プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「夕張」と言うと、あの破綻した市ではなくてやっぱり「夕張メロン」が真っ先に思い浮かびます!

夕張メロンは確かに価格はめちゃくちゃ高くてとてもじゃないですけど「庶民のデザート」ではないのですけど(汗・・)
あの美味しさは格別ですし、一年に一度ぐらいはせめて一切れ程度は食べてみたいですよね!

だけど「夕張」というとメロンも素敵ですけども忘れちゃいけないのが艦娘の夕張だと思います!

夕張なのですけど、ごく一言で説明すると、
軽巡洋艦「夕張」をモチーフにした艦娘で、ドロップするマップが少ないレアな軽巡洋艦娘とも言えると思います。
見た目の緑の配色や「夕張」という名前により、ファンからの愛称はメロンちゃんとなっていますけど、
これ、よく言われる事なのですけど、夕張の胸の大きさは決してメロン並ではありませんので・・・(滝汗・・・!)

本記事は、そんな夕張ちゃんのフィギュアレビュー記事を前半にさせて頂き、
後半に、アミグリさんが描かれた可愛くて魅力的な夕張を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

夕張は、艦これのゲームやアニメでもあの可愛らしさと健気さは断然輝いていましたけど、
今回ご紹介させて頂くフィギュアもアミグリさんが描かれた夕張ちゃんも、とにかくまとめてみ~んなとっても可愛い!という
感じですね!
同じ「可愛い系」でも春雨ちゃんのあの「あどけない可愛らしさ」とは少し雰囲気が異なっていて、
夕張のあの可愛らしさは「美少女としての可愛らしさ」なのではないのかな・・?とも思ったりもします。
春雨ちゃんが女子中学生とすると、夕張はとっても素敵な女子高生さんのおねーさんというイメージがなんか私の中では
あったりもします・・・(笑)




CIMG0296_convert_20170530193329.jpg




夕張なのですけど、その可愛らしい外見的特徴は、
コンパクトボディとも言える細い腰回りに控えめの胸囲、制服はへそ出し半袖の黒いセーラー服に
オレンジのリボンと緑のミニスカートという専用の組み合わせを着用しているのが特徴です!
特にあのへそ出しがとてつもなく可愛いと思います!
左腕にのみピンクのリストバンド、背中には重武装を施した艤装を背負っています。
頭髪は少し緑がかった銀髪で前髪ぱっつん、セミロングをポニーテールにして大きな緑のリボンで留めるという
洗練されたデザインなのですけど、
やはりポニーテール好きの私としては夕張のあのとっても可愛いボニーテールは大好きですねぇ~! (笑)
ちなみに下には黒のストッキングを履いており、靴は白のハーフブーツでもあったりします。

夕張は公式でも「足が遅いキャラ」という事になっていますけど、艦娘たちの戦いの場は陸ではなくて「海」ですので、
足の早い遅いは大勢に影響がないと思いますので、
あんまりその事で夕張ちゃんを責めないであげてほしいなぁ・・・とも思ったりもしますね・・(笑)
艦これのゲームとしての夕張は、
「昼戦で潜水艦を撃沈し、夜戦では連撃によって戦艦を沈める」みたいな芸当が可能な数少ない艦娘の一人が
この夕張と言えるのだと思います。
2016年6月30日のアップデートにおいて先制爆雷攻撃が実装された後も、
4スロット艦としての対潜攻撃力の高さと先制爆雷攻撃が両立している唯一の艦として、戦闘面でも高い評価を得ているとも
言えるのだと思います。

そんな夕張の性格は、真面目で人当たりがよく言動もハキハキしているという至って性格のいい艦娘なのだとも
言えると思います。

いや~、やっぱり夕張はゲームの性能面としても見た目の可愛らしさもこの素敵な性格も、
艦娘の中ではトップクラスの「いい子」ではないのかなぁ・・とも思ったりもしますね!

さてさて、そうした夕張なのですけど、今年の1月に、休日の夕張をイメージしたフィギュアとして登場しました!

夕張の商品概要は下記の通りです。

商品名 : 夕張 休日
原作 : 艦隊これくしょん-艦これ-
発売時期 : 2017年1月
仕様 : プライズ景品
サイズ : 全高20cm(台座込み)
箱 : 全高20cm 横幅15cm 奥行10cm 重さ195g





CIMG0297_convert_20170530193357.jpg




本フィギュアはゲームセンター等のアミューズメント景品というプライズ商品ではあるのですけど、
とにかく出来栄えとしてはほぼ完璧に近いものがあり、
これはあくまで個人的な感想なのですけど、私が保有している艦娘フィギュアの中では、瑞鳳・川内・春雨ちゃんクラスの
完成度の高さを誇っていると思いますし、
夕張の可愛らしさを見事に三次元フィギュアとして立派に表現していると思います。

アニメ・ゲームとしての夕張もとても可愛いのですけど、この三次元フィギュアとしての夕張の可愛らしさは
素晴らしいものがあると思います。
この夕張フィギュアは、枕元に置いちゃいたいような可愛らしさに満ち溢れていると思います!!
いやいや、マジでこの夕張ちゃんを枕元に置きたいですね!
ま・・実際問題、これは最近の記事でも書いたのですけど、私の枕元というか布団に一番近い位置におられるフィギュアは、
東方のゆかりん=八雲紫様でありますので、実際そうした事をしてしまったら、
私と夕張ちゃんは、ゆかりんにお仕置きを食らってスキマ送り=神隠しの刑に処されそうですので、
それは自粛しておきましょうね・・・(滝汗・・!)

この夕張のフィギュアは、軽巡洋艦「夕張」が休日の夕張をイメージしたオリジナルのほっこりポージングとして
立体化されたものだと言えると思います。

いかにも「私、今、休日を楽しんでいます!」みたいなリラックスしたポージングが可愛すぎます!! 
手元の庶民的な天ぷらそばと足元の高級夕張メロンのコラボレーションの対照性がとても粋な演出ですね!
そして何よりもこのとっても可愛いかわいいボニーテールとか黒のセーラー服に緑色のミニスカート、
そしてそしてこのへそだし!!

とにかく、夕張ちゃんがあまりにも可愛すぎて生きているのがつらい・・みたいな感じになりそうですね! (笑)




CIMG0298_convert_20170530193427.jpg



CIMG0299_convert_20170530193458.jpg




休日に天ぷらそばを立ち食いする夕張という設定がとても素敵ですよね!
天ぷらそばといういかにも庶民的な食べ物を立ち食いしてお休みの日を満喫するその下町的な感じと
足元のメロンは「やっぱりみんなへのお土産はメロンよね・・」というちょっとお嬢様みたいな感覚という「二つの感覚」の
バランスがフィギュアにもとても素敵に表現されている事が実にいいですねぇ~! (笑)

うーーむ、私も是非是非こんな可愛い夕張と一緒に二人仲良く立って立ち食いそばを食べてみたいです!! (笑)

右手の箸でつまんだエビの天ぷらがとても美味しそうですし、左手に持っている天ぷらそばの丼の中身に
そばつゆ・ネギ・かまぼこなんかもきちんと再現されているのは中々芸が細かいと思います。
箸を持つ手も良く造形されてると思います。

この夕張の休日フィギュアなのですけど、「メロンは分かるとして、じゃー、なんでこの娘はおそぱを手にしているの?」と
思われる方もいると思いますので、簡単に説明をさせて頂きますと、
夕張を秘書艦にした時に聞ける時報ボイスにおいて、夕張は実は大のそば好きでなおかつ深夜アニメが大好き
というプライヴェートの設定が明らかにされたという経緯があったりもします。
そうそう、この際に「夜中に騒ぐうるさい5500t級・・」と言っているのは、そのお相手は言うまでも無く
夜戦バカの川内なんでしょうね・・(笑・・)

真冬の寒い夜空の下、共に夜戦を戦った川内と一緒に夕張が一緒に熱い立ち食いそばをフーフー言いながら
食べるというのも素敵なシーンなのかもしれないですね・・(笑)




CIMG0300_convert_20170530193549.jpg




夕張ちゃんの足は黒いストッキングで覆われているのですけど(生足がお目にかかれないのは仕方が無いのかも・・?)
足元の白いブーツと黒のタイツというこの黒と白の組合せはとても見栄えがすると思います。
そして何よりも夕張の足元の夕張メロンの作り込みがなかなか芸が細かいですね!
メロンのあの皺の感じがとてもよく立体化されていると思います。

この夕張メロンは、なんか凄くリアルな感じに造作されていて、制作者のこの妙な気合(?)が志津に素敵ですね! (笑・・)





CIMG0301_convert_20170530193615.jpg



足の黒いストッキングが実に素晴らしいですね!

夕張は後姿もとても可愛いですけど、緑のミニスカートを穿いているのに少しもエロっぽさを感じさせずに
どことなく清楚でキリッ!とした真面目な雰囲気を漂わせているのは、夕張の人徳だとも思えます。

夕張のポニーテールを後ろから拝見させて頂く事が出来るとは、「ありがたや、ありがたや・・」という感じかもですね!

後ろから見てみると髪型とかリボンの感じは、やはりどことなく霊夢に近いものがあるのかも
しれないですね。




CIMG0302_convert_20170530193643.jpg




CIMG0304_convert_20170530193721.jpg




CIMG0305_convert_20170530193748.jpg



改めてですけど、この夕張ちゃんの休日フィギュアにおける夕張の美少女振りと可愛らしさは素晴らしいですね!
この可愛らしさはまさに「正統派美少女」なのだと思いますし、
夕張は間違いなく将来はとてつもない美人さんになる予感みたいものを漂わせていると思います。

それにしても黒のセーラー服に緑のミニスカートにオレンジのリボンは、色彩的にも素晴らしい組合せですね!

そうそう、夕張ちゃんは私的にはやはり「ポニーテール娘」という印象が強いのですけど、同時に
ちらっと見えているおへそもとっても可愛いと思います(笑・・)
だけどそうですねぇ・・このフィギュアのほんの少し勿体無い点でもあるのですけど、
ちょうどおへその前にそばを持ってるので、正面からこの可愛いおへそが綺麗に見えないのは少し残念ではあります・・・
腰からへそにかけての造形に関しては、少しくびれており、このちょっと引き締まった感じが素晴らしいです。




CIMG0306_convert_20170530193816.jpg




全体的にバランスよく立体化されており、夕張のかわいらしさが良く出ていると思います。

くどいようですけど(滝汗・・)少し緑がかった銀髪のポニーテールと黒のセーラー服に緑色のミニスカートとへそ出しルックは
本当に最高に可愛いと思いますし、
私としては大・大・大満足の素晴らしい夕張ちゃんのフィギュアだと思います!!

だけどこの夕張ちゃんフィギュアも素晴らしいですけど、この後登場するアミグリさんが描かれた夕張ちゃんも
同じくらい素晴らしいものがあると思います!!










さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、言うまでもなく艦娘の夕張です!

上記の夕張の三次元としてのフィギュアもとっても可愛かったですけど、
いやいや・・・! アミグリさんが描かれた二次元イラストとしての夕張もフィギュアに負けないくらい
とても素晴らしいですね!
今回は、艦娘としての制服をアミグリさんがとっても素敵に可愛く私服としてアレンジした夕張と
ちょびっとデフォルメしてちび可愛く描いた夕張という2パターンの夕張を転載&ご紹介させて頂きたいと思います。

まず上記の夕張は、アミグリさんが2016年4月に「どう、似合っている?」というタイトルを付けられて描かれた作品です。

アミグリさんが2016年に描かれた夕張は、アミグリさんのタイトルじゃないですけど、まさに公休時のお休みの際の
至福と言うイメージなのだと思います。
この私服の夕張もとっても可愛いですね!! いかにも「休日中の夕張」みたいな感じで、
のびのびとお休みを楽しんでいるみたいな雰囲気が とってもよく伝わっているようにも感じられます。
フィギュアでは、天ぷらそばを楽しむという感じでしたけど、アミグリさんのイラストは、おしゃれを素敵に楽しんでいる
みたいな雰囲気が伝わってきますよね・・!
スカートや袖のフリルがとっても乙女っぽくて可愛いです! 黒ストッキングは夕張ちゃんの大人っぽい雰囲気を巧みに
表現していると思いますし、
この髪のリボンがまたまたフリル付でとっても可愛いです! そしてこの髪のリボンにも細かいフリルが付いていて
なんかこのリボンの雰囲気は東方の霊夢をどことなく彷彿とさせ、夕張の可愛らしさを更に引き立たせていると
思います。

このイラスト、何がすごいのかというと、制服時の夕張の特徴を私服着用の際でもそっくりそのまんま活かしているのですけど、
ちゃんと私服の衣装として成り立っている点だと思います。
制服のイメージを崩さないでそのまんま私服を描くというのはかなり難易度が高いようにも思えるのですけど、
それをアミグリさんの感覚として見事にクリアされている点は本当に「さすがだなぁ・・!」と感じさせてくれていると
思います。
アミグリさんはこの夕張を描かれた時に
「艦娘の私服アレンジは、デザインを考えるのも楽しかったです」と言われていましたけど、アミグリさんの絵師様としての
センスも素晴らしいと毎回感じているのですけど、こういうデザインの発想という点も凄いよなぁ・・と感心することが
多々あります。その具体例として、先日の「アミグリさんが描かれた艦娘特集」の際の衣笠が特に印象的でしたけど、
あの衣笠もとっても可愛かったですね!
あ・・そう言えば、衣笠は水曜日も転載させて頂いていましたね! (笑)
あの衣笠はまるでアイドルみたいな可愛らしさに溢れていましたし、あのスカートのフリフリのフリルも
とっても素晴らしかったです!!

それとアミグリさんが描かれたこの夕張で際立っている点は、背景を無地の単色トーンであえて何も描かず、
夕張の全身に加えて、顔だけをあえて背景に「ポートレート」風に使用している点は
結果的に夕張の可愛らしさの魅力を更にUPさせていますので、ここにもアミグリさんの「夕張愛」が伝わってきて、
私も思わず「素晴らしい!!」と唸ってしまいそうです!!




yu-barisan-desu!!_convert_20150324165125.png



続きまして、上記の夕張は2015年3月に描かれた少しデフォルメ化した夕張ちゃんのイラストです。

デフォルメ化された夕張もとっても可愛いですね!!
上記のフィギュアのメロンもとっても美味しそうでしたけど、アミグリさんが描かれるメロンも素敵な遊び感覚のスパイスとして
さりげなく使用している点は心憎いものがあります・・(笑)
上記の夕張のイラストは、デフォルメ化しながらも、きちんと夕張の制服を描ききっておられるのも
巧いですよねっ!
髪のリボンの描き方とかデフォルメの方がちょびっと勝気な感じがするとか上の制服がほんの少しめくれあがっている等が
上記の「どう、似合っている?」との違いとしてとても面白いと思います。

上記のとっても可愛い二つの夕張ちゃんのイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんは、ご自身のブログの中でもとっても素敵なイラストをたくさん掲載されていて、
しかも10年近くに渡って「イラスト系ブログ」という日々無から有を創造されるカテゴリのブログを継続されている
その実績と軌跡は燦然と輝くものがあると私自身は常日頃より感じております。
当ブログだけではなくて、そうしたアミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

さて、いよいよ明日なのですけど、当ブログは、「アミグリさんが描かれたレミリア様&咲夜さん特集 その①」を開催させて
頂く予定です。
今年1月に「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」を開催させて頂きましたけど、
それに次ぐ紅魔館ファミリーとしての特集ともなりますし、レミリア様も咲夜さんも、
dream fantasy の開設以来
初期の頃より現在に至るまでモチーフとして描かれているお馴染みのキャラでもありますので、こちらの方も是非ぜひ
楽しみにして頂きたいと思います。

それでは明日も是非当ブログというか、アミグリさんのイラストをご覧になって頂ければ誠に幸いです!
スポンサーサイト
1.精華女子高校


D/バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲~Ⅰ.夜明け Ⅲ.全員の踊り (M.ラヴェル)



1992年の全国大会・高校の部は、確か前日が月末で、
あとほんの一歩のところで毎月のノルマ達成に届かず、上司から無茶苦茶怒られ、
すごくイライラしていたのはよく覚えています。
そして当時の私の記憶では「月末になったら必ず溜め込んでいた三か月分の延滞金を払うからさぁ―」と言っていた
何人かの債務者に予想通り(?)支払をせず「払えねーものは払えねーずら!」と開き直っていた事にカチンときてしまい
かなりの言い争いをしてしまった上に、帰店後にその経緯を上司に報告すると
「お前がこの人は絶対に支払うと言ったから月末まで猶予を与えではないか! バカモン! もう一度行ってきて
回収するまでは帰ってくるんじゃねー!」と罵倒され、その夜またまた派手にバトルを繰り広げてしまった・・みたいな
記憶もあったりしています・・

翌朝目が覚めてもその事のイライラが解消できず、そのまんま始発のかいじ号に乗って普門館に着いたのですけど、
やはり気分としてはめちゃくちゃご機嫌斜め状態でした・・・(汗・・)

そんな訳ですごくイライラしていた当時の朝一番時の精神状態だったのですけど、
この精華女子のダフクロの夜明けの輝かしい清潔で爽やかな演奏を聴いて、そうしたイライラが
一瞬で吹き飛んでしまったのは、すごく鮮明に覚えています。
やはり音楽というものは、人の精神状態形成に色々と影響を与えることもありますし、
音楽はいいものだなーと感じた瞬間ではありました。
精華女子は1990年に初出場し、この時もプログラム一番で、2回目の出場の1992年もプログラム一番で
何か気の毒な感じもしました。
ついでに言うと、翌年の93年も確かプログラム3番辺りだったかな・・・
出演順が遅くなった94年にやっと念願の初金賞を受賞しています。
課題曲も朝一番とは感じさせないほど生き生きとしたものでしたし、
自由曲も夜明けの頂点の部分の盛り上げ方が極めて自然で、ストレートに心を打つような演奏だったと思います。

結果としてこの年は銀賞に留まりましたけど、惜しい銀賞の一つだったと言えると思います。

精華女子は、現在は、押しも押されぬ誰もが認める吹奏楽の名門校ですし、
最近のスミス三部作(ダンス・フォラトゥーラ、ルイ・ブルジョワの讃美歌による変奏曲・フェスティヴァルヴァリエーション)
とかスパークの「宇宙の音楽」の
圧倒的名演は記憶に焼き付いていますね・・
数年前の話ですけど、発売したCDが何と!「クラシック部門第一位」になっていましたね。

初出場の年とかこの年、1992年の演奏は、特に個性とか斬新な解釈とかは無く、
いかにも「普通の女子高生・・」という感じでした。
当時は、確か学校の制服としての真っ白の初々しいセーラー服姿での演奏で、
現在のようなあんな可愛く凛々しいステージ衣装ではありませんでした・・(笑)

精華女子を名門チームに押し上げた最大の功労者とも言える藤重先生は、2015年以降、精華女子を離れて
大分の学校で現在指導をされているのですけど、精華女子は、2000年代前半までは、
特に抜きんでた個性も実績も無いどちらかというと「微妙」な位置づけでしたけど、
2000年代後半から急激に「覚醒&進化」を果たしたと思います。
(それは最近の玉名女子にも同じ事は言えるのかな・・?)
指揮者の藤重先生は、1984年から2014年までずっと精華女子をご指導され続けていたのですけど、
この突然の途方もないステップと躍進の背後には一体どういう「変化」があったのでしょうか・・?

普門館の「ドラマ」は興味深いですよね。

1994年の全国大会の話なそうですが、
本番前日、生徒の藤重先生に対する悪口を耳にし、この件でカーッとなってしまった藤重先生が
「もう練習なんかしない、本番も指揮しない、勝手にしろ」みたいな事で
ホテルの自室にむくれてとじこまったとの事です。
だから、本番当日も、生徒と指揮者の関係は決して良好なものではなく
何となくぎくしゃくしたものがあったとの事です。
当時の藤重先生のあだ名が「フグ」とかいうもので、「あのフグがさー」なんて他愛もない陰口をたまたま
耳にしただけとの事なそうですけど、うーーん、この状態で金賞というのもすごいけど
この当時の藤重先生は、今現在のようなあの大御所的雰囲気とか素敵なダンディーさとか大人っぽい感じという訳では
必ずしもなかったようですけど(汗・・)
吹奏楽コンクールというものは、奏者だけでなくこうやって指導者も「成長」するという事なのかもしれないですね。

 | BLOG TOP |