プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ハンバーグって本当に美味しいですよね!

焼き立てほやほやのところにナイフをちょっと刺したら肉汁がじわーーっと出てくるのを
「熱い、熱い・・」といって頬張るのはとっても美味しいと思います。
あくまで私個人の感想ですけど、「びっくりドンキー」のあのチーズハンバーグは、本当に死ぬほど美味しいと思いますし、
決して生焼けではなくて中までちゃんと火がしっかりと通っているのにあの「レア感」みたいに出せる技は、
あれを食べる度に「やっぱりプロは違うよね・・」と脱帽してしまいますね!
中に入ってるチーズのあのふわっと溶けている感じが、本当にひき肉とうまくミックスされていると思います。

今や夕飯の定番となりつつあるハンバーグですけど、
私自身もハンバーグを自ら作り焼き上げる事を何度かやっているのですけど、
実はあんまりうまくいかないのですよね・・・(汗・・!)
あのびっくりドンキーみたいな完成度が高くて美味しいハンバーグをなかなか上手く作る事が出来ないですし、
生焼け・黒焦げ・ハンバーグが割れてパサパサになる・ふんわり焼きあがらないなど失敗が多く、
なかなか美味しいハンバーグを作ることが出来ないという感じですね。
ましてや本記事のあの3cmの肉厚ハンバーグを美味しく焼き上げるなんて、現況では夢のまた夢・・という感じですね・・

本記事は、冷凍食品の「ごろんと肉厚ハンバーグ」という味の素の冷凍食品について簡単に取り上げさせて
頂きたいと思うのですけど、とにかくあの3cmの「厚さ」は素晴らしいと思います!
だって私があんなに厚さのあるハンバーグを焼こうと思っても、生焼けか黒焦げのどちらかが関の山という事を
考えると、冷凍食品としてのあの厚みのあるハンバーグを実現し、そしてこれがまためちゃくちゃ美味しいという事は
改めてですけども日本の冷凍食品としてだけではなくて「モノづくり」としての優秀さを示唆しているのだと
思います!!
私、自分でハンバーグを焼いても、焦がさないでなおかつ中までしっかり火が通っていて、
そしてハンバーグにナイフを入れるとじゅわ~っと肉汁が出るという美味しいハンバーグを作る事は到底出来やしませんし、
なんとか「少しは食べられるかな・・?」と感じるハンバーグの厚みはせいぜい1.5cm程度のうすさに過ぎませんげと、
冷凍食品であんな分厚さが実現出来ていて、しかも美味しくて、レンジでチンすると
肉汁までちゃんと出てくるなんて、
やっぱり日本のモノづくり、冷凍食品の進化は素晴らしすぎますよね!!








それにしてもこの味の素の冷凍食品の「ごろんと肉厚ハンバーグ」の3cm近い厚さとボリュームは半端無いものがあります!

この冷凍食品をスーパーで初めて見かけた際ですけど、パッケージにデザインされた肉厚ぶりと美味しそうな焦げ目が
とても目を引き、以前から気にはなっている冷凍食品ではありました。
先日またまたケチ・・というか節約ネタになってしまうのですけど、マルエツでこの味の素の「「ごろんと肉厚ハンバーグ」を
購入するとTカードを提示すればTポイント50ポイント付与という期間限定キャンペーンをやっていまして、
ついついTポイント欲しさにこの冷凍食品を買ってしまいました。
結論から言うと、とにかくあの3cm近い厚みは大変魅力的ですし、いかにも「お肉を食べている!」みたいな満足感は
ありますし、とても美味しくて大変満足いくものでした。

この肉厚ハンバーグの商品概要を記させて頂きますと・・

製品名:ごろんと肉厚ハンバーグ

内容量:4個入り(160g)

メーカー:味の素

カロリー:1個(40g)当たり 82kcal

となっております。

夕食のおかずとしても十分使えるものですし、お弁当の一品としても十分メインメニューになれると思います。
お弁当箱にこの「ごろんと肉厚ハンバーグ」を入れてしまうと、お弁当箱の大きさによっては、蓋が締まらない事もありえそうな
ほどのやはり「ボリューム感」はあると思います。




CIMG0322_convert_20170601132605.jpg


CIMG0323_convert_20170601132629.jpg



上記の私自身が撮った画像ではちょっとわかりにくいのかもしれないですけど(汗・・)
解凍する以前の段階からとにかく「ごろんと肉厚」という商品名通り、四個パックの一つ一つはちっこいのですが、
厚みはかなりのものがあると思います。
だってそりゃそうですよねぇーー! 実際に測った訳ではないのですけど、見た目が約3cm程度のこの厚みというのは
大変インパクトがあります!
電子レンジでチン!すると、やはりこの厚みが活きてきてよりジューシーに感じられますし食べ応えという点でも
十分満足できるものがあると思います。

「ごろんと肉厚」と言うだけあって、やわらかいながらも肉厚で噛みごたえのあるハンバーグだと思いますし、
やはりくどいようですけど「肉を今食べている!」みたいなワイルド感は間違いなくあると思います。
ところどころに刻み玉ねぎが入っているのでシャキシャキの食感が良いアクセントになっているのも
美味しさのポイントじゃないのかな・・?

画像を見て頂けると分かるかとは思うのですけど、お肉がギューーッと詰まっています。
この画像は解凍前ですけど、電子レンジでチン!して、箸を入れると冷凍食品なんですけどじゅわ~ッと肉汁が
出てくるのが実に素晴らしいと思います。
改めてですけど「へぇー―、これって冷凍食品なのにここまで出来ちゃうんだ!」と感心するばかりですね!

こんな肉厚ハンバーグを電子レンジで解凍するだけで美味しく食べる事ができるなんて、本当に私たちは
いい時代に生まれてきたのかもしれないですよね・・(笑)

そうそう、一般的にハンバーグにはデミグラスソースとか和風ソースとかポン酢とかトマトソース等をかけるのが
一つのセオリーだと思うのですけど、
この味の素の「ごろんと肉厚ハンバーグ」にそうしたソースを掛ける必要はないんじゃないのかな・・?とも思ったりもしますね。
というかこの冷凍食品には元々味が付いていまして、その味の隠し味がなんと・・!
「味噌」を使用しているとの事です。

だけどそんなに味噌っぽい味が全面に出ている訳では全く無くて、あくまでも隠し味程度のちょっとしたスパイス程度
なのだと思います。
だけどこの隠し味は本当にいい仕事をしていて、肉厚のハンバーグの「肉の旨み」を逆に引き立たせているような
感じがあったりもします。

食べた瞬間は「少しさっぱりとした味かな・・?」とも思ったりもしたのですけど、後味としては「少し塩辛さがあるかな・・?」とも
感じたりもします。
全体的には濃厚な味という訳では無いのですけど、
ご飯などと一緒に食べた方が更に美味しさがupするようにも思えたりもします。




63a7b1fd-s_convert_20170601143710.jpg



43dd8a39-s_convert_20170601143733.jpg




さてさて・・歴代プリキュアにおいて、ハンバーグ作りが上手で大のハンバーグ好きというと思い出す御方は、
そりゃ、フレッシュプリキュアのラブでしたね!
歴代プリキュアで料理の腕がかなりありそう・・と思われる御方は、
ほのか・舞・りんちゃん・奏・なおちゃん・れいか・マナ・六花・ゆうゆうなど一杯いましたけど、
ラブもなかなか料理の腕はありそうですし、本編でもよくハンバーグは作っていましたね!
そしてラブほどハンバーグを美味しそうに食べちゃう人はいなかったような気さえします。
(ゆうゆうも美味しくハンバーグを焼きあげて、自ら美味しそうにパクパク食べちゃいそうな気もしますね・・笑)

振り返ってみると、歴代プリキュアの場合「ふたりはプリキュア」シリーズの3年間は
プリキュアのママさん達は結構頻繁に登場し、時にはいいアクセントになっていました。
プリキュア5の場合、プリキュアの親たちの登場は・・・あんまりなかったですね・・・
(こまちとかれんさんに至っては、親たちのお披露目は一度も無し・・・)
その後、ハートキャッチから現役のキラキラ☆アラモードまでプリキュア達のママは、登場はするけど
あくまでゲスト的な扱いという感じでしたね・・
そんな中、響の母親のまりあさんとかみゆきのママの育代さんの美人さん振りは素晴らしかったです!

さてさて、歴代プリキュアたちのママたちがハンバーグを焼き上げていたシーンとしては、どちらかというとフレッシュの方が
印象は強いのですけど、実は「ハピネスチャージプリキュア」の第3話でも
めぐみのママがめぐみと誠司兄妹の夕ご飯のおかずとしてハンバーグを焼き上げていた事もありましたね!
私、このブログで何度も語っている通り実は「大のポニーテール好き」でもあったりするのですけど
考えてみると、ハピネスのめぐみとそのめぐみのママの母娘は二人とも「ポニーテール」でしたねっ! (笑)
(めぐみママの場合はポニーテールというよりは一つ編みという感じなのかな・・?)

めぐみのママは体が弱くて日々病院通いという設定でしたけど、意外な事にめぐみの父親は、
意外と・・・? 見た目がいかにも「チョイ悪オヤジ」みたいな雰囲気を漂わせていたのはなんか意表を付くものが
あったと思います。
めぐみパパはどうやってめぐみママを口説いたのかな・・? (笑)

めぐみのママが生来病弱で、母親のお手伝いをめぐみ自身が幼少の頃より余儀なくされ
そのお手伝い感覚が、結果的に、
めぐみの「お手伝い=他人への奉仕こそが、自分の外部世界への自己表現方法」とう意識に傾きすぎてしまった事が
アニメ本編後半や映画におけるあの悲劇の原因にもなっていたようにも思えます。
初期から中盤の頃のめぐみは、見方・解釈によっては、
「誰か・・・誰でもいいから、私の存在を認めて!!」と心の中で泣き叫んでいるように私は感じてしまうのです。

めぐみ自身の基本的な考え方は「みんなの幸せは、私の幸せ」と言う事なのですけど、
この考え方は同時に、「みんながいないとめぐみは何もできないということ」を示唆しています。
めぐみは他人のことを抜きに自分のやりたいことを考えるのがとても苦手ですし、
「自分のために何か目標を定めて何かを為し遂げる」というのは・・・・シリーズを通してもあまり見られませんでした。
これは、プリキュアシリーズでは極めて珍しい設定だったと改めて感じてしまいます。
例えば、全部がダメダメなプリキュア5ののぞみは、最終的には学校の先生になりたいという夢を見つけましたし
その夢の実現に向けて頑張る女の子という姿をシリーズを通じて見事に描いていたと思いますけど
めぐみは、そうした「自分のために何かを頑張る事は実は苦手」という意味では、プリキュアシリーズとしてはかなり異質
だったのかもしれないですね。

それでは、「ハピネスチャージプリキュア」の物語とは結局何だったのでしょうか・・・・?

:結論としては、助けは確かに素晴らしい事なんだけど、
それと自分がやりたい事=自分の幸せとの整合性、言い換えれば「バランス」を
どうやって辻褄を合わせていくべきなのかという事なのかもしれません。
そんなめぐみの「本当の一番の幸せ」は何なのかを見つけるというのが、
一年を通してのめぐみの「葛藤」でもあり「ドラマ」だったのだと思います。
要は、「他人の幸せ」をお手伝いする事も大切なんだけど、それ以上に、まずは「自分自身の幸せ」を
ちゃんと見つけましょう、他人へのおせっかいは、その後からでも決して遅くは無いという事なのかもしれませんよね。

あれれ・・また今回もハンバーグ記事がいつのまにか「プリキュア」に転化されちゃいましたね・・(汗・・!)
スポンサーサイト
ここ数年、吹奏楽コンクールの全国大会は普門館で開催されていませんが、
かつて「普門館=野球部で言う所の甲子園」みたいなイメージがある私としては少し寂しい感じがします。
確か耐震設計上の問題でしたよね・・・
だけど5000人も収容できるホールって結構少ないし、何とか普門館の復活を期待したいと思ってはいるのですけど、
残念ながら既に閉館→解体という方向で決まっているようですね。
改めて振り返ると、普門館は広いホールですし、
早朝のプログラム一番の演奏は、まだ空気が温まっていない感じがします。
プログラム一番の演奏は、特に中学の部において銅賞を受賞する傾向が昔から強いのは、
勿論奏者の緊張もあるでしょうし、頭が完全に覚醒していないということもあるかもしれませんが、
一番の要因は、広いホールの空気が温まっていない状態で演奏を開始になっても響いてくる音が
「あれ、何か全然会場に響かない・・・」
「あれ、いつもと感じが全然違う」
という不安の連鎖反応ではないのかな・・と感じることがあります。

例えば良い例が
1991年~1992年に中国代表で演奏した宇品中学校をあげても良いと思います。
このチームは、1991年以前も何回か全国に出場し素晴らしい演奏を披露していますが、
1991年は不幸な事にプログラム一番・・・
この時演奏した曲は、組曲「サルタン皇帝の物語」でしたが
1986年に「三つの夜想曲」で歴史的名演を残したチームとは思えないほど
サウンドがぼやけきった、技術的に不安定な演奏を展開しています。
だけど翌年の92年は、出演順が後半になったせいか、
普段通りの実力を発揮し、素晴らしい「シェエラザード」を聴かせてくれました。

1992年の高校の部のプログラム一番は精華女子高校で、私が聴いた限りでは、それほど朝一番の不利な条件という事も
感じさせず、練習通りの演奏が出来ていたと思いますが、中学の部のブログラム一番の中間東中学校は、
音楽に大変独特なクセと個性は感じられるものの、朝一番という条件が響いたのか、全体的には音程不良が散見され
(特に自由曲の「イベリア」のコールアングレの代用楽器のソプラノサックスの音程の悪さがかなり酷かったです・・)
やはり「プログラム一番はきついよなぁ・・」と感じさせる演奏でした。

プログラム一番の不利さの問題はずっと以前から議論されていますけど、この問題を解決するためには、
プログラム一番のチームだけは、緞帳がおりて演奏開始前の三分間は
舞台上でのチューニングと音だしOKみたいな事を認めた方が何か公平なような気もします・・・

上記で記したとおり、現在は、5000人を収容できる「普門館」での全国大会開催が事実上出来なくなっているため
全国大会開催ホールは、せいぜい2500人収容のホールが一つの限界という事になると思われます。
そのためのせいかはよく分かりませんが、吹奏楽コンクールの「全国大会」の高校の部の入場券は
最早「プラチナチケット」と化し、入手する事自体極めて困難みたいですね。

1992年の都大会のプログラムを改めて眺めていると、全国大会の入場券の入手方法は、
入場券の金額に該当する郵便局の定額小為替と返信封筒と明細書を吹奏楽連盟まで簡易書留で
郵送して欲しいとのことですけど、何か少し時代を感じさせますね・・・(笑)
だって、現代だったら、全てネットでの申し込み→ネットバンキングを利用しての決済という事でしょうし、
大体、今の若い世代の人達に「定額小為替」と言ってもピンとくる人はいるのかな・・・?
1992年の一般の部は仙台で開催されたのですけど、「当日券の発売あり」と明記されていますけど、
まだこの時代は「当日券」はあったのですね・・・・
仙台で開催された「仙台サンプラザ」での全国大会会場は、それにしても音響が最悪でしたね・・・
あれは、音楽ホールというよりは、何か体育館みたいな感じでした・・
元仙台市民の私が言うのも何ですけど、あのホールで開催する事自体無理があったし、百歩譲って
宮城県民会館の方がまだなんぼかましだったし、遠いけど「イズミティ21」の方がまだ音響的にはマシだった気がしますね・・・

そうそう・・この年、1992年より従来の「大学・職場・一般の部」から大学の部が分離されて、大学の部が単独で
開催されていました。
大学の部は、土曜のPM15:00演奏開始でしたけど、普門館のプログラム一番はAM9:05というシビアさに比べると
全然マシではあると思うのですが、
やはりプログラム一番の全国大会の金賞チームとしては当時既に常連で会った中央大学は、
都大会に比べると全然冴えない演奏で終わってしまい、
改めてですけど「午前・午後に関係なくコンクールのプログラム一番は大変だよなぁ・・」と感じたものでした。

さてさて・・これにて番外編は終了とさせて頂きます。
次回からは本編に入り、プログラム一番の精華女子より順次感想等をのんべり書かせて頂きたいと思います。

 | BLOG TOP |