya.rumari 様です!

まずは皆様! この最終的に完成されたアリスをよーくご覧になっておいて下さいね!

「あれれ・・・? kirakiya.rumari さん・・えっと・・このお名前一度耳にした事があるんだけど・・」というそこのあなた・・!

さすがお目が高い!

実はkirakiya.rumari 様の描かれた作品を特集させて頂くのは今回で二回目でありまして、
今年の2月16日に kirakiya.rumari 様が描かれた同じく東方キャラの中から「うどんげちゃん」をメインに
特集させて頂き、あの時は色々な皆様から賞賛のお声を頂き、素敵な反響をたくさん頂けた事に改めて
感謝申し上げたいと思います。

ちなみにですけど、kirakiya.rumari 様が描かれたうどんげちゃん記事をもう一度ご覧になりたい方は、
是非ぜひ 鈴仙・優曇華院・イナバ をご覧頂ければ幸いです!!

→ 鈴仙・優曇華院・イナバ

さてさて、そのkira kiya な 空 rumari な想い のブログが 通算1000拍手を超えられた際に「1000拍手記念として記念リクエスト募集!
東方作品も可」という大変嬉しいお話を聞き
「アリスは、かなりファンタジー感のある可愛いキャラだし、kirakiya.rumariさんの作風に間違いなくびったりそうだし、
なによりもkirakiya.rumari さんが描かれた美少女・アリスを見てみたいなぁ・・」と思い、
迷うことなくアリスをリクエストさせて頂いたというのが今回の経緯でありました。

一般的には絵師様の作品って、完成絵だけを掲載される事が多いのですけど、
kirakiya.rumari さんの場合、そのブログ記事内においても、完成作品だけではなくて、その途中経過も公開されていて、
一番最初は線画のみから始まり、下描き→本描き→塗り→加筆修正→本塗りと段々と「一枚のイラスト」が完成されていく
その「過程」を私達に見せてくれて頂けているのは大変興味深いものがあると思います。

これって私がよく口にしている「無」から「有」を創造する過程そのものだと思うのですけど、
ほとんどの絵師様は、そうしたご自身のご苦労の過程を公開される事は少ないと思われる中、
こうやって一番最初は線画のアリスから始まり、それがどうやって最終的に上記のような素敵なアリスへと
導かれていったのか、本日はその過程を是非皆様にも見て頂き、
絵師様の日常の制作上のご苦労とか「絵」が仕上がる制作過程というものの一端をご覧になって頂けると
大変嬉しいものがあります。








まず上記は、3月22日公開の「アリスと上海人形 途中経過 その1」です。

あ・・そうそう、今回のアリスなのですけど、アリスと言えば人形遣い! そしてそのアリスのパートナー的な人形と言うと、
その代表格は「上海人形」たちでもありますので、
kirakiya.rumari さんが描かれたアリスは「上海人形たちと一緒にお茶会を楽しむアリス」というイメージです。

上記は「さーて、これから素敵な絵が仕上げていくぞぉ―! これから無から有を創造するワクワク&ドキドキが
始まるぞぉ―!」みたいな雰囲気もあるのではないかと思います。

さてさて・・・ここからどんな「変化」があって最終的に上記の完成されたアリスのイラストに辿り着いたのでしようか・・?

この1の段階でのkirakiya.rumari さんのお言葉は
「今回は画用紙に シャープペンシルで描きました。
下描きの下描きです。
なので余分な線が多いです💦」との事でしたけど、
こうやって何も無い所から始まっていくのが「一枚の絵」であり、絵・イラストというものは、まるでお城の石垣を
一段一段積み重ねていくもんなのだなあ・・と改めて実感したものでした。

アリスの衣装の細かいフリルもこの段階から大変精緻に描かれていて、改めて
「やはり絵師様の苦労というものは尽きないものだな・・」としみじみ感じたものでした。




20170331013934f47s.jpg




続きまして3月31日にUPされた「途中経過 その2」です!

この段階においては、下描きがこれにて完了したとの事でこの後の家庭からいよいよ塗りが開始されていきます。

上記の過程は本描き(ペン入れ)が終了したと言う事になるのですけど、
上記の1に比べると確かに線がよりはっくりくっきりと濃淡を付けられていて
いよいよ「美少女・アリス」の全体の方向性が見えてきたという感じがします。

この2の段階でのkirakiya.rumari さんのお言葉は
「アリスは お人形さんのような美少女という事で、
なるべく輪郭をはっきりさせず、
髪の線を細くしました。
なんとなく乙女チックな雰囲気が
醸し出されているといいなと思います。
上海人形の方は、
手の曖昧さで人間ぽさを少し排除したつもりです。」との事でしたけど、
こうした「繊細さ」が大変丁寧に描き込まれているのが、アリスのこの「美少女」振りを的確に表現しているようにも
感じられます。
髪の線の細さとかつぶらな瞳のキラキラ感がやはりアリスらしい素敵な美少女振りを描かれていると思います。

さてさて、こうやって完成された線画に「色」という「魔法」が入るとどんな感じになるのでしょうか・・?

アリスは「七色の人形遣い」という二つ名なのですけど、人形の数が7体という訳ではありませんし、
(三月精においては、一度に20体ぐらいの人形を同時に操作していましたよね・・!)
弾幕の色や服の色も七色に満たないと思いますが、それでは何が「七色」なのでしょうか・・? (笑・・)
「東方文花帖」においては、アリスの二つ名は「見た目だけ賑やかな妖怪」となっていましたので、
カラフル=七色という事なのかもしれないですね・・・(笑)

さてさて・・それでは、kirakiya.rumari さんの「七色の魔法」というかカラフルな色遣いとは
どんな感じになっていくのでしょうか・・?
この途中経過2が掲載されていた時は、「さてさて果たしてどんな色という魔法が入っていくのかな・・?」と
楽しみにしていたものでした!





2017040800523025es.jpg




続きまして4月8日に掲載された「途中経過 その3」です。

この過程において、いよいよ「色」が入っていきます!

アリスというとやっぱのあの金髪が大変印象的ですし、「人形遣いなのに本人が一番ドールっぽい」雰囲気の
大きな要因にもなっていると思うのですけど、
髪にカラーが入るだけで随分と雰囲気が変わるもんだなぁ・・と改めて
感じたものでした。

この淡い色彩の金髪がとっても可愛いですね!




20170418005643ba8s.jpg




続きまして4月18日掲載の「途中経過 その4」です。

その3からかなり劇的に雰囲気が変ってきたようにも感じられます。
いよいよ色が鮮明になってきて、全体の概要が分かるようになってきましたけど、
髪・服・瞳の色にカラーが更に濃く入る事で印象度もガラリと変ってきたようにも感じられます。
その3よりも瞳がくっきりと描かれていて、それがアリスの持ち味でもある「東方屈指の美少女振り」を素敵に
反映していると思います。

その3あたりまではkirakiya.rumari さんが描かれたアリス自身がどことなくお人形さんみたいな雰囲気も
感じなくもなかったのですけど、
今回のその4をもって人形のような容姿の女の子→人形を操る一人前の人形遣いへと
素敵な「生命の息吹」をこのアリスのイラストの中にkirakiya.rumariさんご自身が
吹きこまれたようにも感じられますね。
よく日本人形とか西洋のアンティーク人形を制作される方が「人形作りとは人形に命を吹き込むようなもの」と
言われる事も多いのですけど、
このアリスに関しては、kirakiya.rumari さんご自身がアリスに「人形遣いとしての魂」を二次元作品として
素敵に注入したものと言えるのかもしれないですね。

アリスを描かれる絵師様の多くは、どちらかというと中性的にアリスを描かれる事が多く、
無愛想なアリスであったり、引きこもり気味のアリスであったり、人間嫌いのアリスであったり、
魔法使いとう同業者同士なのですけど、魔理沙と仲良くしているパチュリーさんに対してメラメラと嫉妬の炎を
燃やすみたいなパターンで描かれちゃうことが多くて
アリスは実は「女の子そのもの!」という解釈を取っている私としては
「ちょっと、それは違うんだよなぁ・・」と感じなくもなかったのですけど、こうやって女の子そのものの雰囲気のアリスで
「自分」だけの殻に閉じこもらないで上海人形たちと共に一緒になってお茶会を楽しむアリスを
女の子らしく描いて頂けたkirakiya.rumari さんに対しては
「ありがとうございます! こういうアリスを実は待っていたんですっ!」と申し上げたい気持ちで一杯ですね!

さてさて・・・ここから最終的にどのようなアリスが完成されたのでしょうか・・?




201705051625212a2s.jpg




そして最終的に完成されたアリスが先月・・5月5日に掲載されたアリスだったのでした!

うどんげちゃんの時の同様に「長い過程」でしたけど、その過程というのは、まさに無から有を創造する上での
「産みの苦しみ」という事だったのだと思います。
だけどこうやってうどんげちゃんの時と同様に最終的なこんなに素敵で可愛いアリスの完成絵に辿り着いた事に
大変頭が下がる思いでありますし、改めて「こんな私からのリクエストに応えて頂きありがとうございました!」と
感謝の言葉をお伝えしたいです!!

その4のアリスに比べて色の濃淡がより一層鮮やかになったと感じられますし、
アリスの繊細さと華やかさが素敵に調和されたとても素晴らしい美少女・アリスになったと 思います!
特にこの瞳の大きさとキラキラした感じがとても印象的です。
フリルも描かれるのは相当大変だったと推察されますが、そうした大変さを見ている人にそれほど感じさせないように
楽に見せている点は「すごいなぁ・・」と感じさせるものがあると思います。

全体的には金髪と赤のフリルと青のドレスのバランスが大変見事に調和されていると思いますし、
上海人形のちょっとおませでいたずらっ子っぽい雰囲気も全体に華を添えているようにも感じられます。

アリスは公式では無愛想設定になっているのですけど、 kirakiya.rumari さんの描かれたアリスと上海人形を見ると、
魔法の森のアリスの自宅で、こうやって人形たちと和気あいあいと お茶会を楽しんでいる様子が
とてもナチュラルに伝わってきましたし、
「上海人形たちと一緒にお茶会を楽しむアリス」という kirakiya.rumari さんの構想前からの基本コンセプトが
最初から最後まできちんと貫かれているのは大変素晴らしいと感じたものでした!

改めてなのですけど、アリスの能力は「人形を自由自在に操る」という事です。
人形をアリス自身が手作りして、そうした人形を一度になんと・・・!!15体~20体前後を同時に動かす事が出来て、
その複数の人形が一つの動作しか出来ないというのではなくて、
15体が同時にバラバラに動く事が容易に出来るというから、こりゃまさに凄い!としか言いようがないですね!!
しかもなのですけど、人形が人形に命令して動かす事も出来ますので、まさにとてつもない人形遣いなのだと思います。
アリスは一体どうやってこんな複数もの人形を同時に操っているのかと言うと、
人形自体に「魂」を吹き込むとかそういう方法ではなくて、アリス自体が「見えない糸」を駆使して
一生懸命背後から操作をしているとの事ですけど、これって結局は全てがアリス自身が操っているという事ですので、
アリスとしては「せわしくてしょーがない・・」みたいな感じなのかもしれないですね・・・(笑)

そしてそのアリスの人形の代表的存在というと、 kirakiya.rumari さんの上記のイラストでも登場していた上海人形です!

「東方緋想天」においては上海人形達が、十字剣や剃刀を振り回したり、レーザーを放ったり、
仕込まれた魔力や爆薬で爆発したり、弓矢を扱ったり、結構やりたい放題やってくれていたのは大変面白かったです。
遣い手のアリスが可愛い美少女であるだけに、上海人形の「やんちゃ振り」がとっても際立っていたと
思いますし、アリスとの違いが大変興味深いものがあります。
そうそう、この上海人形は、東方地霊殿においては、アリスが魔理沙のサポート役として通信機能に徹していた際に、
不用意に間欠泉に近づく魔理沙に「バカジャネーノ」などと
とてつもない暴言(?)を吐いていたのは大変印象的でした! (笑・・)
アリス自体は「バカじゃねーの!」みたいな荒っぽい言葉はそんなには発しないタイプなのですけど、
アリス自体の「裏側の心の深層」を代弁したのが、上海人形と言えるのかもしれないですね。
どちらかというと内省的で他人との関わりを面倒くさがっているアリスに対して、そのアリスが面倒くさがって口にしないような
事をアリスの代りに口に出してしまうのが上海人形の実は大切な役割なのかもしれないですね。
そうした意味においては、 kirakiya.rumari さんの上記のイラストは、上海人形とアリスのお茶会を通しての「心の交流」を
意味しているのかもしれないですし、
アリス自身もそうした上海人形たちに対して
「あなた達は決して使い捨てのお人形さんじゃないし、私の大切なパートナーなのよ・・」という事を
口にしないけど、心の中でそっ・・とアリス自身の本音を吐露しているのかもしれないですね。

kirakiya.rumari さんの上記のイラストはふとそんな事も感じさせてくれるものがあったと思います。

ちなみにですけど、アリス自身の最終的な「夢」というのは、
自分の意志を持ち自分の意志で動く、完全な自立人形を作る事なのだと思います。
現在はアリスが人形に命令すれば自立しているかのように動かせますけど、定期的に命令し直さなければなりませんし、
自立に達するにはまだまだアリス自身の修行と経験が足りないのだと思います。
そうした意味においては、上海人形と言うのは、アリスの夢の実現に向けての実験道具でもあるのですけど、
同時にアリスにとっては「大切なかけがえのないパートナー」なのだとも思えますね。





20170426230912934s.jpg




せっかくですので、 kirakiya.rumari さんが描かれた上記のアリス以外の作品も下記に三作品ほど
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

まず上記の「決意」と題されたイラストは今年の4月26日に掲載された作品です。

横顔というkirakiya.rumari さんにしては比較的珍しい構図なのですけど、
どこか「決然としたものを秘めている」とか凛とした雰囲気がしっとりと伝わってくる素敵な一枚だと思います。
少女漫画のような大変大きな瞳が印象的で、そのせいか目で何かを訴えているような雰囲気も伝わってきたものでした。
換言すると、言葉には出さないけど、
内心の「ほのかな情熱」を内に秘めているみたいなイメージも伝わってきていると思います。

果たしてこの少女が秘めている「決意」とはなんなのでしょうか・・・





2017030416260661fs.jpg




続きまして、 「 Love!」と題された今年の3月4日に掲載されていた作品です。

にゃんこちゃんの 眠たそうなふにゃにゃ~んという雰囲気がとてもゆるやかに伝わってきている所が素敵だと思います。
緑・赤・紫のコントラストのバランス感が大変秀でていると感じるのですが、その色遣いが大変淡い感覚ですので、
お互いに干渉しあわずにむしろお互いを引き立てあっているのはとてもお見事だと感じたものでした。

こんな可愛い子でしたら、頭をなでなでしてあげたいですけど、起したら気の毒のような感じもしますね・・(笑)

にゃんこというのは本当に可愛いもんだなぁ・・と改めて感じさせてくれる一枚でした!





20170610000856931s.jpg




続きましてつい先日UPされたばかりの作品をいきなり転載させて頂くのもちょっとアレなんですけど(滝汗・・)
「紫陽花の咲く頃」1  と題されたこの女の子の内省的でどことなく「心、ここにあらず・・」みたいな寂寥感みたいな
眼差しが大変印象的でしたので、転載のお願いをさせて頂きました。

実はなのですけど、この作品はまだ途中経過なのです。

タイトルに「紫陽花」とありますけど、
「この段階では紫陽花がほぼ感じられないと思います。
次回、色付け時に紫陽花感を出したいと思います。」との事ですので、次回の色塗り以降でこのせつなくて儚い哀しい
雰囲気のイラストがどのように変容していくのかその2以降の展開を楽しみにさせて頂きたいと思います。

「彼女はずっと遠くを見つめているようで、
内側にある想い出を見つめているのかもしれません。
それは大切だったはずの何かを失った想い出です。
霧雨の降る日に喜ぶもの(紫陽花)、
対してもの悲しい雰囲気を持つ彼女の内面を
表現出来たらいいなと思います。 」とのkirakiya.rumari さんのお言葉もとても胸に沁みますね・・・

最後に・・・

今回は、kirakiya.rumari 様の素敵なイラストのほんの一部を転載&ご紹介させて頂きましたが、
kirakiya.rumari 様には他にも素敵なイラストとか
もう一つのお顔でもあるネックレス等のアクセサリーの記事もありますので、
是非是非皆様!! kirakiya.rumari 様 の素敵なブログ  kira kiya な 空 rumari な想い をご覧になって頂けるととっても嬉しいです!

当ブログだけでなく kirakiya.rumari 様 の素敵なブログ  kira kiya な 空 rumari な想い も何卒宜しくお願いいたします!

kirakiya.rumari 様は、普段は小さいお子様を育てながら、こうやって日々素敵な創作活動をされていますが、
その奮迅ぶりには本当にいつも頭が下がる思いですし、
なにかとお忙しいとは思うのですが、こうした素敵な創作も是非是非今後も続けて頂きたいと思いますし、
そうした kirakiya.rumari 様のブログを私としても今後も陰ながら応援させて頂きたいと思います。

スポンサーサイト
2.野庭高校


A/バレエ音楽「アパラチアの春」 (A.コープランド)



野庭高校吹奏楽部は、1988年の「春の猟犬」以来の4年振りの全国大会出場なのですけど、わずか4年で
方向性がガラッと変化したようにも感じたものでした。
(1991年の関東大会のダメ金の演奏はバーンズの「呪文とトッカータ」だったのですけど、まさか一年後にここまで劇的に
サウンドや方向性が変るとは全く予想もしていなかったです!)
1992年より従来の吹奏楽オリジナル路線からクラシック音楽のアレンジ路線に修正された訳なのですけど、
あくまで私個人の感じ方ですけど、演奏はリードの曲を演奏していた頃のような「自然さ・躍動感・ドキドキ感」が全く無くなり、
指揮者の中澤先生が「このように吹け」と強制されているから、言われた通りに吹いているという
感じが濃厚になり、これまでのような自発さ・楽しさが後退したのは何か寂しいものがあります。
例えるなら、「去勢されたように強制的におとなしくさせられたような」演奏という感じです。
自由曲も確かに響きは美しいのだけど、あまり伝わってくるものがありません。
というか原曲の「アパラチアの春」自体、30分程度の演奏時間の中で、盛り上がる箇所はあんまり無く
聴かせどころは「クエーカー教徒の讃美歌による変奏曲」の部分だけという感じで、正直、管弦楽の原曲で聴いても
飽きちゃうような曲でもあったりします。
そうした曲を吹奏楽コンクールでやる事自体に無理があり、私としては選曲ミスだったのかなぁ・・とも思ったりもします。
実際、野庭の演奏も音は大変クリアですしサウンドが清潔なのはとてもよく分かるのですけど、
音楽の盛り上がりがほぼ皆無ですので、演奏終了後も
「だから一体何が言いたいの・・?」という感じで、印象としては極めて希薄でしたし、
事実、プログラム3番の八戸北高校のまさに「エネルギーの大爆発」みたいな「春になって、王たちが戦いを始めるに及んで」の
演奏を聴いてしまうと、野庭の演奏は全く印象にも記憶にも残りませんでした。

申し訳ないけど私のハートには何にも伝わるものはありませんでした。
この路線で成功したのは、翌年の「くじゃく」だけなのかもしれないです。
大変厳しく言うと、全然惜しくない銀賞だと感じました。

やはり野庭=中澤先生=リードの演奏というイメージが強すぎるせいかもしれませんけど、
1992年以降の演奏は、私としましては、正直「何か今一つ・・」という感じも否定はできません。
92年から95年の4年間の演奏の中では、93年のコダーイのハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲は
本当に感動的でしっとりとした演奏を聴かせてくれ、
野庭=中澤先生サウンドの「別の側面」を見せてくれた演奏だと思います。
正直、この演奏を生で聴いていて、何かこみあげてくるもがあり、
「人の心にまっすぐと訴えかけてくる演奏」の素晴らしさと感動を改めて実感したものでした。

野庭高校に関しては、私の中では見解が二つに割れています。
アルメニアンダンスパートⅠ・ハムレット・オセロ・春の猟犬の頃のようにリードを主なレパートリーとしていた時代と
アパラチアの春以降、クラシックアレンジ路線に転じ、
これはあくまで「私の意見」というあくまで一個人の見解なのですけど、
本当の本音を書いてしまうと、
リード等吹奏楽オリジナル作品を演奏していた頃の中澤先生=野庭高校は大好きなのですけど
クラシックアレンジ路線以降の野庭高校のサウンドは今一つ魅力を感じません。
いかにも生徒の首根っこを無理やり押さえつけ「型」にはめ、去勢された様なおとなしくて
消極的なあの演奏を聴いてしまうと・・・
「うーーん、アルメ二アンダンスとかハムレットをやっていた頃の中澤先生=野庭高校は一体どこにいってしまったのだ・・・
こんな洗練され過ぎた控えめな演奏は野庭じゃない・・・」と当時感じていたものです。
現在の視点・感覚で改めて聴いてみると
「もしかして・・・中澤先生は吹奏楽の別の魅力とか可能性を感じていたのかな・・・
そして、道半ばにして、彼岸の方になられてしまった・・・
先生としても、少し悔いが残られる中でこの世を去られたのかな・・・」としみじみ感じる事もあります。
 
そうですね・・・・

これはあくまで「個人の感じ方」の問題だと思うのです。

あのアルメ二アンダンスのように個性的で躍動的で、とにかく音楽というものをあんなにも楽しく生き生きと聴かせてくれた
中澤先生=野庭高校が大好きという人間もいれば、
音の洗練さ・静かな熱演を心掛けたと思われる1992年以降の中澤先生=野庭の方が大好きという方も大勢いるでしょう。
そうですね、どちらもそれは他ならぬ中澤先生=野庭高校の「軌跡」だと思うのです。
それを「こちらの方が好き」と感じるのはあくまで個人の感じ方の問題であって、
それを単純に好き嫌いだけで論ずることは出来ないのだと思います。

野庭高校吹奏楽部の「軌跡」は本当に「奇跡」なのだと思います。
だって、1980年代~90年代にかけてのあの激戦極まりない「関東大会」にて、
あんな公立の無名校が・・・あんな強豪校がひしめく関東大会を何度も何度も勝ち抜け
全国大会であんな素晴らしい演奏の数々を聴かせてくれたのですよ!!
あれは・・本当に当時から・・「すごいな・・この学校は・・」と思っていたものでした。
確かに今現在は学校統廃合により「神奈川県立野庭高校」の名前は消えています・・・
だけど、特に特に・・・あの伝説の名演・・・アルメ二アンダンスパートⅠとかオセロとか春の猟犬等の
数々の中澤先生が残してくれた名演は、
陳腐な表現で申し訳ないのですけど、永遠に私達の心の中に生き続けると思いますし、あの素晴らしい演奏は、
後世の人達にも是非是非語り継いでいければいいなとも思っています。

野庭高校が全国大会初出場そして初金賞を達成したのは1983年なのですが、
この年は私自身高校3年生で、
当時後輩達か部室で「日本の吹奏楽83 高校の部 vol.5」に収録されていた野庭高校の
「アルメニアンダンスパートⅠ」が収録されているレコードを聴いていて、
私自身も最初にあの演奏を聴いた時の衝撃は、これは多分死ぬまで忘れないと思います。
そのくらい、大変個性的でインパクトが強く、とにかく「躍動感」に溢れた生き生きとした語り口で
同時に表現が実に斬新・・・・!!
あの第ⅴ曲の「Go! Go!」ををpから徐々にあんなに盛り上げていく演奏はかつてなかったと思いますし、
とにかく一つ一つの音が「生命感」と「躍動感」に溢れていて、
「うわわわ、なんだこの素晴らしい演奏・・・これで全国大会初出場・・・
しかも・・・あの激戦の関東大会を公立の全くの無名校が勝ちぬけている・・・??
それに比べて自分達は・・・何とふがいない・・」と
しみじみ思ったものです・・・
私自身、高校の定期演奏会でこの「アルメニアンダンスパートⅠ」を演奏する機会に恵まれたのですけど
残念ながら、楽譜を音にするのが精一杯で、とてもとても・・・野庭みたいなあんな「自由な表現」なんてできなかったです・・
あの演奏は「伝説的な名演」という名前に恥じない素晴らしい演奏だったと今でも思っています。

 | BLOG TOP |