プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年なのですけど、5月中旬あたりから「本当にまだ5月なのかな・・? まるで7月みたいな蒸し暑さ・・」みたいに
感じる事も多々あったりもします。
まだ6月でこんなに蒸し暑いなんて、これでは今年の夏は先が思いやられそうですね。
冬の寒さも困ったもんですけど、私は7月生まれという事もあり元々は夏は大変強かったのに、ここ数年の
あの厳しい酷暑が続いてしまうと「夏はうんざり・・」という感じになってしまいますよね。
なんか近未来の日本は、冬は寒くて夏は異常に暑くて、春と秋が異常に短いと「四季」がどんどん薄れていきそうな
予感もありそうですね。

例年ですと、「アイスクリームが食べたいよね・・」と思える時期は7月~8月前後なのですけど、
こんなに早い時期からこんな蒸し暑い日々が続くと、アイスクリームが食べたい!と感じるどころか実は既に
今年に関してはも――、アイスは食べまくっているという感じでもあります・・(汗・・!)

暑い中、汗をかきながら外で食べるアイスの方がどうして美味しく感じられのかな・・?
それは幾つになってもあんまり変わりがないのかもしれないですね・・(笑)
そうした帰り道でついつい食べてしまうアイスは、そうですね・・ガリガリくんとかジャイアントコーンとか
チョコモナカジャンボがお気に入りですけど
本格的に暑さが、到来してきたこの季節、食べたくなる物と言えば上記のアイスクリームもそうなのですけど、
「かき氷」もとっても美味しいものがあると思います。
かき氷ってなぜか知らないですけど、お祭りや縁日で売られているのを見るとなぜか無性に食べたくなってしまいそうな時が
多々あったりもします。
真夏の暑い盛りについつい夢中になって氷を口の中に放り込んでしまうのですけど、大抵そうした場合って
頭が急激に痛くなり脳がキーーンとなってしまうのは面白いものがありますよね。

かき氷なのですけど、定番の味と言うと、いちご・メロン・レモンの三つだと思うのですけど、
実は私もつい最近まで全然知らなかったのですが、普通のその辺のスーパーで売られていて縁日の屋台等で
「シロップかけ放題」とかいって出されているかき氷のシロップのいちご・メロン・レモンの三つの味に関しては
実は見た目の色と香りが違うだけで味そのものはほとんど同じなそうです!
これはセンサー等の機械を測定して出された結論なそうですけど、いかに人間と言うものは、味覚よりも
見た目の色彩・香りに騙されやすいという事を示唆している話なのかもしれないですよね





縺九″豌キ_convert_20170602142631




かき氷のシロップの味はどれもすごく甘く少し酸味があるのが特徴だと思います。

結論から言うと、かき氷のシロップの味は成分から見て甘味と酸味だけなので実は、全て一緒の味という
ある意味衝撃の結果と言うのが味覚センサーを使用しての機械としての結論との事なそうです。
(確か、これはテレビのとあるバラエティ番組で取り上げられていたような記憶が・・・?)

今まで「わ――、このいちご味のかき氷とっても美味しいね! それじゃー次はメロン味のかき氷も食べてみよう!」と
思っていちごとメロン味のかき氷を食べていた事もあるかとは思うのですけど、
そうした際の二つの味が実は「全く同じ成分」であり、味覚センサーとしては両者は全く同じ味という事実を
突きつけられてしまいますと、「うーーむ、なんてポンコツな自分の舌とこの味覚・・」と
ぼやきたくもなってしまいそうですね。
やはり人間の頭の先入観・固定観念というものはある意味怖いものがあり、
赤いからいちご、緑だからメロン、黄色いからレモンという「思い込み」というのは、人間の味覚すらも超越してしまうもの
なのですよね。
だけど・・・確かそのテレビ番組でも言っていましたけど、そのかき氷のシロップそのものはまさに「甘さの塊り」みたいなもので、
どれを舐めたとしてもほとんど感じられないものなそうですので、
むしろこれは「当たり前・・」という感じらしいですね・・・

だけどなぁ・・今まで「いちご味」と思って食べていたものが、色が違うだけで実はメロン味と同じというのも
なんだかヘン・・というか滑稽なものがありそうですよね・・・(滝汗・・!)

繰り返しですけど、上記のかき氷シロップの話は、あくまでスーパなどで売っている普及品のシロップの話です。

きちんとした甘味屋さんだとイチゴ味でも果汁からしっかり作っているお店がありますので、こういうお店に入って
「なんだメロン味と同じじゃん・・!」なんて妙な事を口走ると店主に睨まれそうですので
ご注意くださいね・・・(汗・・)

そうそう当たり前の話ですけど、スーパーで売られていて屋台のかき氷で使用されているシロップ自体が
全部が同じ味という訳ではありません!
かき氷のシロップにも色々な種類があり、宇治金時・コーヒ・カルピスなどは、成分も違いますし味も違います。
一部のいちご・メロン・レモンのシロップが色素以外の成分が全て同じというだけの話でもありますので、
その辺りは勘違いの無いようにお願いしますね・・・(笑)

当ブログにおいて今年の2月頃の記事において何度か「カルピスの原液」を使用した応用料理の話をさせて
頂きましたが、このカルピスの原液をかき氷に直接かけて食べると、
これがまたとっても爽やかで美味しい!!
夏になったら是非一度お試し頂ければ幸いです!





繝√Ν繝弱€€繧ォ繝シ繝雲convert_20170602142713




東方の世界においては、幻想郷内ではそうした「夏の暑さ」というかたまーに出てくる話は萃香じゃなくて・・・スイカとか
肝試し大会みたいな話だったと思います。
そう言えば「東方文花帖」のアンソロジー漫画の中で、霊夢が桶に水と氷を入れて足を冷やして涼んでいたら
いつのまにかスキマ妖怪のゆかりんもやってきて、霊夢と一緒に桶に足を突っこんで涼んでいたシーンがありましたけど、
ああいう可愛いゆかりんも素敵ですねぇー! (笑)
ゆかりん=八雲紫様というと真夏でも例のあの派手なドレスに身を包んでいるみたいな印象もあるのですけど、
あれってさすがに真夏じゃ暑くないのかな・・・?
ゆかりんはスキマ妖怪という事で、多分ですけど定期的に外界にも潜り込んで来て外界の情報収集とか
神隠し等の悪さを色々となされていると思うのですけど、
もしも外界でゆかりんがあの派手なドレスを着て真夏の街を闊歩していたら、相当目立つのかもしれないですね・・・(汗・・!)

そして東方の世界で「氷」と言うと忘れちゃいけないのが、そう! 言うまでも無く「冷気を操る」氷の妖精=氷精とも言える
「チルノ」だと思います!
あ、そうそう・・・チルノは今年の東方ゲームにおいてあややなどと並んでメインキャラの一人として登場しそうという話は
なんだか嬉しいものがありますね。
しかも今回のチルノの設定は「日焼けしたチルノ」という事で、そうした氷精としてのチルノじゃなそそうな点は
実に興味津々ですね!
チルノと言うと素敵なエピソードとして、大晦日の博麗神社にて妖精・妖怪が色々な屋台を出店している中、
真冬にも関わらず、みず味のかき氷の屋台を出店し、サニーミルクたちのお店の盛況ぶりとは対照的に
閑古鳥が鳴いていた・・・そんな話もありましたよね・・・(笑)
うーーむ、それ以前に「みず味のかき氷」って何なのかな・・?
というか、それって「氷そのものじゃーん!」とチルノにツッコミを入れたい気持ちで一杯ですね・・(笑)
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においても、
「チルノに万一遭遇したとしても、あせらないで、とにかくなぞなぞをチルノに問いかけよう・・
間違いなくどんな問いでも答えられず迷ってしまうので、その隙に逃げよう!」みたいな書かれ方をしていますので、
やっばり阿求ちゃんも「チルノ=おバカさん」という認識を持っているという事なんでしようね・・(笑)

チルノ本人にしてみると
「あたいはおバカじゃないもん!!」という感じなのでしようけど、この「あたい」っていう第一人称からして
「おバカ」みたいな香りがプンプン漂うのはいかにもチルノらしいですよね・・・(笑)
チルノ以外でも、小野塚小町・クラウンピース・お燐も「あたい」みたいな言い方をしているのですけど、
それぞれ少なくとも「おバカ」という雰囲気は皆無ですからね・・・(笑)

「東方心綺楼」では、何と・・! 意外にも・・!! 命蓮寺で大衆に混ざって、聖の説法を聞くチルノが確認されます!
うーーむ、これは正直、全く意外ですね・・
あのチルノが・・チルノが・・白蓮さんの「仏法説法」を聞くなんて・・・
そうですね・・・
これこそまさに「馬耳東風」というのか、「釈迦に説法、チルノに説法・・」という感じなのかもですね・・・(笑)




chirn0-09_convert_20170407164854_convert_20170408151915.png





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記のとってもキラキラ可愛いチルノは、アミグリさんが今年4月に描かれた作品です。

4月に当ブログにおいて「アミグリさんが描かれたチルノ特集」を二度に渡ってさせて頂いた際に、
アミグリさんからサプライズ的にこのとっても可愛くてキラキラした素敵なチルノを描いて頂いたのですけど、
いや――、あの時のアミグリさんからの粋な計らいはとっても嬉しかったです!

改めてですけど、アミグリさん! あの時はありがとうございました!
(アミグリさんのイラスト特集記事をさせて頂いた時に、このチルノの他にも、魔理沙・和風メイドのこいしちゃん・浜風
といったサプライズイラストを描いて頂けた事にも改めて感謝感激です!!)

このチルノはいかにも「あたいったら最強ね!」のセリフに相応しく、さすがにドヤ顔まではいきませんけど(笑)
「どだっ、参ったかぁ―!」みたいな事を言って 得意満面のチルノと言えるのかもしれないですね!

アミグリさんが描かれたこのキラキラチルノは、またまた調子こいてなんかとんでもないイタズラ等を仕掛けて
「えっへん!」と一人悦に入っている様子がとってもとっても可愛くチルノらしく描かれていて、
私、このキラキラチルノはとっても大好きですし、アミグリさんが描かれたチルノの中でも「私の特にお気に入りの一枚」
でもあったりします。
腰を手に回していかにも「あたいったら最強ねっ!」と強がり言いそうなチルノが、こんなにも可愛く描かれているイラストを
他の絵師様の作品でもあんまり見たことがないと思えるくらいこのチルノは
アミグリさんが過去に描かれたチルノとしてもトップクラスの完成度を誇っていると思います。
アミグリさんの線画自体がとっても可愛く魅力的に描かれているのに加えて、
色塗りに際してこんなにも素敵に「キラキラ」を飛ばされていて、これがチルノの「氷精としての耀き」を更に
高めているようにも思えます。
アミグリさんの最近のイラストって東方ではないのですけども艦これのジャンルにおいても、
例えば「浜風」はあえてキラキラを出さずに控えめに描かれる事で浜風の清涼な雰囲気をうまく引き出し、
逆に最近の「夕立」のようにキラキラを思い切り飛ばす事で夕立の可愛らしさを更にUPさせているイラストもあり、
その辺りの「使い分け」は本当に巧いよなぁ・・と感心させられる事がしばしばでもあったりします!


ちなみにですけど、アミグリさんが描かれた「夕立改二」のイラストをご覧になりたい方は、 夕立 からご覧ください!

→ 夕立

上記のとっても可愛いキラキラチルノのイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

改めてですけど、アミグリさんが描かれるイラストは本当に私は大好きです!!
当ブログだけではなくて、そうしたアミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

先日の日曜日に「アミグリさんが描かれたレミリア様&咲夜さん特集 その①」を開催させて頂きましたが、
その際には多くの皆様にご覧頂けただけでなく、温かい拍手やコメントを頂けた事に改めて御礼を
申し上げたいと思います。

その②の特集も今週末の日曜日に開催させて頂きますので、こちらの方も是非ご覧頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
最近の記事の中で
「当時のアイスクリームなのですけど、たしか、「ビバオール」という名前だったかな・・・? イチゴ味の棒アイスなのですけど、
棒に「ビバオール」という刻印があると当たりでもう一本、
ビバという刻印とオールという刻印を一本ずつ集めろともう一本という
おまけ付アイスが人気でした! 確か当時の価格で一本30円くらいだったかな・・・?
このアイスのメーカーとか今も販売されているかなんか全然分からないのですけど、なんか懐かしいですね・・(笑) 」
といった記事を書かせて頂いたのですけど、
あれからなんか私自身も少し気になってしまい、「その後のビバオールアイスの軌跡」みたいな事をリサーチしてみると
色々な事が分かりました!

結論から言うと、このアイスは製造会社は既に存在していないのですけど、別の会社がこの商標・製造ノウハウを継承し、
東北・新潟方面で製造販売がまだ続けられているのは大変嬉しいものがありますね!
そうですね・・この感覚は、
亡くなったと思っていた人が実はまだ生存していて思いがけぬ所で再会出来た・・という感覚に近いものが
あるのかもしれないですね・・(笑)




縺翫・繧祇convert_20170603235534


縺ウ縺ー_convert_20170603235614



ちなみにですけど、上記で出てきた「ビバオールのいちご味の棒アイス」と言っても聞いたことがある方なんて
ほぼ皆無じゃないのかな・・?と思います。
というか、関東以南では知名度はゼロに等しいとも思えます。
そりゃそうですよね!
だってこのビバオールというアイスは、昔も今も地域限定発売というのか、
東北地方のスーパーやコンビニ等でしか売られていないアイスなんですよね!

私が子供の頃を過ごした1970年代~80年代の東北地方においては(実年齢がバレバレっすねぇ・・苦笑・・)
子供が食べるアイスクリームというと、やっぱりこの「ビバオール」が主流だった気さえします。
当時は既にグリコのジャイアントコーンととかパピコとか、当時大流行していたピンクレディのCMでもお馴染みの宝石箱なども
ありましたけど、これらは何となくですけど「少し敷居が高いのかも・・?」という感じも無くはなく、
実際そんなにしょっちゅう食べられるものでは無かったと思うのですけど、
この「ビバオール」は当時の価格で一本30円と大変お安く、しかも当りくじ付きのアイスで運よく当たると「もう一本!」という
嬉しいサプライズもありましたから、
そりゃ――、当時の子供たちのアイスの一番人気にもなりますよねぇー! (笑)

「ビバオール」は、表面は淡い桃色のイチゴクリームのラクトアイスで、先端のコーティングされた部分には
濃い赤色のイチゴジャムが入っているという大変シンプルなんですけど、
とにかく甘くておいしくて懐かしい味だったと思います。
私が小学生の頃って、子供たちは午後になると学校が夏休み期間は開放していたプールに泳ぎに行き、友達とその後
校庭で遊んでいき、そして帰る際の「買食い」のお伴は夏場はとにかくこのビバオールばっかりだったと
記憶していますけど、私自身子供の頃にはこのビバオールは結構な本数を累計的には食べていたと思うのですが、
「飽きた」とか「今度は他のアイスにしよう・・」とは当時はほとんど思いませんでしたし、
そのくらい東北地方においては「夏の定番の味」として定着していたようにも思えます。

この「ビバオール」なのですけど、
1970年代 において、 宮城県仙台市若林区に本社があった株式会社しまかげが製造・販売を行い、
東北地方、一部の北関東の駄菓子屋・スーパー等で一般的に売られていた氷菓であるとも言えます。
しまかげが自社工場の度重なる火災により、アイスクリーム製造から撤退し、
一時期「幻のアイス」と化してしまった歴史があるとの事です。
(私自身はあの大震災でしまかげが倒産したと勘違いしていましたけど、実はそのずっと以前に既に倒産していたのですね・・)

だけど・・あの味を懐かしむファンは相当多かったようです!

2004年3月 、新潟市北区の株式会社セイヒョーが、しまかげの元関係者の協力を得て
なんとこの「ビバオール」の復活を果たしてくれる事になったのです!
東北出身者のビバオール復活を望む声を聞き、再販へ向けてしまかげの関係者に直接交渉されたとの事で、
しまかげ時代の三角形から四角形に、味は現代風に改良しつつも当時の味を忠実に再現し、
しかもなのですけど、これは、期間限定復活ではなくて、通年の恒常販売の商品として復活したのは
東北出身で子供の頃にビバオールの味に慣れ親しんだものとしては大変嬉しいものがあったりもします!
2004年3月から東北地方と新潟県のコンビニやスーパーで再販が実現し、「懐かしの味」として現在でも
親しまれ続けているのはやはりとても嬉しいものがありますね!

ちなみにこのビバオールは今の所は多分ですけど埼玉では販売されていませんので、私自身はこの懐かしの味を
食べていませんけど、
このブログで何度か登場している通り、うちの会社は仙台にも関連会社があり私自身も年に何度かは仙台を
訪れていますので、その際には是非是非この懐かしの味を食べてみたいと思います!

最後に・・・

このビバオールアイスはその復刻版ではどうなっているかはわかりませんけど、当時は「当り付」のくじアイスでも
ありました。
棒の焼き印により、もう1本貰えるシステムがあり、「ビバ」、「オール」、「ビバオール」の3種の焼き印があったりもしました。
ビバとオールの焼き印を2本揃えるか、はたまたビバオールという焼き印が当たれば一本で
更にもう一本ゲットできましたので、これはやはり子供向きアイスとしては「王道」みたいな楽しみもあったと思います。
そうそう、中には悪ガキ・クソガキ共の中には、外れ棒に対して、焼き鏝でビバオールという刻印を焼こうとしたばか者も
いたりもしたようですけど、これは駄菓子屋の婆さんでもそのインチキを一発で見抜けるほどの
他愛も無い仕上がりだったようです・・(苦笑・・)

やはり人間は悪いことはできないようですね・・・

 | BLOG TOP |