プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
24位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最初に元ヤクルト監督のノムさんじゃないけで「ボヤキ」から始めさせて頂きますと、
先日とあるリサイクルショップをふらふら眺めていたら、店内のホビーコーナーのフィギュア陳列コーナーに、
大変珍しいことに、滅多に実店舗ではお見かけする事の無い東方Projectフィギュアの中で、
私がとにかく大好きで仕方が無いあの「さとり様」が箱付の未開封状態で販売されていました!
最初にさとり様をお見かけした時はびっくりしましたね!
だって東方グッズがこうした中古リサイクル店とか中古ホビーショップで置かれている事自体大変珍しい事であり、
しかもあのさとり様ですからねっ!
瞬間的にとてつもなくテンションが上がったのですけど、値札を見てびっくり仰天!!
うーーん、さとり様はそりゃ欲しくて欲しくてたまらないのですけど、価格がねぇ・・・
だって普通のサラリーマンのお小遣いの許容範囲をはるかに超越する額ですし、そりゃ確かにグリフォンのさとり様フィギュアは
高価と言うのは分かってはいるのですけど、さすがに今回は手が出ずに一旦諦めてしまいました・・・(泣・・)

うーーむ、このさとり様を入手するために当面は節約生活または計画経済発動なのかもしれないですね・・(汗・・)

そしてこのさとり様の隣に置かれていたのが艦娘の重巡洋艦娘の一人の「熊野」でした!

そして熊野の価格を見て更にある意味びっくり・・・! だって・・・さとり様の約六十分の一ですからね・・・(滝汗・・!)

うーーん、いくらプライズフィギュアだといってもこれは幾らなんでも低価格すぎなのかも・・??

さとり様はそりゃー、私の「大好き東方キャラの一角」なのですけど、この価格の歴然とした差を見せつけられてしまうと
なんだか急に「熊野」の不憫に感じてしまい、思わずこの熊野フィギュアを買ってしまいました・・(笑・・)
だけど、熊野は私の大好きなボニーテール系の艦娘ですし、とても可愛くて美人さん系の艦娘ですし、
むしろ「買わせて頂きました・・」みたいな表現がぴったりなのかもしれないですね。

本記事は、前半に熊野フィギュアのレビュー記事を簡単に書かせて頂き、後半に熊野ではないのですけど、
熊野と同じく「重巡洋艦娘」という事でアミグリさんが描かれた重巡洋艦娘の一人、衣笠のイラストを転載&ご紹介
させて頂きたいと思います。








「熊野」はDMM.comのオンラインゲーム「艦隊これくしょん」に登場する重巡洋艦娘の一人です。
重巡洋艦娘は、軽巡洋艦と戦艦の中間にあたり、
容姿も軽巡洋艦娘と比べるとグッと年齢が上がり、印象としては女子高生・女子大生、はたまたОLさんみたいな雰囲気が
ありそうですね・・(笑)
熊野は私の印象としては、お嬢様学校の女子高生さんみたいな感じがあったりもします。
そうそう、艦これの重巡洋艦娘というと、熊野以外では、衣笠・青葉・妙高・足柄・羽黒・高雄・愛宕・摩耶・最上・鈴谷などが
該当すると思います。

それにしても熊野は可愛いですよね!

可愛いというよりはいかにも雰囲気が育ちのよいお嬢様という感じが漂っていると思います。

栗色の髪をポニーテールに纏め、緑色の瞳と茶色のブレザー制服が特徴だと思うのですけど、夕張・瑞鳳・吹雪等の
ボニーテールもとっても可愛くて素敵なのですけど、
この熊野のボニーテールもとっても可愛いと思います。
熊野の相方と言うと鈴谷なのかもしれないですけど、鈴谷がいかにも「今どきのJK」みたいな雰囲気を有しているのに対して、
熊野はお嬢様学校のすてきなお嬢様という雰囲気ですし、高飛車そうな印象もある一方でやはり「上品」という
印象は見ている人たちに間違いなく伝わりそうなオーラは漂っていると思います。
ま・・・本人のそうした優雅でお嬢様みたいな雰囲気の一方で、普段の言動は少しボケが入っているのも面白いですし、
鈴谷がツッコミ役に対して熊野は「ボケ役」という感じなのだと思います・・(笑)
熊野本人も「神戸生まれのおしゃれな重巡」を自称しているようですけど、
同じく神戸の川崎重工生まれの摩耶・足柄・衣笠から「神戸ですが何か?」と「なんだこの娘は・・?」みたいな感じで
少しガンつけられても「こっ、神戸と言っても色んな人達が居ますから…」と目を逸らしていたのは
なんかいかにも熊野らしいエピソードだと思います・・(笑)

さてさて、そうした熊野の艦隊これくしょん -艦これ- 重巡洋艦 熊野 Ceylon Tea Party のフィギュアなのですけど
この熊野の商品概要は下記の通りです。

メーカー:バンプレスト
発売日:2016年1月26日
サイズ
箱:縦18cm 横15cm 奥行き8cm
全長(台座+本体):15.5cm
重量(台座+本体):103g
付属品 : アンティーク調の椅子(同時期発売の鈴谷く同じものです)




CIMG0325_convert_20170601132727.jpg




上記の熊野の絵はこのフィギュアの箱の横側に掲載されている元絵なのですけど、
フィギュアとどことなく違うのかな・・?と感じさせるのは目のせいなのかな・・?
元絵はとても可愛いのですけど、どことなく勝気な雰囲気を感じさせてくれ、ちょびっとやんちゃな感じもしなくはないのですけど、
フィギュアとしての熊野は、品の良さとかお嬢様らしい爽やかな気品を感じさせてくれているのかな・・?とも
思えます。

だけどこんな可愛い艦娘から「お茶ご一緒にどう?」なんて優雅にお誘いを受けたとしたら、たとえどんなに
分刻みのスケジュールがぎっしりと詰まっていたとしても、「行く行く~っ!!」と
まるで尻尾をフリフリとした犬みたいに喜んでついていくのでしょうね・・(笑)




CIMG0332_convert_20170601133236.jpg



熊野は重巡洋艦娘なのですけど、他の重巡洋艦娘たちがどことなく女子大生~OLさんっぽい雰囲気が濃厚で、
大人っぽい印象が強い中、熊野とその姉妹艦の鈴谷は女子高生さんみたいな印象があったりもします。
鈴谷はどことなく、都内のその辺を歩いているJKっぽい軽さみたいなものがあるせいなのか(汗・・)
このシリーズの鈴谷フィギュアは、私としては「可愛いけど少し崩し過ぎているのかな・・?」と思わなくもないのですけど、
熊野フィギュアは「お嬢様学校の可愛いかわいい女子高生さん」みたいな感じがしますね!

お顔は綺麗に整った正統派の美人さんと言えると思います。


両膝をきちんとそろえた足はやはりお嬢様らしい優雅な雰囲気を伝えてくれていますよね!
(ちなみに摩耶フィギュアなんか、あぐらを組んじゃっていますからね・・笑・・)



CIMG0326_convert_20170601133026.jpg



軽やかに広がるポニテールなど造形は丁寧だと思います。

この熊野フィギュアなのですけど、これはあくまで私の感じ方なのかもしれないですけど、
「目力」を感じてしまいます。
前方をしっかりとひたむきにじーーっとまっすぐ見つめているような「視線」をなんか感じてしまうのですよね・・

熊野からたとえフィギュアであったとしてもこんなにまっすぐに見つめられちゃうと思わず
「なんか照れちゃうね・・」と言いたくなってしまいそうです・・(笑)




CIMG0330_convert_20170601133132.jpg




熊野がお茶を楽しんでいる祭のお菓子は苺のショートケーキですけど、このショートケーキも決して手を抜く事も無く
丁寧に造作されているのが大変印象的です。
フィギュアなんですけど、とっても美味しそうに見えますよねぇ~(笑)
ケーキとフォークは指に固定されています。

今週末の土曜日に「夕張」フィギュアをご紹介させて頂く予定になっているのですけど、夕張の足元にある
夕張メロンの造作がかなりリアルに造作されているのですけど、
最近のフィギュアは本体だけでなく、こうしたアイテムも大変誠実でいい仕事が施されていますので、
ここにも制作者の「愛」を感じてしまいますね!




CIMG0328_convert_20170601133057.jpg



熊野の後ろ姿です! やはりこのポニーテールが実によくお似合いですね!

夕張・瑞鳳のポニーテールもとっても可愛いですけど、熊野のポニーテールは正統派のお嬢様風ポニーテールという
感じがしますし、
やはり私自身「自分って本当にプリキュアのキュアラブリーじゃないけどポニーテール娘に弱いよなぁ・・」と
改めて実感してしまいますよね・・・(汗・・!)

熊野の姿勢がいいですね! 背中がピーンとしてるのがやはりいい所のお嬢様としての育ちの良さを示唆しているようにも
思えますね。




CIMG0331_convert_20170601133159.jpg



清楚に可愛らしくなるように立体化されている印象が強いですね!

お嬢様としての「気品」も感じさせてくれますし、目力も伝わってきますし、なんとなくですけど熊野の「ボケ」みたいな
庶民性もほのかに感じられるような気もします。

とにかく有無を言わさず「可愛い!」という印象ですね!



CIMG0333_convert_20170601133305.jpg



おしとやかそうで可愛いらしい表情とか上品で清楚な雰囲気も十分伝わってきますし、
全体的には非常に均整のとれたフィギュアだと思います。
「Ceylon Tea Party」シリーズではトップクラスに出来がいいフィギュアのようにも感じますけど、それだけに
相方の鈴谷が私としては「ちょっともったいないなぁ・・」と思ってしまいますし、鈴谷がこの熊野と同じぐらいのレヴェルを
キープしていれば鈴谷と熊野の「ツーショット」として飾る事も出来ただけに
ちょびっと残念な気もしますね・・・

上記で書いた通り「目力が強い」というのは、目線がやや上向きのため、正面から見ると少し「あれっ・・?」と
感じさせてくれる事じゃないのかな・・?とも思ったりもします。
この熊野を自室で飾る場合、やや斜め上からのアングルが一番映えるようにも思えますね。




kinugasa-2015-08_convert_20150709184720.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
過去に描かれたイラストの転載&ご紹介コーナーです。

今回は熊野と同じく重巡洋艦娘の一人の「衣笠」を皆様に是非見て頂きたいと思います。
衣笠は、アミグリさんのお誕生日おめでとう記事とか先日のアミグリさんが描かれた艦娘特集でも登場していますけど、
その際は十数人程度の素晴らしいイラストの中でちょっと埋もれてしまったような感じもなくはなかったものでして(汗・・)
今回は改めてこのとてつもなく可愛いアイドルみたいな「衣笠」だけを単独転載させて頂きまして、
アミグリさんにお願いして、今回改めて再転載をさせて頂きました!

衣笠は青葉型重巡洋艦の二番艦で、その性格はとても気さくで明るく元気でやんちゃなおてんば娘なのかな・・?とも
思ったりもします。
熊野が典型的なブレザー制服であるのに対して、衣笠はこれまた正統派の青のセーラー服艦娘でもありますっ!
やっぱり「戦うセーラー服娘」というのは、古くはスケ番刑事・セーラームーンにはじまり、艦娘でも
とっても見栄えがしますし、同じくセーラー服艦娘の吹雪じゃないけど、思わず応援したくなってしまいますよね・・(笑)
衣笠はゲームの中で中破されるとオレンジ色の下着が丸見えになり(汗・・!)
肉食系女子の衣笠としては意外な(?)反応を見せてくれ、顔を真っ赤にしながら珍しく敬語を使って
「…提督…あのぉ…見ないでくれます?」と哀願する様子はとにかくとっても可愛いですっ! (笑・・)
衣笠というと、私のイメージとしては、重巡洋艦娘の中でも肉食系可愛い女子高生とかやんちゃみたいな
イメージもあったりするのですけど、
アミグリさんは、そうした少し大人っぽくてやんちゃな衣笠を回避して、
「とっても可愛いアイドルみたいな女子高生さん」みたいなイメージで描かれているのは素晴らしいと思います。
他の艦これ絵師様の傾向として、大人っぽいとか武闘系とか元・広島のあの鉄人衣笠みたいなイメージで
描かれることの多いあの衣笠をここまで可愛い普通の女子高生さん的イメージで描かれた事をあんまり見た事が
ないものでして、その点はアミグリさんの「素敵な感性」というか「感じ方の個性」を感じさせてくれていると
思います。

アミグリさんはこの衣笠掲載時に「衣装アレンジ」というワードを使用されていますけど、
ちょっと大人っぽい雰囲気の衣笠に対して、フリル付のスカートを着用させるなど
どことなくアイドルみたいな雰囲気を醸し出させている点は素晴らしいと思います。
アミグリさんが描かれた夕張のように、艦娘としての制服を活かしつつも、それを私服として可愛く応用され、
しかもそれがアイドルっぽく描かれている点は特筆に値すると思います。

よく見てみると衣笠のアホ毛もピンっ!と可愛く描かれていてこれも素敵ですねぇ~!


上記の衣笠は、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!


当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

さてさて今週末なのですけど、当ブログは、「アミグリさんが描かれたレミリア様&咲夜さん特集 その①」を開催させて
頂く予定です。
今年1月に「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」を開催させて頂きましたけど、
それに次ぐ紅魔館ファミリーとしての特集ともなりますし、レミリア様も咲夜さんも、
dream fantasy の開設以来
初期の頃より現在に至るまでモチーフとして描かれているお馴染みのキャラでもありますので、こちらの方も是非ぜひ
楽しんで頂ければと思います。
そして同じく今週末には、艦娘の一人、夕張のフィギュア+アミグリさんの描かれた夕張もご紹介&転載を
させて頂きますので、どうか今週土日の当ブログも宜しくお願いします。
スポンサーサイト
以前ですと「文房具」というと文房具専門店とか100円ショップで購入みたいな感じもあったのですけど
最近は、どちらかというと「激安文房具店」で買う事の方が多いですね。
この手の店って、一体どういう流通経路で入手しているのかはよく分からないのですけど
定価の40~80%割引で売られている事が結構あり、
100円ショップで購入するよりもむしろ全然安かったりもしますから、ついついこうしたお店を使う事の方が
多くなったような気もします。
会社でもコピー用紙とかボールペンの替え芯とか広告等で「さらに割引!」みたいなキャンペーンを展開している時に
まとめ買いしているみたいですね。
やはり景気回復という実感はまだまだほど遠く「経費節減」「という会社の方が圧倒的に多いんじゃないのかな・・?

こうした激安文具店って、プリキュア関連グッズとしても
「え・・なんでかなり以前に最終回を迎えてしまったあのシリーズのグッズが売られているの!?」みたいなグッズが
時折なのですけど、お目にかかる事があったりして、驚きもしますし「懐かしいなぁ・・」と思ったりもしますし、
ついつい嬉しくもなったりします。
ま、そのいい例が、2007年放映の「プリキュア5」【無印版】のメモ帳だったかな・・?
しかも一つ38円という在庫処分価格で山積みされていましたので、
「え・・・なんで2007年~08年に放映のプリキュア5のグッズがいまだに現役商品として売られているの??」と
あれを発見した当時はかなりびっくりした記憶があります。

ま、さすがに今現在ではあのプリキュア5のメモ帳はその激安店では取り扱いされていませんし、
最近ではさすがにこんな極端に古いシリーズのものが店内に置かれているというのは見かけなくなりましたが、
スマイル~ハピネスの消しゴム・ノート・ぬり絵帳などの文具関係が置かれている事もたま~にあったりしますね。
そして、当たり前の話かもしれませんけど、この手の激安店のお店には、現役プリキュアの関連商品が置かれている事は
まずないと思います。
現役プリキュアですので、さすがに激安価格で仕入れるという事は難しいのかもしれないですね・・(笑)
いちか・あおいのグッズが激安価格で売られていたら・・そりゃ問答無用で買ってしまいそうですね・・(汗・・!)

だけど、狙い目として、古いプリキュアシリーズの文房具系の小物グッズを本気で見つけたいと思うのだったら、
こうした激安文房具店というのも一つの手なのだと思います。







先日なのですけど、そうした激安文房具店に置かれていた過去シリーズのプリキュアグッズとして
私の目に留まったのは、2014年に放映されていた「ハピネスチャージプリキュア」のポチ袋でした!
しかも、100円ショップで置かれているお年玉用のポチ袋ではなくてもかなり長めの大きいサイズのポチ袋でした。
しかも価格が一つ20円!
うーーむ、なんか懐かしさのあまり、ついつい一つ購入してしまいました・・・(汗・・!)

でもやっぱりハピネスは最高ですよね! 色々な意見があるのは百も承知なのですけど、
私の中では、「プリキュアシリーズの中で一番大好きなシリーズはハピネスチャージであり、私が歴代プリキュアの中で
一番大好きなプリキュアはラブリーです!!

このハピネスのポチ袋ですけど、フォーチュンが加わった4人のデザインとなっていますので、発売時期としては
2014年7月以降なんでしょうね。
ハピネスはのこうした文房具系の小物グッズは、フォーチュン加入前の三人のものが売られている事がよくあるのですけど、
ラブリー・ハニーも大好きだけど、実はいおな=キュアフォーチュン好きの私としては、
4人が揃ったグッズの方が好きですね!

前述の通り、最近はどの企業も同じ傾向だと思いますが、どこも「経費削減」ばかり・・・

バブル期に会社勤めされた経験がある人は皆そうかもしれませんが、あの時代は
例えば、仕事で使用する文房具とか携帯じゃなくてポケベルの電話代とか (ポケベルは既に死語の世界・・??)
車のガソリン代とかコインパーキング代とか顧客との飲食関係の諸費用等は、
かなりの部分と言うか、ほとんどは会社負担という大変素晴らしい時代でしたけど、
今現在はどうなのかと言うと、一か月内のガソリン代+コインパーキング代は上限を定められているし、
携帯の電話代は全額個人負担ですし、文房具関係も全て個人負担です。

バブルの再来とはもはや言いませんけど、せめて文房具代ぐらいは会社負担の時代が到来してくれると
ありがたよなぁ・・と思うのですけど、
そうした時代は当面来ないのでしょうし、私が生きている間は無いのかもしれないですよね・・(汗・・!)

 | BLOG TOP |